FC2ブログ
2018/06/06.Wed

入梅 (竹一重切)

大人になってまた土いじりをするようになった頃、
いろいろのものを枯らした。
下手だったわけではなく、子供のころの記憶を頼りに植えたものは
暑い関西には向かなかったのだ。
植物は頑固なまでに環境を選ぶのだ。
昔ながらの路地裏を歩きながら、どんな草花がここに向くのかを覚えた。
結局今の庭には、茶花と呼ばれるものが多くなった。
やはり日本原産の草花には湿度の高い夏に強いものが多いのだ。

IMG_3595.jpg

梅雨入りしたのだという。
といってもいきなり大雨で、先が思いやられる。
今年植えた越路シモツケを先日惜しみながら切ったのだが、
雨では庭で見る間もなかったから、それでよかったのかもしれない。

IMG_3594.jpg

一重切をみつけたのだ。それで花を切ったのである。

この日は市で、いろいろの暮らしのお道具を手に入れた。
蚊取り線香を入れようと手焙り、のんちゃんの散らかす衣類を入れる籐籠、
庭で水を溜めるブリキのバケツ・・・市というのは便利なものだ。
花切鋏も分けてもらった。
この一重切は薄汚れて段ボールに入っていて、竹も割れていた。
中に落としが入っていて、それならすぐに使えるからと連れ帰った。
知り合いに見せると、落としは古い牛乳瓶らしく、これは貴重では!とのこと。
ええっ、そこでしたか!

帰ってすぐ、籐籠と一緒に花入も洗う、、あれ?結構いい味?
しっとりと飴色がかり、切り口ももう滑らか、竹の割れ目にも古い漆の跡、
うーむ、竹の時代ってよく分らんけど、それなりに古そうな。
それで嬉しくなって、庭のシモツケを切ったのだ。

ずーっとね、一重切が欲しかったのだ。
詰まらないのは嫌だし、さりとてお茶もお花もご縁のない三毛庵が
伝来のよいものを持つのはたぶん間違いだし、
そう思うと、簡単には手には入らない。
でもこの度も気まぐれなふるものの神さまは、じゃ、ダンボから拾うべし、
と差し出してくれたのであった。
こうして牛乳瓶一重切は三毛庵のものになった。

毎日ね、ちらりと見てはいいなぁ♪とときめいている。
花入と花がいいから、ヘタレの三毛庵が入れてもお見苦しくない。
入れやすく、素直で見飽きない、背伸びしなくても使える。
こういうのって、名品にだってそうはないんじゃないかとひとりごちる三毛庵である。
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2018/06/04.Mon

うさぎシステム (鉄製うさぎ置物)

IMG_3574.jpg

へんてこなものがあるなぁ、、西洋の玩具?でもなんだかなぁ。。
などと思いつつ見ていると、主が言う、
「これはね、車輪が動くねん。だからちょっと上等やねん。」
「これって外国のん?」
「いや、日本製。昭和50年代に高岡で作られたもの。」
「へーっ、高岡って銅だけじゃないんだ。」
鉄のものなど注意してみたことはないので主の言を信じるほかないのだが、
このようなものの氏素性がそんなに詳しく分かっているというのもびっくりである。

IMG_3576.jpg

車輪があるから玩具っぽいけど、まぁまぁリアルうさぎだし、
重たい鉄では子供が扱うシロモノではないような気がする。

IMG_3575.jpg

となるとこんなものがあるのはナゾであるが、鉄の質感も面白く、
大人のために作られたのならなかに粋なものである。
うさぎシステム2と命名。

うさぎシステム1はというと、最近作ったこちらである。
IMG_3518.jpg

暖地で庭をしている人が悩むポイントは、エアコンの室外機前である。
熱風に吹きさらされるので、並大抵の植物は育たない。
なので、どうしてもそこだけ寂しい場所になってしまうのである。

という訳で三毛庵、最初は素敵なブロンズの彫刻でも置こうと思ったのん。
ネットで高名な作家の素晴らしいのを見つけたのだが、
当時とても体調が悪くてなんとなく入札できなかった。
で、当面はなんちゃってシステムを作ることに。。
可愛いうさぎ氏は樹脂製です。。
樹脂があかんとは思わないけど、時の経過で程よく風化はしてくれない気が。。
まぁそこが悩ましいポイントである。
高さを出すために置いた鉢は余っていたものの流用。

IMG_3519.jpg

高級ヘデラ、『雪の華』のポット苗をばらしてまぶしておきました!

IMG_3592.jpg

ごく最近の画像、ひょろひょろと細い葉っぱが伸びてきている。
うさぎシステム1にはまだ仕掛けをしてあるのである。
結構可愛くできたなぁ、と悦に入っているのであるが、
出来たばかりの樹脂製というものはアクセントにはなっても、
こころの拠りどころ、という訳にはいかないものである。
そう思っていた三毛庵、この後新たな出会いが待っていたのであった。。
(つづきはそのうち。)

IMG_3563.jpg

去年処分品を買って植えた、赤いスカシユリ(品種名不明)が咲いた♪
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2018/03/08.Thu

春の嵐 (昭和の犬のぬいぐるみ)

寝込んでいる間に啓蟄を過ぎた。
気温が上がった日曜日は、ここぞとばかりに洗濯をしたり、
窓を開けて風を通したりしていたのだけど、気温と気圧の変化についてゆけず。。
よい季節なのに、いつもこうである。
実際のところ、今もざわざわして、じっとしているのが精いっぱいなのだが、
のんちゃんに気分転換を、と言われ、恐る恐る庭に出てみたりした。

このごろ、庭に小鳥が一羽きていて、人を怖がらない。
頭が灰色、お腹がオレンジっぽい茶色の可愛いのんで、
調べるとどうやらジョウビタキの雄のようである。
剪定した薔薇の枝に止まってキョロキョロしている。
咲いたワビスケ「有楽」の花をむしった犯人かなー。
冬枯れでも、去年より少し庭らしくなって小鳥が来るようになったのだ。

IMG_3339.jpg

このわんこも、ジョウビタキに負けず劣らずのカラーリングである。
のんちゃん曰く、ゴミ箱に鼻を突っ込んでいたかのようなガン黒。。
これが可愛いというのは、ふるもの好きも末期症状というべきか。

IMG_3341.jpg

立派な尻尾がついている。

IMG_3342.jpg

丈は和熊氏の倍ほどありそうだ。

IMG_3343.jpg

なかなかの存在感を放っている。

IMG_3348.jpg

フェブラリー・ゴールドが咲いた。早い年は2月に咲く、早咲きの水仙。
野趣のある花の形と春を告げる黄色が早咲きに似合っていて、好きな品種。
昔のお庭に植えていたのを、鉢で持ち越し、去年は咲かなかった。
新しい庭で咲いているのを見る歓び。

(↓庭の記録)
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2018/01/20.Sat

滋味においしい (伊万里油壷ほか)

お疲れ過ぎて、少々眠れない。
(それでも整体効果か、近ごろ眠りの質が上がってきた気がするが。)
布団の中で焦っても無駄なのでごそごそ起きる。
どうせ多少の寝不足など、どこかで帳尻が合うようにできているのだしね。

IMG_3258.jpg

ふるものと遊ぶ時間もあまり取れていない三毛庵、
周囲を見渡して、お部屋の一角に目が留まる。
市から連れ帰ったものたちがいい加減に転がっていたりする。
扇面の青磁の豆皿はのんちゃん推奨のお品。
「扇面」とか「青磁」っていうのは、ふるものゴコロをくすぐるものだ。
口の欠けた残念ものの油壷は三毛庵のがらくた。
伊万里系のものらしいが、赤上がりして土っぽく仕上がっている。
出来損ないには違いないけど、すれっからしの完品にはない魅力がある。

IMG_3259.jpg

取りたてて言うようなことではないけれど、
誰が見ても美人っていうんじゃないのに、ちょい見返してしまうような。
いや、こだわり抜かれた最高のスイーツでななく、
ほっこり美味しい近所のおやつ、的な。。

IMG_3246.jpg

そうそう、先日信州名物おやきを食べた、そのような感じ♪
(しかも信州に行けたわけでもなく、
多忙のスキを縫って行った近所のスーパーのフェア。)
このトシになると地味・・滋味に美味しいものに和むんだよなぁ。。
トシをとって分かってくることも多いものだ、ふるものについてもね。

おまけ。
IMG_3236.jpg

昭和レトロの猫ちゃん。
よくあるもので、ペアで完品なのだけど、片割れしかいなかった。
そのわりに寂しそうにもせずマイペースなお姿を見てふと気になり、
我が家でのんびりしてもらおうかなぁ、と思った次第。
こんなものまで完品じゃなくてもいいというのがちょっと笑える。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2018/01/01.Mon

一年の計は (ブリキの金魚の玩具)

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

冬晴れの元旦、水を欲しがる蕾の付いた椿の鉢に水遣り。
年末は大掃除という名の普段の掃除と、買い物にお節づくりと忙しい。
最後にキッチンの掃除を終え、年越し蕎麦を作って食し、
お風呂に入るともう年越し、というような塩梅である。
一転、年が明ければのんびり、である。
時間ができたらしようと思っていたこともあったはずだけれど、
何に使ってもよい、という時間にぐうたらブログを書くのは楽しい。
別に書くことなんかないのだけれどね。

IMG_3129.jpg

お正月なので可愛い玩具を載せることに。
金魚?ひとつ、5.5cmぐらいと小っちゃいものである。

IMG_3128.jpg

ブリキの塗料の美味しそうな色合いに惹かれて欲しくなったのだ。

IMG_3131.jpg

玩具など大人の人生において必要とは思われない気がするけれど、
綺麗だなと思ったものは、手元で眺めたい。
そうしていると、綺麗だな、と思うこころの感度が上がるよな気がする。
(だけどまぁ、それが何かに役に立つのかと問われれば、
結果において出費がかさむことばかりな気もするが。)
だけど、、美しいとおもうこころがなかったら、自分も人もこの世界も、
全てが尊いと信じることができないように思うのだ。

IMG_3194.jpg

一年の計はお雑煮にあり、とばかりに、
元旦のお雑煮は細心の注意を払って作るのだ。
美味しくなりますように、とこころのなかでは思うのであるが、
一番肝心なのは、そっと丁寧に作ることだ。
美味しいかどうかは結果なので問題ではなくて、
重要なのは、美味しくなるための手順を怠らないことである。

IMG_3181_201801011144594d1.jpg

このお正月はホームベーカリーでつくったお餅である。
おもちも作れる、とあったのでやってみっところ、
予想以上に粘りがあって、久しぶりにしたこともあってか
かなりザンネンな形の丸餅になった。。
でもお味は上々である。
2合で丸餅が12個ほど作れるので、ついた日のお昼に食し、
残りでお鏡とお雑煮用のお餅を用意した。
小家族でも美味しいお餅を食べられる、っていうのはよいな。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME | Next »