2017/04/15.Sat

アイス珈琲はじめ (プレスガラス花皿)

今日は晴れたり降ったりしながらも、気温は上がって庭仕事日和。
三時のお茶はアイス珈琲初めに。
年中ガラスものを使っているけれど、アイス珈琲を淹れるころになると、
硝子の季節がやってきたなぁ、と思う三毛庵である。

IMG_2293_201704152056425ef.jpg

は見かけるとついつい手に取るもので、
これなどいちごをいただくのにほどよいサイズ感である。

IMG_2294_20170415205644856.jpg

八重桜の咲き始めるこの頃には、そろそろ寒の戻りもお終いで、
夜風がふわっと薫るよな、佳い季節の始まりである。
こんな季節の花はよろし。

IMG_2317.jpg

売られているハウス苺はそろそろ終いなので、
お買い得になっていた、少々上等なのんを週末のデザートに。

IMG_2318.jpg

今朝方、蕾に花色が覗いている、そう思っていたらあっという間に牡丹開花。
牡丹も薔薇のように複雑で佳い香りがしている。

IMG_2322.jpg

山アジサイの「白扇」はさっそく金ちゃん池のほとりに植え付けた。
開花株なのでとってつけた感は否めないが、お池がさらに充実♪

山アジサイやアナベルは、春になったら植えようと思っていたのだ。
それから、ススキの仲間。
ところどころにススキがしゅっとあるのが好きなのだが、
実は母もおんなじで、こういうのも遺伝っていうのかなぁ・・・と思う。
以下のススキ苗植え付け(殖えるとえらいことになりそう。。)。
 パープルフォール
 モーニングライト
 ゴールドバー
その他の植え付け。
 山アジサイ 「藍姫」
 アネモネ「ラッフルドスワン」
 小川キキョウ
あと、以下の立派な処分苗!も植え付け。
 オダマキ ノラバロー
 デルフィニューム(ちょっとうちのお庭の雰囲気ではないがお安かったもので。。)
 スカビオサ「ブルーバルーン」(鉢植えに)

(以下、お庭の記録↓)
>>続きを読む
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/03/14.Tue

メダカの日 (プレスガラス魚型インク壺)

冬のあいだ、凍らないようにチビ池にヒーターを入れていたのんちゃん、
メダカのお腹が大きいといって、部屋に数匹を連れてきた。
ネットでメダカの産卵について調べる。
ふーん、メダカの求愛行動ってこんなんなんや、などと見ていると・・・
同じようなことをしている!?
えーっ、ほんとに産卵するんかな??

・・・という訳で朝、卵をお腹につけたメダカを発見し隔離、
後で水草に産み付けた卵を回収した。
(卵は分けておかないと親に食べられちゃうそうです。。)
ふだんお世話できないので、稚魚が孵っても育てられる自信は
まったくもってないのであるが、池には金ちゃんがいるので
池で繁殖することはないだろうし、とりあえずやってみるしかない。。

害虫ごときは情け容赦なくやっつける三毛庵であるが、
メダカとなると生き物への憐れを感じる、、勝手なものである。

IMG_2131.jpg

メダカの産卵記念にのんちゃんのガラスのお魚(インク壺)。

IMG_2132.jpg

透明なほうはブラックライトに反応する(青いほうは色があるので分からない)ので、
このタイプはそこそこ古いもののようである。

IMG_2133.jpg

日曜日は春の陽気であったが、今日はびゅうびゅう冷たい風が吹いている。
ビオラの徒長したところを切って部屋に入れていたら、蕾だったものも咲きだした。
外では水仙のバイカラーアーリーセンセーション(どこに何を植えたか
控えなかったので早咲きならたぶんこれかと)がもう咲きそうである。
寒くても日差しが強いからかな、ぐんぐん育っている。
さて・・・この気候で三毛庵はけっこう体調が悪い。。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/01/28.Sat

花束ではなく (プレスガラスキャンディポット)

切り花代わりに買って、部屋で愉しんだ水仙の鉢植え、
すっかり終いになり花は黄色いまま乾いてしまった。
澁澤龍彦の本@の水仙のところにも書いてあったが、
花後の葉っぱを切らないことが来年も花を付けるためのお作法である。
もうひとつ、咲き終わった花がらはすぐに子房の下で取ってしまうのが
三毛庵のお作法である。

IMG_1898.jpg

ということで、取った花がらがあんまり黄色いので硝子に入れた。
葉っぱのほうは鉢から抜いて、庭に深植えにした。

部屋にお花がなくなり、お客様がみえるので何か・・・、
と思っていたらまたまた水仙(とムスカリ)になった(笑)。

IMG_1912.jpg

家を空けている時間が長いので、切り花より根のあるほうが、
扱いやすいというか、まぁやっぱり庭植えできるのが魅力なんだろうなぁ。
冬のお部屋で愉しんで、地植えすれば翌年は庭で、っていうの、
なんかオトク感が満載ではないですか♪

IMG_1911.jpg

オカイドクなお値段で、もりもりっとしたノボタン「コートダジュール」も発見。
玄関にもお花を、とこれも連れ帰る。
こちらは耐寒性に難があり、今年のような寒い冬を考えると庭植えがむつかしく、
鉢植えは水管理が大変で持て余しそうなものなのに、、一寸強欲だったかな。。

さて、水仙の花を入れた硝子のキャンディーポット、
市で蓋のないのを格安にしてもらい浮かれていたら、
なんと直後にのんちゃんが蓋つきをゲット!

IMG_1888.jpg

ちっ、負けたぁ、とちょっと悔しかったけれど、
でもどちらもちゃあんと飾っていまする。

IMG_1897.jpg
(径12.5cm)

これは結構ふるいプレスだと思うのん。
火炎宝珠とか瓔珞みたいな和の文様がプレスされているのに、
ちっちゃく洋風で可愛い。
ごりっとした美味しそうなプレスガラス

IMG_1913.jpg

お正月から放っていた牛蒡をどうしようかと思っていたら、
高峰秀子さんの本にきんぴらが載っていて、
ピーマンも入れて美味しそうであった。
さっそく真似たけれど、ちょっとピーマンの色が変わりすぎた。
きんぴらはお砂糖でなく、みりんで。美味しくてもりもり食べる。

(以下、庭の記録にキャンディポットの詳細)
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2016/12/30.Fri

懐かしい味とか (プレスガラス籠目角向付)

休暇に入り、ようようクリスマス飾りを片付ける。
なんだかね、気持ちも弱くて寝正月にしようかな、、
なんて思っていたけれど。。
でもやっぱり、あまりたくさん準備はできなくても、
黒豆とか田作りとか、そういうものはちゃんと作って
お正月は晴れやかに迎えたい。

IMG_1778.jpg

可愛らしいツリーのお飾りの中身はチョコレート。
カファレルのものである。

IMG_1780.jpg

カファレルのチョコの甘い香り、可愛い銀紙にくるまっているところ、
懐かしい気持ちになる。
子供のころ、こんなふうな銀紙にくるまったチョコをもらうと、
そぉーっと破れないように開き、銀紙をきれいに伸ばして
大事にしていた記憶がある。
子供なりに綺麗なものを取っておこうと思ったのだろう。
若いころに戻りたいとは思わないけれど、
子供の頃にはすこし戻ってみたい。
案外と心の中は大人びていたような気もするが、
眼は今よりずっときれいだったろうなと思うと、
当時の眼でいろんなものを見てみたいのだ。

IMG_1782.jpg

チョコを無造作に入れたプレスガラス
籠目の洒落たデザインのものだけど、案外古いものだと思う。

IMG_1783.jpg

連れ帰って、暫く無造作に机に置いて、
こんなふうにちょっとしたお菓子やらを放り込むのだけれど、
そうやって自分との距離感を愉しんでいたりする。
硝子ってそういう感じ。

実家からの荷物の中に、鮭の飯寿司が入っていた。
三毛庵のお正月ソウルフードである。

IMG_1777.jpg

ここで作れるものならば、教わりたいものなのだけれど。。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2016/12/25.Sun

ケーキではなく (プレスガラス星文長皿)

気が付けば冬至も過ぎ、陛下のお生まれになった日も過ぎて、
クリスマスの朝が明けた。年末も押し迫っている。

IMG_1761.jpg

取り置きをお願いしていたものを、年を越しては・・・と引き取りに行く。
お茶菓子を出してくださったのだが、お腹がいっぱいであったので包んでいただいた。
可愛らしいクリスマスツリーとサンタの帽子を模った生菓子である。

IMG_1762.jpg

帽子には雪の結晶の印刻に金粉、ツリーは可愛い金の星。
和菓子屋さんの細やかな細工を眺め、よいクリスマスだなぁ、と思う。

IMG_1763.jpg

さて、取り分けていただこうとすると、帽子の下には
可愛いサンタさんが覗いているのであった。

IMG_1765.jpg

ガラスのお皿は、クリスマスっぽいのあるよ、と出していただいたもの。
派手なものではないけれど、お菓子をちょこんと載せると満ち足りた気持ちになる。
こういう無色の硝子のよいところを、うまくお伝えできないのが
いつももどかしいのだけれども。。

(庭の記録↓)
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME | Next »