FC2ブログ
2018/08/13.Mon

能茶山考 (染付オモダカ文型打深皿)

IMG_3719.jpg

暑い日はそうめんやらうどんやらで済ませてしまうが、
ちょっとぐらい栄養も・・・と気休めの具材を投入する。
手に入れたばかりのゴキゲンなおに盛れば、至福の「うちお昼」である。

IMG_3725.jpg
(径20.5cm)

7寸あって深さもあって手取りも安心、そして2枚組というのが用途が広がる。
欠点といえば磁貫があるところで、結構焼けてはいるので不安感はないけれど、
あんまり汁がしみ込むようなものは注意が必要かもしれぬ。

IMG_3722.jpg

伸びやかな染付が分かりやすく三毛庵好みであるのだが、
骨董をしている人なら、少々疑問を持たれるのではないかと思う、、
「こんなおあったっけ?」と。
三毛庵もあれ?って思ったのね、古いと思うけどフシギなおだな、って。
なんだか今どきのセンスのよい作家さんが作ったような、「新しさ」がある。
時代の箱には「今里 弐」って書いてあったけど・・・。

IMG_3729.jpg

裏もなかなかキュートだけれど、伊万里にもありそうなのにビミョーに違う。
(ちなみに畳付きが真っ赤に焼けているところもこれの特色のようである。)

IMG_3727.jpg

ハイ、銘があったよ「茶山」って書いてる。
つまりこれは高知の焼き物、「能茶山焼」ということになるではないか!
土佐藩の御用窯であったが、この「角に茶山」は払い下げ後の幕末頃のものらしい。
(緋色が出ているのも能茶山焼の特徴であるらしい。)
でも三毛庵にとって衝撃的だったのは、能茶山焼がこのようなユニークなデザインセンスの
ものを作っていたということだ。
こういうものってネットではさっぱり出てこないのだけれど、周知の事実なのかな?
江戸後期には、伊万里のビジネスモデルに目をつけていろいろな窯が磁器を焼いているけれど、
例えば九谷の若杉窯の染付などを見ても、いままで(中央で?)言われがちだった、
「伊万里の模倣」というのはちょっと違うんじゃないかと思うものがたくさんある。
能茶山焼も御用窯時代は優品を焼いたというけれど、
この秀逸なデザインのおを見た三毛庵は、中央目線で書かれていることって
実はずいぶん違うんじゃないかなぁ、って思った。
江戸時代の文化っていうのは今よりもっと豊かなものだったと思うのだ。

それでね、三毛庵的にびっくりしたのは、、

IMG_3724.jpg

じゃあ、このお皿@あのお皿@も能茶山焼ではないのか、ということである。
銘がなく、でも伊万里ではないと言われ、じゃあどこならこんなセンスのものを作れたのか、
ということがずっとずっと疑問だったのだが、これが答え?(もしかして新発見か!(笑))
見比べると大きいお皿が焼が甘いせいか質感は違うのだけれど、
これって同じ人のセンスを感じたりはしませぬか?(図柄が三方に広がるところとか。)
型打ちを採用しているところ、分厚い高台の造り、緋色も小皿の一部には出ていて、
どうしてもそういう風に思えるのん。
あー久しぶりに妄想を膨らませてゴキゲンな三毛庵。

前回、小皿の窯についての疑問を書いたばかりであったけれど、
あまり余計なことを考えずにいるときって、こういう符号があったりするのが不思議である。
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(2)
2018/03/13.Tue

マニアックと食いしん坊の日々 (『不染鉄之画集』&伊万里染付線描菊文皿)

IMG_3373.jpg

昨日帰ると画集が届いていた。『不染鉄之画集』きゃーかっこいい装丁!!
この本、発売前に重版になったのですよ~。

ごはんを食べて、お腹もこころも落ち着けて頁をめくる。
おーこれはクールだ!不染鉄がどんなにかマニアックで勉強家かが分かる♪
(あたたかでユーモアのセンスあふれる画風で周到に隠されているけどね。)
Eテレの特集を見てこの画集を買った人は、きっと不染鉄の本当の凄さが分かるんじゃないかなー。
うふふ、またまた巷に不染鉄の評判があふれるのを想像して了う。
巻末の座談会もすごく面白い。
不染鉄LOVEのマニアックな専門家の方々の集まりで、
言いたいことをぜーんぶ活字にしちゃってくれているので凄く嬉しい!
三毛庵はドシロートなので、不染鉄の凄さを文字にするのもままならないけど、
これを読んだらそうなのよ!そうなのよ!!とうなづいてしまった。
皆さん!「いい人」に騙されちゃダメですよ~。
不染鉄はそんな薄っぺらじゃないのですよ~(笑)。

IMG_3369.jpg

さて、日曜日はロースト・ビーフを焼き、丹波の山の芋を擂って出汁で溶き、
牛とろ丼をいただいた。ちなみにローストビーフはフライパンでだらだら焼くのである。
フシギな形の後期の伊万里染付のお色が綺麗でご馳走を演出!
こういう、日々の暮らしを底上げしてくれるような、
使いやすくてべっぴんさんな器を探してくるのが上手なKさんに譲っていただいた。

IMG_3374.jpg

それから市でお揃いに使えそうな覗きをみつけ、
この日はこれに牛とろ丼にちょろっと垂らすソースを入れた。
(三毛庵の料理の仕事量は少ないが、その分器が仕事してくれている。)

IMG_3371.jpg

おやつは土曜日のフルーツ餅の残り、この日はメロンとパイナップル。
珉平の千鳥から溢れそうです。。

IMG_3372.jpg

今日は手作りのいかなごのくぎ煮をいただいた♪
こういうとき、絶対いい仕事をしてくれる平清水の片口に。
疲れて帰っても、炊き立てごはんにくぎ煮があったらシアワセ~。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
絵のこと | Comments(0)
2018/02/25.Sun

春を告げるお皿 (古伊万里染付椿桜草文皿)

久しぶりに羽を伸ばしてちょい旅へ。
寒さの緩んだこの週末、旅先でいただいたごはんにも
春のものが顔を出し始め、あぁ季節は移り変わっているんだなぁ、
とお腹の底から実感したのであった(笑)。

IMG_3325.jpg

素晴らしいアコウをいただいた。
旅先で記念に手に入れた古伊万里に盛る。
芙蓉手っぽい染付なのであるが・・・よく見ると、、

IMG_3327.jpg

お花がめちゃ可愛いではないか!

IMG_3328.jpg

まずは椿っていうのがもう、春の始まるこの季節に泣ける。

IMG_3329.jpg

しかもこちらは桜草?わぁーほんとに春のお皿なんだ。

IMG_3326.jpg

小ぶりの六寸に染付のお色が清々しく、
何か美味しい春のお品を盛りたし、そう思っていたら桜色のアコウ!

なんちゃってな三毛庵の食卓では
なかなか使いこなせる古伊万里がみつからないのだけれど、
このお皿なら大丈夫。
きっと美味しい春を届けてくれる。

アコウのつづき
立派なアコウの柵の残りは昆布締めにしてみた♪
明日美味しくいただく目論見である。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2015/04/03.Fri

皿メシ万歳! (染付網手中皿)

P1200029.jpg

オーブンとか面倒くさ~い、と思ってしまう三毛庵であるので、
ローストビーフもフライパンで一面ずつ焼いて作る。
(そのほうが面倒くさい?)
周りに塩胡椒して、のんびり中火ぐらいで焼いてゆき、
最後にホイルで包んでしばらく肉汁を落ち着かせたら出来上がり♪
この日は大分で買った柚子胡椒を添えていただく。

P1200080.jpg

このお皿をね、さっそく使いたくって載せたのだけれど、
このお皿の真骨頂は実はローストビーフではない。

P1200030.jpg

残りごはんで作る焼飯とか・・・

P1200081.jpg

和えるだけのソースで作るパスタとか・・・
レトルトカレーもいいなぁ♪と思っているけど、これはまだ試してない。

そう、何がすごいって皿メシにちょうど良い、
深さのある中皿ってことなのよん!!
ふるいお皿にはね、ありそうでなかなかないのん、深いヤツ。
その上これが賢いのは、もんのすごぉくタフそうなところ。
カチンカチンに焼けていて、印判皿のようにがっちりしているのん。
そこそこ時代はあるのだれど、何処の窯か分からないという。
確かに伊万里のような繊細さはなく、古染写しの染付
何故かあまり高級感はない(笑)。
人気の網手といいながら、素性不明のせいか残っていたもの。
でもこれは十二分に元が取れそなお利口さんで、
使っていてもなんだかとっても愛着が湧きまする。
2枚で入手できたのも幸いなのであった。
休日のお昼、ぱぱっと作るおうちごはんの強力助っ人登場なのである。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2015/03/03.Tue

しゅっとしてない (九谷庄三手色絵中皿)

この裏行きだけでもう、三毛庵は惚れ惚れとしてしまうのであった。

P1190961.jpg

全体はこんな感じ・・・ううっ、よだれが出そうだ!!

P1190955.jpg

そしてね、これのオモテはお決まりなのです!
じゃじゃーん、キンランした九谷は庄三手の中皿!!
シュッとした新感覚の骨董を好む方にはあまりピンと来ないかもしれないけれど、
九谷庄三は九谷焼中興の祖であるぞ。
明治九谷といえば、九谷庄三(しょうざ)である。

P1190965.jpg

といっても、九谷庄三本人作、というのは滅多にはあるものでなく、
「九谷庄三」の銘はほぼ、「そういう様式ですよ」というお印なのである。

で、これはというと「九谷庄三」いや「九谷」すら描かれていない。
・・・なんだけど、これは「九谷庄三」本人とほぼ同時代か、
もしくは直系の弟子ぐらいの時代の工房作でいいんじゃないかなぁ、と思っている。
(何を根拠に、と言われそうだけれど。)

P1190956.jpg

だけどねー、これまで見た庄三手は、「庄三」銘はなくても「九谷」銘はあった。
これはね、なぜかそれが素地に彫ったか捺したかしたものを釉薬を抜いてある。
このタイプは初めて見たんだよなぁ。。
「裏があんまり可愛いから、描かなかったのかな。」とあほな意見を三毛庵が言うと、
「素地は別の窯で焼いたのに絵付けしたんじゃないかな。」とのんちゃん。
うーん、全くもって合理的なご意見!!
びっくりなところで、びっくりなお値段で分けていただいたので、
三毛庵の妄想もいよいよ極致に達したか?とも思ったけれど、
ナゾの印を除くと、どうみてもこれは「いい」んだよなぁ。。
(ちなみに三毛庵所有の庄三手の「九谷」銘の膾皿はこんなん@

おぢさんが「せっかくだから使ってね!」って手渡してくれたけれど、
縁の金彩もほとんど擦れがなくって、今窯から出たみたいに綺麗♪
(と言ったら、「昨日出来たんぢゃないか。」といぢ悪いお返事。)
こんなキンランしたお皿、どうやって使うのん?とお思いでしょう。
しゅっとしてない昭和な三毛庵家では、ハレの舞台に使うんですよ♪

P1190951.jpg

「ほぉら、太巻きのハレ舞台!」確信して、スーパーで買ってきた。
(桃の節句を前に、自分で巻いたらさぞかし美味しかろうと思ったけれど、
ザンネンながら余力がなかったの。。)
ザ・ご馳走!に見えませぬか~♪

P1190952.jpg
(径22.2cm)

スーパーで、ジューシーな関西好みの出汁巻も売られていて、
これもサイコー美味しくなるよぉ~、と並べてみた!!
良いなぁ・・・これで渋めの漆器などと食卓を合わせたら素敵だろうなぁ♪
(なかなかトータルコーディネートまではたどり着けないのが、
三毛庵家、残念なところである。)
こういう「しゅっとしてない」感じ、佳いと思いませぬか~?

興味を持たれた方は、こちらの絵付けどアップをご覧くださいませ↓
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME | Next »