FC2ブログ
2020/07/05.Sun

古のこころ (プレスガラス小鉢)

IMG_6826.jpg

いただきもののデザートを夜おやつに。
こんなときに、小ざっぱりした無色のプレスなんか、飾らなくていい。

IMG_6829.jpg

すこしごりっとしたようなところが、今では得がたいものである。

ふるいものを買うことでいくらか賢くなったといえるのは、
何にいくら払うかは自分が決めることができるし、
ものの値段は売り手と買い手の間で成り立つのだ、という、
人の歴史においては当たり前であったけれど、現代においては
ちょこっと忘れ去られていたことが、よくわかったことだろうか。
定価があるというのはとても安定する、よいシステムだけれど、
お金を払うことに無責任になる側面があると思う。

1円でも安く買おうという日ごろの努力をバカにはできないけれど、
世の中というのは、自分が何に対価を払うかということが
積み重なってできてゆくものである。
無くなっては困る近所のスーパーではちゃんと買い物をする、
そういうのが選挙の一票と同じにだいじなのである。
今回コロナになって、重要なこととそうでないこと、
そういうのが一層鮮明になったようにも思う。
日本なぞ、もう少し自国で作って自国で消費したらよいのにな、
って個人的には思っているけれど。

IMG_6828.jpg

庭が茫々になり、ヤマユリは咲いたというのに、雨に打たれて
地べただったり、お庭の外を向いたりである。
先日の大風で乱れつつも、『祇園守』が咲く。
花の少なくなる季節にありがたいし、やはり佳い品種だと思う。
ホームセンターで珍しい色味の八重の槿を見て、わぁ・・って思うけど、
狭い庭で、と思うと日本の伝統、ミニマリズムは重要だ。
『祇園守』は、これがあれば安心の境地なのである。

IMG_6827.jpg

実は先日からの花を入れ替えただけのまかない仕様である。
次は一重切にてさくっと入れたいな。
スポンサーサイト



 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2020/03/31.Tue

白バラと憧れ (プレスガラスレース皿)

IMG_6321.jpg

白バラの牛乳シュークリームを近くのスーパーで発見!!
白バラは大山乳業農業協同組合のブランドで、
三毛庵は関西で・・・というか、のんちゃんの家で初めて知った。
のんちゃんの父上が愛飲していたのだが、
今の二人暮らしでは宅配するほどには飲まないので買ってはいない。
大山乳業農業協同組合のサイトを見てみると、設立は昭和21年7月21日とある。
終戦後、一年と経たないうちに設立されたようである。
その頃の白バラってどの品種をイメージしたのかな?
私はハイブリッド・パペーチュアルのフラウ・カール・ドルシュキかな?とか勝手に思っている。
日本では『不二』として戦前から親しまれた純白の薔薇で、
白バラのロゴのように大きく丸くふわっと咲くのである。こちら→

IMG_6322.jpg

↑のんちゃんが発見!「不用意にかぶりついて」はいけないのである!!
さてさて、見事な白バラシューにすっかり隠れてしまったのであるが、、

IMG_6326.jpg

レース編みのような、もしくは上等な飴細工みたいな、華奢なプレス、、
ちょっとプレスのイメージを覆すなぁ。

IMG_6323.jpg

こんな型だってできるんだゾ!っていうちょっとした腕自慢、最新鋭だったのかな?
だけどやっぱり日本のプレスらしく何処か楚々として、拙そうにみえるけれど、
でもこの頃は当時の人たちはそういう姿を好んだのかな、とも思う。

IMG_6334.jpg

夕方、アスパラを茹でていて、鮮やかなグリーンを思わず載せたくなった。
今ごろは九州あたりのアスパラが届くようになって、いよいよ春も本番である。

(備忘録)
1年ほど前、奈良県立美術館で肉筆浮世絵展を見た。
寛文美人図のような江戸初期の風俗画など、軸装も素晴らしく凝っていて
大変に楽しく眺めた。
美人画としてはやはり時代が上がるほどに魅力があって、
どれかもらえるなら、やっぱり江戸初期から中期までがいいなぁ♪などと妄想した。
そのような凄いものを掛けられるような家ではないので、寛文美人を欲しいなどとは思わなかったけれど、
そういう時代の空気への憧れのこころは少しだけ飛ばせたのやもしれぬ。
この度、知り合いの骨董屋さんからちっちゃな風俗画、肉筆浮世絵と思しきものを授かったのである。
絵が好きなのはバレていたかもしれないが、もちろん風俗画の話などしておらぬ。
中期はあろう、元禄とまで言わないが、とのことである。
やっぱり不思議だな、すなおに少し憧れて、追ってもいないときにはひょんとやってくる。
ちっちゃくていかした軸がやってきたのだ。

↓庭を少し
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2019/11/18.Mon

備忘録とか (プレスガラスキャンディボックス)

IMG_5965.jpg

渋柿を少しだけ、吊るす。
こんなふうに、やりたいことはたくさんあれど、余力がない。
あまり器用とは言えない三毛庵であるので、日々優先度の高いやつからしていくと、
だいたいブログには辿り着けないのである。
ほんとうは、たまにはちょろっと振り返るための記録ぐらいしたいものだけどなー。
でもまぁ、その時その時で一番だいじなことができていればそれが仕合せというものだ。
美味しくご飯をいただく、ここちよい布団で眠る、、全力で暮せた日のご褒美。

IMG_5966.jpg

もっと住処をいい感じにしたい、お掃除もしたいとか思うけれど、
毎日行き倒れて挫折する。
なのでここでも優先順位をつけることにして、、願わくば水廻りを散らかさずに、と。
実をいうとこれはお手洗いの棚なのだけど、水廻りをそれなりに保てば何とはなしに安堵する。
あの、トイレ掃除開運説などそんな神頼みってなんかちゃうやろ、などと思ってしまうのであるが、
せめて水廻りのような汚れるところだけでもなんとかできれば、自己肯定感が増す気がする。

という訳で、のんちゃんがポスターで制作した長谷川りん二郎のタロー様に、
お気に入りの無色のプレスガラスたちを。

IMG_5968.jpg

この二つはまだ載せてなかった気がする。
どちらもありそうでもなかなかない、ツウなお品だと思うのだけど、
(現に左はSさんに譲ってもらったけれど、Sさんも気に入っているようだった。)
ウチのトイレを借りる方々には、この素晴らしさに驚くお方はおられないのである(笑)。
右の四角いのは、先客に値切られてへそを曲げていた主から譲ってもらった、
佳いと思えば素直に褒めることも大切である、うむ。

という訳で、水廻り脱生活臭計画についてであった。

IMG_5962.jpg

今年植えたノコンギク、清澄野紺菊。
ノコンギク「夕映」の鮮やかさも晩秋によいものだけれど、これはいかにも茶花らしい。
小ぶりで淡い花に黒軸で、庭で楚々と咲いている。
ヤマボウシの要らない枝を失敬。
年々秋というものが失われてゆく、その時々、綺麗だなーって思っておかないと。

IMG_5961.jpg

備忘録:
先日は星野画廊さんに藤田龍児展を見にゆく。
(貴重な余力は使うべきところで使わないと。)
いつでも一点ぐらい小品が掛かっていて、星野さんが大切にしている画家なのだとは思っていたが、
過去の自分は、あーきっとまだ私の理解が届いていないのだ、そういう気がしていた。
でもなんとなく、いつか機が熟することがあるような、そういう予感もあったかもしれない。
佳い展覧会だった。(やはり現物を見ないと、ほんとうの良さはわからない。)
半身不随になって絵筆を持ち替えた後の作風は、一見素朴派だけれど、違うと思う。
体の自由を失って、精神の自由を得たというべきか。
(倒れる前の、日本の伝統を踏まえた鬼気迫る作品ももちろん素晴らしかったが。)
精神は自由、周到に練られたであろう巧みに隠された作為、
素直に楽しむこともできるし、いつまでも眺めて考え込むこともできる。
佳い絵について、その画家の生き方を強調するのは精神論のようで好まないけれど
(不染鉄について、やたらと心の磨きようを強調するのには少し違和感がある。)、
でもやはり、絵というものにはどれだけ鍛錬を積んだかとか、
どれだけ描くことに熱意を燃やしたかというような、見えない部分が現れると思う。
絵を見て、そのとき画家が思ったことなど分かろうはずはない、と洲之内徹も書いていた気がするが、
それでも、心が動くということには理由があると思う。
見た人が感じ取れる何かのためには、その何十倍、何百倍ものエネルギーが必要だ。
目に見える部分の下には膨大な根っこがあるのだ。
だから、根っこの中のひとつ、日々画家がどう生きたか、というやつが養分を吸い上げて、
それが絵となって咲いているのを垣間見ることはあるのかもしれないけれど。

私にとって佳い絵というのは、一体どういうものであろう、と折に触れ考えてみるのであるが。。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
絵のこと | Comments(0)
2019/10/17.Thu

ニコイチのことと (プレスガラス覗き猪口)

手に入れてから密かに浮かれて、ずいぶん経つ気がする、、

IMG_5943.jpg

プレスガラスの小さな覗き、おいしそうなほんのり昔色。
ガラスに興味のない人から見ると、こんなものが?と思われるかもしれないが、うれしかったのだ。
硝子で覗き、というもの、ないと思うんだけどな。
まぁ、数がなければよいって訳じゃないけど、酒徒憧れの筒と言えなくもなく、
何よりプレスガラス好きにはこの塊感がゴキゲンなのだ。

それに何よりうれしかったのは・・・

IMG_5940.jpg

晩酌セットができちゃったことなのだ♪

IMG_5942.jpg

大きいほうを見つけた時もここ@に書いたが相当浮かれたんだけど、何しろたまたま遭遇したもので、
もうひとつあればなーとはちょびっと思った。
そういう、あるかもしれんけど追っかけるのは間違いのようなことって、
ちょっとだけ望んだらあとはもう忘れるが吉なのだ。

そんな訳で、忘れたころにこういう、ありそうでないものがあるSさんのお店
(Sさんのお店は正統派の骨董のよいものだけでなく、マニアゴコロを擽る、
あれっと思うものが密かに置いてある。)でこれを見つけたときはびっくりした。
もちろん、しっかりしたお値段ではあったが、Sさんの値付けは
ものがわかってつけるにしてはいつも良心的だと思う。
大きいほうを見つけたときはガラ扱いであったので、内心どきっとしつつも
平静を装ってしれっと買った意地悪い三毛庵であるが、
それは勉強しているほうへのふるものの神さまからのご褒美というものだ。
だからちゃんと払うべき時は払うのが世の掟である。

それにしても、硝子覗き猪口シリーズは何で貝文(しかも三面違う!)なのかな?

IMG_5939.jpg

という訳で、せっかくニコイチになったので、箱に入れてあげようとこの度思った。
この箱の入手というのもおかしな感じで、催事に来る箱屋さんに頼もうと思ったのん。
なのに当日慌てて現物を持っていくのを忘れ、しまったなぁ・・・とみるとこれがあった。
普通、ニコイチの箱など注文しかないのだけど、聞くと頼まれたものがサイズが違ったとの由、
合えばお買い得なのだという。
筒のサイズも確認していなかったのだが、タイミングよく出てきたのはこれでいい、ってことかなぁ、と思い持ち帰った。
実際のところ、上手に布を巻いて、高台を上にすれば収まっている?というナゾである。

結局、この筒たちはこうやってニコイチになりたかったのかなぁ。

IMG_5929.jpg

庭の花もそろそろ終盤で、ホトトギスが咲き始める。
ホトトギスも白いシモバシラも地味な花だけれど、秋に似つかわしい花である。

IMG_5932.jpg

勝手に育った糸薄が庭の一隅を素晴らしくしている。
(と思っているのはどうやら私だけのようであるが。。)
綺麗だな、と思うけれど、、いまだに全貌の掴めない台風の被害に何を言えばいいのだろう。
このような日常も決して当たり前ではない。
道端の草がきれいだとか、ご飯が美味しいというようなことを、
誰もが感じられる暮らしであってほしいと願う。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/08/26.Sat

取り合わせの妙 (ちょい古の木の額縁(小)とプレスガラスコンポート)

お忙しかったり、台風が続々発生したりでお疲れの三毛庵、
ぐっすりお休みしたいところであるがお疲れ過ぎて眠れない。。
となると、まったりするのにも飢えているので、起きてぼーっとしたりする。

先日の額縁@と一緒に買った小さめの額縁、
その時は深く用途は考えなかったけれど、家で眺めていてちょうどよさげなのを思い出す。
今までありあわせの額縁に入れていて、もうちょっとなんとかならんかな、と思っていた。

IMG_2821.jpg

おぉ、ぴったし♪

IMG_2825.jpg

お気に入りの子猫。
西村宣造の寂しいような猫だから、愛らしい額縁に入れてあげたい。

IMG_2819.jpg

ちょっと映り込みが・・・詳細はこちら@ご覧ください。

IMG_2818.jpg

こんなふうにいちおう木でできているようで悪くない。
絵は絵でよいものだけれど、例えば額縁とか、
或いは軸装とか、トータルで絵の良さが引き立ったりするものだ。
少し古い軸装があって、修復しようかなとか思ったりするのもあるのだが、
なかなか先人のセンスを超える趣向など思いつくものでもないのである。
額装はまだしもいろいろお試しできるチャンスがあるけれど。。
自分で軸装を考えられるっているのは、センスだけの問題ではなく、
教養の問題であるように思う。

IMG_2824.jpg

一緒に写ったプレスガラスもお気に入り♪
こういうごりっとした時代感のあるプレス、もの好きのココロをくすぐる。
暮らしぶりがやさぐれているので、ふと目に留まるこういう光景に
いたく渇きがいやされる心地がする。

IMG_2807.jpg

そういえば、今年植えたヒオウギが咲いていて、
まぁ一日咲いては散ってゆくのであるが、切って花活けと思った。
でも花芽が一本で、ぬばたまも見たいなぁ、と切れずにいた。
今朝見たら2本目の花芽が上がっていて、こんどは切ろうかしらんと思案する。
このような古典的な花が疲れた庭に咲くさまは、客観的には
綺麗な庭でもないのだろうけど、心情的にとても惹かれるものがある。

朝ブルーベリーを収穫するのであるが、ブロンズフェンネルが育ちすぎて
奥のブルーベリーの収穫がしにくいなぁ・・と思っていた。
そうしたら気づけばフェンネルに揚羽蝶の幼虫の嵐であった!!
うーん当分収穫に行く勇気がない。
三毛庵幼虫類がとかく苦手で、それでもいろんなヤツをスコップで
掬っては国外退去にしているのであるが、
なんかキモい割には揚羽の幼虫はそっとしておきたい心情に駆られる。
(ヨトウムシとかイラガなんてもう許せないくせにね。)
山椒とか檸檬の木はそこそこ注意していたのに、フェンネルのことを忘れていて、
その上台風のせいで、見回りが甘かったのである。
もうフェンネル枯れる覚悟で揚羽になるの待とうかなぁ~なんて
思っているけれど、いやしい三毛庵は収穫できないブルーベリーが気になって仕方ない。
皆さま揚羽の幼虫は許せますか???

何を書いているのやら、になってきたので今度こそ寝るのである。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME | Next »