2017/08/26.Sat

取り合わせの妙 (ちょい古の木の額縁(小)とプレスガラスコンポート)

お忙しかったり、台風が続々発生したりでお疲れの三毛庵、
ぐっすりお休みしたいところであるがお疲れ過ぎて眠れない。。
となると、まったりするのにも飢えているので、起きてぼーっとしたりする。

先日の額縁@と一緒に買った小さめの額縁、
その時は深く用途は考えなかったけれど、家で眺めていてちょうどよさげなのを思い出す。
今までありあわせの額縁に入れていて、もうちょっとなんとかならんかな、と思っていた。

IMG_2821.jpg

おぉ、ぴったし♪

IMG_2825.jpg

お気に入りの子猫。
西村宣造の寂しいような猫だから、愛らしい額縁に入れてあげたい。

IMG_2819.jpg

ちょっと映り込みが・・・詳細はこちら@ご覧ください。

IMG_2818.jpg

こんなふうにいちおう木でできているようで悪くない。
絵は絵でよいものだけれど、例えば額縁とか、
或いは軸装とか、トータルで絵の良さが引き立ったりするものだ。
少し古い軸装があって、修復しようかなとか思ったりするのもあるのだが、
なかなか先人のセンスを超える趣向など思いつくものでもないのである。
額装はまだしもいろいろお試しできるチャンスがあるけれど。。
自分で軸装を考えられるっているのは、センスだけの問題ではなく、
教養の問題であるように思う。

IMG_2824.jpg

一緒に写ったプレスガラスもお気に入り♪
こういうごりっとした時代感のあるプレス、もの好きのココロをくすぐる。
暮らしぶりがやさぐれているので、ふと目に留まるこういう光景に
いたく渇きがいやされる心地がする。

IMG_2807.jpg

そういえば、今年植えたヒオウギが咲いていて、
まぁ一日咲いては散ってゆくのであるが、切って花活けと思った。
でも花芽が一本で、ぬばたまも見たいなぁ、と切れずにいた。
今朝見たら2本目の花芽が上がっていて、こんどは切ろうかしらんと思案する。
このような古典的な花が疲れた庭に咲くさまは、客観的には
綺麗な庭でもないのだろうけど、心情的にとても惹かれるものがある。

朝ブルーベリーを収穫するのであるが、ブロンズフェンネルが育ちすぎて
奥のブルーベリーの収穫がしにくいなぁ・・と思っていた。
そうしたら気づけばフェンネルに揚羽蝶の幼虫の嵐であった!!
うーん当分収穫に行く勇気がない。
三毛庵幼虫類がとかく苦手で、それでもいろんなヤツをスコップで
掬っては国外退去にしているのであるが、
なんかキモい割には揚羽の幼虫はそっとしておきたい心情に駆られる。
(ヨトウムシとかイラガなんてもう許せないくせにね。)
山椒とか檸檬の木はそこそこ注意していたのに、フェンネルのことを忘れていて、
その上台風のせいで、見回りが甘かったのである。
もうフェンネル枯れる覚悟で揚羽になるの待とうかなぁ~なんて
思っているけれど、いやしい三毛庵は収穫できないブルーベリーが気になって仕方ない。
皆さま揚羽の幼虫は許せますか???

何を書いているのやら、になってきたので今度こそ寝るのである。
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/06/22.Thu

お詫び (プレスガラス籠目文角小鉢)

昨日アップした記事に目いっぱい書いた妄想について、
もっとちゃんとした情報を教えていただきました!
鍵コメさま、ありがとうございました。
ということで、三毛庵の勝手な妄想を読んでしまわれた方は、
お手数ですが昨日の記事に書いた訂正内容@をご一読いただけると幸いです。

・・・ということを本日はお伝えしたかったので、ネタはないのであるけれども、
せっかくなので漁った画像をアップする。

IMG_2575.jpg

これでもかと無駄に多い、プレスガラスの器であるが、
これはピノがひと箱分ちょうど入るスグレモノなのである。
いや、ピノは箱からそのままつつけばいいだろう、というご意見は差し置いて、
ひと箱分ちょうど、っていうのが三毛庵にはうれしいのだ。

三毛庵はアイスはふだんちょびっとしか食べない。
なので、ちょびっと食べられるピノはお好みであり、
そのピノがちょうど入る器もお好みなのである。

IMG_2576.jpg

無色のプレスガラスってまぁジミィなものであるが、
よく見ると籠目とか鎬とか、とってもおされなのである。
(でもってそこそこの時代もある古びた色合いの硝子。)
小鉢っていうのも気が利いているよな~。
ま、それだけのことであるが。。

(↓風のあいだ放ったらかしだったお庭の記録)
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/05/20.Sat

カフェ窓 (プレス色板ガラス)

毎朝の日課、子メダカを含むメダカと金ちゃんへの餌遣り、鉢花への水遣り
(近ごろは地植えの薔薇も開花期なのでせっせと水遣り)、
うっかり寝坊すると、お庭の様子を見る暇もなくひと仕事である。

このごろの朝いちばんの楽しみは、カーテンを開けることである。
のんちゃんが日曜大工で飾り窓を作ってくれた。

IMG_2569.jpg

カーテンで隠れるように、上手に細工をして窓の桟に嵌めてある。

IMG_2570.jpg

最初にこの窓のカーテンだけを開けて、薄暗い部屋の中で色硝子を愉しむ。
三毛庵のちょっとした朝の贅沢である。

IMG_2400.jpg

IMG_2401.jpg

色硝子はずいぶん前に市で見つけて手に入れた。
あんまり綺麗だったから欲しくなったのであるが、
実行力のない三毛庵であるので、何かに活用することもなく、
引越しの時にも後生大事にとっておいたお品である。
先日親戚が来た時も、「いやー落ち着くなぁ、ここ。」と言っていたけれど、
(誉め言葉だと勝手に解釈している。)
引越して8か月、結構昔からこうだったかのようなお家になってきた♪

お庭のほうも、造成したての殺風景さはなくなって、
冬のあいだに仕込んでおいた草花がわんさか茂っていい感じである。
前あった石垣を潰したときに気がかりだった、トカゲやカナヘビも
先日は庭で見かけてひと安心である。
(その間にも毛虫や芋虫には退去いただいているが。
ついに山椒にもアゲハの幼虫がついていた。成長を見たい気もしたけれど、
幼苗が食べつくされては困るので、これも退去いただいた。)

IMG_2534.jpg

IMG_2536.jpg

夏椿が咲き始めたと思ったら、毎日次々と花開いては落ちてゆく。
一日花は儚いようだけれど、草間にぽとりぽとりと散る花も
それはそれは美しいもので、朝方ぼんやりと眺めて季節の移り変わりを思う。

(↓庭の記録)
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/05/13.Sat

暁 (ウランガラスプレス角皿)

近ごろ、なんとなく明け方目覚めて了う三毛庵である。
ロングスリーパーだったはずであるが、だんだんお年を召してきたということか?
まぁなんか、最近のめっけもんについて眺めて悦に入る時間も欲しいので、
二度寝できないときはそのまま起きてぼんやり「もの」に思いを馳せたりするのであるが。
(ひとがみたら完全に怪しい人である。。
でもふるものにしろお花にしろ、どうしてこんなに綺麗なのだろう、
って見る度に新しい気持ちで驚くことは、大人になってしまった人には貴重だと思う。)

IMG_2506.jpg

薄明るい照明の下、お茶を淹れたりでうろうろしてると、
何気に置いたふるものたちがそこここにぼんやり浮かび上がって、
明るい光の中で見るのとはちがった表情をしていたりする。
ウランガラスのお皿、ブラックライトなど当てて「おぉ、光る!」って
面白がるのも愉しいけれど、このような弱光線で
うすぼんやりと光をまとっているのを横目で見るのは何か穏やかな心地がする。

IMG_2505.jpg

こんなふうに、通りがかりにちらと目に入る、そういう「もの」たちに
なにかあんしんするのだ。
持たない暮らしというのも美しいけれど、
ものに時々耳を傾けながら暮らして、三毛庵はなにかあんしんするのだ。

IMG_2507.jpg

なんでもない硝子のお皿にも、きっとこころが宿っているのだと、
そんなときに想ってみるのであるが。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/04/15.Sat

アイス珈琲はじめ (プレスガラス花皿)

今日は晴れたり降ったりしながらも、気温は上がって庭仕事日和。
三時のお茶はアイス珈琲初めに。
年中ガラスものを使っているけれど、アイス珈琲を淹れるころになると、
硝子の季節がやってきたなぁ、と思う三毛庵である。

IMG_2293_201704152056425ef.jpg

は見かけるとついつい手に取るもので、
これなどいちごをいただくのにほどよいサイズ感である。

IMG_2294_20170415205644856.jpg

八重桜の咲き始めるこの頃には、そろそろ寒の戻りもお終いで、
夜風がふわっと薫るよな、佳い季節の始まりである。
こんな季節の花はよろし。

IMG_2317.jpg

売られているハウス苺はそろそろ終いなので、
お買い得になっていた、少々上等なのんを週末のデザートに。

IMG_2318.jpg

今朝方、蕾に花色が覗いている、そう思っていたらあっという間に牡丹開花。
牡丹も薔薇のように複雑で佳い香りがしている。

IMG_2322.jpg

山アジサイの「白扇」はさっそく金ちゃん池のほとりに植え付けた。
開花株なのでとってつけた感は否めないが、お池がさらに充実♪

山アジサイやアナベルは、春になったら植えようと思っていたのだ。
それから、ススキの仲間。
ところどころにススキがしゅっとあるのが好きなのだが、
実は母もおんなじで、こういうのも遺伝っていうのかなぁ・・・と思う。
以下のススキ苗植え付け(殖えるとえらいことになりそう。。)。
 パープルフォール
 モーニングライト
 ゴールドバー
その他の植え付け。
 山アジサイ 「藍姫」
 アネモネ「ラッフルドスワン」
 小川キキョウ
あと、以下の立派な処分苗!も植え付け。
 オダマキ ノラバロー
 デルフィニューム(ちょっとうちのお庭の雰囲気ではないがお安かったもので。。)
 スカビオサ「ブルーバルーン」(鉢植えに)

(以下、お庭の記録↓)
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME | Next »