FC2ブログ
2020/02/26.Wed

オカイドク万歳! (古伊万里染付松文猪口)

切った有楽は、咲いてもう暫く経っていたせいか、翌朝には花が落ちていた。
落ちたところに水のようなものが溜まっていたので舐めてみる!と甘い蜜。
切ったとき、ちょっと匂ってみたら蜜の香り、してたからね。
椿には香りがないというけれど、少なくとも有楽は蜜の香りがするし、
去年は小鳥(メジロかな?)にぼろぼろに突かれていた花もあった。
そういえば昨日はメジロのつがいが庭に来ていたけれど、椿が咲くと知っているのかな。

IMG_6187.jpg

近所のホームセンターで、値引きになっていた、シクラメン『天使のはね』。
ホームセンターなのでもともとそれほどお高くはないのだけれど、
満開に近いせいなのか、もう2月も終わるからか、2/3のお値段。
実は去年も買ったのだけど、花も葉っぱも特異な姿で小ぶりなのは原種交配によるものらしい。
シクラメンってうっすら香る個体と香らないのがあるけれど、これはほのかに香りもある。

実をいうと去年のも夏越しに成功したので、これから咲く、立派なやつがあるんだなー(笑)。
安いから買う、っていうのん、無駄遣いの典型っぽいけど、気に入ったので今年も夏越しにチャレンジしたい♪
(去年の大株こそもう一年越す自信ないし。)

無駄遣いと言えば、猪口はたまには買うかな、ぐらいの三毛庵、
少し前に買いましたよー、お値段に誘われて!(笑)。

IMG_6180.jpg

あーこれ、佳い絵だなーって手に取って、おそるそるお値段を聞いてひっくり返りそうに。。
一瞬、今は料治熊太以前?かと思うよな、オカイドクヒン♪
簡略化され、リズミカルに弧を描いた松の染付と古伊万里らしい美しい磁胎、
いいなーって思っても、平素はなかなか踏み切れなかったりするのにね。

IMG_6192.jpg

横にあったこちらも同じお値段!ということでゴキゲンでお買い上げ~。

IMG_6193.jpg

二つ目のも松なのだけど、枝ぶりの上半分が裏面に掛かれていて面白い。
一つ目のほうは松竹梅。
これ2つで値引きのシクラメン、『天使のはね』と同じぐらいのお値段だったのん♪
(『天使のはね』も人気の品種なので普通は安くはないけど、結構お安かった。
なので、じゃあいったい、猪口はいくらなんだー、って感じ(笑))
こういうラッキーは自分に訪れたら喜べばよし、人に訪れたら羨んではいけません。
だって、ラッキーは、その人がそれまで勉強した分のご褒美だと思うもの。

IMG_6194.jpg

という訳で、たまには猪口もよし、な三毛庵である。
(料治熊太氏のこの本は、少し前に○○○オフの均一コーナーでみつけた。
ちなみにお値段は、猪口と同じだったという。。)

IMG_6204.jpg

一年でキャベツ大に成長した天使のはね、植え付けた今年の分との差が激しい!
葉っぱの下には蕾がぎっしりでゴキゲン♪

植物ネタがオタク過ぎるので、こっち@に書いてみているのだが、
FC2のほうがざっくり書きやすかったりして、悩ましいところ。。
スポンサーサイト



 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2020/02/09.Sun

ごはん最強! (伊万里染付線描茶碗)

IMG_6118.jpg

このところ、この冬一番というかやっと冬!的な寒さで縮こまっている。
余り凝ったことをする元気のない三毛庵にいまいち食欲のないのんちゃん、
そうだ!こんなときはドンブリに限る!それも目に美味しそうなやつ、、
ということで三色丼♪
緑色はフツー実えんどうではない気もするけど、ありものでつくったらこうなったのねー。
いやー三色丼、最強!美味しく作って美味しくいただいた。

IMG_6119.jpg

お茶碗は幕末ごろの線描きの伊万里、すこし大振り(12cm強)で、小どんぶりにちょうどよいのん。
こういうものは使うとやみつきになるんだなー。
今どきのものよりずっと丈夫で、手取りも抜群、そして何より、いつものご飯がご馳走になる。
まじまじ見つめて食べるわけじゃないけれど、不思議とじわっと美味しく思えるよ。

IMG_6120.jpg

この大雑把な絵付けも美味しそうなのよ。
あまり思うことができずなんだかなーな一日でも、おいしくご飯をいただけたら、
ありがたやーって思えるものね。

余談であるが、三毛庵先月、高級なるおひつを手に入れた。
去年から鍋で手早く美味しくご飯を炊く方法を実践して、ご飯は飯切に布巾で
冷ましていたけれど、そろそろおひつが欲しいなーと思い。。
高級なる箒を手に入れた時もまあまあ周囲にウケてしまったが三毛庵は真剣で、
自分のニーズを考えると掃除機よりも箒に投資をするのが合理的だったのだ。
この度も飯の旨さにおいて、高級炊飯器よりおひつが合理的だったのである。
といって、「丁寧な暮らし」ができるほどこころに余裕はないので、
たぶんこれが一番メンテ不要?、と思った曲げわっぱで内側に角のないタイプのにした。
このへんは人それぞれ、暮らし方に合うタイプがあると思うので、どれが最強ということはないけれど。
という訳で、しっかりもとをとれるぐらい使えるといいなー。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2020/02/02.Sun

過ごしかたについて (古伊万里色絵瓢箪文豆皿)

自分のブログを読み返すと、だいたい調子が悪いとか書いてあって、
格好悪いブログだなー、と苦笑するのだけど、ま、日記なんだからこんなものかとも思う。
だいたい私、絶好調なら庭なりなんなりやっていて、
余力はないけど何かしたい!っていうときにブログ書いているからなー。
つまり今は、そう、余力はないのだ。。

IMG_6103.jpg

知り合いのお店にこれがあって、小さいのに細やかに描かれていることに
感心してじっとみていた。
たぶん気分はこんな感じで寄ってみていた、と思ふ。

IMG_6102.jpg

二つずつ成ってるのは瓢箪かな?私ちょっとへちまとの識別できないや、
などと思っていたら、実はいただいてしまったの。
ほいほいもらっちゃいけないけれど、でもありがたくいただくことも大事なときもある。
ものじゃなく、気持ちをくださったのだと分かっているときなど。

今日のような日は、手許で眺めて、そんなことを思い出したりする。

IMG_6088.jpg

庭には仕事が満載なのに、今日できたのは水仙を切ったこと(笑)。
今年は切るほどには咲いてくれなかったけど、球根が太りますようにと切った。
次にできそうなこととして、掛け軸を変えようと思いつく。
立春間近というのにやっと冬景色の図。
でも、切ってきた水仙の清新な香気とよく調和する。

するべきことってきっといっぱいあるだろうけど、私いろんなことを一度にできないので、
その時々の体力と優先度でひとつづつ出来れば満足することにしている。
優先度などもたぶん世間様とはズレてるんだろうけど、
そんなこと思っても不幸なだけですからね。

IMG_6101.jpg

去年処分品から可愛いのを選び、大きめの鉢に植えたプリムラが咲いた。
上手く夏越しして株がもこもこに育って、株分けすればよかったかもしれないけれど、
でも夏を越した株はひときわ可愛い!

(庭の記録↓)
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2019/09/24.Tue

うちのごはんとうちのはな (くらわんか手奈良茶碗・瓢形花籠)

IMG_5887.jpg

いつものように栗を買いに行く。
今年は彼岸花の遅い年で、田んぼのわきにようやくちらほら咲き始めていた。
栗もまだたくさんは出回っていないようだったが、いつもの栗おはぎは発売になっていた。
春には筍、秋には栗を実家に送り、自家用にも買って帰るのが慣わしで、
日々の食事はお粗末なものであるので、春秋の炊き込みご飯だけは頑張る三毛庵である。

IMG_5902.jpg

今回はおすそ分けをするのにガス炊飯器で炊いたけど、今度は鍋で炊いてみよう。

IMG_5903.jpg

奈良茶碗とか広東型とかいうようなお茶碗であるが、
くらわんか手の渋めの呉須で、このような秋のご飯がぐっとくるものである。
初期手のお茶碗など憧れるが、相応の覚悟を持って手に入れるようなお品である。
これなどは蓋がガタついたり、小さな難点があったりなので、
ずいぶんと良心的に譲っていただいたものなのだが、
家庭で作る秋のご飯がよく映える、高スペックなお品と思う。
こういうものに探すではなしにふと出会ったりすると、その日はもうよい一日だ。

IMG_5899.jpg

庭は茫々になっていて、それというのも早朝を除いては
外に出る気力も萎える猛暑が続いたせいであるが、
そのせいでさらにイラガまで発生して(今年はやけに多いのである。。)、
昨日はついに手が腫れる羽目に陥ってしまった。
おしゃれな庭雑誌などには、決して出てこないイラガとの闘い、
皆さま一体どうされているのであろうか。

それでも少しは欲しいな、と植えた秋草がぽつぽつ咲いて、
茫々の庭に秋草の咲く様はのんちゃんのひんしゅくを買えども好きなのである。
今年ようやく手に入れた秋海棠と一緒に入れたのは、
「菊葉玉咲フジバカマ」という名で売られていた山野草、
藤袴の地味な風情が好きなのだが、これは葉っぱや小さな花の様がよい花だ。

IMG_5892.jpg

こんな風に庭で乱れて咲く雰囲気を入れてみたいものだが、
まだケチって倒れ掛かった一枝を失敬して入れるような次第であり、
庭で見るときの感動を再現できる腕もない。。

IMG_5901.jpg

先日書店で見かけた本を買ってきた。
裏千家の偉い先生の本であるが、花に向き合う根本のところを
素人のこころに響くように書いてくださっていて、なかなか得難い本である。
洋花や、身近な草花も茶花として入れてくださっているところもうれしい。
さらに技術的な面も基本のところを書いてくださっているので、
我流(というかそれ以前)な三毛庵にはありがたい。
綺麗に入れられた写真だけあっても、美しければいいのか、という気になるし、
技術的なことだけ書いてあっても花を入れる人の気持ちなど分からないし、
そういうところが書かれているものって意外とないのである。
いつも花を庭から摘んできたら大慌てでざっくり入れている三毛庵も、
もうちょっとひと呼吸おいて、いい花をいれたいものである。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2019/08/24.Sat

電気を使う (染付山水文長皿、三田青磁陽刻長皿)

IMG_5830.jpg

ヨーグルトメーカーで鶏ハムなるものを作ってみた。30W・3時間。

ルーティンワークというものは最小限の労力で済むので効率がよいが、
なんとなくそうなっていることも多く、たまに暇つぶしがてら見直してみたりもする。
この度は、毎朝食べるのに買っていたヨーグルトをヨーグルトメーカーで作ることにした。
牛乳パックでそのまま作れるので、滅菌処理などの手間が要らないのが決め手である。
コストが下がると言われるが、1リットルの牛乳も200円程することもあり、
平素安いヨーグルトを買っていたので、その点はたかが知れている気がする。
でも「生乳」の「出来立て」のヨーグルトを「少ない回数の買い物」で食べられるメリットがある。
しかも、高機能ヨーグルトを元に使えば、そういう意味ではお得感がある。

ふるものは平気で買う三毛庵であるが、家電を買うときは慎重である。
愛せない家電は置きたくないのである。
だって場所を食うし(どの口が言う・(笑))、何より電気を食うやん!!
電気は代替手段がない、自分の中でやむを得ないという気になる、そういうときに使って、
電気ってありがたやーって思いたい。
冷蔵庫と洗濯機はこころから愛しているし、今日日エアコン様は命綱である。
パソコンくんとスマホちゃんにはもうちょっとエコ家電化してほしいけどね。
正直罪悪感を覚えるのはウォシュレットと浴室乾燥。。
浴室乾燥はほんと無駄遣いであるが、今の暮らしでは使わざるを得ないところで。
テレビと掃除機は関心のない分野。。(掃除は箒でお茶を濁す派。)
というわけでヨーグルトメーカーも悩んだけれど、ヨーグルトのプラごみが牛乳パックの資源ごみになり、
甘酒も作れるというお得感で採用。
専有面積もたかが知れていて、週1程度のヨーグルト製造でよいのでウチにはいいように思う。
(因みにオーブントースターはガスでトーストしたほうが美味しかったので姪に進呈し、
その場所が空いていたのでちょうど設置できた。)

IMG_5834.jpg

鶏ハムを載せた長皿。少しくすんだ上がりの染付

IMG_5835.jpg

伊万里ではないのか、単に上がりが悪いのかしらんけど、通なおかずに見える、という特典が(笑)。

IMG_5836.jpg

シマシマの縁も可愛いうえに、この山水、なんか吉野山を想ってしまうんだなー、関係ないだろうけど。
おかずを食べた後も目に美味しいお皿。

IMG_5832.jpg

翌日も鶏ハムの続き。猛烈にナスが食べたくなり、有元葉子さんの本に出ていた蒸しナス。
ネギ・ショウガ・醤油・酢・ごま油のせが美味しかった♪
いつもね、ナスをいっぱい食べるときは焼いていたのん。
本読んで、そっか蒸せば皮も美味しくいただけるやん!って思った。
ここでもルーティンワークをひとつリセット。

IMG_5837.jpg

この日の長皿はのんちゃんの三田青磁。
ほんとはこんなぎっしり載せず、目刺しを二匹とか載せると通っぽそうだ。

またまたキンタロー追記
先日朝キンタローに餌をあげるといつものようにがっついたのに、ペッと吐き出した。
どうやら食べ過ぎで、便秘?のようである。
そういえばやけに食べるので先日ちょっとあげすぎた気がする。
元気はあったので4日ほど絶食にして様子をみたが、そろそろ大丈夫な様子。
キンタローは体調不良の間、いつものようには寄っては来ず、目を合わせようとはしないのであった、、
分かりやすい。。(誰に似たんだ。)
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME | Next »