2018/02/25.Sun

春を告げるお皿 (古伊万里染付椿桜草文皿)

久しぶりに羽を伸ばしてちょい旅へ。
寒さの緩んだこの週末、旅先でいただいたごはんにも
春のものが顔を出し始め、あぁ季節は移り変わっているんだなぁ、
とお腹の底から実感したのであった(笑)。

IMG_3325.jpg

素晴らしいアコウをいただいた。
旅先で記念に手に入れた古伊万里に盛る。
芙蓉手っぽい染付なのであるが・・・よく見ると、、

IMG_3327.jpg

お花がめちゃ可愛いではないか!

IMG_3328.jpg

まずは椿っていうのがもう、春の始まるこの季節に泣ける。

IMG_3329.jpg

しかもこちらは桜草?わぁーほんとに春のお皿なんだ。

IMG_3326.jpg

小ぶりの六寸に染付のお色が清々しく、
何か美味しい春のお品を盛りたし、そう思っていたら桜色のアコウ!

なんちゃってな三毛庵の食卓では
なかなか使いこなせる古伊万里がみつからないのだけれど、
このお皿なら大丈夫。
きっと美味しい春を届けてくれる。

アコウのつづき
立派なアコウの柵の残りは昆布締めにしてみた♪
明日美味しくいただく目論見である。
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2018/01/27.Sat

雪の陰影 (くらわんか網手文膾皿)

IMG_3269.jpg

こんな淡い冷たいような温いような染付の色、
あぁこれって雪の陰影を見ているようだな、
冷え込んだ雪の朝、窓の外を眺めながらそう思う。

IMG_3268.jpg

淡くさらさらと力の抜けた、あっさりとした絵付けはくらわんかの魅力だ。
これは網手の文様も淀みがなく、いっそう魅力を増している。
とはいえ、くらわんかは評価も定まったものであるので、
市での戯れに求める、という訳にはいかないものである。
この日も、いいなとは思いながら、気まぐれに買えるお値段なら・・と尋ねてみた。
気まぐれなふるもののかみさまは、気まぐれをお好みであった。
しぶちんな三毛庵に文句を言わせない、こころ優しいお値段を
ご提示してくださったのだ。

IMG_3282.jpg

浮かれて雪の残るお外で撮ってみた、意味のないショット(笑)。
いちまいきりだったけど、こういうものは揃いじゃなくても愉しいしね。

IMG_3283.jpg

藪柑子も雪を被っている。

IMG_3262.jpg

大寒を過ぎ、去年植えたガランサス(スノードロップ)が咲いていた。

IMG_3263.jpg

ガーデンシクラメンも寒さに負けず咲いている。
最強寒波到来だけど、立春に向け日差しはだんだんと強まっている。
庭では草も小鳥も春にならんとする。

IMG_3261.jpg

Kさんに譲っていただいた小鳥の塗りのおはほどよいサイズ感。
いただきものの小さなチーズケーキに苺を盛って、おうちデザートセットに。
ホテルでいただくデザートより、ずっとシアワセ♪
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2018/01/20.Sat

滋味においしい (伊万里油壷ほか)

お疲れ過ぎて、少々眠れない。
(それでも整体効果か、近ごろ眠りの質が上がってきた気がするが。)
布団の中で焦っても無駄なのでごそごそ起きる。
どうせ多少の寝不足など、どこかで帳尻が合うようにできているのだしね。

IMG_3258.jpg

ふるものと遊ぶ時間もあまり取れていない三毛庵、
周囲を見渡して、お部屋の一角に目が留まる。
市から連れ帰ったものたちがいい加減に転がっていたりする。
扇面の青磁の豆皿はのんちゃん推奨のお品。
「扇面」とか「青磁」っていうのは、ふるものゴコロをくすぐるものだ。
口の欠けた残念ものの油壷は三毛庵のがらくた。
伊万里系のものらしいが、赤上がりして土っぽく仕上がっている。
出来損ないには違いないけど、すれっからしの完品にはない魅力がある。

IMG_3259.jpg

取りたてて言うようなことではないけれど、
誰が見ても美人っていうんじゃないのに、ちょい見返してしまうような。
いや、こだわり抜かれた最高のスイーツでななく、
ほっこり美味しい近所のおやつ、的な。。

IMG_3246.jpg

そうそう、先日信州名物おやきを食べた、そのような感じ♪
(しかも信州に行けたわけでもなく、
多忙のスキを縫って行った近所のスーパーのフェア。)
このトシになると地味・・滋味に美味しいものに和むんだよなぁ。。
トシをとって分かってくることも多いものだ、ふるものについてもね。

おまけ。
IMG_3236.jpg

昭和レトロの猫ちゃん。
よくあるもので、ペアで完品なのだけど、片割れしかいなかった。
そのわりに寂しそうにもせずマイペースなお姿を見てふと気になり、
我が家でのんびりしてもらおうかなぁ、と思った次第。
こんなものまで完品じゃなくてもいいというのがちょっと笑える。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/11/18.Sat

憂鬱というやつ (伊万里染付丸文小皿)

憂鬱な日。
背中の痛みが堪えるので薬を飲んでみたのであるが、
日毎に憂鬱になってきて、あーもう副作用が勝ってしまうな、とあきらめた。
痛いのも困るけど、訳もなく憂鬱なのも辛い。
なかなか都合よくはいかないものだ。
おやつを食べる、とかブログを書く、というような小っちゃい愉しみも
憂鬱というやつは台無しにしてくれる、厄介なやつだ。

IMG_3016.jpg

この間、いただいたお菓子をちょこまかとお皿に載せて愉しんだ。

IMG_3018.jpg

ちょこまかなので、食べ終わったらちょこまかした丸文が出る仕掛け。
いつもはこんなことでまんぞくだというのに。。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/09/09.Sat

朝露とパン (伊万里色絵菊文小皿)

重陽、西の空に白んだ月。
朝露でも集めて飲もうかと思うほど早く目覚める。
これはずーっとお世話になっている薬の副作用のような気もしているが、
結局のところこれがいちばん合うようである。
ほんとうに少ない量の処方で、飲まなくてもあんまり
変わらないんじゃないかななどと思うこともあった。
先日、台風の影響があまりに酷くて、すこし処方を変えたところ
起き上れないほどの副作用を呈してびっくりした。
ずいぶん久しぶりに(おそらく2年ぐらい?)気分的にも鬱状態になって、
よくもこのような酷い時間を6年も過ごしたものだとさらにびっくりした。
経験者の自分でも健康な時は、鬱が当人にとってどれほど深刻なものか、
実感としてはなかなか得ることができないらしい。

IMG_2869.jpg

ホームベーカリーにセットしたパンが焼けるのを待ちながら、
机の上のお皿を眺める。
重陽の節句にぴったりな、菊の文様である。
たまに見かけるような文様ではあるのだが、昔の人は
どうして菊の花を後ろ向きに(額のほうから)描こうと思ったのだろう。

IMG_2870.jpg
(径11cm)

少し計り発色がくすんでいるけれど、それが却って
いつの間にか夏が去ったこの季節にあっている様な気がする。

新しいお家に入ってもうじき一年になる。
ふるいものたちのお蔭で、余所余所しい新居に越した、
というような違和感もなく暮らしている。
すこし変わったのかな、と思うのは三毛庵とお皿の関係性である。
良い意味で前ほどにはお皿に依存しなくなったように思う。
依存とは何かといえば、お皿があってようやく自分が成り立っていたような、
そういう危ういバランスを保っていたことだ。
今は、すこしずつ自分らしく暮らしが整って、お皿は過大な役割を
要求されることもなく、落ち着いた様子でその中に溶け込んでいる。

IMG_2868.jpg
(先日、赤福餅をお土産にいただいたので、さっそく食する。)

さて、そうこうしているうちに、朝ごパンが焼けた。
あれからミックス粉でパン・ド・ミを作って満足し、
満を持して週末、国産小麦粉でのパン焼きである。

IMG_2871.jpg

お、満足できるほどには膨らんでいる。
(国産小麦粉だと膨らみが少し足りなくなるらしいが、それほどでもない。)

IMG_2872.jpg

ひゃー自家製とは思えないほど旨そうであるぞ!
小麦粉は北海道産の「春よ来い」を使ってみた♪
だいたい一斤分に100円ぐらいかな、バターなどのその他材料や
電気代を入れると、市販の食パンよりは多少割高かもしれないけれど、
ちゃんとした材料の、美味しいパン!!
お皿以外のものにはそうそう投資をしない三毛庵であるが、
これはいいなぁ、家電って優秀だなぁ♪

ということで、美味しい珈琲を淹れて、ブルーベリーもちょびっと摘んで、
贅沢な朝食をいただいたのであった。
(ブルーベリー「パウダーブルー」はまだちょびちょび採れていて
粒はそれほど大きくはないが甘くて食味もよく、おススメ品種である。)
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME | Next »