2017/08/20.Sun

「暮らす」時代 (スリップウェア鶏文皿)

先日のナゾの西洋のお皿@を手に入れた前後から、
ちょこちょこと西洋のものにご縁がある。
三毛庵おそらく和もの好きであるとは思うけれど、
そういう和もの好きから見て好もしく思えるような西洋のものたちである。
洋ものに関心ができて探したとかそういうのではなく、
このようなご縁というのは何故か芋蔓式にやってくるのである。

IMG_2812.jpg

「何か分かったらちゃんと報告してな。」と言われつつ連れ帰ったおである。
うーん、何かと問われればスリップウェアだよなぁ。。
そうは思ったけれど、スリップウェアの故郷、英吉利のものなのであろうか?
そうであるならば、時代は何世紀になるのであろうか?
昔、スリップウェア展も見に行き、図録も持っている三毛庵であるが、
どうも確証が持てない。

IMG_2811.jpg
(23.5cm)

鶏の文様は英吉利のスリップウェアにはよくあるようである。
釉薬のお色も、同じようなものがある。

IMG_2813.jpg

こういうとき、高台には重要なヒントが隠れていることが多いが、
そもそも三毛庵の持っている本にはの表は写っていても、
裏側までは写っていないのである。

IMG_2814.jpg

実はこれには針金で手作りした掛けがついていた。
「近美の評論家の書斎にあった」という触れ込みであった。
近美の評論家と言われて思い浮かぶのは、河北倫明氏である。
絵の好きな三毛庵にとって、その触れ込みだけでも十二分に魅力であったが、
河北氏がほんとうならば、民芸運動の時期とも重なるのではないかと思われ、
当時招来されたものではなかろうかなどとも妄想するのであるが・・・。

思いがけずアンティークと思しきスリップウェアを手に入れて、
まぁそれが、三毛庵らしくあの、さざ波みたいな文様ではなく絵文様である。
(さざ波みたいなやつなら、とうに誰かの手に渡っていたろう。)
とはいえトフトウェアみたいに豪華ではない、楚々としたトリさんであるところがよろしい。
暫く転がして横目で眺めていたけれど、なかなかに美味しそうで、
今度白くないパンなど盛ってみたいと思う次第である。

昨日は休日返上でお仕事、、そうなると沸々と何かしたい欲求に駆られ、
お昼休みは本屋さんで気分転換。

IMG_2815.jpg

暮しの手帖 別冊「家事じょうずの暮らし」、家事上手になろうと目論んだわけではない。
家事を暮らしそのものと捉えて愉しんでいる方のお家がたくさん載っていたので、
なんだかこのところ仕事に明け暮れていた三毛庵は、
お宅拝見♪でちょっこら気分を上げ、自分の暮らしも整えたいと思ったのだ。
三毛庵の場合、時短術とか断捨離とか読んだところで、
渇きが癒されるわけでもない。
ただ、「時間を取られる」という考え方に陥らずに家事をしたいと思うのだ。
いやしんぼうにとって、美味しいお茶とは愉しく淹れたお茶であることは自明の理である。

『「生活工芸」の時代』(三谷龍二+新潮社編)
もう3年も前に出版された本であった。。
自分が骨董などのものと暮らしている一方、
世の中も「暮らし」を大切にする時代になって、でもその中で、
なんというか悪い意味でそれがファッションみたいになっていたりもして、
こういう時代を識者の方はどのように捉えておられるのか、と手に取ってみた。
(近ごろは、ミニマリズムでさえ「消費」されているような気がする。。)
振り返って三毛庵はといえば、まぁ雑食でいろいろ食べるのである。
でも自分が気になったことをうやむやにしない暮らしは愉しいものである。
誰かに見せるために暮らしているわけじゃないのだから
やりたいようにやればいいのであるが、ほんとうに好きでしていることには、
結果的に一定の統一感といったようなものが生まれるのが不思議である。
>>続きを読む
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(1)
2017/07/20.Thu

盛り盛りごはん (印判染付牡丹獅子文皿)

そこそこに忙しいひとりの日は、フライパン片手にお手軽メシである。
豚こま肉(切らずに済む)といろいろの野菜をじゃじゃっと炒めるだけ。
ニラとキムチでキムチ炒めとか、茄子・トマト・ピーマンの夏野菜炒めとか、
まぁ、そんなもん。
さて本日、冷蔵庫を覗くと茄子しかない!!
塩胡椒では寂しい気分だったので、トマト代わりにケチャップ炒めにすることに。

IMG_2749.jpg

このようなビミョーなお色味のおかずでも、このおはあんしんなのである。
(もちろんトマトやピーマンがあればもっと鮮やかに映るのであるが。。)
テキトー感溢れるおかずを、ほどよく盛り上げる、食欲そそる印判様である。

IMG_2750.jpg
(径21.5cm)

ツウな食卓ならば瑠璃釉の古伊万里などがよろしかろうが、
なんちゃってメシをもりもり食する三毛庵には、
大っきい獅子が3匹盛られたこのおの安心感がよろしい。
ニギヤカだけれど獅子のダミで全体がコバルト色、
なんでも美味しそうに見えることまちがいなし!

ストイックに引き算された配色というのは、どうやら三毛庵にはむつかしく、
いつもちょこちょこ「盛って」しまうのであるが、
それは性分なのか、それとも関西圏にいるせいなのか。
(関東は粋を愛する江戸文化であるが、ここらは桃山だと常々思うのである。)
でもなんか、ちょいちょい足し算しつつ危ういバランスで調和する、
そういう迷宮のような暮らしぶりにときめくのも、
ふるもの好きの特権だと思ふのであるが。。


ちなみに、、団子っパナ3兄弟はちょっとずつお顔が違うのであった。
IMG_2751.jpg

IMG_2752.jpg

IMG_2753.jpg
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/06/11.Sun

梅雨入りの庭で (色絵金彩河骨文印判皿)

いつも行くホームセンターには、メダカ池用の水生植物が色々とある。
燕子花なんかもあったりして、おぉ、家の池に燕子花が咲いたらすごいなー、
と眺めているのである。
ちょっと気になっているのは河骨(コウホネ)で、
家のなんちゃって池でも咲くのかな?と横目で見ている。

IMG_2666.jpg

その、河骨と思しき文様の印判を見つけた。

IMG_2665.jpg

この頃の金彩の印判は、なんといえばよいのか
粗末と言っては失礼だが、金彩に反比例するようにちゃっちい感じのものが多い。
このおも金彩のほかは、薄い水色と翠色の釉薬がさっと塗ってあるだけで、
まぁ他愛ないことこの上ない。
そうなのだが、その薄っすらとしか使えなかった色絵を効果的に使って、
簡単なりにグッドデザインに仕上げているのに感心した。
アシンメトリーな構図もなかなか宜しい。
そう思って眺めていると、放置しておくのはなんだか勿体ない気がして、
たっぷり5寸はある使い勝手にも期待し持ち帰ることにした。

IMG_2660.jpg

印判は平日の慌ただしいご飯でも何気に手に取ることができ、
といって簡単おかずでも侘しい気持ちにはならないナイスなアイテムだ。
この日は鮭の端っこと納豆に長芋の短冊と、お手軽に食したが
実においしい晩御飯をいただいた。

春に生まれた子メダカは順調に成長して、1cmぐらいになったやつもいる。
(とはいえ、いくらか自然に淘汰されているのは、致し方なしか。。)
先日お友達が少し連れ帰ったが、それでもまだ沢山いる♪

のんちゃんが金ちゃん池で餌をやっていて、
「あれ?ここにも子メダカがいるよ!」

IMG_2679.jpg

皆さま、見えますでしょうか?画像の真ん中あたりにいる子メダカ。
見ると親メダカや金ちゃんが近づくと水草の陰に隠れている。。
ということで、都合2匹を子メダカ水槽に保護したのであった。

IMG_2651.jpg

先週は梅雨入り前に、と鉢植えのラベンダーを剪定した。
この辺りの庭はいかに夏を越すかが一番の課題である。

IMG_2644.jpg

三毛庵のゼラニウムコレクションのうち、
数少ない定価で買ったやつが咲いている、可愛い♪
あとの蚊蓮草やらローズゼラニウムやらはみんな処分品だったけど、
やっぱり綺麗に咲いている。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/04/15.Sat

アイス珈琲はじめ (プレスガラス花皿)

今日は晴れたり降ったりしながらも、気温は上がって庭仕事日和。
三時のお茶はアイス珈琲初めに。
年中ガラスものを使っているけれど、アイス珈琲を淹れるころになると、
硝子の季節がやってきたなぁ、と思う三毛庵である。

IMG_2293_201704152056425ef.jpg

は見かけるとついつい手に取るもので、
これなどいちごをいただくのにほどよいサイズ感である。

IMG_2294_20170415205644856.jpg

八重桜の咲き始めるこの頃には、そろそろ寒の戻りもお終いで、
夜風がふわっと薫るよな、佳い季節の始まりである。
こんな季節の花はよろし。

IMG_2317.jpg

売られているハウス苺はそろそろ終いなので、
お買い得になっていた、少々上等なのんを週末のデザートに。

IMG_2318.jpg

今朝方、蕾に花色が覗いている、そう思っていたらあっという間に牡丹開花。
牡丹も薔薇のように複雑で佳い香りがしている。

IMG_2322.jpg

山アジサイの「白扇」はさっそく金ちゃん池のほとりに植え付けた。
開花株なのでとってつけた感は否めないが、お池がさらに充実♪

山アジサイやアナベルは、春になったら植えようと思っていたのだ。
それから、ススキの仲間。
ところどころにススキがしゅっとあるのが好きなのだが、
実は母もおんなじで、こういうのも遺伝っていうのかなぁ・・・と思う。
以下のススキ苗植え付け(殖えるとえらいことになりそう。。)。
 パープルフォール
 モーニングライト
 ゴールドバー
その他の植え付け。
 山アジサイ 「藍姫」
 アネモネ「ラッフルドスワン」
 小川キキョウ
あと、以下の立派な処分苗!も植え付け。
 オダマキ ノラバロー
 デルフィニューム(ちょっとうちのお庭の雰囲気ではないがお安かったもので。。)
 スカビオサ「ブルーバルーン」(鉢植えに)

(以下、お庭の記録↓)
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/04/14.Fri

桜散り蝶が舞う (緑印判花蝶文皿)

朝、金ちゃんに餌をやりに出ると、紋白蝶がひらひら飛んでいた。
春だなぁ。可憐なのですけれどね、庭師はついつい青虫を警戒してしまうのである。
のんちゃんが筍ご飯用に山椒も植えたので、揚羽蝶なんか要注意だ。

IMG_2312.jpg

こんなフシギな、洋の香り漂う印判
桜に菊(絵柄は純和風!)とお花がいっぱいであるが、蝶々もいっぱいなのである。

IMG_2311.jpg
(径16cm)

一枚だけだったのがザンネンだけれど。。
春先からぼーっと眺めていたけれど、桜が咲いて、緑が芽吹いて、
なんだかこのおが似合う季節がやってきたと思う。

金ちゃん池のほとりの日陰にヤマアジサイを植えたいなと思ってた。
前に育てていた品種を思い出して取り寄せたところ・・・。

IMG_2309.jpg

わぁ、立派な開花株ではないか!!(↑さっそく印判が。。)
よく見ると確かにそう書いてはあったのだが、日ごろ苗専門の三毛庵であるので、
大きめの4寸鉢というのに惹かれ、鉢花といえば普通開花株であることなど忘れていたのだ。
なんかトクした感じ♪しかも生産者が吉岡麗子氏であるぞよ。
ということで、母にも送ろうかな、ってみるともう売り切れていた。
(お隣の地球瓶2号に子メダカ170匹!?放流中、、
もはや多すぎて生存確認ができないのだが、あまり減っている感じはない。)

IMG_2310.jpg

「白扇」という品種。ヤマアジサイはデカくならないし、野趣があってよろし。
さっそく週末に地植えにしよう。

IMG_2313.jpg

冬物のスリッパをダメにしてしまったので、麻のちょっと上等なのんを買う。
(撮影前に履いてしまって、使用感あり。。)
洗えるとあるのだが、どれぐらい使えるのかな?
履いていていい気分なので、長く使えるとうれしいのだけれど。

IMG_2308.jpg

晩御飯は焼鮭定食で。

(↓いつものお庭の記録)
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME | Next »