FC2ブログ
2019/05/29.Wed

花と出会い (万古焼掛花)

あんなに咲いた薔薇も、花がら摘みをしたり、切り戻したり。。
気がつけばお庭はまた緑色に染まっている。
いつの間にか主役は紫陽花に遷っていて、山アジサイ『白扇』や
柏葉アジサイのグリーンだった花はもう白く大きくなっている。

IMG_4869.jpg

渋い土のお色だったから、この季節の白いお花を頂いてくる。

IMG_4870.jpg

まだ咲き始めのホタルブクロを切るなど、三毛庵出血大サービスである。
いつもいうことだが、切るのは惜しく、勇気がいるのだ。
でも、入れ方がちょっとぐらいポンコツでも、そういう花はいつまでも見入ってしまう。

IMG_4872.jpg

花を切る決心をしたのは、ご縁があってSさんからにゃんこのばんこがやってきたから。
こちら@となんと、お揃いなのです♪
なんと出所は別々らしく、びっくり。
ちょっと欲どしくはないか?と一瞬躊躇ったが、のんちゃんがお揃いで
コレクションにしたら?と仰るので、ご縁と思い、ありがたく頂戴することに。

このごろずっと、お花のことばかり書いているから、
まるでふるものも花入を探しているみたいだけれど、決してそんなことはない。
ないけど、あ、、これ使ってみたいな、そう思うものがあるんだなー、そういう時って。
それは、このような珍品であったり、安物のビンであったり、いろいろだけれど、
何であれ、使ってみたいものが目の前に現れて、ドキッとする。
あんまりむつかしく考えないでいるほうが、なんだか出会いが愉しいのだ。

IMG_4871.jpg

二重咲のホタルブクロなど茶花といえるのかしらんけど、
清楚な『白扇』との組み合わせは、茶花然とし過ぎず佳い感じ。
ちょこっと毛羽だっているのもなんとも愛嬌がある。
ぎゅうぎゅうの庭でもへこたれずに咲くので、洋モノのカンパニュラよりありがたいかも。

IMG_4845.jpg

朝、勝手口を出ると、クリュタイムネストラが金色の蕊を見せて咲いている。
オーガストルッセルが伸びやかに咲くので、すこし空間を埋めてくれれば、
と、本当は来年に、と思っていたものを取り寄せたのだ。
思った通り、上手くスキマに調和した。
そして思った通り、大好きになった。
コーネリアよりもすこし大人しく、照葉の色合いも紅い新梢も可愛い花にお似合い。
お世話が楽しい三毛庵であるので花がら摘みもするのだけれど、
クリュタイムネストラは潔く散るので、ちょっとの間放任しても汚くならないおりこうさんである。

IMG_4780.jpg

盛期のオーガストルッセル、来期はもっとよくコラボしてくれるかな。
このふたつ、きっとお似合いの出会いのはずだ。
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2019/05/16.Thu

ドルシュキー夫人 (小鹿田焼大徳利)

奄美地方が梅雨に入り、天気図にも梅雨前線が張り出し始める。
昨日は今年はじめて庭で蚊取り線香を炊く。
季節がまたひとつ進むのかな、少し調子を崩した、、(分かりやすいな)。

どちらが先かと言えば、おそらく薔薇を植えたのが少し早かったのだろう。
大ぶりのこの瓶(徳利?)が届いたとき、こうしたいなと、自然に浮かんだ。

IMG_4769.jpg

大ぶりでゆったりと開き、真白なフラウ・カール・ドルシュキー。
こぼれるほど薔薇が咲きほこらなくてもいいのだけど、
家に帰ればあの薔薇が咲いている、そう思えるような薔薇だと思った。

IMG_4772.jpg

大苗を植えたのが少し遅いぐらいだったので、
今年はそれなりに咲いてくれれば十分だったが、
思ったよりもずっと佳い花が、けっこうたくさん咲いてくれて、
下のほうで咲いた端っこを頂戴することができた。

IMG_4770.jpg

大正はあるであろう、古い小鹿田焼もドルシュキーのように大らかで、
だからこういう風に入れたいと自然に思ったのだろう。
フラウ・カール・ドルシュキーは20世紀初め、1901年の作出だから、
この二つには、何か、同じ時代の香りがあるのかもしれない。
懐古とか、そういうことではなくて、こういう花ややきものが生まれる、
そのような文化について、今よりずっと、眩しい時代があったのだと思い至るのである。

それにしても、、佳い小鹿田が手に入って嬉しかったが、
年に一度、こうしてドルシュキーを入れられる、
それだけでも十二分に倖せな三毛庵である。

そして庭部。

IMG_4673.jpg

見ると幸せな気持ちになれる、ミセス・ジョン・レイン。
エントランス用なので、棘が少ない・繰り返し咲・香りがよい・きっと誰もが好き、
そういう合理的な理由を第一に選んだ品種。
でも、そんな腹黒い意図なんか気づかれないほど、ビューティフル!

IMG_4674.jpg

見たらこっちまで薔薇色に染まりそう♪
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2018/08/13.Mon

能茶山考 (染付オモダカ文型打深皿)

IMG_3719.jpg

暑い日はそうめんやらうどんやらで済ませてしまうが、
ちょっとぐらい栄養も・・・と気休めの具材を投入する。
手に入れたばかりのゴキゲンなおに盛れば、至福の「うちお昼」である。

IMG_3725.jpg
(径20.5cm)

7寸あって深さもあって手取りも安心、そして2枚組というのが用途が広がる。
欠点といえば磁貫があるところで、結構焼けてはいるので不安感はないけれど、
あんまり汁がしみ込むようなものは注意が必要かもしれぬ。

IMG_3722.jpg

伸びやかな染付が分かりやすく三毛庵好みであるのだが、
骨董をしている人なら、少々疑問を持たれるのではないかと思う、、
「こんなおあったっけ?」と。
三毛庵もあれ?って思ったのね、古いと思うけどフシギなおだな、って。
なんだか今どきのセンスのよい作家さんが作ったような、「新しさ」がある。
時代の箱には「今里 弐」って書いてあったけど・・・。

IMG_3729.jpg

裏もなかなかキュートだけれど、伊万里にもありそうなのにビミョーに違う。
(ちなみに畳付きが真っ赤に焼けているところもこれの特色のようである。)

IMG_3727.jpg

ハイ、銘があったよ「茶山」って書いてる。
つまりこれは高知の焼き物、「能茶山焼」ということになるではないか!
土佐藩の御用窯であったが、この「角に茶山」は払い下げ後の幕末頃のものらしい。
(緋色が出ているのも能茶山焼の特徴であるらしい。)
でも三毛庵にとって衝撃的だったのは、能茶山焼がこのようなユニークなデザインセンスの
ものを作っていたということだ。
こういうものってネットではさっぱり出てこないのだけれど、周知の事実なのかな?
江戸後期には、伊万里のビジネスモデルに目をつけていろいろな窯が磁器を焼いているけれど、
例えば九谷の若杉窯の染付などを見ても、いままで(中央で?)言われがちだった、
「伊万里の模倣」というのはちょっと違うんじゃないかと思うものがたくさんある。
能茶山焼も御用窯時代は優品を焼いたというけれど、
この秀逸なデザインのおを見た三毛庵は、中央目線で書かれていることって
実はずいぶん違うんじゃないかなぁ、って思った。
江戸時代の文化っていうのは今よりもっと豊かなものだったと思うのだ。

それでね、三毛庵的にびっくりしたのは、、

IMG_3724.jpg

じゃあ、このお皿@あのお皿@も能茶山焼ではないのか、ということである。
銘がなく、でも伊万里ではないと言われ、じゃあどこならこんなセンスのものを作れたのか、
ということがずっとずっと疑問だったのだが、これが答え?(もしかして新発見か!(笑))
見比べると大きいお皿が焼が甘いせいか質感は違うのだけれど、
これって同じ人のセンスを感じたりはしませぬか?(図柄が三方に広がるところとか。)
型打ちを採用しているところ、分厚い高台の造り、緋色も小皿の一部には出ていて、
どうしてもそういう風に思えるのん。
あー久しぶりに妄想を膨らませてゴキゲンな三毛庵。

前回、小皿の窯についての疑問を書いたばかりであったけれど、
あまり余計なことを考えずにいるときって、こういう符号があったりするのが不思議である。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(2)
2017/11/08.Wed

美味しいお皿 (小鹿田焼打刷毛目皿)

IMG_2991.jpg

旅から戻って日曜日、しばらくぶりに市に繰り出す。
ダンボ漁りでおを救出♪
古いものではないけれど、素晴らしい打刷毛目の小鹿田のお
中古品も骨董予備軍ですからね!

IMG_2992.jpg

眺めているだけでお腹が減ってくるおである。
見た途端、これにコロッケを盛って食べよう!って思ったの。

IMG_2979.jpg

こういうときは素早い三毛庵、引っ越し前後しばらく作らなかった
コロッケを丸め、どぉーんと晩御飯に供したのであった。
(奮発して黒毛和牛の切り落としとキタアカリのコロッケ)

IMG_2993.jpg

旅先で本を持ってくればよかったなーと思っていたら、
リサイクルショップがあって古本も売られていた。
眺めて綺麗な写真入りの本をいっぱい買って新刊1冊分ぐらい。
料理の本は、だいたい一冊の中で2,3品作るようになれば多いほうだけど、
おいしそうな盛り付け写真に弱いんだよなー。
きっとこういうので妄想を膨らませるから、おを見るとおかずが浮かぶんだろうな♪
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/10/15.Sun

秋の色 (珉平色絵小段重)

寒くなる寒くなるといいながら、この辺りはそうでもなかったのだけれど、
昼頃から冷たい雨に変わってきてひんやりとしてくる。
10月も半ばになってようやく衣替えをする。
衣替えをするほど服を持っているわけでもないのだが、
なぜか箪笥の中にお皿が入っていたりするものだから、
肝心の服を入れる場所がなく、半分をベッドの下に入れ、
衣替えするのである。。

IMG_2928.jpg

珉平(淡陶っていうのかな)のちび段重ふたつ。
大きいほうは春に花見団子のお色にひと目ぼれしたもの。
ほどなくして東京の市でがらくたの山の中から、ちびっこのほうを見つけた。
がらくたであるので、お土産気分で手に入り、すっかり浮かれた三毛庵である。
小さいほうは、対照的に秋のお色である、どんぐりなぞ入れてみたいものだ。
まぁその程度の使いみちしか浮かばないが、
たまにお干菓子など摘まむときに、ここに入れてもいいやもしれぬ。

IMG_2932.jpg

お庭もすっかり秋のお色、ミスカンサス(ススキ)「パープルフォール」が
穂を揺らしている。
暖地でも寒くなったら名前の通り、紅葉するのであろうか。
街灯の光が差すので開花するか心配だったアメジストセージ
(サルビア・レウカンサ)もちゃんと咲いてくれた(処分苗)。

IMG_2930.jpg

大きくなりすぎて、通路に枝垂れてのんちゃんの顰蹙を買っている
ホトトギス。

IMG_2931.jpg

三毛庵的には秋の庭は多少荒れているぐらいがいいのだが、
やはりコントロールされていないと庭とは呼べないのであろうか。

IMG_2929.jpg

何しろ、横着してる間にマユハケオモトの鉢が雑草に占拠され、
せっかくの可愛い花が台無しなのである。。

この秋雨が済んだら、庭仕事のシーズン。
一年で大きくなったススキは株分けが必要だし、
競うようにはびこっている姫ツルソバと蛇苺も間引かねばなるまい。
何しろ植え過ぎなお庭である。。
といいつつ、今日はホームセンターの処分品のホスタを手に入れた。
今から地上部がなくなるものを、、とは思うが
秋は活着がいいし、来春芽出しから眺められる。
開花株にはない愉しみである。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME | Next »