2017/04/15.Sat

アイス珈琲はじめ (プレスガラス花皿)

今日は晴れたり降ったりしながらも、気温は上がって庭仕事日和。
三時のお茶はアイス珈琲初めに。
年中ガラスものを使っているけれど、アイス珈琲を淹れるころになると、
硝子の季節がやってきたなぁ、と思う三毛庵である。

IMG_2293_201704152056425ef.jpg

は見かけるとついつい手に取るもので、
これなどいちごをいただくのにほどよいサイズ感である。

IMG_2294_20170415205644856.jpg

八重桜の咲き始めるこの頃には、そろそろ寒の戻りもお終いで、
夜風がふわっと薫るよな、佳い季節の始まりである。
こんな季節の花はよろし。

IMG_2317.jpg

売られているハウス苺はそろそろ終いなので、
お買い得になっていた、少々上等なのんを週末のデザートに。

IMG_2318.jpg

今朝方、蕾に花色が覗いている、そう思っていたらあっという間に牡丹開花。
牡丹も薔薇のように複雑で佳い香りがしている。

IMG_2322.jpg

山アジサイの「白扇」はさっそく金ちゃん池のほとりに植え付けた。
開花株なのでとってつけた感は否めないが、お池がさらに充実♪

山アジサイやアナベルは、春になったら植えようと思っていたのだ。
それから、ススキの仲間。
ところどころにススキがしゅっとあるのが好きなのだが、
実は母もおんなじで、こういうのも遺伝っていうのかなぁ・・・と思う。
以下のススキ苗植え付け(殖えるとえらいことになりそう。。)。
 パープルフォール
 モーニングライト
 ゴールドバー
その他の植え付け。
 山アジサイ 「藍姫」
 アネモネ「ラッフルドスワン」
 小川キキョウ
あと、以下の立派な処分苗!も植え付け。
 オダマキ ノラバロー
 デルフィニューム(ちょっとうちのお庭の雰囲気ではないがお安かったもので。。)
 スカビオサ「ブルーバルーン」(鉢植えに)

(以下、お庭の記録↓)
>>続きを読む
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/04/14.Fri

桜散り蝶が舞う (緑印判花蝶文皿)

朝、金ちゃんに餌をやりに出ると、紋白蝶がひらひら飛んでいた。
春だなぁ。可憐なのですけれどね、庭師はついつい青虫を警戒してしまうのである。
のんちゃんが筍ご飯用に山椒も植えたので、揚羽蝶なんか要注意だ。

IMG_2312.jpg

こんなフシギな、洋の香り漂う印判
桜に菊(絵柄は純和風!)とお花がいっぱいであるが、蝶々もいっぱいなのである。

IMG_2311.jpg
(径16cm)

一枚だけだったのがザンネンだけれど。。
春先からぼーっと眺めていたけれど、桜が咲いて、緑が芽吹いて、
なんだかこのおが似合う季節がやってきたと思う。

金ちゃん池のほとりの日陰にヤマアジサイを植えたいなと思ってた。
前に育てていた品種を思い出して取り寄せたところ・・・。

IMG_2309.jpg

わぁ、立派な開花株ではないか!!(↑さっそく印判が。。)
よく見ると確かにそう書いてはあったのだが、日ごろ苗専門の三毛庵であるので、
大きめの4寸鉢というのに惹かれ、鉢花といえば普通開花株であることなど忘れていたのだ。
なんかトクした感じ♪しかも生産者が吉岡麗子氏であるぞよ。
ということで、母にも送ろうかな、ってみるともう売り切れていた。
(お隣の地球瓶2号に子メダカ170匹!?放流中、、
もはや多すぎて生存確認ができないのだが、あまり減っている感じはない。)

IMG_2310.jpg

「白扇」という品種。ヤマアジサイはデカくならないし、野趣があってよろし。
さっそく週末に地植えにしよう。

IMG_2313.jpg

冬物のスリッパをダメにしてしまったので、麻のちょっと上等なのんを買う。
(撮影前に履いてしまって、使用感あり。。)
洗えるとあるのだが、どれぐらい使えるのかな?
履いていていい気分なので、長く使えるとうれしいのだけれど。

IMG_2308.jpg

晩御飯は焼鮭定食で。

(↓いつものお庭の記録)
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/04/07.Fri

朝に夕に (柘植山水文茶合)

毎日結構なお疲れというか、恒例の春の体調不良なのであるが、
メダカの子が孵るので忙しい。
これまでに76匹孵った!!
なんで数えているかというと、卵を孵す器から、孵った子メダカを
金魚鉢(という名の地球瓶2号)に移していくので、そのときに数えるのだ。
大きくするのはもっと大変そうだけれど、ひとまず孵化は成功なようでほっと一息。
こういうとき、ゆっくり構えられない性分なので、卵の入った器を覗いたり、
子メダカの様子を見たり、お花にお水を遣って、金魚に餌をやり、
合間にお茶を飲む、といった日々なのである。

ゆっくりお茶を飲むときの愉しみにと、すこしフンパツして茶合を手に入れた。

IMG_2255.jpg
(8.2cm)

三毛庵好みの「ザ・山水」であるが、可愛いお家に人も居るのだ!
これはサイズが小さいのがウリで、茶箱に入るなーとか思っているけど、
ひとりふたりのお茶をちょろっと淹れるとき、
うやうやしく茶葉を計るのにほどよいのである。
柘植の木というのもナイスである。
お洒落さんではない三毛庵は柘植の櫛など持っていないが、
いやしんぼうであるので、柘植の茶合を持つのである。

IMG_2256.jpg
(8.4cm)

こちらは、毎朝職場に持っていくお茶を淹れるときに使っているもの。
手軽に手に入れたものだけれど、これも小さくて使いよく、朝が愉しいものである。

IMG_2253.jpg

この通り、よく似た大きさなのでひとつで足りるような気もするが、
美味しいお茶のためならば、やっぱりお道具も愉しみたいものである。
道具というのは一緒に暮らして人を助けてくれるものだから、
(道具を持たずして人と言えるのであろうか?)
愛着というものは必要だ。

朝に夕に、愛でながらお茶を飲む。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/03/14.Tue

メダカの日 (プレスガラス魚型インク壺)

冬のあいだ、凍らないようにチビ池にヒーターを入れていたのんちゃん、
メダカのお腹が大きいといって、部屋に数匹を連れてきた。
ネットでメダカの産卵について調べる。
ふーん、メダカの求愛行動ってこんなんなんや、などと見ていると・・・
同じようなことをしている!?
えーっ、ほんとに産卵するんかな??

・・・という訳で朝、卵をお腹につけたメダカを発見し隔離、
後で水草に産み付けた卵を回収した。
(卵は分けておかないと親に食べられちゃうそうです。。)
ふだんお世話できないので、稚魚が孵っても育てられる自信は
まったくもってないのであるが、池には金ちゃんがいるので
池で繁殖することはないだろうし、とりあえずやってみるしかない。。

害虫ごときは情け容赦なくやっつける三毛庵であるが、
メダカとなると生き物への憐れを感じる、、勝手なものである。

IMG_2131.jpg

メダカの産卵記念にのんちゃんのガラスのお魚(インク壺)。

IMG_2132.jpg

透明なほうはブラックライトに反応する(青いほうは色があるので分からない)ので、
このタイプはそこそこ古いもののようである。

IMG_2133.jpg

日曜日は春の陽気であったが、今日はびゅうびゅう冷たい風が吹いている。
ビオラの徒長したところを切って部屋に入れていたら、蕾だったものも咲きだした。
外では水仙のバイカラーアーリーセンセーション(どこに何を植えたか
控えなかったので早咲きならたぶんこれかと)がもう咲きそうである。
寒くても日差しが強いからかな、ぐんぐん育っている。
さて・・・この気候で三毛庵はけっこう体調が悪い。。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/02/24.Fri

春はあけぼの (万古焼色絵貝文皿)

ひと雨毎に春がやってくる。
何かが始まる前の2月、僅か28日しかない贈りもののような季節である。
なんだか早くに目が覚めて了う。
春の気配で何とはなしに体調が不安定になり始めているのかもしれない。
いや、数日はしゃぎすぎて疲れているのかな。
窓辺に置いた、ムスカリの鉢植えからほんのりとよい香りがする。
あんまりムスカリの香りを気にしたことなかったな。

先日、不思議なお皿を手に入れて、ずっとああでもない、こうでもないと思案している。
見かけない西洋のファイアンスなのであるが、
見かけないのは自分がそんなに洋ものを見ないせいだろうか?
いろいろの入手の状況からして、他愛のないものであろうことは明白なのであるが、
何なのかが、さっぱりなのである。
いや、三毛庵の妄想によると、どこの国のどういう様式のものかはなんとなく
あたりがつくのであるが、時代がさっぱりわからない。
正確には、まぁそれほど古くもないものというのが妥当なんだろうけれど、
思いのほかこころを動かされたので、どうも腑に落ちないのである。
で、なんだかずっとこころがそわそわして、春の陽気も手伝って不安定なのである。

骨董をやっていて愉しいのは、何かを見て「きれいだなぁ」と思うこころの不思議である。
ましてや、それが何かを知らずにいるときほど、
「きれいだ」とこころを動かされることに驚くのである。
いったい、自分は何に驚いているのだろう?「きれい」とはどういうことなのだろう?
三毛庵は、そういうことを概念として捉えることがあまり得意とは言えないので、
例えばこのファイアンスがどういうものかを知ることで、
何かその答えに近づけるような気がして、一生懸命調べたりするのである。
例えばの話、それが江戸前期の古伊万里である、と分かったところで
こころを動かされた理由にはならない。
ならないけれども、当時の職人のことや時代のこと、
そのようなきれいなものが生まれる背景を想うことで、ほんの少しだけ
お皿の声を聴くことができるような気がするのである。

あぁ、日本のおうちにきて戸惑っているこのお皿は、
まるで迷子になって古より届いた便りのようで、
封を開いた三毛庵は、ラテン語でも見るようにフシギな面持ちなのである。

さて、そんな話とはまったく関係はないのだけれど
先日お菓子をいただいた。春を先取りしたお菓子である。

IMG_1998.jpg

春になったら使おう、と思っていたお皿に盛る。

IMG_2000.jpg

他愛のない万古のお皿であるが、貝文が何だか嬉しい。
今や貝類は身近な食材とは言い難いものであるが、
春は貝である♪

IMG_2001.jpg
(一辺:10.7cm)

見ているだけで、ソワソワするなぁ!

IMG_1999.jpg

庭のガランサス(スノードロップ)。
同じ球根草でも、日本水仙は三毛庵の中では冬の花であるが、
ガランサスは早春の花のイメージ。
一番小さい春である。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME | Next »