FC2ブログ
2019/05/11.Sat

妖しの花とばら祭り (色絵くらわんか手花文皿)

IMG_4429.jpg

植物が好きなせいか、こういうのんを見ると、
これって何を描いたのかなー、ってすぐに思うのだけど、なかなかのシュール。。

IMG_4428.jpg

よくぞおに描きましたな!って感じ。
でもこんな、ちょっと棘のあるよなデザイン感覚、イカしてると思うな。
斜に構えて澁澤龍彦読んでみたりな、背伸びしたころに出会ってみたかった。

IMG_4430.jpg

裏はこんな感じ、江戸後期は言っていいのかな~。
でもこれ6寸あって、ありそうで意外にない気がする。
縁に小さな直しがあるので、とってもお買い得だった。
まぁ、直しなんてヤダ、と思えばお買い得じゃないのだろうけど、
普段ちょこっとおかずを盛りたし・・・って手に取ったので、三毛庵的には問題なし。
色絵のおで、ふだんのおかずに合いそうなのんって、
なかなか貴重だと思うんだけどなー。

IMG_4422.jpg

ちょうど美味しい魚醤を手に入れたので、簡単な炒め物を作る。

IMG_4427.jpg

あれっ、盛り過ぎた!!(全くのおしゃれ感ナシ!)
でもグリーンの縁がいい雰囲気にしてくれる。

これにチーズなんぞ盛り合わせて、いい純米酒で一杯、といきたいものだ。

(庭の部・薔薇まみれ編↓)
>>続きを読む
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2019/04/01.Mon

タリアの頃 (伊万里染付竹に雀文向付)

新元号も発表となり、春も本番である。
花冷えで意外や寒いのであるけれども、光は強く、こころ浮き立つ。
美しいいろをした染付向付、そんな季節に目に留まる。

IMG_4282.jpg

今朝は美味しい苺があったので、どっさり盛ってヨーグルト掛けに。
苺色に市松が映える。

IMG_4280.jpg

小鉢というにはゆとりのある大きさが、使いよさげで目に留まった。

IMG_4278.jpg

竹が描かれているのでおそらく雀だろう、小鳥も春っぽい。

IMG_4277.jpg

じっさい、勝手がよくて、わけぎと霜降りの帆立のぬたのような、
少しばかりお上品なおかずなどをちょびっと盛ってもよし、
(鯛には椿と桜草の伊万里を、と思ったせいで、染付ばかりなヘンな食卓になったが。。)

IMG_4242.jpg

大根のサラダなど、どっさり盛り付けてもよし。
浮かれていろいろ試す三毛庵である。

IMG_4248.jpg

いろいろの黄水仙の後、白のタリアが咲くと春本番。
(画像は春らしいけど、酷い北西風が吹いていたのだが。)

IMG_4249.jpg

処分品球根をうれしがって買ったはいいけど、場所に困ってそこらに植えた。
早咲きの八重のチューリップが思いのほかちびっこに咲いてくれていい感じ。

↓またまた庭ばかり。
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2019/02/08.Fri

金曜の夜 (古伊万里染付鮎文木瓜型小皿)

金曜日の夜って、何をしてもいいし、何にもしなくてもいい、自由な感じ♪
といっても、家事にしろ、仕事にしろ、だいたいはやりたいことをやっているので、
特に普段不自由ということもないけれど。。
不自由なのはやる気だけはあるのに、動くのがままならないことかなぁ。

最近、ネット上で「収入の少ないほうが家事をやるべきだ!?」論争を見かけ、びっくり。
どうして素直に「やりたくない」って言わないのかなー、まさか本気でそう思っているならコワい(笑)。
まぁ「効率的」ではあるかもしれないけど、「合理的」とは言わないでね。
確かに、金銭のような数えられるものでないと、自分に対する評価を理解するのが難しい、
という人はいて、悪気があって言っている人ばかりではないのは事実だ。
でもまさか、高収入の社会的地位の高い人がみんなそういう個性の持ち主とは思えないけど。
(まぁ、そこまで言うなら主婦業に相応の家政婦代を払うのならまだ分かりますけどね。)
なんか、、家庭内でもそのような欺瞞をおっしゃるのか、と思うと大変だなーと思ったのでした。
近ごろね、自分のちょっとしたこころの動きについて考えてみることがあって、
ヒトってほんとにいろんなことに自分に都合のよい理屈をつけるもんだな、って思った。
なんかそういうのが積み重なると、とんでもなく遠いところに行ってしまうわ、
そう思ってからは気をつけるようにしてるんだけど。。
なので世の皆様もそのようなさびしいことを言わないでくださいね。

IMG_3916.jpg

金曜日にぼーっとするはずが、話がミョーな方向へ。。
(ちかごろ些細なネタでもめっちゃ気になるので、なんか忙しい(笑)。)
お口直しに得意のミニエクレアを♪
昭和の初期ぐらい?ノリタケのカップ、金彩も磁器質も繊細でコーヒーが美味しい。
三毛庵が行き倒れて家事業を放棄した日はこのような図はないけれど、
それだけにおやつの時間にはいっそうのありがたみが感じられるであろう、きっと。

雲のようなエクレアを雲のような木瓜型のお皿に。

IMG_3982.jpg

ほんとは古伊万里の和のお皿。

IMG_3983.jpg

鮎かな?最強寒波到来?に全くの季節外れだけど。。

IMG_3984.jpg

でも立春も過ぎると随分日差しも強く、こんな染付などこころ浮かれるのですけどね。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2019/01/30.Wed

関係性とやら (輪花染付竹に菊文小皿)

あーもう1月も終わっちゃうな。
三毛庵にとって例年1,2月は比較的マシな生活を送れる月なのだが、
今月はなんだかタイヘンだった。。気象病とは別の要因なのかもしれぬ。
とりあえず、脳ミソと、消化器と、足は元気なので、一般的にこれは健康っていうのかなぁ。。
まぁ、そろそろ余生と思って暮らすことにしてるので、
ちょっとずつポンコツになるのは致し方ないところであるが。

今月も自分なりには全力を尽くしたのであるが、まだ庭仕事が終わっていない。
このあいだ、目の前の木にメジロが止まって、あぁ鳥の季節が始まる、
って思ったのん、、鳥のおじゃまにもなるので、庭仕事終えときたかったな。。

IMG_3914.jpg

ほんとのところ、梅文とか載せたい季節であるが、竹と菊!
晩秋に手に入れて、いままで上げられなかったという、、。

少し時代が若いからか、ほかの人が目に留める様子はなかったのだけれど、
ちょっと使ってみたいなー、って思ったのん。
以心伝心というのでせうか、そういうものってひょん、ってやってくる。
一寸おおものを買ったのでやめるつもりでいたら、おおものに免じて
勉強するから持って行って、って。
(きっと欲しそうな顔してたんだと思うとお恥ずかしい限りだが。)

IMG_3915.jpg

輪花なのも気が利いているけど、釉薬の具合がぬらりとしていて
絵付けもなんていうのかなぁ、小ざっぱりとしつつも手抜きなし、って感じで、
こんなん描く人とお知り合いになりたい、って思うんよ。
うんそう、そういう関係性が生まれる「もの」はいつもよかったな、って思う。
それでそういう「もの」を気を利かせて譲ってくださった方との楽しい記憶も
一緒について、それってすごくお買い得な気がする。

大きさから、取り皿にいいかなって思ったものだけど、
その日ふと思い立って、載せてみたミニエクレア!

IMG_3861.jpg

ひゃあ、感動的に美味しそう!!
近所のスーパーの、いつもよりは少し上等なやつですけどね、
でも並んで食べるスイーツより、美味しいですぞ、きっと。

大げさかもしれないけど、こういう感じにおやつの似合うお皿って
あんまりないの、だいたいはおかず向けっていうのかなー。
なのでここも嬉しかったポイントで。

いつもね、こういう出会いがあると考えるのね。
このうれしさには何か理由があって、
それには統計的な何かがあるのではなかろうか、と。
そういうところから「美学」のようなものが生まれるのかもしれぬが。。
でも自分がアホだからか知らんけど、
「これには親しみを覚える」というのは分かっても、それがなぜかが分からない。
それだけに、例えば数年後にはAIが自分の好みを拾い出すことになっているとしたら
自分よりも自分を知られるということに戦慄を覚えるし、
もうふるもの買っても楽しくなくなるだろうな、って思う。
という訳で、AIには好みを悟られたくないし、自分の好みも常にアップデートしたい、
そう本気で思っている三毛庵なのである。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2019/01/19.Sat

理屈っぽい日 (伊万里染付線描文鉢)

お正月からずっと考えていたことがあり、
先日、植木をいただいた話を書いたこともあり、
やっぱり書いておこうと思った。
躊躇ったのはこういうことは誰かを批判していると感じる方もいらっしゃるかもしれないし、
果たして書くことがよい選択なのか、判断が難しかったから。
でも、自分のブログなので書くことにした。

お正月早々複雑な思いをしたのは、あの、一億円プレゼントのニュースだった。
ただ、どういうことなのかというのが、自分でも上手く整理ができなかった。
前澤社長と、当然私は面識などないのでどのような方かは存じ上げない。
でも、ご自身の信念で絵を買われる、というのはそれが高くても安くても
尊敬すべきことだと思っている。
(メディアが金額のことばかりを言うので、心外だろうと思う。)
一億円についてもメディアは騒ぐのであるが、私が感じた違和感について
口にした方はほとんどいらっしゃらなかった。
(近しいのは、ダウンタウンの松本さんだけであったような。)
個人で一億円出すことは、どんなお金持ちであっても大変なことだ。
私が一万円、いや千円だって、そうは出せない。
(それだけでも絵でも骨董でも買えるもの。)
それをたくさんの方の夢のために使った。
そのこと自体を安易に批判するのは、的外れのような気がする。

では、何故かと問われると、私は祖母に人からいわれなく金銭を受け取ってはいけない、
そう教えられたからだ。
子供のころ、駄菓子屋へ行き、持ち合わせのなかった私に友達が
10円だから、とお金をくれたことについて、帰って大変に叱られた。
だから、知り合いでも何でもない人からお金をもらうことはできないのだ。
例えば、宝くじは自分で買って当てるものだ。(賭け事でもそうだ。)
PayPayはキャッシュバックという、利用者の特典だ。
ZOZOの利用者への感謝なら、ZOZOの利用者に還元する、というのは分かる。
夢を応援したい、ということであれば、
そのように明確に伝えて公募し、スポンサーとなる、寄付をするということはできなかったのか。
結果として同じ?そうだろうか。プロセスが違えば意味は異なる(理屈っぽくて申し訳ないが。。)。
親戚のおじさんにもらうお年玉と他人にもらうお年玉って同じ?
影響力のある方には、そういう点も考えて欲しいというのが正直な思い。

このことについての考え方自体は個人で色々でいいのだと思う。
だけど、今のメディアの騒ぎ方を見ていると、理由なくお金をもらうこと、
それから夢を叶えるためにお金をもらうことは
既に「常識」になっていて、それが常識ではない私には見ていて辛い。
前澤社長は「誰も損をしていない」と仰ったが、これは損得の問題ではない。
いや私は「常識」を広められて広義には損をしたと感じている。
(本当は皆がお金に大騒ぎするのに単にうんざりしたのかもしれないが。。)

私もまぁ、100万円当たったらこんなことしたいなーとか思うことがある。
もらえるとなったら怖いなー、私は意志が弱いので、なんか人生曲がっていきそうだわ。
道に100円落ちていたら拾わない自信ないし。。

今の世の中、親は皆共働きで忙しく、子供にお金について教える場もないかもしれない。
だから、このことについて、もっと世の中でいろんな議論があってもいいんじゃないかなー、
って思うのだけど。。

自分の気持ちをちゃんと書いておこうと思ったけど、書いたのがよかったかどうか。。
この母方の祖母は64歳で入院中に病死した。
入院中とはいえ急死で、医療過誤的なことがあったのでは、というような話を
子供ながら耳にした記憶。母が泣いていた記憶。
事実であったかは知らないが、母はそのことをどのように受け止めたのだろう。

IMG_3965.jpg

さて、このは、以前Kさんから求めたお皿@に似ていたのでいいなと思って手にした。
どうしようかと思ってみていると、一辺にものが当たったのかニューが走っていて、
思わず「あら、残念」と口走ってしまった。
知り合いの骨董屋さんのものだったのだが、それに気づいて
「ニューあったの知らんかった、良かったらもらってくれる?」と言われた。
ニューでも十分使えるんやし、売れるから勿体ない、とは言ったのだけど、
ほんとに良かったら、と包んでくれたので、結局いただいた。
なぁんだ、私けっこうもらってるやん、とは思ったけど、
このも先日の苗木もやっぱり意味が違うようにおもう。
私は私が信頼している人たちから、気持ちをもらったのだと思っている。
なのでいつか、その気持ちには応えたい、お返しできることがあれば、と思っている。

IMG_3963.jpg

理屈っぽい一日になってしまったので、お口直しをどうぞ。
(大寒前なのに桜餅♪)
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME | Next »