2016/04/23.Sat

鉄斎とスフィンクス (富岡鉄斎展&初期赤絵唐草文小皿)

鉄斎展へ行く。
予想通り、絵が好きそうな人しかいなくてホッとする。
「教養」とばかりにやってきて、絵なんかちっとも見ずに
しゃべってる人とかいっぱいだったらやだものね(笑)。
「万巻の書を読み、万里の道を徂き、以て画祖をなす」 とあった。
いっぱい勉強して、見て聞いてなきゃ、はじまらんよ、ってとこか。
鉄斎翁からみれば洟垂れ小僧にも入らない三毛庵でも、
ただぼんやり過ごして自分の目と耳を使ってこなかったら、
鉄斎の真価にはちっともたどりつけないだろうと思う。
吉野の桜、月ヶ瀬の梅渓、今も匂うような経験があるから、
鉄斎の画の偉大さを少しは感じることができるのだ。
トシは取るものである、経験を積んでこそわかる美しさというものもある。
それにしても、当時の日本や鉄斎翁のこころ、
今はもう失われてしまったものの輝けることである。

帰ってきてちょっとはマシなご飯を食べ、やっぱりからだはしんどいので
ごろごろしながら、版画を眺める。
『棺の上のスフィンクス』アルフォンス井上の蔵書票など。。
少女のスフィンクスが棺の上で本をめくっている。
(画像は探してみてくださいませ。。)
鉄斎とは真逆な風な世界であるが、眺めてこころが洗われる。
鉄斎の画など理解も出来なかったような頭でっかちの頃、
例えばホフマンの『黄金の壺』を読んでドイツロマン派に傾倒してみたり、
渋澤龍彦の美しい装丁の本に魅了されたり、本があればマンゾクだった。
この可愛らしいスフィンクスを見ていると、そのときの本の世界が
今も匂い立つようで、あのころ読んだ本の大半は忘れてしまったというのに、
鉄斎翁の言う通り、万巻の書は読むべきだなと思うのである。

というわけで、何の画像もないのは寂しいので・・

IMG_1051.jpg
(径10.6cm)

初期赤絵の小皿、、全く本文とは関係ない(笑)。
買わないで何か言うのはたやすいけれど、そんなのまやかしだ。
何か言いたければ買うことだ。
絵だって一緒、見るのはカンタン。でも経験するのはカンタンじゃない。

IMG_1052.jpg

買ってみて、手許でこうやって小皿を眺める、そういうものを
経験というのだもの。
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
絵のこと | Comments(0)
2015/03/17.Tue

追伸・群青 (初期赤絵花蝶文小皿)

上質とは言えないグレイがかったボディであるので、
もっとキレイな画像にしてあげたかったけれど、、、
いかんせん時節柄、いろいろとままならない三毛庵。。
いたしかたなく、テキトーに撮った画像でのご紹介である。

P1200007.jpg

こんなふうな画が、ちょこっとのお小遣いで手に入るなんて、
なんてHAPPYなのだろうとにんまりする。
粗末ながら、うららかな春の気分満ち溢れるお姿に、
やっぱお値段ぢゃないんだなぁ・・・とひとりほくそ笑む♪

P1200009.jpg
(11cm)

後ろ姿は意外に古風な様子。
「ゲンロクぐらいあるんよ。」ということであったが。
明らかに江戸中後期ぐらいのくらわんか手は分かるとしても、
初期赤絵と呼ばれるものが、何処から何処までがそうなのか、
いつもよく分からない。
だからといって、ものそのものの魅力が減じるわけではないけれどね。

P1190940.jpg

このテのお色は、古九谷に通ずる釉薬で、
まあ、お値段は全然違うのだけれど、なかなかにゆかしいお色である。

さて、ここからはその釉薬についての、三毛庵大妄想である。
↓(暇つぶしされたき方はお読みくだされ♪)
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2015/03/15.Sun

お水取りが済むと (藍九谷貝藻文小皿)

近所の路地を猫のようにうろついていると、何処からか良い香り。
気がつけば沈丁花が咲き始めている。
秋の金木犀の甘い香りも香しいけれど、春の沈丁花の澄んだ香りには心が浮き立つ。

とはいえ、お水取りも済み、三毛庵大の苦手な春の到来。
朝、夢がぐるぐると混乱していて、ぐったりしながら目が覚める。
なんだかしんどい・・・って思って朝食後に少しだけ、と横になると、
そのまま、眠いのか分からないまま意識がもうろうとする。
「仕事に行かなくっちゃ」と夢の中で焦っているのに動くことができなくて、
気持ちの弱さにものすごい罪悪感に駆られて益々もがく。
お休みにしよう、って決めてもずーっと悪夢を見ながら昏々と眠る。
ずーっとね、それは虚弱なのもあるけれど、精神の弱さだと思っていた。
実際は、春や秋の気圧配置になると、ものすごく血圧が下がるときがあって、
決まってそういうときに、こんな劣悪な感情と体調になると分かったけれど。
「あぁ、低血圧ね。」などと、気持ちが弱いから我慢できないだけ、
みたいな反応をされることも多いので、普段あんまり事情は言わない。。
でもね、急激に血圧が下がると、気持ちを強く持つことさえ難しいのだ。
「普段から血圧が低いから我慢できているけれど、悪い時の血圧は
体を起こしているのは正直難しいレベルだよ」と、先生にも言われた。
昇圧剤を飲んでみて、もっとしんどい状況にもなったので、
結局のところ、ネガティブになったときには、「これは血圧のせい」と
呪文のように言い聞かせて、自責の念を少しでも減らすのが目下最善の策である。

今日も午後と夕食後、ずーっとうつらうつらしていた。
今はその反動としんどさで眠れない。自律神経が乱れているのだろう。
幸いにして鬱状態までは落ち込んでいないので、
ふるものを眺めて少しだけ気持ちを穏やかにしようかなとごそごそ。。

P1190843.jpg

貝藻文の可愛い藍九谷。
凍える雪の日に目に留まり、オマケしてもらってゴキゲンになりながら、
春になったら載せたいな、と思っていた。

ちょうどそのころ、こちらの富士山の小皿@の研究に夢中で、
勝手に藍九谷認定をしたのだけれど、ずいぶん悩んだのがサイズだった。
藍九谷の三寸皿って、意外とないみたいだったからだ。
(変形の豆皿ならいろいろあるのだけれど。)
そんな訳で、これを見たとき「あ、藍九谷で三寸がある!!」と
ちょっと感動したのだけれど、聞くとやっぱりこういうのは珍しいそうで。
少し甘手でなんとか手の出るお値段だったので、うっとりしながら連れ帰った。

P1190842.jpg

素地はとても白くて、高台もきりっと高くて文句ナシ!
(富士山のお皿は少し青みがあって、高台も普通だったので、
藍九谷と言うべきかずいぶん迷った部分はあったのだけれど・・・。)

P1190841.jpg
(9.1cm)

夜中に怪しくこの澄んだ染付のお色にうっとりしながら、
あぁ、貝のぬたなぞ食したいものだなぁ・・・と食欲だけは
春活発なる三毛庵なのである。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2015/01/06.Tue

古物初め (藍九谷染付富士文小皿)

古物初め、危うくボウズの三毛庵であった。

買わねばならぬ・・・てなことはないハズであるが、
年初にいいお買い物ができないのはやはりつまんないのであるからして。。
撤退の間際に、のんちゃんがハッケンしたこちらの小皿、、

P1190777.jpg

おぉ、目出度く富士山ではないですか~♪
焼菓子のカヌレみたいな可愛い富士山、美味しそうですっ!!

P1190775.jpg

高台がへたった窯キズらしきのあるのと2枚で交渉成立。
すこし甘手だけれど、しっとりしたいい磁肌の染付

P1190781.jpg
(8.8cm)

以前求めた右上の↑豆皿の富士山@も良いけれど、
こちらはもっと上手な造りだなぁ・・・とは思ったものの、
そのときは、、思い至らなかった。

P1190779.jpg

でもちょっと、この松並木とか上手すぎるよな。。
上質な呉須のお色で、ダミも濃淡塗り分けているし。。

連れ帰ってじっくり眺めてよくよく考え、そしてどきんとした。
あぁこれって・・・、ちびっこの藍九谷ではないですか!!
しっとりした釉薬、手に違和感を覚えたのは、高級品のか・ほ・り♪
うひょ~元禄以前かぁ(これは妄想ではない、きっと(笑))
古けりゃいい訳ではないけれど、かれこれ三百数十年のお品とは。

ヘンだな、と思ったのは裏銘が「青」だったこと。
(正確には、三毛庵は初めて見た二重角青であった。)
ちなみに青は長吉谷窯などで使われた銘なのであるが、
時代の下がるものにも一部あるそうである。
そういえば藍九谷の中皿には富士山文ってあったなあ・・・。
富士山文は江戸後期にも多いので、江戸前期とは思いつかなかったな。
藍九谷の小皿って、変形皿のようなものは時折見るけれど、
こういうフツーの三寸は意外や記憶にない。
チビながらになかなかの曲者である。

そんなこんなで、新年早々またまた楽しく研究できて
うししの三毛庵なのであった。

↓ご参考:写り悪いけれど裏銘はこちら。
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2013/03/17.Sun

花椿 (藍九谷椿文中皿)

20130317 001

のんちゃんが出張のお土産にお菓子を買ってきてくれた。
『巳次郎柿』なる柿を使ったお菓子。
干柿の中に、柿の甘味を殺さないようこころを配った餡が入っていた♪
(珉平のお皿はちょっと華やかすぎたかな。。)
もう春だから、名残りのお菓子。。

日差しが強くなってきて、椿もふっくらとした花を開いている。
乙女椿を頂いたので、丹波の貧乏徳利に生けてみた。
乙女に貧乏を強いるのは如何なものかという気もするけれども、
貧乏徳利は意外にグッド・デザインであるので気が置けなくって満足している。

20130316 001

椿の意匠は愛らしいものが多くて好きである。
椿のふっくらつややかな花弁をよく写していたりする。

20130304 004

とはいえ、こんな風な伊万里(ん~ぎりぎり藍九谷か)の王道を行く中皿
飾るぐらいなのであまり持っていない。

20130304 005

これはとある百貨店で、よかったら買ってくれないかと言われたものだ。
何故かはよく知らないが、そういうことがままあるのである。
(鴨のように葱をしょって歩いているのだろうか。)
このときは、その担当の人曰く、これは自分が仕入れた中にあったのだけれど、
よくある牡丹だと思っていたら椿だったので、ラッキーだった。
本当は自分が欲しいのだけれど、そういうことは許されていないので
よかったら買ってはもらえないだろうか云々、ということであった。
実は私はこのお皿は全然見ていなかったのだけれど、わざわざこれを
連れてきてそう仰る、そういう営業トークもあるのかなぁ・・・と
いぶかしみつつも連れ帰る私も私なのであった。

まぁでも、そうやって勝手に?やってくるようなものというのは
もののほうが住処を選んでいるようなところがあって、
結構そこで居心地よさげにしているのがどうも不思議である。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME | Next »