2017/04/24.Mon

サンドベージュ (古武雄打刷毛目鉢)

先週ローリエを剪定したときの枝、よい葉っぱを料理用にたくさん採って、
それでもまだ葉っぱが枝についていたので、に入れて眺めた。
何するん?って聞かれたけれど、
庭仕事の成果をふるものに入れて悦に入っているのである。

IMG_2356.jpg

遠目に見て、古い小鹿田焼のお皿かな?と近づいた。
唐津だよ。」と言われ、「江戸あるのかな?」
打刷毛目の唐津って、弓野とか二彩唐津とか言われるよな、
ああいう感じのものなのかしらん、、という程度の知識の三毛庵である。

IMG_2402.jpg
(長径26cm)

あぁ、だけどこれって磁力があるなぁ、吸い寄せられる(笑)。
予備知識なしで見て、見とれちゃうな・・・。
日ごろ人の顔を見て歩かず、知人によく無視したと注意されるのであるが、
ものはガン見してしまうのであるぞ。
これは困ったなぁ・・・とにらめっこしていたら、
そんな悩まんと決めたらよろしい、と言われる始末である。
いそいそと持ち帰り、綺麗に洗って春キャベツの千切りを盛った時には、
なんとモダンでご飯を美味しくする器なのだろう!と感激したものだ。

IMG_2403.jpg

三毛庵の予想はハズレではなく、これは古唐津のあとの時代、
二彩唐津や弓野の系統、近ごろは「古武雄」と呼ばれているものであるようだ。
美味しそうな春キャベツに感激してから、好奇心がむくむくと湧き、
寝る間も惜しんで眺め入ったり、古武雄の図録などを取り寄せたりと忙しかった。
特に気になったのは時代で、最初は小鹿田かな?なんて思ったから
「江戸あるの?」などと聞いたりしたけれど、高台を見て、
あれっ?これって江戸もずいぶん遡れるんじゃないのかな、ってどきっとした。

IMG_2404.jpg

唐津っていいたいぐらいの、素敵な高台♪
取り寄せた九州国博の図録には高台も色々載っているのだが、
三毛庵にはこの高台が一番素敵で古格があるように見えた♪(←贔屓目)
まんま古唐津の続き、ってかんじだよなぁ。。
本に載ってる打刷毛目のものは17世紀後半~のものばかりなのだが、
これよりもっと大人しい高台なのである。
ここは親バカで、これって17世紀はじめでは?って言いたいぞ。
刷毛目は確かに半島伝来のものだけれど、打刷毛目の始まりっていつなのかな?
これって当時最新のものだったんじゃないかなー。
いやーこれはフツーな古唐津よりオトク感満載であるぞ。

IMG_2405.jpg

まぁ色んなことを抜きにしても、このサンドベージュの美しさには
脱帽するほかなく、400年も昔のほうが余程モダンであったということに
愕然とするのである。
あんまり見惚れて、ほんとのところ自分だけのヒミツにしようかと
思ったほどであるけれども、
これが古武雄であるとして(何しろ三毛庵の勝手な意見ですからね!)、
こんな素敵な高台もあるのである、ということは情報として大切かなと思った。
(こういう感じのものというのは時代が遡るか、逆に下がるというような
ことも考えられるかな。)
三毛庵は土味を見てどの窯などというような知識はないので、
武雄のどこのものかが分からないのがザンネンであるが。。
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/01/14.Sat

冬の庭 (九谷色絵雀文鉢)

洗濯をしながら・・・普通ならお掃除でもするものであろうが、
美味しいお茶をいれて朝からブログを書く三毛庵である。

この冬いちばんの寒波到来で、日本海側は大雪の様子であるが、
太平洋側は澄み渡る冬晴れである。
まだまだ「もどき」なお庭であるが、ブログを書き乍ら窓の外を眺めると
白青い幹のアオダモの前、コハウチワカエデの新枝が紅くて綺麗である。
選んだ樹の配置は、庭屋さんにお任せしたのだが、
日当たりの加減や家の窓からの眺めなどを考えて決めてくれた。
樹のことを十二分に知り尽くした、惚れ惚れするプロのお仕事である。

先日、庭を見回っていたところ、義父の遺したしょぼいしだれ梅の短枝に
イナゴが刺さっていてびっくりした。
百舌の早贄である。
今朝も見に行ったがそのままで、百舌は食べにくる様子はない。
葉の落ちる冬は鳥の様子も見やすく、また2月には恋の季節となり
活動も益々活発で、それはひとつの愉しみである。
チビ庭でも小鳥が来てくれるようになるとよいのだけれども。

IMG_1751.jpg
(径:約24cm)

菊が描いてあるので季節は秋なのだろうけれども、
こんな冬晴れの日に似つかわしい雀のをのんちゃんが手に入れた。
(近ごろ三毛庵ものんちゃんも、大きいふるものに対する警戒心が薄れていて
困ったことである。先日ものんちゃんが大ものをゲットし、焦る三毛庵である。
決して収納が潤沢になった訳でもないのだが、あれは収納できるのであろうか。。
でも、そういうものをその辺にころがして、眺めるともなく眺めるのはなかなかに愉しい。)

IMG_1753.jpg

こんな愛らしく装飾されていると、
昔の人も雀との暮らしを愉しんだのだなぁ・・・と思うのである。

IMG_1752.jpg

人も小鳥もつがいは仲睦ましく・・・というような図柄だ。

IMG_1822.jpg

裏のチビチビ庭(正:植栽枡)にひっそり植えた有楽が開花した。
やっぱり有楽にしてよかったな。
侘助というのも好いし、色が他にない、仄かな青みのピンクというのも好い。
ミニマムに華やかである。

(庭の記録↓)
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/01/10.Tue

十日戎 (伊万里染付竹雀文鉢)

今日は十日戎、西宮神社では恒例の福男選びがあった。
近ごろは開門前にまずくじ引きでスタート位置を決めるそうなので、
この時点でそこそこの運を持っておく必要がありそうである。

IMG_1810.jpg

三毛庵も昨日の宵戎にお友達と近くでお参りをした。
せっかくなので縁起物を持ち帰ることに、、、。
笹とか熊手とかいろいろあったのだが、ぱっと目に留まったのは米俵。
・・・お米には弱い三毛庵なのであった。

さて、これには福引きがついていて、箱の中から小さい玉をひとつ引く。
手を入れようとしたとき、ちらっとハズレの赤じゃない、黄色い玉が見えてしまった。
焦った三毛庵であったが、やっぱり引いたのはハズレの赤であった。
お友達には「なんでその黄色を引かへんねん!」と言われ、
確かに黄色だったら何がもらえたのかなーとは思った(赤は箱ティッシュです)が、
自分にとって嬉しい場面(といってもお花が当たる、とかホテルの部屋を
スイートにしてくれるとかの可愛いものだが)では、よい運を授かっているので、
きっと今回は三毛庵にはだいじなときではなかったのであろう、と思うことに。。

西宮神社で走る順番のくじを引いたところでいかにも当たりそうにはないけれど、
ふるものの神さまには常日ごろよいご縁を授かっている三毛庵なのである。

IMG_1754.jpg

米俵に因み?暮れにご近所さんから頂いた3つの檸檬をアップしてみる。
果汁を炭酸で割っていただいたが、ちゃんと樹上で熟したものだったからか、
とても美味しかった!!
嗚呼、のんちゃんの一才檸檬は今年美味しい実をつけるのであろうか。
(冬真っ盛りの今のところ、買ったときと同じ体を保ったチビ苗である。。)

IMG_1759.jpg
(径:約26cm)

染付はずいぶん前に手に入れた後期の伊万里で、竹雀の丸文がお気に召している。
一緒に描かれたお花も伸びやかで、写っていない周囲は波千鳥と可愛らしかったので、
ふだん使わないよな大きなを連れ帰り、郵便物を放り込んだりしていたものだ。
染付のお色が爽やかなので、檸檬をいただいたとき思いついて入れてみたのだった。
綺麗だな~。

IMG_1758.jpg

雀も・・・

IMG_1757.jpg

竹も・・・

ほれ可愛い♪
「竹に雀」も縁起が宜しい。


 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2016/12/06.Tue

梨鉢様 (鹿背山焼銅版手鉢)

このところ、骨董市に行けないほどのお疲れです。
というか、社会人を全うできるかちょっと案じる。。

そんな訳で、週末は真っ当なご飯を食べることに専心するのみである。。
この時期、苺が出回るまでのデザートといえば毎年新興梨で、
結構大きいヤツをのんちゃんと半分こする。
なので器もそこそこデカいものが必要で、に入れたりするのである。

IMG_1720.jpg

全くもってナゾの図柄の印判であるが、知ってる人は知っている、
鹿背山焼の銅版印刷である、、、と思われる。

IMG_1719.jpg

思われる、というのもいい加減だが、普通の印判として手に入れたのだ。
今はそんなんでもないのかもしれないけれど、
鹿背山の銅版ってそれなりのブランドではなかろうか。。

どういうところがいいのかなぁ、少しばかり上品な銅版ってところかな?
とか思いつつ、大きさが新興梨にちょうどいいのでデザート用に使ってみた。

IMG_1721.jpg

さて、梨が美味しいのである、このでいただくと!
京で生まれた鹿背山焼、銅版って最先端の高級品だったのだろう。
素地も釉薬もはんなりと上品で、淡いお色の剥いた梨を盛っても
なんていうことはないようで、映えるのである。
これはもう主観の問題なので、人様に同意を求めたりはしないが、
少なくとも三毛庵宅では「梨」様なのである。
三毛庵も最初、よく言えば上品、別の見方をすればあんまり個性もないなぁ、
なんて思っていたくせに、
今や毎年この季節になるとうやうやしく取り出すなのである。

いつものごとく、前撮りせずに梨は食べちゃったので、
この仕合せを皆様にお伝えすることができないのが残念であるが、
人様には分からなくっても、自分の中で噛みしめる仕合せって悪くない。
というか、そういうものだよね、仕合せってきっと。

IMG_1722.jpg

近所のスーパーで買えて、飲み口や甘さ加減がお気に召した甘酒、
(国盛、とある。)
ちょっぴり贅沢をして、秋田産のアカシア蜂蜜も手に入れる。
お疲れの三毛庵のお助けアイテムたちである。
(嗚呼、本日も脱力なブログである。。)

<庭の記録↓>
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2016/11/13.Sun

台所の隅っこ2 (仏蘭西水差と丹波片口)

キッチンの便利グッズ、近ごろ清潔感のあるステンレスでいろんなものが揃う。
暫くの間、菜箸を立てるのもステンレスのを使っていた。
ところがこれがどうにも使いにくいのである。
風通しを良くするためか、周囲に穴が開いていて、その上口が拡がっている。
さて、箸を入れる・・・周囲の穴に刺さったりして引っかかるのである。
これってプチストレスだなぁ、、と仮暮らしの頃思っていてこれに目が留まった。

IMG_1607.jpg

仏蘭西のジャグなのである。
まずこの安定感、絶対倒れる心配なし!
口もすぼまっているので箸もほどよくまとまる。
中は施釉されているので清潔である。
横に穴など開いていなくても、
きちんと箸を乾かしてから入れればいいだけのことである。

IMG_1600.jpg

そのお店で丹波の片口も目に留まる。
同じ眼で拾われてきたものだからか、仏蘭西のものともしっくり合う。
仮暮らしのころは小さな冷蔵庫に入りきらない
フルーツを入れたりしていたのだけれど、
今はだいたい、、、小さなポリ袋入れと化している。。
さすがに今は生ごみを堆肥化するゆとりはなく、パンの袋や
スーパーでもらった小さなポリ袋に入れて捨てているのであるが、
そういうポリ袋のような、ちょっと置き場に困るようなものを
まとめて入れておくと、なんとなくそれらしくなってくれる。

なんだか贅沢と言えば贅沢ではあるけれども、
朝に夕に、水仕事の折眺めて愉しんでいるのだから、
決して無駄とはいえないだろう。

IMG_1604.jpg
(高さ15cm)

IMG_1603.jpg
(径21cm)
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME | Next »