FC2ブログ
2019/07/17.Wed

とらちゃん (再興九谷赤絵竹虎文菓子鉢)

相変わらず行き倒れが多く、ブログにたどり着けない日々である。
ふるものも相変わらず、へんてこなものばかりを連れてくる。
すっごくいいものも欲しかったりもするけれど、へんてこなものとの対話が尽きないのである。

IMG_5243.jpg

こんな感じの、菓子?に遭遇する。(なますに見えるけどちゃんと7寸あるのだ♪)

IMG_5242.jpg

むむっと、見るとなんととらちゃんである。
肉球をなめなめしながら、ちろっとこちらを見ている・・・猫っちい。
猫の額、いや虎の額にはつむじまであるぞ!!うほー。

IMG_5240.jpg

とまあ、お茶目なであるが、と見せかけてイカしているのだ。
窓を切った中の竹虎であるが、竹をセンス良く配置してグリーンを利かせている。
これはなかなかやり手であるぞ。
小さな丸を敷き詰めた地紋も簡単そうに描いて決して雑ではなくこなれている。
周りの唐草もまじめなものである。
おーきっとこれはきっちり再興九谷であるぞ。
若杉っぽいなーって思うんだけどな。

IMG_5244.jpg

銘が「九谷」なのだけれど。。
九谷銘だからって明治というわけではないけれど、私若杉で九谷銘って見たことあったっけな?
(あんまりほかの窯思いつかないのですが、ご存じの方はご教授くださいませ。)

IMG_5246.jpg

裏もね、パッと見「ざっくり」に見えるかもしれないけど、
力があって、三毛庵はいいと思うんだけどな。
繊細なとらちゃんの裏にでーんと描かれた立派な牡丹♪

ゆるキャラっぽく見せかけて、こういうものはなかなか作れるものではなく、手に入れてゴキゲンな三毛庵なのであった。
スポンサーサイト



 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/07/23.Sun

惡の華 (九谷赤絵金彩色絵植物文盃)

夜中というのに目が覚めてしまった。
もう少し眠れそうな気がするのに眠れない。
まぁ、日曜だし昼寝すればいいか、とのんびり構えることにする。
明け方になれば、庭でぼーっとしたりできるんだけどな。

IMG_2769.jpg

昨夜、ちょびっとお酒を呑む。。
フシギな金襴手の盃を買った。
外側の金彩は色々の植物で埋め尽くされている。

IMG_2766.jpg

千成瓢箪と瓜?であろうか。
伝統的図柄であるが、なんだかエキゾチックな描きっぷりである。

IMG_2767.jpg

これは何かな?朝鮮アサガオみたいなやつ。
こんな調子でぐるりと柘榴や牡丹、枇杷などがみっちり描き込まれている。
これ、結構フンパツしたのん。
見込みを覗いているうちに、無性に欲しくなっちゃったんだなぁ。。

IMG_2762.jpg

こんなおかしなことになっていたのん。
なんかもう、『惡の華』のオンパレードって感じなのであるからして。
外側の植物は、ほぼほぼ日本で見られそうな実在のものであったけれど、
これは何なんだ???
左のほうには何かぱかっと口を開けて笑っている様な植物とかいて、
怪しさ満載である。
これで呑んだら酔えそう、というよりも毒を盛られそうである(笑)。
(でも、実際のところ、お酒を入れると怪しいお花がゆらゆらして、
毒と言われても飲んでしまいそうに引き込まれる。)
強いて言うなら、西洋更紗を写したらこうなるような気もするが、
一体、どうしてこんなことになっちゃったんだろう?

IMG_2765.jpg

内側も瓔珞っぽい金彩で彩られてはいるのであるが、、
ヘンな南蛮人みたいなやつとか、西洋っぽいお魚とかがぶら下がっている。
すごく上手い絵付けだし、ちゃんと九谷の五彩だというのに・・・クレイジー!

IMG_2770.jpg

そんな訳で、、
あまりにマニアックで通り過ぎることができなかったのん。

(↓昨日の庭仕事の記録)
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(2)
2017/02/05.Sun

「ロ」なごはん (呉須赤絵写茶碗)

IMG_1956.jpg

昨日、炭火の焼穴子と蛸がやってきた!
さっそく晩御飯は炊き立てご飯で穴子丼なのである♪

IMG_1957.jpg

思い立って、呉須赤絵写のお茶碗に盛る。
抹茶碗として売られていたが、茶碗なのか向付なのかはナゾである。
箱もなく、どこの誰のものかも不明であったが、
タフな焼け具合に下手っぽい絵付け、抹茶にしてもごはんにしても、
いたく和めそうだなと思ふ。

呉須赤絵写で丼とは、なにやら星岡茶寮的であるぞ。

IMG_1958.jpg

で、これ・・・は違う!
(ワサビを入れたこれは市でみつけたちびっこなやきものである、かわゆす。)

IMG_1959.jpg

これね、作家ものだろうけどそこそこ古いんぢゃないかなぁ。。
本歌の呉須赤絵の自由さはそのままで、ちょこっと日本的に可愛くした感じ。
作家ものにありがちな、縮こまったようなところはなく。
言ってみれば魯山人っぽい、粋な本歌取りであると三毛庵は思うのである。
(何だったら、魯山人か?って言ってもいいんだけど(笑)、
ザンネン乍ら「ロ」などという銘はない、、当たり前か!)

IMG_1960.jpg

IMG_1961.jpg

赤絵は自由でヘタ過ぎず、ウマ過ぎず。
これってけっこうむつかしいことだと思ふ。

IMG_1962.jpg
(径12.5cm)

碗相も磁器なのに味わいがあり、手取りもほどよい。

IMG_1964.jpg

まぁいろいろ言ってもしょうがないが、これでいただいた
穴子丼はいたく美味しかったので、もとは取れたというべきだろう。
だけどこれって、作為があってこういうすがたなのだと思うけど、
使うにあたってそういうところは微塵も感じさせない。
好い茶碗があるなぁ、、という感じなのである。

それって稀有なことぢゃないかなぁ、三毛庵はひとり感心するのである。

(↓庭の記録)
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/01/21.Sat

紅く贅なる (古伊万里赤絵宝尽文豆皿)

今朝、冬晴れ。庭を見回ると、随分と寒かった。
そういえば昨日は大寒であった。半月後には立春なのだ。
一年で一番寒いのは立春頃であるが、
この冬は久しぶりに大寒前から寒いのである。
平成生まれの方など、こんな寒い冬の経験などないのではないかと思うほどだ。

そのような寒い冬の日に、このようなものを見つけるとほっこりする。

IMG_1832_20170120233110b60.jpg

へぇ、こんなものもあるのかぁ、というような豆皿である。
たっぷりと赤絵を配して贅沢であるが、宝尽とはびっくりである。
吉祥文であるからして、なかなか高貴な柄なのだと思うのだが、
宝尽の場合、大皿小皿問わず大抵たいそう可愛く描かれている。
可愛いから好まれてきたのではないかと思うほどだ。
当時豆皿など、庶民は使えたとは思えない「贅沢品」であった筈であるが、
江戸時代のお金持ちなお人も、KAWAIIがお好みであったのか?

IMG_1833_201701202331126ac.jpg
(径:8cm)

さて、昨夜はちょこっと贅沢をして、こちらをいただいた♪

IMG_1853.jpg

徳島県佐那河内村(さなごうちそん)特産、『さくらももいちご』である。
少しお安くなっているのを見かけてほくほくしながら連れ帰った。
いちごは甘いに越したことはないのだが、さくらももいちごは
甘みも食感も優しくて、食べたときにふわっと香るのも優しい、
三毛庵的に癒されるお味なのである。

IMG_1855.jpg

お高いのはちゃんと完熟したものを摘んで、
糖度管理も厳しくしているからなのだろう。
近ごろのスーパーのいちごには、摘んでから紅くしたのかなぁ、
というような、完熟していないものが多くて残念である。
手間とコストを考えると致し方ないというか、
安いものを求める消費者側の問題なのだろうけど。。

そもそも、いちごの本来の旬は春なので、
大寒にいちごをいただくなんていうことは、
お江戸の頃なら将軍様の贅であろう。
お寒い冬の夜、部屋を暖めひんやりしたいちごを食しつつ、、
せめて、「これは贅沢である」と自覚しよう、
そのように思うのであった、、美味しかったです♪

飯記録
IMG_1852.jpg
遅い夕食に、高峰秀子さんの本に載ってた「豚と白菜の重ね煮」。
簡単だけど、ご主人の松山善三氏への愛に溢れたレシピばかりであった。
(『新装版 高山秀子のレシピ』 PHP研究所 より)

庭の記録↓
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2016/12/10.Sat

冬至まで (赤絵金彩波千鳥文盃・果物文茶碗)

そろそろ水遣りをしてあげないと、と思っていたらざぁーっと雨が降った。
残っていたコハウチワカエデの葉っぱも落葉して、いよいよ冬である。
大雪も過ぎ、次は冬至、、太陽の力が蔭っていくこの季節は、
本能的に心細くなる。

街中は賑やかで、あちこちクリスマスカラーで溢れている。
日本のお正月が松を飾るように、海の向こうではモミの木の
常緑を頼りに冬を過ごすのであろうか。

IMG_1732.jpg

小さな盃をのんちゃんが手に入れた。
この季節に似つかわしい?赤絵金彩(波千鳥だけれどね)。

IMG_1731.jpg

外側も帆掛け船と千鳥の他愛ないけど微笑ましいものである。
こんなので新年にちょこっと一杯、って愉しいかもなぁ。
(近ごろ凄い盃とかへの野望が薄れつつあるような、、
趣味家としてこれはよいことなのであろうか。。)

赤絵のものはピンからキリまでいろいろであるが、
こうやって遊ぶようなものは明治以降の気安いものである。
でもこのころのものには怠惰なところがなく、
こんなポップな?図柄でも、画は生き生きしている。

IMG_1733.jpg

こちらは煎茶碗の離れのがらくただけれど、
2客あったので、煎茶や台湾茶を一服するのに丁度よく。
がらくたとして放っておくには勿体ないような描き込みで、
こういうのって、迷い多き現代人にはきっと描けないなぁ、
って思ってしまう。
柘榴と枇杷と・・・

IMG_1734.jpg

桃かな?

ひと昔前の人って、こんな芯のある画を書いてたんだ、
そう思って眺めるだけで、なんだか有難い気持ちになる。

IMG_1730.jpg

今宵はひとりご飯。
焼鮭の残りがあったので、野菜はまとめて味噌汁で執ることに。
(早く煮えるようにと薄めに切ったキタアカリが崩れてしまった。)
あとは納豆に梅干しの、お粗末だけれど力のつくメニュー。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME | Next »