2017/08/20.Sun

「暮らす」時代 (スリップウェア鶏文皿)

先日のナゾの西洋のお皿@を手に入れた前後から、
ちょこちょこと西洋のものにご縁がある。
三毛庵おそらく和もの好きであるとは思うけれど、
そういう和もの好きから見て好もしく思えるような西洋のものたちである。
洋ものに関心ができて探したとかそういうのではなく、
このようなご縁というのは何故か芋蔓式にやってくるのである。

IMG_2812.jpg

「何か分かったらちゃんと報告してな。」と言われつつ連れ帰ったおである。
うーん、何かと問われればスリップウェアだよなぁ。。
そうは思ったけれど、スリップウェアの故郷、英吉利のものなのであろうか?
そうであるならば、時代は何世紀になるのであろうか?
昔、スリップウェア展も見に行き、図録も持っている三毛庵であるが、
どうも確証が持てない。

IMG_2811.jpg
(23.5cm)

鶏の文様は英吉利のスリップウェアにはよくあるようである。
釉薬のお色も、同じようなものがある。

IMG_2813.jpg

こういうとき、高台には重要なヒントが隠れていることが多いが、
そもそも三毛庵の持っている本にはの表は写っていても、
裏側までは写っていないのである。

IMG_2814.jpg

実はこれには針金で手作りした掛けがついていた。
「近美の評論家の書斎にあった」という触れ込みであった。
近美の評論家と言われて思い浮かぶのは、河北倫明氏である。
絵の好きな三毛庵にとって、その触れ込みだけでも十二分に魅力であったが、
河北氏がほんとうならば、民芸運動の時期とも重なるのではないかと思われ、
当時招来されたものではなかろうかなどとも妄想するのであるが・・・。

思いがけずアンティークと思しきスリップウェアを手に入れて、
まぁそれが、三毛庵らしくあの、さざ波みたいな文様ではなく絵文様である。
(さざ波みたいなやつなら、とうに誰かの手に渡っていたろう。)
とはいえトフトウェアみたいに豪華ではない、楚々としたトリさんであるところがよろしい。
暫く転がして横目で眺めていたけれど、なかなかに美味しそうで、
今度白くないパンなど盛ってみたいと思う次第である。

昨日は休日返上でお仕事、、そうなると沸々と何かしたい欲求に駆られ、
お昼休みは本屋さんで気分転換。

IMG_2815.jpg

暮しの手帖 別冊「家事じょうずの暮らし」、家事上手になろうと目論んだわけではない。
家事を暮らしそのものと捉えて愉しんでいる方のお家がたくさん載っていたので、
なんだかこのところ仕事に明け暮れていた三毛庵は、
お宅拝見♪でちょっこら気分を上げ、自分の暮らしも整えたいと思ったのだ。
三毛庵の場合、時短術とか断捨離とか読んだところで、
渇きが癒されるわけでもない。
ただ、「時間を取られる」という考え方に陥らずに家事をしたいと思うのだ。
いやしんぼうにとって、美味しいお茶とは愉しく淹れたお茶であることは自明の理である。

『「生活工芸」の時代』(三谷龍二+新潮社編)
もう3年も前に出版された本であった。。
自分が骨董などのものと暮らしている一方、
世の中も「暮らし」を大切にする時代になって、でもその中で、
なんというか悪い意味でそれがファッションみたいになっていたりもして、
こういう時代を識者の方はどのように捉えておられるのか、と手に取ってみた。
(近ごろは、ミニマリズムでさえ「消費」されているような気がする。。)
振り返って三毛庵はといえば、まぁ雑食でいろいろ食べるのである。
でも自分が気になったことをうやむやにしない暮らしは愉しいものである。
誰かに見せるために暮らしているわけじゃないのだから
やりたいようにやればいいのであるが、ほんとうに好きでしていることには、
結果的に一定の統一感といったようなものが生まれるのが不思議である。
>>続きを読む
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(1)
2017/07/15.Sat

夏祭りのころ (織部梅文香合)

昨日の夕方、街路樹の幹をよじ登っていく蝉の幼虫を見た。
今朝には蝉となって、鳴き始めているであろうか。
夏も本番である。
今年の祇園祭は日照りのようだ。天神祭りもさぞかし暑くなるであろう。

IMG_2745.jpg

可愛い織部(瀬戸織部かな?)の香合を手に入れた。
新しくはないが時代のあるものでもないだろう。
(・・・というお値段だからして。)
まぁ、高くても安くてもよいのである、好きならば。
織部にはこのような梅文が描かれることが多いけれど、
何かいわれのあることなのだろうか?
そういえば、三毛庵の持っている絵瀬戸のお皿@は道真公の図柄だったな。
うーん、一度調べて見ねばなるまい。

IMG_2747.jpg
(一辺4cm 高さ3cm)

ちびっこだけど、織部釉もたれっとしていてナイスである。
小さくて四角いやきものって、キャラメルみたいで美味しそうなのである。

IMG_2746.jpg

で、香合って蓋がぱかっと開くのがまたうれしい。

織部というと、なんとなく秋のイメージだけれど、
もうじき天神祭りだからこれを飾っておこうかな♪

IMG_2742.jpg

オグラセンノウが咲いた。
春に探したときはもう品切れで、松本センノウを植えたのだけれど、
日陰過ぎたのかそちらはあまり調子がよくない。
そうしたら、いつものホームセンターにオグラセンノウを発見、
植えておいたらするするっと花芽が伸びて、昨日咲いた。

花の色も独特だけれど、しべの色も青くて綺麗だな。
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/04/24.Mon

サンドベージュ (古武雄打刷毛目鉢)

先週ローリエを剪定したときの枝、よい葉っぱを料理用にたくさん採って、
それでもまだ葉っぱが枝についていたので、に入れて眺めた。
何するん?って聞かれたけれど、
庭仕事の成果をふるものに入れて悦に入っているのである。

IMG_2356.jpg

遠目に見て、古い小鹿田焼のお皿かな?と近づいた。
唐津だよ。」と言われ、「江戸あるのかな?」
打刷毛目の唐津って、弓野とか二彩唐津とか言われるよな、
ああいう感じのものなのかしらん、、という程度の知識の三毛庵である。

IMG_2402.jpg
(長径26cm)

あぁ、だけどこれって磁力があるなぁ、吸い寄せられる(笑)。
予備知識なしで見て、見とれちゃうな・・・。
日ごろ人の顔を見て歩かず、知人によく無視したと注意されるのであるが、
ものはガン見してしまうのであるぞ。
これは困ったなぁ・・・とにらめっこしていたら、
そんな悩まんと決めたらよろしい、と言われる始末である。
いそいそと持ち帰り、綺麗に洗って春キャベツの千切りを盛った時には、
なんとモダンでご飯を美味しくする器なのだろう!と感激したものだ。

IMG_2403.jpg

三毛庵の予想はハズレではなく、これは古唐津のあとの時代、
二彩唐津や弓野の系統、近ごろは「古武雄」と呼ばれているものであるようだ。
美味しそうな春キャベツに感激してから、好奇心がむくむくと湧き、
寝る間も惜しんで眺め入ったり、古武雄の図録などを取り寄せたりと忙しかった。
特に気になったのは時代で、最初は小鹿田かな?なんて思ったから
「江戸あるの?」などと聞いたりしたけれど、高台を見て、
あれっ?これって江戸もずいぶん遡れるんじゃないのかな、ってどきっとした。

IMG_2404.jpg

唐津っていいたいぐらいの、素敵な高台♪
取り寄せた九州国博の図録には高台も色々載っているのだが、
三毛庵にはこの高台が一番素敵で古格があるように見えた♪(←贔屓目)
まんま古唐津の続き、ってかんじだよなぁ。。
本に載ってる打刷毛目のものは17世紀後半~のものばかりなのだが、
これよりもっと大人しい高台なのである。
ここは親バカで、これって17世紀はじめでは?って言いたいぞ。
刷毛目は確かに半島伝来のものだけれど、打刷毛目の始まりっていつなのかな?
これって当時最新のものだったんじゃないかなー。
いやーこれはフツーな古唐津よりオトク感満載であるぞ。

IMG_2405.jpg

まぁ色んなことを抜きにしても、このサンドベージュの美しさには
脱帽するほかなく、400年も昔のほうが余程モダンであったということに
愕然とするのである。
あんまり見惚れて、ほんとのところ自分だけのヒミツにしようかと
思ったほどであるけれども、
これが古武雄であるとして(何しろ三毛庵の勝手な意見ですからね!)、
こんな素敵な高台もあるのである、ということは情報として大切かなと思った。
(こういう感じのものというのは時代が遡るか、逆に下がるというような
ことも考えられるかな。)
三毛庵は土味を見てどの窯などというような知識はないので、
武雄のどこのものかが分からないのがザンネンであるが。。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/04/21.Fri

いやしんぼの庭師 (布志名焼?ナッツ入れ)

暇さえあれば書いているのが楽しいのは子供のころからだった。
何故って説明はできない、好きなのだから。
だけど今週は書けなかった。
何故ってこれも上手く説明はできない、
だけど書いて「片付ける」ことができなかったのだ。
書けば流れ去っていくものが眩しすぎて、そうすることができなかった。

そうやって、だいじなものをあたためながら、淡々と日々を過ごす。
「淡々と」の割にはちょいちょい寄り道もする。

ナッツでも入れて、ウヰスキーなぞいかがであろうか?

IMG_2362.jpg

夏場はロックで。

IMG_2363.jpg

秋深まればショットで。
・・・いやしんぼなので直ぐに妄想するのである。

IMG_2364.jpg

布志名焼かな、と思うけれど、アップリケのように貼った文様がナイスさん。
三毛庵には葡萄と星座???のように見えるけれど。

IMG_2365.jpg

目跡も可愛くて、早くナッツを買わなくっちゃ、と思う次第である。

↓いやしんぼの記録(4/16(日))

IMG_2344.jpg
週明けからはまた少しひんやりしたけれど、
日曜日は気温が上がったので袋麺の冷やし中華を!
(実は今シーズン2度目であるが、1度目の時はちと寒かった!!)

IMG_2359.jpg
夜は残っていた筍の定食!?(三毛庵のぶん)

IMG_2358.jpg
(のんちゃんのぶん)

IMG_2360.jpg
デザートはいちご♪

↓(いつものお庭記録)
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/04/01.Sat

カエル・かえる (信楽焼の蛙)

帰りみち、駅前にがらくたの市。
もうお昼でもあったので、まぁ中古のお品がならんでいるだけなのだけれど。

IMG_2213.jpg

小ぶりの信楽のカエル氏を発見!
これはこれは!お池の主にちょうどよいではないか♪
信楽のほうへお出かけしたときに求めてもよかったのだけれど、
中古ですからね、オカイドクなのである。
三毛庵の母は骨董のことを中古品と仰る。
これは骨董ではなく、真に中古品ではあるのだが、
前の持ち主が「育てて」くれた時代感がある、というのが
三毛庵的にはむしろ付加価値に思われる。
実際、お庭においても新物のように浮いた感じもなく、
しっくりと収まってゴキゲンである。つぶらな瞳が愛らしい♪

IMG_2228.jpg

子ガエルが載っている、というと、のんちゃんに
カエルの子はオタマジャクシだ、と言われた。。

お池の周りはもう少し植え込みを作りたいな。

さて、カエル氏を連れて帰ってくると、なんと!

IMG_2196.jpg

メダカが一匹孵っていた!!(スーパーマクロモード(笑))
メダカが孵るには累積で250℃必要で、水温25℃なら10日かかるそうである。
卵の管理は自然に任せるしかなかったので、
卵の中に目ができているのはわかったものの、さっぱり孵る様子がなく、
これは難しいのかなぁ・・・と思ったりもした。
さっそくのカエル氏のご利益である。

IMG_2214.jpg

お庭は今日も肌寒いものの、春モードは加速。
マグカップにお茶を淹れて、あれやこれやを眺めたりした。
にょろにょろ頼りなげに伸びていた貝母は
いつの間にかクロモジの下枝に届いて葉っぱを絡ませていた。

(いつものお庭の記録だらだら↓)
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME | Next »