FC2ブログ
2019/12/10.Tue

干柿の収穫 (瀬戸飴釉鯉形皿)

IMG_5995.jpg

干し柿ができた♪
実家に送った残りかすでつくったけれど、そんなに悪くないゾ。

IMG_5996.jpg

お菓子と一緒に、3時のお茶うけにひとつだけスライスしていただく。
渋柿がこんなにおいしくなるってすごいなー(しかも何の丹精もしていない柿。)
は読谷村?、古物というより中古品?でも、佳いお

IMG_5993.jpg

柿のお瀬戸の飴釉の鯉ちゃん♪
三毛庵初見であるが、でっかくて堂々としてキュートだわー。
実は縁があちこち共直しの満身創痍であるが、ごっつくてええ感じ。
きっとみんな傷でも勿体ないって可愛がってきたのだと思う。

IMG_5992.jpg

もうちょっとアップ。
(載せているのはシュトーレン。去年は絵瀬戸の角皿に乗せた@けど、瀬戸とは相性良しだね。)

IMG_5991.jpg

尾っぽもぷりっとして佳いね~。
今どきは、なんといいますか写真に写る通りの形を写したりしているものが多いけど、
こういう鯉を見た人の主観?のままに作られたもののほうが、何か真実がある気がする。
(土をこねて作られる安定した形なだけかもしれんけど。)
まぁ、でも古来よりKAWAIIは日本の専売特許だな~。

IMG_6003.jpg

清澄野紺菊はまだ細々と咲いていて、寂しい初冬の庭に似合う。

IMG_6004.jpg

今頃ようやっと紅葉を始めた楓と合わせた。
もうちょっと厳しく枝を整理して、ミニマムな花にできないものかとも思うけど、
そのような厳しさがどうも得意ではなく、咲いている花は極力残してしまうのね。。
花に正解もないだろうけど、個人的な花をいいことに、野放しのお花です。。
それでも名残の乱れた庭を思い出して、眺めてちょびっと和んだりする。
スポンサーサイト



 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2019/11/18.Mon

備忘録とか (プレスガラスキャンディボックス)

IMG_5965.jpg

渋柿を少しだけ、吊るす。
こんなふうに、やりたいことはたくさんあれど、余力がない。
あまり器用とは言えない三毛庵であるので、日々優先度の高いやつからしていくと、
だいたいブログには辿り着けないのである。
ほんとうは、たまにはちょろっと振り返るための記録ぐらいしたいものだけどなー。
でもまぁ、その時その時で一番だいじなことができていればそれが仕合せというものだ。
美味しくご飯をいただく、ここちよい布団で眠る、、全力で暮せた日のご褒美。

IMG_5966.jpg

もっと住処をいい感じにしたい、お掃除もしたいとか思うけれど、
毎日行き倒れて挫折する。
なのでここでも優先順位をつけることにして、、願わくば水廻りを散らかさずに、と。
実をいうとこれはお手洗いの棚なのだけど、水廻りをそれなりに保てば何とはなしに安堵する。
あの、トイレ掃除開運説などそんな神頼みってなんかちゃうやろ、などと思ってしまうのであるが、
せめて水廻りのような汚れるところだけでもなんとかできれば、自己肯定感が増す気がする。

という訳で、のんちゃんがポスターで制作した長谷川りん二郎のタロー様に、
お気に入りの無色のプレスガラスたちを。

IMG_5968.jpg

この二つはまだ載せてなかった気がする。
どちらもありそうでもなかなかない、ツウなお品だと思うのだけど、
(現に左はSさんに譲ってもらったけれど、Sさんも気に入っているようだった。)
ウチのトイレを借りる方々には、この素晴らしさに驚くお方はおられないのである(笑)。
右の四角いのは、先客に値切られてへそを曲げていた主から譲ってもらった、
佳いと思えば素直に褒めることも大切である、うむ。

という訳で、水廻り脱生活臭計画についてであった。

IMG_5962.jpg

今年植えたノコンギク、清澄野紺菊。
ノコンギク「夕映」の鮮やかさも晩秋によいものだけれど、これはいかにも茶花らしい。
小ぶりで淡い花に黒軸で、庭で楚々と咲いている。
ヤマボウシの要らない枝を失敬。
年々秋というものが失われてゆく、その時々、綺麗だなーって思っておかないと。

IMG_5961.jpg

備忘録:
先日は星野画廊さんに藤田龍児展を見にゆく。
(貴重な余力は使うべきところで使わないと。)
いつでも一点ぐらい小品が掛かっていて、星野さんが大切にしている画家なのだとは思っていたが、
過去の自分は、あーきっとまだ私の理解が届いていないのだ、そういう気がしていた。
でもなんとなく、いつか機が熟することがあるような、そういう予感もあったかもしれない。
佳い展覧会だった。(やはり現物を見ないと、ほんとうの良さはわからない。)
半身不随になって絵筆を持ち替えた後の作風は、一見素朴派だけれど、違うと思う。
体の自由を失って、精神の自由を得たというべきか。
(倒れる前の、日本の伝統を踏まえた鬼気迫る作品ももちろん素晴らしかったが。)
精神は自由、周到に練られたであろう巧みに隠された作為、
素直に楽しむこともできるし、いつまでも眺めて考え込むこともできる。
佳い絵について、その画家の生き方を強調するのは精神論のようで好まないけれど
(不染鉄について、やたらと心の磨きようを強調するのには少し違和感がある。)、
でもやはり、絵というものにはどれだけ鍛錬を積んだかとか、
どれだけ描くことに熱意を燃やしたかというような、見えない部分が現れると思う。
絵を見て、そのとき画家が思ったことなど分かろうはずはない、と洲之内徹も書いていた気がするが、
それでも、心が動くということには理由があると思う。
見た人が感じ取れる何かのためには、その何十倍、何百倍ものエネルギーが必要だ。
目に見える部分の下には膨大な根っこがあるのだ。
だから、根っこの中のひとつ、日々画家がどう生きたか、というやつが養分を吸い上げて、
それが絵となって咲いているのを垣間見ることはあるのかもしれないけれど。

私にとって佳い絵というのは、一体どういうものであろう、と折に触れ考えてみるのであるが。。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
絵のこと | Comments(0)
2019/10/24.Thu

霜降る頃 (清染付花入)

朝早くなんとなく目覚め、少し肌寒かったので膝掛けを出す。
昨日は「霜降」だったのだそうで、次は「立冬」だから秋も終わりである。
だけど、、夏とまでは言わないにしてもこの辺りはいつまでも気温が高く、
秋らしい時期がすっかり失われている気がする。

IMG_5957.jpg

それでも季節は進んでいて、ホトトギスの開花のあとは、
菊の類が咲き始める。
去年の今頃旅先で見つけた園芸品種の真っ赤な小菊。
小さなポット苗だったが、今年は一枝失敬できるほどには育った。

咲いたら何にいれようかな、と楽しみにしていたけれど、
旅先で思いがけずこれを見つけたとき、あぁきっと小菊が似合うな、と思い浮かんだ。
近ごろは、庭に花が咲けば一枝切って楽しむそのような日々、
そんな中でふと花入を見かけるのである。

IMG_5947.jpg

清のはじめぐらいのもの、ということであったがどうだろう、
ぼろっちいまでに古い箱に少し前の札があって、古染付とあった。
売主の仰る通り、明末などはないであろうが、厚手の造りは清でも日本注文の末裔と言うのは贔屓だろうか。

IMG_5950.jpg

裏に描かれた、このお山にぐっときてしまったのねぇ。

IMG_5956.jpg

表の笑っちゃうよなおぢさんもお気に入り。
まぁ、正真正銘明末古染の、一見ユルそうでも格調高いお品とは比較にもならないけれど、
圧倒的に美しいというのも、何か正論をかざすようで、ときには引けたりするものだ。
強者の論理など微塵もなさそうなところが、取り柄と言えば取り柄なのかもしれない。

IMG_5958.jpg

それにしても小菊の愛らしいことである。
ずいぶん昔、アンケートで年齢が上がると好きな花の上位が「菊」になる、と読んだ。
その頃はイングリッシュガーデンのはしりだったから、今の中高年の好きな花はもう「薔薇」かもしれない。
だけど今や三毛庵も、庭の片隅に咲く菊を愛でる心情がよく分かるおトシになったのだ。
そうなったのが寂しいかというとそうではなく、分かる世界が拡がったのだと知った。

IMG_5959.jpg

さて、毎年のお楽しみ、鳥取の新興梨を買いにお出かけして、
帰りしな、大徳醤油さんの地元限定の生醤油があるのを思い出して買い物に寄った。
おいしそうな純米の地酒が置かれていたので・・・
金魚ちゃんをゲットした!!
(三毛庵宅は空前のお金魚様ブームなのである。)

IMG_5960.jpg

どちらもジャケ買いと言えそうだが(笑)、でも本格派のお酒なのだよ♪
金魚のほうは発泡にごり酒、楽しみ~。

IMG_5954.jpg

週末にはお金魚様と小菊で一杯、ってところでせうか。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME | Next »