FC2ブログ
2018/08/13.Mon

能茶山考 (染付オモダカ文型打深皿)

IMG_3719.jpg

暑い日はそうめんやらうどんやらで済ませてしまうが、
ちょっとぐらい栄養も・・・と気休めの具材を投入する。
手に入れたばかりのゴキゲンなおに盛れば、至福の「うちお昼」である。

IMG_3725.jpg
(径20.5cm)

7寸あって深さもあって手取りも安心、そして2枚組というのが用途が広がる。
欠点といえば磁貫があるところで、結構焼けてはいるので不安感はないけれど、
あんまり汁がしみ込むようなものは注意が必要かもしれぬ。

IMG_3722.jpg

伸びやかな染付が分かりやすく三毛庵好みであるのだが、
骨董をしている人なら、少々疑問を持たれるのではないかと思う、、
「こんなおあったっけ?」と。
三毛庵もあれ?って思ったのね、古いと思うけどフシギなおだな、って。
なんだか今どきのセンスのよい作家さんが作ったような、「新しさ」がある。
時代の箱には「今里 弐」って書いてあったけど・・・。

IMG_3729.jpg

裏もなかなかキュートだけれど、伊万里にもありそうなのにビミョーに違う。
(ちなみに畳付きが真っ赤に焼けているところもこれの特色のようである。)

IMG_3727.jpg

ハイ、銘があったよ「茶山」って書いてる。
つまりこれは高知の焼き物、「能茶山焼」ということになるではないか!
土佐藩の御用窯であったが、この「角に茶山」は払い下げ後の幕末頃のものらしい。
(緋色が出ているのも能茶山焼の特徴であるらしい。)
でも三毛庵にとって衝撃的だったのは、能茶山焼がこのようなユニークなデザインセンスの
ものを作っていたということだ。
こういうものってネットではさっぱり出てこないのだけれど、周知の事実なのかな?
江戸後期には、伊万里のビジネスモデルに目をつけていろいろな窯が磁器を焼いているけれど、
例えば九谷の若杉窯の染付などを見ても、いままで(中央で?)言われがちだった、
「伊万里の模倣」というのはちょっと違うんじゃないかと思うものがたくさんある。
能茶山焼も御用窯時代は優品を焼いたというけれど、
この秀逸なデザインのおを見た三毛庵は、中央目線で書かれていることって
実はずいぶん違うんじゃないかなぁ、って思った。
江戸時代の文化っていうのは今よりもっと豊かなものだったと思うのだ。

それでね、三毛庵的にびっくりしたのは、、

IMG_3724.jpg

じゃあ、このお皿@あのお皿@も能茶山焼ではないのか、ということである。
銘がなく、でも伊万里ではないと言われ、じゃあどこならこんなセンスのものを作れたのか、
ということがずっとずっと疑問だったのだが、これが答え?(もしかして新発見か!(笑))
見比べると大きいお皿が焼が甘いせいか質感は違うのだけれど、
これって同じ人のセンスを感じたりはしませぬか?(図柄が三方に広がるところとか。)
型打ちを採用しているところ、分厚い高台の造り、緋色も小皿の一部には出ていて、
どうしてもそういう風に思えるのん。
あー久しぶりに妄想を膨らませてゴキゲンな三毛庵。

前回、小皿の窯についての疑問を書いたばかりであったけれど、
あまり余計なことを考えずにいるときって、こういう符号があったりするのが不思議である。
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(2)
2018/08/12.Sun

夜更けにだらだら (紙刷印判微塵に富士文変形皿)

台風14号の発生のせいなのか、午後からは正体不明になっていた三毛庵である。
ずっと忙しかったこともあり、ふるもののことも上手く考えられない日々が続いた。
でもそれは、忙しかったというより、自分の中でちいさな変化が起こっていたからのように思う。
結果的に何か好みが変わったかというとそんなこともないのだけれど、
三毛庵なかなかの小市民なので、自分のなかの詰まらないジョーシキの殻を破るのが大変なのだ。。

自分の中でなんとなく納得のいく答えが見つかってから、
特に欲どしくしている訳でもないのに、自分にとって面白いと思えるものがやってくるのはフシギである。
いったい、ふるものの神さまは、どうやってものの預かり主を決めるのであろう。

いろいろ書きたいことはあるのだけれど、画像もないし、夜中であるのでまたにする。
ひとつ気になっているのは、初代武腰善平のことで、この人は九谷庄三の高弟であるが、
善平も小野窯に参加していた?というのは史実としてあるのだろうか。
不勉強な三毛庵であるので、庄三には小野窯時代があるのは知っているものの、
善平がどうであったかは知らないのである。
でも、あぁこれってきっと善平だよなぁ、、って思うことがあって、益々この人を尊敬するのであった。


画像がないのはあまりに寂しいので、猛暑における手抜きメニューを。。
(本文とは全く関係がなくてスイマセン。)

IMG_3717.jpg

北海道の美味しい帆立、メバルのお造りと一緒に。

IMG_3718.jpg

紙刷り印判の微塵がよろしい。(雪景色?な富士山も涼しげだしね!)
使いやすいサイズで、変形なのもおかずを盛りあげてくれて重宝である。

今ではこのような雑器も作れないだろうなと思う。
今の時代じゃなきゃ作れない、100年後も大切にされるものってなんだろうな。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2018/07/29.Sun

土用干しのち台風 (染付蛸唐草文六角隅入小皿)

西へと逆走する異例の台風、夜中に激しい雨風の音を聞く。
通過した今、風は収まっているが、雨は早朝まで降り続いた。
夜中の風雨はやはり怖い。
豪雨の被災地のほうへ向かう台風が、せめてできるだけ早く、
明るいうちに通過してくれればいいけれど。

連日猛暑、、酷暑?が続いたが、先週末は素晴らしい好天であった。
(素晴らしい、というのは、「梅を干す」という目的から言って、、の話である。)

IMG_3700.jpg

今年の梅はどれもふわふわの仕上がりであった♪
完熟の良い梅であったのだろうか。
ひとつ味見してみると、まだ熟成していない出来立ての梅干しは、
フルーツらしい佳い香り、ジューシーな味わいなのであった。

IMG_3699.jpg
(干しあがった南高梅、庭のベリーと万願寺を並べて悦に入る)

義父が亡くなって以来、3年以上梅干しづくりをしていなかったな。

IMG_3689.jpg

梅を干すスキマに、暑い中市へと繰り出す。
涼しげな染付小皿、縁にたくさんアタリがあるということで、
格安で分けてもらって、ゴキゲン。

IMG_3692.jpg

骨董好きは知っているんじゃないかな、と思うのであるが、
「高峰秀子さんの蛸唐草の油壷」というのがあって、
ころんとした油壷に、もう簡略化されてしまった、渦にちょんちょんと線を打っただけのような
いい加減な蛸唐草が描かれて、とても魅力的なものがある。
蛸唐草についてはいいとか悪いとかいろいろ言われるが、
あのように、じぶん好みの蛸唐草をみつけたいと思っていた三毛庵、
これに出会ったときはときめいた。
にょきにょきっと萌え出てぱっと開いたようなユルい蛸唐草に、こころ和むのであった。

IMG_3694.jpg

裏にもほのぼのとした蛸の一切れが描かれている。
変な高台で、プロの人に聞くと伊万里ではないが、江戸後期あるだろうという。
ひと昔前は「伊万里である」ということはなかなか重要であったが、
今はどうなのかな?そのもの自体の魅力を重んじる時代になったように思うけれど。

実はこれをみつけたとき、すごく嬉しかったのにはもうひとつ理由があり、、

IMG_3696.jpg

こちらのお皿@と同手だと思ったのん。
三毛庵が骨董を始めたころに出会ったお皿で、
珍品の古伊万里という触れ込み、当時は古伊万里全盛だったから結構お高かった。
でもひと目で好きになってしまったので、怖いもの知らずの初心者の三毛庵、
迷わずお買い上げ。
ずいぶん頑張ったなぁ、とは思うけれど、気に入っていれば後悔することはない。

で、これはどこのものなのか、ということなのだが、三毛庵は波佐見あたりかな?と想像する。
こういう感じの染付、こういう感じの高台って波佐見の油壷に似ている、
という、ただそれだけの理由のことで根拠はないけれど。。
どなたかご存じでしたらご教授ください♪

こんなクールな染付、お江戸の人のセンスに脱帽するのであった。
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(1)
2018/07/22.Sun

夏祭りのころ (伊万里染付芙蓉手小鉢)

暑中お見舞い申し上げます。
火を使うのも暑い日々が続く。(三毛庵宅はガスなので。)

IMG_3658.jpg

ごはんのおともがあるとらくちん。
さらにお気に入りの小鉢があると、手抜きを感じさせないグレード感!

IMG_3673.jpg

直径が10cmほどと、ほんとうに小鉢なのだけれど、
半球体の轆轤も染付もきりっと気持ちよく上がり、ほれぼれする器なのだ。
ふたつしかなく、一つには古い少しのニューがあったので、
ほかのものを買うついでで、知り合いの業者さんがとても気安く分けてくれた。

IMG_3676.jpg

市では価格交渉もひとつの愉しみだし、このように思いがけず気安く譲ってもらったりすることもある。
その場のやりとりという愉しい思い出が、その「もの」に自分だけの付加価値として上乗せされる。
ネットオークションで相場より安く見つけるのも、愉しみ方のひとつだけれど、
対面販売では「もの」だけでなく、「ものを介した会話」もついてくるのが嬉しいのである。

IMG_3670.jpg

あのときの豪雨の最中、木槿『白祇園守』が咲いた。
木槿は大きくなるので遠慮していたけれど、夏の茶花にあれば嬉しい、
という妄想が頭から離れず、いろいろ悩んで白の品種からこれを選んだ。
近所にはなかったので取り寄せたところ、びっくりするほど小さい苗で、
それでも今年3輪咲いた。
あとの2輪が祇園祭の最中に咲いたが、留守にしていて見ることができなかった。
これから大阪では天神祭り、京都では後祭り、と夏祭りが続く。
夏暑いのも、雨が降るのも必要なことだけれど、どうかそれが「恵み」であって欲しい。
昔も今も天災は祈るほかないけれど、人災が起こらぬようにしなかればならない。

IMG_3672.jpg

ベリー類は庭にあると可愛いし、ちょっとしたおやつになる。
花も実も可愛いんだけど、葉っぱも綺麗で紅葉もするから、愉しみが大きい。

IMG_3671.jpg

オクラの花。一日花だけど、夏らしい佳い花である。
葉っぱもね、色とか形がいいし、今のところあまり虫も来ないので、
葉っぱの色と形だけでなんとかしている夏の三毛庵庭にはちょうどよい。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2018/07/03.Tue

『南海之図』に寄せる (染付蓬莱山図楕円皿)

IMG_3659.jpg

花も咲き始めていた大苗を植えたので、一週間でオクラと万願寺とうがらしが成り始める。
採れたては艶やかで勿体ないほど綺麗。
苗も今のところさほど虫害もなく健康で、週末ガーデナーにはもってこいである。

IMG_3662.jpg

オーバルの染付のおは週末のみっけもん。
見た途端、おぉーっ、シュール!!
不染鉄の『南海之図』を思い出し、不染鉄ファンの三毛庵パクっと食いつくのである。
日月らしきものも描かれていて、おそらくは蓬莱山とか、そういう吉祥文様だろう。

IMG_3663.jpg

不染鉄の『南海之図』は心象風景でもあり、宗教画でもあると思う。
こちらのおは、ぷぷっと笑ってしまうよなお茶目な絵付ではあるけれども、
中々秀逸であると思う。
蓬莱山をこんなに力強く描くなんてこと、今の人にはできないものね。

IMG_3664.jpg

裏返すと分かるけれども、新しくはないけれどそんなに時代のあるものでもない。
せいぜいいっても明治ぐらいまでの瀬戸なのか伊万里系なのか・・・。
江戸期のものはやはりものとしてのクオリティが高く、美しいものが多いけれど、
もう今は時代よりも個々のものとして魅力があれば評価される時代である。
地震のあとにも懲りずこういうものを手に入れる三毛庵なのだが、
でもそうやって誰かが拾い上げることで、うつくしいものは後の世に遺るのであるからして。

IMG_3661.jpg

オーバルのおって、使っても愉しい。
茹でたオクラとトマト(こちらはスーパーのものだが)を切って入れただけだけど、
家で食べるごはんはこれだけでご馳走なのである。

IMG_3668.jpg

そろそろベリー類が採れ始めている。
地植え2年目のブルーベリーの実はかなり充実してきた。
今年ホームセンターで実付きの苗を買った分は鉢植えで、鈴なりだけれど
さすがに実はあまり大きくない。
2年目にしてついに収穫が始まったブラックベリーは「トリプルクラウン」という
トゲなし大実で美味しいということで取り寄せたものである。
多少種はあるものの、食味はたしかによろしい。
今年はかき氷器を買ったので、削ってフルーツソースをかけて
庭のベリーをごろごろ投入、お手軽デザートの完成である!
家電類は場所を食うので慎重に買う三毛庵であるが、ホームベーカリーと
電動かき氷器は買ってよかったなと思う。
逆に炊飯器はハリオの土鍋で事足りているので、
すごい高級な品種とかいろいろ出ているけれど、今のところ興味がわかない。

IMG_3667.jpg

こちらはたねやの夏ミカン&シークァーサーあんみつ、
高級であるがたいへんに美味しくいただいた。

IMG_3655.jpg

もうそろそろ花も終わりであるが、黄色のオリエンタルリリーも2年目の開花。
たぶん『コンカドール』じゃないかなーっておもうけど、お買い得球根セットに入っていた。
園芸品種だけど、品があって佳い花だと思う。

IMG_3648.jpg

オグラセンノウが草むらで咲いて、先日の大風でイトススキやアガパンサスと
入り混じっている。
この甘いピンク色は園芸種の植物にもなかなかない色で、緑に混じって
ぽつぽつと咲く様子がとてもお気に入りの三毛庵である。
ふだんあんまりピンク系のお色って使わないんだけど。
うっすら映る青いお花はアガパンサスで、昔ホームセンターで求めた
品種不明のものなんだけど、アガパンサスにしてはコンパクトで草姿もたおやか、
花付きもよくて気に入っていた。
仮住まいのあいだもどうにか持ち越したのだけれど、今年ようやく本調子になってうれしい。

夏のお庭はダイナミックに咲くものはさほどなく、まぁ草茫々、って感じだがそれもまた佳し。
あとはのんちゃんが植えた朝顔が育ってくれるのが楽しみである。

 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME | Next »