FC2ブログ
2018/12/17.Mon

水回りとか (摺りガラスの台)

昭和の家の建て替えのとき、ふるもの買いの経験は意外や役に立った。
自分にとって必要なこととそうではないことを仕分ける基準がないと、
このような、経験のない事態を乗り切るのは大変だったと思う。
それから、営業の方に大変助けられた。
プロである、といってしまえばそれまでかもしれないが、
困ったり、悩んだりしたときにいただいたアドバイスが、随分役に立ったと思う。
予算のこともあるので無駄なものを勧められることはなかった中で、
少し他より高いけれどお勧めです、、と言われたのは洗面所だった。
それは他と比べると生活臭の少ない、小綺麗なもので、
さすがにそんなところまで気は回らなかったが、そんなものかなとそれを選んだ。
暮らしてみて、それはなかなか良い選択であったと思う。
水回りというのはどうもごちゃごちゃしてしまって、管理がしにくいのであるが、
小綺麗な洗面所だと、その小綺麗を保とうと思うものである。
ずぼらーな三毛庵には、これはよい習慣づけになったものであった。

IMG_3871.jpg

ということで、のんちゃんが素敵な摺りガラスの台を発見したので連れ帰り、
洗面道具をちょろっと置いている。
(100均の石鹸入れやコップ、いただいたハンドソープなどがそれらしく見える♪)

IMG_3866.jpg

IMG_3867.jpg

庭仕事を素手でしてしまう三毛庵であるので、近ごろ爪を洗うのに、
サイザル麻の束子も買ってみた!
白くてドーナツ型というのが可愛いが、これはサイザル麻は少し乾きにくいためだそうである。
棕櫚よりも柔らかいので、洗面所を洗うのもOKである。

IMG_3868.jpg

ちょうどいいプレス硝子の皿があったので、それに載せている。
微妙にお皿の内径が束子より小さいので、接地面が少ないのでちょどよい。

IMG_3869.jpg

古物はなにかと役に立つのだ。

IMG_3913.jpg

お風呂洗いも柔らかいサイザル麻を試している。
乾ききらない時は、窓際に吊るすのだが可愛いので許せる。
(隣の怪しげなもしゃもしゃはいただいた植物、たぶんサルオガセモドキ。)

融通が利く、ということではスポンジのほうがラクに決まっているのだが、
近ごろ減らしてもよい石油製品を探す、ということを趣味にしている三毛庵である。
スポンジ系は消耗も激しいし、汚れ方が可愛くないから減らせないかなーとか思う。
(お風呂も普段は綿のボディタオルとかで洗えばいいのかも。。)

最近、ずーっと気にかけていた問題についに終止符を打った。
トイレブラシ問題である。
ここに住まうはじめに、とりあえず百均で用意した。
当座はそれで、ゆっくり考えようと思ったのである。
最初は洗剤がなくてもきれいになるやつ、とかいろいろ考えたのだ。
でも結局のところ、何が嫌って石油製品の汚れ方が気に入らなかったのであった。
洗った後のブラシをボックスに入れるのもなんかやだなーと思ったけれど、
流せるタイプは三毛庵的には趣味じゃないので、どうしたものかと思った。
流石に環境大国のドイツ製にはそういうものがあるのね、
石油製品じゃなくて、乾きにくいボックスには入れないタイプ。
でもちょっとブラシの性能がよくわからず、そこで舶来品に手を出すのも、と。。
じゃあどんなブラシがいいねん?と考えて、結局それは棕櫚ではないかと思うに至ったのである。
ということで、長い柄の付いた棕櫚の束子を手に入れた。
ブラシのボックス問題は、結局のところ自分の管理の問題であるので、
ずぼらをせずに、ちゃんと朝トイレ掃除をして、使った束子を外で日に干せばよいと考えた。
なので、ブラシ入れにしても倫理的に問題なさげな、そういう容れものがあれば
お安くあがるんじゃないかなー、っておもったらあったのね、磁器のもの。
干して乾いた後の束子をいれておけばとても清潔。
このパターンなら、90℃までのお湯を注いでブラシを消毒することも可能かと思うが、
棕櫚は日向に干せばすぐに乾いて、なんなら頬ずりできそうなぐらい、衛生的だと思う。
このシステムは中々気に入っていて、あとは長期的に見てもよいかどうかである。

こういったちょっとしたことをするのに、勝手口というのはありがたいシステムで、
ブラシをちょこちょこっと持っていき、外に出てもう一度じゃじゃっと洗い、
水を切って勝手口の横に干しておけばOK、というストレスフリーな世界である。
ここまでは気が回らんかった三毛庵であったが、
のんちゃんが「ここに勝手口をつけて」と言ったのである。
勝手口を使う類いの家事をのんちゃんがする様子はないのであるが、
なかなか価値ある一言であった。
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/12/17.Sun

悔やまれる日も (ステンドグラスランプ)

お正月の飾りによさげな椿の寄せ植えを見かけ、
花期などを確認し、それじゃあ・・・と思って
一瞬のんちゃんを目で探した隙に、
ほかのご婦人にその鉢を買われてしまってショックな三毛庵である。
骨董ではないので、同じ品種の椿を探せないわけではないけれど、
手元にあるイメージが浮かんだものを持ち帰れないというのは切ないものである。

蚤の市でステンドグラスのランプを見かけた。
分解されて箱に入っていたので、電気がつくのか聞いてみると、
たぶんつくんじゃないかなぁ、、とのこと。
そんな調子なもので、いたって処分価格のお値打ち品であった。

部屋の照明はごくフツーのLEDであるので、
アクセントになるようなライトにはちょびっと興味があった。
今はもう、家の中をなんでも古物で、などと思ってはいないけれど、
満足のいく品質のものは、新品では結構なお値段がする。
なので安全に使え、お値段に比してナットクできる品質で、、
アンティークなどではなくとも、そのようなものが蚤の市にあればなぁ、と
思ったことはあったのだ。

という訳で、どんなライトを、、などと考えていたわけでもないので、
思いがけず安いから買うのか?と自問自答はしてみたけれど。。

IMG_3124.jpg

そんなに凝ったデザインではないけれど、三毛庵のうちには
このぐらいのシンプルなやつでよかったように思う。
(そりゃあティファニー調とか素晴らしいけど、きっとうちには合わないだろう。)
安心のMADE IN JAPAN、三越製作所のものである。

IMG_3123.jpg

全体はこんな感じ。。偶然見つけたにしては上々かな?

IMG_3125.jpg

明るいところで。

IMG_3126.jpg

台座も可愛い感じ♪

市で見つけたものでお家をカスタマイズするのは愉しいなぁ♪
・・・といいながら、あの椿が悔やまれて仕方のない三毛庵なのであった。

 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/11/11.Sat

部屋にて (古い鏡)

せっかくのお休みなので、掃除洗濯もしたいし、
好きなものを眺めたりもしたい。
でも、、少々起きているのが辛いのである、悔しい。。
(北海道の北にある低気圧とか、フィリピンのほうにある台風とか、
目の敵がわんさかなのだ。)

IMG_3005.jpg

寝転がって、ぼんやりと部屋を眺めている。
このあいだの旅で連れ帰った鏡が立て掛けてある。
「そんなに鏡をどうするの?」とのんちゃんに聞かれたが、
どうするでもない、飾るだけだ。
特に実用というわけでもなく、絵を飾るように飾るだけ。
置くとそこが小さな窓になるのが好きだ。
こんなふうに意欲のわかない時間、自然に目が行く。

IMG_3006.jpg

とても心地よいrを描いている。

IMG_3007.jpg

丁寧に面取りされた麗しい硝子。ほんの少しの愉しみ。

IMG_3008.jpg

雨が上がってからは乾いた北風が薄を揺らしている。
軒下に柿を吊るして一週間。表面が干せてきたので身を少し揉む。
残り全部を母に送ると、父がいたころよく作って食べさせたと懐かしんだ。
父が亡くなって、もう七年になる。
その柿を送ってくれていた義父も亡くなって早三年が過ぎた。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/09/03.Sun

夢の間に間に (和硝子ソルト皿?)

去り行く台風15号のせいであろうか。
今日もこんこんとお昼寝なのであった。。

IMG_2852.jpg

夢から覚めたような青のお皿、和硝子なのだという。

IMG_2854.jpg

へーっ、こんなんもあるんかなぁ、、と思ったけれど、
ふと思って、豆ランプをそっと置くと、夢の続きのようだった。

IMG_2865.jpg

昼寝の合間のおやつ、大風呂敷。梨蜜が美味しい。
三田青磁のお皿に。

そろそろ梨の季節、和硝子の鉢でいただく。

IMG_2867.jpg

ほんとうに昼寝の合間に食べただけの日曜日。

さて、我が家にホームベーカリーがやってきた。
三毛庵パンやお菓子を作るような暮らし振りではないのだが、
朝パンを食べながら思ったのだ、これってずいぶんの添加物だなぁ、、と。
マーガリンが嫌でバターには変えたけど、パンにショートニング入ってるって。。
たまにはカップ麺も堪能する三毛庵、それほどこだわりが強いわけではないのだれど、
それでも毎朝食べるものがこれでいいのかと思った。
イマドキの家電に疎い三毛庵であるので、
ホームベーカリーで、市販の食パンとさほど変わらないお値段で
しかもタイマー予約で簡単にパンが焼けるなんて知らなかったのね~(笑)。
自分で作れば何が入っているか分かるものね!

という訳で、明日は焼き立てパンを食べるぞー!と思っていたら、
新しもん好きののんちゃんが、「今日の昼はサンドイッチにしよう♪」。
なるほどサンドイッチパンなら3時間で焼けるぞ!

IMG_2863.jpg

ほんとは国産小麦とかで作りたいなとか目論んでいるけれど、
初心者なのでまずはミックス粉で、、粉と水とイースト入れるだけ!!

IMG_2864.jpg

ハイ、簡単に焼けました♪お味はフツーに美味しい。
というか、市販の食パンよりは確実に美味しい。
この次は、パン・ド・ミーを焼きたいな。


不染鉄の展覧会が9/9より始まる。
IMG_2866.jpg
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/08/26.Sat

取り合わせの妙 (ちょい古の木の額縁(小)とプレスガラスコンポート)

お忙しかったり、台風が続々発生したりでお疲れの三毛庵、
ぐっすりお休みしたいところであるがお疲れ過ぎて眠れない。。
となると、まったりするのにも飢えているので、起きてぼーっとしたりする。

先日の額縁@と一緒に買った小さめの額縁、
その時は深く用途は考えなかったけれど、家で眺めていてちょうどよさげなのを思い出す。
今までありあわせの額縁に入れていて、もうちょっとなんとかならんかな、と思っていた。

IMG_2821.jpg

おぉ、ぴったし♪

IMG_2825.jpg

お気に入りの子猫。
西村宣造の寂しいような猫だから、愛らしい額縁に入れてあげたい。

IMG_2819.jpg

ちょっと映り込みが・・・詳細はこちら@ご覧ください。

IMG_2818.jpg

こんなふうにいちおう木でできているようで悪くない。
絵は絵でよいものだけれど、例えば額縁とか、
或いは軸装とか、トータルで絵の良さが引き立ったりするものだ。
少し古い軸装があって、修復しようかなとか思ったりするのもあるのだが、
なかなか先人のセンスを超える趣向など思いつくものでもないのである。
額装はまだしもいろいろお試しできるチャンスがあるけれど。。
自分で軸装を考えられるっているのは、センスだけの問題ではなく、
教養の問題であるように思う。

IMG_2824.jpg

一緒に写ったプレスガラスもお気に入り♪
こういうごりっとした時代感のあるプレス、もの好きのココロをくすぐる。
暮らしぶりがやさぐれているので、ふと目に留まるこういう光景に
いたく渇きがいやされる心地がする。

IMG_2807.jpg

そういえば、今年植えたヒオウギが咲いていて、
まぁ一日咲いては散ってゆくのであるが、切って花活けと思った。
でも花芽が一本で、ぬばたまも見たいなぁ、と切れずにいた。
今朝見たら2本目の花芽が上がっていて、こんどは切ろうかしらんと思案する。
このような古典的な花が疲れた庭に咲くさまは、客観的には
綺麗な庭でもないのだろうけど、心情的にとても惹かれるものがある。

朝ブルーベリーを収穫するのであるが、ブロンズフェンネルが育ちすぎて
奥のブルーベリーの収穫がしにくいなぁ・・と思っていた。
そうしたら気づけばフェンネルに揚羽蝶の幼虫の嵐であった!!
うーん当分収穫に行く勇気がない。
三毛庵幼虫類がとかく苦手で、それでもいろんなヤツをスコップで
掬っては国外退去にしているのであるが、
なんかキモい割には揚羽の幼虫はそっとしておきたい心情に駆られる。
(ヨトウムシとかイラガなんてもう許せないくせにね。)
山椒とか檸檬の木はそこそこ注意していたのに、フェンネルのことを忘れていて、
その上台風のせいで、見回りが甘かったのである。
もうフェンネル枯れる覚悟で揚羽になるの待とうかなぁ~なんて
思っているけれど、いやしい三毛庵は収穫できないブルーベリーが気になって仕方ない。
皆さま揚羽の幼虫は許せますか???

何を書いているのやら、になってきたので今度こそ寝るのである。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME | Next »