FC2ブログ
2020/02/22.Sat

雨水過ぎて (油彩 木下克巳『田舎の春』)

IMG_6178.jpg

雨がポツリポツリ降り出したので、庭に出て咲いていた有楽を切る。
この冬はなかなか寒くならなかったせいか、いつもは早い椿が遅かったり、
春咲きと思う椿に早く色が出たりしている。
有楽と月光はいつもよりも遅い気がする。
花入にしている徳利は読谷山焼、北窯の松田共司窯のもの。
北窯は広々として沖縄らしい赤い瓦の建物や登り窯の風景が気持ちよく、
向こうに行くとつい立ち寄ってしまう場所だ。
おおらかでいて慎ましやかな姿に、侘助椿を入れたいなと思った。
マイブームが花入なのか、近ごろは花が似合いそうなものについ目が行くのであるが、
北窯にはいかにも椿が合いそうなものがあって、ついつい目移りしたものだ。
(花と器が親密な関係を築いてくれる、そういう器は案外ないのだ。)
このようなものに彼の地で花を入れるならば、何をいれるのであろうか。

IMG_6179.jpg

古い油絵には「田舎の春/木下克巳」とあった。
調べると和歌山画壇の重鎮であられたようだ。(詳しくなくて申し訳ない。)
おそらく戦前頃のものとおもうが、早春の澄んだ空気が鼻をくすぐるような
眺めて心地よいものである。
眺めて満たされた気持ちになるのは、
そういうものがじんわり滲み出ているからのように思う。
ちょっとした拾いもの気分も味わって愉しい記憶。

IMG_6174.jpg
庭は早春、銀葉椿の残りの蕾が開花。
葉っぱが小さいので、特別大きくもない花だけど、頭でっかちに見えてそれもキュート♪

IMG_6153.jpg
大株で毎年お世話もなく咲く、ヘレボルス・エリックスミシー。

IMG_6152.jpg
こちらは去年買ったピンク・フロスト。ニゲルとステルニーの交配だっけな。

IMG_6155.jpg
ミヨシのメリクロン苗、ニゲル・ダブルファンタジー。初年度から開花してくれる。

IMG_6156.jpg
去年、花咲き進みの処分品で買った、ダブル・ゴールド。
今年は補植していないので、枯れ色な庭だが、燦然と光り輝く開花で華やぎが。
去年の今頃庭を眺めていて、庭植にはオーレアである、ゴールドがいいかなと思った。
ゴールド株ってもしゃもしゃして大振りなので、鉢植えだと持て余す気がしていたけれど、
庭には野菜のようなもしゃもしゃ感が似合うと思う。

IMG_6170.jpg
完全に開花すると、ふわっとゆったりしたダブルで、蕊も立派、ますます庭向き。
スポンサーサイト



 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
絵のこと | Comments(0)
2019/01/25.Fri

藪柑子の冠を (戦前ぐらいの記念のコップ)

目が覚めていてもなかなか起きることができない残念な日々が続いていたけれど、
今朝はどうやら起きて、出かける前に洗濯したり、できないでいた細々したことをしたり、、。
ふるいもののこと、庭のこと、ちょっとした暮らしのことなど、
たくさん書きたいことがあるんだけどなー、いつもそこまで辿り着けない。

IMG_3966.jpg

冬になると、ジャングルと化していたお庭は嘘のように空っぽになる。
木も枝ぶりやら冬芽やらを見せてくれて、この季節だけは三毛庵も庭の王として彼らを支配する。
領地を歩くと、ヤブコウジが青々と蹲っている。小さな常世。
庭の木のどれかに住み着いていいと言われたら、小さくなってヤブコウジの下なんかいいかもな。
(ヤブコウジはお正月が明けて処分品になったもの、リース仕立てのお正月飾りを
フンパツしたのをばらしたものといろいろだ。)
斑入りのとかも素敵だけど、緑のもよくって、一株は寒さに色づいていた。
こういうそこはかとない紅葉もいいと思うんだけどな。
この株はよく茂って、実もついたので優秀かも♪

家でも見たいなーって思ってちょびっと頂いてくる。
けちい三毛庵は最後に挿して増殖を目論むのであるぞ。

IMG_3967.jpg

このコップを見つけたとき、何かに使いたいなーって思ったのだけど、
このヤブコウジに感動的に似合って満足。
近ごろ誰にも理解されそうにないのに、個人的にはやけにきゅんとする
このようなマリアージュを発見することが多く(笑)、ぼーっと眺め入ったりする。

このコップ、「タケル商会?ヤマトタケルを祀ったのか?」って思ったんだけど、
調べてみると小樽商業高校の同窓会?が「ソンショウカイ」なのだそうで。
(秘密結社めいた?かっちょいいマークは樽商の校章のようです。)

小樽商業は大正初め、100年以上の歴史のある名門校で、
このコップは統制陶器ちっくなので戦前ぐらい、、25周年とかそのぐらい?
卒業記念とかなのかな?
小林多喜二が卒業生なんだ。
去年、統合になっているようで、卒業生は寂しいことと思う。
コップもさみしいだろうから、常緑のヤブコウジの冠はしばらくそのままで。

IMG_3968.jpg

ほら、こんな綺麗なもの、滅多にないと思うんだけどな。

IMG_3969.jpg

椿「月照」が咲いた。
去年もそんなこと言った気がするけど、この椿の端正さは冬が似合うな、春の椿じゃない。
凍れる月。

IMG_3973.jpg

冬のがらんどうのお庭が好きで、これはいただいたドウダンツツジ。
ちいさな木の枝ぶりもやっぱり木で、当たり前だけど、、
ホームセンターで今年はこの気分、って買った(たまには定価で!)ビオラと
ガーデンシクラメンがすごく似合って(これもすっごい主観だけど)、
大切なドウダンツツジの冬景色を益々惚れ惚れと眺めてしまう。
下手に配色とか考えるより、素直にいいと思ったものを並べるのが佳し。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2012/09/18.Tue

ぺらぺらながら (瀬戸?白磁輪花豆皿)

贅沢なことである。永遠に日の目を見そうにないがらくたを所有するということ。
実用としてもそれほどの用向きはなさそうだ。
つるりとしたせいぜい戦後ぐらいの瀬戸辺りの白磁豆皿
しかもちょこちょこ当たりがある。 
きっと古伊万里ならもう少し出世のしようもあったのだろうけど・・・。
だけど、こころが動いたのだからしようがない。
しばらく横目で眺めていたいなぁ・・・と思ったのだから。

blog 8782

ぎりぎり薪で焼かれているのか、降りものがあったり、輪花のエッジが効いていたり、
厚手で抱えていたり、薄手で開いていたり・・・。
粗末なものだけれど、煮梅とか栗の甘納豆とかきんかんとか、あるいは雲丹とか・・・
小さくて上等なものをちょこんと載せたら、うつくしいかと思う。
そういう贅沢もあっていいのじゃないかと思うのだ。
何にも媚びずに、いられたらいいと思う。

blog 8780

こんなそばかすっ子でも、醜いとは思わない。
ぺらぺらながら、「薄っぺら」ではない。

blog 8779
(径7.5cm)
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2011/11/15.Tue

使えなさそうで・・ (瀬戸印判ウィローパターンティーセット)

blog 7780

有名なウィローパターンの、ごくありふれた、つるりとした瀬戸のもの。
ウィロー(柳)、柵に囲われた庭と茶室、橋の上を逃げる男女と追う男、
島へと渡る小船、つがいの鳩・・・物語の主題が全て描かれているのが特徴だけれど、
イギリスのものと比べると、瀬戸のデザインはマンガチックで微笑ましい。
(ウィローパターンの悲恋の物語は検索するとすぐに出てくる。)

blog 7777

こんな風にデッドストックのセットで出てきたものだけれど(といっても本来は
6客ではないかと思うし、何故か「土瓶型」をしているポットの「つる」もない)、
特別珍しくもない、ブルー&ホワイトの印判のウィローパターンに釘付けになったのは、、
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0) | Trackback(0)
2011/11/11.Fri

暮らす硝子 (切子吹きガラス杯)

ガラスが好きだといっても色々だ。
大正辺りのごりっとしたプレスガラスの類なんか好きなものだ。
無色のものに僅かに不純物の色合いが入っていたりするのを飽かず眺める。

その一方で、戦前ぐらいの、ともすればかしゃりと割れてしまいそうな
ごく薄く吹かれたガラスも、見つけるとひとつ、またひとつと連れ帰る。
骨董的「味」もないものだけど、日常を少しだけ飾って使いよい。
唇に薄く当たる感触が、飲み物たちをその日一日のご褒美にしてくれる。
こちらのグラス@は、夏の夜、冷えたビールをぐいっと飲むのに。
飾り気のない切立型の小さなものは、暑い午後、とっておきの水出し冷茶を。

blog 7730

そうして、お気に入りの発泡梅酒はシャンパングラスで。
カットの模様が、暮らしに僅か色味を添える。

blog 7720
(直径9.7cm 高さ12.5cm)

先日も、あ・・・きっとこれ、うちのと同じところで作られたもの、
そう思ってひとつ連れ帰った。
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »