FC2ブログ
2020/06/15.Mon

水無月 (三田色絵萩文皿)

自粛とお籠りな日々、多少不便に思うこともなくはないが、
トータルでいえば通勤がない分、軟弱な私としては体がラクであるし、
日々の申し訳程度の家事にしても、以前よりかは目配りできて
ありがたい日々と言える。
先のことを思えば大変な世に突入しているというのは間違いないが、
思い煩うだけの余力もないので、庭の季節が移ろうのをただ見ている。

戸外の骨董市まで閉鎖されてしまったのは、ちょっと寂しかったかな。
市でのやりとりはやっぱり楽しいものね。
骨董を買いたいという欲求が溜まることもないのだが、
市に集うひとたちは、みなさんどうしているのかな、って時折思う。

世には当たり前の暮らしというのはないものだということを痛感した。

IMG_6797.jpg

毎日それなりに忙しかった(←単にいつもはお昼お弁当を買っていたのが自炊になっただけだが)
こともあり、あまりものは買っていない、、ということで、のんちゃんから拝借。
三田でいいと思うのだが、あまり見かけないものである。

IMG_6798.jpg

面白いのは、歌らしきものが描かれていることである。
~萩の尾、ってあるようにも思うが、読解はできていない。
描いてある植物も萩のような感じがするしね。(季節外れですね。。)

IMG_6799.jpg

まぁ、それだけのことはあるが、草花の好きな三毛庵にはちょこっとうれしい。
(ちなみに萩もできれば植えたいけれど、大きくなってしまうので今のところはやめている。)

ほんとうはもっとしっかり記録したいんだけどな、ブログも。
でも時々過渡期のような時期があって、自分の中でINPUTは増えるのに
OUTPUTはされないという日々があるのだわ。
惰性で生きているわけじゃないので、こういう期間もあるのだろう、きっと。

IMG_6794.jpg

梅雨入り前後ぐらいに咲く、越中シモツケ。
環境が合ったのか、ゆっくりだけど殖えて、毎年少しは切ることもでき、お気に入り。
(ホタルブクロもドクダミも前回の再利用なのはご愛敬。)

IMG_6796.jpg

ふわふわっと咲く花も可愛いけれど、咲く前の粒々のつぼみもいと可愛。

IMG_6791.jpg

小さな株でも庭でも印象的に咲く。

IMG_6789.jpg

「瀬戸の月」というヤマアジサイ。確かコガクウツギとの属間雑種であったような。

IMG_6788.jpg

北窯・松田共司さんのおにありもの野菜の昼パスタを投入。
登り窯の中でいびつになったものだけれど、その勢いが食欲をそそる(笑)。

BSで真央ちゃんの番組をしているのを見ているのだけれど、
この人はほんとにサムライだなーと思う。
ソチの迫真の演技、ああいうのは上手ければできる、というようなものじゃない。
>>続きを読む
スポンサーサイト



 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(2)
2020/04/24.Fri

冷え込んだ朝 (淡路焼波千鳥文コップ)

今朝も結構冷え込んでいるが、空気は澄み渡っている。
全世界的に経済活動が滞っているせいなのかな。。
明日が来るかわからないということ、、コロナ以前とコロナ以後で変わったわけではない。
あまりにも自然の摂理について忘れていたということなのか。
そのことを思い出した今だから、たくさんの不安はあっても、今をしっかり生きなくっちゃね。
(けど、食べてゆけずに追いつめられるようなことはあってほしくない。。)

IMG_6377.jpg

湊焼、王地山焼・・・と関西のお国焼がつづいたので、その繋がりで淡路焼。
珉平焼ですね。
カラフルな釉薬のものなど、洋食器にも合わせられるからか、近年人気が高いようだ。
このようなコップ型もあるんだなー。
ミルクなんか入れて飲んだら美味しそうだけど、私あんまりミルク飲めないん。
今はそうでもないけど、おなかをこわすので給食では持ち帰っていた記憶。
でもチャイなんぞ入れて飲んでみたいなー。

IMG_6378.jpg

おやつにワッフル。近くのスーパーで買ってきた。
こうしておやつを食べられるのもありがたいことである。

IMG_6365.jpg

イカリソウの仲間、エピメディウム・スルファレウム・・・舌を噛みそうな名前。
新しい葉っぱが伸びてきて、なんとも魅力的。

IMG_6310.jpg

3月の下旬に葉っぱの新芽に先駆けて花芽が伸びて小さな花がたくさん咲く。
このころは去年の葉っぱが寒さで紅葉していてそれも風情がある。
(斑入りの葉っぱはヤブコウジ)

IMG_6292.jpg

小さいけれど、黄色い花もかわゆす。
うちの庭は植えたらほとんどお世話もしない(時間がなくてできないの。。)ので、
できるだけ植物に見合った場所に植えるのであるが、
それでも勢いの弱いものは淘汰されてしまったりである。
この花もうちのグラウンドカバーのヘビイチゴとヒメツルソバに紛れているのだが、
案外強い植物らしく、今年はそこそこ咲いてちょっとうれしい感じ。
(これも得意のおつとめ品!で、なので咲くと余計にうれしいのである。)
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2020/04/20.Mon

去年の桜 (王地山焼染付氷裂梅文猪口)

天神さんや弘法さんは日にちが決まってるので
お休みの日に当たると楽しみであったものだが、屋外の市すら中止とは寂しい。
致し方のないことではあろうけれど、、。
ネットでもよいし、業者の方には頑張っていただきたい。
だけど市をぶらぶらして会話をすることがやっぱり楽しいと思う。平和は大事。

毎日ご飯作ったり洗濯したり、花に水を遣り、金魚に餌をやる。
今のところこれは平和。ありがたいです。
母世代には戦争の記憶があり、少しだけ聞いたことがある。
母方の実家は生産も兼ねた花屋であったが、戦争になって
祖父が花を全て処分し、代わりに野菜を植えたのだと聞いた。
野菜作りを手伝いに来た人は、代わりに出来たものをもらって帰ったそうだ。
花がみんな処分されてしまったことが母には随分記憶に残ったようである。
我が家の庭も日々緑が鮮やかになってゆくのであるが、
この先もこの姿を守って行ける時代であるのかわからない。
わからないけど、わからないから今一生懸命お世話しよう、と思うのだ。

IMG_6373.jpg

すっかり季節外れだけど、可愛いので許してね。
氷裂梅文の小猪口である。

IMG_6372.jpg

迷った末にセットで戴いた。
思えばその後大半の市が中止になったので、
いろんな意味で買っておいてよかったのかもしれない。
古い王地山焼ではないかとのことであったので、そのように記した。
三田かもしれないが、見掛けない、上手物なのでそうではないか、との由。

IMG_6375.jpg

私には何か、判断ができないなぁ。。この世界は奥が深い。
でもとろっと美味しそうな釉薬で、眺めているだけで癒される。

IMG_6374.jpg

覗くと・・・フシギな形!クルスかなぁ?などと想像を膨らませる。
某大阪の北部で出たとのことで、大阪の北部には隠れキリシタンの里あるしなー、
とは妄想だけどね。(そこで焼いたわけじゃないだろうから(笑))
このフシギな形に純米入れて飲んでみたいなーなんてちょびっと思うが、
まだ実行には移していない。

ということで本日もふるものを愛でることができ感謝♪
よろしければ一緒に愛でていただければ幸いです。

IMG_6371.jpg

このところは春という季節もないよな気候変動ぶりであるが、
この春はなかなか気温が上がらない。
そんな中、一番に咲いた薔薇は、ブールソールという系統のオールドローズ。
マダム・サンシード・パラベールを植えたはずであるが、
モーレッティー・・・のような気がする。まぁ、この薔薇がうちに来たかったのだろう。
難なく咲いてはどんどん散ってゆく薔薇で、
風に煽られてあさってのほうを向いていたのを切ってきた。
トゲもないので茶花にしてもいいのかなと思う。ほんのり甘い香り。
去年の春が初花で、爽やかな気候のうちに咲いてくれるこの花は
その気候ゆえか実家の初夏の昔の庭を思い出させる、、私の中では平和の薔薇。
そういえば、去年の今頃友人が吉野の桜を見に来た時に、
「来年もある」などとは思わないことだ、と互いに言い合ったのであるが、
それはこういうことだったかと思う。
お正月には無理を言って向こうで集まってもらったのだけれど、
無理を言ってつくづくよかった。

今日は大したこともしていないけれど、日記ぐらいは書けてよかった。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2019/08/24.Sat

電気を使う (染付山水文長皿、三田青磁陽刻長皿)

IMG_5830.jpg

ヨーグルトメーカーで鶏ハムなるものを作ってみた。30W・3時間。

ルーティンワークというものは最小限の労力で済むので効率がよいが、
なんとなくそうなっていることも多く、たまに暇つぶしがてら見直してみたりもする。
この度は、毎朝食べるのに買っていたヨーグルトをヨーグルトメーカーで作ることにした。
牛乳パックでそのまま作れるので、滅菌処理などの手間が要らないのが決め手である。
コストが下がると言われるが、1リットルの牛乳も200円程することもあり、
平素安いヨーグルトを買っていたので、その点はたかが知れている気がする。
でも「生乳」の「出来立て」のヨーグルトを「少ない回数の買い物」で食べられるメリットがある。
しかも、高機能ヨーグルトを元に使えば、そういう意味ではお得感がある。

ふるものは平気で買う三毛庵であるが、家電を買うときは慎重である。
愛せない家電は置きたくないのである。
だって場所を食うし(どの口が言う・(笑))、何より電気を食うやん!!
電気は代替手段がない、自分の中でやむを得ないという気になる、そういうときに使って、
電気ってありがたやーって思いたい。
冷蔵庫と洗濯機はこころから愛しているし、今日日エアコン様は命綱である。
パソコンくんとスマホちゃんにはもうちょっとエコ家電化してほしいけどね。
正直罪悪感を覚えるのはウォシュレットと浴室乾燥。。
浴室乾燥はほんと無駄遣いであるが、今の暮らしでは使わざるを得ないところで。
テレビと掃除機は関心のない分野。。(掃除は箒でお茶を濁す派。)
というわけでヨーグルトメーカーも悩んだけれど、ヨーグルトのプラごみが牛乳パックの資源ごみになり、
甘酒も作れるというお得感で採用。
専有面積もたかが知れていて、週1程度のヨーグルト製造でよいのでウチにはいいように思う。
(因みにオーブントースターはガスでトーストしたほうが美味しかったので姪に進呈し、
その場所が空いていたのでちょうど設置できた。)

IMG_5834.jpg

鶏ハムを載せた長皿。少しくすんだ上がりの染付

IMG_5835.jpg

伊万里ではないのか、単に上がりが悪いのかしらんけど、通なおかずに見える、という特典が(笑)。

IMG_5836.jpg

シマシマの縁も可愛いうえに、この山水、なんか吉野山を想ってしまうんだなー、関係ないだろうけど。
おかずを食べた後も目に美味しいお皿。

IMG_5832.jpg

翌日も鶏ハムの続き。猛烈にナスが食べたくなり、有元葉子さんの本に出ていた蒸しナス。
ネギ・ショウガ・醤油・酢・ごま油のせが美味しかった♪
いつもね、ナスをいっぱい食べるときは焼いていたのん。
本読んで、そっか蒸せば皮も美味しくいただけるやん!って思った。
ここでもルーティンワークをひとつリセット。

IMG_5837.jpg

この日の長皿はのんちゃんの三田青磁。
ほんとはこんなぎっしり載せず、目刺しを二匹とか載せると通っぽそうだ。

またまたキンタロー追記
先日朝キンタローに餌をあげるといつものようにがっついたのに、ペッと吐き出した。
どうやら食べ過ぎで、便秘?のようである。
そういえばやけに食べるので先日ちょっとあげすぎた気がする。
元気はあったので4日ほど絶食にして様子をみたが、そろそろ大丈夫な様子。
キンタローは体調不良の間、いつものようには寄っては来ず、目を合わせようとはしないのであった、、
分かりやすい。。(誰に似たんだ。)
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2019/05/29.Wed

花と出会い (万古焼掛花)

あんなに咲いた薔薇も、花がら摘みをしたり、切り戻したり。。
気がつけばお庭はまた緑色に染まっている。
いつの間にか主役は紫陽花に遷っていて、山アジサイ『白扇』や
柏葉アジサイのグリーンだった花はもう白く大きくなっている。

IMG_4869.jpg

渋い土のお色だったから、この季節の白いお花を頂いてくる。

IMG_4870.jpg

まだ咲き始めのホタルブクロを切るなど、三毛庵出血大サービスである。
いつもいうことだが、切るのは惜しく、勇気がいるのだ。
でも、入れ方がちょっとぐらいポンコツでも、そういう花はいつまでも見入ってしまう。

IMG_4872.jpg

花を切る決心をしたのは、ご縁があってSさんからにゃんこのばんこがやってきたから。
こちら@となんと、お揃いなのです♪
なんと出所は別々らしく、びっくり。
ちょっと欲どしくはないか?と一瞬躊躇ったが、のんちゃんがお揃いで
コレクションにしたら?と仰るので、ご縁と思い、ありがたく頂戴することに。

このごろずっと、お花のことばかり書いているから、
まるでふるものも花入を探しているみたいだけれど、決してそんなことはない。
ないけど、あ、、これ使ってみたいな、そう思うものがあるんだなー、そういう時って。
それは、このような珍品であったり、安物のビンであったり、いろいろだけれど、
何であれ、使ってみたいものが目の前に現れて、ドキッとする。
あんまりむつかしく考えないでいるほうが、なんだか出会いが愉しいのだ。

IMG_4871.jpg

二重咲のホタルブクロなど茶花といえるのかしらんけど、
清楚な『白扇』との組み合わせは、茶花然とし過ぎず佳い感じ。
ちょこっと毛羽だっているのもなんとも愛嬌がある。
ぎゅうぎゅうの庭でもへこたれずに咲くので、洋モノのカンパニュラよりありがたいかも。

IMG_4845.jpg

朝、勝手口を出ると、クリュタイムネストラが金色の蕊を見せて咲いている。
オーガストルッセルが伸びやかに咲くので、すこし空間を埋めてくれれば、
と、本当は来年に、と思っていたものを取り寄せたのだ。
思った通り、上手くスキマに調和した。
そして思った通り、大好きになった。
コーネリアよりもすこし大人しく、照葉の色合いも紅い新梢も可愛い花にお似合い。
お世話が楽しい三毛庵であるので花がら摘みもするのだけれど、
クリュタイムネストラは潔く散るので、ちょっとの間放任しても汚くならないおりこうさんである。

IMG_4780.jpg

盛期のオーガストルッセル、来期はもっとよくコラボしてくれるかな。
このふたつ、きっとお似合いの出会いのはずだ。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME | Next »