2017/06/11.Sun

梅雨入りの庭で (色絵金彩河骨文印判皿)

いつも行くホームセンターには、メダカ池用の水生植物が色々とある。
燕子花なんかもあったりして、おぉ、家の池に燕子花が咲いたらすごいなー、
と眺めているのである。
ちょっと気になっているのは河骨(コウホネ)で、
家のなんちゃって池でも咲くのかな?と横目で見ている。

IMG_2666.jpg

その、河骨と思しき文様の印判を見つけた。

IMG_2665.jpg

この頃の金彩の印判は、なんといえばよいのか
粗末と言っては失礼だが、金彩に反比例するようにちゃっちい感じのものが多い。
このおも金彩のほかは、薄い水色と翠色の釉薬がさっと塗ってあるだけで、
まぁ他愛ないことこの上ない。
そうなのだが、その薄っすらとしか使えなかった色絵を効果的に使って、
簡単なりにグッドデザインに仕上げているのに感心した。
アシンメトリーな構図もなかなか宜しい。
そう思って眺めていると、放置しておくのはなんだか勿体ない気がして、
たっぷり5寸はある使い勝手にも期待し持ち帰ることにした。

IMG_2660.jpg

印判は平日の慌ただしいご飯でも何気に手に取ることができ、
といって簡単おかずでも侘しい気持ちにはならないナイスなアイテムだ。
この日は鮭の端っこと納豆に長芋の短冊と、お手軽に食したが
実においしい晩御飯をいただいた。

春に生まれた子メダカは順調に成長して、1cmぐらいになったやつもいる。
(とはいえ、いくらか自然に淘汰されているのは、致し方なしか。。)
先日お友達が少し連れ帰ったが、それでもまだ沢山いる♪

のんちゃんが金ちゃん池で餌をやっていて、
「あれ?ここにも子メダカがいるよ!」

IMG_2679.jpg

皆さま、見えますでしょうか?画像の真ん中あたりにいる子メダカ。
見ると親メダカや金ちゃんが近づくと水草の陰に隠れている。。
ということで、都合2匹を子メダカ水槽に保護したのであった。

IMG_2651.jpg

先週は梅雨入り前に、と鉢植えのラベンダーを剪定した。
この辺りの庭はいかに夏を越すかが一番の課題である。

IMG_2644.jpg

三毛庵のゼラニウムコレクションのうち、
数少ない定価で買ったやつが咲いている、可愛い♪
あとの蚊蓮草やらローズゼラニウムやらはみんな処分品だったけど、
やっぱり綺麗に咲いている。
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/06/01.Thu

蕾、時々雨 (馬の玩具文・波千鳥文印判皿)

突風が吹き、雷とともに雨が降り出した。
昨夜も雨が降り、日中は気持ちよく晴れていたが、今宵も雨である。
そろそろ梅雨入りだろうか。
ずっと庭も乾いていて、一年目の木を心配して水やりしていたので、恵みの雨。
木もひと息つくし、私もひと息つく。

仕事やら雑事やら、何とはなしに気忙しい。
気忙しい合間にも、植えた草木の心配をしたり、
絵やふるものとの暮らしについて考えたりと、ぼんやりする間はない。
まぁ人から見れば、ふるものを見てぼんやりしているようであろうけど。。

IMG_2428.jpg

IMG_2430.jpg

印判皿など見ても、綺麗だな、可愛いな、と考えるのであるからして、
考えることは尽きないのである。正直テレビを見る暇もないほどだ。
まぁそれが、何かに役に立つのかと言われると答えに詰まるが、
役に立つことだけが尊いと思うのはけちぃような気がする。
それでも、、きれいなものについて考えることは、
やっぱりどこかで人のためになることのように思うのであるが。

IMG_2621.jpg

スカシユリを2本植えた。
いつものホームセンターでのまたもや処分品、まだ蕾のものがあった。
欲を言えば、球根を植えて芽が出、やがて蕾を見るのが楽しいけれど、
ポットのまま咲こうとするユリは憐れであった。
できるだけ、最初から植わっていたかのように、来年も育つように植え付ける。
だんだんと色づいて膨らむ蕾を見ると、お手軽乍ら夢も膨らむのである。
そういえば、この前処分球根を植えたヤマユリも芽を出した。
本当ならとうに背が高くなっている筈で、このまま育ってくれるのかは謎であるが、
それでも芽が出ただけでも嬉しいのである。

IMG_2622.jpg

昨夜の雨で少々傷んだけれど、去年お庭を作り始めて
すぐに見つけた処分品(笑)、プリンセス・ケイトが咲き始めた。
薄っすらパールピンクがかった様な、さすが「プリンセス」なクレマチスである。
夏に向けて植えたのは、ヒオウギ、ユウスゲ、夕顔、モミジアオイ(白)、
昔は四季咲きなどを尊んだが、今は夏から秋はぼちぼち花を見れれば十分かと。
モチロン?定価品、三毛庵処分品ばかりを買っているわけではない。
いや、正確にはついでに処分品も買ったのであるが。。
アメリカ藤である。
勝手口の門扉の横が殺風景で、なにか細身の植物を置けないかと
常々思っていたのであるが、アメリカ藤は蔓を細身に仕立てられて、
大きくはならないのでコンテナでもOKなのだそうである(ほんとかな?)。
しかも二季咲するというなかなか欲どしい品種である。
花は来年、という処分品を取り寄せたところ、花がらがあったので
来年咲くのを楽しみに植えた。
すると今朝見ると、なんと二季目の蕾が上がっているではないか!!
おぉ、オトク感満載♪
薔薇の季節が済んだらあとはぼちぼち花を見れれば、などと澄ましていた
三毛庵であるが、「夏にも咲く藤」に興奮冷めやらぬのであった。

だってねぇ、蕾には夢が膨らむのであるからして。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/04/14.Fri

桜散り蝶が舞う (緑印判花蝶文皿)

朝、金ちゃんに餌をやりに出ると、紋白蝶がひらひら飛んでいた。
春だなぁ。可憐なのですけれどね、庭師はついつい青虫を警戒してしまうのである。
のんちゃんが筍ご飯用に山椒も植えたので、揚羽蝶なんか要注意だ。

IMG_2312.jpg

こんなフシギな、洋の香り漂う印判
桜に菊(絵柄は純和風!)とお花がいっぱいであるが、蝶々もいっぱいなのである。

IMG_2311.jpg
(径16cm)

一枚だけだったのがザンネンだけれど。。
春先からぼーっと眺めていたけれど、桜が咲いて、緑が芽吹いて、
なんだかこのおが似合う季節がやってきたと思う。

金ちゃん池のほとりの日陰にヤマアジサイを植えたいなと思ってた。
前に育てていた品種を思い出して取り寄せたところ・・・。

IMG_2309.jpg

わぁ、立派な開花株ではないか!!(↑さっそく印判が。。)
よく見ると確かにそう書いてはあったのだが、日ごろ苗専門の三毛庵であるので、
大きめの4寸鉢というのに惹かれ、鉢花といえば普通開花株であることなど忘れていたのだ。
なんかトクした感じ♪しかも生産者が吉岡麗子氏であるぞよ。
ということで、母にも送ろうかな、ってみるともう売り切れていた。
(お隣の地球瓶2号に子メダカ170匹!?放流中、、
もはや多すぎて生存確認ができないのだが、あまり減っている感じはない。)

IMG_2310.jpg

「白扇」という品種。ヤマアジサイはデカくならないし、野趣があってよろし。
さっそく週末に地植えにしよう。

IMG_2313.jpg

冬物のスリッパをダメにしてしまったので、麻のちょっと上等なのんを買う。
(撮影前に履いてしまって、使用感あり。。)
洗えるとあるのだが、どれぐらい使えるのかな?
履いていていい気分なので、長く使えるとうれしいのだけれど。

IMG_2308.jpg

晩御飯は焼鮭定食で。

(↓いつものお庭の記録)
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/03/26.Sun

リシュリュー卿のことなど (長沼焼染付紙刷印判小皿)

この春は朝夕の冷え込みが厳しくて、そろそろ桜も咲くころだという実感がまだ湧かない。
それでも、水仙の蕾が膨らんだり、庭木の芽が綻んだりと、
日々何がしかの変化がある。
薔薇の芽も大分動いたなぁ、と眺めていてびっくりした。

IMG_2161.jpg

既に蕾が!!
去年初冬に植え付けてすぐ、芽が動いてしまったのだけれど、
ネットで調べると根が張ることが重要なのでそれでもよいそうで、
春に伸びた芽を切り戻すなり、そのまま伸ばすなり、
選択肢はいくつかあるようだった。
この苗は一季咲のオールドローズであったので、
切り戻す必要はないかなと思っていたら、いきなりの蕾なのであった。
カーディナル・ド・リシュリュー、造成地に不満も垂れず、賢いヤツである。

IMG_2171.jpg

のんちゃんが紅いチロリアンデージーをいいなというので、買ってみた。
ついでに深紅のガーデンシクラメンの売れ残り処分品も・・・。
(そろそろシクラメンなど終わりなので買うのは間違いのような気もするが、
毎日寒いので、つい冬場の続きで手を出してしまった。)
紅い花は庭では使い方が難しいので、あんまり買うことはない。
庭の真ん中ではやっぱりちょうど合いそうなところがなかったので、
通路の目を引くところにまとめて植えた。
春ならばパステルカラーの花にすれば良さそうなものだけれど(笑)。

得意の処分品ではなかったけれど、一つ売れ残っていた都忘れ。

IMG_2172.jpg

ほんとうは苗から育てて花が咲く、ていうのがお好みであるが、
全開の開花株である。
植えてみてもかなーり取って付けた感じであるが、致し方ない。
清楚な青紫色が画像ではうまく映らない。
花の色も葉っぱの澄んだ緑色も、それから草姿も控えめで、
まぁ日本人はみんなこんなん好きやろな、とは思うけれど、
御多分に漏れず三毛庵も好きなのである、都忘れ。
勿忘草も水色で可愛い花だが、どうせ忘れるなら都忘れがお好み。

都忘れは簡単に宿根しそうなのに、三毛庵は上手く殖やせない。
庭中都忘れを咲かせてみたいものであるが。
何処に植えようかとうろうろして、やっぱりこういう野趣のあるものは
クロモジの近くにしよう、と思った。
人気の?クロモジ様の近辺は、ますます密集してきているような。。

週末は催事があってぶらぶらしてきた。
好きなものでよいものが買えたりして悪くはなかったと思う。
よくは分からないものもすこし買った。
よいものを手許に置こうと思ったらそんなん無駄足だな、とは思うけれど、
分からなければ買ってみて「知りたい」というのもあって、、
そのくせ、何が知りたいのかあんまり自分で分かっちゃないけれど。。

少し前に、東京土産にいただいたお皿である、長沼焼?

IMG_2174.jpg

下手なものでもあり、決してお高いものではないのだけれど、
石のような質感など悪くないと思うけれどな。
「誰が見てもいい」ようなものに食傷気味の時には、
こういうものにほっとしたりする。
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
庭仕事 | Comments(0)
2016/12/06.Tue

梨鉢様 (鹿背山焼銅版手鉢)

このところ、骨董市に行けないほどのお疲れです。
というか、社会人を全うできるかちょっと案じる。。

そんな訳で、週末は真っ当なご飯を食べることに専心するのみである。。
この時期、苺が出回るまでのデザートといえば毎年新興梨で、
結構大きいヤツをのんちゃんと半分こする。
なので器もそこそこデカいものが必要で、に入れたりするのである。

IMG_1720.jpg

全くもってナゾの図柄の印判であるが、知ってる人は知っている、
鹿背山焼の銅版印刷である、、、と思われる。

IMG_1719.jpg

思われる、というのもいい加減だが、普通の印判として手に入れたのだ。
今はそんなんでもないのかもしれないけれど、
鹿背山の銅版ってそれなりのブランドではなかろうか。。

どういうところがいいのかなぁ、少しばかり上品な銅版ってところかな?
とか思いつつ、大きさが新興梨にちょうどいいのでデザート用に使ってみた。

IMG_1721.jpg

さて、梨が美味しいのである、このでいただくと!
京で生まれた鹿背山焼、銅版って最先端の高級品だったのだろう。
素地も釉薬もはんなりと上品で、淡いお色の剥いた梨を盛っても
なんていうことはないようで、映えるのである。
これはもう主観の問題なので、人様に同意を求めたりはしないが、
少なくとも三毛庵宅では「梨」様なのである。
三毛庵も最初、よく言えば上品、別の見方をすればあんまり個性もないなぁ、
なんて思っていたくせに、
今や毎年この季節になるとうやうやしく取り出すなのである。

いつものごとく、前撮りせずに梨は食べちゃったので、
この仕合せを皆様にお伝えすることができないのが残念であるが、
人様には分からなくっても、自分の中で噛みしめる仕合せって悪くない。
というか、そういうものだよね、仕合せってきっと。

IMG_1722.jpg

近所のスーパーで買えて、飲み口や甘さ加減がお気に召した甘酒、
(国盛、とある。)
ちょっぴり贅沢をして、秋田産のアカシア蜂蜜も手に入れる。
お疲れの三毛庵のお助けアイテムたちである。
(嗚呼、本日も脱力なブログである。。)

<庭の記録↓>
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME | Next »