FC2ブログ
2019/12/28.Sat

一日が美しい日でありますように (和硝子エナメル彩香水瓶)

クリスマスといえば、その前の土曜日に焼き鳥を食した程度で、
一日を大切に過ごせたかというと自信はないのであるが、
近ごろの極端な論理はあんまりなじめなくて、私などは危急の仕事があれば
できることはすべきだと思うし、家庭に事情があればお互い助け合うことも大切だと思う。
ライフワークバランスなど正解なんてないのだから、一日一日一生懸命生きるしかない。

あーそれでも、誰かを思いやる時間が足りていない自分は少し悲しい。

IMG_6027.jpg

これは茶花とは言わないだろうけど、小さなヒイラギを飾った。
常緑のヒイラギに枯れた射干玉、色がさみしいのでランブラーローズのヒップを添えて。
このような花は、日記のような、あるいは詠み棄てる歌のようなものだ。
のんちゃんにはどのように聴こえているのかな、と思うことはあれど。

IMG_6029.jpg

小さな香水瓶を飾る。
のんちゃんがガラの中から発掘した三毛庵お気に入りのお宝である。
本当は綺麗に洗えばもっと素敵だとは思うけど、僅かに香るので思いきれないでいる。

IMG_6030.jpg

和硝子と言っていいと思うが、エナメル彩の香水瓶は初見である。
よく民芸で取り上げられる、独逸の美しいエナメル彩の瓶があるが、
三毛庵的にはあれに負けじ劣らず琴線にふれるよな小品だと思う。

IMG_6032.jpg

この愛らしさはやはり日本だろうとおもうのであるが。

IMG_6033.jpg

裏はこのような花が掛かれていて、資生堂っぽい図柄であるが、まだ調べがつかない。
今どきのものは下手すると幼稚なものが可愛いなどと言われるが、
こういうものの幼さ、とうのは幼稚とは少し違うのではないかと思うのであるが。
日本のアンティークの中では、いまのところおおよそ精巧なものが海外で人気を博しているけれど、
KAWAII文化が浸透すれば、このようなうぶな幼いものも海外でも評価されるのではないかと思う。

よくあるのだが、なんとなく気になるのだが、自分の既成の価値観が追い付かないことがある。
あるときそういうものの美しさが腑に落ちるときがあり、それって何なのかな、って思うけれど、
それはやっぱり、自分がどれだけ考えて経験を積んだかに掛かっているのではないかと思う。
それでそういうときに感じる美しさとはなんなのか、っていえば、
何かものを介在して、人の美しいところを垣間見ている気がする。
私の仕事など、世に美しさを問うようなものではないのであるが、善くあらんとして成し遂げたことほど
言わなくとも人に伝わるのが不思議なところである。
だからやっぱり、そのような美しさに気付けるような自分でありたいものである。

遊びにいらしてくださった皆様、本年も大変お世話になりました。
今日の一日も美しい日になりますように、、本年の結びに代えて。

スポンサーサイト



 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2019/11/18.Mon

備忘録とか (プレスガラスキャンディボックス)

IMG_5965.jpg

渋柿を少しだけ、吊るす。
こんなふうに、やりたいことはたくさんあれど、余力がない。
あまり器用とは言えない三毛庵であるので、日々優先度の高いやつからしていくと、
だいたいブログには辿り着けないのである。
ほんとうは、たまにはちょろっと振り返るための記録ぐらいしたいものだけどなー。
でもまぁ、その時その時で一番だいじなことができていればそれが仕合せというものだ。
美味しくご飯をいただく、ここちよい布団で眠る、、全力で暮せた日のご褒美。

IMG_5966.jpg

もっと住処をいい感じにしたい、お掃除もしたいとか思うけれど、
毎日行き倒れて挫折する。
なのでここでも優先順位をつけることにして、、願わくば水廻りを散らかさずに、と。
実をいうとこれはお手洗いの棚なのだけど、水廻りをそれなりに保てば何とはなしに安堵する。
あの、トイレ掃除開運説などそんな神頼みってなんかちゃうやろ、などと思ってしまうのであるが、
せめて水廻りのような汚れるところだけでもなんとかできれば、自己肯定感が増す気がする。

という訳で、のんちゃんがポスターで制作した長谷川りん二郎のタロー様に、
お気に入りの無色のプレスガラスたちを。

IMG_5968.jpg

この二つはまだ載せてなかった気がする。
どちらもありそうでもなかなかない、ツウなお品だと思うのだけど、
(現に左はSさんに譲ってもらったけれど、Sさんも気に入っているようだった。)
ウチのトイレを借りる方々には、この素晴らしさに驚くお方はおられないのである(笑)。
右の四角いのは、先客に値切られてへそを曲げていた主から譲ってもらった、
佳いと思えば素直に褒めることも大切である、うむ。

という訳で、水廻り脱生活臭計画についてであった。

IMG_5962.jpg

今年植えたノコンギク、清澄野紺菊。
ノコンギク「夕映」の鮮やかさも晩秋によいものだけれど、これはいかにも茶花らしい。
小ぶりで淡い花に黒軸で、庭で楚々と咲いている。
ヤマボウシの要らない枝を失敬。
年々秋というものが失われてゆく、その時々、綺麗だなーって思っておかないと。

IMG_5961.jpg

備忘録:
先日は星野画廊さんに藤田龍児展を見にゆく。
(貴重な余力は使うべきところで使わないと。)
いつでも一点ぐらい小品が掛かっていて、星野さんが大切にしている画家なのだとは思っていたが、
過去の自分は、あーきっとまだ私の理解が届いていないのだ、そういう気がしていた。
でもなんとなく、いつか機が熟することがあるような、そういう予感もあったかもしれない。
佳い展覧会だった。(やはり現物を見ないと、ほんとうの良さはわからない。)
半身不随になって絵筆を持ち替えた後の作風は、一見素朴派だけれど、違うと思う。
体の自由を失って、精神の自由を得たというべきか。
(倒れる前の、日本の伝統を踏まえた鬼気迫る作品ももちろん素晴らしかったが。)
精神は自由、周到に練られたであろう巧みに隠された作為、
素直に楽しむこともできるし、いつまでも眺めて考え込むこともできる。
佳い絵について、その画家の生き方を強調するのは精神論のようで好まないけれど
(不染鉄について、やたらと心の磨きようを強調するのには少し違和感がある。)、
でもやはり、絵というものにはどれだけ鍛錬を積んだかとか、
どれだけ描くことに熱意を燃やしたかというような、見えない部分が現れると思う。
絵を見て、そのとき画家が思ったことなど分かろうはずはない、と洲之内徹も書いていた気がするが、
それでも、心が動くということには理由があると思う。
見た人が感じ取れる何かのためには、その何十倍、何百倍ものエネルギーが必要だ。
目に見える部分の下には膨大な根っこがあるのだ。
だから、根っこの中のひとつ、日々画家がどう生きたか、というやつが養分を吸い上げて、
それが絵となって咲いているのを垣間見ることはあるのかもしれないけれど。

私にとって佳い絵というのは、一体どういうものであろう、と折に触れ考えてみるのであるが。。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
絵のこと | Comments(0)
2019/06/08.Sat

水色の季節 (薄瑠璃六角水滴)

昨日の画像に写りこんでいたのを見て、ここに上げていなかったのを思い出す。
薄瑠璃の水滴。

IMG_4776.jpg
(一番長いところ:5㎝)

書をたしなむわけでもないので、水滴は手に入れても眺めるのみである。
お皿や花瓶は辛うじて使うこともあるので言い訳しながら買うのであるが、
結局のところ、好きだったら買うだけのことなのだ。

文房具というもの、道具には違いないが、手元で愛でることから
持ち主のこころのあり様を表すアイテムである。
この水滴ももっとお洒落な人に貰われればよかったのかもしれない、
三毛庵のところでは花瓶の横でちょこんと鎮座するのみだ。
何処のものかは分からない、ちょい古の伊万里系とかそういうものだろうか?
(まぁ専門外の三毛庵がお気軽に入手したものなので・・・
裏を撮り忘れたけれど、無釉でベタ底の一般的なかたち。)

でも小さくて薄瑠璃で、可愛い箱なんかに入れてあげたら佳い感じになるんだけれどな、きっと。
三毛庵宅に来たかったから、この水滴はお買い得になって並んでいたに違いない!(笑)

IMG_4775.jpg

こんなふうに・・ちょろっと釉薬の掛け残しがあったり、、

IMG_4777.jpg

垂れっとしているところがあったり、、
薄瑠璃らしい表情が豊かで、眺めてほっこりする。

IMG_4774.jpg

華やかな薔薇の季節が過ぎて、雨に濡れる水色の季節。
家の中で、掌にそっと薄瑠璃さんを載せて眺めるのである。

(庭部↓)
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2019/03/04.Mon

桃の節句に (京焼釉裏紅の唐子文徳利・和硝子雛徳利・流し雛・一刀彫雛)

今年は桃の節句が日曜日だった♪
(もうずっと・・・ン十年、祝日になるのを待ってるんだけどなー、女子としては!)
ということで、自分で自分をお祝いするのである。

いつものスーパーで、桃の枝を買おうかな、って思ったけれど、
なかなか水揚げのよい枝には出会えないし、一緒に入っている洋花も
色合いはきれいだけど、なんかちがうなーってものが多く、躊躇った。
・・・というか、同じ値段なら「根」のある花を買おうとうする三毛庵である。
いっそ桃の枝を挿し木しようかとも思ったけれど、
無加温では旧暦のころに咲くことを思い出し、「ないな。」

ということで、諦めて野菜売り場へ進んだところ・・・
なんと、おつとめ品売り場に、昨日買った菜花よりもずっと活きのいい菜花が!!

IMG_4046.jpg

ということで、野菜にしては咲き進んだ菜の花を2本、お雛様に進呈。
(水切りしたら、すっかり生き返ったよ!)
やっぱり桃色が欲しいなーと思い、庭で元気に咲いていたおつとめ品のプリムラをカット。
(これも洋花だけど、庭の花はあんまり余所余所しくないから気にならない。)

IMG_4048.jpg

「桃色」というのは桃の花の色のことなので、こんな色だと思うんだけど・・。
ちなみに「ピンク色」っていうのは「撫子(pink)」なのだそうだけど。。

IMG_4053.jpg

うちには桃の節句に似合いそうな、上品な花入というものがなく、
思いついたのは少しだけ昔の京焼徳利
骨董というほどには古くないと思われ、時代にしてはお高かったので躊躇ったけど、
しっとりとした品の佳さについ連れ帰ってしまったもの。
唐子文もすごく上手で、こんなの描ける人がいるんだなーって思った。
染付の色が上品なのだけど、同じぐらいの濃淡で紅い色も挿してあって、
たぶんこれは釉裏紅(辰砂)じゃないかなぁ、って、、
上手に焼くの難しそうだなーとか勝手に思っているんだけど。

IMG_4042.jpg

昨日のお雛様スペースはこのような感じ。

IMG_4044.jpg

この流し雛はおそらく鳥取の民芸品で、今も売られているようで古いものではない。
市をぶらぶらして見つけた戦利品で、売れ残る前にお迎えし、旧暦まで飾るつもり。
簡素だけど、なかなか美しいもので、今もこういうものがあるのかと思うとちょっと嬉しい。
鳥取は用瀬が流し雛の里であり、大好きな梨を買いに行く際に時折通るので、これもご縁である、きっと!

IMG_4043.jpg

いつも飾っている一刀彫のチビ五人囃子のお仲間にチビお雛様が増えました!!
(確か信州のちょびっと高地で、エセ高山病になってゲロゲロになった後、
松本で息を吹き返したときに、手に入れた、、、気付け薬!?)

IMG_4072.jpg

晩ご飯も、自分でご馳走を作る。。
お昼の焼きそばで紅ショウガを食い尽くした後のちらし寿司、
一晩、飼ってから成仏いただいた蛤に三つ葉、
咲いた花を飾った残りの菜花の辛し和え、
ヒレカツに春キャベツ千切り、
塩を切らして失敗しかけた白菜漬け(ちなみに人生初作成。)

いや、ここで言いたかったのは、お寿司を盛った漆器が
喜多方の給食漆器(国産漆も使用)っていうやつということ。
先日秋田で買って、やっとデビュー。(ばたばたして使いたくないからね。)
吸い物椀は浄法寺で、これも国産漆使用。
きっとどれも100%ではないけれど、贅沢な夕餉である。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2019/01/25.Fri

藪柑子の冠を (戦前ぐらいの記念のコップ)

目が覚めていてもなかなか起きることができない残念な日々が続いていたけれど、
今朝はどうやら起きて、出かける前に洗濯したり、できないでいた細々したことをしたり、、。
ふるいもののこと、庭のこと、ちょっとした暮らしのことなど、
たくさん書きたいことがあるんだけどなー、いつもそこまで辿り着けない。

IMG_3966.jpg

冬になると、ジャングルと化していたお庭は嘘のように空っぽになる。
木も枝ぶりやら冬芽やらを見せてくれて、この季節だけは三毛庵も庭の王として彼らを支配する。
領地を歩くと、ヤブコウジが青々と蹲っている。小さな常世。
庭の木のどれかに住み着いていいと言われたら、小さくなってヤブコウジの下なんかいいかもな。
(ヤブコウジはお正月が明けて処分品になったもの、リース仕立てのお正月飾りを
フンパツしたのをばらしたものといろいろだ。)
斑入りのとかも素敵だけど、緑のもよくって、一株は寒さに色づいていた。
こういうそこはかとない紅葉もいいと思うんだけどな。
この株はよく茂って、実もついたので優秀かも♪

家でも見たいなーって思ってちょびっと頂いてくる。
けちい三毛庵は最後に挿して増殖を目論むのであるぞ。

IMG_3967.jpg

このコップを見つけたとき、何かに使いたいなーって思ったのだけど、
このヤブコウジに感動的に似合って満足。
近ごろ誰にも理解されそうにないのに、個人的にはやけにきゅんとする
このようなマリアージュを発見することが多く(笑)、ぼーっと眺め入ったりする。

このコップ、「タケル商会?ヤマトタケルを祀ったのか?」って思ったんだけど、
調べてみると小樽商業高校の同窓会?が「ソンショウカイ」なのだそうで。
(秘密結社めいた?かっちょいいマークは樽商の校章のようです。)

小樽商業は大正初め、100年以上の歴史のある名門校で、
このコップは統制陶器ちっくなので戦前ぐらい、、25周年とかそのぐらい?
卒業記念とかなのかな?
小林多喜二が卒業生なんだ。
去年、統合になっているようで、卒業生は寂しいことと思う。
コップもさみしいだろうから、常緑のヤブコウジの冠はしばらくそのままで。

IMG_3968.jpg

ほら、こんな綺麗なもの、滅多にないと思うんだけどな。

IMG_3969.jpg

椿「月照」が咲いた。
去年もそんなこと言った気がするけど、この椿の端正さは冬が似合うな、春の椿じゃない。
凍れる月。

IMG_3973.jpg

冬のがらんどうのお庭が好きで、これはいただいたドウダンツツジ。
ちいさな木の枝ぶりもやっぱり木で、当たり前だけど、、
ホームセンターで今年はこの気分、って買った(たまには定価で!)ビオラと
ガーデンシクラメンがすごく似合って(これもすっごい主観だけど)、
大切なドウダンツツジの冬景色を益々惚れ惚れと眺めてしまう。
下手に配色とか考えるより、素直にいいと思ったものを並べるのが佳し。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME | Next »