2017/04/07.Fri

朝に夕に (柘植山水文茶合)

毎日結構なお疲れというか、恒例の春の体調不良なのであるが、
メダカの子が孵るので忙しい。
これまでに76匹孵った!!
なんで数えているかというと、卵を孵す器から、孵った子メダカを
金魚鉢(という名の地球瓶2号)に移していくので、そのときに数えるのだ。
大きくするのはもっと大変そうだけれど、ひとまず孵化は成功なようでほっと一息。
こういうとき、ゆっくり構えられない性分なので、卵の入った器を覗いたり、
子メダカの様子を見たり、お花にお水を遣って、金魚に餌をやり、
合間にお茶を飲む、といった日々なのである。

ゆっくりお茶を飲むときの愉しみにと、すこしフンパツして茶合を手に入れた。

IMG_2255.jpg
(8.2cm)

三毛庵好みの「ザ・山水」であるが、可愛いお家に人も居るのだ!
これはサイズが小さいのがウリで、茶箱に入るなーとか思っているけど、
ひとりふたりのお茶をちょろっと淹れるとき、
うやうやしく茶葉を計るのにほどよいのである。
柘植の木というのもナイスである。
お洒落さんではない三毛庵は柘植の櫛など持っていないが、
いやしんぼうであるので、柘植の茶合を持つのである。

IMG_2256.jpg
(8.4cm)

こちらは、毎朝職場に持っていくお茶を淹れるときに使っているもの。
手軽に手に入れたものだけれど、これも小さくて使いよく、朝が愉しいものである。

IMG_2253.jpg

この通り、よく似た大きさなのでひとつで足りるような気もするが、
美味しいお茶のためならば、やっぱりお道具も愉しみたいものである。
道具というのは一緒に暮らして人を助けてくれるものだから、
(道具を持たずして人と言えるのであろうか?)
愛着というものは必要だ。

朝に夕に、愛でながらお茶を飲む。
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/03/01.Wed

花咲く弥生 (色絵牡丹枝垂桜文替茶器)

弥生、三月、この頃になると前の庭にあった暖地性のさくらんぼの
花が咲いたものだ。
丈夫な木だと思っていたが、義父が亡くなった翌春咲き、そして枯れた。
結果的にほかの木々も翌年の取り壊しで失ったのであるが、
今でもあのさくらんぼはどうして枯れたのだろう、と思う。

あとひと月もすると、そこここで桜が満開になるのだなぁ、とぼんやり思う。
陽ざしはずいぶん強くなってきたけれど、朝夕の冷え込みは強く、
満開の桜を想像することができない。

IMG_2020.jpg

定番の牡丹に、もう片側は柳かな?と思ってみると枝垂桜のようである。

IMG_2024.jpg

枝垂桜のほうだけを見ると、根元に蘭の花が咲く可憐な風景である。

IMG_2026.jpg
(径6.7 × 高さ6.7cm)

百花王、牡丹のほうだけみると、なるほど豪勢である。

ベロ藍からして、明治ぐらいの伊万里(有田というべきか)と思われるが、
朱や翠色を効果的に配した、なかなかに賢いものである。
明治ものはベロ藍で品がない云々、というくだりをみかけることがあるが、
この替茶器などは、ベロ藍の艶やかさを引き立てるために
朱や翠を配したのではないかと思うほどで、固定観念は捨てるべきだなぁ、と思う。
骨董の知識がついてくると、その辺りが却って鈍くなってくるようで、
見慣れないものを見たときも、きれいだなぁ♪と素直に反応できるよう、
日ごろから心しておきたいものである。

それにしても、替茶器自体見かけないというのもあるけれど、
この絵付けのセンスには、すっかり舌を巻いてしまうのであった。

IMG_2027.jpg

裏には可愛らしい渦福が。
渦福とはいえやっぱり明治かな。

IMG_2039.jpg

蕾買いしたヘレボラス・クロアチカスが咲いた。
可愛らしい咲き方でひと安心。
でも昔から持っているクロアチカスとはずいぶん雰囲気が違うなぁ。。

IMG_2037.jpg

これはヘレボラス・ムルチフィダスだった、、はず。札がなくなってしまい。。

ぽつりぽつりと花咲く弥生である。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/02/05.Sun

「ロ」なごはん (呉須赤絵写茶碗)

IMG_1956.jpg

昨日、炭火の焼穴子と蛸がやってきた!
さっそく晩御飯は炊き立てご飯で穴子丼なのである♪

IMG_1957.jpg

思い立って、呉須赤絵写のお茶碗に盛る。
抹茶碗として売られていたが、茶碗なのか向付なのかはナゾである。
箱もなく、どこの誰のものかも不明であったが、
タフな焼け具合に下手っぽい絵付け、抹茶にしてもごはんにしても、
いたく和めそうだなと思ふ。

呉須赤絵写で丼とは、なにやら星岡茶寮的であるぞ。

IMG_1958.jpg

で、これ・・・は違う!
(ワサビを入れたこれは市でみつけたちびっこなやきものである、かわゆす。)

IMG_1959.jpg

これね、作家ものだろうけどそこそこ古いんぢゃないかなぁ。。
本歌の呉須赤絵の自由さはそのままで、ちょこっと日本的に可愛くした感じ。
作家ものにありがちな、縮こまったようなところはなく。
言ってみれば魯山人っぽい、粋な本歌取りであると三毛庵は思うのである。
(何だったら、魯山人か?って言ってもいいんだけど(笑)、
ザンネン乍ら「ロ」などという銘はない、、当たり前か!)

IMG_1960.jpg

IMG_1961.jpg

赤絵は自由でヘタ過ぎず、ウマ過ぎず。
これってけっこうむつかしいことだと思ふ。

IMG_1962.jpg
(径12.5cm)

碗相も磁器なのに味わいがあり、手取りもほどよい。

IMG_1964.jpg

まぁいろいろ言ってもしょうがないが、これでいただいた
穴子丼はいたく美味しかったので、もとは取れたというべきだろう。
だけどこれって、作為があってこういうすがたなのだと思うけど、
使うにあたってそういうところは微塵も感じさせない。
好い茶碗があるなぁ、、という感じなのである。

それって稀有なことぢゃないかなぁ、三毛庵はひとり感心するのである。

(↓庭の記録)
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2016/11/03.Thu

霜月の (象牙小茶杓)

催事でみつけてうれしかったもののひとつ。

IMG_1573.jpg

なぁんだ、茶杓か、と思われるかもしれないけれど、
なかなかないことなのである、茶箱サイズのんって。
(いや、まぁ然るべきところで然るべきご予算を投じればあるのかもしれんが。)
こういうニッチなものって、偶然見かけたときというのは嬉しいものなのだ。
もともとこのサイズだったのかはよくわからないけれど、不自然さはない。

IMG_1574.jpg

以前の猫飯碗@にわっぱを見つけたので茶箱になるかなぁ、と。
さすがにわっぱでは、この茶杓もナナメにしか入らなかったが。。

IMG_1577.jpg

替茶器とか、何かイメージがある訳ではない、なんとなくの寄せ集め(笑)。
執念深く集めたりするのは苦手なので、その時々、「集まった」吹寄せである。
まぁそのほうが結果的に個性が出るような気もするが。。

IMG_1579.jpg

丸いわっぱ組だから、平棗もよいかなぁ、と入れてみる。
(いつか仕覆を作ってあげよう、と思ってはいる、、一応。)

IMG_1580.jpg

猫飯殿に合わせるにはちっとゴージャスか?
まぁ、まだ茶箱以前の組み合わせっぷりだけれど、
別に完成しようと思わなければ、こうやっていろんなパーツを組み合わせて
遊ぶだけでも十二分に元を取っている三毛庵なのである。

<備忘録>
のんちゃんはオールド・ギャッベの上で居眠り中、結構お気に召しているようだ。
ギャッベを選ぶときは、慎重に敷く場所の広さを考えて、
それでもって十二分に転寝ができる大きさと厚みのものであり、あわよくば
冬には1.5畳のホカホカカーペットにもおすがりできるものをと、選んだ。
そういうサイズ感のものがデザイン的にも一番お好みで見つかったのは幸いである♪

今日は庭に下草類を植える。
先日雑木を植えたほかは、ブルーベリーなんかがあるぐらいで、
低木類をどうするかはこれからなのに、先に下草を植えるというナゾ。。
まぁなんとなく、ここには何か低木を植えるかなぁ、、と想像して
スペースを空けながらの高度な作業である(笑)。
今結構お気に入りのクロモジ(これは植木屋さんに
アオハダの代わりにおススメいただいた。)の根締めに斑入りのヤブコウジ、
先日鉢でいっぱいになっていた春蘭も植えておいた。
夏椿の足元はまだ考えあぐねていて、取り合えずヒューケラ2種と
ときわ姫いちご、ヤマボウシにはまだグレゴマを這わせたぐらい。
コハウチワカエデの周囲に、掘り起こしたヒガンバナと日本水仙、
手前に取り敢えずのベロニカ・ハミングバードとブラック・ビオラ、
あと、ススキの小さいのんが欲しかったが、なかったので、
斑入りカリヤスなるものを日当たりに植えた。
あとは足元に斑入りのセダムとかシルバータイムとか、、
前の庭から生き延びていた姫蔓ソバに蛇苺などをお試しで。
(まぁだいたい、この中で暑さにも持ちこたえるヤツが定番品となる。)

鉢植えはあまり増やさんとこ、と思っているのに、
一才性のレモンにのんちゃんがさっそく執心、
それから可愛いもみじ葉ゼラニウムも、、ゼラニウムって
子供の時からあの匂いがなぁ、、って思ってたけれど、
でも懐かしくて、よくわからないけれど魅力のある植物である。
これも耐寒性が弱いので鉢植えに。
そのゼラニウムの仲間の蚊取草も処分価格で連れ帰り鉢植えに。

そういえば、蚊取草を買ったホームセンターは時々マニアックなものが
置かれているのだが、そういうものが意外や売れ残って
処分品になっていたりしてちょっとうれしかったりする。
(なんせ常日頃ふるものを買っていると、
定価品を買うのがなんだかおもしろくないのである。)

庭は冬場にある程度は骨格を作って、夏にアナベルや
ヤマアジサイを足す感じかなぁーと考えているのだが、
まだ今度の庭はどういう植物がお好みなのか手探りなので、
これからしばらく足したり引いたりするのだろう。

文化というものそうたいそうなものではなく、こうしてちょこっと
草花を植えたり、お茶を掬う匙を整えたりする、
そんなこころもちかなぁ、とじんわり思ふ。
(ぼちぼち庭の記録も画像に残していかなくっちゃ♪)
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2016/08/14.Sun

桃ごころ (桃型紫砂壺)

買い物から帰り、やれやれ暑かったと一息つくと、
ごろごろといい出し、夕立・・・ちょっとは涼しくなればよいけれど。

冷たいものばかりでは何なので、目覚めには台湾茶で一服。

IMG_1419.jpg

のんちゃんが、ガラの中から見つけた紫砂壺である。
よくある工芸品かな?と見ると、なんだかどすっと存在感。
うーんこれは古色仕上げなのであろうか?と睨み付ける。
ひっくり返すと無銘だった。
銘がないなら嘘もないかもなーと連れ帰ってみることにした。

綺麗に洗ってさらに睨み付けるのだが、嫌いにはなれない。
近年の宜興の紫砂壺の模倣品については、宜しくない話が多い。
なので一寸躊躇ったが、使えば素性が知れるのでは、と考える。
上等の台湾茶が美味しく入るかどうか、試すことにした。

IMG_1420.jpg
(胴径約7cm/注ぎ口から取っ手まで11cm)

桃を模っているのだが、本体以外は流麗でなく却って存在感がある。
うーん、銘もないから宜興じゃないまじめな紫砂壺か?と淡く期待。
壺の中をくんくん・・・異臭はせず、むしろ良い香り。(犬か!)
お茶を淹れだしてあれっと思う、やけに勝手がよい。
こんな形のくせに、ちゃんと、お茶を淹れるために出来ている。
恐る恐るお茶を飲む・・・ん?めちゃ美味しい!!
うーん、三毛庵ごときの味覚では異常に気づけないだけなのか?

IMG_1421.jpg

ドングリみたいな小桃の摘みをアップ。
見た感じ、自然な照りだけど摘みはお茶淹れただけでこうはならない。
ということは、古色仕上げか養壺なんだけど、あんまりやな感じしないんだなー。
なんかね、使いたくなる妙な磁力がある。桃の精がついてるのか?
前の主が養壺してたのかなー。

IMG_1423.jpg

底を覗くと灰茶っぽい紫泥で、きらきらした粒も混じっている。
これが正解なのかはわかんないなー。
いい時代のお茶が美味しく入る紫泥ならいいけどなぁ。。
内側には規則的な叩いた跡があって、量産品でもなさそうである。

IMG_1424.jpg

蓋も分厚くて、こんなんありなのかなー?という風情。

あかんヤツなら使わんとこ、って思って色んな情報を探ったけれど、
答えは見つからなかった。
でもなんか、使っていて愉しいので、それでいいかなぁ、とも思う。
真夏の朝、これでお茶を一杯いただくか、ってごそごそ起き出すのであるからに。。

IMG_1425.jpg

気まぐれに連れ帰った謎の桃のお飾りを硝子に入れて一緒に並べる。

IMG_1427.jpg

ここでちびっこの茶合@が活躍。

IMG_1428.jpg

瓶敷も市での調達品。(これはそんな古くもなさそうだけど。)

IMG_1430.jpg

晩御飯、梅麹のドレッシングをいただいたので、冷しゃぶ。
日ごろのタンパク質不足の敵を取るべく枝豆ご飯と。
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME | Next »