2016/12/03.Sat

苺のデザート (和ガラス無色氷コップ)

あぁ、気付いたら師走である。
正直言って今年の大半は調子が悪いとぬかしていた気がする、、。
だけど今も、何が悪いのか分らんのだけれど激しくお疲れなのである。

12月になると苺が出回り始めて、クリスマスまでは結構お高いのだけれど、、

IMG_1718.jpg

千疋屋の苺杏仁をお土産に頂戴した♪
わぁーい!なんだかちょっとお疲れが取れるかも~(ゲンキン)。
これは器を移し替えるのがむつかしいのでそのままいただく。

IMG_1702.jpg

秋の半ばに氷コップを手に入れた。
何ということのない無色のものだが、縁が折り返されているタイプで、
こういうのんって、ないなぁ・・そういえば。

IMG_1705.jpg

とうに氷を食べる季節も過ぎて、どうなんだ?と思ったけれど。。
これにフルーツをいっぱい入れて、フルーツポンチなぞ食したい。
牧山桂子さんがお父様である白洲次郎との思い出を綴ったなかで、
シャンパンを開けて余った際に、フルーツポンチにしたら
大変おいしかった、とあって、
それってこんな器に盛ったら美味しかろう、って妄想した。

クリスマスのデザートにしたらご馳走だなぁ♪

IMG_1706.jpg

バルーチのクッションとラグに時折ほっこり。。

IMG_1699.jpg

美味しそうな真イカがあったので、イカ大根を炊く。
寒いのは苦手だけれど、こういうものが美味しくなる。

<庭の記録↓>
>>続きを読む
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2016/09/26.Mon

真ん中っ子 (青プレスガラスアイスクリームコップ)

真ん中っ子というのは、今や絶滅危惧種であろうけど、
三毛庵は真ん中っ子である。
何の責任感もなく生きているように思われがちだが、
自分で食べてゆくことに必死なのである。
なんとなくものごころついた頃から、親きょうだいにメイワクをかけまいと
努力しているのである。
就職も外でし、結婚もさっさと決めて身勝手なヤツと思われようとも、
そういうふうな責任の感じ方であったのだ。

そんなわけで、今や実家では浮いた存在の?三毛庵、
親に遊びにきて欲しいな~と言ってはみたが、丁重にお断りされた。
親も見栄っ張りなので、結構歳を取ったということを
理由にはしたくないのであろうが、
事実とはいえ他のきょうだいのことにからめて断られてしまった。
そうなると、真ん中っ子根性丸出しでひがみっぽくなる三毛庵である。
ぶーぶー私が社会人になってこの方来てくれと言ったのは、
結婚式以来なのになー(実際にはもうちっとあったか)などと、
いいトシして不満をたれるのである。
自分でも、未だに親の気を引けないとがっくりくるのかと、
ちょっと可笑しかった。

さて、おうちは絶賛片付け中、連休で普通の人が暮らすおうちには
整ったものの、フツーでないふるものたちは未だ大半待機中である。。
というわけで、仮暮らし画像より、、

IMG_1471.jpg

青いアイスクリームコップ?を見つけた。

IMG_1472.jpg

透明のんと同じかなーと思ったのん。

IMG_1474.jpg

微妙だけど、柄が違ってた。透明のほうはSEISHOSYAの銘。

IMG_1473.jpg

たまに青色は綺麗だけど、そうすると透明もきれいだなって思い直す。

連休中、足りないものをホームセンターに買いに行って、
余計なものをついつい買う。
・未だ残暑厳しいのに岩シャジンの鉢、それも山野草とは思えぬ
 花束みたいにでっかいヤツ。(絶対来年の夏越しはムリ。)
・月桂樹のスタンダード仕立て。勝手口に置いてシチューに入れたし。
(妄想が極大化している。。)
片付けているというより、散らかしてるよな~絶対。

片付けの合間を縫って、○ルシオも使ってみた。
シンプルなオーブンレンジがいい、と思っていたくせに
道具としての「新しさ」に興味を抑えきれなかったのである。

という訳で、入門料理とかケチくさいことは言わず、
さっそくヘルシー料理にチャレンジ♪

IMG_1518.jpg

バラ肉を油抜きの下処理をし、おろしがけを作りましたよん!
ふだんバラ肉とかは処理に時間がかかるので扱わないんだけど、
これなら手軽に食べられそう。
たぶん、手間をかけてとろとろに煮込んだものとは比較にはならないだろうし、
時短はそれほど大事とは思わないけど、ヘルシーはありがたいかな。

とまあ、好き放題してるけど、これでもけっこう台風にやられてます。。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(4)
2016/08/16.Tue

70と1年 (プレスガラスカップ)

帰宅途中からぽつりぽつりと降り出して、どうにか家に辿り着く。
今は本降り、、ひと雨来る毎に秋の影が忍び寄ってくる。
(はや台風シーズンの到来に哀しくなる三毛庵である。)

IMG_1331.jpg

あわあわしたふるい硝子を覗き込む。
夏の終わりのような、儚い硝子。

IMG_1328.jpg

ほんのすこし涼しくなったら、アイスクリームなぞよそうのだ。

IMG_1332.jpg

ほかのカップと見比べながら、かれこれ100年の昔を想う。

だけどなぁ、子供の頃遠い昔と思っていたことも、
今でさえ、たったの71年しか経っていないのだ。愚かなことだ。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2015/03/06.Fri

嘘と本当のあいだ (昭和小氷コップ)

ニセモノとホンモノというのは何処で分かれるのだろう。
何を言っているんだと言われそうだけれど、
本歌と言われるものより後に作られたものはすべて贋物、
あるいは単なるレプリカでしかないのだろうか。

P1190867.jpg

小さな氷コップ、本歌ではないことはすぐに見て取れた。
こんなサイズはないだろうし、硝子の質感も今出来で造作も違う。
(それにしても本歌よりあまりにヘタクソ過ぎる。)
聞くと「だけどこれでも3,40年は経ってるんだよぉ」との由。
(根拠までは聞かなかったが。。)
こういうものはレプリカというのであろうか。
ちいさな「けもの」風なところに、三毛庵は個性を見出したのであるが。

P1190869.jpg

本歌の氷コップの美しさはもちろん分かっているつもりであるが、
ライオンはライオンなりに、ネコはネコなりに輝けるけものである、
という風に考えてみてはいけないのであろうか。。

P1190896.jpg

とまぁ、いろいろと言い訳を書いてみたけれど、
結局のところ、気になっちゃったのね~♪
これにチョコをのっけて珈琲のお供に、って妄想したのん。

P1190913.jpg
(長径8.7cm)

ほれ、こーゆー感じ・・・。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2014/09/12.Fri

至福・・の (プレスガラス氷コップ)

20140705 007

今年は「氷食べたいっ!!」って日が少なくてなんだか名残惜しい。
ミケア地区、8月の土日は雨ばっかりだったから・・・。
かき氷、流行っているのだそうだけれど
(テレビをあまり見ない三毛庵なので微かな情報であるが。。)、
フツーの氷をフツーのお休みに、お好みの氷コップでいただくのが
至福の三毛庵である。

といっても、持っているのはほとんどプレス
色鮮やかな吹きガラスのヤツはあまりご縁がない。
これはずーっと気になっていたのだけれど、思い切れずにいた。
別のものを里子に出した折、オマケをしてくれるということになり、
それでは・・・と所望したものである。
あまり里子には出したことのない三毛庵であるが、
目が離れたものはつぎの主のために手放すのがよいかなと思う。
自分にはこうしてまた、別のご縁があるんだものね。

20140705 015
(直径9.5cm × 高さ8.5cm)

ひっそりとして、あまり見かけないプレスガラス
すこし傾いで、微かなブルーグレイ、、今暫くは私の手元に。


先週末はひとり朝ごパンだったので、先日のパック飯を猛省し、
いつものメニューをじっくり整える。

20140910 002

ふるい京焼のスリップウェア、唐津っぽい小鉢のヨーグルトには
実家の庭からやってきたブルーベリー、ノリタケのスプーン添え。
近所で豆を買う珈琲はアイス仕立てでプレスのげんこつコップに。

20140910 004

こんな感じの器軍団。

20140910 003

以前アップした京焼のお皿@、これもなかなかの至福である。

20140910 006
(17.8cm)

昔の粟田焼とか、そういう美味しいビスケットみたいな土だけれど、
昔のものよりむしろ精錬されていなくて、結構裏も気に入ってたりする。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(2)
 | HOME | Next »