FC2ブログ
2020/06/02.Tue

紫陽花フリーク (古伊万里染付紫陽花文皿)

IMG_6774.jpg

去年植えたアケボノホタルブクロが咲く。
生存競争の激しい庭のせいか、植え場所やら品種のせいか、根付いたり根付かなかったり、、。
一方ドクダミは勝手に蔓延るし、抜くと臭いのが困るのだが、生き残った奴が咲くと情緒がある。

IMG_6775.jpg

ヤマアジサイも結構咲くようになり、一枝頂く。
「七変化」という種類で、近くに植わっている「藍姫」とあまり違わない。
(どちらも結構青く咲くのだが、画像では赤みが入る気がする。)

紫陽花は本邦産だけあって、暑さや蒸れ、ムシには強く、日陰でいいからありがたいのねー。
いっぱい植えたいから、西洋アジサイよりコンパクトなヤマアジサイを選ぶのであるが。

IMG_6777.jpg

伊万里のそば猪口にもたまにあるけど、あんまりない、紫陽花文。

IMG_6776.jpg

描くとこんな感じであまり情緒がない(笑)。

IMG_6778.jpg

あまりないのは古来人気がなかったからで、どうしてかな?
お寺さんの某所のようにじめっとした場所に咲くから、吉祥ではなかったのか?

IMG_6779.jpg

でもこれは、裏が宝尽だからそんなことはないよなぁ。
ヤマアジサイは変異も多いのに、古典園芸植物ではないような。。

さて今や、ヤマアジサイも西洋アジサイも空前絶後の新品種ブーム。
母の日のプレゼントに人気というのも大きいと思う。
それは三毛庵的にはナットクで、カーネーションって最後まできれいに咲かせるのが難しい。
だから、アジサイやクレマチスのように育てやすくバリエーションが多い花がよいのである。

というわけで、毎年のように出る新品種にぐいぐい吸い寄せられる三毛庵、
今年は禁断のヤマアジサイより大きいのんに手を出してしまったのであった。

IMG_6783.jpg

うっひょーめちゃ愛らしい♪その名も『小菊』!紫陽花なのにぃ。

IMG_6782.jpg

有名な加茂セレクションの新品種で、偶然見かけてゲットしたけど、品薄みたいです。

IMG_6787.jpg

一般的な西洋アジサイより小ぶりなので、ヤマアジサイの血が入っているのかな?
加茂セレクションは育てやすく、花付きもよいので育てるのが楽しみ~。
今のこの微妙なグラデーションがざっくりなお世話でも出るとよいけど。。

まぁとにかく、このころは紫陽花フリークな三毛庵なのである。

↓紫陽花の話はまだまだ続く(笑)。
>>続きを読む
スポンサーサイト



 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2020/05/16.Sat

初花と初物 (ウィスキーの空き瓶やら)

結構真面目に自粛しているというか、まぁお庭もトップシーズンであるので
家でよろしくやっているのであるが、気晴らし程度にホームセンターへは行ったりする。
お庭のほうも、もう補植程度しか植えるものもないのであるが、
それでもしっかりしたよい苗が、お手頃で売られていたりするのを見ると浮かれてしまう。
薔薇はそれなりに育つので、できるだけ厳選して買うよう心がけるのだが、
新苗など、育てたくなってしまうのだなー。
それほど目新しくはない苗の中に、イブ・ピアジェがあったのでついつい。。
香りもよく、芍薬咲きの日持ちの良いバラなので、切り花でも人気があったように思う。

IMG_6648.jpg

新苗は本当は摘蕾しながら育てるのが後々の成長によいのだけれど、
買ったときにもう大きくなったつぼみが二つあったので、咲かせてすぐに切ることにした。
花瓶にしているのはおそらくウィスキーか何かの瓶だけれど、角張ってプレス文様もいいので、
ちょっと花を挿すのにいい感じ。

IMG_6646.jpg

切る前、、まだ小さい樹に大きな花が、、。次の芽の位置を見定めて短めにカット。

IMG_6649.jpg

順に咲いたので、先に咲いたほうの花はグレイッシュに退色してそれもまたよし。
うちの薔薇ははらはら散るものが多いので、たまにこういう花もちの良いのも悪くない。
花もちがいいとか悪いとか、どちらが長所とは言い難いもので、
品種の用途や風情によっては潔く散ってゆくのがありがたいこともあり、
要するに、いかに見た目や個性、用途などがトータルで見てよい組み合わせになっているのが
よい品種といえるように思われる。
歴史のある品種は、やはりそういうところがこなれているものが多い。
とはいえ、どこに美点を感じるか、というのは個人的な感性の問題であるけれど。

さて、連休含め、ことしは気温が穏やかで薔薇は結構きれいに咲いている。
写真はいっぱい撮ったけれど、ずっとこころから余力がなくあっという間に二週間。。
うちの薔薇的にはそろそろ後半戦の薔薇が咲き始めた。

IMG_6671.jpg

一番最後にピークを迎えるファイルヘンブラウ(ブルーランブラー)が咲き始める。
とにかく咲いてからのスミレ色への退色とライトグリーンの柔らかそうな葉っぱが似合う。
冬には意外と赤い実も楽しめるしね。
まだ十分には育っていない、オーガストルッセルが所々に反八重の花を覗かせているのにどきんとする。
オーガストルッセルはダイナミックに咲くわけではないけれど、地味ながらに印象的な風景にしてくれる。
柔らかい葉っぱがよくハキリバチに丸く切り取られたりするのもご愛敬。

IMG_6666.jpg

春に実家に筍を送ると、今頃の季節に脂ののった時鮭が届く。
(昆布森漁港の定置網、まちがいなしのやつ)
ここの魚屋さんは冷凍せず上手にチルドで送ってくれるので、
着いてすぐの鮭は脂がのってジューシーでほろほろ崩れそうに美味しい。
すじこもちょこっと入っていたので、アテ風に供する。
まぁ、そとで食べる御馳走はいいに決まっているのであるが、
このただ焼いただけの鮭の激うまぶり、これが真の贅沢というものだ。
御馳走様でした♪
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2019/09/24.Tue

うちのごはんとうちのはな (くらわんか手奈良茶碗・瓢形花籠)

IMG_5887.jpg

いつものように栗を買いに行く。
今年は彼岸花の遅い年で、田んぼのわきにようやくちらほら咲き始めていた。
栗もまだたくさんは出回っていないようだったが、いつもの栗おはぎは発売になっていた。
春には筍、秋には栗を実家に送り、自家用にも買って帰るのが慣わしで、
日々の食事はお粗末なものであるので、春秋の炊き込みご飯だけは頑張る三毛庵である。

IMG_5902.jpg

今回はおすそ分けをするのにガス炊飯器で炊いたけど、今度は鍋で炊いてみよう。

IMG_5903.jpg

奈良茶碗とか広東型とかいうようなお茶碗であるが、
くらわんか手の渋めの呉須で、このような秋のご飯がぐっとくるものである。
初期手のお茶碗など憧れるが、相応の覚悟を持って手に入れるようなお品である。
これなどは蓋がガタついたり、小さな難点があったりなので、
ずいぶんと良心的に譲っていただいたものなのだが、
家庭で作る秋のご飯がよく映える、高スペックなお品と思う。
こういうものに探すではなしにふと出会ったりすると、その日はもうよい一日だ。

IMG_5899.jpg

庭は茫々になっていて、それというのも早朝を除いては
外に出る気力も萎える猛暑が続いたせいであるが、
そのせいでさらにイラガまで発生して(今年はやけに多いのである。。)、
昨日はついに手が腫れる羽目に陥ってしまった。
おしゃれな庭雑誌などには、決して出てこないイラガとの闘い、
皆さま一体どうされているのであろうか。

それでも少しは欲しいな、と植えた秋草がぽつぽつ咲いて、
茫々の庭に秋草の咲く様はのんちゃんのひんしゅくを買えども好きなのである。
今年ようやく手に入れた秋海棠と一緒に入れたのは、
「菊葉玉咲フジバカマ」という名で売られていた山野草、
藤袴の地味な風情が好きなのだが、これは葉っぱや小さな花の様がよい花だ。

IMG_5892.jpg

こんな風に庭で乱れて咲く雰囲気を入れてみたいものだが、
まだケチって倒れ掛かった一枝を失敬して入れるような次第であり、
庭で見るときの感動を再現できる腕もない。。

IMG_5901.jpg

先日書店で見かけた本を買ってきた。
裏千家の偉い先生の本であるが、花に向き合う根本のところを
素人のこころに響くように書いてくださっていて、なかなか得難い本である。
洋花や、身近な草花も茶花として入れてくださっているところもうれしい。
さらに技術的な面も基本のところを書いてくださっているので、
我流(というかそれ以前)な三毛庵にはありがたい。
綺麗に入れられた写真だけあっても、美しければいいのか、という気になるし、
技術的なことだけ書いてあっても花を入れる人の気持ちなど分からないし、
そういうところが書かれているものって意外とないのである。
いつも花を庭から摘んできたら大慌てでざっくり入れている三毛庵も、
もうちょっとひと呼吸おいて、いい花をいれたいものである。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2018/05/26.Sat

植木の市 (再興九谷青手掛花入れ)

IMG_3490.jpg

この季節のモミジはほんとうに瑞々しい。
挿しておいても長持ちするから、ずぼらな三毛庵にはありがたいのである。
置いてある鞘状のやきものは花入れになるんだけれど、
イロハモミジはいまいち合わなかったので、飾りに置いた。

IMG_3551.jpg

今日思い立って、こっちはどうかな?とコハウチワカエデを挿した。
うん、これは可愛い。
花入れは基本的には地味なものがよいと思うけど、
こんな色絵なら、葉っぱだけを挿せばいい気がする。

IMG_3553.jpg

決まり過ぎてなくてイイ感じ♪

IMG_3554.jpg

こんな不思議なもの。。
よい箱に「九谷青?屋造きせる筒?」みたいなことが書いてある。
粟生屋源右衛門だと聞いたけれど、普通の粟生屋のような
楽焼っぽいのではなく、磁器質のもの。
素地は若杉とかなのかなぁ?
へんてこなものだけど、時代はあると思うんだな。
ちゃんと掛けるためのひもを通せるようになっているスグレモノである。
大切に育てているコハウチワカエデの晴れ舞台。

裏に砂利敷きの西向きのスペースがあって、防草シート貼っているのに
油断すると雑草が伸びていて、のんちゃんが気にしていた。
それならいっそ木でも植えて、雑草のはびこるスペースを
減らしちゃえばいいんじゃないかと思い、あれこれ思案していた三毛庵である。
いっそオカメ桜でも植えようかと思ったけれど、桜は虫の温床だからなぁ。。

先日ホームセンターに行くと植木市がきていて、
おぉ、この手があったか、ジューンベリー!!
桜のころに花が咲いて、6月に食べられる赤い実がなり、
秋には紅葉もする。そんなに手もかからない。
若干かわいそうだがなんとか西日も耐えられるとのことである。
ジューンベリーの大きい木はあまり見たことがなく、
もっと大味?って思っていたけれど、あんがい繊細な姿で葉っぱも可愛い。
裏庭なら鳥が来ても厄介なことにはならないしね。

ということで、早速植えました~。種があるけどお味も美味しい♪
IMG_3523.jpg

とにかく秋までせっせと水遣りしなければ。

一昨年植えた庭木がなんとか無事に二年目の春を迎えたのに
気を良くしている三毛庵、実はそのときほかにも気になるものがあったのん。
それはですね、、シロモジ!
家にはクロモジがあり、シロモジの存在も知ってはいたのだが、
実物をみたことがなかったの。
シロモジの株立ち、めちゃこじゃれているではないですか。
ということで、本日植木市の最終日、行ってきましたよ~。

IMG_3542.jpg

葉っぱが繊細で、カエルの手のような、アヒルの水かきのような形なのだ。

IMG_3541.jpg

若芽は赤みがかっている。

IMG_3543.jpg

上向きにつく、小さい実が地味ながら存在感たっぷり。
一本でも結実するって言ってたけれど。。
春先に黄色い可愛い花が咲き、秋には黄葉もするという楽しみの多い木である。
虫は少なそうだけれど、ハキリバチがガンガン葉っぱを切り取ってしまうのがちょっと笑える。
クロモジはしっとりと和庭に合う風情だけれど、
シロモジは和でも洋でも面白く使えるんじゃないかな~。
ということで、今年も水遣り頑張る三毛庵である。

<今日のお庭↓>
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME |