2018/05/29.Tue

美味しい葉っぱ (備前葉形向付)

朝早くに目覚めてしまった。
布団の中でうだうだしてもしょうがないので、起きて庭に出る。
気になっていたタマアジサイの苗のところに行くと、
やっぱりまだ毛虫がいて、美味しそうに葉っぱをかじっていたので国外追放。
(シロヒトリの幼虫?)
個人的に幼虫系は激しくニガテなのだが、
葉っぱを美味しそうに食べる姿はいじらしいと思う。

IMG_3557.jpg

マルバクチナシがたくさん咲いた。
樹はそんなに面白くないけれど、つぼみや花の姿は面白く、
香りもあって実は有用、スペースがあればひとつぐらいあっていいと思う。
・・・ただこれもムシがなぁ。。ありえなくデカいの、オオスカシバかな?
あれはムリです。。時々花を育てているのか虫を育てているのか分らんくなる。
ムシ画像は出さないので、もう少しムシの話を、、。
6月に要注意なのはイラガとチャドクガの幼虫である。彼らには毒があるので見つけ次第処分。
卵を産み付けられた葉っぱから拡散する前に逮捕することが重要だ。
でも、個人的にどうしても許せない感じがするはチュウレンジバチの幼虫。
デカくもなく、どうってことない気がするけれど、イヤなのです。
つる薔薇の新梢に発生するのが忌々しい感じ。

IMG_3558.jpg

ヤマアジサイの白扇はたわわに咲いて、病害虫知らずでいいなぁ♪

IMG_3559.jpg

クレマチスのプリンセス・ケイト、コハウチワカエデのほうに伝っていって可愛い。
クレマチスも基本的に丈夫でいいんだけど、
週末ガーデナーだと、なかなか誘引をするお暇がなく、
だいたいあらぬところで咲いてしまうのがザンネンなところである。

そろそろ梅雨で、蚊も増えるし、暖地では庭仕事はシーズンオフ。
秋まではひたすら水遣り、ムシや雑草との闘いに明け暮れるのみである。

葉っぱというのは古来食器であったりしたわけだが、
葉型のお皿というのがあって、これはなかなか愛らしい分野である。
古染の写しなのか、魯山人とかも作っている。

あーこれ、使ってみたいなぁ♪っておもったもの。

IMG_3561.jpg

IMG_3562.jpg

備前の煎餅皿などは素朴で好きだが、こんな向付は初めて見たなー♪
魯山人より気安いけれど、もっと時代があって飾らない感じがよい。
発色が、ミルクチョコレート風のとも少しビターなのがありまする。

IMG_3509.jpg

早く使いたくて、市場でお昼ご飯のお寿司と大根漬けを買った日、
早速大根を入れてみた。

IMG_3555.jpg

白いもの、美味しそうだなーって思って、豆乳にはいった汲出し豆腐を。
スーパーのお豆腐が、高級料亭風に!

IMG_3556.jpg

お菓子を入れたらどうなるかなー、って芥子餅まで投入。
(ここまでやるか。。)

こういう使い勝手は、なかなかありそうでないと思われる。
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2018/04/16.Mon

えほんのはな (九谷色絵花文小皿)

IMG_3410.jpg

市内で市があったので、ぶらっと覗きに行く。
骨董というより、レトロの市。
なので、骨董っぽいものはほとんどないのだけれど、、、。

IMG_3408.jpg

こんな可笑しなお皿をお土産にお持ち帰り。
うーん、ユルい。
でもなんだか、絵本の世界にでも紛れ込んだみたいで、
春にのほほんと眺めるのは悪くない気分。
「一体どうしたらこんなものが出来たんだろ。」とまじまじと眺めていたら、
後ろから知らないおぢさんが、「古九谷だったらいいんだけどなあ。」と、
ナゾの発言をされるのであった。
いや、誰もそんなこと思わないと思うケド・・・。

IMG_3412.jpg

こんなカンジと、

IMG_3413.jpg

こんなカンジ。なかなかの絵ごころのような。。
ちょっと洋風で、クッキーなんかのほうが似合うかもなぁ♪

IMG_3414.jpg

でも裏を返すと意外とまとも。
簡略化されているとはいえ明治期以降の普通の九谷のようである。
(古九谷以外は人にあらず、みたいな人は関心はなかろうが。)
ごくごくお安かったこともあり、なかなか気に入ってるんだけどなぁ♪

IMG_3407.jpg

土曜日は北陸方面にお出かけをし、少し遅くなったので
晩ご飯に焼き鯖寿司を買ってきた。
なので、久しぶりに晩酌♪山代温泉の湯玉子もつけて。

おまけ↓先週は筍を買いに。。

IMG_3399.jpg

IMG_3405.jpg

去年山椒のチビ苗を植えて、運良く根付いたので
今年は自家製の木の芽を筍ご飯に添えた!!
山椒を自給するという野望が叶った三毛庵である。
今年も揚羽にやられないように気をつけよう。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2018/02/03.Sat

鬼は外 (紙刷印判波千鳥文小皿)

IMG_3284.jpg

お疲れの身、プリンをいただく。ゆるゆる。。

毎日まぁなんというか、嫌になることが多く、人様の言動に嫌になったり、
自分のことが嫌になったりなのである。
人様の言動は腹は立つけれど、自分の力でどうなるものでもないので、
言ってみればお天気のようなもの、、静かにやり過ごすだけである。
自分のことが嫌になるのが宜しくない。
意に添わず、自分に嘘をつくと、だんだんとすり減ってくる。
そういうときに、真面目な絵を眺めたり、小さなお皿を眺めたりすると、
こころがおかしいと言うような暮らし方はしたくないと思う。
比べようもないけれど、洲之内徹が戦時中「ポワソニエール」の複製を眺めて
やりきれない諜報活動の日々を持ちこたえたのと同じように、
うつくしいものはひとのたましいを支えてくれる。
うつくしいものをうつくしいと思える日々が続くこと、うつくしいと思える自分であることを
ひそかに祈るのである。
節分の今宵、じぶんの鬼を外に追い出そう。

明日は立春。
寒さは厳しくとも、春なのである。

IMG_3278.jpg

プリンのお皿は先日見つけて小躍りした紙刷り印判である。
これはナイスだ♪
雑器なので釉剥ぎがあったりするが、素朴で和む。
普通、印判は全面に印刷がされているものだが、余白を多くとっているのも粋だ。
ありそうでなかなかない、デザインセンスである。

IMG_3279.jpg

釉剥ぎのぐるりに捺された印判は、なんと波千鳥ではないか♪
この波千鳥は、冬の冷たい波の間に間に飛ぶ千鳥というより、
強くなった日差しで煌めく波間を飛ぶ千鳥と思いたい。
うーん、オトク感満載。

IMG_3280.jpg

高台も小っちゃくてかわゆいであるぞ(使いやすいかは別問題だが)。

IMG_3276.jpg

という訳で、ツボなあまりセット買いです(笑)。
並べると、ごつごつした質感もよい感じ♪
あー誰か、このありそうでない魅惑の印判をほめてあげてくださいな。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2018/01/06.Sat

刷り込みのことなど (九谷焼青手芭蕉文豆皿)

小寒を過ぎ、時雨模様の一日、お庭が寂しいのでホームセンターに行く。
帰って小腹が空いたのでよつ葉のパンケーキを焼く。
パンケーキ・・・今はホットケーキとは言わないのかな?

子供のころ、まだ地方都市も十分に栄えていた時代、
デパートの上にある食堂でホットケーキを食べるのが贅沢だった。
当時はデパートに行くとなると、服装もきちんとして行ったものだ。
(今ではすっかりユルい三毛庵であるが。。)
まだ学校に上がる前のことであったので、美味しいホットケーキも
全部食べ切ることはできなかった。
すると母が残りを包んで持って帰ってくれたものだ。
持ち帰ったホットケーキを家で食べたという記憶がないのは、
デパートでの特別なおやつの記憶があまりに鮮烈だったからか、
あるいは残り物は母が食べてくれていたからか、どちらだろう。
今でもつい食べ残すことのないように、といやしく食べる三毛庵である。

ホットケーキにはもうひとつ思い出がある。
学生時代、三毛庵は妹と自炊をしていたのだけれど、
当時ふたりの贅沢なおやつといえば、ロッテのチョコパイか
ホテルニューオオタニのミックス粉を焼いたホットケーキであった。
ロッテのチョコパイは、じゃんけんで負けたほうが自転車でコンビニへ買いに行き、
勝ったほうがお茶を淹れる、という決まりだったように思う。
ホテルニューオオタニのミックス粉というのは確か今もあるはずだ。
永谷園が出していて、お茶漬けとホットケーキの関連性は疑うが、
とにかく当時のほかのミックス粉に比べて高級なぶん、美味しかったのである。

パンケーキ時代の幕開けは、ハワイである。
オアフ島のワイキキ辺りのホテルから、のんちゃんと友人と、
あれはレンタカーを借りに行く途中であったのだろうか、
とても美味しそうなパンケーキのお店をみつけ、朝からおやつにいただいた記憶がある。

あの時以来、いまだにパンケーキとホットケーキの違いが判らぬ三毛庵であるが、
粉を膨らませただけのものが今も「特別なおやつ」として君臨している。

IMG_3166.jpg

骨董を始めたころ、手始めに買ってみたのは九谷焼だったような気がする。
なぜかはあまり覚えていないが、市で手軽に手にすることができたし、
親も九谷焼を好んでいたような記憶があり、何か親しみがあったのかもしれない。
でもまぁ三つ子の魂というのか、今も九谷焼は好きなのである。
三毛庵はいやしいので、例えば渋い土ものもよいなぁ、と思ったりもするけれど、
キラキラ✨の九谷焼なんかも美味しくいただくのである。

IMG_3165.jpg

長径が7.5cmと豆皿サイズなので、
のんちゃんにそんなん何に使うん?と聞かれた。
「いや、ホットケーキのときのバター入れとかね。」などと考えてみたが、
いいのである、使えなくとも。小っちゃくて可愛いんだから♪

IMG_3164.jpg

ちびっこの割には芭蕉の葉脈とか背景のぽつぽつとかが
生き生きと描けていて、そう悪いものじゃないと思うのだけれど。

IMG_3167.jpg

明治頃、と言われそんなに時代があるのかは多少疑問の余地があるが、
フリモノがあって電気窯ではなさそうである。
まぁでも、時代というのはあんまり関係ないかな。
気に入って、そのお値段が自分の価値観に合えば買うというだけのことだ。

IMG_3228.jpg
よつ葉のパンケーキ♪

IMG_3219.jpg
お庭に植えたガーデンシクラメン。
ピンク色でシルバーリーフなので銅葉の西洋岩南天のそばに。。

IMG_3216.jpg
小さなプランターに入ったお買い得なビオラセット。
のんちゃんが中で一番こじゃれたお色のをゲット。
(骨董をやっていると、こういうとき目ざとくなる。)

IMG_3227.jpg

お買い得になっていたシクラメンから、のんちゃんがよい性質のんを選ぶ。
三毛庵の家は平素結構お寒いのでシクラメンは冬の定番品。

IMG_3224.jpg

実は三毛庵、もう一鉢買ってしまった。
のんちゃんが「こっちならそのお値段で2つ買えるよ」と、
先ほどのお買い得品を示したのであるが、
それを聞いた三毛庵、「そっか、2つ買っちゃえばいいんだぁ♪」
三毛庵も結局のところシクラメンは赤や白の古典的なのが好きである。
このようなピンクのフリフリなどは滅多に買わないぐらいだ。
でもこの株、お値段の割にすごく出来が良かったのん。
何しろ育種家の孫なもので、優秀な個体には目がないのである。

IMG_3225.jpg

シクラメンの花は、炎のように反り返るさまが美しいのであるが、
この品種は蕾が膨らんで、反り返る前の壺形がチャーミングである。
最近、「盛って」いるのも素直に愉しめるようになったのは、トシのせいか?

考えてみればシクラメンも子供のころの刷り込みだよなぁ。
いいトシになっても活きる刷り込みは親に感謝しなければ。。


>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/11/07.Tue

門出に (蒔絵桔梗に薄文・松に千鳥文菓子皿)

週末は、栗きんとんをお買い上げ♪
なぜって塗りの菓子皿がやってきたから!

IMG_2972.jpg

旅に出る・・・お土産はふるもの!半端のお皿が4枚。

IMG_2973.jpg

松に千鳥が3枚、

IMG_2975.jpg

桔梗に薄が1枚。

IMG_2990.jpg

IMG_2986.jpg

塗りはもう透けてくるほど古びて質素ななりだけど、
金銀に青貝、昔の栄華が偲ばれる。
もしかすると野弁当のお皿だったのかな?

IMG_2956.jpg

申し訳ないよな値札であったのに、
「高山の和紙やで」そういって綺麗な和紙に包んでくれた。
お皿の門出を祝ってくれた。

さて、気づけば初冬である。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(2)
 | HOME | Next »