FC2ブログ
2020/02/29.Sat

早咲の椿 (古道具の踏み台と北窯の抱瓶)

今年の椿は、早咲きは遅く、遅咲きは早い印象。
近年の桜の開花が大阪より東京のほうが早いのと同じ理屈で、
寒さに当たる期間が一定以上ないと開花しにくい、ということだろうか。

IMG_6217.jpg

いつもは2月に入ると咲き始め、ゆっくり咲いてゆく『月光(がっこう)』がようやく咲く。
読谷山の北窯、松田米司窯の抱瓶に入れる。
(北窯は4人の親方の窯からなる共同窯だ。)
花台は古道具の踏み台だが、ぼろっちさが却って花を引き立てる。

IMG_6219.jpg

この抱瓶をみたとき、あー赤い椿入れたいな、って思った。
この抱瓶に入る泡盛を飲み切る自信はないのであるが、椿をいれてみたかったのん。
でもきっと、夏場にねこじゃらしなど道端の草を入れても合う気がする。

IMG_6216.jpg

先日の徳利@の松田共司さんと松田米司さんは双子のご兄弟で、
それぞれ作風に個性があり、米司さんはこのような穏やかなものが多いように思う。
(共司さんのダイナミックな絵付けの抱瓶にも花を入れてみたい。。)
こうしてみると、器だけでも素晴らしく絵になるのであるが、
ちゃんと花を入れる余地があるところが心憎いところだ。
こういうことって単純にはできないし、狙ってもできることじゃないよなぁ。。

IMG_6220.jpg

それにしても『月光(卜伴ともいう)』は、慎ましいのに華もあり、古花というのはそれだけの理由があるものだ。

去年地植えにしたのであまり蕾が付かなかった、『月照』もようやく咲く。
花も葉っぱも端整な品種なので、やはり古典的な花入に合う気がする。

IMG_6231.jpg

花入っていうのは素晴らしい発明だなー、千利休って本当に凄い人だ。
400年、皆竹に花を入れている。

IMG_6232.jpg

『月照』の花は完全なる引き算の美であるので、却ってほころんだぐらいがちょうどよいのかもしれぬ。
開ききったら美し過ぎてシンパイであるが、でも開いてゆくのが楽しみである。
スポンサーサイト



 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2020/01/13.Mon

大寒迄 (日本寒咲水仙八重)

このあいだ、日本水仙のことを考えてお花が見たくなり、ホームセンターへ行った。
芽出し球根が売られていて、大好きな水仙、フェブラリーゴールドとタリアを発見、
追加で植えることにする。
フェブラリーゴールドは、早い年はその名の通り2月に咲く金なのである。
タリアはといえば4月に近く咲き、エイプリルシルバーとでも言いたい白。
あーそいうえば、ラファエル前派、ヒューズの「四月の恋」というロマンティックな絵があったけれど、
タリアにはあのような気配が漂っている。
小鳥の春の2月には黄色い小さなラッパ水仙が似合うけれど、
4月に近くなれば、雫咲の白の水仙に限るのだ。
そうして、今のこの寒の時期はやっぱり日本寒咲!!
あのスッとした香りは寒さに似合う。

見ると日本水仙の開花ポットも売られている。
さすがに今年は買い増しはな、、と思ってみると、あれ?なんか違うのが、、

IMG_6054.jpg

一株だけ、八重咲が混じってました♪
はじめはラベル違いかとも思ったのだけれど、八重という以外は
あのスッとした香りも、草姿も日本寒咲なのである。
調べると、八重咲もあるみたい。
ひゃっほー♪と連れ帰る。

冬の庭仕事をようやっと開始、枯れ草の庭を惜しみながら整理してゆく。
買ってきた水仙のポットも植えたのであるが、
八重の水仙にはしっかり太ってもらいたいので、惜しみつつ花芽を一本カット。
八重って茶花には向かないし、洋花っぽく飾るほうがよいのだろうけど、
でもやっぱり和室に飾ってみたいなー。

IMG_6051.jpg

整理したツワブキの葉っぱの残骸といれてみた(水仙の葉は球根のために温存)ものの、、
難しいなー、「八重咲見つけたひゃっほー」的なヨロコビには程遠い。。
さすがに一重切というのが冒涜過ぎるのか、、と

IMG_6059.jpg

鶴首がないので徳利などに入れてみたりもしたが、
大切な八重咲さんを生かすのはむつかしい、、
花が重くて俯くから、掛け花がいいのかな?
いつかいい感じに入れてみたいなー。

IMG_6066.jpg

でもまぁ、花が可愛いから、ちょびっと可愛いかな?

とまぁ、なんだか年明けから延々と、生きるに必要なさげな水仙について書くわけだけれど、
そういうことが生きるに必要という少数派も世にはいるであろうから、
そういう人にちょっとぐらいにやっとしてもらえるとうれしいんだけどな。
(けど、やまとのひとは古来ずっとこのようなことが重要であったはずだけれど。)
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
庭仕事 | Comments(0)
2019/10/24.Thu

霜降る頃 (清染付花入)

朝早くなんとなく目覚め、少し肌寒かったので膝掛けを出す。
昨日は「霜降」だったのだそうで、次は「立冬」だから秋も終わりである。
だけど、、夏とまでは言わないにしてもこの辺りはいつまでも気温が高く、
秋らしい時期がすっかり失われている気がする。

IMG_5957.jpg

それでも季節は進んでいて、ホトトギスの開花のあとは、
菊の類が咲き始める。
去年の今頃旅先で見つけた園芸品種の真っ赤な小菊。
小さなポット苗だったが、今年は一枝失敬できるほどには育った。

咲いたら何にいれようかな、と楽しみにしていたけれど、
旅先で思いがけずこれを見つけたとき、あぁきっと小菊が似合うな、と思い浮かんだ。
近ごろは、庭に花が咲けば一枝切って楽しむそのような日々、
そんな中でふと花入を見かけるのである。

IMG_5947.jpg

清のはじめぐらいのもの、ということであったがどうだろう、
ぼろっちいまでに古い箱に少し前の札があって、古染付とあった。
売主の仰る通り、明末などはないであろうが、厚手の造りは清でも日本注文の末裔と言うのは贔屓だろうか。

IMG_5950.jpg

裏に描かれた、このお山にぐっときてしまったのねぇ。

IMG_5956.jpg

表の笑っちゃうよなおぢさんもお気に入り。
まぁ、正真正銘明末古染の、一見ユルそうでも格調高いお品とは比較にもならないけれど、
圧倒的に美しいというのも、何か正論をかざすようで、ときには引けたりするものだ。
強者の論理など微塵もなさそうなところが、取り柄と言えば取り柄なのかもしれない。

IMG_5958.jpg

それにしても小菊の愛らしいことである。
ずいぶん昔、アンケートで年齢が上がると好きな花の上位が「菊」になる、と読んだ。
その頃はイングリッシュガーデンのはしりだったから、今の中高年の好きな花はもう「薔薇」かもしれない。
だけど今や三毛庵も、庭の片隅に咲く菊を愛でる心情がよく分かるおトシになったのだ。
そうなったのが寂しいかというとそうではなく、分かる世界が拡がったのだと知った。

IMG_5959.jpg

さて、毎年のお楽しみ、鳥取の新興梨を買いにお出かけして、
帰りしな、大徳醤油さんの地元限定の生醤油があるのを思い出して買い物に寄った。
おいしそうな純米の地酒が置かれていたので・・・
金魚ちゃんをゲットした!!
(三毛庵宅は空前のお金魚様ブームなのである。)

IMG_5960.jpg

どちらもジャケ買いと言えそうだが(笑)、でも本格派のお酒なのだよ♪
金魚のほうは発泡にごり酒、楽しみ~。

IMG_5954.jpg

週末にはお金魚様と小菊で一杯、ってところでせうか。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2019/10/06.Sun

十三夜近く (竹一重切、伝山本倉丘「菊花図」)

庭の一角に、去年つんつんとした草が生えていて、雑草というにはよいグラスであったので、残しておいた。
今年になってぐんぐん株が太り、見ると何やら穂を出すようで見ていると、それは糸薄だったのだ。
庭を掘り返して茶花などを植えていると、たまにはこんなオマケがついてくる。
どうやら十三夜には庭で楽しめそうであるが、一番早く開いた穂を失敬する。
それにしても、次の台風は一体・・・。

IMG_5907.jpg

秋海棠はなかなか花期が長く、ちょっとずつ分岐していくのでありがたい。
でもやはり、蕾のころのほうが入れやすいかな。
藤袴もこれだけ暑さが残っても長く咲いてくれるのがうれしい。

やや小ぶりでいい感じに枯れた一重切を手に入れた。

後ろのは折れがついてしまっており、箱も合わせであったので格安にしていただいたもの。
折れはありがたくはないけれど、絵柄はちょうど今の時期によく、
何よりもこのような線描モノは好物なのだからして。。

IMG_5914.jpg

山本倉丘のもの、ということで買っているが、不勉強なので私にはわからない。
「蒼丘子」とあり、落款も今流通する戦後のものとは違うようなので、
本物だとすれば若書きなのかもしれない。
のんちゃんに言われて気づいたのだが、左端が切れているので元々下書きなのか?
(切れていてバランスが悪いかというと、ちょうどよい非対称、、意図したものか。)

IMG_5915.jpg

凄く、綺麗な筆なのだ。
線はやっぱり日本画の命であるのだが、近代的な写実でもあり、
西洋のボタニカルアートとはまた違う、こういうの、おうちに飾りたし、って思う。
支柱に支えられた菊の茎など、あぁ、菊ってこうだよなぁ・・って思い出すもの。
(売り物にする切り花を整える手伝いをしたことを思い出した、リアルな実感!)
空気の澄んでくるこの季節、このような美しい線を眺めるの楽し。

IMG_5913.jpg

この一重切は楕円に育ったしっとりとした竹でつくられていて、
これもまた、ちょうど十三夜の月のように日本のものらしい不完全なるものである。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2019/06/30.Sun

いつか忘れて了うまで (和ガラス籠目一輪挿し)

IMG_5148.jpg

梅雨の中咲く二番花は、たぶんよそ目には地味なのだろうけど、
咲くと喜ばしいのである。
多少ぼろっちくなった花でも、おしゃれなアレンジメントよりも綺麗に見える不思議(笑)。

IMG_5150.jpg

ガラスの籠目の花瓶、このような時代の、盃になる小さなコップだと評価が高いものである。
花瓶だと手が届くものが多く、また庭の花向けの小さいものが多いのもありがたい。
こういうガラスだと乳白が思い浮かぶが、半透明のグリーンである。
花を入れるとき、葉っぱのグリーンと被って難しいかな?ともちょっと悩んだ。


IMG_5145.jpg

でもこんな風に、ばら色のばらによく合うと思う。
ばらの葉っぱはところどころ疎らについているだけなので、
ガラスのグリーンと合わせてもさほど被らない。

IMG_5147.jpg

花瓶敷きも可愛い刺繍のデッドストック品。
どれも他愛のないものだけれど、他愛ない、ということはありふれたことではない。

ましてや、過去に生産されたものなど、もうそこに戻ることもない。
人もものも、いつの日か失われていくものだから、
その日その日を記憶にとどめておくほかない。
それもいつかは忘れてしまうにせよ。

 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME | Next »