2018/02/03.Sat

鬼は外 (紙刷印判波千鳥文小皿)

IMG_3284.jpg

お疲れの身、プリンをいただく。ゆるゆる。。

毎日まぁなんというか、嫌になることが多く、人様の言動に嫌になったり、
自分のことが嫌になったりなのである。
人様の言動は腹は立つけれど、自分の力でどうなるものでもないので、
言ってみればお天気のようなもの、、静かにやり過ごすだけである。
自分のことが嫌になるのが宜しくない。
意に添わず、自分に嘘をつくと、だんだんとすり減ってくる。
そういうときに、真面目な絵を眺めたり、小さなお皿を眺めたりすると、
こころがおかしいと言うような暮らし方はしたくないと思う。
比べようもないけれど、洲之内徹が戦時中「ポワソニエール」の複製を眺めて
やりきれない諜報活動の日々を持ちこたえたのと同じように、
うつくしいものはひとのたましいを支えてくれる。
うつくしいものをうつくしいと思える日々が続くこと、うつくしいと思える自分であることを
ひそかに祈るのである。
節分の今宵、じぶんの鬼を外に追い出そう。

明日は立春。
寒さは厳しくとも、春なのである。

IMG_3278.jpg

プリンのお皿は先日見つけて小躍りした紙刷り印判である。
これはナイスだ♪
雑器なので釉剥ぎがあったりするが、素朴で和む。
普通、印判は全面に印刷がされているものだが、余白を多くとっているのも粋だ。
ありそうでなかなかない、デザインセンスである。

IMG_3279.jpg

釉剥ぎのぐるりに捺された印判は、なんと波千鳥ではないか♪
この波千鳥は、冬の冷たい波の間に間に飛ぶ千鳥というより、
強くなった日差しで煌めく波間を飛ぶ千鳥と思いたい。
うーん、オトク感満載。

IMG_3280.jpg

高台も小っちゃくてかわゆいであるぞ(使いやすいかは別問題だが)。

IMG_3276.jpg

という訳で、ツボなあまりセット買いです(笑)。
並べると、ごつごつした質感もよい感じ♪
あー誰か、このありそうでない魅惑の印判をほめてあげてくださいな。
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/12/26.Tue

時を旅する (オキュパイド人形)

クリスマスも終わり、2017年もラストスパートである。
お仕事も結構な追い込みでへろっへろな三毛庵、嗚呼ふるものに癒されたい♪
別にふるものぢゃなくたってよかろうとは思う。
美味しいデザート然り、綺麗なお洋服然り・・・
でもふるものは、「時」という特別な空気を纏っていて、
それは少しの想像力があれば、例えば旅のように自分を遠くへ誘ってくれる。
三毛庵はお家に居ながらにして、旅をしているのである。

IMG_3160.jpg

シュールな色合いのロバ氏である。

IMG_3159.jpg

Occupied Japanのものだが、そのような刻印はなく、
ただforeignと書いてあるように読める。
70年ほど前のものは骨董以前というべきかもしれないけれど、
若い人にとっては新鮮であろうし、もう十分に時の香りを放っているように思う。
ささやかだけれど、手に入れて嬉しくて仕方がなかった。
こういう気持ちは、がらくたでも伝世の名品でも、優劣はつけられないものだ。

IMG_3161.jpg

のんちゃんがわんこを手に入れた。

IMG_3158.jpg

こちらは手描きのリモージュのもの。
ロバ氏のペイントも手描きだろうけれど、まぁリモージュのほうが上等に違いない。
でも可愛さにおいては決して引けを取らない。

IMG_3163.jpg

ほら、ロバの荷車にわんこを載せてみたけれど、
どちらも輝いている♪

IMG_3179.jpg

ロバ氏のお顔の造りが、いまどきののっぺりしたものじゃなく、
なんだか彫り出したように造形的で、こういうところは三毛庵の中でポイントが高いのである。

(↓庭の記録)
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/07/20.Thu

盛り盛りごはん (印判染付牡丹獅子文皿)

そこそこに忙しいひとりの日は、フライパン片手にお手軽メシである。
豚こま肉(切らずに済む)といろいろの野菜をじゃじゃっと炒めるだけ。
ニラとキムチでキムチ炒めとか、茄子・トマト・ピーマンの夏野菜炒めとか、
まぁ、そんなもん。
さて本日、冷蔵庫を覗くと茄子しかない!!
塩胡椒では寂しい気分だったので、トマト代わりにケチャップ炒めにすることに。

IMG_2749.jpg

このようなビミョーなお色味のおかずでも、このおはあんしんなのである。
(もちろんトマトやピーマンがあればもっと鮮やかに映るのであるが。。)
テキトー感溢れるおかずを、ほどよく盛り上げる、食欲そそる印判様である。

IMG_2750.jpg
(径21.5cm)

ツウな食卓ならば瑠璃釉の古伊万里などがよろしかろうが、
なんちゃってメシをもりもり食する三毛庵には、
大っきい獅子が3匹盛られたこのおの安心感がよろしい。
ニギヤカだけれど獅子のダミで全体がコバルト色、
なんでも美味しそうに見えることまちがいなし!

ストイックに引き算された配色というのは、どうやら三毛庵にはむつかしく、
いつもちょこちょこ「盛って」しまうのであるが、
それは性分なのか、それとも関西圏にいるせいなのか。
(関東は粋を愛する江戸文化であるが、ここらは桃山だと常々思うのである。)
でもなんか、ちょいちょい足し算しつつ危ういバランスで調和する、
そういう迷宮のような暮らしぶりにときめくのも、
ふるもの好きの特権だと思ふのであるが。。


ちなみに、、団子っパナ3兄弟はちょっとずつお顔が違うのであった。
IMG_2751.jpg

IMG_2752.jpg

IMG_2753.jpg
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/06/11.Sun

梅雨入りの庭で (色絵金彩河骨文印判皿)

いつも行くホームセンターには、メダカ池用の水生植物が色々とある。
燕子花なんかもあったりして、おぉ、家の池に燕子花が咲いたらすごいなー、
と眺めているのである。
ちょっと気になっているのは河骨(コウホネ)で、
家のなんちゃって池でも咲くのかな?と横目で見ている。

IMG_2666.jpg

その、河骨と思しき文様の印判を見つけた。

IMG_2665.jpg

この頃の金彩の印判は、なんといえばよいのか
粗末と言っては失礼だが、金彩に反比例するようにちゃっちい感じのものが多い。
このおも金彩のほかは、薄い水色と翠色の釉薬がさっと塗ってあるだけで、
まぁ他愛ないことこの上ない。
そうなのだが、その薄っすらとしか使えなかった色絵を効果的に使って、
簡単なりにグッドデザインに仕上げているのに感心した。
アシンメトリーな構図もなかなか宜しい。
そう思って眺めていると、放置しておくのはなんだか勿体ない気がして、
たっぷり5寸はある使い勝手にも期待し持ち帰ることにした。

IMG_2660.jpg

印判は平日の慌ただしいご飯でも何気に手に取ることができ、
といって簡単おかずでも侘しい気持ちにはならないナイスなアイテムだ。
この日は鮭の端っこと納豆に長芋の短冊と、お手軽に食したが
実においしい晩御飯をいただいた。

春に生まれた子メダカは順調に成長して、1cmぐらいになったやつもいる。
(とはいえ、いくらか自然に淘汰されているのは、致し方なしか。。)
先日お友達が少し連れ帰ったが、それでもまだ沢山いる♪

のんちゃんが金ちゃん池で餌をやっていて、
「あれ?ここにも子メダカがいるよ!」

IMG_2679.jpg

皆さま、見えますでしょうか?画像の真ん中あたりにいる子メダカ。
見ると親メダカや金ちゃんが近づくと水草の陰に隠れている。。
ということで、都合2匹を子メダカ水槽に保護したのであった。

IMG_2651.jpg

先週は梅雨入り前に、と鉢植えのラベンダーを剪定した。
この辺りの庭はいかに夏を越すかが一番の課題である。

IMG_2644.jpg

三毛庵のゼラニウムコレクションのうち、
数少ない定価で買ったやつが咲いている、可愛い♪
あとの蚊蓮草やらローズゼラニウムやらはみんな処分品だったけど、
やっぱり綺麗に咲いている。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/06/01.Thu

蕾、時々雨 (馬の玩具文・波千鳥文印判皿)

突風が吹き、雷とともに雨が降り出した。
昨夜も雨が降り、日中は気持ちよく晴れていたが、今宵も雨である。
そろそろ梅雨入りだろうか。
ずっと庭も乾いていて、一年目の木を心配して水やりしていたので、恵みの雨。
木もひと息つくし、私もひと息つく。

仕事やら雑事やら、何とはなしに気忙しい。
気忙しい合間にも、植えた草木の心配をしたり、
絵やふるものとの暮らしについて考えたりと、ぼんやりする間はない。
まぁ人から見れば、ふるものを見てぼんやりしているようであろうけど。。

IMG_2428.jpg

IMG_2430.jpg

印判皿など見ても、綺麗だな、可愛いな、と考えるのであるからして、
考えることは尽きないのである。正直テレビを見る暇もないほどだ。
まぁそれが、何かに役に立つのかと言われると答えに詰まるが、
役に立つことだけが尊いと思うのはけちぃような気がする。
それでも、、きれいなものについて考えることは、
やっぱりどこかで人のためになることのように思うのであるが。

IMG_2621.jpg

スカシユリを2本植えた。
いつものホームセンターでのまたもや処分品、まだ蕾のものがあった。
欲を言えば、球根を植えて芽が出、やがて蕾を見るのが楽しいけれど、
ポットのまま咲こうとするユリは憐れであった。
できるだけ、最初から植わっていたかのように、来年も育つように植え付ける。
だんだんと色づいて膨らむ蕾を見ると、お手軽乍ら夢も膨らむのである。
そういえば、この前処分球根を植えたヤマユリも芽を出した。
本当ならとうに背が高くなっている筈で、このまま育ってくれるのかは謎であるが、
それでも芽が出ただけでも嬉しいのである。

IMG_2622.jpg

昨夜の雨で少々傷んだけれど、去年お庭を作り始めて
すぐに見つけた処分品(笑)、プリンセス・ケイトが咲き始めた。
薄っすらパールピンクがかった様な、さすが「プリンセス」なクレマチスである。
夏に向けて植えたのは、ヒオウギ、ユウスゲ、夕顔、モミジアオイ(白)、
昔は四季咲きなどを尊んだが、今は夏から秋はぼちぼち花を見れれば十分かと。
モチロン?定価品、三毛庵処分品ばかりを買っているわけではない。
いや、正確にはついでに処分品も買ったのであるが。。
アメリカ藤である。
勝手口の門扉の横が殺風景で、なにか細身の植物を置けないかと
常々思っていたのであるが、アメリカ藤は蔓を細身に仕立てられて、
大きくはならないのでコンテナでもOKなのだそうである(ほんとかな?)。
しかも二季咲するというなかなか欲どしい品種である。
花は来年、という処分品を取り寄せたところ、花がらがあったので
来年咲くのを楽しみに植えた。
すると今朝見ると、なんと二季目の蕾が上がっているではないか!!
おぉ、オトク感満載♪
薔薇の季節が済んだらあとはぼちぼち花を見れれば、などと澄ましていた
三毛庵であるが、「夏にも咲く藤」に興奮冷めやらぬのであった。

だってねぇ、蕾には夢が膨らむのであるからして。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME | Next »