FC2ブログ
2018/08/22.Wed

夏の終わり (魚釣り少年のブロンズ像)

いつの間にか、5時に起きても夜は明けきっていない。
急に大陸の冷たく乾いた風が入って、久しぶりに暑いお茶をすすったかと思えば、
今朝はまた、台風のせいなのか暑さが戻っている。

北海道では、お盆のころには秋風が吹き始める。
夏が短く冬は長いので、学校の休みはどちらも25日間、
高校野球の決勝の頃にはもう学校が始まっているのだ。
子供のころの、切ない季節であった。

三毛庵、他所様のお子さんを可愛いと思うほど子供好きではないのであるが、
人格としての子供には敬意を払いたいとは思っている。
なので、見るからに可愛い子供の図、みたいのはあんまり信用していない。
だって、子供ってそんな薄っぺらじゃないでしょう。。
(確かに、どきっとさせられるほど可愛らしい瞬間はあるが。)

IMG_3741.jpg
(34cmぐらい)

だけど、これを見たときは、欲しくなっちゃったのねー。
なので聞いてみると、作者が分からないという。
でも仕入れに結構かかったとの由、そこそこのお値段がした。

IMG_3742.jpg

この少年のお顔は、大人が描くステレオタイプの子供の可愛らしさとは少し違う。
雑事にまみれて忘れて了う大人もいる、色鮮やかで深遠な世界を知っている賢い顔だ。

IMG_3743.jpg

子供もひとりの人格である、そう思うと猫可愛がりはよくないけれど、
これを見て、子供ってやっぱり可愛いなぁ・・・と思ってしまった。
この少年の左足、膝小僧の下のちょっとくぼんでいるところ、
ふっくらとした足の甲に足首に入った線・・・身体的にはとても幼くて、
子供は守るべき存在なのだ、って自然に思う。
これを作った大人は、きっと子供を尊重し、守ることのできた大人なのだろう。

IMG_3744.jpg

ちょっと見上げてみると、さっきまでの大人びた表情が一変して、幼くなる。
こういうところ、彫刻って佳いね。

ブロンズにも目が留まるようになったのは、小さいのを庭に置いたら愉しいかな、
などという野望を抱いたからであるが、ネットオークションで買いそびれたのは
きっとしんから欲しかった訳ではなかったのだろう。
結局うさぎシステム@でお茶を濁し、マサル@を庭守りに置いたので、
ブロンズ像のことは半ば忘れていた。
そんなフラットなときにこそ、ほんとうに欲しいものって現れるものだ。
だけど買ったことがないものって、ほんとうに欲しいかが分からなくなったり、
そういうときほど「買っとけばいいや」というようなお値段ではなかったりで、
重要な判断を迫られることになる(笑)。
この度は買う勇気を持ててよかったことである。
いままであまりピンときていなかったブロンズのよさが少しわかった気がするし、
何よりこの少年がとても好きだ。

IMG_3732.jpg

外のうさぎシステムのところに置いてみた。
サイズ感はほどよいのであるが、うさぎシステムは庭の通路にあるので
場所が狭いせいか見下ろす感じになってしまいイマイチ勿体ない感じがする。

IMG_3734.jpg

なので引きで見られる場所に置いてみた。(とりあえず直置き。)
可愛いけど・・・なんか庭にちっさいおじさんが出現したみたいだ。。

お庭にほんものを置くのは悪くないけど、当面はお家で楽しもう。

因みにネットで魚釣り少年のブロンズを探すと、野外に設置されたものが数件出てくる。
なんかお決まりのモチーフなのかな?
これに銘がないのは、そういうもののための習作なのかとも思ったけれど、、。

<庭の記録>
タマアジサイのまんまるの蕾にはかねてより興味があったが、
開花が花の少ない真夏であると知って、楽しみに植えておいた。
葉っぱがとても美味しいらしく、毛虫にばりばり食われたのは衝撃であったが、
毛虫のシーズンが終わってどうにか持ち直して安堵した。

IMG_3730.jpg

文字通り玉のような蕾が割れ始める。

IMG_3738.jpg

半テマリタマアジサイ、という名で売られていたもので、
装飾花と両性花の色の混じり具合が涼しげなのが気に入って二株植えた。

IMG_3748.jpg

今は咲き進んでこんな風にほわっとしている。
葉っぱが結構デカいので、ヤマアジサイよりさらに草っぽい感じであるが、
うちはそもそも草っぽい庭なので、けっこう気に入っている。

IMG_3752.jpg

きっと同じ個体の挿し芽なのだと思うのであるが、
もう一株は7月の下旬には咲き始めて、いまはもう緑化している。
植え場所の日照の加減なのかな?

IMG_3746.jpg

近所のホームセンターからセールの案内が来て、生活用品を買い足す。
10%引きという真夏の園芸コーナーにはそんなに商品はないのであるが、
サギ草「銀河」(斑入りの葉っぱの品種)があって、涼しげだったので買ってみた。
(植えっぱなしガーデナーなので、来年も咲かせる自信はあまりないのだが。)
切り戻したアジサイが捨て値であったので、つい一鉢買ってしまった。。
(捨て値からの10%引きという鬼の攻撃)
最近西洋アジサイは品種改良が素晴らしく、興味をそそるものはいっぱいあるのだが、
いっぱい植えたい三毛庵庭では場所を食うのと、ちょっと豪華すぎることが多いので
控えていたんだけれど・・・一体どこに植えればいいんだ!?
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME |