FC2ブログ
2018/06/25.Mon

マサル (庭の石像)

エアコンの空調機の前にうさぎシステム@を作ったときに思ったのは
何かお庭に、ひっそりと芯になるよなものが欲しいなぁ、ということ。
日本人なら小さめの五輪塔など渋く置くのもよかろうけれど、
そういう感じのお庭でもないしなぁ・・・と思っていた。

IMG_3636.jpg

そんなときに出会ったのがマサル。
ちょうどザギトワ選手に秋田犬のマサルが贈呈されたころのことである。
庭の奥まったところ、葉陰に鎮座いただいた。

IMG_3632.jpg

マサルは正しくは「神猿」と書き、おおもとは日吉大社の神さまのお使いである。
比叡山の山の神であったのだろう。
山王信仰とともに全国に拡散したもので、この石猿もそういうもののひとつらしい。
「魔が去る」ということで方位を護っていることも多いようだ。
山の神さまだから、きっとお庭の草木も守ってくれるに違いない。
庭仕事をしながら、ときどきマサルのほうへ目をやると、気持ちよさげに鎮座している。

IMG_3625.jpg

日光キスゲ(ゼンテイカ)の2番花が咲いた。
1番花は平日に咲き、開きかけたところで仕事に出たので、
こんどは休日に咲いてくれて嬉しい。(1日花である。)
「日光」と名の付くようなものが関西で育つのかナゾであるが、
近所の路地でキスゲらしき花が咲いているのを見て、育ててみようと思ったのだ。
取り寄せた苗が立派であったので、ひとまず今年は咲いてくれた。
一日しか咲かないのでは、庭での費用対効果が小さいようであるが、
いろんな色・形の葉っぱの草々を植えているので、たまに花がぽつんと咲くのもよいものだ。
北海道には似たようなものでエゾカンゾウというのがあって、
小さいころには家の近くの原っぱにも咲いていて、摘んで帰ったことを思い出す。

野菜を植えるようなスペースはなく、また虫に弱そう、という先入観もあり、
週末ガーデナーの三毛庵はあまり植えようとは思わないのだが、
オクラの大苗があったので、試しに買ってみることにした。
オクラは花が可愛いし、葉っぱの形も個性があるからね。
何より、ちょっと高さが欲しいなぁ、と思っているところがあって、
オクラなら夏中成長するかな、って思ったのん。

IMG_3641.jpg

オクラ「ピークファイブ」・・・全くもって狭苦しいところに植えたけど、ちょっとは収穫できるかな?

IMG_3644.jpg

万願寺も買ってみた。
スポンサーサイト



 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME |