FC2ブログ
2020/01/11.Sat

花に願う (九谷色絵水仙文皿)

IMG_6042.jpg

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

IMG_6037.jpg

庭の日本水仙がようやく蕾を伸ばし、寒に咲くクリスマスローズ、
ヘレボルス・ニゲル(去年の処分品)が咲き始め、どうにか冬らしくなってきたものの、
いったい日本の四季はどうなってしまうのだろう。

去年見つけて大事にとっておいた日本水仙のおを取り出す。
冬の越前や淡路島の水仙の群落は有名で、三毛庵も若いころ、
のんちゃんと淡路島に遊びに行ったことを思い出す。
九谷焼のこのおも、越前に近く、また茶道の盛んな地のやきものに相応しい。
これが好きなのは、ちゃんと花を描いているから。
本物らしく写実されている、というようなことではなく、これを描いた人は
自分の中に「花」とは何かをちゃんと持った人だという、そう信ずるに足る、何かがこれにあるからだ。
そういう三毛庵は「花」とは何か、上手く説明などできないけれど、
説明できないから、一生懸命花を入れてみたりするのだ。
そのような気持ちが、このおから伝わって、誰の作かも分からないまま手許に置いている。

IMG_6035.jpg

だけど、これだけの腕のある人が無名のはずはなかろうと、ずっと考えていて、
知人のところで、作行きが近しいように思うものを見つけた。
それは二代武腰泰山のものであった。
今度見てもらおうとは思っているのだが、九谷銘で若書きなんてあるのだろうか。


IMG_6038.jpg

別に作家が分からずとも、このおが好きなことには変わりはないのだが、
願わくば、次世代に遺ってほしい、そう思うので、ちゃんと調べて書いておきたいものである。

IMG_6039.jpg

そのときにいくつか同じ作行きのものを譲っていただいたのであるが、
こちらは夏のお、芙蓉の仲間であろう。
草姿が柔らかくて、三毛庵には花トロロアオイみたいに見えるけどね。

IMG_6040.jpg

こういうものを見つけると、まだまだ学ぶことって多いなぁ、って嬉しくなる。

IMG_6041.jpg

こっちはこんな九谷銘。

IMG_6043.jpg

こちらは、初代徳田八十吉の半端のお。のんちゃんから拝借。

IMG_6044.jpg

柘榴が品よく描かれていて、やっぱり此の頃の人にはまだ、
吉祥文に対する文化の連続性が保たれていたのだと思う。
今の人にはなかなか描けない画。初代八十吉は文人だなぁ、とやっぱり思う。

さて、年が明けて自分の抱負はないけれど、
陛下が願われる通り、三毛庵も世界の人々の平和を願います。
もはや戦前というような世の中だけに、切に願います。
スポンサーサイト



 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2019/12/10.Tue

干柿の収穫 (瀬戸飴釉鯉形皿)

IMG_5995.jpg

干し柿ができた♪
実家に送った残りかすでつくったけれど、そんなに悪くないゾ。

IMG_5996.jpg

お菓子と一緒に、3時のお茶うけにひとつだけスライスしていただく。
渋柿がこんなにおいしくなるってすごいなー(しかも何の丹精もしていない柿。)
は読谷村?、古物というより中古品?でも、佳いお

IMG_5993.jpg

柿のお瀬戸の飴釉の鯉ちゃん♪
三毛庵初見であるが、でっかくて堂々としてキュートだわー。
実は縁があちこち共直しの満身創痍であるが、ごっつくてええ感じ。
きっとみんな傷でも勿体ないって可愛がってきたのだと思う。

IMG_5992.jpg

もうちょっとアップ。
(載せているのはシュトーレン。去年は絵瀬戸の角皿に乗せた@けど、瀬戸とは相性良しだね。)

IMG_5991.jpg

尾っぽもぷりっとして佳いね~。
今どきは、なんといいますか写真に写る通りの形を写したりしているものが多いけど、
こういう鯉を見た人の主観?のままに作られたもののほうが、何か真実がある気がする。
(土をこねて作られる安定した形なだけかもしれんけど。)
まぁ、でも古来よりKAWAIIは日本の専売特許だな~。

IMG_6003.jpg

清澄野紺菊はまだ細々と咲いていて、寂しい初冬の庭に似合う。

IMG_6004.jpg

今頃ようやっと紅葉を始めた楓と合わせた。
もうちょっと厳しく枝を整理して、ミニマムな花にできないものかとも思うけど、
そのような厳しさがどうも得意ではなく、咲いている花は極力残してしまうのね。。
花に正解もないだろうけど、個人的な花をいいことに、野放しのお花です。。
それでも名残の乱れた庭を思い出して、眺めてちょびっと和んだりする。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2019/07/17.Wed

とらちゃん (再興九谷赤絵竹虎文菓子鉢)

相変わらず行き倒れが多く、ブログにたどり着けない日々である。
ふるものも相変わらず、へんてこなものばかりを連れてくる。
すっごくいいものも欲しかったりもするけれど、へんてこなものとの対話が尽きないのである。

IMG_5243.jpg

こんな感じの、菓子?に遭遇する。(なますに見えるけどちゃんと7寸あるのだ♪)

IMG_5242.jpg

むむっと、見るとなんととらちゃんである。
肉球をなめなめしながら、ちろっとこちらを見ている・・・猫っちい。
猫の額、いや虎の額にはつむじまであるぞ!!うほー。

IMG_5240.jpg

とまあ、お茶目なであるが、と見せかけてイカしているのだ。
窓を切った中の竹虎であるが、竹をセンス良く配置してグリーンを利かせている。
これはなかなかやり手であるぞ。
小さな丸を敷き詰めた地紋も簡単そうに描いて決して雑ではなくこなれている。
周りの唐草もまじめなものである。
おーきっとこれはきっちり再興九谷であるぞ。
若杉っぽいなーって思うんだけどな。

IMG_5244.jpg

銘が「九谷」なのだけれど。。
九谷銘だからって明治というわけではないけれど、私若杉で九谷銘って見たことあったっけな?
(あんまりほかの窯思いつかないのですが、ご存じの方はご教授くださいませ。)

IMG_5246.jpg

裏もね、パッと見「ざっくり」に見えるかもしれないけど、
力があって、三毛庵はいいと思うんだけどな。
繊細なとらちゃんの裏にでーんと描かれた立派な牡丹♪

ゆるキャラっぽく見せかけて、こういうものはなかなか作れるものではなく、手に入れてゴキゲンな三毛庵なのであった。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2019/05/11.Sat

妖しの花とばら祭り (色絵くらわんか手花文皿)

IMG_4429.jpg

植物が好きなせいか、こういうのんを見ると、
これって何を描いたのかなー、ってすぐに思うのだけど、なかなかのシュール。。

IMG_4428.jpg

よくぞおに描きましたな!って感じ。
でもこんな、ちょっと棘のあるよなデザイン感覚、イカしてると思うな。
斜に構えて澁澤龍彦読んでみたりな、背伸びしたころに出会ってみたかった。

IMG_4430.jpg

裏はこんな感じ、江戸後期は言っていいのかな~。
でもこれ6寸あって、ありそうで意外にない気がする。
縁に小さな直しがあるので、とってもお買い得だった。
まぁ、直しなんてヤダ、と思えばお買い得じゃないのだろうけど、
普段ちょこっとおかずを盛りたし・・・って手に取ったので、三毛庵的には問題なし。
色絵のおで、ふだんのおかずに合いそうなのんって、
なかなか貴重だと思うんだけどなー。

IMG_4422.jpg

ちょうど美味しい魚醤を手に入れたので、簡単な炒め物を作る。

IMG_4427.jpg

あれっ、盛り過ぎた!!(全くのおしゃれ感ナシ!)
でもグリーンの縁がいい雰囲気にしてくれる。

これにチーズなんぞ盛り合わせて、いい純米酒で一杯、といきたいものだ。

(庭の部・薔薇まみれ編↓)
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2019/03/10.Sun

雨の日には (和ガラス切子平向付)

IMG_4095.jpg

今日は朝から雨ということだったが、なんとかお昼過ぎまでもった。
雨が来るまでせっせと庭仕事。

そんな訳で、当初は家の中の事をいろいろ予定していたのである。

なので午後からは、飲みきれない分で赤ワイン煮を作りつつ、
リンゴのタルトを焼くという。。(なんか自分じゃないみたいだ。)

IMG_4112.jpg

そもそも、糖質は「ごはん」派の三毛庵、料理はしても、
おやつはせいぜいホットケーキをミックス粉で焼くぐらいだ。
(何故なら、お菓子をつくると大抵はお砂糖やバターの量の現実を知るから。)
しかし先日、珍しく紅玉りんごがあり、雑誌で見て美味しそうだなーと思った
りんごのお菓子を作ってみようかな、という気になったのだ。

雑誌は「うかたま」で、旅行の折、本屋さんに行きたいな、と思っていたら
古道具屋さんに古本があり、そこで手に入れた。
「うかたま」は好きで、時々ちゃんと新刊も買ったりする。
何で好きかというと、そこに載っている料理の写真が凄く美味しそうだからだ。
というと、作るのね、と思うであろうが、ほぼ作ることはない。
とにかく、美味しそうな料理の写真が好きなのである。
例えば、こんなん、、

IMG_4116.jpg

よくある明治の印判?って思うかもしれないけれど、めちゃ料理が美味しそうで、
わぁ♪ってなる。いい器ってこういうんだなー。
道具屋さんにあったこの本、2015 vol.37は、
・冬のごちそう
・ドイツの林檎の焼き菓子
・好きな器、使う器
と、気になるテーマばかり。(表紙を撮ったのに、なぜか何度編集しても逆転してしまい。。)

で、これは「好きな器、使う器」の中のフードスタイリストのほんごうゆきこさんの頁。
実は、「うかたま」で美味しそう!!ってなる料理の写真、
ほんごうゆきこさんがスタイリストをしている頁なことが多い三毛庵である。

IMG_4117.jpg

という訳で、たぶん料理ではなく、盛り付けを研究している、はず、である三毛庵。
(ちなみに珍しくレシピを読んで作ったタルトは、人間的なお砂糖の量だった。
まぁ、バターと生クリームはちょっとどうなん、って感じであったが。)

ケーキを載せたガラスのおはただいま絶賛お気に入り中のおである。

IMG_4073.jpg

先日の桃の節句の時には、菜の花のお浸しを盛った。

IMG_4075.jpg

王道の苺も盛る。

これはですね、ちゃんとハンドカットなのよ~。
あんまり主張することはないのに、「実は凄い」と思う三毛庵である。
これの時代について、うーん、、って悩んだ(というのもフツーに買ったものなので。)が、
今のところ、実は明治あるかなーとか思ったりする。
昭和の切子のイメージではなく、といって大正のガラス質ではなく、
結局のところ、早い目の明治じゃなかろーかとか、勝手に思っている。
すっごく重い、まではいかないけど、たぶん鉛が入っているし。

いや、時代がどうとかいうのが言いたいんじゃないのだけど、
これだけの仕事をして、それでいてさり気なく垢抜けて、使いよくて、、っていうのが、
平成も終わらんとする今、圧倒される思いがするのだ、こういう時代があったんだ、って。

実は2回目作成の今日のタルト(前回生クリームが余ったので。。)、
前回のほうがちょっと美味しかった。
というのは、りんごが今日は紅玉ではなかったのと、ワイン煮に気をとられて
少しタルトの生地が厚かったと思う。
だけどまぁ、このおに盛るだけで、ホテルのデザート並みの風格なのである。

<今日の庭>
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME | Next »