FC2ブログ
2018/12/20.Thu

シュトーレンを食べながら (絵瀬戸角皿、小箪笥、李朝燭台)

近ごろトイレ束子問題とか、生活臭溢れることばかり書いているので、
たまには骨董っぽいものを載せねば。。
(自分の傾向として、数年おきぐらいに何某かのテーマに没頭してしまうのだ。)

円くないお皿というのは、どうも使ってみたくなるものであるが、
それがまた土ものだったりすると、さらにときめいたりする。
瀬戸などはそんなに万能選手ではないようにも思うのだが、
例えばカンパーニュとかライ麦パンみたなごわっとしたやつなんか
いいかもなー、と滅多には食べないようなものを想像した。

IMG_3865.jpg

ということで、滅多には食べないシュトーレンを載せてみた♪
(ちょっとお皿が大きすぎる気もするが。。)

IMG_3875.jpg

控えめで嫌みのない菊が描かれている。
李朝の秋草もいいに違いないけれど、こんな菊もあんがいないんだよなぁ。
これは瀬戸だけど、この橙色は弥七田を思い出して嬉しい感じ。

IMG_3874.jpg

これもやっぱり花を飾る代わりに置いたりした。
いつものこの台は和室の隅っこに置いている小箪笥で、
なんということもないのだが、見かけてとても気に入ったもの。
(引き出しにどっさりお気に入りのお皿を入れてある。)

IMG_3878.jpg

実は手に入れたころは使うあてもなかったのであるが、
今は居心地のよい場所をみつけたようでゴキゲンにしている(たぶん)。

IMG_3876.jpg

木の燭台は李朝のものらしいのであるが、
この危うくバランスを保っている姿に、なんとはなしに置いているだけで和むのだ。
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2018/12/10.Mon

落葉(常滑朱泥急須)

最初に骨董を漁り出したのが煎茶道具であったせいか、
今も急須など見かけるとついつい手に取ってしまう。
初めて買った古道具の急須@も常滑だったな、そういえば。

とはいえ、煎茶道具は人気であるし、そうは気軽には見つからない。
秦翁ご推奨、万古の秦山の急須など、今では高嶺の花であるし。

IMG_3851.jpg

口の辺りに小さなアタリはあるけれども、スカッとした姿。
これはもう、煎茶が美味しいに違いないけれども、
なくてもことはたりるだけに、少し勉強してもらえたら買おうかな、と思った。
売主との交渉も市の愉しみというのもあるけれど、
幾らだったら欲しいかな、と自分の物差しを取り出してあれこれ悩むのも愉しみ。
結果として佳い買い物だったけれど、その日は買い気の薄い三毛庵であったので、
快く勉強してもらえて手に入ったのは、きっとご縁というものだろう。

IMG_3850.jpg

見て惚れ惚れするなぁ、この仕事ぶり。

IMG_3847.jpg

この篆刻もね。放ってはおけなかったなー、やっぱり。
(今どきの変に着色された朱泥の急須、ああいうのは陶土の無駄遣いというものだ。)
思った通り、大変美味しくお茶が入りまする。
ところで近ごろペットボトルのお茶で、抹茶入りの煎茶?っていうのが多いけれど、
あれの意味がいまいち分らんのは自分だけなのか?って疑問に思う。
個人的には抹茶を入れるより、いい茶葉だけで煎茶にしてほしいのだが・・・。
(ま、ペット茶を常用してないから余計なお世話であるが。)

IMG_3849.jpg

こんな銘があるのだけど、勉強不足でよくわからず。。
ナントカ山、っていうのかな?ちょっと調べないといけないなー。
これでお茶を淹れると、豊かな気持ちになるよ。

そういえば、、三毛庵のところに縁あって秦秀雄旧蔵品というものがやってきた。
できるだけ、旧蔵品だから、では買うまいとは思う。
買えない、、っていうのもあるけれど、秦翁のように「自分の軸」を持つということが、
氏を尊敬している、ということなのだと思うので、買うまいとは思う。
(尊敬している人であるので、ホントのところ爪の垢でも欲しいけれど!)
それでもねー、通り過ぎることのできないものであったのだ。
あー、氏はとうの昔にこれを取り上げたのだ、と思うと
いつもあっちこっちを彷徨う自分を不甲斐なく思うけれども。。

IMG_3856.jpg

もう今はほとんど落葉したけれど、コハウチワカエデの紅葉。
台風やら先日までの高温やらで、綺麗とは言えないはずだけど、
枯れた色の所々が紅く染まっているのがやっぱり綺麗で、
まぁ育ての親の欲目には違いないが、京都の人だかりで紅葉見るより
こっちがいいかな、と思うのであった。


>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2018/05/29.Tue

美味しい葉っぱ (備前葉形向付)

朝早くに目覚めてしまった。
布団の中でうだうだしてもしょうがないので、起きて庭に出る。
気になっていたタマアジサイの苗のところに行くと、
やっぱりまだ毛虫がいて、美味しそうに葉っぱをかじっていたので国外追放。
(シロヒトリの幼虫?)
個人的に幼虫系は激しくニガテなのだが、
葉っぱを美味しそうに食べる姿はいじらしいと思う。

IMG_3557.jpg

マルバクチナシがたくさん咲いた。
樹はそんなに面白くないけれど、つぼみや花の姿は面白く、
香りもあって実は有用、スペースがあればひとつぐらいあっていいと思う。
・・・ただこれもムシがなぁ。。ありえなくデカいの、オオスカシバかな?
あれはムリです。。時々花を育てているのか虫を育てているのか分らんくなる。
ムシ画像は出さないので、もう少しムシの話を、、。
6月に要注意なのはイラガとチャドクガの幼虫である。彼らには毒があるので見つけ次第処分。
卵を産み付けられた葉っぱから拡散する前に逮捕することが重要だ。
でも、個人的にどうしても許せない感じがするはチュウレンジバチの幼虫。
デカくもなく、どうってことない気がするけれど、イヤなのです。
つる薔薇の新梢に発生するのが忌々しい感じ。

IMG_3558.jpg

ヤマアジサイの白扇はたわわに咲いて、病害虫知らずでいいなぁ♪

IMG_3559.jpg

クレマチスのプリンセス・ケイト、コハウチワカエデのほうに伝っていって可愛い。
クレマチスも基本的に丈夫でいいんだけど、
週末ガーデナーだと、なかなか誘引をするお暇がなく、
だいたいあらぬところで咲いてしまうのがザンネンなところである。

そろそろ梅雨で、蚊も増えるし、暖地では庭仕事はシーズンオフ。
秋まではひたすら水遣り、ムシや雑草との闘いに明け暮れるのみである。

葉っぱというのは古来食器であったりしたわけだが、
葉型のお皿というのがあって、これはなかなか愛らしい分野である。
古染の写しなのか、魯山人とかも作っている。

あーこれ、使ってみたいなぁ♪っておもったもの。

IMG_3561.jpg

IMG_3562.jpg

備前の煎餅皿などは素朴で好きだが、こんな向付は初めて見たなー♪
魯山人より気安いけれど、もっと時代があって飾らない感じがよい。
発色が、ミルクチョコレート風のとも少しビターなのがありまする。

IMG_3509.jpg

早く使いたくて、市場でお昼ご飯のお寿司と大根漬けを買った日、
早速大根を入れてみた。

IMG_3555.jpg

白いもの、美味しそうだなーって思って、豆乳にはいった汲出し豆腐を。
スーパーのお豆腐が、高級料亭風に!

IMG_3556.jpg

お菓子を入れたらどうなるかなー、って芥子餅まで投入。
(ここまでやるか。。)

こういう使い勝手は、なかなかありそうでないと思われる。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2018/02/13.Tue

君の名は (京焼?波千鳥文盃)

昨日からどうにもならない負のオーラでいっぱいの三毛庵である。
こんなとき何かのせいにはしたくないけれど、
なんとなく、あいつのせいのような気がする・・・台風2号。
いろんなことで気を紛らわせようと思うのだが上手くいかない。

IMG_3274.jpg

IMG_3273.jpg

IMG_3275.jpg

もうちょっと平常心でないと、ちょびっとのお酒も飲む気になれないしなぁ。
市でみつけた波千鳥の盃もなかなか出番がない。
(印が清水六兵衛のような気がするが、箱もなかった。)
思い通りにはいかないものである。

>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2018/02/10.Sat

雨の土曜 (御深井焼?陽刻豆皿)

久しぶりに寒さが緩んだと思っていたら、雨が降り始め、
まただんだんと冷え込んできた。
そろそろ冬の庭を整理したいのだが、都合よくはいかない。

IMG_3297.jpg

角皿とか長皿というのは何かトクした感じがするのだが、
増してやそれが豆皿土ものとあればミョーに嬉しい、用途はともかくも。。
8.6 × 6cmのちびっこなヤツらである。

IMG_3295.jpg

現物はもうちょっと黄味がかっている、瀬戸系・・・御深井とかかな?

IMG_3296.jpg

ちびっことはいえ陽刻とかは結構頑張っていてキュートである。
眺めているだけで癒されまする。

IMG_3294.jpg

美味しそうなパイを頂いたので、コーヒー豆を買いに行き、
お茶の時間に。
暮らしが整うと気持ちも少し落ち着く。

>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME | Next »