2017/09/03.Sun

夢の間に間に (和硝子ソルト皿?)

去り行く台風15号のせいであろうか。
今日もこんこんとお昼寝なのであった。。

IMG_2852.jpg

夢から覚めたような青のお皿、和硝子なのだという。

IMG_2854.jpg

へーっ、こんなんもあるんかなぁ、、と思ったけれど、
ふと思って、豆ランプをそっと置くと、夢の続きのようだった。

IMG_2865.jpg

昼寝の合間のおやつ、大風呂敷。梨蜜が美味しい。
三田青磁のお皿に。

そろそろ梨の季節、和硝子の鉢でいただく。

IMG_2867.jpg

ほんとうに昼寝の合間に食べただけの日曜日。

さて、我が家にホームベーカリーがやってきた。
三毛庵パンやお菓子を作るような暮らし振りではないのだが、
朝パンを食べながら思ったのだ、これってずいぶんの添加物だなぁ、、と。
マーガリンが嫌でバターには変えたけど、パンにショートニング入ってるって。。
たまにはカップ麺も堪能する三毛庵、それほどこだわりが強いわけではないのだれど、
それでも毎朝食べるものがこれでいいのかと思った。
イマドキの家電に疎い三毛庵であるので、
ホームベーカリーで、市販の食パンとさほど変わらないお値段で
しかもタイマー予約で簡単にパンが焼けるなんて知らなかったのね~(笑)。
自分で作れば何が入っているか分かるものね!

という訳で、明日は焼き立てパンを食べるぞー!と思っていたら、
新しもん好きののんちゃんが、「今日の昼はサンドイッチにしよう♪」。
なるほどサンドイッチパンなら3時間で焼けるぞ!

IMG_2863.jpg

ほんとは国産小麦とかで作りたいなとか目論んでいるけれど、
初心者なのでまずはミックス粉で、、粉と水とイースト入れるだけ!!

IMG_2864.jpg

ハイ、簡単に焼けました♪お味はフツーに美味しい。
というか、市販の食パンよりは確実に美味しい。
この次は、パン・ド・ミーを焼きたいな。


不染鉄の展覧会が9/9より始まる。
IMG_2866.jpg
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/08/26.Sat

取り合わせの妙 (ちょい古の木の額縁(小)とプレスガラスコンポート)

お忙しかったり、台風が続々発生したりでお疲れの三毛庵、
ぐっすりお休みしたいところであるがお疲れ過ぎて眠れない。。
となると、まったりするのにも飢えているので、起きてぼーっとしたりする。

先日の額縁@と一緒に買った小さめの額縁、
その時は深く用途は考えなかったけれど、家で眺めていてちょうどよさげなのを思い出す。
今までありあわせの額縁に入れていて、もうちょっとなんとかならんかな、と思っていた。

IMG_2821.jpg

おぉ、ぴったし♪

IMG_2825.jpg

お気に入りの子猫。
西村宣造の寂しいような猫だから、愛らしい額縁に入れてあげたい。

IMG_2819.jpg

ちょっと映り込みが・・・詳細はこちら@ご覧ください。

IMG_2818.jpg

こんなふうにいちおう木でできているようで悪くない。
絵は絵でよいものだけれど、例えば額縁とか、
或いは軸装とか、トータルで絵の良さが引き立ったりするものだ。
少し古い軸装があって、修復しようかなとか思ったりするのもあるのだが、
なかなか先人のセンスを超える趣向など思いつくものでもないのである。
額装はまだしもいろいろお試しできるチャンスがあるけれど。。
自分で軸装を考えられるっているのは、センスだけの問題ではなく、
教養の問題であるように思う。

IMG_2824.jpg

一緒に写ったプレスガラスもお気に入り♪
こういうごりっとした時代感のあるプレス、もの好きのココロをくすぐる。
暮らしぶりがやさぐれているので、ふと目に留まるこういう光景に
いたく渇きがいやされる心地がする。

IMG_2807.jpg

そういえば、今年植えたヒオウギが咲いていて、
まぁ一日咲いては散ってゆくのであるが、切って花活けと思った。
でも花芽が一本で、ぬばたまも見たいなぁ、と切れずにいた。
今朝見たら2本目の花芽が上がっていて、こんどは切ろうかしらんと思案する。
このような古典的な花が疲れた庭に咲くさまは、客観的には
綺麗な庭でもないのだろうけど、心情的にとても惹かれるものがある。

朝ブルーベリーを収穫するのであるが、ブロンズフェンネルが育ちすぎて
奥のブルーベリーの収穫がしにくいなぁ・・と思っていた。
そうしたら気づけばフェンネルに揚羽蝶の幼虫の嵐であった!!
うーん当分収穫に行く勇気がない。
三毛庵幼虫類がとかく苦手で、それでもいろんなヤツをスコップで
掬っては国外退去にしているのであるが、
なんかキモい割には揚羽の幼虫はそっとしておきたい心情に駆られる。
(ヨトウムシとかイラガなんてもう許せないくせにね。)
山椒とか檸檬の木はそこそこ注意していたのに、フェンネルのことを忘れていて、
その上台風のせいで、見回りが甘かったのである。
もうフェンネル枯れる覚悟で揚羽になるの待とうかなぁ~なんて
思っているけれど、いやしい三毛庵は収穫できないブルーベリーが気になって仕方ない。
皆さま揚羽の幼虫は許せますか???

何を書いているのやら、になってきたので今度こそ寝るのである。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/06/22.Thu

お詫び (プレスガラス籠目文角小鉢)

昨日アップした記事に目いっぱい書いた妄想について、
もっとちゃんとした情報を教えていただきました!
鍵コメさま、ありがとうございました。
ということで、三毛庵の勝手な妄想を読んでしまわれた方は、
お手数ですが昨日の記事に書いた訂正内容@をご一読いただけると幸いです。

・・・ということを本日はお伝えしたかったので、ネタはないのであるけれども、
せっかくなので漁った画像をアップする。

IMG_2575.jpg

これでもかと無駄に多い、プレスガラスの器であるが、
これはピノがひと箱分ちょうど入るスグレモノなのである。
いや、ピノは箱からそのままつつけばいいだろう、というご意見は差し置いて、
ひと箱分ちょうど、っていうのが三毛庵にはうれしいのだ。

三毛庵はアイスはふだんちょびっとしか食べない。
なので、ちょびっと食べられるピノはお好みであり、
そのピノがちょうど入る器もお好みなのである。

IMG_2576.jpg

無色のプレスガラスってまぁジミィなものであるが、
よく見ると籠目とか鎬とか、とってもおされなのである。
(でもってそこそこの時代もある古びた色合いの硝子。)
小鉢っていうのも気が利いているよな~。
ま、それだけのことであるが。。

(↓風のあいだ放ったらかしだったお庭の記録)
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/05/27.Sat

仕舞いのばらに (吹きガラス水差)

1年目というのに、マニントン・モーヴ・ランブラーはたわわに咲いた。
切り詰めた大苗であったので、健気にも地際で咲き、
水遣りの度に泥がはねるのが気の毒で、休日ならば見てあげられるからと、
先週思い切ってひと枝を部屋に飾ることにした。

IMG_2574.jpg

ひと枝でこんなにいっぱい!!(オカイドクなばら♪)
あまりにあたまでっかちなので、何か口の小さい器をと見つけたのは、
吹きガラスの水差し。
ふるい硝子に弱い三毛庵、ついつい求めながらも、
水差しってあんまり使い途もないかなぁ、、などと思ったものだが、
こうすればよかったのだ♪
ばらもきれいだし、水を蓄えた水差しもきれいでゴキゲンである。

そのうちに、ばらの季節は仕舞いになり、
ぽつぽつと咲く、ベイシーズ・パープル・ローズと
どんどん咲くブラッシュノワゼットが咲き残った。
夏椿ももうほとんどの花が散ってしまった。
そうして、意外にもなかなか咲かなかった、香りのミニばら、
スイート・チャリオット(シャリオット)だけが一斉に咲いた。

IMG_2593.jpg

以前挿し木の苗を育てていたことはあったのだけれど、
接ぎ木の苗だと、こんなに見事に咲くんだなぁ。。
葉色とのバランスもよくて、ゆったり咲いてほんとによい品種。

今週は梅雨の走りの雨がたっぷりと降り、乾いていた庭を潤したけれど、
朝外に出ると、雨の重みでしなった花が・・・。

IMG_2603.jpg

スイート・チャリオットは折れそうなほど項垂れ、
処分苗を庭の隅に植えたデルフィニュームはなんと、花首が折れていた。
なのでけちぃ三毛庵も、切って飾ろう!と思い切ったのだ。
デルフィニュームは庭の目立たないところで咲いていたから、
部屋に入れてあげてよかったのかもしれない。

庭は、紫陽花の季節へ遷り替わろうとしている。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/05/21.Sun

小さい花の家 (小さな花籠)

和室に織部床風のニッチを作ってもらい、
軸もお花も掛けられるように、引っ込められる無双釘を取り付けてもらった。
建て替えに当たって、ちょっとだけ欲を出したのは、
絵を気軽に掛けられて、小さい花も飾れる家にしたい、ということであった。

IMG_2591.jpg

三毛庵はけちぃので、ざっくりとお花を切ることができない。
というか、ちょっとずつあれこれお花を育てるので、
ざっくり切ると翌年の分がなくなってしまうからなのだけれど。。
なので、惜しんで切った花を生かせる場所が欲しかったのである。

そんな訳で、花を入れるものも小さいとありがたい。
気温もぐんぐん上昇した今日、これからの季節にぴったりの小籠を見つけた♪
冬越しして咲き始めた河原撫子の花のサイズ感から分かるように、
10cm × 11.5cm、小さな花を挿すのにちょうどよい。

IMG_2592.jpg
(落としが無くって、例によってのんちゃんのショットグラスを拝借!)

こんなに枯れて、繊細な細工で、三毛庵好みのちびっこで、と
3拍子そろったお利口さんなのに、さらにゴキゲンなことには
夢のオカイドク価格(笑)で譲っていただいたのである!!
庭のお花が切れるぐらい咲いてきて、ふるものの神さまが
ちょっとサービスしたろか、などと思いついてくれたのであろうか。
こんな素敵な籠に入れるのであるならば、
ド素人の花でも、切って了ったお花にも申し訳が立つというものだ。

さて本日のふるものの神さまはこれだけではなかった!
あれ?このコップ・・・と目を留めたこちら、

IMG_2586.jpg
(高さ9cm弱)

純度の高いお色味なので見逃しかけたけれど、これって古くない???
手に取ると丁寧な造り乍ら微妙にたわんで、吹きガラスのようである。
質感も心地よく、水の塊りのような澄んだお色は期待大!である。

IMG_2587.jpg
(うーん、三毛庵の腕ではこの品佳い硝子のお色が出ない。。)

家に帰ってそっとブラックライトを当ててみると、実によく反応!!
おー大正ぐらいあるのかな~。
なかなか端正でこういうのは却って古かったりするものだ。
まぁだからってどうということはないのですけれどね、
でもでも、なんとふるものの神さまはこれにも夢のオカイドク価格なる
値札を貼っておいてくれたのである♪
(ひっそり昭和のガラスの中に潜ませてあったけれど!)
神さま、ありがとうございまする。
(とつぶやく横で、のんちゃんがもう一個ないのかな、と
一緒に使えないのをザンネンそうにしていた。)

結局本日の三毛庵は、この二つを思いがけず手に入れたのをいいことに、
余ったお小遣いをほかのふるい硝子に投入してしまったのである。
まぁ、天下の回り物は余った時にどこかに回す勇気も必要なのだ、きっと(笑)。

本日のベイシーズ・パープル・ローズ、いっぱい咲いた♪

IMG_2585.jpg

こういうルゴサ(ハマナス)系の風景が綺麗だな、と
思えるお年頃になったのねー。

暮れ方、あまりに好天が続くので水遣りをしていると、
「わ、黒い花♪」

IMG_2589.jpg
(あり得ない位置に咲いていたので、上手く撮れなかった。。)

もちろん、自分が植えた花である、クレマチスの「ロマンチカ」。
光線の加減によって、「黒い」と感じる魅力の多い花である。
もう少し咲いて、平開する。
丈夫なのもよくって、マニントン・モーヴ・ランブラーとのコラボを期待し植えた。
モーヴ色に黒、ってなんかよさげだな、という安易な発想である。
いずれも今年、地べたで咲いているのだが、
来年フェンスいっぱいに咲く姿を妄想し、実に満足するのである。

 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME | Next »