FC2ブログ
2020/07/11.Sat

初蝉 (美濃椿手徳利)

IMG_6833.jpg

降り止まない豪雨、梅雨明け間近であろうけど、不安が続く。
ひととき雨が収まって庭に出てみると初蝉の声。
晴天に聞くと暑さ倍増の蝉の声であるが、もうすぐ明ける、今はそう聞こえる。
処分品をノコンギクの隙間に植えた女郎花が咲いていた。
季節はこれから盛夏であるが、夏至も過ぎて昼は少しずつ短くなり、
七草も咲き始めて、密かに秋へと向かう気配さえする。

IMG_6840.jpg

ほんとうは、秋も深まった頃に一杯、、と取り出すつもりでいたけれど、
これには矢張り椿かな、椿手だけに!と眺めているうち、
夏に花を入れるとどうなるのかな、と急に気になりだす。
フツーこれに夏の花は入れんのやろーけど、ドシロートだからなんでもやるのだ。
花の少ない時期、というのもあるけれど、ヤマアジサイの咲きガラが気になって、
結構お似合いかな、、とふと思った。
三毛庵的にはけっこう気に入っているんだけど、普通に見たら
夏なのに名残の花みたいで、まぁ違うんだろうな。

IMG_6837.jpg

これは『七変化』の咲きガラで、咲きガラになっても『藍姫』と見分けがつかないのであるが、
世にいう「秋色アジサイ」を通り越した、寂びた花。

IMG_6839.jpg

間近で見るとこんな具合。。

IMG_6838.jpg

徳利は裏もよい景色、久尻窯江戸後期の手とのことである。
後期の美濃の窯についてはあまり分からないけれど、こんなんいいな。
徳利のふっくらさ加減や、手取りの良さ、今このセンスを超えるのは難しいぞ。
しばらく楽しんで、と思ったのもつかの間、早々にパチリ。

だけど矢張り、、これは一人入れる花、人と会う日の花じゃないと思う。

スポンサーサイト



 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2020/01/13.Mon

大寒迄 (日本寒咲水仙八重)

このあいだ、日本水仙のことを考えてお花が見たくなり、ホームセンターへ行った。
芽出し球根が売られていて、大好きな水仙、フェブラリーゴールドとタリアを発見、
追加で植えることにする。
フェブラリーゴールドは、早い年はその名の通り2月に咲く金なのである。
タリアはといえば4月に近く咲き、エイプリルシルバーとでも言いたい白。
あーそいうえば、ラファエル前派、ヒューズの「四月の恋」というロマンティックな絵があったけれど、
タリアにはあのような気配が漂っている。
小鳥の春の2月には黄色い小さなラッパ水仙が似合うけれど、
4月に近くなれば、雫咲の白の水仙に限るのだ。
そうして、今のこの寒の時期はやっぱり日本寒咲!!
あのスッとした香りは寒さに似合う。

見ると日本水仙の開花ポットも売られている。
さすがに今年は買い増しはな、、と思ってみると、あれ?なんか違うのが、、

IMG_6054.jpg

一株だけ、八重咲が混じってました♪
はじめはラベル違いかとも思ったのだけれど、八重という以外は
あのスッとした香りも、草姿も日本寒咲なのである。
調べると、八重咲もあるみたい。
ひゃっほー♪と連れ帰る。

冬の庭仕事をようやっと開始、枯れ草の庭を惜しみながら整理してゆく。
買ってきた水仙のポットも植えたのであるが、
八重の水仙にはしっかり太ってもらいたいので、惜しみつつ花芽を一本カット。
八重って茶花には向かないし、洋花っぽく飾るほうがよいのだろうけど、
でもやっぱり和室に飾ってみたいなー。

IMG_6051.jpg

整理したツワブキの葉っぱの残骸といれてみた(水仙の葉は球根のために温存)ものの、、
難しいなー、「八重咲見つけたひゃっほー」的なヨロコビには程遠い。。
さすがに一重切というのが冒涜過ぎるのか、、と

IMG_6059.jpg

鶴首がないので徳利などに入れてみたりもしたが、
大切な八重咲さんを生かすのはむつかしい、、
花が重くて俯くから、掛け花がいいのかな?
いつかいい感じに入れてみたいなー。

IMG_6066.jpg

でもまぁ、花が可愛いから、ちょびっと可愛いかな?

とまぁ、なんだか年明けから延々と、生きるに必要なさげな水仙について書くわけだけれど、
そういうことが生きるに必要という少数派も世にはいるであろうから、
そういう人にちょっとぐらいにやっとしてもらえるとうれしいんだけどな。
(けど、やまとのひとは古来ずっとこのようなことが重要であったはずだけれど。)
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
庭仕事 | Comments(0)
2019/03/04.Mon

桃の節句に (京焼釉裏紅の唐子文徳利・和硝子雛徳利・流し雛・一刀彫雛)

今年は桃の節句が日曜日だった♪
(もうずっと・・・ン十年、祝日になるのを待ってるんだけどなー、女子としては!)
ということで、自分で自分をお祝いするのである。

いつものスーパーで、桃の枝を買おうかな、って思ったけれど、
なかなか水揚げのよい枝には出会えないし、一緒に入っている洋花も
色合いはきれいだけど、なんかちがうなーってものが多く、躊躇った。
・・・というか、同じ値段なら「根」のある花を買おうとうする三毛庵である。
いっそ桃の枝を挿し木しようかとも思ったけれど、
無加温では旧暦のころに咲くことを思い出し、「ないな。」

ということで、諦めて野菜売り場へ進んだところ・・・
なんと、おつとめ品売り場に、昨日買った菜花よりもずっと活きのいい菜花が!!

IMG_4046.jpg

ということで、野菜にしては咲き進んだ菜の花を2本、お雛様に進呈。
(水切りしたら、すっかり生き返ったよ!)
やっぱり桃色が欲しいなーと思い、庭で元気に咲いていたおつとめ品のプリムラをカット。
(これも洋花だけど、庭の花はあんまり余所余所しくないから気にならない。)

IMG_4048.jpg

「桃色」というのは桃の花の色のことなので、こんな色だと思うんだけど・・。
ちなみに「ピンク色」っていうのは「撫子(pink)」なのだそうだけど。。

IMG_4053.jpg

うちには桃の節句に似合いそうな、上品な花入というものがなく、
思いついたのは少しだけ昔の京焼徳利
骨董というほどには古くないと思われ、時代にしてはお高かったので躊躇ったけど、
しっとりとした品の佳さについ連れ帰ってしまったもの。
唐子文もすごく上手で、こんなの描ける人がいるんだなーって思った。
染付の色が上品なのだけど、同じぐらいの濃淡で紅い色も挿してあって、
たぶんこれは釉裏紅(辰砂)じゃないかなぁ、って、、
上手に焼くの難しそうだなーとか勝手に思っているんだけど。

IMG_4042.jpg

昨日のお雛様スペースはこのような感じ。

IMG_4044.jpg

この流し雛はおそらく鳥取の民芸品で、今も売られているようで古いものではない。
市をぶらぶらして見つけた戦利品で、売れ残る前にお迎えし、旧暦まで飾るつもり。
簡素だけど、なかなか美しいもので、今もこういうものがあるのかと思うとちょっと嬉しい。
鳥取は用瀬が流し雛の里であり、大好きな梨を買いに行く際に時折通るので、これもご縁である、きっと!

IMG_4043.jpg

いつも飾っている一刀彫のチビ五人囃子のお仲間にチビお雛様が増えました!!
(確か信州のちょびっと高地で、エセ高山病になってゲロゲロになった後、
松本で息を吹き返したときに、手に入れた、、、気付け薬!?)

IMG_4072.jpg

晩ご飯も、自分でご馳走を作る。。
お昼の焼きそばで紅ショウガを食い尽くした後のちらし寿司、
一晩、飼ってから成仏いただいた蛤に三つ葉、
咲いた花を飾った残りの菜花の辛し和え、
ヒレカツに春キャベツ千切り、
塩を切らして失敗しかけた白菜漬け(ちなみに人生初作成。)

いや、ここで言いたかったのは、お寿司を盛った漆器が
喜多方の給食漆器(国産漆も使用)っていうやつということ。
先日秋田で買って、やっとデビュー。(ばたばたして使いたくないからね。)
吸い物椀は浄法寺で、これも国産漆使用。
きっとどれも100%ではないけれど、贅沢な夕餉である。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2019/02/28.Thu

二月というのに (刷毛目風粉引の徳利)

平成の仕舞いの二月というのに、ずーっと体調がザンネンなままで、
明日はもう三月だ。
冬型の気圧配置でいて、日差しのほうはどんどん強くなる二月は、いつもは元気なのだ。
関西では庭仕事が一年で一番たっぷりあって、三毛庵サイコーに希望に溢れる月なのである。
正確に言うと、今年も気分的にはサイコーに元気なので、よれよれになりながら庭仕事はしている。
ただ、ほんと体がついていかない、哀しい事態。。
あぁ、明日からまた激動の三月かと思うとため息ものである。
概ねは気象病なのであろうが。

こんなに気象病がもてはやされるのは、人間の活動に起因するせい?なのであろうか。
そう思うと、不満を垂れることもできない動物や、移動することも出来ない植物はとんだ災難である。
昨年の台風など、人様は家の中に避難するのであるが、彼らはどうしてすごしたのであろう。
(台風の後、見かけなかったカマキリの卵を、冬になってヤマボウシの枝の高いところに発見した。)

まとまった雨が降った今朝、待ちに待った水仙「フェブラリーゴールド」が咲き始めた。
うちでは春一番に咲く水仙である。(日本水仙は寒咲なので冬の花。)
古くて丈夫な品種で、きっとガーデナーはみんな好きになる花だ。
週末にゆっくり眺めたい♪

二月の椿は「月光」である。
寒い時期なので一輪一輪じっくり咲くのであるが、日差しの強い二月らしく
その割には次々と咲くのが眺めて楽しい。
三月から咲く椿はだいたいせっかちで、惜しむ間もなく花を落とすが。

IMG_4008.jpg

二月のはじめにみそっかすな枝に咲いたのをいただいた。
なので徳利の口に無理やり載っけた。
徳利は人は「刷毛目」だというのであるが、高台内にも白泥がかかっているので
思うにこれはじつは「粉引」なのである、、ほんとかなー。
何しろダンボからの発掘品ですからね。(なので銘を「すて」という。)
すこしカセはあるのだけれど、月光の紅い色がよく映えて、ありがたや♪
ほんとうはちゃんと徳利も撮りたかったけれど、何しろ「逃げる二月」に間に合わず。。
また今度ゆっくり撮ろう。

IMG_4000.jpg

月光(卜伴)

IMG_4034.jpg

桃色卜伴。
一番綺麗な時に余りに庭仕事が忙しくて撮ってあげられなかった。
咲き切ると、紅い卜伴のほうが可愛らしい感じ、桃色のほうは少し立派な?風情。
咲き始めのころのお菓子のような可愛らしい姿を撮ってあげたいものである。

IMG_4033.jpg

3年目の有楽は小さい木でも沢山咲いている。
これも一番綺麗な色の時に撮ってあげられず、すこし色が薄れているかな。
三毛庵何につけあまりピンク色というのを多用しないのであるが、
有楽のピンク色、最愛。

今年はプリムラLOVEな年で、ホームセンターのまだ十分楽しめる処分苗や、
定価の高級苗、それからネットでも少しだけ取り寄せた。
ぎゅうぎゅうに密植するので、知らぬ間に虫に食われて滅亡するのもあるのだが、
園芸種でも八重咲のものなど、意外や夏越しをしてくれたりするのが楽しみである。

去年のガーデンプリムラが蕾を伸ばし始めた。

IMG_4031.jpg

今年の処分苗はじゃんじゃん咲いている。

IMG_4036.jpg

去年のガーデンシクラメンが上手く年を越した(白い花が丈夫なのかな?)横に、
処分品のプリムラを植える。まだ蕾があるし、葉っぱも可愛いからな。

IMG_4015.jpg

これは定価で少しお高かったけれども、でも立派な株で、
まだ冬枯れの寂しい庭で存在感を放っている。
こんなの夏越ししたらいいんだけどなー。

IMG_4023.jpg

同じシリーズのシルバーのほうは、斑入りのヤブコウジの横に植えた。

IMG_4022.jpg

福寿草も咲いた。
当然のごとく、お正月向けの処分品で、売っているときからかなり根を切られており、
寒地では知らないけれども、暖地で地植えはなかなか活着が難しい。
山野草鉢で育てるべきなのかな、、
でも実家の大きな紅葉の下に生えていたのを忘れられず、ヤマボウシの根元に植えた。
(週末ガーデナーでは小さな鉢植えはなかなか管理が難しいのだ。)

IMG_4018.jpg

という訳で、お花ばっかりのブログな二月が終わる。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2019/02/10.Sun

連休中日 (ナゾの織部徳利とお雛様。)

今朝は晴れて、放射冷却なのかよく冷えた。
洗濯機を回してのんちゃんを誘い、近くのホームセンターをはしご。
日本水仙が好きなのだけど、去年ははじめ鉢に入れていたせいか、
今年は花を休んでしまったのね。
先日、芽出し球根があったので一つ買い、それでもう少しだけ買い足そうかなと。
昨日ぼーっと庭を眺めて、冬場だけは日が当たる隅っこに日本水仙がちょうどよいなと。。

IMG_3987.jpg

これはこの前買った芽出し球根のもの。
しばらく庭で咲かせて、満開になったので、切ってきた。球根太って欲しいしね。
寒い時期に合う、清らかな香りがする。

IMG_3995.jpg

水仙を二種挿す、というのは不自然と言えばそうなのだけど、
昔からある、品種不明のものが咲き始めたので一緒に。
庭ではやたら茫々になるので隅に追いやっているけど、
日本水仙とは違って、一種ではなく、何かに添えやすいようなタイプの花。

IMG_3989.jpg

庭で茫々でも、こんな品の佳い花なので、切ったほうが生きる感じ。

IMG_3998.jpg

ほんとは満開になる前に切ったほうが季節らしくてよいけれど、お庭でも見たかったしね。
原産は地中海沿岸で中国を経由して渡来したというけれど、
地中海や渡来ルートにも日本水仙は咲いているのだろうか?
花を植えていると、外来生物によるリスクということも思うけれど、
今はもう、すっかり「日本水仙」だものね、これは。(しかも球根には毒性もある。。)

IMG_3999.jpg

徳利はよろよろの輪線文の織部。きっと前にも載せているけど、よく水仙を入れる。
昔気軽なお値段で買ったもので、ちょっとどういうものかナゾだけど、とても好き。
お水を半分以上入れるとじわっと滲みるところがあるけどね(笑)。
 
IMG_3997.jpg

今年は早めに出してあげてよかった♪

IMG_3994.jpg

さて、今日は全力で庭仕事。つるばらとの闘いで傷だらけになる。
皮手袋をすると誘引した枝を結わえるのがやりにくいしなー。
ほんとはもっと吟味して誘引したいんだけど、週末ガーデナーなので納期優先。
なんだかんだ言ってホームセンターで余計な苗も買うので、その埋蔵も忙しい。

IMG_4001.jpg

サカタのガーデンプリムラがなんと処分品で50円♪
草っぽい庭なので、ピンク色は使い方に少し気を遣う。
湊晨侘助の近くにして、いっそピンクなコーナーとかにするとあまり気にならない。

IMG_4006.jpg

こっちのお色も処分苗だったけど、このときはもう少ししたような。
去年買って、野生のプリムラに近くて可愛いな、って思ったんだけど、
地植えで夏越ししたので気にっている品種、、処分苗なんて勿体ない!!

IMG_4007.jpg

その夏越ししたのは、、まだ蕾固し。
肥料もそこそこで密植するのでほんとに野生化している。。
とにかく暖地の庭では夏の温度と湿度に耐えられるかが重要で、
地植えでこんな風に殖えるプリムラってかなりありがたいんだけどなー。

さて、明日は庭に散乱した薔薇の枝やらを片付けまくるぞー!
(散らかしながら作業はしたくないけど、何しろ芽が動くまでの
時間との闘いなので、後でも済む作業は見捨てていくのである。)

 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME | Next »