2018/01/20.Sat

滋味においしい (伊万里油壷ほか)

お疲れ過ぎて、少々眠れない。
(それでも整体効果か、近ごろ眠りの質が上がってきた気がするが。)
布団の中で焦っても無駄なのでごそごそ起きる。
どうせ多少の寝不足など、どこかで帳尻が合うようにできているのだしね。

IMG_3258.jpg

ふるものと遊ぶ時間もあまり取れていない三毛庵、
周囲を見渡して、お部屋の一角に目が留まる。
市から連れ帰ったものたちがいい加減に転がっていたりする。
扇面の青磁の豆皿はのんちゃん推奨のお品。
「扇面」とか「青磁」っていうのは、ふるものゴコロをくすぐるものだ。
口の欠けた残念ものの油壷は三毛庵のがらくた。
伊万里系のものらしいが、赤上がりして土っぽく仕上がっている。
出来損ないには違いないけど、すれっからしの完品にはない魅力がある。

IMG_3259.jpg

取りたてて言うようなことではないけれど、
誰が見ても美人っていうんじゃないのに、ちょい見返してしまうような。
いや、こだわり抜かれた最高のスイーツでななく、
ほっこり美味しい近所のおやつ、的な。。

IMG_3246.jpg

そうそう、先日信州名物おやきを食べた、そのような感じ♪
(しかも信州に行けたわけでもなく、
多忙のスキを縫って行った近所のスーパーのフェア。)
このトシになると地味・・滋味に美味しいものに和むんだよなぁ。。
トシをとって分かってくることも多いものだ、ふるものについてもね。

おまけ。
IMG_3236.jpg

昭和レトロの猫ちゃん。
よくあるもので、ペアで完品なのだけど、片割れしかいなかった。
そのわりに寂しそうにもせずマイペースなお姿を見てふと気になり、
我が家でのんびりしてもらおうかなぁ、と思った次第。
こんなものまで完品じゃなくてもいいというのがちょっと笑える。
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2018/01/01.Mon

一年の計は (ブリキの金魚の玩具)

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

冬晴れの元旦、水を欲しがる蕾の付いた椿の鉢に水遣り。
年末は大掃除という名の普段の掃除と、買い物にお節づくりと忙しい。
最後にキッチンの掃除を終え、年越し蕎麦を作って食し、
お風呂に入るともう年越し、というような塩梅である。
一転、年が明ければのんびり、である。
時間ができたらしようと思っていたこともあったはずだけれど、
何に使ってもよい、という時間にぐうたらブログを書くのは楽しい。
別に書くことなんかないのだけれどね。

IMG_3129.jpg

お正月なので可愛い玩具を載せることに。
金魚?ひとつ、5.5cmぐらいと小っちゃいものである。

IMG_3128.jpg

ブリキの塗料の美味しそうな色合いに惹かれて欲しくなったのだ。

IMG_3131.jpg

玩具など大人の人生において必要とは思われない気がするけれど、
綺麗だなと思ったものは、手元で眺めたい。
そうしていると、綺麗だな、と思うこころの感度が上がるよな気がする。
(だけどまぁ、それが何かに役に立つのかと問われれば、
結果において出費がかさむことばかりな気もするが。)
だけど、、美しいとおもうこころがなかったら、自分も人もこの世界も、
全てが尊いと信じることができないように思うのだ。

IMG_3194.jpg

一年の計はお雑煮にあり、とばかりに、
元旦のお雑煮は細心の注意を払って作るのだ。
美味しくなりますように、とこころのなかでは思うのであるが、
一番肝心なのは、そっと丁寧に作ることだ。
美味しいかどうかは結果なので問題ではなくて、
重要なのは、美味しくなるための手順を怠らないことである。

IMG_3181_201801011144594d1.jpg

このお正月はホームベーカリーでつくったお餅である。
おもちも作れる、とあったのでやってみっところ、
予想以上に粘りがあって、久しぶりにしたこともあってか
かなりザンネンな形の丸餅になった。。
でもお味は上々である。
2合で丸餅が12個ほど作れるので、ついた日のお昼に食し、
残りでお鏡とお雑煮用のお餅を用意した。
小家族でも美味しいお餅を食べられる、っていうのはよいな。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/12/26.Tue

時を旅する (オキュパイド人形)

クリスマスも終わり、2017年もラストスパートである。
お仕事も結構な追い込みでへろっへろな三毛庵、嗚呼ふるものに癒されたい♪
別にふるものぢゃなくたってよかろうとは思う。
美味しいデザート然り、綺麗なお洋服然り・・・
でもふるものは、「時」という特別な空気を纏っていて、
それは少しの想像力があれば、例えば旅のように自分を遠くへ誘ってくれる。
三毛庵はお家に居ながらにして、旅をしているのである。

IMG_3160.jpg

シュールな色合いのロバ氏である。

IMG_3159.jpg

Occupied Japanのものだが、そのような刻印はなく、
ただforeignと書いてあるように読める。
70年ほど前のものは骨董以前というべきかもしれないけれど、
若い人にとっては新鮮であろうし、もう十分に時の香りを放っているように思う。
ささやかだけれど、手に入れて嬉しくて仕方がなかった。
こういう気持ちは、がらくたでも伝世の名品でも、優劣はつけられないものだ。

IMG_3161.jpg

のんちゃんがわんこを手に入れた。

IMG_3158.jpg

こちらは手描きのリモージュのもの。
ロバ氏のペイントも手描きだろうけれど、まぁリモージュのほうが上等に違いない。
でも可愛さにおいては決して引けを取らない。

IMG_3163.jpg

ほら、ロバの荷車にわんこを載せてみたけれど、
どちらも輝いている♪

IMG_3179.jpg

ロバ氏のお顔の造りが、いまどきののっぺりしたものじゃなく、
なんだか彫り出したように造形的で、こういうところは三毛庵の中でポイントが高いのである。

(↓庭の記録)
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/12/25.Mon

新たな世界と (セルロイドとブリキの玩具)

昨日の不染鉄のカレンダーで思い出したのだけれど、
不染鉄展の図録は21年前同様に会期中に売り切れたそうである。
彼が画中に細々書いた賛を読みたいと思う人が多いらしい。
それで実は増刷をしていて、それには新発見の「仙人掌」@の図像が追加されているのである。
へへっ、三毛庵はそのバージョンの図録も持ってるもんね♪

三毛庵が不染鉄に出会い絵の世界にはまって9年が過ぎた今年は、
ちょこちょこと軸を買った一年だった。
今や床の間どころか和室のないお家が大半である。
三毛庵のうちも床はないのだが、織部床風のニッチを切ったおかげで
小さなものなら掛けられるようになり、それが結構楽しいのだ♪
今日は初めて書の軸を買った。
熊谷守一いいなーとか思うけど、欲しいと思うのは手が届かないし、
井上有一すごいなーとか思うけど、これまた高嶺の花だし自分には少し違う、、
なかなか欲しくて手の届くのがなかったのん。
でも見つけたのん、何かこれとは対話ができる、そう思うのを。
書の難しいことはさっぱり知らない三毛庵であるが、
また少し新たな世界が拡がるかな、と楽しみなのであった。
(またここで詳しくご紹介できるとよいのであるが。。)

さて、画像は軸とは無縁、クリスマスなのでオモチャの世界♪

IMG_3153.jpg

ゼンマイでチリチリ走る、セルロイド&ブリキのオモチャ。
オモチャをたまに買うのも楽しい♪
っていうか、お部屋になぜか違和感なく溶け込んでるなー不思議!?

IMG_3147.jpg

マッチョなうさぎ氏と、、

IMG_3146.jpg

タロットの愚者みたいなあひる氏。

IMG_3156.jpg

何処へゆくのかなぁ。

IMG_3173.jpg

イブの夜は鶏モモ肉を焼いただけ。
その昔、デパートのお土産に鶏の丸焼きがあったことを思い出したよ。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/12/23.Sat

アドベント (昭和レトロな栓抜きと缶切り)

このところ大変に忙しい上に高ストレスで
のんちゃんを始め、周りのいろいろな人にやな態度を取っていた三毛庵、
昨夜ちょっとした失敗をやらかして、深夜タクシーで職場に戻る羽目に。。
イライラしてたのが失敗のもとだなぁ、としょんぼりしながら
ようやくタクを捉まえたところ、この運転手さんが男気溢れるおっちゃんであった。
事故渋滞や忘年会騒ぎを避けてスイスイ連れて行ってくれ、
料金が一番少なく済む方法で帰りも三毛庵を送り届けてくれた。
プロフェッショナルな仕事ぶりでとても親切にしてもらった三毛庵は
気が付けばこころのトゲトゲがとれていたのであった。

そんな日々であるので、今年はあまりクリスマス飾りもできていない。
それでも、年の瀬の市でみつけたグッズをちょこちょこ飾る。

IMG_3136.jpg

キッチンに飾った、オモチャの兵隊みたいなやつ。
小さな目をした寄り目くんと大きな目をした離れ目くん。

IMG_3170.jpg

栓抜きと缶切りなのだ。
しかし今や栓を抜くことも、缶を切ることも必要のない世である。
平成も終わらんというこのごろ、昭和も遠くなりにけり。。

IMG_3137.jpg

先日椿を買えなかった三毛庵、結局のところやり場のない気持ちは
ネットでのお買い上げに・・・(笑)。
三河雲竜椿、枝がくねくね曲がるやつ。
お部屋で加温してもお正月までには咲かないかなぁ。。

IMG_3138.jpg

・・・っていうか、買えなかった以上に買っている三毛庵であった。
昨年はセーブして、有楽と加茂本阿弥に絞ったのに、
買いそびれたのを探しているうちに、いろんなものが欲しくなり。。
出雲大社赤藪椿、月照、桃色卜伴、湊晨侘助。

IMG_3140.jpg

開花の早い湊晨侘助はもう咲き始めていた。
そういえば・・・今年は高山でも銀葉椿を買ったんだよなぁ。

IMG_3141.jpg

蕊が出て、麗しいお色が見えてきた。
しっとりとシルクのような花びらが見えてくると、
寒い郷里の祖父の温室で咲いていた椿の花を思い出す。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME | Next »