FC2ブログ
2020/06/23.Tue

菜果 (絵唐津片身替梅文鉢)

今年も梅を漬ける。
いつものスーパーの梅は、例年になく粒が揃わずしばし悩んだが、
今年はそういうものだと思うに至り、漬けてようやく梅酢が上がり出した頃。
コロナで春の手入れが厳しかったのか、それとも選果作業が厳しいのか。
粒の大小はその時の気分で味わうとして、柔らかく漬かるとよいのであるが。

在宅が多いので、普段よりぬか床も扱いよい。
水なすはきゅうりと比べ時間もかかるが極上の御馳走。

IMG_6807.jpg

例年はそんなには出回らないし、あってもお高い水なすが、今年はいつも買える。
美味しく戴いていると、ニュースで農家さんが大変なのだと言っていた。
高級料亭や旅館など、自粛で需要が減ってしまっているのだという。
そういえばこの春は、輸入のバナナは高かったがイチゴは少し安かったな。
三毛庵ごときの需要なぞたかが知れるが、それでもみんなが美味しいと買えばよいね。

IMG_6808.jpg

ぬか漬けの器は絵唐津の片身替、一応古唐津か?と睨んでみたが、
ぽつんとあったのを割とフツーに手に入れたものです。。
片身替なんて見たことないし、あまり造りに厳しさもなく、おっとりしてるんで、
時代下がりぐらいで勘弁してな、って思うけど、個人的には気に入ってる。
(だってこんなぬか漬け食べるんは、自粛というにはあまりに贅沢。)

IMG_6809.jpg

でも自然に入ったようなニューの時代の金直しは、今じゃできない極上仕上げ。
(猫の足跡みたいな梅文もナイスさん)

IMG_6810.jpg

どこでどうしてうちに来たのやら。

IMG_6811.jpg

高台もフツーに唐津、まぁやけにまったりしてますが、美味しそうに焼けてます!

以前仮ぐらしの折、自由に器を使えぬ不自由を味わったが、
自粛ライフは使いたい放題のストレスフリーなのであった。

IMG_6800.jpg

自粛が明け、夏至も過ぎたが、あいだは意外に乾く梅雨の中休みもあったりで、
贅沢に!キッチンに敷いたラグを干してきれいにブラッシング。
(ほんとうのウールって、そんなに汚れたりはしない。)

IMG_6805.jpg

去年より、我が家の梅雨を飾る花、イジュ。沖縄で咲くの、見たいなー。

IMG_6806.jpg

日陰を飾るのはオーレアの柏葉紫陽花。

IMG_6817.jpg

この時期ドクダミ(植えてないから雑草)とヒペリカムは切り放題。
ずっと飾りっぱなしの枯れかけの花。
(落しは栄養ドリンクの茶色い瓶がぴったりのユルい籠と。)
まぁ、そんな感じ。
スポンサーサイト



 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2020/02/26.Wed

オカイドク万歳! (古伊万里染付松文猪口)

切った有楽は、咲いてもう暫く経っていたせいか、翌朝には花が落ちていた。
落ちたところに水のようなものが溜まっていたので舐めてみる!と甘い蜜。
切ったとき、ちょっと匂ってみたら蜜の香り、してたからね。
椿には香りがないというけれど、少なくとも有楽は蜜の香りがするし、
去年は小鳥(メジロかな?)にぼろぼろに突かれていた花もあった。
そういえば昨日はメジロのつがいが庭に来ていたけれど、椿が咲くと知っているのかな。

IMG_6187.jpg

近所のホームセンターで、値引きになっていた、シクラメン『天使のはね』。
ホームセンターなのでもともとそれほどお高くはないのだけれど、
満開に近いせいなのか、もう2月も終わるからか、2/3のお値段。
実は去年も買ったのだけど、花も葉っぱも特異な姿で小ぶりなのは原種交配によるものらしい。
シクラメンってうっすら香る個体と香らないのがあるけれど、これはほのかに香りもある。

実をいうと去年のも夏越しに成功したので、これから咲く、立派なやつがあるんだなー(笑)。
安いから買う、っていうのん、無駄遣いの典型っぽいけど、気に入ったので今年も夏越しにチャレンジしたい♪
(去年の大株こそもう一年越す自信ないし。)

無駄遣いと言えば、猪口はたまには買うかな、ぐらいの三毛庵、
少し前に買いましたよー、お値段に誘われて!(笑)。

IMG_6180.jpg

あーこれ、佳い絵だなーって手に取って、おそるそるお値段を聞いてひっくり返りそうに。。
一瞬、今は料治熊太以前?かと思うよな、オカイドクヒン♪
簡略化され、リズミカルに弧を描いた松の染付と古伊万里らしい美しい磁胎、
いいなーって思っても、平素はなかなか踏み切れなかったりするのにね。

IMG_6192.jpg

横にあったこちらも同じお値段!ということでゴキゲンでお買い上げ~。

IMG_6193.jpg

二つ目のも松なのだけど、枝ぶりの上半分が裏面に掛かれていて面白い。
一つ目のほうは松竹梅。
これ2つで値引きのシクラメン、『天使のはね』と同じぐらいのお値段だったのん♪
(『天使のはね』も人気の品種なので普通は安くはないけど、結構お安かった。
なので、じゃあいったい、猪口はいくらなんだー、って感じ(笑))
こういうラッキーは自分に訪れたら喜べばよし、人に訪れたら羨んではいけません。
だって、ラッキーは、その人がそれまで勉強した分のご褒美だと思うもの。

IMG_6194.jpg

という訳で、たまには猪口もよし、な三毛庵である。
(料治熊太氏のこの本は、少し前に○○○オフの均一コーナーでみつけた。
ちなみにお値段は、猪口と同じだったという。。)

IMG_6204.jpg

一年でキャベツ大に成長した天使のはね、植え付けた今年の分との差が激しい!
葉っぱの下には蕾がぎっしりでゴキゲン♪

植物ネタがオタク過ぎるので、こっち@に書いてみているのだが、
FC2のほうがざっくり書きやすかったりして、悩ましいところ。。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2020/02/02.Sun

過ごしかたについて (古伊万里色絵瓢箪文豆皿)

自分のブログを読み返すと、だいたい調子が悪いとか書いてあって、
格好悪いブログだなー、と苦笑するのだけど、ま、日記なんだからこんなものかとも思う。
だいたい私、絶好調なら庭なりなんなりやっていて、
余力はないけど何かしたい!っていうときにブログ書いているからなー。
つまり今は、そう、余力はないのだ。。

IMG_6103.jpg

知り合いのお店にこれがあって、小さいのに細やかに描かれていることに
感心してじっとみていた。
たぶん気分はこんな感じで寄ってみていた、と思ふ。

IMG_6102.jpg

二つずつ成ってるのは瓢箪かな?私ちょっとへちまとの識別できないや、
などと思っていたら、実はいただいてしまったの。
ほいほいもらっちゃいけないけれど、でもありがたくいただくことも大事なときもある。
ものじゃなく、気持ちをくださったのだと分かっているときなど。

今日のような日は、手許で眺めて、そんなことを思い出したりする。

IMG_6088.jpg

庭には仕事が満載なのに、今日できたのは水仙を切ったこと(笑)。
今年は切るほどには咲いてくれなかったけど、球根が太りますようにと切った。
次にできそうなこととして、掛け軸を変えようと思いつく。
立春間近というのにやっと冬景色の図。
でも、切ってきた水仙の清新な香気とよく調和する。

するべきことってきっといっぱいあるだろうけど、私いろんなことを一度にできないので、
その時々の体力と優先度でひとつづつ出来れば満足することにしている。
優先度などもたぶん世間様とはズレてるんだろうけど、
そんなこと思っても不幸なだけですからね。

IMG_6101.jpg

去年処分品から可愛いのを選び、大きめの鉢に植えたプリムラが咲いた。
上手く夏越しして株がもこもこに育って、株分けすればよかったかもしれないけれど、
でも夏を越した株はひときわ可愛い!

(庭の記録↓)
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2019/09/14.Sat

名月、それから菊と (菊慈童の古画、九谷の香炉)

ふと夜中に目が覚めてしまい、外を見ると仲秋の名月。
思ったよりも雲の多い夜だったので、寝る前に少し見えただけだったのが、今は煌煌としている。
宇宙へ行くとか、月に着陸するとか夢の多い昨今だけれど、静かに輝く月を見ること自体が奇跡である。
街中で暮らしているともうそのような実感などないのだが、
子供のころには月明りで影踏みをしたという記憶もあって、
また、旅に出てたまに夜中に山里を抜けたりすると、山の端に思いがけず大きな月を見ることなどあり、そういうとき素直にありがたい気持ちになる。

帰りしなに、月見団子でも、、と百貨店に寄ってみると、帰宅途中の人たちがお団子を買うのに並んでいて、平素並んでまで買うのが苦手な私もその列に加わった。
静かに順番を待っている人たちを見ると、月はやっぱり「お月様」なのだなぁ、と思う。

仲秋

庭の薄を切ってきて、お団子をお供えする。
庭に植えるグラス類は何より薄がよい三毛庵なのである。
大きくなると株分けなどなかなか大変であるのだが、今年は分けた株を実家に送った。
仲秋が九月であると、北海道では薄の穂が出ていないことがあったりし、母が残念がるのだが、
この薄は穂が出るのが早いので、送ってみたのだ。
残念ながら植え付け初年度の今年はだめだったようであるが、草姿がよいらしく、気に入っているようだ。

お月見のお供え

月見団子は関西風のにょろっとしたやつ(紙を外していないのはご愛敬)。
古い九谷の香炉と。

重陽の節句に

は先日の重陽の節句に飾っていた古画のまま。
今年の春に手に入れて、秋が来るのを楽しみにしていたもの。
近ごろは、床の間もなければ和室もないお家が多いせいか、物は割安なのがちょっとうれしい。
(探すところ次第では、現代アートよりずっとお手軽に手に入るのだ。)
仕舞うときに場所を取らないし、例えばマンションのお部屋などもいいと思うんだけどな。
まぁ三毛庵は難しいお作法などは知らないので、人様にお勧めする分際でもないのだが、
一本でお部屋に季節が生まれるって結構素敵なことなのだ。

菊慈童

時代の菊慈童、少し痛みはあるものの、私よりもずっと永く、大切にされてきたようである。
裂も当時の品のよいものらしく、趣味のよさという点において、昔の人には敵わない。

流通している立派な菊など見ると、野菜っぽくてあまり感ずるところはないのであるが、
野に咲く菊や、あるいは庭で乱れて咲く菊は佳い花である。
ここに描かれている菊はそういう花らしくて、うれしい。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2019/02/08.Fri

金曜の夜 (古伊万里染付鮎文木瓜型小皿)

金曜日の夜って、何をしてもいいし、何にもしなくてもいい、自由な感じ♪
といっても、家事にしろ、仕事にしろ、だいたいはやりたいことをやっているので、
特に普段不自由ということもないけれど。。
不自由なのはやる気だけはあるのに、動くのがままならないことかなぁ。

最近、ネット上で「収入の少ないほうが家事をやるべきだ!?」論争を見かけ、びっくり。
どうして素直に「やりたくない」って言わないのかなー、まさか本気でそう思っているならコワい(笑)。
まぁ「効率的」ではあるかもしれないけど、「合理的」とは言わないでね。
確かに、金銭のような数えられるものでないと、自分に対する評価を理解するのが難しい、
という人はいて、悪気があって言っている人ばかりではないのは事実だ。
でもまさか、高収入の社会的地位の高い人がみんなそういう個性の持ち主とは思えないけど。
(まぁ、そこまで言うなら主婦業に相応の家政婦代を払うのならまだ分かりますけどね。)
なんか、、家庭内でもそのような欺瞞をおっしゃるのか、と思うと大変だなーと思ったのでした。
近ごろね、自分のちょっとしたこころの動きについて考えてみることがあって、
ヒトってほんとにいろんなことに自分に都合のよい理屈をつけるもんだな、って思った。
なんかそういうのが積み重なると、とんでもなく遠いところに行ってしまうわ、
そう思ってからは気をつけるようにしてるんだけど。。
なので世の皆様もそのようなさびしいことを言わないでくださいね。

IMG_3916.jpg

金曜日にぼーっとするはずが、話がミョーな方向へ。。
(ちかごろ些細なネタでもめっちゃ気になるので、なんか忙しい(笑)。)
お口直しに得意のミニエクレアを♪
昭和の初期ぐらい?ノリタケのカップ、金彩も磁器質も繊細でコーヒーが美味しい。
三毛庵が行き倒れて家事業を放棄した日はこのような図はないけれど、
それだけにおやつの時間にはいっそうのありがたみが感じられるであろう、きっと。

雲のようなエクレアを雲のような木瓜型のお皿に。

IMG_3982.jpg

ほんとは古伊万里の和のお皿。

IMG_3983.jpg

鮎かな?最強寒波到来?に全くの季節外れだけど。。

IMG_3984.jpg

でも立春も過ぎると随分日差しも強く、こんな染付などこころ浮かれるのですけどね。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME | Next »