2017/01/15.Sun

モンちゃん (四谷シモン?銅版画)

モンちゃんは、知り合いの骨董屋さんの床に無造作に置かれていた。

IMG_1825.jpg

目力に圧されて、拾い上げると「Y.Simon」のサイン。
思い当たるといえば、人形作家の四谷シモンであるが、
澁澤龍彦を通じてその名前に辿り着いたような具合であったので、
そのときは銅版画もしていたかどうかは分からず、
留守番をしていた奥様も何もわからないということであった。
骨董屋さんの品物に埋もれて場違い感満載のモンちゃんであったが、
後ろ髪を引かれる様な気がして、連れ帰ることにした。
(あとでご主人に聞いてみると、仕入れたばかりで
調べようと思って置いていたところ、私がかっさらってしまったらしい。)

IMG_1827.jpg

作家は四谷シモンである、ということにして考えると、モンちゃんはお人形だ。
(氏にあやかって、モンちゃんと呼んでいる。)
しかも生首である!?いや、胴体を描いてないだけか。。
・・・見方によっては結構コワい。

IMG_1828.jpg

三毛庵思うに、ぬいぐるみというのは生き物らしく作られてもいないが、
動物の可愛いところが凝縮されていて、血の通った可愛らしさがある。
一方で、お人形というのはなかなか人間という生き物をよく写しているものだが、
それだけに、凍りついた屍体に近しいような、生々しさがある。
(屍体に生々しいという表現もヘンだが、そういう奇妙な存在感がある気がする。)
澁澤龍彦の部屋の写真にも、そういう四谷シモンのお人形があった。

お人形を描いたと思しきモンちゃんは、間近で見るとそのような
生きてはいないものの匂いがする。

でも、モンちゃんは不思議なのである。
部屋に置いてぼーっと遠目に眺めていると、とても人間っぽい。
やんちゃな生娘が顔を覗かせているようだ。
そして、骨董屋さんで異彩を放っていたモンちゃんは、
三毛庵宅のお部屋では、結構居心地良さげにしているのだから
やっぱり不思議なのである。

※額の裏に所載の本がある旨が書いてありました。
 モンちゃんが載っている本をご存知の方がいらっしゃいましたら、
 教えていただけると幸いです♪

IMG_1838.jpg
今朝方、西方の十六夜の月。まだ時折舞う雪に霞む。

IMG_1839.jpg
昨日宵の口、薄っすら雪が積もった。今朝方撮影。
(昨年凍らしかけたマユハケオモトは慌てて取り込んだ。)

(備忘録:澁澤龍彦の想ひ出↓)
>>続きを読む
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
絵のこと | Comments(0)
2016/05/26.Thu

おさかなの夢 (西村宣造の小さな銅版画)

ことのほか、堪えた5月である。
昨日も頭痛と吐き気で身動きできなかったが、
それでも、天気が下り坂なだけなのだ
・・・たったそれだけでって、、。

IMG_1201.jpg
(縦:約10cm)

西村宣造先生には生前お会いしたことがあった。
怖くて話しかけられなかったけれど。
余りに嘘などすぐに見抜いてしまいそうな眼をしていたし、
私はそのとき不満に思ったからだった。
不満とは畏れ多いことだが、先生のことなど何も知らないくせに、
そのときはどうしてもナットクがゆかなかったのだ。
(当時の状況にはそういうこともあったのかもしれない。)

だけど今、こうしていると、
人はひとりだ、というようなことを噛みしめている時
隣にひっそり寄り添ってくれるような、そういう哀れが、
このような切れ端にも潜んでいる。
西村宣造という人はそういう人なのだと思う。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
絵のこと | Comments(0)
2012/04/29.Sun

影を踏む (『走り去るものを見つめるアリス』 林由紀子/エッチング、手彩色)

近ごろ、自分の影がとんと薄くなっているんじゃないかと思うときがある。
(世間にははっきりと濃い影の人がいる・・・というか、そのほうが多そうだ。)
うかうかしていると、体が半分透けて実体が危うくなるんじゃないかという気になってくる。
最近のんちゃんが忙しいこともあり、がまの油みたいにじっと自分を見つめすぎて、
いかに自己というものが危ういものか、うんざりしているせいかもしれない。
自己というのは観察するに値しないものだ。というか、やっかいだ。
壁に中世の白描図を掛ける。
末法の世の人が、眼で実物を見ることの出来ない尊像を無心に筆写したものであるが、
そちらのほうがよほど真実であるように思われてくる。
生身というのは全く頼りない。

そんな具合で四月も過ぎようとし、いつの間にか風薫る五月が近づく。
画像は「走り去るものを見つめるアリス」 (林由紀子 エッチング、手彩色)。
すいかずらやさんざし?の花の冠の薫るアリスである。
彼女もなんだか影は薄いようである。
走り去るのは兎だけではないかもしれない・・・。

blog 8484

シートで手に入れて、市販のマット付きの額縁に入れたのだけど、
気に入っているアリスの服の水色と、マットのクリームイエローがよく調和していて、
この季節に相応しいかなと思っている。

blog 8482

 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
絵のこと | Comments(0) | Trackback(0)
2012/01/01.Sun

年越しと新年と (版画・谷中安規『泥と雪』/宝尽文重箱)

blog 8021

そろそろ除夜の鐘の鳴る頃、あまりに大きなことが多すぎた2011年も終わる。
どうぞ、年を越すこの夜が、誰にとってもいくらかの平穏でありますように。

版画は、平穏とは凡そ無縁であったけれど超然と生きた、谷中安規の「泥と雪」
白と黒という版画の根源的な表現は、この人のためにあるといってもよい。
深々と降り積もる雪と、ぬかるむ泥に往生する裃をつけたお侍さんの姿を、
新年を迎える今宵に。
食べてゆくことには無頓着で、戦後に栄養失調死(つまりは餓死)してしまった谷中安規。
私など、お腹を空かせても夢を見続けることなど、きっとできない。

さて、こちらは年越し蕎麦も作って食べて満腹の年越しである。
今日は猛烈お節作り(単にいちいちトロいだけなのだが)最終日だった。
どうにかできたよん♪
昨年手に入れた、宝尽くしのお重にいれるのだ!
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
絵のこと | Comments(0) | Trackback(0)
2011/12/04.Sun

『夢二とともに』展など (木版画 竹久夢二 婦人像)

朝、がらくた市なんかを覗きつつ・・・

blog 7883


以前ここで告知していた、京都国立近代美術館の竹久夢二展にようやく行った♪

blog 7885


川西英が夢二の版画や挿絵を丹念に集めた貼り帖などを見て、
彼がいかに夢二を敬愛していたかを思う、愉しい展覧会だった。
夢二の代表作もいくつか展示されていたけど、セノオ楽譜の表紙や、
千代紙やポチ袋といった文具など、「夢二」的な小品の版画類などが、
今回特にお気に入りなのであった。
川西英の作品も見れたし、恩地孝四郎や戸張弧雁なんかも見れたのがうれしい。

あぁ、夢二ももうちょっとオンナに溺れなかったらなぁ・・・などとも思うけれど、
いつも彼は女性からインスピレーションを得て制作をしたであろうから、
それだから夢二だったのだ。

という訳で・・・
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
絵のこと | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »