2017/03/28.Tue

不染鉄展覧会の予定など (染付山水文小皿)

このひと月ほどのあいだに、期せずして軸を二本手に入れた。
この画家の、こういうものがあったらなぁ、、手の届くところで・・・、とは
夢見たものであったが。(夢を見るのは自由ですからね。)
まぁ、手が届くのであるからして、小品だったり若書きだったりするのだが、
「手が届く」ものを買ったのではなく、「これがいい」と思うものを買ったのである。
それって倖せなことではないだろうか。

どちらも大正ごろの山水である。
大半の山水に三毛庵は興味を持てないが、でも山水は好きなのである。
一本には山桜と思しき木も描かれていて、この季節に嬉しいものである。
大半の桜とか富士山の画は、ニガテなのだけれど・・・。
なんというか・・・売る気満々だったりするのはね。

そういえば、「絵は見るものではなく買うものだ」と思うに至ったきっかけである、
不染鉄の展覧会がようやく今年開催されることになった。
(不染鉄も富士山を描いた画家であったが、惚れ惚れとする富士山である。)
「売る気満々の絵が嫌」で、「絵は見るものではなく買うものだ」というのは
矛盾のようだが、身銭を切って見る価値のあるものを見たいということだ。

不染鉄、ずっと待ち望んでいたので、楽しみである。
◆没後40年 幻の画家 不染鉄展◆
平成29(2017)年7月1日(土)~8月27日(日) 東京ステーションギャラリー
平成29(2017)年9月9日(土)~11月5日(日) 奈良県立美術館

IMG_2178.jpg

こんな可愛いお家とか・・・

IMG_2179.jpg

青くそびえる遠山とか・・・

IMG_2176.jpg

描いた人の憧憬の世界を眺めるのは愉しいのである、山水万歳♪

IMG_2177.jpg
(径9.5cm)

このお皿は、こういうのんどっかで見た気がするけれど、
何処のものかが分からない。
分からない、ということで結果的にオマケにて頂戴した。
でもなんか、本体よりもオマケのほうが嬉しい三毛庵である。

山水でも、職業的にさささっと描かれたお皿もあるし、
これなどはじっくり、自分の憧れの世界を描いているようで、しみじみとする。
絵もお皿も、有名無名に関わらずこころ打たれるものってあるものだ。
(そのような不染鉄も、一度は忘れられた画家であったのだ。)

(↓無駄に多い庭の記録)
>>続きを読む
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
絵のこと | Comments(0)
2017/03/26.Sun

リシュリュー卿のことなど (長沼焼染付紙刷印判小皿)

この春は朝夕の冷え込みが厳しくて、そろそろ桜も咲くころだという実感がまだ湧かない。
それでも、水仙の蕾が膨らんだり、庭木の芽が綻んだりと、
日々何がしかの変化がある。
薔薇の芽も大分動いたなぁ、と眺めていてびっくりした。

IMG_2161.jpg

既に蕾が!!
去年初冬に植え付けてすぐ、芽が動いてしまったのだけれど、
ネットで調べると根が張ることが重要なのでそれでもよいそうで、
春に伸びた芽を切り戻すなり、そのまま伸ばすなり、
選択肢はいくつかあるようだった。
この苗は一季咲のオールドローズであったので、
切り戻す必要はないかなと思っていたら、いきなりの蕾なのであった。
カーディナル・ド・リシュリュー、造成地に不満も垂れず、賢いヤツである。

IMG_2171.jpg

のんちゃんが紅いチロリアンデージーをいいなというので、買ってみた。
ついでに深紅のガーデンシクラメンの売れ残り処分品も・・・。
(そろそろシクラメンなど終わりなので買うのは間違いのような気もするが、
毎日寒いので、つい冬場の続きで手を出してしまった。)
紅い花は庭では使い方が難しいので、あんまり買うことはない。
庭の真ん中ではやっぱりちょうど合いそうなところがなかったので、
通路の目を引くところにまとめて植えた。
春ならばパステルカラーの花にすれば良さそうなものだけれど(笑)。

得意の処分品ではなかったけれど、一つ売れ残っていた都忘れ。

IMG_2172.jpg

ほんとうは苗から育てて花が咲く、ていうのがお好みであるが、
全開の開花株である。
植えてみてもかなーり取って付けた感じであるが、致し方ない。
清楚な青紫色が画像ではうまく映らない。
花の色も葉っぱの澄んだ緑色も、それから草姿も控えめで、
まぁ日本人はみんなこんなん好きやろな、とは思うけれど、
御多分に漏れず三毛庵も好きなのである、都忘れ。
勿忘草も水色で可愛い花だが、どうせ忘れるなら都忘れがお好み。

都忘れは簡単に宿根しそうなのに、三毛庵は上手く殖やせない。
庭中都忘れを咲かせてみたいものであるが。
何処に植えようかとうろうろして、やっぱりこういう野趣のあるものは
クロモジの近くにしよう、と思った。
人気の?クロモジ様の近辺は、ますます密集してきているような。。

週末は催事があってぶらぶらしてきた。
好きなものでよいものが買えたりして悪くはなかったと思う。
よくは分からないものもすこし買った。
よいものを手許に置こうと思ったらそんなん無駄足だな、とは思うけれど、
分からなければ買ってみて「知りたい」というのもあって、、
そのくせ、何が知りたいのかあんまり自分で分かっちゃないけれど。。

少し前に、東京土産にいただいたお皿である、長沼焼?

IMG_2174.jpg

下手なものでもあり、決してお高いものではないのだけれど、
石のような質感など悪くないと思うけれどな。
「誰が見てもいい」ようなものに食傷気味の時には、
こういうものにほっとしたりする。
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
庭仕事 | Comments(0)
2016/11/19.Sat

はちみつ (九谷青手菊文小皿)

IMG_1641.jpg

甘酒(酒粕のではなく、米と米麹のん)を飲みながら。。
いつもの気象病だろうと高を括っていたら、今月は大変に体調を崩した。
生き物とは言えぬほど?血圧が低かったようで、冬眠並みのダウン。
もしかして再発をやらかしたのか?と焦ったのだが、
薬を調整してもらったり、いろんな気休めをしたりで
ちょっと復旧したところである。
三毛庵、ごはんもおかずもしっかり食べる人なのだが、燃費が悪いのか
吸収率が低いようで、「とにかくいっぱい栄養を取るように」と言われる。
そういえば、時間がないと間食しないし、お砂糖は好きじゃないので
甘いものが足りないのかな、、とか思う。
とはいえ不味いものはやだなぁ、とはちみつとか甘酒とかを買い込んできた。
はちみつは、鬱からの回復期に猛然と食べたくなった記憶があるので、
きっと滋養があるのだと思う。
トーストにトッピングしたり、ヨーグルトに紅茶にととにかく補給。
あと今期待を寄せているのは高麗人参茶である。
飲みやすい顆粒のタイプがあるのだが、飲んで寝ると血行が良くなる気がする。
サプリだなんだというのはあまり得意ではないのだが、これはなんとなく飲める。

そんなこんなでふるもの買いもそんなにはしていないけれども、
ふと何か見たくなったりして、ごそごそする。
上のはちみつみたいにあわあわした図は九谷をマクロ撮影。
キラキラの九谷って眺めているとき、自分自身はこんなマクロっぽく
まじまじと見つめている様な気がする。

IMG_1639.jpg

菊にしてはポップだが、再興とまではいかなくとも
そこそこには古いような気がする。
でもこのへんになると、どこの窯とかわからないよなぁ。。

IMG_1643.jpg
(径9cm)

三寸の可愛い小皿である。

IMG_1642.jpg

また、無駄に沢山あるのだけれど、ヨワっているときに
九谷の元気な色絵をぱらぱらと侍らせておくと、ちょっと血行が良くなる気が(笑)

IMG_1644.jpg

裏はこんな感じで、明治ぐらいあったりするのかなぁ、とか思う。

<庭の記録>↓
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2016/10/04.Tue

再会 (初期伊万里山水文角小皿)

ここ数日、些細なことでちょっとテンパっていたのだけれど、
もうちょっと落ち着かないとね、と思い直すことにした。

秋になったからか久しぶりに紅茶が飲みたくなる。
とっておきのやつを取り出して淹れ、ひと口、、ようやくほっとする。

だいぶん片付けは進み、その間ふるものたちの物量に
圧倒されまくる三毛庵であったが、それでもひとつひとつ
眺めてはうれしくなるのであるから、我ながら感心する次第である。
片付け前に手に入れて、ろくに眺めないまま仕舞ったものもあり、
久しぶりの再会にこころ弾む。

IMG_1525.jpg

これはね、なんだろうな、って当時分からなかった。
だけど手許にあったらうれしいだろうな、って思ったもの。
(それから1年足らず、顔を見ることができなかったのだが。。)

IMG_1522.jpg

これも初期伊万里なのだそうで、、、あんまり見かけないけれど。
なんというか、王道から外れているように思うけれど、
でも三毛庵はなんだか好きなのである。
なんなら初期伊万里じゃなくても別にいいやと思っているぐらいだ。

初期伊万里って魅力的な分野だと思うけれど、
これまで直球ど真ん中!みたいな出会いはそんなになかった。
(きっと運とか財力とかいろいろの関係だろう。)
でも、これはあるだけで満ち足りるんだなぁ。。
何がツボなのか、と問われても返答に窮するが。

IMG_1524.jpg
(8.7 × 10cm)

再会してもやっぱりこころが躍る、お皿の秋である。

ウラもある意味ゴージャス♪

 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2016/10/01.Sat

こけら落とし (江戸型ガラス小皿)

しっかり寝て、日中はお片付けに邁進したい三毛庵であるのだが、
途中で目が覚めてしまった。。
季節の変わり目は、意識を失うほど眠い日があったり、たまにこんな日もあったりする。
気づけば今年も3/4が過ぎ、年度も下期に入った10月は1日である。

今月は、庭という名の空きスペースにちょこっと木を植える予定である。
今は殺風景でなんの季節感もないから、いくらかでも木が植わるのが楽しみだ。
家の中はどうなることかと思ったが、前の家で使っていた家具を置いたら、
新築の余所余所しい感じが薄れて、三毛庵的には居心地がよい。
そういえば、引っ越し直後にやってきた宅配便、
何かと思っていたらのんちゃんが取り出したのは版画、さっそく壁に掛けられた。
あれほど壁面妄想が激しかった三毛庵であるが、
絵のスペースのこけら落としはのんちゃんに先を越されてしまったのである。
だけど、お片付け中も1枚絵が掛かっていると、
自分のうちにいる、という感じがしてよいなぁ♪

さて、そんなこんなの中でもふるもの漁りはしているのである。
そろそろ硝子のシーズンも終わろうかというのに、
先日は結果的に硝子ばかりを連れ帰ってきた。

IMG_1519.jpg

久しぶりに、持ち重りのする江戸の型ガラスも。
明治大正のソーダ硝子のプレスも軽やかでいいけれど、
とろんとした鉛ガラスは「別腹」である。

IMG_1520.jpg

季節の変わり目に見る硝子って好きだけどなぁ。。
去ってしまった夏も、硝子も、儚くてキラキラしている。
(暑かった仮暮らしも、もう思い出へと変わっていっている。)

IMG_1521.jpg

このような硝子にも、そんな時間が無数に流れてきたのだなぁ、
と思うだけでも「もの」が切ない、三毛庵なのである。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(2)
 | HOME | Next »