FC2ブログ
2019/01/19.Sat

理屈っぽい日 (伊万里染付線描文鉢)

お正月からずっと考えていたことがあり、
先日、植木をいただいた話を書いたこともあり、
やっぱり書いておこうと思った。
躊躇ったのはこういうことは誰かを批判していると感じる方もいらっしゃるかもしれないし、
果たして書くことがよい選択なのか、判断が難しかったから。
でも、自分のブログなので書くことにした。

お正月早々複雑な思いをしたのは、あの、一億円プレゼントのニュースだった。
ただ、どういうことなのかというのが、自分でも上手く整理ができなかった。
前澤社長と、当然私は面識などないのでどのような方かは存じ上げない。
でも、ご自身の信念で絵を買われる、というのはそれが高くても安くても
尊敬すべきことだと思っている。
(メディアが金額のことばかりを言うので、心外だろうと思う。)
一億円についてもメディアは騒ぐのであるが、私が感じた違和感について
口にした方はほとんどいらっしゃらなかった。
(近しいのは、ダウンタウンの松本さんだけであったような。)
個人で一億円出すことは、どんなお金持ちであっても大変なことだ。
私が一万円、いや千円だって、そうは出せない。
(それだけでも絵でも骨董でも買えるもの。)
それをたくさんの方の夢のために使った。
そのこと自体を安易に批判するのは、的外れのような気がする。

では、何故かと問われると、私は祖母に人からいわれなく金銭を受け取ってはいけない、
そう教えられたからだ。
子供のころ、駄菓子屋へ行き、持ち合わせのなかった私に友達が
10円だから、とお金をくれたことについて、帰って大変に叱られた。
だから、知り合いでも何でもない人からお金をもらうことはできないのだ。
例えば、宝くじは自分で買って当てるものだ。(賭け事でもそうだ。)
PayPayはキャッシュバックという、利用者の特典だ。
ZOZOの利用者への感謝なら、ZOZOの利用者に還元する、というのは分かる。
夢を応援したい、ということであれば、
そのように明確に伝えて公募し、スポンサーとなる、寄付をするということはできなかったのか。
結果として同じ?そうだろうか。プロセスが違えば意味は異なる(理屈っぽくて申し訳ないが。。)。
親戚のおじさんにもらうお年玉と他人にもらうお年玉って同じ?
影響力のある方には、そういう点も考えて欲しいというのが正直な思い。

このことについての考え方自体は個人で色々でいいのだと思う。
だけど、今のメディアの騒ぎ方を見ていると、理由なくお金をもらうこと、
それから夢を叶えるためにお金をもらうことは
既に「常識」になっていて、それが常識ではない私には見ていて辛い。
前澤社長は「誰も損をしていない」と仰ったが、これは損得の問題ではない。
いや私は「常識」を広められて広義には損をしたと感じている。
(本当は皆がお金に大騒ぎするのに単にうんざりしたのかもしれないが。。)

私もまぁ、100万円当たったらこんなことしたいなーとか思うことがある。
もらえるとなったら怖いなー、私は意志が弱いので、なんか人生曲がっていきそうだわ。
道に100円落ちていたら拾わない自信ないし。。

今の世の中、親は皆共働きで忙しく、子供にお金について教える場もないかもしれない。
だから、このことについて、もっと世の中でいろんな議論があってもいいんじゃないかなー、
って思うのだけど。。

自分の気持ちをちゃんと書いておこうと思ったけど、書いたのがよかったかどうか。。
この母方の祖母は64歳で入院中に病死した。
入院中とはいえ急死で、医療過誤的なことがあったのでは、というような話を
子供ながら耳にした記憶。母が泣いていた記憶。
事実であったかは知らないが、母はそのことをどのように受け止めたのだろう。

IMG_3965.jpg

さて、このは、以前Kさんから求めたお皿@に似ていたのでいいなと思って手にした。
どうしようかと思ってみていると、一辺にものが当たったのかニューが走っていて、
思わず「あら、残念」と口走ってしまった。
知り合いの骨董屋さんのものだったのだが、それに気づいて
「ニューあったの知らんかった、良かったらもらってくれる?」と言われた。
ニューでも十分使えるんやし、売れるから勿体ない、とは言ったのだけど、
ほんとに良かったら、と包んでくれたので、結局いただいた。
なぁんだ、私けっこうもらってるやん、とは思ったけど、
このも先日の苗木もやっぱり意味が違うようにおもう。
私は私が信頼している人たちから、気持ちをもらったのだと思っている。
なのでいつか、その気持ちには応えたい、お返しできることがあれば、と思っている。

IMG_3963.jpg

理屈っぽい一日になってしまったので、お口直しをどうぞ。
(大寒前なのに桜餅♪)
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2018/12/20.Thu

シュトーレンを食べながら (絵瀬戸角皿、小箪笥、李朝燭台)

近ごろトイレ束子問題とか、生活臭溢れることばかり書いているので、
たまには骨董っぽいものを載せねば。。
(自分の傾向として、数年おきぐらいに何某かのテーマに没頭してしまうのだ。)

円くないお皿というのは、どうも使ってみたくなるものであるが、
それがまた土ものだったりすると、さらにときめいたりする。
瀬戸などはそんなに万能選手ではないようにも思うのだが、
例えばカンパーニュとかライ麦パンみたなごわっとしたやつなんか
いいかもなー、と滅多には食べないようなものを想像した。

IMG_3865.jpg

ということで、滅多には食べないシュトーレンを載せてみた♪
(ちょっとお皿が大きすぎる気もするが。。)

IMG_3875.jpg

控えめで嫌みのない菊が描かれている。
李朝の秋草もいいに違いないけれど、こんな菊もあんがいないんだよなぁ。
これは瀬戸だけど、この橙色は弥七田を思い出して嬉しい感じ。

IMG_3874.jpg

これもやっぱり花を飾る代わりに置いたりした。
いつものこの台は和室の隅っこに置いている小箪笥で、
なんということもないのだが、見かけてとても気に入ったもの。
(引き出しにどっさりお気に入りのお皿を入れてある。)

IMG_3878.jpg

実は手に入れたころは使うあてもなかったのであるが、
今は居心地のよい場所をみつけたようでゴキゲンにしている(たぶん)。

IMG_3876.jpg

木の燭台は李朝のものらしいのであるが、
この危うくバランスを保っている姿に、なんとはなしに置いているだけで和むのだ。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2018/08/13.Mon

能茶山考 (染付オモダカ文型打深皿)

IMG_3719.jpg

暑い日はそうめんやらうどんやらで済ませてしまうが、
ちょっとぐらい栄養も・・・と気休めの具材を投入する。
手に入れたばかりのゴキゲンなおに盛れば、至福の「うちお昼」である。

IMG_3725.jpg
(径20.5cm)

7寸あって深さもあって手取りも安心、そして2枚組というのが用途が広がる。
欠点といえば磁貫があるところで、結構焼けてはいるので不安感はないけれど、
あんまり汁がしみ込むようなものは注意が必要かもしれぬ。

IMG_3722.jpg

伸びやかな染付が分かりやすく三毛庵好みであるのだが、
骨董をしている人なら、少々疑問を持たれるのではないかと思う、、
「こんなおあったっけ?」と。
三毛庵もあれ?って思ったのね、古いと思うけどフシギなおだな、って。
なんだか今どきのセンスのよい作家さんが作ったような、「新しさ」がある。
時代の箱には「今里 弐」って書いてあったけど・・・。

IMG_3729.jpg

裏もなかなかキュートだけれど、伊万里にもありそうなのにビミョーに違う。
(ちなみに畳付きが真っ赤に焼けているところもこれの特色のようである。)

IMG_3727.jpg

ハイ、銘があったよ「茶山」って書いてる。
つまりこれは高知の焼き物、「能茶山焼」ということになるではないか!
土佐藩の御用窯であったが、この「角に茶山」は払い下げ後の幕末頃のものらしい。
(緋色が出ているのも能茶山焼の特徴であるらしい。)
でも三毛庵にとって衝撃的だったのは、能茶山焼がこのようなユニークなデザインセンスの
ものを作っていたということだ。
こういうものってネットではさっぱり出てこないのだけれど、周知の事実なのかな?
江戸後期には、伊万里のビジネスモデルに目をつけていろいろな窯が磁器を焼いているけれど、
例えば九谷の若杉窯の染付などを見ても、いままで(中央で?)言われがちだった、
「伊万里の模倣」というのはちょっと違うんじゃないかと思うものがたくさんある。
能茶山焼も御用窯時代は優品を焼いたというけれど、
この秀逸なデザインのおを見た三毛庵は、中央目線で書かれていることって
実はずいぶん違うんじゃないかなぁ、って思った。
江戸時代の文化っていうのは今よりもっと豊かなものだったと思うのだ。

それでね、三毛庵的にびっくりしたのは、、

IMG_3724.jpg

じゃあ、このお皿@あのお皿@も能茶山焼ではないのか、ということである。
銘がなく、でも伊万里ではないと言われ、じゃあどこならこんなセンスのものを作れたのか、
ということがずっとずっと疑問だったのだが、これが答え?(もしかして新発見か!(笑))
見比べると大きいお皿が焼が甘いせいか質感は違うのだけれど、
これって同じ人のセンスを感じたりはしませぬか?(図柄が三方に広がるところとか。)
型打ちを採用しているところ、分厚い高台の造り、緋色も小皿の一部には出ていて、
どうしてもそういう風に思えるのん。
あー久しぶりに妄想を膨らませてゴキゲンな三毛庵。

前回、小皿の窯についての疑問を書いたばかりであったけれど、
あまり余計なことを考えずにいるときって、こういう符号があったりするのが不思議である。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(2)
2018/07/29.Sun

土用干しのち台風 (染付蛸唐草文六角隅入小皿)

西へと逆走する異例の台風、夜中に激しい雨風の音を聞く。
通過した今、風は収まっているが、雨は早朝まで降り続いた。
夜中の風雨はやはり怖い。
豪雨の被災地のほうへ向かう台風が、せめてできるだけ早く、
明るいうちに通過してくれればいいけれど。

連日猛暑、、酷暑?が続いたが、先週末は素晴らしい好天であった。
(素晴らしい、というのは、「梅を干す」という目的から言って、、の話である。)

IMG_3700.jpg

今年の梅はどれもふわふわの仕上がりであった♪
完熟の良い梅であったのだろうか。
ひとつ味見してみると、まだ熟成していない出来立ての梅干しは、
フルーツらしい佳い香り、ジューシーな味わいなのであった。

IMG_3699.jpg
(干しあがった南高梅、庭のベリーと万願寺を並べて悦に入る)

義父が亡くなって以来、3年以上梅干しづくりをしていなかったな。

IMG_3689.jpg

梅を干すスキマに、暑い中市へと繰り出す。
涼しげな染付小皿、縁にたくさんアタリがあるということで、
格安で分けてもらって、ゴキゲン。

IMG_3692.jpg

骨董好きは知っているんじゃないかな、と思うのであるが、
「高峰秀子さんの蛸唐草の油壷」というのがあって、
ころんとした油壷に、もう簡略化されてしまった、渦にちょんちょんと線を打っただけのような
いい加減な蛸唐草が描かれて、とても魅力的なものがある。
蛸唐草についてはいいとか悪いとかいろいろ言われるが、
あのように、じぶん好みの蛸唐草をみつけたいと思っていた三毛庵、
これに出会ったときはときめいた。
にょきにょきっと萌え出てぱっと開いたようなユルい蛸唐草に、こころ和むのであった。

IMG_3694.jpg

裏にもほのぼのとした蛸の一切れが描かれている。
変な高台で、プロの人に聞くと伊万里ではないが、江戸後期あるだろうという。
ひと昔前は「伊万里である」ということはなかなか重要であったが、
今はどうなのかな?そのもの自体の魅力を重んじる時代になったように思うけれど。

実はこれをみつけたとき、すごく嬉しかったのにはもうひとつ理由があり、、

IMG_3696.jpg

こちらのお皿@と同手だと思ったのん。
三毛庵が骨董を始めたころに出会ったお皿で、
珍品の古伊万里という触れ込み、当時は古伊万里全盛だったから結構お高かった。
でもひと目で好きになってしまったので、怖いもの知らずの初心者の三毛庵、
迷わずお買い上げ。
ずいぶん頑張ったなぁ、とは思うけれど、気に入っていれば後悔することはない。

で、これはどこのものなのか、ということなのだが、三毛庵は波佐見あたりかな?と想像する。
こういう感じの染付、こういう感じの高台って波佐見の油壷に似ている、
という、ただそれだけの理由のことで根拠はないけれど。。
どなたかご存じでしたらご教授ください♪

こんなクールな染付、お江戸の人のセンスに脱帽するのであった。
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(1)
2018/05/26.Sat

植木の市 (再興九谷青手掛花入れ)

IMG_3490.jpg

この季節のモミジはほんとうに瑞々しい。
挿しておいても長持ちするから、ずぼらな三毛庵にはありがたいのである。
置いてある鞘状のやきものは花入れになるんだけれど、
イロハモミジはいまいち合わなかったので、飾りに置いた。

IMG_3551.jpg

今日思い立って、こっちはどうかな?とコハウチワカエデを挿した。
うん、これは可愛い。
花入れは基本的には地味なものがよいと思うけど、
こんな色絵なら、葉っぱだけを挿せばいい気がする。

IMG_3553.jpg

決まり過ぎてなくてイイ感じ♪

IMG_3554.jpg

こんな不思議なもの。。
よい箱に「九谷青?屋造きせる筒?」みたいなことが書いてある。
粟生屋源右衛門だと聞いたけれど、普通の粟生屋のような
楽焼っぽいのではなく、磁器質のもの。
素地は若杉とかなのかなぁ?
へんてこなものだけど、時代はあると思うんだな。
ちゃんと掛けるためのひもを通せるようになっているスグレモノである。
大切に育てているコハウチワカエデの晴れ舞台。

裏に砂利敷きの西向きのスペースがあって、防草シート貼っているのに
油断すると雑草が伸びていて、のんちゃんが気にしていた。
それならいっそ木でも植えて、雑草のはびこるスペースを
減らしちゃえばいいんじゃないかと思い、あれこれ思案していた三毛庵である。
いっそオカメ桜でも植えようかと思ったけれど、桜は虫の温床だからなぁ。。

先日ホームセンターに行くと植木市がきていて、
おぉ、この手があったか、ジューンベリー!!
桜のころに花が咲いて、6月に食べられる赤い実がなり、
秋には紅葉もする。そんなに手もかからない。
若干かわいそうだがなんとか西日も耐えられるとのことである。
ジューンベリーの大きい木はあまり見たことがなく、
もっと大味?って思っていたけれど、あんがい繊細な姿で葉っぱも可愛い。
裏庭なら鳥が来ても厄介なことにはならないしね。

ということで、早速植えました~。種があるけどお味も美味しい♪
IMG_3523.jpg

とにかく秋までせっせと水遣りしなければ。

一昨年植えた庭木がなんとか無事に二年目の春を迎えたのに
気を良くしている三毛庵、実はそのときほかにも気になるものがあったのん。
それはですね、、シロモジ!
家にはクロモジがあり、シロモジの存在も知ってはいたのだが、
実物をみたことがなかったの。
シロモジの株立ち、めちゃこじゃれているではないですか。
ということで、本日植木市の最終日、行ってきましたよ~。

IMG_3542.jpg

葉っぱが繊細で、カエルの手のような、アヒルの水かきのような形なのだ。

IMG_3541.jpg

若芽は赤みがかっている。

IMG_3543.jpg

上向きにつく、小さい実が地味ながら存在感たっぷり。
一本でも結実するって言ってたけれど。。
春先に黄色い可愛い花が咲き、秋には黄葉もするという楽しみの多い木である。
虫は少なそうだけれど、ハキリバチがガンガン葉っぱを切り取ってしまうのがちょっと笑える。
クロモジはしっとりと和庭に合う風情だけれど、
シロモジは和でも洋でも面白く使えるんじゃないかな~。
ということで、今年も水遣り頑張る三毛庵である。

<今日のお庭↓>
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME | Next »