2017/10/07.Sat

「一汁一菜でよいという提案」(土井善晴著)

少し計り、緊張を強いられていた仕事が山を越え、
疲れが出た昨夜は、残り物のおかずを摘んで済ませた。
ゆっくり寝て回復を、と思ったけれど疲れすぎていたのか目が覚める。

IMG_2910.jpg

思い立って夜中というのにごそごそと薄めのお味噌汁を作る。
残っていた茄子を切り、玉子を落とし、青ネギを散らす。
出汁に使った小さめに切った昆布と煮干しもそのままいただく。
お味噌と出汁の滋養が染み渡る心地。
お椀は山中温泉で旅の記念に買った山中塗。
溜塗にのんちゃんのは黒、三毛庵のは朱の見込みである。

IMG_2911.jpg

先日の片づけで久しぶりにご対面の徳利
瀬戸として買ったものだが、京焼の茶筌徳利にも似ている。
(ほんとうはもう少し黄味のある色なのだが、上手く撮れない。)

IMG_2912.jpg

雀が描いてあるところがお気に入りだが・・・

IMG_2913.jpg

案山子と鳴子が表にはあって、実りの季節のものであることが分かる。
この時期、里のほうへドライブに行くと
文字通り黄金色の田んぼが拡がり、豊かでありがたい気持ちになる。
三毛庵の仕事が果たして世のためになっているかは知らねども、
世の仕事が回りまわってお米の収穫に繋がっていることを望む。

IMG_2914.jpg

決して読書家とはいえない三毛庵であるが、近ごろ読んだ
料理家の土井善晴さんの「一汁一菜でよい提案」という本、
これがとてもこころに沁みた。
(手に取って触れた感じ、目に映る色や質感も美しい本だ。)
派手ではないけれど質の良い器に盛られたふだんの食事の写真、
お膳を整えるお盆なんかの写真があって、
いやしい三毛庵は「ふだんの食事の料理本かな?」と思ったのであるが。

巷にはハウツーものの本があふれていて、いやそれ以外にも
暮らしを整えることの本もあふれていて、
忙しい今の時代の人は、これではいけない、
そう思うことがいかに多いのだろうかと想像させられるのであるが、
そういう人たちの善くあろうとして却ってそれがストレスとなっている事実に、
この本は小さな提案をし、何も無理をする必要はないのだと言っている。
一膳の御飯と一杯のお味噌汁に香の物でよいのだと、
おいしくできる日もあればそうでない日もあって、それでよいのだと。
ハウツーものはあまり得意ではなく、暮らしの本を眺めるのは好きだけれど、
こういうものを使ったらよかった、あるいはものを減らせばここちよい、
というような情報にあまりに踊らされるのも楽しくない三毛庵であるが、
この本はそういうものではない。
土井さんという方は、食べるということを通して、生き方そのものを
常に問い続けている方なのだと思う。
この本には文化というのはどういうことかが易しく書かれている。
あるいは生きるための哲学である。
あるいは信仰にも似たものである。
どうも力不足でこの感銘をお伝えすることができないのであるが、
ちょっと色々のことに自信がなくなったり、
善く生きようとしていろんな強迫観念がついて回って不安になったり、
そういう人はこの本にほっとし、励まされるのではないかと思う。
まぁでも、人それぞれ本にも出会いがあるから、
ほかの人が今この本を必要としているかといえばわからない。
ただ三毛庵は、時折この本のページをめくって、
ところどころを読むだけで、今日も無事に過ごせたことをありがたく思い、
明日も善き日となることを祈るのである。
自分のため、人のためにケの食事を日々作ること、
普通の人にとって、それが生きることであり、祈ることなのだ。

・・・因みにキッチンにオールドのバルーチを敷いちゃった三毛庵は、
自分にとって「食事を作る」という大切な場だから
美しいバルーチを敷いて良かったな、この本を読んで、そう思ったのであった。
(もちろん時折洋服用のブラシでブラッシングして、大切にしている。)
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2016/06/10.Fri

水辺の涼 (染付網手文面取徳利)

IMG_1232.jpg

実際のところ、大きめの盃なら一杯でお終い、というような寝酒であるので、
徳利はなくとも用は足りる。

でも何というのかな、、これもアテの一つみたいなものなのだ。
洗いものを増やしてでも、お気に入りアイテムを並べたい三毛庵なのである。

IMG_1234.jpg

盆上がちょこっとニギヤカになれば嬉しい、
例えばご飯時の飯茶碗のような、華を添える存在であればそれでよい。

だんだんと気温が上がってきて、ムシムシするような日も出てきたこの頃、
こんな水辺を想う文様など、アテにぴったりではないでせうか♪
(それに夏場の磁器は、扱い良い。)

IMG_1237.jpg

網手の染付と言えば、伸びやかな初期伊万里とか、
中期古伊万里の上手ものとかいろいろあるのだろうケド・・・
こちらの網は結構ざっくり(笑)。

IMG_1236.jpg

でも迷いのない仕事ぶり、それは轆轤の仕事も同様で、
今出来のフニャフニャのものよりかはずっとオトク感があると三毛庵は信じる。
(轆轤でひいて、どうするものか、叩いて九面に面取りしている。)

IMG_1245.jpg

まぁ、褒めたところでその程度のことではあるが、
こういうめっけもんをした日というのは、その日一日うれしいもので、
骨董というのは高くても安くても、時代があってもそれほどでなくても、
つまるところ主観の世界だな、と思うものである。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2016/05/29.Sun

冷酒のころ (吹きガラス徳利)

IMG_1215.jpg

テキトーに撮ったのでは良さが伝わらないのは重々承知なのであるが、、
ふるい吹き硝子の徳利である。
薄くて細かな気泡やうねりがあって、実物は見ているだけでうっとりである。
でも見ているだけではない、是非とも冷酒に♪と連れ帰ったのだ。
これからの季節、さぞかし冷酒がおいしかろう。

盃も繊細な硝子を合わせてもよいのだが、
あぁ、きっとこれとあれはよい筈だ♪と密かにときめいたのは・・・

IMG_1216.jpg

じゃじゃーん、昨日の白磁の盃@とのコラボレーション。
三毛庵的にはとってもくすぐられる組み合わせなのであるが、
こういうのって個人的なことだから、どこかどうというのは説明できない。
でも、並べているといたく満ち足りた気分になる。

IMG_1224.jpg
徳利の高さ:約10cm)

という訳で、昨夜は盃の飲み心地をさっそくに確認。
小さめサイズの盃も、品よくいただくのには丁度良い気がする。

ちょびっとだけよそゆきの服をきたような、
ほどほどのお洒落感にゴキゲンなる三毛庵であった。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2016/02/15.Mon

在るもの (琉球壺屋徳利)

さて、昨日のグレイの徳利、沖縄で求めた。
19世紀の湧田とのことであった。(正確には壺屋というべきか。)
200ccほどの容量で、持ち重りもちょうどよく、使い手がよいかと思ったけれど、
琉球のものについてさほど知識もなかったので、
どうしようと迷いながらの購入。
でも連れ帰ってみて、得難いものであったなぁ・・・とうれしくなった。
特段の景色があるとかそういうものではないけれど、
何気なくふだんの暮らしで使うのに、こうあってほしいというようななりで、
お盆や机の上で静かに「在る」徳利である。

IMG_0099_20160214160345d55.jpg

土ものだけれどどこか洋の雰囲気があって、むしろ繊細な盃を使ってみたい。
こんな風に、しっとりと優美な九谷の赤絵などでも美味しくいただけそう。
(お人形の赤絵と九谷の赤絵が佳い感じ♪)
この盃@を手に入れたとき、音楽のイメージが湧いたけれども、
こうやって組み合わせてみても、やっぱりそういう気がする。

IMG_0100_201602141603472e1.jpg

徳利にリキュール杯っていうのはずいぶん約束通りではないけれど、
硝子の脚付の杯、それも小奇麗な洋もの、というのもいいかも、と試してみた。
ナデ肩の徳利、なかなか美味しい冷酒であった。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2015/10/27.Tue

ご参考まで (三田赤絵徳利と盃)

台風も発生していないのに、何故かお疲れの果てにいる三毛庵、
完全にバッテリー切れである。
で、致し方なくまたもごろごろすることに。。
あぁ、いつもに増してネタもなく書いている。

IMG_0154.jpg

お湯を沸かしている図なので、これはやっぱり煎茶碗だろうか。
のんちゃんが参考に、と求めた、「三田の赤絵」だそうである。
少し前に九谷焼美術館で再興九谷と三田の交流についての展示があったが、
こういうものを見るとなるほどと思う。

IMG_0155.jpg
(径6.8cm)

白磁の上がりがよいので新しく見えるが、煎茶趣味の流行とか、
再興九谷との関係など考えると明治はあるかなと思うのだけれど。
(筆致から、いやもっと幕末?とか思ってみたり。)
参考品として愉しく、盃にできるなぁ・・・と思っていたところ、

IMG_0156.jpg

こんなものを見つけた。

IMG_0153.jpg
(高さ16cm)

こちらのほうが三田の磁器っぽく青みがある上がりだ。

IMG_0152.jpg

九谷とは描きっぷりが異なるが、なかなか表情のある絵付けである。
煎茶碗の描き手と同じように思われる。
なので煎茶碗が三田なら、これもそうだろうと思うのだが、
売る方は素性が分からないとのことで、
使いでのある袋物にしてはわりにお買い得であった。
二合ほど入りそうなので、世間ではホドホドの大きさの徳利であり、
もうちょっと出世させてあげてもよいのではなかろうか。。
(ちなみに三毛庵とのんちゃんの酒量では少々デカすぎるのであるが。)
関西人なら関西の窯の徳利と盃で一杯、というのもイカしてはいまいか。
(白丹波のようなアジはないが、磁器は洗い易くて便利だし!)
酔っぱらいながら、お肴に九谷と三田の赤絵を眺めやる、
っていう図も赤絵ファンなら愉しいのではなかろうか。

などとまぁ、いろいろ言っても大したことではないのだけれど、
でも、こういうものもあるんだね、っていうのをちょびっと言ってみたかったん♪


 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME | Next »