FC2ブログ
2018/08/04.Sat

色眼鏡を外す (安南瑠璃釉鎬文合子)

「それを手に取られた方は今までいらっしゃいませんでしたが・・・」
と顔見知りのお店の人が言うのである。
(という話をのんちゃんにしたら、「じゃあ頂戴!って言っとけ。」と笑われた。)
お店の人は着眼点をほめてくれたのであると思いたいのであるが、
誰もこのみそっかすに目を留めなかったのは尤もな話で、
小綺麗なお道具類の多いお店のことであったのだ。
客層が違えば目に留まらないのは当然だし、傾向の異なるものに
混じっていると、ものの個性というのは気配を消してしまうのはよくあることだ。

IMG_3716.jpg
(4cm弱)

東南アジアの焼き物だな、というのは分かったが、その方面には詳しくない。
でもあんがい見たことのないものだなぁ、と思ったのだ。
帰って調べて、おそらくは発掘の安南の合子であろうと察する。
安南の合子など珍しいものでも何でもないけれど、瑠璃釉っていうのはあったっけな?

IMG_3714.jpg

ちっちゃい栗坊主なところがこれの個性だと思うし、
個人的にも好ましいポイントである。安南というだけでは興味を引かなかっただろう。
「買う動機」にはいろいろあるが、好奇心をそそられることが肝心だ。

さて、この栗坊主に好奇心をそそられたポイントはまだ二つあった。
それは、瑠璃釉であることと鎬の文様であることだ。

巷ではシンプルな瑠璃釉の器などは評価が高いと思うのであるが、
確かに食卓を引き締める役割というのは分かるものの、
瑠璃釉の美しさってどういうことなのかなぁ、って考えることがあったのだ。
でもこれを見て腑に落ちたのである。
瑠璃釉の魅力について、「知識」しかなかった三毛庵であるが、
自分の体験として、「あぁこの釉薬の色、よいなぁ。」と、瑠璃釉を「発見」したのである。
同じことが鎬の文様についても言えた。
有名どころでは初期伊万里の鎬の盃、あれはたしかによいものだ。
でも、三毛庵はこの栗坊主の鎬をみて、鎬の魅力を「発見」したのである。

IMG_3712.jpg

この二つの発見はとてもうれしく、なので栗坊主を連れ帰った。
骨董を買う動機というのは人それぞれだけれど、
こんなふうに「気づく」、美的好奇心、知的好奇心を持てることがたいせつな三毛庵である。
(でも「美」って何なのか、いまだによくわかっちゃいないんだけれど。。)

たかだか栗坊主に何を大げさな、と思われるかもしれないけれど、
眼のきれいな子供ならともかくも、まぁまぁ古株になりつつあるこのトシでは、
「知識」という色眼鏡を外してものを見る、っていうことの
むつかしさを痛感することのほうが多いのであるからして。。
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2014/01/26.Sun

梅ほころぶ (薄瑠璃釉小鉢)

初天神がせっかくの土曜日というのに、前日まで仕事漬けでよれよれだったので
「あ~やっぱり朝はゆっくり寝とこ。。」と思って眠りについたのだけれど、
これがまた、起きれたんだなぁ・・・早朝に!
人は都合よく出来ているものである。
ふだん寝起きの超悪い三毛庵であるが、朝一番の市の空気は大好きなのであった。

昨日はそこそこの陽気で、大阪では梅が開花したという。
天神さんの梅花祭もひと月後。
梅の蕾がぷっくり膨らんで、寒の中凍えがちに抱えるように開く様を想像する。

20140126 013

そういう、寒に咲く梅を見たような心持ちがした。

20140126 014

こういうものを見るにつけ、自然というのはなんと調和した姿を作るのだろうと思う。
いにしえの人々も、梅の花の簡素な姿を愛したのだろうなぁ。。
(ちなみにこれは天神さんの戦利品ではなく、先日書いた、ストレス発散
お買い上げ品その一なのである・・・何故か記事と画像がずれてゆく三毛庵。)
なんでもないものだけど、そぉっと掌で包みたくなるような器である。
画像がどうしても上手く撮れなかったのだけれど、
瑠璃釉のようでいて、でもブルーグレイな不思議なお色味。

20140126 003
(口径10cm)

この画像のお色がちょっと近いかな。。

皆さん、冷奴はどんな器でいただいていますか。
我が家は青地に花柄!の昭和な小鉢を用いていたのだけれど、
これがまぁ、使い勝手はいいのだけれど、佇まいがザンネンな感じで、、
三毛庵は白い奴の映えるお手ごろな器を何とはなしに探していたのでした。
スーパーで、きっと大豆のお味がしそうな美味しそうなお豆腐を買い、
盛りつけてみると佳い感じではありませぬか♪
もちろん三毛庵のカンに狂いはなく、見定めたお豆腐のお味もバツグンなのでした。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2010/08/26.Thu

ままごと遊び (色ガラス小プレスコップと瀬戸の徳利)

blog 6095

このあいだ、雑貨屋さんでセロハン紙の黄色のような色ガラスの瓶を買ってしまいましたが、
無色のガラスが好きな割りに、このテの色には縁があるなぁ・・・と思い出したのがこれです。
(ちなみにもこちら→も飴色ガラス♪)
小さなプレスガラスのコップなのですが、もうかなり小奇麗な出来なので、
昭和の少しも古くないものかもしれません。
でも小さくて可愛らしく、これで冷酒をいただいたら楽しいかなぁ~
と例によって妄想が膨らみ・・・。
で、交渉しようとお値段を聞いてみると・・・あらま、100円でした!!
にこにこしながら持ち帰り、そのままかばんに入れて小さな旅へ。
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |