2017/09/09.Sat

朝露とパン (伊万里色絵菊文小皿)

重陽、西の空に白んだ月。
朝露でも集めて飲もうかと思うほど早く目覚める。
これはずーっとお世話になっている薬の副作用のような気もしているが、
結局のところこれがいちばん合うようである。
ほんとうに少ない量の処方で、飲まなくてもあんまり
変わらないんじゃないかななどと思うこともあった。
先日、台風の影響があまりに酷くて、すこし処方を変えたところ
起き上れないほどの副作用を呈してびっくりした。
ずいぶん久しぶりに(おそらく2年ぐらい?)気分的にも鬱状態になって、
よくもこのような酷い時間を6年も過ごしたものだとさらにびっくりした。
経験者の自分でも健康な時は、鬱が当人にとってどれほど深刻なものか、
実感としてはなかなか得ることができないらしい。

IMG_2869.jpg

ホームベーカリーにセットしたパンが焼けるのを待ちながら、
机の上のお皿を眺める。
重陽の節句にぴったりな、菊の文様である。
たまに見かけるような文様ではあるのだが、昔の人は
どうして菊の花を後ろ向きに(額のほうから)描こうと思ったのだろう。

IMG_2870.jpg
(径11cm)

少し計り発色がくすんでいるけれど、それが却って
いつの間にか夏が去ったこの季節にあっている様な気がする。

新しいお家に入ってもうじき一年になる。
ふるいものたちのお蔭で、余所余所しい新居に越した、
というような違和感もなく暮らしている。
すこし変わったのかな、と思うのは三毛庵とお皿の関係性である。
良い意味で前ほどにはお皿に依存しなくなったように思う。
依存とは何かといえば、お皿があってようやく自分が成り立っていたような、
そういう危ういバランスを保っていたことだ。
今は、すこしずつ自分らしく暮らしが整って、お皿は過大な役割を
要求されることもなく、落ち着いた様子でその中に溶け込んでいる。

IMG_2868.jpg
(先日、赤福餅をお土産にいただいたので、さっそく食する。)

さて、そうこうしているうちに、朝ごパンが焼けた。
あれからミックス粉でパン・ド・ミを作って満足し、
満を持して週末、国産小麦粉でのパン焼きである。

IMG_2871.jpg

お、満足できるほどには膨らんでいる。
(国産小麦粉だと膨らみが少し足りなくなるらしいが、それほどでもない。)

IMG_2872.jpg

ひゃー自家製とは思えないほど旨そうであるぞ!
小麦粉は北海道産の「春よ来い」を使ってみた♪
だいたい一斤分に100円ぐらいかな、バターなどのその他材料や
電気代を入れると、市販の食パンよりは多少割高かもしれないけれど、
ちゃんとした材料の、美味しいパン!!
お皿以外のものにはそうそう投資をしない三毛庵であるが、
これはいいなぁ、家電って優秀だなぁ♪

ということで、美味しい珈琲を淹れて、ブルーベリーもちょびっと摘んで、
贅沢な朝食をいただいたのであった。
(ブルーベリー「パウダーブルー」はまだちょびちょび採れていて
粒はそれほど大きくはないが甘くて食味もよく、おススメ品種である。)
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/07/02.Sun

文月 (古伊万里染付梅雪輪文小皿とちょこっと不染鉄展覧会)

結局のところ、六月中風邪ばかり引いて過ごしたのであった。
たったの風邪であっても、健康の有難みを知ることである。

七月に入り、梅雨の中休みで気温がぐんぐん上がる。
夏が来て、そして一年は折り返しに入る。

IMG_2694.jpg

考えると、甘手のものをちょいちょい手にする三毛庵である。
先入観を抜きにしてみると、甘手のものの土っぽい垢抜けなさは、
器として使ってみたいように思うのだ。
まぁ、完品と甘手が同じ値段だったら甘手を買う人はいないだろうが、
気安いというのも甘手の魅力なのである。

完品の磁器では一寸余所余所しいかな、というような
おやつのお餅も、甘手のお皿の上では寛いで見える。
(お気に入りの芥子餅を載せてみる。)

IMG_2696.jpg

IMG_2702.jpg

梅と雪輪と柴束の文様。
暑かったので、雪輪でひんやり♪

IMG_2699.jpg

IMG_2700.jpg

たぶん、こんな感じで三毛庵の眼はアマ手のお皿をぢっと見るのである。
まぁ、人に甘手を買え、などと強要はしないが、
完品でも欲しくないものがあるのと同じように、甘手でも欲しいものがあったりするのだ。
ぶらっとして、連れ帰るのによろしいしね。

先月のおやつの記録。

IMG_2691.jpg

三毛庵は涼し気な葛桜。

IMG_2692.jpg

のんちゃんは紫蘇餅と、葉っぱのお菓子をいただく。

IMG_2693.jpg

食い意地が張りすぎたので、水無月は半分こにした。
和菓子に珈琲っていいんだよなぁ、これが。
水無月食べて、残り半年の健康をお祈りするのであった。

IMG_2710.jpg

文月、風蘭「猩々」が咲く。

(↓続きはこちら)
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/06/21.Wed

葵のなぞと (伊万里染付騎馬武者文小皿)

早くに目が覚めると雨で、水遣りいらんな、、と思った。
部屋の整頓なんかをしていたけれど、一時間早く仕事にいくことに。。
朝は作業が捗るし、今日中に終えたい仕事もあったのでちょうどいいかなと♪
(一年で一番昼が長い日は仕事をするのである。)
という訳で、思惑通りに本日の仕事を終えてちょっと一息なのである。
今月はもうずーっと風邪で、何をする気にもなれなかったので、
ちょっとの時間とちょっとの元気は、たいへんにありがたいものである。
お庭は新しいので、自分が好きなものしか植わっていないのであるが、
冬にホームセンターで売れ残りを見かけて、常緑のものが欲しくて買ったのがこちら。

IMG_2671.jpg

フリルのツワブキで、冬には黄色い菊のような花も咲いていた。
地味なものであるが、日ごろ何気に目に入る中、結構お気に入りである。
フリルが装飾的だけれど、周りから浮いた感じもなく、
大きすぎず、ギボウシのように冬落葉しない上に虫にもあまり好まれない♪
とにかく手がかからないのに艶やかでいつでも綺麗!おりこう~。

IMG_2673.jpg

このでっかいブロンズフェンネル氏もなかなかいい仕事ぶりでお気に入り。
(画像は見上げて撮るほかないので、なんだかなーであるが。)
何しろちまちまなお庭であるので、高さを演出してくれるものは貴重な存在なのである。
のんちゃんが、少し大くなるものも、、と推奨してくれたけど、ほんとそうだな。

IMG_2689.jpg

フシギな図柄の小皿があった。
騎馬武者っていうのかな、江戸後期伊万里だけど、
このお方はお江戸の人ではないよなー、もっと昔のお人だ。

IMG_2690.jpg
(長径10.5cm)

【2017/06/22追記】
鍵コメさまより貴重な情報をいただきました。
葵と騎馬武者は京都上賀茂神社の競べ馬の神事ではないか、とのことです。
そっかー!「葵」は「葵祭」のあの葵だったのね!!(気付けよ三毛庵(笑)。)
あわてて検索すると、なるほど~♪
(ちなみに鍵コメさまの仰るとおり、下賀茂神社には流鏑馬神事があって
なかなか紛らわしいのであるが、この絵は弓ではなく刀のように
見えるので、やはり上賀茂神社が正解でせうか。)
おぉ、なかなか由緒正しきお皿なんだ♪
でもそうすると、これは伊万里ではなく江戸後期以降の京焼の可能性も?
ますますわかんなくなってきたなぁ~。

鍵コメ様、貴重なご指摘、ほんとうにありがとうございました。
拙ブログにお付き合いくださいまして、嬉しい限りです。
また、毎度の妄想にて皆さまに誤った情報を流布いたしまして申し訳ございません!!
とはいえ、恥も顧みず書いてみるものだな~、と思いましたです。
このように自分で探せなかった(←ほんとに考える力が足りない!)情報に
辿り着くことができましたので。
ということで、「山吹」バージョンを探す、という野望は潰えたものの、
風雅なお皿にますます目がハートになるのでした。

【追記終わり、↓は当初の妄想原文です。。】


誰か名のあるお方なのだろうと検索するとすぐに分かった。
この方は、おそらく木曽義仲殿である。キーワードは「騎馬武者 葵」。
そっかー平家物語かぁ・・・風流♪
葵とは葵御前を暗示しているようである・・・ん?巴御前じゃなかったっけ?
浅学の三毛庵はそう思ったのであるが、
木曽義仲は強い女子がお好きだったそうで、中でも巴御前、葵御前、山吹御前は
有名らしく。
んー、ぢゃあ、このお皿も「巴」バージョンとか「山吹」バージョンとか
あるんかな~。(すぐに思考がお皿のほうへ移ってゆく三毛庵。)

でもなんだな、ネットでの検索は至って便利でありがたいけれど、
自力で八方手を尽くして調べる能力はどんどん落ちていく気がする。
きっと木曽義仲の時代のお人から比べると、思考能力というか
知恵のようなものは格段に低いんだろうな。
あの、パソコンの画面に勝手に展開される綺麗な?景色の画像なんぞ、
正直言って三毛庵は気色悪い。
だって、勝手に色々見せられても素直に綺麗!って思えないやん。(ひねくれもん。)
そーゆーの、お仕着せ、っていうんぢゃないのか?
それに比べると、お江戸のお皿の謎かけは奥床しいなー。
うん、こっちのほうが愉しいであるぞ。

 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(2)
2017/05/14.Sun

いちばん遅い桜の便り (伊万里染付桜文猪口)

沖縄を梅雨入りにした前線が来て、雨がたっぷり降り、夏椿が開花。
ヤマボウシの枝にも白い花が浮かぶ。
この季節に咲く木の花は、「白」の印象。
夏椿もヤマボウシも芽出しは地味で、早春はクロモジやアオダモ、
コハウチワカエデを堪能していたけれど、
ここにきて、あぁ、この花を待っていたんだよなぁ、としみじみ眺める。
移植のために少し枝を落としたので、今年はそんなに咲かない、
そう言われていたけれど、自分のヤマボウシが咲いた嬉しさは格別である。

庭をぼーっと眺めながら、「あの辺りに夏、ヤマユリが咲いたら綺麗だろうな、
来年は植えてみようかな。」などと妄想していたけれど、
今日ホームセンターに行くと球根が処分品になっていた。
流石に暑くなってからの処分品というのは根付くのがむつかしく、
あまり買うことはないのだけれど、1年待つよりちょっと試してみようかな、
と根が乾いていないものを選んで連れ帰る。育ってくれるかなぁ。。
(寸分のスキマも逃さず花を仕込む三毛庵である。)

北海道から親戚が来て、向うはようやく桜が咲き始めた、という。
日本で咲く終いの桜。
といっても山桜や千島桜などである。ソメイヨシノは育たない。

IMG_2523.jpg

連休に猪口を買った。
すこしずんぐりとしていて、これにアイスクリームでも盛ったら
美味しそうだな、と思ったのである、、アイス食いでもないくせに。

IMG_2524.jpg

オカメ桜のような、可愛らしい桜である。
切れ込みのある五弁の花びら、丸弁の五弁で表す梅と並んでときめく意匠。

IMG_2526.jpg

そこここが慎まやかな猪口。

IMG_2522.jpg

この源氏香の見込も、ちょんちょん、と描いて佳い。

庭では待ちに待った、「ベイシーズ・パープル・ローズ」が開花。

IMG_2512.jpg

これも魅惑の五弁である。
ハイブリッド・ルゴサ(ハマナス系)で、蕾や葉っぱ、
それに小豆色の枝など、花が咲いていなくても美しく、
庭にあるとうれしくなる薔薇である。(実や紅葉も期待できる!!)
日本人好みのクラシカルでミニマムな美しさに溢れているが、
意外と言っては失礼だけれど、アメリカ人の作出で、1968年と
50年ほどの昔であるので、オールドローズという訳ではない。
そういえば香りのミニバラ、スィートチャリオットもアメリカの作出、
もしかしてアメリカって素晴らしい薔薇の宝庫なのであろうか♪

(↓庭の記録)
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/05/09.Tue

ごはんという贅沢 (伊万里染付飯茶碗)

連休は用事やら何やらで結構忙しく、すっかりお疲れである。
サラダじゃない野菜が食べたいなーと思い、平日には珍しくお味噌汁を作った。
手軽に煮野菜が摂れて、低血圧の三毛庵には必要な塩分も摂れて、
でもってやっぱりお味噌には底力があるのである!

IMG_2495.jpg

あっ、コレ普段遣いにいいなー♪というと、のんちゃんに
「普段使い」いっぱいあるやろ、と突っ込まれる、、そうでしたか(笑)。
蓋もないし、このようなものはついでに置いてあるようなお店であるからか、
タダも同然の値札が慎ましく貼ってあった。
そりゃあなくても困らない、、でもこんなささやかなものが旅にはうれしいのである。
きっとごはんが美味しいだろうな~ってすぐ夢見てた。

IMG_2497.jpg

幕末ごろによくある線描きの、珍しいものでもないのだけれど、
しっかり焼けて、発色もよく、白ごはんのためにあるようである。

IMG_2498.jpg

お茶碗を選んでごはんを食べるとは贅沢なことであるが、
ごはんが3倍おいしくなって、一日の疲れも取れていうことなしである。
(高級宿でご馳走食べる分をふるものに使ってしまう三毛庵であるが、
高級宿のごはんより美味しいものを食べているつもりなのである。)

IMG_2496.jpg

連休に素敵な画を連れ帰った。
家に来た友人には呆れられたが、佳い画というのは懐具合に関わらず、
ご縁がないと連れ帰ることはできないのである。
まぁ、お代を積めば連れ帰れる画というものはたくさんあるのかもしれないが、
そういうのんは、あまり三毛庵のお好みではない。
好きな画を持ち帰ることのできる『ご縁』というのは、
ものをどれだけ愛してきたか、そしてこれから愛せるかがものをいう世界なのだ。

なのでまぁ、三毛庵の自慢といえば個々の絵云々というよりも、
彼らが自分を選んでうちにやってきた、そのことなのである。
ものに持ち主として選ばれることより誇らしいことはないのであるからして。

IMG_2494.jpg

雨が降るというので、咲き誇っていたジュリアを思い切ってカット。
とはいえ、剪定位置を気にするのでこんな頭でっかちの切り花に。
こういうとき、ふるい硝子の盃洗とかアイスペールがちょうどよい花瓶になる。

薔薇の季節の始まり。
ジュリアの次にモスローズのサレ(サレット)が開花。

IMG_2481.jpg
モス(苔)っぽいのが可愛いけれど、花も佳いと思う。

IMG_2479.jpg
ロサ・ムンディ(ロサ・ガリカ・ベルシコロール)も開花。
どちらもホームセンターにもよくあるオールドローズであるが、
普及している品種って育てやすくて普遍的な美しさがあるものだ。

IMG_2484.jpg
ミニバラの星の瞳。
少し弱そうなのが気がかりであるが、この季節は何気に咲くのでよい。

IMG_2486.jpg
ブラッシュ・ノワゼット・・・たぶん(笑)。
買ったときにはカーディナル・ド・リシュリューの札がついていたけれどね!
(なんだか葉っぱも蕾もガリカっぽくないなぁ・・・と思っていたら。。)
ホームセンターの苗は時々札違いがあるのが難点であるけれど、
ブラッシュ・ノワゼットは前も育てていて好きな薔薇、
育てやすくてよく咲く、これも佳い品種であるのでご縁かな、と思う。
窓からよく見える位置に地植えしたので、返り咲くこの品種でよかったかもしれない。
この花のお色はソメイヨシノのような透き通る淡いお色である。

(↓お庭の記録つづき)
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME | Next »