2017/04/07.Fri

朝に夕に (柘植山水文茶合)

毎日結構なお疲れというか、恒例の春の体調不良なのであるが、
メダカの子が孵るので忙しい。
これまでに76匹孵った!!
なんで数えているかというと、卵を孵す器から、孵った子メダカを
金魚鉢(という名の地球瓶2号)に移していくので、そのときに数えるのだ。
大きくするのはもっと大変そうだけれど、ひとまず孵化は成功なようでほっと一息。
こういうとき、ゆっくり構えられない性分なので、卵の入った器を覗いたり、
子メダカの様子を見たり、お花にお水を遣って、金魚に餌をやり、
合間にお茶を飲む、といった日々なのである。

ゆっくりお茶を飲むときの愉しみにと、すこしフンパツして茶合を手に入れた。

IMG_2255.jpg
(8.2cm)

三毛庵好みの「ザ・山水」であるが、可愛いお家に人も居るのだ!
これはサイズが小さいのがウリで、茶箱に入るなーとか思っているけど、
ひとりふたりのお茶をちょろっと淹れるとき、
うやうやしく茶葉を計るのにほどよいのである。
柘植の木というのもナイスである。
お洒落さんではない三毛庵は柘植の櫛など持っていないが、
いやしんぼうであるので、柘植の茶合を持つのである。

IMG_2256.jpg
(8.4cm)

こちらは、毎朝職場に持っていくお茶を淹れるときに使っているもの。
手軽に手に入れたものだけれど、これも小さくて使いよく、朝が愉しいものである。

IMG_2253.jpg

この通り、よく似た大きさなのでひとつで足りるような気もするが、
美味しいお茶のためならば、やっぱりお道具も愉しみたいものである。
道具というのは一緒に暮らして人を助けてくれるものだから、
(道具を持たずして人と言えるのであろうか?)
愛着というものは必要だ。

朝に夕に、愛でながらお茶を飲む。
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/03/11.Sat

庭仕事の合間に (雛道具曲げ物行器)

朝からビオラの花がらを摘み、水遣りをしているうちに頼んでおいたお茶が届く。
毎朝水筒にお茶を淹れて持っていくのだが、そのお茶を切らしたのだ。
元々毎日ペットボトルのお茶を買って仕事中飲んでいたのだけれど、
近所のスーパーで型落ちの水筒が安くなっていて、買ってみようかと思った。
少し上等なお茶にしても、計算すると自分で淹れればペットボトルよりも安く済む。
そう思うと、そのほうがエコにもなるし、いいように思った。
朝が苦手な三毛庵であるので、毎朝お茶など淹れられるのかとも思ったけれど、
職場で美味しいお茶を飲めるうれしさに、案外と習慣化できたのであった。

そんな訳で、庭仕事のあとの10時のお茶にさっそく届いたものを試飲中である。
朝は調子がイマイチだったので、二度寝でも決め込もうかと思っていたが、
お日様に当たりながら土いじりしていると、こころが外に向いてちょっと復活した。
(そういえば、鬱の回復期の頃はずーっと庭仕事をしていたっけ。)

IMG_2075.jpg

もう雛祭りは過ぎたけれど、三毛庵はいつも旧暦までは飾っている。
いつものちびっこの一刀彫の五人囃子@であるが、今年はちょこっとバージョンアップ♪

IMG_2076.jpg

これは行器っていうやつかなぁ?
雛祭の前の骨董市で、いろいろの雛道具の中に混じっていた。

IMG_2077.jpg

華奢で上品な曲げ物である。
この五人囃子を格納しておいたら可愛いかと思ったのん。
(でもこの器も何かに格納しないといけないような気がするが(笑))
いい具合に収まるかなぁ、としばし悩んだあとに購入したところ、
隣にいた女性が「買わなかったら私がもらおうかと思ったんよ。」と仰った。
どうやらお値段で悩んでいると思われたようである。

IMG_2078.jpg

上空からの画像!
五人囃子も行器も台にしている曲げ物も、みーんな市でちょぼちょぼ買った。
今年は何処に仕舞ったかを思い出せなかった!こちら@も市の戦利品。
ばらばらに手に入れたものが思いがけずいい感じになると、うれしさ倍増である♪

ヘレボラス・アトロルーベンスが開花。

IMG_2051.jpg

正確にはこの個体はもう少し開くのであるが、このふっくら鈴のような開きかけが可愛い。

IMG_2004.jpg

これが芽出しのころで、この状態も五人囃子みたい?で可愛い。
咲くとそんなに整形花でもないのだが、草姿がよくてお気に入りである。

<以下お庭の記録↓>
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/01/22.Sun

古風な住まい (ヴォーリズ風?書棚)

去年の今ごろ、仮暮らしを始めたころは、
昭和のお家よりさらに)寒い!と騒いでいた。
仮暮らしがこの冬だったら、さらにさらに骨身に凍みた?ことであろう。

それにしてもこの2年は祭りであった。
忘れもしないのは、何といっても昭和のお家のお片付けだが、
新しい住まいでぼんやりしつつ、幾多の打ち合わせを思い出したりもする。
内装の打ち合わせではのんちゃんもお疲れで、三毛庵ひとりが焦りまくっていた。
ここで後悔すまい、と必死だったものである。
ご予算からくる壁紙の選択肢の少なさにひるみつつ、
潰しの利く白色系のなかから、僅か計りグレイッシュなのを選ぶ。
カーテンもグレーに、、実はこのとき既に
リビングにはライオン・ギャッベ!と賑やかな絨毯を妄想の三毛庵、
(まだ買ってもいない)絨毯頼りにカーテン・壁紙を選んだのである。
内装が出来、一年前の想定通りと安堵したが、
気に入った絨毯を見つけて敷き、お友達がインテリアを褒めてくれた時、
ようやったぞ三毛庵、と己れを労ったものであった。

実のところは、のんちゃんが市で集めたふるい家具類が、
ちゃんと木でできて、総じて茶色いのでよく調和しているせいやもしれぬ。
とはいえ、三毛庵が色気を出さず、グレーっぽくしたのは幸いである。。

そんなこんなで、新しいお家を古びた住まいに仕立て満足のある日、
三毛庵素敵な書棚を発見・・・!

IMG_1873.jpg

こじんまり(車に載りそうだ)で無骨な造り♪
場所がないので悩んでいると、「場所はなんとかなる!」と、のんちゃん。
・・・確かに、何とかなった♪

飾るものには事欠かない三毛庵宅であるが、ここにはね、
眺めていたい当座の戦利品をちょぼちょぼ並べるのだ。
ごちゃっとはいけない、後ろの壁紙が映えるぐらいにすっきりと。
(己れのごちゃっとした過去を忘れる三毛庵。)

この書棚の可愛いところ、、

IMG_1874.jpg

切嵌があるところ。

IMG_1875.jpg

ちょこっと遊びのあるところ。

IMG_1877.jpg

古びたボルトが無骨なところ。

IMG_1878.jpg

しっかりしたところ。

IMG_1872.jpg

簡素だけれど気が利いて、近江八幡と聞きヴォーリズを思い浮かべ、
勝手にナットクの三毛庵であった。
(スイマセン、妄想激しく。。)

IMG_1885.jpg

ここには最初、のんちゃんの椅子があったのん。
椅子のほうが壁に映えたかなぁ、でも陽に焼けるしなあ、、
とか思いつつ(椅子は今は向かって左に)、
置いてもらったちいさい書棚を眺め、ご満悦なのであるが。。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2016/11/06.Sun

時を刻む音 (柱時計と置き鏡)

先週は体調を崩したりして結構大変だったので、
週末はのんびりと過ごす。
といっても、花苗を買いに行ったり、のんちゃんが欲しいという
クッションを見に行ったりと、快適に暮らすための努力には余念がない。

これから冬にかけての季節は庭仕事の一番楽しい季節である。
何しろ関西の庭は、夏となればもう手が付けられないほどの
ジャングルと化し、藪蚊も容赦ないのである。
なので三毛庵は、冬に庭に手を入れたら、
あとは時折メンテナンスするのみである。
草花は、雑草防止のグラウンドカバーになりそうな多年草を中心に。
あとは植えっぱなし球根草をところどころに隠しておく。
今年はたぶんスッカスカだろうから、ビオラなどの一年草の力も借りる。
茶毒蛾がいやだから、椿は植えないほうがいいのだけれど、
でもちょっと切ったりするのに欲しいなぁ・・・と悩んだ末、
ワビスケの有楽(太郎冠者)にした。白侘助も捨てがたかったけれど。。
有楽のピンク色はほかにちょっとないものね。
(のんちゃんは八重の美麗なのを欲しそうにしていたけれど!)
お庭は地味庭にして、でもばらはちょっとほしいので
耐病性のあるやつをちょびっとにする、と決意していたのだが、
いつものホームセンターでお安い苗を見かけたらつい買ってしまった。
ひとつは私の好きなガリカ・ローズのシャルル・ド・ミル、
これはまぁ、一期咲なので開花後多少の病気も致し方なし、
でももうひとつは、ジュリアズローズ、ハイブリッド・ティーだ、、
また無農薬での対策を考えねばなるまい。。

そういえば庭仕事には、三毛庵の鬱回復期ずいぶんとお世話になった。
五感を使って手先を使って無心に何かをするのはよいことだと思う。

今これをかきながらカチコチカチコチというリズムを聴いている。
のんちゃんが柱時計を手に入れたのだ。

IMG_1591.jpg

小ぶりで、玉杢なんかがあしらわれた味のよい木のものだ。
正時毎にボォーンボォーンとなるのが楽しみである。

IMG_1590.jpg
(長径33cm)

柱時計のある生活、など特に考えたりはしなかったが、
こうやって時計の音を耳にしていると、
昔の祖父母のうちのことを思い出すのだった。
おそらくこの時計は当時のものよりもうひと昔前のものだと
思うけれど、そういえば柱時計って現役だったなと思い出した。
古い家の中は時計の音、育種もしていた祖父の温室にはラジオの音がしていた。

IMG_1592.jpg

振り子のダイヤの窓も洒落ていて、ガラスもカットされている。

さて、とはいえ我が家には柱らしい柱もなく、
時計様はのんちゃん作成の専用柱に取り付けられているのである。

IMG_1587.jpg
(鏡の大きさ:約25cm四方)

今のところ味気のない柱であるので、下に鏡をおいたのんちゃんである。
その鏡というのがこちらのもので、松本民芸家具のもの、
これも鏡面がカットガラスで当時はなかなか
高級なものだったのではないかと思われる。
市ではほんものの家具や道具が三毛庵でも買えるのがうれしいところである。

IMG_1583.jpg

ハロウィンのときにお友達より頂戴したカボチャ氏。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2016/10/13.Thu

今宵の月 (朽木盆)

十三夜、今宵薄曇り。夜半ぐらいにでもちょっとお月見をしたいけれど。
カーテンを開け、お供えをする。

IMG_1552.jpg

早生のみかんはちょっと違うかなぁ・・・と思いつつ、
6寸ほどの小さな朽木に、栗と一緒に。
(お花は先日衝動買いした岩シャジンを・・・。)
ほんとうのところ、とても調子が悪くって、
今宵後の月であることさえ忘れていたのだ。
でも、お供えやらお飾りやら、決まりごとをしていたら
いくばくか気持ちも落ち着くように思う。
気候に左右されない人がうらやましいと言えばうらやましいけれど、
多様であることは悪いことではない。
こんなに気候に振り回されても、春はお花見を、
秋はお月見をする、そういう風土で良かったと思う。

IMG_1554.jpg

朽木のおは十三夜に似合うかな、と久しぶりに取り出した。
(自分の技術的問題かもしれないが、
漆器というのはあまりいい感じに撮れない。
実物のしっとりと癒されるような風合いが出ない気がする。)

IMG_1550.jpg

どうにかお飾りもできるぐらいには片付いたので、
久しぶりにお香でも焚いてみようかと思う。

 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME | Next »