2017/03/20.Mon

春を鳴らす花 (古伊万里染付陽刻梅文豆皿)

春分、二日ほど家を空けただけなのに、庭の季節は移り変わる。
日陰に植えた、小さな梅はやっと咲いたところだけれど、
でももう、名残の風情である。
あんなに賑やかに咲いていた有楽も気づけば花を落として他所他所しい。

IMG_2150.jpg

梅が咲くころ、掌で愛でた豆皿も、今はもう、散ってしまったかのようである。

IMG_2149.jpg
(径:8.3cm)

梅はやっぱり、春を待つ花なのだ。

IMG_2151.jpg

ひんやりとした豆皿の梅、一年の後、春を待つ頃きっと掌に。


旅立つときに開きかけていた、バイカラーアーリーセンセーション。
クラシカルなラッパ咲が、本格的な春の到来を知らせる。

IMG_2134.jpg

残りかすの球根だったせいか、1球しか咲かなかった!!
ということは、決してお買い得とは言えない気がする・・・(笑)。
頑張って球根を太らせ、来年以降に元を取るしかない。。

自分用のお土産色々♪

IMG_2152.jpg

鶴居のチーズ、シルバーラベルは定番品。
北海道の百花蜜(主にクローバーのようである)も置いてあったので、
それもいただいてきた。
あとは、道産品で作られたよつ葉のパンケーキミックスを買ってみた。
それとジンジャーシロップも。

IMG_2139.jpg

部屋の中で切り花代わりに育てていたチューリップが咲いた。
(たぶん、バレリーナという品種。)
切り花もよいけれど、こうすると育てる楽しみも味わえてよいな♪
ただ、チューリップは暖地では越年してもほぼ咲かないので、
可哀想だけれど、その年限りと割り切っている。

(↓庭の記録)
>>続きを読む
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/03/10.Fri

もの思ふ春 (雛道具色絵輪花豆皿)

朝の冷え込みはまだ厳しいけれど、日差しはずいぶんと強い。
忙しい朝の合間を縫って庭を見回っていると、植えておいたヤブコウジが
掘り起こされていた。
驚いて見るとその下にぽっかりと穴、そういえばそこにユリを植えていたのだった。
掻いたような穴で、カラスではない、猫だって地中のユリなど興味はなかろう。
百合根を嗅ぎつけたのはイタチだろうか?
(いちおう都市部なのだがイタチを見かける。
イタチは基本動物たんぱくを好むらしいが、植物性のものもたまに食するようである。)
咲かなかったユリを思うと残念だけれど、三毛庵の居ぬ間に
お庭を散策するものを想像するのはちょこっと愉しい。
イタチ殿?は三毛庵のお庭をお気に召したのであろうか。

さて、春であるからか何とはなしにこころがざわつき始める三毛庵である。
まだお仕事はできているので、撃沈には至っていない。
ガマガエルみたいに不調とにらめっこしだすと辛いので、
なんとか気をそらそうとしてみるのだが、どうなることやら。。

IMG_2017.jpg

春の市に咲いてた雛道具の桜・・・いや、ここは桃かな?
何か、女子に生まれたことを嬉しく思ふお道具である。
こういうものを見たら、男子は女子が羨ましかったりするのかな?
まぁ三毛庵は男子であってもものを集めている気はするが。。

IMG_2040.jpg

先日のちび段重@と並べてみたりして、ちょこっとこころが晴れる。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/01/21.Sat

紅く贅なる (古伊万里赤絵宝尽文豆皿)

今朝、冬晴れ。庭を見回ると、随分と寒かった。
そういえば昨日は大寒であった。半月後には立春なのだ。
一年で一番寒いのは立春頃であるが、
この冬は久しぶりに大寒前から寒いのである。
平成生まれの方など、こんな寒い冬の経験などないのではないかと思うほどだ。

そのような寒い冬の日に、このようなものを見つけるとほっこりする。

IMG_1832_20170120233110b60.jpg

へぇ、こんなものもあるのかぁ、というような豆皿である。
たっぷりと赤絵を配して贅沢であるが、宝尽とはびっくりである。
吉祥文であるからして、なかなか高貴な柄なのだと思うのだが、
宝尽の場合、大皿小皿問わず大抵たいそう可愛く描かれている。
可愛いから好まれてきたのではないかと思うほどだ。
当時豆皿など、庶民は使えたとは思えない「贅沢品」であった筈であるが、
江戸時代のお金持ちなお人も、KAWAIIがお好みであったのか?

IMG_1833_201701202331126ac.jpg
(径:8cm)

さて、昨夜はちょこっと贅沢をして、こちらをいただいた♪

IMG_1853.jpg

徳島県佐那河内村(さなごうちそん)特産、『さくらももいちご』である。
少しお安くなっているのを見かけてほくほくしながら連れ帰った。
いちごは甘いに越したことはないのだが、さくらももいちごは
甘みも食感も優しくて、食べたときにふわっと香るのも優しい、
三毛庵的に癒されるお味なのである。

IMG_1855.jpg

お高いのはちゃんと完熟したものを摘んで、
糖度管理も厳しくしているからなのだろう。
近ごろのスーパーのいちごには、摘んでから紅くしたのかなぁ、
というような、完熟していないものが多くて残念である。
手間とコストを考えると致し方ないというか、
安いものを求める消費者側の問題なのだろうけど。。

そもそも、いちごの本来の旬は春なので、
大寒にいちごをいただくなんていうことは、
お江戸の頃なら将軍様の贅であろう。
お寒い冬の夜、部屋を暖めひんやりしたいちごを食しつつ、、
せめて、「これは贅沢である」と自覚しよう、
そのように思うのであった、、美味しかったです♪

飯記録
IMG_1852.jpg
遅い夕食に、高峰秀子さんの本に載ってた「豚と白菜の重ね煮」。
簡単だけど、ご主人の松山善三氏への愛に溢れたレシピばかりであった。
(『新装版 高山秀子のレシピ』 PHP研究所 より)

庭の記録↓
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2016/10/30.Sun

三時のおやつ (色絵変形豆皿)

元来ロングスリーパーである三毛庵だが、近ごろ早朝目が覚める。
なんだかトクした気がするものであるが、結局昼間眠くなるのである。
昨日催事で遊びまくって結構お疲れになり、たっぷり寝るぞーと意気込んだのに、
やっぱり明け方目が覚めてしまった、、お布団も申し分なく心地よいのに!!
ま、今日は日曜なのでお昼寝すればよいですかね。。

外が明るくなってきたので見回りをする。ひんやりとした朝だ。
植えた雑木は、移植のためもう葉を落としていて、
一足早い冬景色になっているのだが、木肌や冬芽を満喫する。
真砂土を入れたばかりであるので、正直言って痩せ土なのに
一体どこから来たのであろう?というような巨大な毛虫が
大事なイチゴの苗の葉っぱをかじっていた!
スコップで掬ってポイする。

催事では、ちょっと掛けるのにはよいかなーというような、
真面目な軸を手に入れたり、知り合いのお店で好みのものを
出してもらっておしゃべりしたり。
おしゃべりし過ぎて、三毛庵好物のがらくた漁りはあんまりできんかったかな。

IMG_1567.jpg

こんな豆皿を連れ帰る。
緑色の釉薬が少し剥落していて、それでまぁがらくたである。
手裏剣みたいなおかしな形にキッチュな絵付け、
何を思ってこのようなことになったのだろう?

IMG_1568.jpg
(径7.6cm)

で、何を思ってこれを買うのかわからんけれど、
だけど散歩に行ってケーキを食べた、
そんなつもりでおやつはお皿な三毛庵である。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2016/09/16.Fri

月に捧ぐ (印判猩々文豆角皿&蓮弁文プレス豆皿)

IMG_1463.jpg

ぐびぐびっとやってます(笑)。
これも先日と同じ、猩々であろうか。あまりに可愛かったので捕獲した。
昨今のキャラクターもの、ブランドものにはあまり関心のない三毛庵であるが、
昔のキャラには弱いのであった。

IMG_1462.jpg

骨董店や骨董市へあてどもなく行き、こういうものを見つけると、
その日一日ほっこり♪である。(そういうものたちで鬱蒼とする我が家であるが。)
このような三毛庵も、鬱で臥せっていたころは、のんちゃんが気晴らしにと
骨董店やお花屋さんに連れて行ってくれても、ぼんやり眺めていただけで、
どれが気に入ったとか、そういうふうに感情が動かず、
これって生きているっていうのかな、と思った。
大げさに聞こえるかもしれないけど、それが全てだった。

IMG_1456.jpg

昨日の夜、遅くに帰ると名月が空に輝いていた。
名月にお供えするのは叶わなかったが、栗餡のうさぎさんを、
とっくの昔にいただいておいた。
今は、そういうなんでもない名月でも、大切な一日である。

IMG_1468.jpg

秋に収穫するよな生業ではない三毛庵であるが、お供えはしたかったな。
淡々と仕事をし、お月様にただただ無事を祈る日々である。

 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME | Next »