2018/06/04.Mon

うさぎシステム (鉄製うさぎ置物)

IMG_3574.jpg

へんてこなものがあるなぁ、、西洋の玩具?でもなんだかなぁ。。
などと思いつつ見ていると、主が言う、
「これはね、車輪が動くねん。だからちょっと上等やねん。」
「これって外国のん?」
「いや、日本製。昭和50年代に高岡で作られたもの。」
「へーっ、高岡って銅だけじゃないんだ。」
鉄のものなど注意してみたことはないので主の言を信じるほかないのだが、
このようなものの氏素性がそんなに詳しく分かっているというのもびっくりである。

IMG_3576.jpg

車輪があるから玩具っぽいけど、まぁまぁリアルうさぎだし、
重たい鉄では子供が扱うシロモノではないような気がする。

IMG_3575.jpg

となるとこんなものがあるのはナゾであるが、鉄の質感も面白く、
大人のために作られたのならなかに粋なものである。
うさぎシステム2と命名。

うさぎシステム1はというと、最近作ったこちらである。
IMG_3518.jpg

暖地で庭をしている人が悩むポイントは、エアコンの室外機前である。
熱風に吹きさらされるので、並大抵の植物は育たない。
なので、どうしてもそこだけ寂しい場所になってしまうのである。

という訳で三毛庵、最初は素敵なブロンズの彫刻でも置こうと思ったのん。
ネットで高名な作家の素晴らしいのを見つけたのだが、
当時とても体調が悪くてなんとなく入札できなかった。
で、当面はなんちゃってシステムを作ることに。。
可愛いうさぎ氏は樹脂製です。。
樹脂があかんとは思わないけど、時の経過で程よく風化はしてくれない気が。。
まぁそこが悩ましいポイントである。
高さを出すために置いた鉢は余っていたものの流用。

IMG_3519.jpg

高級ヘデラ、『雪の華』のポット苗をばらしてまぶしておきました!

IMG_3592.jpg

ごく最近の画像、ひょろひょろと細い葉っぱが伸びてきている。
うさぎシステム1にはまだ仕掛けをしてあるのである。
結構可愛くできたなぁ、と悦に入っているのであるが、
出来たばかりの樹脂製というものはアクセントにはなっても、
こころの拠りどころ、という訳にはいかないものである。
そう思っていた三毛庵、この後新たな出会いが待っていたのであった。。
(つづきはそのうち。)

IMG_3563.jpg

去年処分品を買って植えた、赤いスカシユリ(品種名不明)が咲いた♪
>>続きを読む
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2018/03/08.Thu

春の嵐 (昭和の犬のぬいぐるみ)

寝込んでいる間に啓蟄を過ぎた。
気温が上がった日曜日は、ここぞとばかりに洗濯をしたり、
窓を開けて風を通したりしていたのだけど、気温と気圧の変化についてゆけず。。
よい季節なのに、いつもこうである。
実際のところ、今もざわざわして、じっとしているのが精いっぱいなのだが、
のんちゃんに気分転換を、と言われ、恐る恐る庭に出てみたりした。

このごろ、庭に小鳥が一羽きていて、人を怖がらない。
頭が灰色、お腹がオレンジっぽい茶色の可愛いのんで、
調べるとどうやらジョウビタキの雄のようである。
剪定した薔薇の枝に止まってキョロキョロしている。
咲いたワビスケ「有楽」の花をむしった犯人かなー。
冬枯れでも、去年より少し庭らしくなって小鳥が来るようになったのだ。

IMG_3339.jpg

このわんこも、ジョウビタキに負けず劣らずのカラーリングである。
のんちゃん曰く、ゴミ箱に鼻を突っ込んでいたかのようなガン黒。。
これが可愛いというのは、ふるもの好きも末期症状というべきか。

IMG_3341.jpg

立派な尻尾がついている。

IMG_3342.jpg

丈は和熊氏の倍ほどありそうだ。

IMG_3343.jpg

なかなかの存在感を放っている。

IMG_3348.jpg

フェブラリー・ゴールドが咲いた。早い年は2月に咲く、早咲きの水仙。
野趣のある花の形と春を告げる黄色が早咲きに似合っていて、好きな品種。
昔のお庭に植えていたのを、鉢で持ち越し、去年は咲かなかった。
新しい庭で咲いているのを見る歓び。

(↓庭の記録)
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2018/02/17.Sat

手紙をしたためて (ロイヤルドルトン「バニキンズ」マグカップ)

とほほ、お疲れ過ぎて眠れない。。
まぁ眠れないからって焦ったりしないですけどね。
(むしろ焦るのは起きれなくなるほうであるからして。)
気晴らしに起きてみるのであるが、こういうときは大抵ブログを書いている・・・。

ほんとうのところ、お返事を書きたいなぁ、、と溜め込んでいる
お手紙があったりして、早く書けばいいのはやまやまなのであるが、
ブログやメールは書けてもお手紙には慎重なのである。
こんな眠れない夜に書いてもろくなことはないし、
テレビのうるさい(笑)横では思うようには書けないし、
ましてやせわしない日々のスキマでは、なんだかそんな空気を
相手に郵送してしまいそうだし・・・。
礼を欠くのはよろしくないが、そういう暮らしをしているのがよろしくないのである。
あぁ、優雅に紅茶をすすりながら手紙をしたためたいことです。

IMG_3317.jpg

お部屋の片隅にあるマグカップが優雅なお手紙暮らしへと誘う。
そうだな、せっかくならお魚のインク壺とペンで書きたいな。
土曜の午後いっぱいを費やしてしたためるのであるぞ。

IMG_3321.jpg

どんぐりみたいな昔のバニキンズのマグ、たっぷり紅茶を淹れて
お手紙の時間のお供にするであるぞ。

IMG_3320.jpg

夢で書いたお手紙をうさぎの郵便屋さんが運んでくれる。
そろそろ布団に潜ったなら、シュールな夢を見れそうな。。


庭師がさぼっている合間にも、お庭は少しずつ変化する。

IMG_3315.jpg

「月照」が咲いた。聞きしに勝る別嬪さんである。
蕊の抱え方とか、これはもう気品という言葉しか思いつかない(ありふれた言い回しだが)。
この無駄をそぎ落とした、凛とした花は、まだ寒いこの時期によく似合っている。
同じ白椿でも「加茂本阿弥」はゆったりおおらかな花で、
歴史のある花はどこかに遊びがあるのが魅力であるが、こうしてみるとどちらも捨て難い。
そういえば今朝、ようやく去年植えた有楽も花を開いていた。
有楽なども最近の品種に比べれば完璧な花とは言えない気がするが、
でもそういう微妙な「揺れ」の部分に却って魅力があるように思う。
そういうところを言語化したり、数値化するのはむつかしいのであるけれども、
でも古来愛でられてきた花であるからして、宇宙の法則みたいなのがきっとあるのであろう。
椿一輪にこころ奪われても、その秘密に近づくのは至難の業なのだ。

「加茂本阿弥」が咲くころは、はりつめた空気も少し緩んでいるかと思う。

 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2018/02/13.Tue

君の名は (京焼?波千鳥文盃)

昨日からどうにもならない負のオーラでいっぱいの三毛庵である。
こんなとき何かのせいにはしたくないけれど、
なんとなく、あいつのせいのような気がする・・・台風2号。
いろんなことで気を紛らわせようと思うのだが上手くいかない。

IMG_3274.jpg

IMG_3273.jpg

IMG_3275.jpg

もうちょっと平常心でないと、ちょびっとのお酒も飲む気になれないしなぁ。
市でみつけた波千鳥の盃もなかなか出番がない。
(印が清水六兵衛のような気がするが、箱もなかった。)
思い通りにはいかないものである。

>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2018/02/11.Sun

晴れの日曜(犬張り子の抽斗)

晴れの日曜、建国記念の日。
庭に出て、薔薇の剪定をする。
寒さは厳しいけれど、陽の光が強さを増してきたせいか、
薔薇の芽や、雑木の芽がほんのり膨らんできている。

庭仕事に昼寝、働き者と怠け者の一日。

IMG_3312.jpg

相変わらず怪しいものが鎮座するお部屋。。

IMG_3310.jpg

古びた刺繍が可愛かったというのもあるけれど、、
すこし昔の指物って、惚れ惚れとしてしまうのだよなぁ。

IMG_3311.jpg

前の扉が上に収納されて、華奢な桐の引き出しが出てくる。
開け閉めもスムーズで心地よく、何を入れようかとこころときめく。
こういうのを「仕事」っていうんだろうな。

IMG_3313.jpg

引き出しの上には昔、妹といった鎌倉で買った土人形の鳥。
ほんとうは壁に掛けて嘴に願い事の紙を挟むものだ。
昔のうちで、ずっと働きっぱなしだったので、今は休ませている。

久しぶりのまとまった雨で、椿の蕾が膨らんだ。

IMG_3304.jpg

「月光(卜伴)」は江戸時代からある花で、深紅に白い蕊が美しい。
確か白洲正子さんが好んでいたように思う。
三毛庵も秘かに狙っていたが、浮気をして桃色卜伴を買った。
そうしたら母からこれをもらって、桃色のほうはまだ咲かない。

(↓庭の続き)
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME | Next »