FC2ブログ
2019/10/24.Thu

霜降る頃 (清染付花入)

朝早くなんとなく目覚め、少し肌寒かったので膝掛けを出す。
昨日は「霜降」だったのだそうで、次は「立冬」だから秋も終わりである。
だけど、、夏とまでは言わないにしてもこの辺りはいつまでも気温が高く、
秋らしい時期がすっかり失われている気がする。

IMG_5957.jpg

それでも季節は進んでいて、ホトトギスの開花のあとは、
菊の類が咲き始める。
去年の今頃旅先で見つけた園芸品種の真っ赤な小菊。
小さなポット苗だったが、今年は一枝失敬できるほどには育った。

咲いたら何にいれようかな、と楽しみにしていたけれど、
旅先で思いがけずこれを見つけたとき、あぁきっと小菊が似合うな、と思い浮かんだ。
近ごろは、庭に花が咲けば一枝切って楽しむそのような日々、
そんな中でふと花入を見かけるのである。

IMG_5947.jpg

清のはじめぐらいのもの、ということであったがどうだろう、
ぼろっちいまでに古い箱に少し前の札があって、古染付とあった。
売主の仰る通り、明末などはないであろうが、厚手の造りは清でも日本注文の末裔と言うのは贔屓だろうか。

IMG_5950.jpg

裏に描かれた、このお山にぐっときてしまったのねぇ。

IMG_5956.jpg

表の笑っちゃうよなおぢさんもお気に入り。
まぁ、正真正銘明末古染の、一見ユルそうでも格調高いお品とは比較にもならないけれど、
圧倒的に美しいというのも、何か正論をかざすようで、ときには引けたりするものだ。
強者の論理など微塵もなさそうなところが、取り柄と言えば取り柄なのかもしれない。

IMG_5958.jpg

それにしても小菊の愛らしいことである。
ずいぶん昔、アンケートで年齢が上がると好きな花の上位が「菊」になる、と読んだ。
その頃はイングリッシュガーデンのはしりだったから、今の中高年の好きな花はもう「薔薇」かもしれない。
だけど今や三毛庵も、庭の片隅に咲く菊を愛でる心情がよく分かるおトシになったのだ。
そうなったのが寂しいかというとそうではなく、分かる世界が拡がったのだと知った。

IMG_5959.jpg

さて、毎年のお楽しみ、鳥取の新興梨を買いにお出かけして、
帰りしな、大徳醤油さんの地元限定の生醤油があるのを思い出して買い物に寄った。
おいしそうな純米の地酒が置かれていたので・・・
金魚ちゃんをゲットした!!
(三毛庵宅は空前のお金魚様ブームなのである。)

IMG_5960.jpg

どちらもジャケ買いと言えそうだが(笑)、でも本格派のお酒なのだよ♪
金魚のほうは発泡にごり酒、楽しみ~。

IMG_5954.jpg

週末にはお金魚様と小菊で一杯、ってところでせうか。
スポンサーサイト



 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2012/12/16.Sun

見立て (染付梅文茶巾筒 & 大分GO)

さて、「プチ骨董なる茶籠」計画の中で、困りものと言えば茶巾筒である。
(なんだかこのあいだから、茶巾筒のことばかりぶつぶつ言っている気がする・・・。)
茶筅と茶筅筒、茶杓は籠に入っていて、地味ながらプチ骨董的には良しとしたけれど、
大それていないプチ骨董なる茶巾筒というのはどうしたものか。

そんな訳で、骨董市でガラから救出した、何やら分からないこんなもの。

20121129 002
(高さ4.8cm)

新しくはないけれど、すごく古くもないような・・・。 
伊万里系じゃないものの、なんだか今一つ京焼とか瀬戸っていう気もしないんだなぁ、
と思っていたら、どうやら中国ものらしい。
古くても清あるかどうかって気もするけれど、同手が真っ当なお値段で売られているのを
みたことがあるので、プチ骨董と言ってもまぁ差支えはないのではなかろうか。
妙な取っ手がついているのも「見立て」っぽくていいかな~。
がっちり焼かれてタフそうなので、持ち歩きにも不安はないし。
内径が最大2.8cmほどで、茶巾様もぎゅうぎゅうには入るのであった。
しめしめ、この調子♪

おまけ・・・旅の記録↓
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(2)
2012/11/06.Tue

物語りは続く。。 (錫霊獣文瓶床)

先日の煎茶篭、茶托のほかにも増やしたものがある。

20121101 013

この急須の下に敷いているいわゆる瓶床(瓶敷)である。
同じくちっちゃいもの好きなのんちゃんが、市をぶらぶらして見つけたものだ。
手に入れてから、そういえばあの篭に組んではどうかと思いつき、
引っ張り出して合わせてみると、内円が急須の底にぴったり合ったのだった。
(周りには、蝙蝠らしきものとか何やら怪しげな霊獣が飛んでいる。)
お道具というのは組もうと思って探すと見つからないものだけれど・・・。

20121101 014

サイズや時代感がこの煎茶器セットには合っているのだけれど、
実はここに・・・と思った訳にはもうひとつあって、
それはのんちゃんがこれを気に入ったポイントでもある。。

20121101 015
(径 6.5cm)

裏を返すと、こっそり「吾輩は猫である」的猫(たぶん・笑)がにやっと!!
何時か何処かの持ち主が、くすっと笑ってくれるとよいのにな。。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(4)
2012/10/20.Sat

はじまりの唐草 (古染付兎文小皿/初期伊万里柘榴文角小皿)

この季節、栗きんとんを何でいただこうか悩むのが楽しい。
この日は古染付、それも薄手で染付の色も淡い極くさっぱりとしたもので。

20121015 002

このお皿の密かな愉しみは、裏にキュートな唐草文が跳ねているところで
こちらは少し濃いめの染付なのも好いかんじ。

20121015 003

こんな跳ねた唐草文は好きだなぁ・・・と同じように思っているのはこちら。
すこし時代の下がる初期伊万里であるが、本歌の古染にある勢いと稚拙さそのままである。

20121018 001

こちらも表は意外にあっさりしていて、野からむくむく生えてきたような裏行きのほうが
お好みである。
(ちなみに随分前に「初期伊万里」の言葉の響きに魅せられて入手したものだけれど、
なかなかMyBest初期伊万里というものにはお目にかかれないでいる。)

20121018 003
(一辺9.2cm)

おまけ↓
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2010/10/26.Tue

金沢でのめっけもん(三田青磁小皿&古染付誰が袖香合)

blog 6371
(直径12cm)

金沢の骨董フェアでしたが、こちらはあまり金沢には関係のない・・・三田青磁小皿
幾つか持っているものですが、小さめのものばかりなので
4寸は使い勝手がいいかな~と思ったのでした。
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »