2017/04/25.Tue

草花のある暮らし (くらわんか手蛇籠文ころ茶碗)

蛇籠といえば護岸工事の資材であるが、
文様としてはなかなかに可愛らしく、風流なものである。
今どきのコンクリートブロックはありがたいものであろうけれど、
人造物も風景と調和していた時代というのが羨ましい。
今や人造物がその人間の手にも負えなくなる時代であるからして。。

IMG_2230.jpg

蛇籠の横に描かれているのは何かな?と考える。
こういう花のつき方は、沢瀉じゃないかな、と思うのだが、
それなら葉っぱは矢尻形だし・・・。
(先日メダカのために買ったナガバオモダカは何と外来植物であった。
園芸植物には外来のものはゴマンとあるので別にいいのだが、
中には在来種を駆逐するほど繁殖するヤツもあるので注意が必要である。)
でも左に描かれた菖蒲っぽい草も、花はかなりテキトーなので、
あまり写実には徹していないようである。
テキトーな文様だけれど、護岸の風景に目が留まった、というような
こころの動きが感じられる、佳い図である。
ちょこっと昔に行って、当時の人の草花との暮らしなど見てみたいな。

IMG_2231.jpg

折角の涼し気な文様であるので、
何かこれからの季節に使いたいものであるが、
冷茶では物足りない気がする・・・冷やし甘酒なんかどうかな~。

IMG_2409.jpg

さて、3球植えたハウエラがどうにか全部咲きそうである。
だめもとで植えた処分品であるので、やけに可愛らしく見える(笑)。

IMG_2407.jpg

原種チューリップの「バタリニー・ブライト・ジェム」は
いっぱしのチューリップの形であるが、まぁ15cmほどの可愛いサイズ。
園芸種のチューリップは暖地ではほぼ翌年咲かないので、
庭に植えようかな、と思うのは丈夫な原種である(小さいしね)。

IMG_2410.jpg

陽が差すと花が開くが、園芸種のチューリップの内側みたいに怖くはない!

IMG_2411.jpg

こちらも処分品なのに立派な苗だったスカビオサ、開花。
(どうしてもピントが合わなかった。。)
日本のスカビオサ、、松虫草のほうが背が高く風情があるが、
西洋の松虫草もこれはこれで可愛らしい。

だけどやっぱり、初秋の美ヶ原に咲く松虫草は泣けてくるよな風景。。
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/04/04.Tue

お家ランチ (伊万里輪花染付浮御堂文皿)

休日のお昼ごはんは、大抵簡単な麺類である。
どれぐらい簡単かというと、袋麺とか冷凍うどんとかパスタとか、
ほとんど茹でるだけなのである。(まぁたまに出汁をとることもあるが。)
パスタも一人の時は残り野菜パスタにもするが、
のんちゃんのいるときは、ほぼ温めるだけのパスタソース!!
日本の食品メーカーは三毛庵よりは腕が立ちますからね♪

IMG_2232.jpg

中身がお粗末なぶん、器でカバーするのである。
高価でなくとも、ちゃんとした器に入れると美味しいような気がする。
がっついて、ろくに器など見ていないようなときでもそう思う、不思議だ。。

IMG_2235.jpg

7寸あって、ちょうど二枚あってうれしかったけど、
お安く譲っていただいて、さらに浮かれた♪ありがとうございます!!
(ソッコー綺麗に洗って使いましたです。)

IMG_2233.jpg

このお、フラットな面から縁がぐっと立ち上がっていて、
きっと使い易いだろーな、料理がおいしいだろーな、って思ったのん。
自然にパッとイメージが浮かぶものって、だいたい間違いなし!なのである。

IMG_2234.jpg

パスタを食べ終わると出てくる文様も、浮御堂かな、かなりキュート♪
お家ランチバンザイになること請け合いである。

この日は筍を買いに行ったのだけれど、今年はまだ早いとのことで
ひとまず自宅用の小さいのだけを買ってきた。
いつものように筍ご飯と若竹汁にし、のんちゃんに撮影しないの?
と聞かれたものの、お友達を呼んでのご飯だったのでなんとなく撮りそびれた。
特に手が込んでいるわけでもなんでもない料理であるが、
やっぱり筍ご飯は春の一大イベントなのである。

本日の記録
ちびメダカ2号、3号、4号が誕生。1号よりも3日遅い。
同じお水で育つのに、生き物だからまちまちなんだなぁ、、
もっといっぺんに孵るのかな、ってなんとなく思っていたけれど。
急に暖かくなって、付近の桜も結構開いてきたけれど、
三毛庵宅の庭木も、新芽がだいぶん展開してきた。
ほんとうに素晴らしい季節!
毎日浮かれるのであるが、一方で激しく体調不良な三毛庵である。
あーどうしてこんないい季節が体には堪えるのか。。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/03/28.Tue

不染鉄展覧会の予定など (染付山水文小皿)

このひと月ほどのあいだに、期せずして軸を二本手に入れた。
この画家の、こういうものがあったらなぁ、、手の届くところで・・・、とは
夢見たものであったが。(夢を見るのは自由ですからね。)
まぁ、手が届くのであるからして、小品だったり若書きだったりするのだが、
「手が届く」ものを買ったのではなく、「これがいい」と思うものを買ったのである。
それって倖せなことではないだろうか。

どちらも大正ごろの山水である。
大半の山水に三毛庵は興味を持てないが、でも山水は好きなのである。
一本には山桜と思しき木も描かれていて、この季節に嬉しいものである。
大半の桜とか富士山の画は、ニガテなのだけれど・・・。
なんというか・・・売る気満々だったりするのはね。

そういえば、「絵は見るものではなく買うものだ」と思うに至ったきっかけである、
不染鉄の展覧会がようやく今年開催されることになった。
(不染鉄も富士山を描いた画家であったが、惚れ惚れとする富士山である。)
「売る気満々の絵が嫌」で、「絵は見るものではなく買うものだ」というのは
矛盾のようだが、身銭を切って見る価値のあるものを見たいということだ。

不染鉄、ずっと待ち望んでいたので、楽しみである。
◆没後40年 幻の画家 不染鉄展◆
平成29(2017)年7月1日(土)~8月27日(日) 東京ステーションギャラリー
平成29(2017)年9月9日(土)~11月5日(日) 奈良県立美術館

IMG_2178.jpg

こんな可愛いお家とか・・・

IMG_2179.jpg

青くそびえる遠山とか・・・

IMG_2176.jpg

描いた人の憧憬の世界を眺めるのは愉しいのである、山水万歳♪

IMG_2177.jpg
(径9.5cm)

このお皿は、こういうのんどっかで見た気がするけれど、
何処のものかが分からない。
分からない、ということで結果的にオマケにて頂戴した。
でもなんか、本体よりもオマケのほうが嬉しい三毛庵である。

山水でも、職業的にさささっと描かれたお皿もあるし、
これなどはじっくり、自分の憧れの世界を描いているようで、しみじみとする。
絵もお皿も、有名無名に関わらずこころ打たれるものってあるものだ。
(そのような不染鉄も、一度は忘れられた画家であったのだ。)

(↓無駄に多い庭の記録)
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
絵のこと | Comments(0)
2017/03/26.Sun

リシュリュー卿のことなど (長沼焼染付紙刷印判小皿)

この春は朝夕の冷え込みが厳しくて、そろそろ桜も咲くころだという実感がまだ湧かない。
それでも、水仙の蕾が膨らんだり、庭木の芽が綻んだりと、
日々何がしかの変化がある。
薔薇の芽も大分動いたなぁ、と眺めていてびっくりした。

IMG_2161.jpg

既に蕾が!!
去年初冬に植え付けてすぐ、芽が動いてしまったのだけれど、
ネットで調べると根が張ることが重要なのでそれでもよいそうで、
春に伸びた芽を切り戻すなり、そのまま伸ばすなり、
選択肢はいくつかあるようだった。
この苗は一季咲のオールドローズであったので、
切り戻す必要はないかなと思っていたら、いきなりの蕾なのであった。
カーディナル・ド・リシュリュー、造成地に不満も垂れず、賢いヤツである。

IMG_2171.jpg

のんちゃんが紅いチロリアンデージーをいいなというので、買ってみた。
ついでに深紅のガーデンシクラメンの売れ残り処分品も・・・。
(そろそろシクラメンなど終わりなので買うのは間違いのような気もするが、
毎日寒いので、つい冬場の続きで手を出してしまった。)
紅い花は庭では使い方が難しいので、あんまり買うことはない。
庭の真ん中ではやっぱりちょうど合いそうなところがなかったので、
通路の目を引くところにまとめて植えた。
春ならばパステルカラーの花にすれば良さそうなものだけれど(笑)。

得意の処分品ではなかったけれど、一つ売れ残っていた都忘れ。

IMG_2172.jpg

ほんとうは苗から育てて花が咲く、ていうのがお好みであるが、
全開の開花株である。
植えてみてもかなーり取って付けた感じであるが、致し方ない。
清楚な青紫色が画像ではうまく映らない。
花の色も葉っぱの澄んだ緑色も、それから草姿も控えめで、
まぁ日本人はみんなこんなん好きやろな、とは思うけれど、
御多分に漏れず三毛庵も好きなのである、都忘れ。
勿忘草も水色で可愛い花だが、どうせ忘れるなら都忘れがお好み。

都忘れは簡単に宿根しそうなのに、三毛庵は上手く殖やせない。
庭中都忘れを咲かせてみたいものであるが。
何処に植えようかとうろうろして、やっぱりこういう野趣のあるものは
クロモジの近くにしよう、と思った。
人気の?クロモジ様の近辺は、ますます密集してきているような。。

週末は催事があってぶらぶらしてきた。
好きなものでよいものが買えたりして悪くはなかったと思う。
よくは分からないものもすこし買った。
よいものを手許に置こうと思ったらそんなん無駄足だな、とは思うけれど、
分からなければ買ってみて「知りたい」というのもあって、、
そのくせ、何が知りたいのかあんまり自分で分かっちゃないけれど。。

少し前に、東京土産にいただいたお皿である、長沼焼?

IMG_2174.jpg

下手なものでもあり、決してお高いものではないのだけれど、
石のような質感など悪くないと思うけれどな。
「誰が見てもいい」ようなものに食傷気味の時には、
こういうものにほっとしたりする。
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
庭仕事 | Comments(0)
2017/03/20.Mon

春を鳴らす花 (古伊万里染付陽刻梅文豆皿)

春分、二日ほど家を空けただけなのに、庭の季節は移り変わる。
日陰に植えた、小さな梅はやっと咲いたところだけれど、
でももう、名残の風情である。
あんなに賑やかに咲いていた有楽も気づけば花を落として他所他所しい。

IMG_2150.jpg

梅が咲くころ、掌で愛でた豆皿も、今はもう、散ってしまったかのようである。

IMG_2149.jpg
(径:8.3cm)

梅はやっぱり、春を待つ花なのだ。

IMG_2151.jpg

ひんやりとした豆皿の梅、一年の後、春を待つ頃きっと掌に。


旅立つときに開きかけていた、バイカラーアーリーセンセーション。
クラシカルなラッパ咲が、本格的な春の到来を知らせる。

IMG_2134.jpg

残りかすの球根だったせいか、1球しか咲かなかった!!
ということは、決してお買い得とは言えない気がする・・・(笑)。
頑張って球根を太らせ、来年以降に元を取るしかない。。

自分用のお土産色々♪

IMG_2152.jpg

鶴居のチーズ、シルバーラベルは定番品。
北海道の百花蜜(主にクローバーのようである)も置いてあったので、
それもいただいてきた。
あとは、道産品で作られたよつ葉のパンケーキミックスを買ってみた。
それとジンジャーシロップも。

IMG_2139.jpg

部屋の中で切り花代わりに育てていたチューリップが咲いた。
(たぶん、バレリーナという品種。)
切り花もよいけれど、こうすると育てる楽しみも味わえてよいな♪
ただ、チューリップは暖地では越年してもほぼ咲かないので、
可哀想だけれど、その年限りと割り切っている。

(↓庭の記録)
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME | Next »