FC2ブログ
2019/10/06.Sun

十三夜近く (竹一重切、伝山本倉丘「菊花図」)

庭の一角に、去年つんつんとした草が生えていて、雑草というにはよいグラスであったので、残しておいた。
今年になってぐんぐん株が太り、見ると何やら穂を出すようで見ていると、それは糸薄だったのだ。
庭を掘り返して茶花などを植えていると、たまにはこんなオマケがついてくる。
どうやら十三夜には庭で楽しめそうであるが、一番早く開いた穂を失敬する。
それにしても、次の台風は一体・・・。

IMG_5907.jpg

秋海棠はなかなか花期が長く、ちょっとずつ分岐していくのでありがたい。
でもやはり、蕾のころのほうが入れやすいかな。
藤袴もこれだけ暑さが残っても長く咲いてくれるのがうれしい。

やや小ぶりでいい感じに枯れた一重切を手に入れた。

後ろのは折れがついてしまっており、箱も合わせであったので格安にしていただいたもの。
折れはありがたくはないけれど、絵柄はちょうど今の時期によく、
何よりもこのような線描モノは好物なのだからして。。

IMG_5914.jpg

山本倉丘のもの、ということで買っているが、不勉強なので私にはわからない。
「蒼丘子」とあり、落款も今流通する戦後のものとは違うようなので、
本物だとすれば若書きなのかもしれない。
のんちゃんに言われて気づいたのだが、左端が切れているので元々下書きなのか?
(切れていてバランスが悪いかというと、ちょうどよい非対称、、意図したものか。)

IMG_5915.jpg

凄く、綺麗な筆なのだ。
線はやっぱり日本画の命であるのだが、近代的な写実でもあり、
西洋のボタニカルアートとはまた違う、こういうの、おうちに飾りたし、って思う。
支柱に支えられた菊の茎など、あぁ、菊ってこうだよなぁ・・って思い出すもの。
(売り物にする切り花を整える手伝いをしたことを思い出した、リアルな実感!)
空気の澄んでくるこの季節、このような美しい線を眺めるの楽し。

IMG_5913.jpg

この一重切は楕円に育ったしっとりとした竹でつくられていて、
これもまた、ちょうど十三夜の月のように日本のものらしい不完全なるものである。
スポンサーサイト



 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2019/06/30.Sun

いつか忘れて了うまで (和ガラス籠目一輪挿し)

IMG_5148.jpg

梅雨の中咲く二番花は、たぶんよそ目には地味なのだろうけど、
咲くと喜ばしいのである。
多少ぼろっちくなった花でも、おしゃれなアレンジメントよりも綺麗に見える不思議(笑)。

IMG_5150.jpg

ガラスの籠目の花瓶、このような時代の、盃になる小さなコップだと評価が高いものである。
花瓶だと手が届くものが多く、また庭の花向けの小さいものが多いのもありがたい。
こういうガラスだと乳白が思い浮かぶが、半透明のグリーンである。
花を入れるとき、葉っぱのグリーンと被って難しいかな?ともちょっと悩んだ。


IMG_5145.jpg

でもこんな風に、ばら色のばらによく合うと思う。
ばらの葉っぱはところどころ疎らについているだけなので、
ガラスのグリーンと合わせてもさほど被らない。

IMG_5147.jpg

花瓶敷きも可愛い刺繍のデッドストック品。
どれも他愛のないものだけれど、他愛ない、ということはありふれたことではない。

ましてや、過去に生産されたものなど、もうそこに戻ることもない。
人もものも、いつの日か失われていくものだから、
その日その日を記憶にとどめておくほかない。
それもいつかは忘れてしまうにせよ。

 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2019/06/29.Sat

梅雨の白ばら (籐花籠)

IMG_5112.jpg

遅い梅雨入りの宣言の後、台風が来るという朝、フラウ・カール・ドルシュキーが返り咲く。
ばらの中でもその白さの評価が高く、湿度が上がってじっとりとする頃に見てもよい花だ。
雨で花が傷む、こういう時はあまり悩むことなく鋏を入れる気になる。

茶花の世界では、棘のあるばらは禁花らしいが、
お客様のために飾るのでもない、自分の愉しみなのだから、きっとOK♪

IMG_5113.jpg

籐の籠は白っぽいつるも編み込んでアクセントにしたもの。
古色はないけど、古色があればいいということもなく、
(また完璧なまでに侘びたものは、我が家には恐れ多い気もする。)
軽やかな雰囲気があって、洋花など入れてみたいな、と思っていた。
自家製のばらは次の芽のことを考えて切るので、このように寸詰まりになるのだが、
籠のころんとした感じと合うようで、自分では割と気に入った組み合わせ。

フラウ・カール・ドルシュキーは立派な一番花@も二番花も切っても嬉しいばらである。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2019/06/07.Fri

いつでも花を (和ガラスの小さい花瓶)

IMG_4888.jpg

なんだか花の画像ばっかりで恐縮なのだけれど、
好きなものを飾ったり、咲いた花を飾ったりするのは
どのようなところからくる所作なのであろうか。
花も器も執着してもあの世には持っていけない。
そんなことを言うと、この世で何をしたって無駄ということになってしまうのだが、
持っていけないからこそ、そうやって眺めやる時間が大切なのではなかろうか。
小さい硝子の花瓶は黄色い硝子ではなく、ガラスの内側に塗料を流し込んだような造り、
これは当時の手法なのか当時からのバッタもんの手法なのかは知らないけれど、
扱いの難しそうなニギヤカな黄色も、小さいと可愛らしいものである。
とはいえ、こんな色に花を入れられるものであろうか?とちょっと考え、思いつく。
グリーンの小さいばらなどいかがかな?

今年はばらの新苗も少し買っていて、当面は木をつくるのに専念しないと
いけないので、花は最初のだけ確認のためちょっと咲かせてすぐに切り取る。

IMG_4884.jpg

くしゃくしゃのばらは、ロサ・キネンシス・ビリディフローラ、
通称グリーンローズで、まあ花になり損ねたようなへんてこなものなのだが、
次々と花がついて、なんとなく可愛い奴だ。

IMG_4885.jpg

コロコロのほうは、今人気のあるエクレールという品種で、
ポリアンサローズの一種らしい。
これも油断するとすぐに花がつくほどの育てやすいばらのようである。

IMG_4886.jpg

小さい花瓶には、菊の花と裏にはブドウの房が描かれている。
まぁ、一般には取りたててどうというようなものではないけれども、
そういう中にも、個人的にはなんだか嬉しい、そう思うようなものがあるわけで、
そういうものを見つけた日は、わくわくする。
誰が見ても素晴らしいものを買ってももちろん嬉しいのであるが、
雑多なものの中に埋もれていたのが、家に飾ると幸せそうに見えるのが嬉しい。
「幸せそうに見える」というのは、つまりは自分が幸せなのだろうけど、
そういう、ものを得た・・・ということではないよな充足感がどこから来るのか、
その辺りがやっぱりフシギに思うのである。

IMG_4929.jpg

常日頃、花には侘びた器が合う、という先入観もあったりするのであるが、
園芸種など、こんな入れ方も愉しいなと思う。
庭で咲いた花は、園芸種でも動きがあるので、取って付けたようにはならないしね。

 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2019/03/11.Mon

今日に (白万古掛花)

三日月を過ぎた春めいた月を見る。

庭で俯くクリスマスローズを飾ろうと思う。
水が上がりにくい花だから、咲いている一輪だけ、と小さい花を切った。
小さすぎて、水仙も小さなティタ・ティタを。

IMG_4111.jpg

今日は花を手向ける日だから、特盛のも切ることにする。
向日葵のように俯かないクリスマスローズ。

IMG_4109.jpg

Sさんに譲っていただいた、余りに愛らしい花入にはこれもいいのかもしれない。

IMG_4113.jpg

花も器も、何一つ向こうには持ってゆけないから、
咲いた花の記憶ぐらいは忘れまいと思うことが、生きているうちにできることである。

IMG_4114.jpg

コレクターの方からやってきたという花入
いつかちゃんとつぎの預かり手に継いでゆけますように。

 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME |