FC2ブログ
2020/04/24.Fri

冷え込んだ朝 (淡路焼波千鳥文コップ)

今朝も結構冷え込んでいるが、空気は澄み渡っている。
全世界的に経済活動が滞っているせいなのかな。。
明日が来るかわからないということ、、コロナ以前とコロナ以後で変わったわけではない。
あまりにも自然の摂理について忘れていたということなのか。
そのことを思い出した今だから、たくさんの不安はあっても、今をしっかり生きなくっちゃね。
(けど、食べてゆけずに追いつめられるようなことはあってほしくない。。)

IMG_6377.jpg

湊焼、王地山焼・・・と関西のお国焼がつづいたので、その繋がりで淡路焼。
珉平焼ですね。
カラフルな釉薬のものなど、洋食器にも合わせられるからか、近年人気が高いようだ。
このようなコップ型もあるんだなー。
ミルクなんか入れて飲んだら美味しそうだけど、私あんまりミルク飲めないん。
今はそうでもないけど、おなかをこわすので給食では持ち帰っていた記憶。
でもチャイなんぞ入れて飲んでみたいなー。

IMG_6378.jpg

おやつにワッフル。近くのスーパーで買ってきた。
こうしておやつを食べられるのもありがたいことである。

IMG_6365.jpg

イカリソウの仲間、エピメディウム・スルファレウム・・・舌を噛みそうな名前。
新しい葉っぱが伸びてきて、なんとも魅力的。

IMG_6310.jpg

3月の下旬に葉っぱの新芽に先駆けて花芽が伸びて小さな花がたくさん咲く。
このころは去年の葉っぱが寒さで紅葉していてそれも風情がある。
(斑入りの葉っぱはヤブコウジ)

IMG_6292.jpg

小さいけれど、黄色い花もかわゆす。
うちの庭は植えたらほとんどお世話もしない(時間がなくてできないの。。)ので、
できるだけ植物に見合った場所に植えるのであるが、
それでも勢いの弱いものは淘汰されてしまったりである。
この花もうちのグラウンドカバーのヘビイチゴとヒメツルソバに紛れているのだが、
案外強い植物らしく、今年はそこそこ咲いてちょっとうれしい感じ。
(これも得意のおつとめ品!で、なので咲くと余計にうれしいのである。)
スポンサーサイト



 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2019/12/22.Sun

今日も硝子な (和硝子鎬ショットグラス)

IMG_6026.jpg

どういう訳か、眠れない日があるのです、、爆睡する日もあるというのに。。
ということで、思い立ってウィスキーをショットでいただくことに。
ほぼ下戸に等しいけれど、ちょびっとだけショットっていいもんよ。
下手に割るよりアルコールの摂取量が分かりよく、お水は別で飲めばよいしね。
これにはナッツを、と決めた小皿@に到来の美味しいナッツを載せ、
手に入れたばかりのショットグラスをセッティング。

IMG_6019.jpg

なんということもない、筒のショットグラス・・・のようであるが、
(後ろは上野山清貢ということで、雌阿寒岳と丹頂が描かれて、個人的に嬉しい絵。)

IMG_6023.jpg

ハンドカットの面取りなのである、14面。モチロン底もハンドカットでならしてある。

IMG_6024.jpg

飲み口と底の縁は吹いたときの丸みが残っており、硝子も上質なので、一見それとは分からない、
硝子に興味のない人は今出来と思うかもしれない、言ってみれば見どころの分かりにくいお品である。
(つまりは市場価値はあろうのであろうか。。)
しかしながら、見つけた当人にとっては、やったぜ!感あふれるお品なのである。
こういう、今出来に紛れる質の良い硝子って、きっと明治だ。
そう思っていたら、ふたつが触れたとき、とても良い音がした。鉛硝子?
オールドバカラなどの可能性もなくはないけど、このカットは日本かなと思ふ。
いいんだけどなー、三毛庵の腕では上手くは撮れない。

IMG_6025.jpg

せっかくなので、お人形用のバスケットを取り出して、ここに布を着せて仕込んで、
いつか旅先で冷酒などをいただくのもよいかなー、などと妄想する。
百均のグラスと見せかけて実は凄い、的な!?
でもそれならやっぱり種明かしをしたら、へーって嬉しがってくれる人と一緒じゃなきゃなー。
・・・と妄想は続くのであった。
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2019/12/10.Tue

干柿の収穫 (瀬戸飴釉鯉形皿)

IMG_5995.jpg

干し柿ができた♪
実家に送った残りかすでつくったけれど、そんなに悪くないゾ。

IMG_5996.jpg

お菓子と一緒に、3時のお茶うけにひとつだけスライスしていただく。
渋柿がこんなにおいしくなるってすごいなー(しかも何の丹精もしていない柿。)
は読谷村?、古物というより中古品?でも、佳いお

IMG_5993.jpg

柿のお瀬戸の飴釉の鯉ちゃん♪
三毛庵初見であるが、でっかくて堂々としてキュートだわー。
実は縁があちこち共直しの満身創痍であるが、ごっつくてええ感じ。
きっとみんな傷でも勿体ないって可愛がってきたのだと思う。

IMG_5992.jpg

もうちょっとアップ。
(載せているのはシュトーレン。去年は絵瀬戸の角皿に乗せた@けど、瀬戸とは相性良しだね。)

IMG_5991.jpg

尾っぽもぷりっとして佳いね~。
今どきは、なんといいますか写真に写る通りの形を写したりしているものが多いけど、
こういう鯉を見た人の主観?のままに作られたもののほうが、何か真実がある気がする。
(土をこねて作られる安定した形なだけかもしれんけど。)
まぁ、でも古来よりKAWAIIは日本の専売特許だな~。

IMG_6003.jpg

清澄野紺菊はまだ細々と咲いていて、寂しい初冬の庭に似合う。

IMG_6004.jpg

今頃ようやっと紅葉を始めた楓と合わせた。
もうちょっと厳しく枝を整理して、ミニマムな花にできないものかとも思うけど、
そのような厳しさがどうも得意ではなく、咲いている花は極力残してしまうのね。。
花に正解もないだろうけど、個人的な花をいいことに、野放しのお花です。。
それでも名残の乱れた庭を思い出して、眺めてちょびっと和んだりする。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2019/11/18.Mon

備忘録とか (プレスガラスキャンディボックス)

IMG_5965.jpg

渋柿を少しだけ、吊るす。
こんなふうに、やりたいことはたくさんあれど、余力がない。
あまり器用とは言えない三毛庵であるので、日々優先度の高いやつからしていくと、
だいたいブログには辿り着けないのである。
ほんとうは、たまにはちょろっと振り返るための記録ぐらいしたいものだけどなー。
でもまぁ、その時その時で一番だいじなことができていればそれが仕合せというものだ。
美味しくご飯をいただく、ここちよい布団で眠る、、全力で暮せた日のご褒美。

IMG_5966.jpg

もっと住処をいい感じにしたい、お掃除もしたいとか思うけれど、
毎日行き倒れて挫折する。
なのでここでも優先順位をつけることにして、、願わくば水廻りを散らかさずに、と。
実をいうとこれはお手洗いの棚なのだけど、水廻りをそれなりに保てば何とはなしに安堵する。
あの、トイレ掃除開運説などそんな神頼みってなんかちゃうやろ、などと思ってしまうのであるが、
せめて水廻りのような汚れるところだけでもなんとかできれば、自己肯定感が増す気がする。

という訳で、のんちゃんがポスターで制作した長谷川りん二郎のタロー様に、
お気に入りの無色のプレスガラスたちを。

IMG_5968.jpg

この二つはまだ載せてなかった気がする。
どちらもありそうでもなかなかない、ツウなお品だと思うのだけど、
(現に左はSさんに譲ってもらったけれど、Sさんも気に入っているようだった。)
ウチのトイレを借りる方々には、この素晴らしさに驚くお方はおられないのである(笑)。
右の四角いのは、先客に値切られてへそを曲げていた主から譲ってもらった、
佳いと思えば素直に褒めることも大切である、うむ。

という訳で、水廻り脱生活臭計画についてであった。

IMG_5962.jpg

今年植えたノコンギク、清澄野紺菊。
ノコンギク「夕映」の鮮やかさも晩秋によいものだけれど、これはいかにも茶花らしい。
小ぶりで淡い花に黒軸で、庭で楚々と咲いている。
ヤマボウシの要らない枝を失敬。
年々秋というものが失われてゆく、その時々、綺麗だなーって思っておかないと。

IMG_5961.jpg

備忘録:
先日は星野画廊さんに藤田龍児展を見にゆく。
(貴重な余力は使うべきところで使わないと。)
いつでも一点ぐらい小品が掛かっていて、星野さんが大切にしている画家なのだとは思っていたが、
過去の自分は、あーきっとまだ私の理解が届いていないのだ、そういう気がしていた。
でもなんとなく、いつか機が熟することがあるような、そういう予感もあったかもしれない。
佳い展覧会だった。(やはり現物を見ないと、ほんとうの良さはわからない。)
半身不随になって絵筆を持ち替えた後の作風は、一見素朴派だけれど、違うと思う。
体の自由を失って、精神の自由を得たというべきか。
(倒れる前の、日本の伝統を踏まえた鬼気迫る作品ももちろん素晴らしかったが。)
精神は自由、周到に練られたであろう巧みに隠された作為、
素直に楽しむこともできるし、いつまでも眺めて考え込むこともできる。
佳い絵について、その画家の生き方を強調するのは精神論のようで好まないけれど
(不染鉄について、やたらと心の磨きようを強調するのには少し違和感がある。)、
でもやはり、絵というものにはどれだけ鍛錬を積んだかとか、
どれだけ描くことに熱意を燃やしたかというような、見えない部分が現れると思う。
絵を見て、そのとき画家が思ったことなど分かろうはずはない、と洲之内徹も書いていた気がするが、
それでも、心が動くということには理由があると思う。
見た人が感じ取れる何かのためには、その何十倍、何百倍ものエネルギーが必要だ。
目に見える部分の下には膨大な根っこがあるのだ。
だから、根っこの中のひとつ、日々画家がどう生きたか、というやつが養分を吸い上げて、
それが絵となって咲いているのを垣間見ることはあるのかもしれないけれど。

私にとって佳い絵というのは、一体どういうものであろう、と折に触れ考えてみるのであるが。。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
絵のこと | Comments(0)
2019/09/14.Sat

名月、それから菊と (菊慈童の古画、九谷の香炉)

ふと夜中に目が覚めてしまい、外を見ると仲秋の名月。
思ったよりも雲の多い夜だったので、寝る前に少し見えただけだったのが、今は煌煌としている。
宇宙へ行くとか、月に着陸するとか夢の多い昨今だけれど、静かに輝く月を見ること自体が奇跡である。
街中で暮らしているともうそのような実感などないのだが、
子供のころには月明りで影踏みをしたという記憶もあって、
また、旅に出てたまに夜中に山里を抜けたりすると、山の端に思いがけず大きな月を見ることなどあり、そういうとき素直にありがたい気持ちになる。

帰りしなに、月見団子でも、、と百貨店に寄ってみると、帰宅途中の人たちがお団子を買うのに並んでいて、平素並んでまで買うのが苦手な私もその列に加わった。
静かに順番を待っている人たちを見ると、月はやっぱり「お月様」なのだなぁ、と思う。

仲秋

庭の薄を切ってきて、お団子をお供えする。
庭に植えるグラス類は何より薄がよい三毛庵なのである。
大きくなると株分けなどなかなか大変であるのだが、今年は分けた株を実家に送った。
仲秋が九月であると、北海道では薄の穂が出ていないことがあったりし、母が残念がるのだが、
この薄は穂が出るのが早いので、送ってみたのだ。
残念ながら植え付け初年度の今年はだめだったようであるが、草姿がよいらしく、気に入っているようだ。

お月見のお供え

月見団子は関西風のにょろっとしたやつ(紙を外していないのはご愛敬)。
古い九谷の香炉と。

重陽の節句に

は先日の重陽の節句に飾っていた古画のまま。
今年の春に手に入れて、秋が来るのを楽しみにしていたもの。
近ごろは、床の間もなければ和室もないお家が多いせいか、物は割安なのがちょっとうれしい。
(探すところ次第では、現代アートよりずっとお手軽に手に入るのだ。)
仕舞うときに場所を取らないし、例えばマンションのお部屋などもいいと思うんだけどな。
まぁ三毛庵は難しいお作法などは知らないので、人様にお勧めする分際でもないのだが、
一本でお部屋に季節が生まれるって結構素敵なことなのだ。

菊慈童

時代の菊慈童、少し痛みはあるものの、私よりもずっと永く、大切にされてきたようである。
裂も当時の品のよいものらしく、趣味のよさという点において、昔の人には敵わない。

流通している立派な菊など見ると、野菜っぽくてあまり感ずるところはないのであるが、
野に咲く菊や、あるいは庭で乱れて咲く菊は佳い花である。
ここに描かれている菊はそういう花らしくて、うれしい。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME | Next »