2018/02/03.Sat

鬼は外 (紙刷印判波千鳥文小皿)

IMG_3284.jpg

お疲れの身、プリンをいただく。ゆるゆる。。

毎日まぁなんというか、嫌になることが多く、人様の言動に嫌になったり、
自分のことが嫌になったりなのである。
人様の言動は腹は立つけれど、自分の力でどうなるものでもないので、
言ってみればお天気のようなもの、、静かにやり過ごすだけである。
自分のことが嫌になるのが宜しくない。
意に添わず、自分に嘘をつくと、だんだんとすり減ってくる。
そういうときに、真面目な絵を眺めたり、小さなお皿を眺めたりすると、
こころがおかしいと言うような暮らし方はしたくないと思う。
比べようもないけれど、洲之内徹が戦時中「ポワソニエール」の複製を眺めて
やりきれない諜報活動の日々を持ちこたえたのと同じように、
うつくしいものはひとのたましいを支えてくれる。
うつくしいものをうつくしいと思える日々が続くこと、うつくしいと思える自分であることを
ひそかに祈るのである。
節分の今宵、じぶんの鬼を外に追い出そう。

明日は立春。
寒さは厳しくとも、春なのである。

IMG_3278.jpg

プリンのお皿は先日見つけて小躍りした紙刷り印判である。
これはナイスだ♪
雑器なので釉剥ぎがあったりするが、素朴で和む。
普通、印判は全面に印刷がされているものだが、余白を多くとっているのも粋だ。
ありそうでなかなかない、デザインセンスである。

IMG_3279.jpg

釉剥ぎのぐるりに捺された印判は、なんと波千鳥ではないか♪
この波千鳥は、冬の冷たい波の間に間に飛ぶ千鳥というより、
強くなった日差しで煌めく波間を飛ぶ千鳥と思いたい。
うーん、オトク感満載。

IMG_3280.jpg

高台も小っちゃくてかわゆいであるぞ(使いやすいかは別問題だが)。

IMG_3276.jpg

という訳で、ツボなあまりセット買いです(笑)。
並べると、ごつごつした質感もよい感じ♪
あー誰か、このありそうでない魅惑の印判をほめてあげてくださいな。
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/11/19.Sun

鬱の間に間に (南京赤絵菊文小皿)

寒さのせいか、2週間前に干した柿がいい感じになったので、
小さめのふたつを下ろしてみた。

IMG_3048.jpg

あまり柿を食さないと言い乍ら、自分たちで採って干したものは佳いな。
売られている立派なものより、なんだか見ていて惚れ惚れするのであった。
さてさて、早速に試食をば、、(渋かったらびっくりですからね!)

IMG_3054.jpg

ひとつを、種を抜いてちょびっとずつの輪切りにした。
大丈夫!ちゃんと甘い♪自然の甘味。
のんちゃんはもうちょっと甘くなるのではとおっしゃるのだが、どうかなー。

IMG_3050.jpg

赤絵の小皿は菊の花がほわっとしているのがお気に入りである。
そこそこ古そうだけど何かなー、と思っていたが、
親しい業者さんに聞くと南京赤絵ではないかとのことであった。

IMG_3051.jpg

直径が9cmほどで深さもあるので、盃にもできるというのが
ちょこっとおトクな感じである。

IMG_3053.jpg

今日も寝逃げするほかないほど気分が凹みっぱなしであったが、
自分で作った干し柿を食べてみて、すこしばかりほっとした一日。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/11/18.Sat

憂鬱というやつ (伊万里染付丸文小皿)

憂鬱な日。
背中の痛みが堪えるので薬を飲んでみたのであるが、
日毎に憂鬱になってきて、あーもう副作用が勝ってしまうな、とあきらめた。
痛いのも困るけど、訳もなく憂鬱なのも辛い。
なかなか都合よくはいかないものだ。
おやつを食べる、とかブログを書く、というような小っちゃい愉しみも
憂鬱というやつは台無しにしてくれる、厄介なやつだ。

IMG_3016.jpg

この間、いただいたお菓子をちょこまかとお皿に載せて愉しんだ。

IMG_3018.jpg

ちょこまかなので、食べ終わったらちょこまかした丸文が出る仕掛け。
いつもはこんなことでまんぞくだというのに。。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/11/07.Tue

門出に (蒔絵桔梗に薄文・松に千鳥文菓子皿)

週末は、栗きんとんをお買い上げ♪
なぜって塗りの菓子皿がやってきたから!

IMG_2972.jpg

旅に出る・・・お土産はふるもの!半端のお皿が4枚。

IMG_2973.jpg

松に千鳥が3枚、

IMG_2975.jpg

桔梗に薄が1枚。

IMG_2990.jpg

IMG_2986.jpg

塗りはもう透けてくるほど古びて質素ななりだけど、
金銀に青貝、昔の栄華が偲ばれる。
もしかすると野弁当のお皿だったのかな?

IMG_2956.jpg

申し訳ないよな値札であったのに、
「高山の和紙やで」そういって綺麗な和紙に包んでくれた。
お皿の門出を祝ってくれた。

さて、気づけば初冬である。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(2)
2017/09/09.Sat

朝露とパン (伊万里色絵菊文小皿)

重陽、西の空に白んだ月。
朝露でも集めて飲もうかと思うほど早く目覚める。
これはずーっとお世話になっている薬の副作用のような気もしているが、
結局のところこれがいちばん合うようである。
ほんとうに少ない量の処方で、飲まなくてもあんまり
変わらないんじゃないかななどと思うこともあった。
先日、台風の影響があまりに酷くて、すこし処方を変えたところ
起き上れないほどの副作用を呈してびっくりした。
ずいぶん久しぶりに(おそらく2年ぐらい?)気分的にも鬱状態になって、
よくもこのような酷い時間を6年も過ごしたものだとさらにびっくりした。
経験者の自分でも健康な時は、鬱が当人にとってどれほど深刻なものか、
実感としてはなかなか得ることができないらしい。

IMG_2869.jpg

ホームベーカリーにセットしたパンが焼けるのを待ちながら、
机の上のお皿を眺める。
重陽の節句にぴったりな、菊の文様である。
たまに見かけるような文様ではあるのだが、昔の人は
どうして菊の花を後ろ向きに(額のほうから)描こうと思ったのだろう。

IMG_2870.jpg
(径11cm)

少し計り発色がくすんでいるけれど、それが却って
いつの間にか夏が去ったこの季節にあっている様な気がする。

新しいお家に入ってもうじき一年になる。
ふるいものたちのお蔭で、余所余所しい新居に越した、
というような違和感もなく暮らしている。
すこし変わったのかな、と思うのは三毛庵とお皿の関係性である。
良い意味で前ほどにはお皿に依存しなくなったように思う。
依存とは何かといえば、お皿があってようやく自分が成り立っていたような、
そういう危ういバランスを保っていたことだ。
今は、すこしずつ自分らしく暮らしが整って、お皿は過大な役割を
要求されることもなく、落ち着いた様子でその中に溶け込んでいる。

IMG_2868.jpg
(先日、赤福餅をお土産にいただいたので、さっそく食する。)

さて、そうこうしているうちに、朝ごパンが焼けた。
あれからミックス粉でパン・ド・ミを作って満足し、
満を持して週末、国産小麦粉でのパン焼きである。

IMG_2871.jpg

お、満足できるほどには膨らんでいる。
(国産小麦粉だと膨らみが少し足りなくなるらしいが、それほどでもない。)

IMG_2872.jpg

ひゃー自家製とは思えないほど旨そうであるぞ!
小麦粉は北海道産の「春よ来い」を使ってみた♪
だいたい一斤分に100円ぐらいかな、バターなどのその他材料や
電気代を入れると、市販の食パンよりは多少割高かもしれないけれど、
ちゃんとした材料の、美味しいパン!!
お皿以外のものにはそうそう投資をしない三毛庵であるが、
これはいいなぁ、家電って優秀だなぁ♪

ということで、美味しい珈琲を淹れて、ブルーベリーもちょびっと摘んで、
贅沢な朝食をいただいたのであった。
(ブルーベリー「パウダーブルー」はまだちょびちょび採れていて
粒はそれほど大きくはないが甘くて食味もよく、おススメ品種である。)
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME | Next »