FC2ブログ
2018/10/04.Thu

たわしって (白磁のスプーン)

台風25号で撃沈していた。。まぁだいたい、フィリピン沖辺りはいけない。
ヒトのホメオスタシスとやらは、三毛庵には備わっていないのであろうか。
今回は久しぶりに鬱の荒野を彷徨ったしな。

寝込んでいない時はいろいろ画策しているので
なかなかブログにまでたどり着けない日々である。
書き留めておきたいことは沢山あるのであるが、
「動ける日」はこと春秋には貴重なので全力投球するのである。
今日はビミョーに動けない日(←とどめに腰をいわした)なので、
ブログでも、、と思ったら、お庭以外の画像がない。。
ということで、前回台風24号で放置していた画像でお茶を濁すことに。

IMG_3775.jpg

ナルシスウイスキーという、ナゾの販促コップにちょいちょい使うものを入れている。
普段遣いの小さな竹の茶合に、たぶん焼き鳥がついていた竹串。
これは何で要るのかというと、ホームベーカリーの羽根の辺りのパンくずを取るのである。
最近ここに小さな白磁の匙を追加した。

IMG_3765.jpg

調味料はあまり真面目には計らないほうで、お塩など指でつまむことが多いので
計量スプーンはあまり使わない。
たまにしか使わないお砂糖はやきものの壺にいれているのだけど、
金属のスプーンでカチャカチャするのはちょっとしっくりこない感じでいたところ、
これを見つけたのである。

ずんぐりとして、きっと最後のお砂糖を掬うのは難しいんだろうけど、
意外とね、使っていて気持ちよい。
朝の食パンを焼くとき、お砂糖はだいたい3杯、お塩は1杯のアバウトな使い心地。
それから、お鍋からちょっとお味見、のぶんを掬っても、白磁は美味しそうなのである。
こんなん、個人的な部分だから誰かに勧めるようなものでもないけれど、
佳い道具は、日々の仕事を「自分だけのトクベツな時間」に変えてくれる。

いろんな理由でずーっとだいたい在るものを使ってきた三毛庵であるが、
近ごろふと高級な棕櫚束子を買ってみたのである。
亀の子束子の「棕櫚たわし 極〆」、激しく衝撃的であった。
母に買ってもらった気づけば年代物のまな板を洗ってみたところ、
まな板が浮世の垢を落として、小ざっぱりとしたのである!
道具の神さま、ものの神さまありがとうございます、こころからそう思いましたです。
ものより情報の重んじられる時代であるが、三毛庵「もの」の確かさにはうっとりするよ。

IMG_3786.jpg

九月の終わりに、うさぎシステム@が完成!!

IMG_3787.jpg

仕込んでおいたお花が咲いた♪黄色のゼフィランサス。
あっという間に萎んで今はもう、小さな種になっちゃったけど。

>>続きを読む
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/12/09.Sat

凍える市の (和製シャーロット人形)

IMG_3096.jpg

お寒うなりやした。

IMG_3098.jpg

寒そうな子を連れ帰る。
背中にMADE IN JAPAN の刻印、和製シャーロット人形。

クリスマスやお正月のための品々が並び、賑わう歳末の市。
三毛庵も浮かれてあれやこれやを買うのであるが、
箱の隅っこから拾い上げた、このちっぽけなお人形に心ときめく。
帰り路、ごそごそと引っ張り出して眺めやる。

IMG_3101.jpg
(約11cm)

フローズン・シャーロット、あったかいお風呂に入れてあげないとね!
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/03/12.Sun

しろい日 (白磁十二支雛道具)

春らしい一日となった本日は、休養も兼ねて庭仕事やら片付けやら。
お庭は造成のせいで可哀想なくらい痩せた土ながら、
いよいよ球根草も蕾を上げ始めて楽しみなことである。
(その球根も、遅くに処分価格のものを植えたりしたのであるが。)

夕方、一息ついていたら立派ないちごと一緒に素敵なものがやってきた!

IMG_2128.jpg

梅の古木の剪定枝である♪ほわっとよい香りが漂う。

IMG_2083.jpg

こちらはやっと開花した、我が家の梅。
移植を繰り返したおかげで、苗木とはいえ2粒しか花がつかなかった。。

IMG_2029.jpg

さてさて、チョコレートのお箱。

IMG_2030.jpg

じゃじゃーん、開けるとびっくり♪
美味しそうな砂糖菓子・・・ではなく、

IMG_2031.jpg
(兎の体長3.8cm)

白磁のちびっこの十二支なのである。(これも雛道具だそうな。)
チョコのお箱は先月のんちゃんに進呈したもので、
三毛庵は四角いお箱、もしくは丸い缶カンなどのものを選択するのである。
なぜって、食べ終わった後に豆皿なんかが入りますからね。
この度も、箱だけ返却いただいて、何を入れようかなーって思っていたところ、
この十二支殿がぴったりだったのん♪
お箱も中身も真っ白、ホワイトデーにこんなんもらったら実に嬉しいであろうな。
(ちなみにのんちゃんからは古物にてホワイトデーのお返しを頂戴した(笑))

薔薇100本・・・とかではなく、梅のひと枝っていうのも、
三毛庵的にはくらっときそうであるが。。

(お庭の記録↓)
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/02/04.Sat

春を告げる音 (古伊万里白磁中皿)

仕事の帰りに寄ったお総菜コーナーはごった返していた。
家族の少ない昨今、巻寿司は買って食べるものなのであろう。
うーん、というか三毛庵幼少の頃は、節分と言えば豆撒きであって、
巻寿司というのはなかったな。

IMG_1927.jpg

丸かぶりをするというのもどうも胡散臭いので、
買った巻寿司はさっさと切って食卓へ。(なんか積み方が怪しい。)
いつもなら賑やかしい器の並ぶ食卓であるが、
節会であるのでたまの白磁で清々しく整えた。

IMG_1929.jpg
(径18.5cmと20.2cmのサイズ違い)

昔に買った古伊万里である。
江戸後期ということで買っているので、「古」は言い過ぎか?
でも、なんとなくもうちょっと時代が上がるんじゃないかなぁ、
って思ったりもしている。
だからどうだってことはないけれど。

IMG_1930.jpg

こういう高台なので、後期って言われるのだろうケド、
よくみると普通の眼鏡高台とは異なっている。
いろいろなものがあるものである。

白磁というもの、伊万里だ李朝だデルフトだ、ともてはやされるが
そのせいか実はあんまりときめいた経験がない。
ときめく前に既視感があるっていうのかなー。
いや、ときめくほど素晴らしいものには手が届かないという
負け惜しみかもしれない。
かりっとよく焼けた瀬戸の雑器にたまに嬉しくなるのが関の山である。
あんまりストイックなのもきっと柄じゃないのだろう。。

でも、このおにはなんだかしんみりしてしまったのだなぁ、、
白磁はもう、これで十二分に満足なのかもしれない。

書いている間に柱時計がボンボン鳴り、立春となる。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2016/05/28.Sat

頃合い (白磁金彩松文盃)

日ごろ寝る前、ほんのひとくち呑むだけの三毛庵にとって、
さらりと飲める硝子の盃など実に美味しくいただけるものである。
硝子の盃やすっきりした磁器の盃で飲むお酒が水っぽいかというと
そうでもなく、却ってお酒そのものと向き合えていいように思うこともある。
呑兵衛だったら、そうはゆかないのかもしれないが。。

IMG_1217.jpg
(径5cm)

よく吟味された白磁とふっくらした金彩に目が留まる。
実に品佳くお酒をいただけそうななりである。
白磁にありがちな冷たさもなく、装飾も華美でなく、
硝子の盃のようにお酒そのものを楽しめそうなつくりである。

IMG_1210.jpg

よく見ると、金彩というよりは蒔絵である。
どういうつくりかは分からないが、松葉に薄っすら緑が載っている。

IMG_1211.jpg

千鳥の粒々がずいぶん異なる(笑)。
これでちょこっと呑んでみたいなぁ、と例によって妄想すると、
ちょっと小さいんちゃう?とのんちゃん。
確かに口径はすこし小さいが、深さもあるのでいけるのではなかろうか。

盃のサイズ感は、酒量によりけりである。
三毛庵的にはわずか50cc、1~3杯で飲めれば合格である。
(酒豪の方は50ccを3回に分けてたらやってられないであろうが・・・。)
帰って計ってみる、3回でちょうど50cc、ジャストサイズ♪
しめしめ計画通りであるぞ~と浮かれる三毛庵。

さぞかし美味しいと思うんだけどなぁ、、ということで、
乞うご期待!の今宵なのである。

IMG_1223.jpg

後姿も蒔いてます♪
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME | Next »