FC2ブログ
2020/07/11.Sat

初蝉 (美濃椿手徳利)

IMG_6833.jpg

降り止まない豪雨、梅雨明け間近であろうけど、不安が続く。
ひととき雨が収まって庭に出てみると初蝉の声。
晴天に聞くと暑さ倍増の蝉の声であるが、もうすぐ明ける、今はそう聞こえる。
処分品をノコンギクの隙間に植えた女郎花が咲いていた。
季節はこれから盛夏であるが、夏至も過ぎて昼は少しずつ短くなり、
七草も咲き始めて、密かに秋へと向かう気配さえする。

IMG_6840.jpg

ほんとうは、秋も深まった頃に一杯、、と取り出すつもりでいたけれど、
これには矢張り椿かな、椿手だけに!と眺めているうち、
夏に花を入れるとどうなるのかな、と急に気になりだす。
フツーこれに夏の花は入れんのやろーけど、ドシロートだからなんでもやるのだ。
花の少ない時期、というのもあるけれど、ヤマアジサイの咲きガラが気になって、
結構お似合いかな、、とふと思った。
三毛庵的にはけっこう気に入っているんだけど、普通に見たら
夏なのに名残の花みたいで、まぁ違うんだろうな。

IMG_6837.jpg

これは『七変化』の咲きガラで、咲きガラになっても『藍姫』と見分けがつかないのであるが、
世にいう「秋色アジサイ」を通り越した、寂びた花。

IMG_6839.jpg

間近で見るとこんな具合。。

IMG_6838.jpg

徳利は裏もよい景色、久尻窯江戸後期の手とのことである。
後期の美濃の窯についてはあまり分からないけれど、こんなんいいな。
徳利のふっくらさ加減や、手取りの良さ、今このセンスを超えるのは難しいぞ。
しばらく楽しんで、と思ったのもつかの間、早々にパチリ。

だけど矢張り、、これは一人入れる花、人と会う日の花じゃないと思う。

スポンサーサイト



 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2020/07/05.Sun

古のこころ (プレスガラス小鉢)

IMG_6826.jpg

いただきもののデザートを夜おやつに。
こんなときに、小ざっぱりした無色のプレスなんか、飾らなくていい。

IMG_6829.jpg

すこしごりっとしたようなところが、今では得がたいものである。

ふるいものを買うことでいくらか賢くなったといえるのは、
何にいくら払うかは自分が決めることができるし、
ものの値段は売り手と買い手の間で成り立つのだ、という、
人の歴史においては当たり前であったけれど、現代においては
ちょこっと忘れ去られていたことが、よくわかったことだろうか。
定価があるというのはとても安定する、よいシステムだけれど、
お金を払うことに無責任になる側面があると思う。

1円でも安く買おうという日ごろの努力をバカにはできないけれど、
世の中というのは、自分が何に対価を払うかということが
積み重なってできてゆくものである。
無くなっては困る近所のスーパーではちゃんと買い物をする、
そういうのが選挙の一票と同じにだいじなのである。
今回コロナになって、重要なこととそうでないこと、
そういうのが一層鮮明になったようにも思う。
日本なぞ、もう少し自国で作って自国で消費したらよいのにな、
って個人的には思っているけれど。

IMG_6828.jpg

庭が茫々になり、ヤマユリは咲いたというのに、雨に打たれて
地べただったり、お庭の外を向いたりである。
先日の大風で乱れつつも、『祇園守』が咲く。
花の少なくなる季節にありがたいし、やはり佳い品種だと思う。
ホームセンターで珍しい色味の八重の槿を見て、わぁ・・って思うけど、
狭い庭で、と思うと日本の伝統、ミニマリズムは重要だ。
『祇園守』は、これがあれば安心の境地なのである。

IMG_6827.jpg

実は先日からの花を入れ替えただけのまかない仕様である。
次は一重切にてさくっと入れたいな。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2020/06/30.Tue

桜桃 (プレスガラス魚々子文小鉢)

近ごろ、仕事を終えて、ご飯も食べるともう眠たくて、ごろごろしている。
なので朝早めに目が覚めると、とても、おトクな気がする。
明け方は、ふるものたちもしんとして、ずっと前からそこにいたように静か。
いつか滅びゆくものたちのなかに、これまた滅びゆく自分がいるのであるが、
あまりに静かで、ふと、時間などないような感覚に襲われる。

IMG_6825.jpg

さくらんぼの季節である。
これは近隣ではほぼ採れないので、年に一度のお取り寄せの贅沢である。
今ごろのは山形であるが、7月の後半ごろには北海道のものもお楽しみで、
余市辺りに行く折には、ニッカの余市工場とさくらんぼが定番コースであった。
まだマッサンの放映前で、余市工場は閑散としていて、リタハウスで紅茶を飲めたほどである。
そこで口にした原酒があまりに美味しく、酒飲みでもないのに
原酒の仕込みに一口拠出して、十年後にできたお酒を受け取るという、
十年浪漫倶楽部に入ったほどである。
今は原酒不足でこのような企画はないらしいけど、
また日本人主体の消費に落ち着けば、そういうこともあるかもしれない。

さくらんぼを入れたガラスのボウルは、おこらくちょい古程度のものであるが、
旅のお土産にのんちゃんが連れ帰ったもの。
魚々子のプレスといった感じだが、形も意外やこんもりして、
がらくたなりにちょっとうれしい感じがするものだ。
冷抹茶などいけるかも、と本気で思ったりしてね。

IMG_6824.jpg

美味しいケーキもいただいたので、こちらはほんとの切子のお皿に。
これは以前@も載せているが、ほんとにもう、期待を裏切らないものである。

あー今日はいやしさ満載だな。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME | Next »