FC2ブログ
2020/06/02.Tue

紫陽花フリーク (古伊万里染付紫陽花文皿)

IMG_6774.jpg

去年植えたアケボノホタルブクロが咲く。
生存競争の激しい庭のせいか、植え場所やら品種のせいか、根付いたり根付かなかったり、、。
一方ドクダミは勝手に蔓延るし、抜くと臭いのが困るのだが、生き残った奴が咲くと情緒がある。

IMG_6775.jpg

ヤマアジサイも結構咲くようになり、一枝頂く。
「七変化」という種類で、近くに植わっている「藍姫」とあまり違わない。
(どちらも結構青く咲くのだが、画像では赤みが入る気がする。)

紫陽花は本邦産だけあって、暑さや蒸れ、ムシには強く、日陰でいいからありがたいのねー。
いっぱい植えたいから、西洋アジサイよりコンパクトなヤマアジサイを選ぶのであるが。

IMG_6777.jpg

伊万里のそば猪口にもたまにあるけど、あんまりない、紫陽花文。

IMG_6776.jpg

描くとこんな感じであまり情緒がない(笑)。

IMG_6778.jpg

あまりないのは古来人気がなかったからで、どうしてかな?
お寺さんの某所のようにじめっとした場所に咲くから、吉祥ではなかったのか?

IMG_6779.jpg

でもこれは、裏が宝尽だからそんなことはないよなぁ。
ヤマアジサイは変異も多いのに、古典園芸植物ではないような。。

さて今や、ヤマアジサイも西洋アジサイも空前絶後の新品種ブーム。
母の日のプレゼントに人気というのも大きいと思う。
それは三毛庵的にはナットクで、カーネーションって最後まできれいに咲かせるのが難しい。
だから、アジサイやクレマチスのように育てやすくバリエーションが多い花がよいのである。

というわけで、毎年のように出る新品種にぐいぐい吸い寄せられる三毛庵、
今年は禁断のヤマアジサイより大きいのんに手を出してしまったのであった。

IMG_6783.jpg

うっひょーめちゃ愛らしい♪その名も『小菊』!紫陽花なのにぃ。

IMG_6782.jpg

有名な加茂セレクションの新品種で、偶然見かけてゲットしたけど、品薄みたいです。

IMG_6787.jpg

一般的な西洋アジサイより小ぶりなので、ヤマアジサイの血が入っているのかな?
加茂セレクションは育てやすく、花付きもよいので育てるのが楽しみ~。
今のこの微妙なグラデーションがざっくりなお世話でも出るとよいけど。。

まぁとにかく、このころは紫陽花フリークな三毛庵なのである。

↓紫陽花の話はまだまだ続く(笑)。
>>続きを読む
スポンサーサイト



 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2020/04/20.Mon

去年の桜 (王地山焼染付氷裂梅文猪口)

天神さんや弘法さんは日にちが決まってるので
お休みの日に当たると楽しみであったものだが、屋外の市すら中止とは寂しい。
致し方のないことではあろうけれど、、。
ネットでもよいし、業者の方には頑張っていただきたい。
だけど市をぶらぶらして会話をすることがやっぱり楽しいと思う。平和は大事。

毎日ご飯作ったり洗濯したり、花に水を遣り、金魚に餌をやる。
今のところこれは平和。ありがたいです。
母世代には戦争の記憶があり、少しだけ聞いたことがある。
母方の実家は生産も兼ねた花屋であったが、戦争になって
祖父が花を全て処分し、代わりに野菜を植えたのだと聞いた。
野菜作りを手伝いに来た人は、代わりに出来たものをもらって帰ったそうだ。
花がみんな処分されてしまったことが母には随分記憶に残ったようである。
我が家の庭も日々緑が鮮やかになってゆくのであるが、
この先もこの姿を守って行ける時代であるのかわからない。
わからないけど、わからないから今一生懸命お世話しよう、と思うのだ。

IMG_6373.jpg

すっかり季節外れだけど、可愛いので許してね。
氷裂梅文の小猪口である。

IMG_6372.jpg

迷った末にセットで戴いた。
思えばその後大半の市が中止になったので、
いろんな意味で買っておいてよかったのかもしれない。
古い王地山焼ではないかとのことであったので、そのように記した。
三田かもしれないが、見掛けない、上手物なのでそうではないか、との由。

IMG_6375.jpg

私には何か、判断ができないなぁ。。この世界は奥が深い。
でもとろっと美味しそうな釉薬で、眺めているだけで癒される。

IMG_6374.jpg

覗くと・・・フシギな形!クルスかなぁ?などと想像を膨らませる。
某大阪の北部で出たとのことで、大阪の北部には隠れキリシタンの里あるしなー、
とは妄想だけどね。(そこで焼いたわけじゃないだろうから(笑))
このフシギな形に純米入れて飲んでみたいなーなんてちょびっと思うが、
まだ実行には移していない。

ということで本日もふるものを愛でることができ感謝♪
よろしければ一緒に愛でていただければ幸いです。

IMG_6371.jpg

このところは春という季節もないよな気候変動ぶりであるが、
この春はなかなか気温が上がらない。
そんな中、一番に咲いた薔薇は、ブールソールという系統のオールドローズ。
マダム・サンシード・パラベールを植えたはずであるが、
モーレッティー・・・のような気がする。まぁ、この薔薇がうちに来たかったのだろう。
難なく咲いてはどんどん散ってゆく薔薇で、
風に煽られてあさってのほうを向いていたのを切ってきた。
トゲもないので茶花にしてもいいのかなと思う。ほんのり甘い香り。
去年の春が初花で、爽やかな気候のうちに咲いてくれるこの花は
その気候ゆえか実家の初夏の昔の庭を思い出させる、、私の中では平和の薔薇。
そういえば、去年の今頃友人が吉野の桜を見に来た時に、
「来年もある」などとは思わないことだ、と互いに言い合ったのであるが、
それはこういうことだったかと思う。
お正月には無理を言って向こうで集まってもらったのだけれど、
無理を言ってつくづくよかった。

今日は大したこともしていないけれど、日記ぐらいは書けてよかった。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2020/02/26.Wed

オカイドク万歳! (古伊万里染付松文猪口)

切った有楽は、咲いてもう暫く経っていたせいか、翌朝には花が落ちていた。
落ちたところに水のようなものが溜まっていたので舐めてみる!と甘い蜜。
切ったとき、ちょっと匂ってみたら蜜の香り、してたからね。
椿には香りがないというけれど、少なくとも有楽は蜜の香りがするし、
去年は小鳥(メジロかな?)にぼろぼろに突かれていた花もあった。
そういえば昨日はメジロのつがいが庭に来ていたけれど、椿が咲くと知っているのかな。

IMG_6187.jpg

近所のホームセンターで、値引きになっていた、シクラメン『天使のはね』。
ホームセンターなのでもともとそれほどお高くはないのだけれど、
満開に近いせいなのか、もう2月も終わるからか、2/3のお値段。
実は去年も買ったのだけど、花も葉っぱも特異な姿で小ぶりなのは原種交配によるものらしい。
シクラメンってうっすら香る個体と香らないのがあるけれど、これはほのかに香りもある。

実をいうと去年のも夏越しに成功したので、これから咲く、立派なやつがあるんだなー(笑)。
安いから買う、っていうのん、無駄遣いの典型っぽいけど、気に入ったので今年も夏越しにチャレンジしたい♪
(去年の大株こそもう一年越す自信ないし。)

無駄遣いと言えば、猪口はたまには買うかな、ぐらいの三毛庵、
少し前に買いましたよー、お値段に誘われて!(笑)。

IMG_6180.jpg

あーこれ、佳い絵だなーって手に取って、おそるそるお値段を聞いてひっくり返りそうに。。
一瞬、今は料治熊太以前?かと思うよな、オカイドクヒン♪
簡略化され、リズミカルに弧を描いた松の染付と古伊万里らしい美しい磁胎、
いいなーって思っても、平素はなかなか踏み切れなかったりするのにね。

IMG_6192.jpg

横にあったこちらも同じお値段!ということでゴキゲンでお買い上げ~。

IMG_6193.jpg

二つ目のも松なのだけど、枝ぶりの上半分が裏面に掛かれていて面白い。
一つ目のほうは松竹梅。
これ2つで値引きのシクラメン、『天使のはね』と同じぐらいのお値段だったのん♪
(『天使のはね』も人気の品種なので普通は安くはないけど、結構お安かった。
なので、じゃあいったい、猪口はいくらなんだー、って感じ(笑))
こういうラッキーは自分に訪れたら喜べばよし、人に訪れたら羨んではいけません。
だって、ラッキーは、その人がそれまで勉強した分のご褒美だと思うもの。

IMG_6194.jpg

という訳で、たまには猪口もよし、な三毛庵である。
(料治熊太氏のこの本は、少し前に○○○オフの均一コーナーでみつけた。
ちなみにお値段は、猪口と同じだったという。。)

IMG_6204.jpg

一年でキャベツ大に成長した天使のはね、植え付けた今年の分との差が激しい!
葉っぱの下には蕾がぎっしりでゴキゲン♪

植物ネタがオタク過ぎるので、こっち@に書いてみているのだが、
FC2のほうがざっくり書きやすかったりして、悩ましいところ。。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2020/02/09.Sun

ごはん最強! (伊万里染付線描茶碗)

IMG_6118.jpg

このところ、この冬一番というかやっと冬!的な寒さで縮こまっている。
余り凝ったことをする元気のない三毛庵にいまいち食欲のないのんちゃん、
そうだ!こんなときはドンブリに限る!それも目に美味しそうなやつ、、
ということで三色丼♪
緑色はフツー実えんどうではない気もするけど、ありものでつくったらこうなったのねー。
いやー三色丼、最強!美味しく作って美味しくいただいた。

IMG_6119.jpg

お茶碗は幕末ごろの線描きの伊万里、すこし大振り(12cm強)で、小どんぶりにちょうどよいのん。
こういうものは使うとやみつきになるんだなー。
今どきのものよりずっと丈夫で、手取りも抜群、そして何より、いつものご飯がご馳走になる。
まじまじ見つめて食べるわけじゃないけれど、不思議とじわっと美味しく思えるよ。

IMG_6120.jpg

この大雑把な絵付けも美味しそうなのよ。
あまり思うことができずなんだかなーな一日でも、おいしくご飯をいただけたら、
ありがたやーって思えるものね。

余談であるが、三毛庵先月、高級なるおひつを手に入れた。
去年から鍋で手早く美味しくご飯を炊く方法を実践して、ご飯は飯切に布巾で
冷ましていたけれど、そろそろおひつが欲しいなーと思い。。
高級なる箒を手に入れた時もまあまあ周囲にウケてしまったが三毛庵は真剣で、
自分のニーズを考えると掃除機よりも箒に投資をするのが合理的だったのだ。
この度も飯の旨さにおいて、高級炊飯器よりおひつが合理的だったのである。
といって、「丁寧な暮らし」ができるほどこころに余裕はないので、
たぶんこれが一番メンテ不要?、と思った曲げわっぱで内側に角のないタイプのにした。
このへんは人それぞれ、暮らし方に合うタイプがあると思うので、どれが最強ということはないけれど。
という訳で、しっかりもとをとれるぐらい使えるといいなー。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2019/10/24.Thu

霜降る頃 (清染付花入)

朝早くなんとなく目覚め、少し肌寒かったので膝掛けを出す。
昨日は「霜降」だったのだそうで、次は「立冬」だから秋も終わりである。
だけど、、夏とまでは言わないにしてもこの辺りはいつまでも気温が高く、
秋らしい時期がすっかり失われている気がする。

IMG_5957.jpg

それでも季節は進んでいて、ホトトギスの開花のあとは、
菊の類が咲き始める。
去年の今頃旅先で見つけた園芸品種の真っ赤な小菊。
小さなポット苗だったが、今年は一枝失敬できるほどには育った。

咲いたら何にいれようかな、と楽しみにしていたけれど、
旅先で思いがけずこれを見つけたとき、あぁきっと小菊が似合うな、と思い浮かんだ。
近ごろは、庭に花が咲けば一枝切って楽しむそのような日々、
そんな中でふと花入を見かけるのである。

IMG_5947.jpg

清のはじめぐらいのもの、ということであったがどうだろう、
ぼろっちいまでに古い箱に少し前の札があって、古染付とあった。
売主の仰る通り、明末などはないであろうが、厚手の造りは清でも日本注文の末裔と言うのは贔屓だろうか。

IMG_5950.jpg

裏に描かれた、このお山にぐっときてしまったのねぇ。

IMG_5956.jpg

表の笑っちゃうよなおぢさんもお気に入り。
まぁ、正真正銘明末古染の、一見ユルそうでも格調高いお品とは比較にもならないけれど、
圧倒的に美しいというのも、何か正論をかざすようで、ときには引けたりするものだ。
強者の論理など微塵もなさそうなところが、取り柄と言えば取り柄なのかもしれない。

IMG_5958.jpg

それにしても小菊の愛らしいことである。
ずいぶん昔、アンケートで年齢が上がると好きな花の上位が「菊」になる、と読んだ。
その頃はイングリッシュガーデンのはしりだったから、今の中高年の好きな花はもう「薔薇」かもしれない。
だけど今や三毛庵も、庭の片隅に咲く菊を愛でる心情がよく分かるおトシになったのだ。
そうなったのが寂しいかというとそうではなく、分かる世界が拡がったのだと知った。

IMG_5959.jpg

さて、毎年のお楽しみ、鳥取の新興梨を買いにお出かけして、
帰りしな、大徳醤油さんの地元限定の生醤油があるのを思い出して買い物に寄った。
おいしそうな純米の地酒が置かれていたので・・・
金魚ちゃんをゲットした!!
(三毛庵宅は空前のお金魚様ブームなのである。)

IMG_5960.jpg

どちらもジャケ買いと言えそうだが(笑)、でも本格派のお酒なのだよ♪
金魚のほうは発泡にごり酒、楽しみ~。

IMG_5954.jpg

週末にはお金魚様と小菊で一杯、ってところでせうか。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME | Next »