2017/06/05.Mon

腰掛けながら (昭和のスツール)

狙いすまして市にいったところで大した収穫などないものであるが、
ふらふらと彷徨っていれば、思いがけない出会いにときめいたりもする。
へーっ、こんなんあるんや、っていうの、愉しいのである。

のんちゃんが小さい椅子を見つけた。

IMG_2657.jpg

スツール、ってやつか。
布張りが、うちにあるのんちゃんの椅子@と同じ時代感で気にいって、
座り心地も上々であったので連れ帰る。
何処に置くのがいいんかな、と思っていたら、
埃を払っていたのんちゃんがキッチンに設置してくれた。

IMG_2655.jpg

台所仕事をだらだらとこなす三毛庵であるので、
鍋を掛けているあいだ、あるいはお湯が沸くまでのあいだ
ちょんと腰掛ける・・・実によい案配。
味気ない今出来のものを置くのはつまんないし、
といってこだわりの椅子を置くほどには頑張れない。
そのような三毛庵であるので、この腰掛けにはゴキゲンなのであった。

脚の高さもほどよくて、いかにも作業の合間に腰掛けるのに具合がよろしい。
気持ち良すぎて、勝手口の窓からの音や風、
向うに見えるリビングの様子、それらと一緒にぼんやりしてしまう。
ぼんやりしながら、迷い事やら何やらが浮かぶのであるが、
ここちよい、時を忘れるよな時に、やっぱりただぼんやりするのである。

IMG_2627.jpg

赤いスカシユリが艶やかに咲いた。
先週の嵐の翌日に咲き・・・

IMG_2658.jpg

今朝もう一輪が咲いた。
庭にたまにこういうお色、よいな。
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/05/28.Sun

時を「知らせる」 (ユンハンス社置時計)

家に柱時計@がやってきて、便利だなぁ・・・と思ったのは、
やはりぼんぼん鳴るところである。
三毛庵はテレビもつけていないことが多いので、
時を知らせてくれるのは、予想以上にありがたいのだ。
(「時を知らせる」という表現は、時計が鳴るものであることを示しているのか?)
もちろん夜中も鳴って、たまに寝付けないときにああ○時か、
などと暗闇の中で思うこともあるが、普段は特に気にならない。

とはいえ、これはやりすぎか?と思ったのは・・・

IMG_2600.jpg

こちらの置時計も鳴ることである(笑)。
ふたつとも、テキトーに遅れたりしながら、テキトーに鳴っている。
こちらは独逸のユンハンスのものとのことで、
柱時計が日本的な湿り気のある音で鳴るのに対し、
乾いた音で小さな鐘のように鳴る。

掛け時計にしろ、置時計にしろ、今の時代困るのは、
これぞ時計!というようなものがないことである。
ちゃんと機械で、品の良い木味の枠で、などと思っても
そんなものはないのである。
なので、昔の時計が普通に手に入ってちゃんと動く、というのは
大変にありがたいことなのだ。
時計はのんちゃんが連れ帰ったものであるが、
今の時代にナットクのいく時計がないことを不満に思っていた三毛庵は
このナイスなお買い物に、拍手喝采なのであった。

IMG_2599.jpg

ユンハンスの隣のお花は、またも「咲き進み」のお買い得品である。
コガクウツギというやつで、八重なのでおそらく「花笠」という品種ではなかろうか。

IMG_2601.jpg

このような魅力的な花が蔓に咲く、という素晴らしいアイテムである。
綺麗にリース状になっているので、のんちゃんはしばらく飾ったら?
というのであるが、来年の蔓が伸び始めているのが三毛庵的には
気が気ではなく、早く地植えにしようと目論んでいる。

この週末も爽やかな五月晴れとなったので、お庭のお手入れを・・・。
冬から春をずっと楽しんだビオラもそろそろ仕舞いである。

IMG_2617.jpg

ほんとうは、まだすこし楽しめそうだったのであるが、
代わりのものを植えるため、思い切って抜いた。
(いつもあともうちょっと、と決断が遅れるのであるが・・・。)
咲いている部分だけを綺麗に整理して、花瓶にぎっしりと挿す。
(飴細工みたいな花瓶は昭和のもの、こういうものはまだ安価でよろしい♪)

IMG_2609.jpg

まだ株の小さい、ヤマアジサイ「藍姫」が咲いてきた。
やはり花付きがよい品種なのであろうか。
藍姫というぐらいだから青系なのだろうけど、ちょっと赤みがかっている。
造成したての塀際に植えたので、アルカリだったのかな?

IMG_2616.jpg

去年処分苗を植えた常山アジサイ。
粒々の蕾がいっぱいついていて、たいへんに可愛らしい。
(青い実もなるらしいので、それもまた楽しみである。)
二株別々に植えたのだが、一株はゆったりと横張りで、
もう一株はコンパクトでやや立性である。
これは挿し木ではなく実生なのか?

のんちゃんが草むしりをして、「ドクダミに花までついてた」と
見せてくれた。可愛いのでもらって挿しておくことに。

IMG_2619.jpg

庭では自由に生えてきて、抜くと臭くて迷惑なヤツであるが、
テキトーに挿してもばっちり決まる、とにかく草姿のよい植物である。
こういうのを見ると、上手にリースに仕立てたコガクウツギは
すこし窮屈そうで、自然の姿には叶わないなと思ってしまうのである。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/05/21.Sun

小さい花の家 (小さな花籠)

和室に織部床風のニッチを作ってもらい、
軸もお花も掛けられるように、引っ込められる無双釘を取り付けてもらった。
建て替えに当たって、ちょっとだけ欲を出したのは、
絵を気軽に掛けられて、小さい花も飾れる家にしたい、ということであった。

IMG_2591.jpg

三毛庵はけちぃので、ざっくりとお花を切ることができない。
というか、ちょっとずつあれこれお花を育てるので、
ざっくり切ると翌年の分がなくなってしまうからなのだけれど。。
なので、惜しんで切った花を生かせる場所が欲しかったのである。

そんな訳で、花を入れるものも小さいとありがたい。
気温もぐんぐん上昇した今日、これからの季節にぴったりの小籠を見つけた♪
冬越しして咲き始めた河原撫子の花のサイズ感から分かるように、
10cm × 11.5cm、小さな花を挿すのにちょうどよい。

IMG_2592.jpg
(落としが無くって、例によってのんちゃんのショットグラスを拝借!)

こんなに枯れて、繊細な細工で、三毛庵好みのちびっこで、と
3拍子そろったお利口さんなのに、さらにゴキゲンなことには
夢のオカイドク価格(笑)で譲っていただいたのである!!
庭のお花が切れるぐらい咲いてきて、ふるものの神さまが
ちょっとサービスしたろか、などと思いついてくれたのであろうか。
こんな素敵な籠に入れるのであるならば、
ド素人の花でも、切って了ったお花にも申し訳が立つというものだ。

さて本日のふるものの神さまはこれだけではなかった!
あれ?このコップ・・・と目を留めたこちら、

IMG_2586.jpg
(高さ9cm弱)

純度の高いお色味なので見逃しかけたけれど、これって古くない???
手に取ると丁寧な造り乍ら微妙にたわんで、吹きガラスのようである。
質感も心地よく、水の塊りのような澄んだお色は期待大!である。

IMG_2587.jpg
(うーん、三毛庵の腕ではこの品佳い硝子のお色が出ない。。)

家に帰ってそっとブラックライトを当ててみると、実によく反応!!
おー大正ぐらいあるのかな~。
なかなか端正でこういうのは却って古かったりするものだ。
まぁだからってどうということはないのですけれどね、
でもでも、なんとふるものの神さまはこれにも夢のオカイドク価格なる
値札を貼っておいてくれたのである♪
(ひっそり昭和のガラスの中に潜ませてあったけれど!)
神さま、ありがとうございまする。
(とつぶやく横で、のんちゃんがもう一個ないのかな、と
一緒に使えないのをザンネンそうにしていた。)

結局本日の三毛庵は、この二つを思いがけず手に入れたのをいいことに、
余ったお小遣いをほかのふるい硝子に投入してしまったのである。
まぁ、天下の回り物は余った時にどこかに回す勇気も必要なのだ、きっと(笑)。

本日のベイシーズ・パープル・ローズ、いっぱい咲いた♪

IMG_2585.jpg

こういうルゴサ(ハマナス)系の風景が綺麗だな、と
思えるお年頃になったのねー。

暮れ方、あまりに好天が続くので水遣りをしていると、
「わ、黒い花♪」

IMG_2589.jpg
(あり得ない位置に咲いていたので、上手く撮れなかった。。)

もちろん、自分が植えた花である、クレマチスの「ロマンチカ」。
光線の加減によって、「黒い」と感じる魅力の多い花である。
もう少し咲いて、平開する。
丈夫なのもよくって、マニントン・モーヴ・ランブラーとのコラボを期待し植えた。
モーヴ色に黒、ってなんかよさげだな、という安易な発想である。
いずれも今年、地べたで咲いているのだが、
来年フェンスいっぱいに咲く姿を妄想し、実に満足するのである。

 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/04/07.Fri

朝に夕に (柘植山水文茶合)

毎日結構なお疲れというか、恒例の春の体調不良なのであるが、
メダカの子が孵るので忙しい。
これまでに76匹孵った!!
なんで数えているかというと、卵を孵す器から、孵った子メダカを
金魚鉢(という名の地球瓶2号)に移していくので、そのときに数えるのだ。
大きくするのはもっと大変そうだけれど、ひとまず孵化は成功なようでほっと一息。
こういうとき、ゆっくり構えられない性分なので、卵の入った器を覗いたり、
子メダカの様子を見たり、お花にお水を遣って、金魚に餌をやり、
合間にお茶を飲む、といった日々なのである。

ゆっくりお茶を飲むときの愉しみにと、すこしフンパツして茶合を手に入れた。

IMG_2255.jpg
(8.2cm)

三毛庵好みの「ザ・山水」であるが、可愛いお家に人も居るのだ!
これはサイズが小さいのがウリで、茶箱に入るなーとか思っているけど、
ひとりふたりのお茶をちょろっと淹れるとき、
うやうやしく茶葉を計るのにほどよいのである。
柘植の木というのもナイスである。
お洒落さんではない三毛庵は柘植の櫛など持っていないが、
いやしんぼうであるので、柘植の茶合を持つのである。

IMG_2256.jpg
(8.4cm)

こちらは、毎朝職場に持っていくお茶を淹れるときに使っているもの。
手軽に手に入れたものだけれど、これも小さくて使いよく、朝が愉しいものである。

IMG_2253.jpg

この通り、よく似た大きさなのでひとつで足りるような気もするが、
美味しいお茶のためならば、やっぱりお道具も愉しみたいものである。
道具というのは一緒に暮らして人を助けてくれるものだから、
(道具を持たずして人と言えるのであろうか?)
愛着というものは必要だ。

朝に夕に、愛でながらお茶を飲む。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/03/11.Sat

庭仕事の合間に (雛道具曲げ物行器)

朝からビオラの花がらを摘み、水遣りをしているうちに頼んでおいたお茶が届く。
毎朝水筒にお茶を淹れて持っていくのだが、そのお茶を切らしたのだ。
元々毎日ペットボトルのお茶を買って仕事中飲んでいたのだけれど、
近所のスーパーで型落ちの水筒が安くなっていて、買ってみようかと思った。
少し上等なお茶にしても、計算すると自分で淹れればペットボトルよりも安く済む。
そう思うと、そのほうがエコにもなるし、いいように思った。
朝が苦手な三毛庵であるので、毎朝お茶など淹れられるのかとも思ったけれど、
職場で美味しいお茶を飲めるうれしさに、案外と習慣化できたのであった。

そんな訳で、庭仕事のあとの10時のお茶にさっそく届いたものを試飲中である。
朝は調子がイマイチだったので、二度寝でも決め込もうかと思っていたが、
お日様に当たりながら土いじりしていると、こころが外に向いてちょっと復活した。
(そういえば、鬱の回復期の頃はずーっと庭仕事をしていたっけ。)

IMG_2075.jpg

もう雛祭りは過ぎたけれど、三毛庵はいつも旧暦までは飾っている。
いつものちびっこの一刀彫の五人囃子@であるが、今年はちょこっとバージョンアップ♪

IMG_2076.jpg

これは行器っていうやつかなぁ?
雛祭の前の骨董市で、いろいろの雛道具の中に混じっていた。

IMG_2077.jpg

華奢で上品な曲げ物である。
この五人囃子を格納しておいたら可愛いかと思ったのん。
(でもこの器も何かに格納しないといけないような気がするが(笑))
いい具合に収まるかなぁ、としばし悩んだあとに購入したところ、
隣にいた女性が「買わなかったら私がもらおうかと思ったんよ。」と仰った。
どうやらお値段で悩んでいると思われたようである。

IMG_2078.jpg

上空からの画像!
五人囃子も行器も台にしている曲げ物も、みーんな市でちょぼちょぼ買った。
今年は何処に仕舞ったかを思い出せなかった!こちら@も市の戦利品。
ばらばらに手に入れたものが思いがけずいい感じになると、うれしさ倍増である♪

ヘレボラス・アトロルーベンスが開花。

IMG_2051.jpg

正確にはこの個体はもう少し開くのであるが、このふっくら鈴のような開きかけが可愛い。

IMG_2004.jpg

これが芽出しのころで、この状態も五人囃子みたい?で可愛い。
咲くとそんなに整形花でもないのだが、草姿がよくてお気に入りである。

<以下お庭の記録↓>
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME | Next »