2017/04/07.Fri

朝に夕に (柘植山水文茶合)

毎日結構なお疲れというか、恒例の春の体調不良なのであるが、
メダカの子が孵るので忙しい。
これまでに76匹孵った!!
なんで数えているかというと、卵を孵す器から、孵った子メダカを
金魚鉢(という名の地球瓶2号)に移していくので、そのときに数えるのだ。
大きくするのはもっと大変そうだけれど、ひとまず孵化は成功なようでほっと一息。
こういうとき、ゆっくり構えられない性分なので、卵の入った器を覗いたり、
子メダカの様子を見たり、お花にお水を遣って、金魚に餌をやり、
合間にお茶を飲む、といった日々なのである。

ゆっくりお茶を飲むときの愉しみにと、すこしフンパツして茶合を手に入れた。

IMG_2255.jpg
(8.2cm)

三毛庵好みの「ザ・山水」であるが、可愛いお家に人も居るのだ!
これはサイズが小さいのがウリで、茶箱に入るなーとか思っているけど、
ひとりふたりのお茶をちょろっと淹れるとき、
うやうやしく茶葉を計るのにほどよいのである。
柘植の木というのもナイスである。
お洒落さんではない三毛庵は柘植の櫛など持っていないが、
いやしんぼうであるので、柘植の茶合を持つのである。

IMG_2256.jpg
(8.4cm)

こちらは、毎朝職場に持っていくお茶を淹れるときに使っているもの。
手軽に手に入れたものだけれど、これも小さくて使いよく、朝が愉しいものである。

IMG_2253.jpg

この通り、よく似た大きさなのでひとつで足りるような気もするが、
美味しいお茶のためならば、やっぱりお道具も愉しみたいものである。
道具というのは一緒に暮らして人を助けてくれるものだから、
(道具を持たずして人と言えるのであろうか?)
愛着というものは必要だ。

朝に夕に、愛でながらお茶を飲む。
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/04/01.Sat

カエル・かえる (信楽焼の蛙)

帰りみち、駅前にがらくたの市。
もうお昼でもあったので、まぁ中古のお品がならんでいるだけなのだけれど。

IMG_2213.jpg

小ぶりの信楽のカエル氏を発見!
これはこれは!お池の主にちょうどよいではないか♪
信楽のほうへお出かけしたときに求めてもよかったのだけれど、
中古ですからね、オカイドクなのである。
三毛庵の母は骨董のことを中古品と仰る。
これは骨董ではなく、真に中古品ではあるのだが、
前の持ち主が「育てて」くれた時代感がある、というのが
三毛庵的にはむしろ付加価値に思われる。
実際、お庭においても新物のように浮いた感じもなく、
しっくりと収まってゴキゲンである。つぶらな瞳が愛らしい♪

IMG_2228.jpg

子ガエルが載っている、というと、のんちゃんに
カエルの子はオタマジャクシだ、と言われた。。

お池の周りはもう少し植え込みを作りたいな。

さて、カエル氏を連れて帰ってくると、なんと!

IMG_2196.jpg

メダカが一匹孵っていた!!(スーパーマクロモード(笑))
メダカが孵るには累積で250℃必要で、水温25℃なら10日かかるそうである。
卵の管理は自然に任せるしかなかったので、
卵の中に目ができているのはわかったものの、さっぱり孵る様子がなく、
これは難しいのかなぁ・・・と思ったりもした。
さっそくのカエル氏のご利益である。

IMG_2214.jpg

お庭は今日も肌寒いものの、春モードは加速。
マグカップにお茶を淹れて、あれやこれやを眺めたりした。
にょろにょろ頼りなげに伸びていた貝母は
いつの間にかクロモジの下枝に届いて葉っぱを絡ませていた。

(いつものお庭の記録だらだら↓)
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/03/11.Sat

庭仕事の合間に (雛道具曲げ物行器)

朝からビオラの花がらを摘み、水遣りをしているうちに頼んでおいたお茶が届く。
毎朝水筒にお茶を淹れて持っていくのだが、そのお茶を切らしたのだ。
元々毎日ペットボトルのお茶を買って仕事中飲んでいたのだけれど、
近所のスーパーで型落ちの水筒が安くなっていて、買ってみようかと思った。
少し上等なお茶にしても、計算すると自分で淹れればペットボトルよりも安く済む。
そう思うと、そのほうがエコにもなるし、いいように思った。
朝が苦手な三毛庵であるので、毎朝お茶など淹れられるのかとも思ったけれど、
職場で美味しいお茶を飲めるうれしさに、案外と習慣化できたのであった。

そんな訳で、庭仕事のあとの10時のお茶にさっそく届いたものを試飲中である。
朝は調子がイマイチだったので、二度寝でも決め込もうかと思っていたが、
お日様に当たりながら土いじりしていると、こころが外に向いてちょっと復活した。
(そういえば、鬱の回復期の頃はずーっと庭仕事をしていたっけ。)

IMG_2075.jpg

もう雛祭りは過ぎたけれど、三毛庵はいつも旧暦までは飾っている。
いつものちびっこの一刀彫の五人囃子@であるが、今年はちょこっとバージョンアップ♪

IMG_2076.jpg

これは行器っていうやつかなぁ?
雛祭の前の骨董市で、いろいろの雛道具の中に混じっていた。

IMG_2077.jpg

華奢で上品な曲げ物である。
この五人囃子を格納しておいたら可愛いかと思ったのん。
(でもこの器も何かに格納しないといけないような気がするが(笑))
いい具合に収まるかなぁ、としばし悩んだあとに購入したところ、
隣にいた女性が「買わなかったら私がもらおうかと思ったんよ。」と仰った。
どうやらお値段で悩んでいると思われたようである。

IMG_2078.jpg

上空からの画像!
五人囃子も行器も台にしている曲げ物も、みーんな市でちょぼちょぼ買った。
今年は何処に仕舞ったかを思い出せなかった!こちら@も市の戦利品。
ばらばらに手に入れたものが思いがけずいい感じになると、うれしさ倍増である♪

ヘレボラス・アトロルーベンスが開花。

IMG_2051.jpg

正確にはこの個体はもう少し開くのであるが、このふっくら鈴のような開きかけが可愛い。

IMG_2004.jpg

これが芽出しのころで、この状態も五人囃子みたい?で可愛い。
咲くとそんなに整形花でもないのだが、草姿がよくてお気に入りである。

<以下お庭の記録↓>
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/02/26.Sun

市にも春 (源内焼陰刻豆皿とジョウロ)

IMG_2010.jpg

市をぶらぶらして中村軒に寄り、麦代餅を買う。

もうすぐ雛祭りであるので、市には雛道具がたくさん並んでいた。
ちびこいもん好きの三毛庵もあれこれと物色する。

甘さ控えめの麦代餅にも、ちびこいのんがあって、
本日はそのミニ麦代餅のほうにした。
ミニだから載るかなぁ・・・と豆皿に載せたら溢れた!!
麦代餅にはきな粉が掛かっているので、大きいお皿に盛るのが正解のようである。。

まぁでも、この楕円のお皿を使ってみたかったのねぇ。
楕円のお皿といえば珉平焼のが有名であるが、
和菓子を載せるといたく可愛らしく、勝手がよいものである。
さて、このお皿は珉平ではなく、源内焼であるところがウリである。
珉平のバタ臭さ(って昭和の死語なんですね、姪にどーゆー意味?
って聞かれた!)もよいけれど、源内焼の土っぽさも捨てがたいなぁ。。

IMG_2013.jpg

同じお店で分けてもらったのだけれど、文様が違っていて
黄色いほうは桐文?(桐文の桐って岩桐草みたいだな。)

IMG_2012.jpg

緑色のほうは龍文。
なかなか和菓子が映える、うれしいものである。

IMG_2009.jpg

庭ではひそやかに春が始まっている。
仮住まい中は鉢で持ち越したヘレボラス(クリスマスローズ)を
地に下ろしたのだが、そろそろ開花である。
忘れずにやってくる春に感謝、である。

IMG_2014.jpg

とくにお洒落なお庭を目指しているわけでもないのであるが、
ぶらぶらしていたら素敵なジョウロを発見!!
古物で水を遣るのはテンション上がるなぁ♪とすでにあたまは妄想でいっぱい。
この日はのんちゃん曰く、鉢カバーになる?香炉とか、
明らかに小さな鉢を載せるのにうってつけの鉄の金具とか、
どういう訳かガーデングッズな日なのであった。
いいなぁ春って、ほんと。

<お庭の備忘録↓>
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/01/22.Sun

古風な住まい (ヴォーリズ風?書棚)

去年の今ごろ、仮暮らしを始めたころは、
昭和のお家よりさらに)寒い!と騒いでいた。
仮暮らしがこの冬だったら、さらにさらに骨身に凍みた?ことであろう。

それにしてもこの2年は祭りであった。
忘れもしないのは、何といっても昭和のお家のお片付けだが、
新しい住まいでぼんやりしつつ、幾多の打ち合わせを思い出したりもする。
内装の打ち合わせではのんちゃんもお疲れで、三毛庵ひとりが焦りまくっていた。
ここで後悔すまい、と必死だったものである。
ご予算からくる壁紙の選択肢の少なさにひるみつつ、
潰しの利く白色系のなかから、僅か計りグレイッシュなのを選ぶ。
カーテンもグレーに、、実はこのとき既に
リビングにはライオン・ギャッベ!と賑やかな絨毯を妄想の三毛庵、
(まだ買ってもいない)絨毯頼りにカーテン・壁紙を選んだのである。
内装が出来、一年前の想定通りと安堵したが、
気に入った絨毯を見つけて敷き、お友達がインテリアを褒めてくれた時、
ようやったぞ三毛庵、と己れを労ったものであった。

実のところは、のんちゃんが市で集めたふるい家具類が、
ちゃんと木でできて、総じて茶色いのでよく調和しているせいやもしれぬ。
とはいえ、三毛庵が色気を出さず、グレーっぽくしたのは幸いである。。

そんなこんなで、新しいお家を古びた住まいに仕立て満足のある日、
三毛庵素敵な書棚を発見・・・!

IMG_1873.jpg

こじんまり(車に載りそうだ)で無骨な造り♪
場所がないので悩んでいると、「場所はなんとかなる!」と、のんちゃん。
・・・確かに、何とかなった♪

飾るものには事欠かない三毛庵宅であるが、ここにはね、
眺めていたい当座の戦利品をちょぼちょぼ並べるのだ。
ごちゃっとはいけない、後ろの壁紙が映えるぐらいにすっきりと。
(己れのごちゃっとした過去を忘れる三毛庵。)

この書棚の可愛いところ、、

IMG_1874.jpg

切嵌があるところ。

IMG_1875.jpg

ちょこっと遊びのあるところ。

IMG_1877.jpg

古びたボルトが無骨なところ。

IMG_1878.jpg

しっかりしたところ。

IMG_1872.jpg

簡素だけれど気が利いて、近江八幡と聞きヴォーリズを思い浮かべ、
勝手にナットクの三毛庵であった。
(スイマセン、妄想激しく。。)

IMG_1885.jpg

ここには最初、のんちゃんの椅子があったのん。
椅子のほうが壁に映えたかなぁ、でも陽に焼けるしなあ、、
とか思いつつ(椅子は今は向かって左に)、
置いてもらったちいさい書棚を眺め、ご満悦なのであるが。。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME | Next »