2017/10/15.Sun

秋の色 (珉平色絵小段重)

寒くなる寒くなるといいながら、この辺りはそうでもなかったのだけれど、
昼頃から冷たい雨に変わってきてひんやりとしてくる。
10月も半ばになってようやく衣替えをする。
衣替えをするほど服を持っているわけでもないのだが、
なぜか箪笥の中にお皿が入っていたりするものだから、
肝心の服を入れる場所がなく、半分をベッドの下に入れ、
衣替えするのである。。

IMG_2928.jpg

珉平(淡陶っていうのかな)のちび段重ふたつ。
大きいほうは春に花見団子のお色にひと目ぼれしたもの。
ほどなくして東京の市でがらくたの山の中から、ちびっこのほうを見つけた。
がらくたであるので、お土産気分で手に入り、すっかり浮かれた三毛庵である。
小さいほうは、対照的に秋のお色である、どんぐりなぞ入れてみたいものだ。
まぁその程度の使いみちしか浮かばないが、
たまにお干菓子など摘まむときに、ここに入れてもいいやもしれぬ。

IMG_2932.jpg

お庭もすっかり秋のお色、ミスカンサス(ススキ)「パープルフォール」が
穂を揺らしている。
暖地でも寒くなったら名前の通り、紅葉するのであろうか。
街灯の光が差すので開花するか心配だったアメジストセージ
(サルビア・レウカンサ)もちゃんと咲いてくれた(処分苗)。

IMG_2930.jpg

大きくなりすぎて、通路に枝垂れてのんちゃんの顰蹙を買っている
ホトトギス。

IMG_2931.jpg

三毛庵的には秋の庭は多少荒れているぐらいがいいのだが、
やはりコントロールされていないと庭とは呼べないのであろうか。

IMG_2929.jpg

何しろ、横着してる間にマユハケオモトの鉢が雑草に占拠され、
せっかくの可愛い花が台無しなのである。。

この秋雨が済んだら、庭仕事のシーズン。
一年で大きくなったススキは株分けが必要だし、
競うようにはびこっている姫ツルソバと蛇苺も間引かねばなるまい。
何しろ植え過ぎなお庭である。。
といいつつ、今日はホームセンターの処分品のホスタを手に入れた。
今から地上部がなくなるものを、、とは思うが
秋は活着がいいし、来春芽出しから眺められる。
開花株にはない愉しみである。
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/09/16.Sat

仙人掌 (不染鉄展覧会と万古焼豆皿)

仙人掌とは、サボテンを指すのだそうだ。

帝展出品作だけあって、とても大きな画。
二階建ての民家の前に庭が拡がる。
白いペンキを塗った平べったい温室(園芸店であった私の祖父の
ところにもあって、それはフレームと呼ばれていた)に、
所狭しといろいろの姿かたちをした多肉、サボテンが並んでいる。
フレームの周りにもいろいろの草花がある。
朝顔の鉢もあるし、実が成っているのはどうやらイチジクのようである。
季節は晩夏であろうか。

不染鉄の戦前(昭和8年)の帝展入選作品が、奈良県内でみつかったそうである。
東京ステーションギャラリーのときには「海村」がみつかった。
それを楽しみに奈良県立美術館に行くと、「仙人掌」が展示されていたのだった。
大きな画面に、サボテンが沢山、ひとつひとつこまごまと違いが描き分けられている。
きっと、ほんとうにそういう姿のものを育てていたのだろう。
そういえば、ちょっとした水辺の風景でも、葦であったり沢潟であったり、
不染鉄の絵は、ちゃんと対象を捉えて描いてある。
(写実などというより、「あぁ、そこに沢潟が生えている」と彼が思ったそのままが
描かれてあるといった具合だ。)
サボテンの画には小さな字で、市でサボテンを見かけるとひとつずつ買ってきて、
温室にペンキを塗り、冬は防寒したりしながら丹精したことが描かれている。
絵に文章を描き込むのは彼の癖だが、絵巻物やら画賛など、
日本画として寧ろ正統的なことなのかもしれない。
でも、ちまちまとした丸字で帝展作品に描き込んでしまうというのは、やっぱり不思議である。

それにしても美しい画だ。
たくさんの小さなサボテンの緑青が目に沁みる。
世の中の画には、このように描けば美しい、というような
決まりごとが凡そあり、この画はそれに属しているわけでもないというのに、
サボテンのひとつひとつに毎日彼が満ち足りた気持ちを抱いたであろうことが、
画を見る私に伝わってくる。
緑青の同じ色でひたすらいろいろの草花を並べて、
目に映る緑がどれほど美しいかを言いたかったのだろうか。
(その後に戦争の時代がやってきて、このような暮らしが
破壊されたであろうことなど想像ができないほどだ。)
この画から伝わってくる、彼のサボテンへの細やかでマニアックな心の動きは、
何か彼の画の秘密を物語っているように思う。
そうして、ひとつひとつのサボテンを描き切る彼の画力も密かに見逃せない。
鍛錬のない画家は画家とは呼べない。でも計算とテクニックがどれだけ凄くても
それだけでは画家にはなれない。(というのは、自分の考えであるけれども。)
自分がこころを動かされたものを見える形にするために技術はあるのだもの。
私は今回の展覧会で、ようやっと彼の姿の一部が見えた気がする。
納得するまで、あるいは心を動かされる都度、同じ主題を描いている。
でも心が動いているから、それらはひとつとして同じものではない。
そして、それらを表現するために実は過去の自分のテクニックには拘らない。
私が思っていたよりも不染鉄という画家はずっと革新的なのであった。
(不染鉄のことをヘタウマの系列で捉える人も居ない訳ではないようだれど、
私の実感は違う。また、素朴と捉える向きもあるようだけれど、それも違う。)

先日、奈良県立美術館の松川綾子学芸員の解説を聞き、
そういった彼の姿をおぼろげながらに捉えることができたのは、
氏の丁寧な仕事に拠るところが大きいことを知った。
不染鉄とは?という問いを日々投げかけながらの仕事であったのだろう。

また、主催の産経新聞社の方は、偶然21年前の奈良での展覧会を見て、
いつか不染鉄の展覧会をやりたい、そう思ってきたそうである。
この展覧会はそういった不染鉄を愛した方々の熱意があって実現したのであった。
東京では2万8千人の動員であったという。
故郷東京では、展覧会開催時には無名に等しくなっていたのだから、
この数は、真に彼の画を見たいと思った人の数なのだ。
奈良の地へもこのような人たちが足を運んでくれることを願っている。
(東京で観た皆さまも、仙人掌を観に、是非秋の奈良へとお越しください。)

「没後40年 幻の画家 不染鉄」展
2017年9月9日(土)~11月5日(日) 奈良県立美術館

IMG_2876.jpg

さて、いつものように画がないので、ふるもの画像をアップする。
見た途端に美しい色に魅入られた。

IMG_2877.jpg

珉平にはないようなお色だな、と思うと万古焼なのだそうである。
この色にはどうしても引っかかって、それはなんだろうと
思っていたのだけれど、仙人掌の画を見て思い出した。
ああ、これって美しい緑青のお色、描かれているサボテンと同じ色。

IMG_2878.jpg

そうして、何を思い出そうとしていたのかようやく気付いた、
ああ、あの不染鉄の図録の表紙、あれって緑青色だったんだ!!
(図録はしっかりゲットした。印刷ではどうしても彼の画の繊細な表現は
伝わらないとはいえ、解説も豊富な貴重な資料である。)

IMG_2880.jpg
(長径:6.8cm)

おまけ、胡桃と干葡萄のパンも焼いてみた♪
(このところ恐ろしく仕事漬けであるが、美味しいパンはちょっとした
息抜きをもたらしてくれる。)
IMG_2874.jpg
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
絵のこと | Comments(0)
2017/07/20.Thu

盛り盛りごはん (印判染付牡丹獅子文皿)

そこそこに忙しいひとりの日は、フライパン片手にお手軽メシである。
豚こま肉(切らずに済む)といろいろの野菜をじゃじゃっと炒めるだけ。
ニラとキムチでキムチ炒めとか、茄子・トマト・ピーマンの夏野菜炒めとか、
まぁ、そんなもん。
さて本日、冷蔵庫を覗くと茄子しかない!!
塩胡椒では寂しい気分だったので、トマト代わりにケチャップ炒めにすることに。

IMG_2749.jpg

このようなビミョーなお色味のおかずでも、このおはあんしんなのである。
(もちろんトマトやピーマンがあればもっと鮮やかに映るのであるが。。)
テキトー感溢れるおかずを、ほどよく盛り上げる、食欲そそる印判様である。

IMG_2750.jpg
(径21.5cm)

ツウな食卓ならば瑠璃釉の古伊万里などがよろしかろうが、
なんちゃってメシをもりもり食する三毛庵には、
大っきい獅子が3匹盛られたこのおの安心感がよろしい。
ニギヤカだけれど獅子のダミで全体がコバルト色、
なんでも美味しそうに見えることまちがいなし!

ストイックに引き算された配色というのは、どうやら三毛庵にはむつかしく、
いつもちょこちょこ「盛って」しまうのであるが、
それは性分なのか、それとも関西圏にいるせいなのか。
(関東は粋を愛する江戸文化であるが、ここらは桃山だと常々思うのである。)
でもなんか、ちょいちょい足し算しつつ危ういバランスで調和する、
そういう迷宮のような暮らしぶりにときめくのも、
ふるもの好きの特権だと思ふのであるが。。


ちなみに、、団子っパナ3兄弟はちょっとずつお顔が違うのであった。
IMG_2751.jpg

IMG_2752.jpg

IMG_2753.jpg
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/06/01.Thu

蕾、時々雨 (馬の玩具文・波千鳥文印判皿)

突風が吹き、雷とともに雨が降り出した。
昨夜も雨が降り、日中は気持ちよく晴れていたが、今宵も雨である。
そろそろ梅雨入りだろうか。
ずっと庭も乾いていて、一年目の木を心配して水やりしていたので、恵みの雨。
木もひと息つくし、私もひと息つく。

仕事やら雑事やら、何とはなしに気忙しい。
気忙しい合間にも、植えた草木の心配をしたり、
絵やふるものとの暮らしについて考えたりと、ぼんやりする間はない。
まぁ人から見れば、ふるものを見てぼんやりしているようであろうけど。。

IMG_2428.jpg

IMG_2430.jpg

印判皿など見ても、綺麗だな、可愛いな、と考えるのであるからして、
考えることは尽きないのである。正直テレビを見る暇もないほどだ。
まぁそれが、何かに役に立つのかと言われると答えに詰まるが、
役に立つことだけが尊いと思うのはけちぃような気がする。
それでも、、きれいなものについて考えることは、
やっぱりどこかで人のためになることのように思うのであるが。

IMG_2621.jpg

スカシユリを2本植えた。
いつものホームセンターでのまたもや処分品、まだ蕾のものがあった。
欲を言えば、球根を植えて芽が出、やがて蕾を見るのが楽しいけれど、
ポットのまま咲こうとするユリは憐れであった。
できるだけ、最初から植わっていたかのように、来年も育つように植え付ける。
だんだんと色づいて膨らむ蕾を見ると、お手軽乍ら夢も膨らむのである。
そういえば、この前処分球根を植えたヤマユリも芽を出した。
本当ならとうに背が高くなっている筈で、このまま育ってくれるのかは謎であるが、
それでも芽が出ただけでも嬉しいのである。

IMG_2622.jpg

昨夜の雨で少々傷んだけれど、去年お庭を作り始めて
すぐに見つけた処分品(笑)、プリンセス・ケイトが咲き始めた。
薄っすらパールピンクがかった様な、さすが「プリンセス」なクレマチスである。
夏に向けて植えたのは、ヒオウギ、ユウスゲ、夕顔、モミジアオイ(白)、
昔は四季咲きなどを尊んだが、今は夏から秋はぼちぼち花を見れれば十分かと。
モチロン?定価品、三毛庵処分品ばかりを買っているわけではない。
いや、正確にはついでに処分品も買ったのであるが。。
アメリカ藤である。
勝手口の門扉の横が殺風景で、なにか細身の植物を置けないかと
常々思っていたのであるが、アメリカ藤は蔓を細身に仕立てられて、
大きくはならないのでコンテナでもOKなのだそうである(ほんとかな?)。
しかも二季咲するというなかなか欲どしい品種である。
花は来年、という処分品を取り寄せたところ、花がらがあったので
来年咲くのを楽しみに植えた。
すると今朝見ると、なんと二季目の蕾が上がっているではないか!!
おぉ、オトク感満載♪
薔薇の季節が済んだらあとはぼちぼち花を見れれば、などと澄ましていた
三毛庵であるが、「夏にも咲く藤」に興奮冷めやらぬのであった。

だってねぇ、蕾には夢が膨らむのであるからして。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/03/24.Fri

薄明薄暮 (伏見人形・兎)

薄明目が覚め、布団の中でぼーっとしていたけれど、
どうやら二度寝しそうにもないので、ごそごそ起き出す。
あんなに明けるのが遅かったのが噓のように、朝が早くなってきた。
仮暮らし時代の夏、どういう訳か目覚めが早く、
よく台湾茶など飲んでいたことを思い出し、中国の白茶など淹れてみた。
早く起きるときっとお昼ご飯を食べたころにとても眠くなるだろうな、
とは思うけれど、どこかで帳尻が合うようにはなっているものだし、
早起きはもうけもん、と思うのであった。

明るくなった部屋を見まわして、目に留まった兎。

IMG_2153.jpg

お買い得でもなかったそうであるが、書棚の下に鎮座するお姿を
みていると、佳いお買い物であると思う。
お買い得でも要らないものは要らないし、お買い得だからこそ
ちょっと持ってみたい、というようなものもあるけれど。。
そういえば、テレビで兎は朝夕の薄明薄暮に活動するのだと言っていた。

IMG_2154.jpg

どすっとして、足先もりっぱな、ゆたかな兎さんである。

新しいお家も着々と!?ふるものの巣と化している様な気もするが、
何といえばよいか、気になったものと暮らすということで、
何か知りたいことに近づけるように思うので、同じ場所にとどまることができない。
「知りたいこと」とは何なのかも、あまり自覚できていないけれど。。
(哲学者であったなら、脳内だけで思索できるのかもしれないが、
三毛庵は目に見えるものを介して、ようやく考える糸口に辿り着ける気がする、
不自由なものだ。)

IMG_2157.jpg

明るくなってきたお庭を確認。
何をどこに植えたか、咲くまで確認できない水仙(笑)。
(根元の雑草みたいのは、いちおうノコンギクだったはず、抜かないようにしないと!)

IMG_2159.jpg

咲いてもいない水仙を撮ったところで、ネギ坊主みたいなものだが、
咲く前の、こんな姿の頃が実は期待で嬉しさMaxな三毛庵である。

IMG_2155.jpg

貝母がもう咲きそうである。
貝母はクロモジの根元がいいかな、と思って植えたけれど、
クロモジの芽はだいぶん膨らんで、春らしい組み合わせで満足している。
同じ落葉樹なのにアオダモはまだ全然芽が動く様子もなく、おもしろいものだ。
アオダモは移植の時にもうほとんど葉を落としていたので、
芽吹くのがとても楽しみなのである。

あぁ、若葉とか新緑とか、楽しみだなぁ・・・季節が過ぎていくのは惜しいけれど。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME | Next »