FC2ブログ
2019/08/24.Sat

電気を使う (染付山水文長皿、三田青磁陽刻長皿)

IMG_5830.jpg

ヨーグルトメーカーで鶏ハムなるものを作ってみた。30W・3時間。

ルーティンワークというものは最小限の労力で済むので効率がよいが、
なんとなくそうなっていることも多く、たまに暇つぶしがてら見直してみたりもする。
この度は、毎朝食べるのに買っていたヨーグルトをヨーグルトメーカーで作ることにした。
牛乳パックでそのまま作れるので、滅菌処理などの手間が要らないのが決め手である。
コストが下がると言われるが、1リットルの牛乳も200円程することもあり、
平素安いヨーグルトを買っていたので、その点はたかが知れている気がする。
でも「生乳」の「出来立て」のヨーグルトを「少ない回数の買い物」で食べられるメリットがある。
しかも、高機能ヨーグルトを元に使えば、そういう意味ではお得感がある。

ふるものは平気で買う三毛庵であるが、家電を買うときは慎重である。
愛せない家電は置きたくないのである。
だって場所を食うし(どの口が言う・(笑))、何より電気を食うやん!!
電気は代替手段がない、自分の中でやむを得ないという気になる、そういうときに使って、
電気ってありがたやーって思いたい。
冷蔵庫と洗濯機はこころから愛しているし、今日日エアコン様は命綱である。
パソコンくんとスマホちゃんにはもうちょっとエコ家電化してほしいけどね。
正直罪悪感を覚えるのはウォシュレットと浴室乾燥。。
浴室乾燥はほんと無駄遣いであるが、今の暮らしでは使わざるを得ないところで。
テレビと掃除機は関心のない分野。。(掃除は箒でお茶を濁す派。)
というわけでヨーグルトメーカーも悩んだけれど、ヨーグルトのプラごみが牛乳パックの資源ごみになり、
甘酒も作れるというお得感で採用。
専有面積もたかが知れていて、週1程度のヨーグルト製造でよいのでウチにはいいように思う。
(因みにオーブントースターはガスでトーストしたほうが美味しかったので姪に進呈し、
その場所が空いていたのでちょうど設置できた。)

IMG_5834.jpg

鶏ハムを載せた長皿。少しくすんだ上がりの染付

IMG_5835.jpg

伊万里ではないのか、単に上がりが悪いのかしらんけど、通なおかずに見える、という特典が(笑)。

IMG_5836.jpg

シマシマの縁も可愛いうえに、この山水、なんか吉野山を想ってしまうんだなー、関係ないだろうけど。
おかずを食べた後も目に美味しいお皿。

IMG_5832.jpg

翌日も鶏ハムの続き。猛烈にナスが食べたくなり、有元葉子さんの本に出ていた蒸しナス。
ネギ・ショウガ・醤油・酢・ごま油のせが美味しかった♪
いつもね、ナスをいっぱい食べるときは焼いていたのん。
本読んで、そっか蒸せば皮も美味しくいただけるやん!って思った。
ここでもルーティンワークをひとつリセット。

IMG_5837.jpg

この日の長皿はのんちゃんの三田青磁。
ほんとはこんなぎっしり載せず、目刺しを二匹とか載せると通っぽそうだ。

またまたキンタロー追記
先日朝キンタローに餌をあげるといつものようにがっついたのに、ペッと吐き出した。
どうやら食べ過ぎで、便秘?のようである。
そういえばやけに食べるので先日ちょっとあげすぎた気がする。
元気はあったので4日ほど絶食にして様子をみたが、そろそろ大丈夫な様子。
キンタローは体調不良の間、いつものようには寄っては来ず、目を合わせようとはしないのであった、、
分かりやすい。。(誰に似たんだ。)
スポンサーサイト



 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2018/02/04.Sun

立春の告知(不染鉄の番組&画集、ミミズク文長皿)

立春の告知です。

【その1】日曜美術館・不染鉄
来たる2月25日、NHK Eテレ「日曜美術館」にて我が敬愛する日本画家、
不染鉄の特集が放映される予定です!
放送内容は昨年開催された不染鉄展(奈良県立での開催分かな?)と思われます。
東京ステーションギャラリーでの展覧会のときに、
アートシーンで少し放映されただけで、残念だなぁ・・・と思っていたので
特集が組まれて狂喜する三毛庵です。
(ザンネンなのはこれを見て興味を持たれた方が展覧会で実物を見れないということです。。)

【その2】求龍堂・不染鉄之画集 こちら→
涙です!ついに不染鉄がメジャーデビュー♪
あの、高級美術出版社???求龍堂からこの3月、画集が出版されるのです。
展覧会で立派な図録が出たところなのに書籍が出るというのは奇跡だ、と思いましたが、
図録ではなかなか紹介しきれない、細部まで撮影した画集なのだそうです。
不染鉄の画は現物でないとなかなか伝わらない、細部の表現・画力が魅力の一つなので、
展覧会に行けない人にもそれを味わってもらえる本、っていうのはよい企画だと思います。

あぁ、いよいよ不染鉄は三毛庵の手の届かないところにいっちゃうのかなぁ、、
とちょっぴり寂しさもありながら、いよいよ日本の宝物として認定され、
作品がますます後世に残っていくと思うと涙がちょちょ切れる、
出会いから10年の春なのでした。

さてふるものの記録をば。

IMG_3266.jpg

不染鉄の初期の作品、「月夜」にもミミズクがいたっけなぁ。
キュートなミミズク、市で捕獲♪

IMG_3267.jpg

贅沢だなぁ、と思うのん。
ほんのちょっと昔の、おそらく普通の人々が使っていたような暮らしのお皿、
だけどこんなに清々しい絵付けなのだもの。
さらっと描いた木の枝や葉っぱ、いいもんだな、って眺めて思う。

IMG_3264.jpg

愛嬌のあるミミズク氏も、佳いな。

IMG_3265.jpg

こっちのミミズク氏はおとぼけている。

これだけで、ごはん一膳はいけそうだ(笑)。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2016/12/25.Sun

ケーキではなく (プレスガラス星文長皿)

気が付けば冬至も過ぎ、陛下のお生まれになった日も過ぎて、
クリスマスの朝が明けた。年末も押し迫っている。

IMG_1761.jpg

取り置きをお願いしていたものを、年を越しては・・・と引き取りに行く。
お茶菓子を出してくださったのだが、お腹がいっぱいであったので包んでいただいた。
可愛らしいクリスマスツリーとサンタの帽子を模った生菓子である。

IMG_1762.jpg

帽子には雪の結晶の印刻に金粉、ツリーは可愛い金の星。
和菓子屋さんの細やかな細工を眺め、よいクリスマスだなぁ、と思う。

IMG_1763.jpg

さて、取り分けていただこうとすると、帽子の下には
可愛いサンタさんが覗いているのであった。

IMG_1765.jpg

ガラスのお皿は、クリスマスっぽいのあるよ、と出していただいたもの。
派手なものではないけれど、お菓子をちょこんと載せると満ち足りた気持ちになる。
こういう無色の硝子のよいところを、うまくお伝えできないのが
いつももどかしいのだけれども。。

(庭の記録↓)
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2016/04/16.Sat

草迷宮 (布志名焼扇面豆皿ほか)

気に入ったものだけを買えたら素晴らしいだろうかと思う。
何を言ってるんだ、そうすればいいじゃないかと言われそうだ。
もちろん、そのときは気に入ったものを買っているつもりなのだが、
なんとなく後から余所余所しく感じたりするものもあるのだ。
一方で、安かったとか、そういう下司な理由で
なんとなく買ってしまって後ろめたく?お迎えしたのに
なぜかとても気に入ってしまう、とか
その時は気に入ったことに気づかないけれど気になって、
手に入れて正解だった、とかそういうこともある。
なのでせっかくの軍資金、100%当たりで使えればいいのになぁ、
なんて思うのである。
・・・でもまぁ、そうなったら詰まらないのかもね、
勝ち負けのないゲームのようなものだもの。
(AIが発達して、お気に入り発見システムができたらもうすることなんかない。)
では、軍資金を有効に使いたくば、好きな分野に絞ればいいのだろうが、
その時々、いろんなものに吸い寄せられる三毛庵には、
これまたむつかしいことである。
きっと、ふるものを集めて、自分の箱庭を作ってるんだろうなぁ、と思う。
自分でもどういうものが出来上がるのか永遠のナゾであるが、
秘密の花園に、小石を置いたり下草を植えたり、
そんなふうにせっせとがらくたを召喚するのである。

IMG_1070.jpg

大黒様の召喚である。
ちまちましたけなげな字で「出雲大社」とある、おそらく布志名焼だろう。

IMG_1069.jpg
(長径10.2cm)

どうということのないものだが、扇面なのがイカしている。
さっそく箱庭に配置する。

IMG_1101.jpg

こちらは青磁でちびな長皿でおまけに隅入と、くすぐられるものである。

IMG_1102.jpg
(長径8cm)

ちびこそ裏も抜かりがない。
これも箱庭のパーツとして十分な働きをするであろう、召喚。
(どれもちょこっと当たっているので三毛庵の庭に
迷い込むことになったものである。がらくたは愉しい。)

それにしてもこの箱庭、設計図もなく、鬱蒼と生い茂り
全体も見渡せない。
益々途に迷ってしまいそうだ。

IMG_1100.jpg

おまけ。
ういろうの地味・・・いや滋味溢れるお味♪
(桜味は仕舞いにして、何故か季節外れな栗!)
和菓子のほっこりしたお色の似合う珉平さん、重宝してまする。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2013/03/04.Mon

古の人 (絵瀬戸飛梅文長皿)

ぽかぽかと春らしい一日だったり、小雪舞う一日だったりと忙しい。
桃の節句も過ぎ、今月末にはもう桜が咲くというのに。
とはいえ、待ち遠しいより、桜が咲くまでの日一日が過ぎるのがやっぱり惜しい。
「ほころぶ」という表現は、この時期咲く梅のためにあるような気がする。
寒いなぁ・・・とつぶやきながらも、梅の花が開くのを見ると、
日一日と強くなる日差しを実感する。

北野天満宮も先月は梅花祭だった。
天神さんはいつも市でお世話になっている!?ありがたい神様である。
菅原道真公とはどんなお方だったのだろう。
学問の神様になるほどの賢いお人が古に実在し、今も信仰されている。
畏れ多いことながら、この歳になっても私も道真公に少しだけお願いをする。
ちょびっとずつでも賢くなりたいものである。

20130304 007

という訳で、道真公の飛梅伝説の絵瀬戸である。
(という柄であることについては、後から気づいたのであるけれども・・・。)
絵瀬戸の絵は筆の早いものが多い気がするけれど、これはずいぶん丁寧な絵付け。

20130304 008

絵瀬戸は好きなものだけれども、なんとなく勿体ないようで、
お供えでもするように時折飾っては眺めている。

20130304 006
(12.2cm × 21.0cm)
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME | Next »