2017/10/08.Sun

ジャパニーズ・ヴィンテージ (大正頃の鏡と仏蘭西のカルタ)

本日秋晴れ、洗濯すらせずぼーっとしている。
昨日は栗を買いに行き、夜から遠出しようかと言っていたのだが、
三毛庵がっくりとお疲れが出たようで、電池切れにて終了。
晩ご飯もすき家のカレー南蛮牛丼を食した。
土井善晴さんの本に感動したりしつつも、疲れているときなど
ファストフードはありがたい存在である。
無理せず人の手を借りるときは借りるのがよい。
昨夜はお疲れのあまり、却って寝付けなくなり、
ホームベーカリーをセットしてから、インスタント味噌汁を作った。
お味噌汁でも飲んだら眠れそうな気がしたのだ。
(因みにホームベーカリーでのパン焼きはたいそう便利で、
10分もあれば翌朝おいしいパンが食べられるし、
材料をストックすればパンを切らす心配がない。
よいことでも続けられる習慣でないと難しいものね!)
インスタント味噌汁は、とろろ昆布に鰹節を少し入れ、
お味噌をお湯で溶いて、刻んで冷凍してあるネギを散らすだけ。
寝付けない時にはホットミルクがよいというのもあった気がするが、
ミルクをあまり飲まない三毛庵には、お味噌汁は効き目バツグンであった。

今は寝室の隅っこに先日作った、オールドのラグを敷いたお籠りコーナーに潜んでいる。
パソコンに、マグカップには白茶をたっぷり。

IMG_2921.jpg

お籠りコーナーから見える景色。
本棚の上、大正ぐらいのふるい鏡に、ふるい版画のトランプ、
ハートのキングとクィーン(たぶん18世紀仏蘭西)。
籠は仏蘭西のというが、作られたのもそうかは不明。
がらくたの市で拾い集めたフシギ空間である。

過日、のんちゃんのお客様があったとき、
「ヴィンテージな部屋ですね♪、この箪笥って何時ごろのものですか?」
「ん?ええっとこれは、、江戸時代、かな?」
(ヴィンテージというより、とうにアンティークなのであった。。)
おぉ、世の中はヴィンテージなお部屋が流行っていたのであるか。
そういわれれば、三毛庵宅はジャパニーズ・ヴィンテージ(ちょびっとミックス)、
ってな感じなのかな。
お気に召したものを巣に持ち帰っているうちにこのようになってしまったのであるが。。
時代も国籍もまちまちで、世のおしゃれさんが作る
スタイリッシュなヴィンテージ空間とは比べようもないけれど、
とはいえお気に入りの魔窟なのであった。

IMG_2916.jpg

1年前、ホームセンターの植木市で花付きを買って植えたホトトギス。
庭も一年経ったのだ、そう思うと感慨深い。

IMG_2917.jpg

こちらは花後の処分苗を植えておいた、秋明菊「ももいろブーケ」。
コンパクトで確かにブーケのように咲いて可愛い。
植えた場所が気に入ってくれたようだ。

IMG_2919.jpg

これはハマゴウか何かだったかな。
鉢から根が伸びて大きくなりすぎてちょっと困ってる。

IMG_2915.jpg

秋はやっぱり栗である♪
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/09/03.Sun

夢の間に間に (和硝子ソルト皿?)

去り行く台風15号のせいであろうか。
今日もこんこんとお昼寝なのであった。。

IMG_2852.jpg

夢から覚めたような青のお皿、和硝子なのだという。

IMG_2854.jpg

へーっ、こんなんもあるんかなぁ、、と思ったけれど、
ふと思って、豆ランプをそっと置くと、夢の続きのようだった。

IMG_2865.jpg

昼寝の合間のおやつ、大風呂敷。梨蜜が美味しい。
三田青磁のお皿に。

そろそろ梨の季節、和硝子の鉢でいただく。

IMG_2867.jpg

ほんとうに昼寝の合間に食べただけの日曜日。

さて、我が家にホームベーカリーがやってきた。
三毛庵パンやお菓子を作るような暮らし振りではないのだが、
朝パンを食べながら思ったのだ、これってずいぶんの添加物だなぁ、、と。
マーガリンが嫌でバターには変えたけど、パンにショートニング入ってるって。。
たまにはカップ麺も堪能する三毛庵、それほどこだわりが強いわけではないのだれど、
それでも毎朝食べるものがこれでいいのかと思った。
イマドキの家電に疎い三毛庵であるので、
ホームベーカリーで、市販の食パンとさほど変わらないお値段で
しかもタイマー予約で簡単にパンが焼けるなんて知らなかったのね~(笑)。
自分で作れば何が入っているか分かるものね!

という訳で、明日は焼き立てパンを食べるぞー!と思っていたら、
新しもん好きののんちゃんが、「今日の昼はサンドイッチにしよう♪」。
なるほどサンドイッチパンなら3時間で焼けるぞ!

IMG_2863.jpg

ほんとは国産小麦とかで作りたいなとか目論んでいるけれど、
初心者なのでまずはミックス粉で、、粉と水とイースト入れるだけ!!

IMG_2864.jpg

ハイ、簡単に焼けました♪お味はフツーに美味しい。
というか、市販の食パンよりは確実に美味しい。
この次は、パン・ド・ミーを焼きたいな。


不染鉄の展覧会が9/9より始まる。
IMG_2866.jpg
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/08/26.Sat

取り合わせの妙 (ちょい古の木の額縁(小)とプレスガラスコンポート)

お忙しかったり、台風が続々発生したりでお疲れの三毛庵、
ぐっすりお休みしたいところであるがお疲れ過ぎて眠れない。。
となると、まったりするのにも飢えているので、起きてぼーっとしたりする。

先日の額縁@と一緒に買った小さめの額縁、
その時は深く用途は考えなかったけれど、家で眺めていてちょうどよさげなのを思い出す。
今までありあわせの額縁に入れていて、もうちょっとなんとかならんかな、と思っていた。

IMG_2821.jpg

おぉ、ぴったし♪

IMG_2825.jpg

お気に入りの子猫。
西村宣造の寂しいような猫だから、愛らしい額縁に入れてあげたい。

IMG_2819.jpg

ちょっと映り込みが・・・詳細はこちら@ご覧ください。

IMG_2818.jpg

こんなふうにいちおう木でできているようで悪くない。
絵は絵でよいものだけれど、例えば額縁とか、
或いは軸装とか、トータルで絵の良さが引き立ったりするものだ。
少し古い軸装があって、修復しようかなとか思ったりするのもあるのだが、
なかなか先人のセンスを超える趣向など思いつくものでもないのである。
額装はまだしもいろいろお試しできるチャンスがあるけれど。。
自分で軸装を考えられるっているのは、センスだけの問題ではなく、
教養の問題であるように思う。

IMG_2824.jpg

一緒に写ったプレスガラスもお気に入り♪
こういうごりっとした時代感のあるプレス、もの好きのココロをくすぐる。
暮らしぶりがやさぐれているので、ふと目に留まるこういう光景に
いたく渇きがいやされる心地がする。

IMG_2807.jpg

そういえば、今年植えたヒオウギが咲いていて、
まぁ一日咲いては散ってゆくのであるが、切って花活けと思った。
でも花芽が一本で、ぬばたまも見たいなぁ、と切れずにいた。
今朝見たら2本目の花芽が上がっていて、こんどは切ろうかしらんと思案する。
このような古典的な花が疲れた庭に咲くさまは、客観的には
綺麗な庭でもないのだろうけど、心情的にとても惹かれるものがある。

朝ブルーベリーを収穫するのであるが、ブロンズフェンネルが育ちすぎて
奥のブルーベリーの収穫がしにくいなぁ・・と思っていた。
そうしたら気づけばフェンネルに揚羽蝶の幼虫の嵐であった!!
うーん当分収穫に行く勇気がない。
三毛庵幼虫類がとかく苦手で、それでもいろんなヤツをスコップで
掬っては国外退去にしているのであるが、
なんかキモい割には揚羽の幼虫はそっとしておきたい心情に駆られる。
(ヨトウムシとかイラガなんてもう許せないくせにね。)
山椒とか檸檬の木はそこそこ注意していたのに、フェンネルのことを忘れていて、
その上台風のせいで、見回りが甘かったのである。
もうフェンネル枯れる覚悟で揚羽になるの待とうかなぁ~なんて
思っているけれど、いやしい三毛庵は収穫できないブルーベリーが気になって仕方ない。
皆さま揚羽の幼虫は許せますか???

何を書いているのやら、になってきたので今度こそ寝るのである。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/07/23.Sun

惡の華 (九谷赤絵金彩色絵植物文盃)

夜中というのに目が覚めてしまった。
もう少し眠れそうな気がするのに眠れない。
まぁ、日曜だし昼寝すればいいか、とのんびり構えることにする。
明け方になれば、庭でぼーっとしたりできるんだけどな。

IMG_2769.jpg

昨夜、ちょびっとお酒を呑む。。
フシギな金襴手の盃を買った。
外側の金彩は色々の植物で埋め尽くされている。

IMG_2766.jpg

千成瓢箪と瓜?であろうか。
伝統的図柄であるが、なんだかエキゾチックな描きっぷりである。

IMG_2767.jpg

これは何かな?朝鮮アサガオみたいなやつ。
こんな調子でぐるりと柘榴や牡丹、枇杷などがみっちり描き込まれている。
これ、結構フンパツしたのん。
見込みを覗いているうちに、無性に欲しくなっちゃったんだなぁ。。

IMG_2762.jpg

こんなおかしなことになっていたのん。
なんかもう、『惡の華』のオンパレードって感じなのであるからして。
外側の植物は、ほぼほぼ日本で見られそうな実在のものであったけれど、
これは何なんだ???
左のほうには何かぱかっと口を開けて笑っている様な植物とかいて、
怪しさ満載である。
これで呑んだら酔えそう、というよりも毒を盛られそうである(笑)。
(でも、実際のところ、お酒を入れると怪しいお花がゆらゆらして、
毒と言われても飲んでしまいそうに引き込まれる。)
強いて言うなら、西洋更紗を写したらこうなるような気もするが、
一体、どうしてこんなことになっちゃったんだろう?

IMG_2765.jpg

内側も瓔珞っぽい金彩で彩られてはいるのであるが、、
ヘンな南蛮人みたいなやつとか、西洋っぽいお魚とかがぶら下がっている。
すごく上手い絵付けだし、ちゃんと九谷の五彩だというのに・・・クレイジー!

IMG_2770.jpg

そんな訳で、、
あまりにマニアックで通り過ぎることができなかったのん。

(↓昨日の庭仕事の記録)
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(2)
2017/06/22.Thu

お詫び (プレスガラス籠目文角小鉢)

昨日アップした記事に目いっぱい書いた妄想について、
もっとちゃんとした情報を教えていただきました!
鍵コメさま、ありがとうございました。
ということで、三毛庵の勝手な妄想を読んでしまわれた方は、
お手数ですが昨日の記事に書いた訂正内容@をご一読いただけると幸いです。

・・・ということを本日はお伝えしたかったので、ネタはないのであるけれども、
せっかくなので漁った画像をアップする。

IMG_2575.jpg

これでもかと無駄に多い、プレスガラスの器であるが、
これはピノがひと箱分ちょうど入るスグレモノなのである。
いや、ピノは箱からそのままつつけばいいだろう、というご意見は差し置いて、
ひと箱分ちょうど、っていうのが三毛庵にはうれしいのだ。

三毛庵はアイスはふだんちょびっとしか食べない。
なので、ちょびっと食べられるピノはお好みであり、
そのピノがちょうど入る器もお好みなのである。

IMG_2576.jpg

無色のプレスガラスってまぁジミィなものであるが、
よく見ると籠目とか鎬とか、とってもおされなのである。
(でもってそこそこの時代もある古びた色合いの硝子。)
小鉢っていうのも気が利いているよな~。
ま、それだけのことであるが。。

(↓風のあいだ放ったらかしだったお庭の記録)
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME | Next »