FC2ブログ
2019/07/17.Wed

とらちゃん (再興九谷赤絵竹虎文菓子鉢)

相変わらず行き倒れが多く、ブログにたどり着けない日々である。
ふるものも相変わらず、へんてこなものばかりを連れてくる。
すっごくいいものも欲しかったりもするけれど、へんてこなものとの対話が尽きないのである。

IMG_5243.jpg

こんな感じの、菓子?に遭遇する。(なますに見えるけどちゃんと7寸あるのだ♪)

IMG_5242.jpg

むむっと、見るとなんととらちゃんである。
肉球をなめなめしながら、ちろっとこちらを見ている・・・猫っちい。
猫の額、いや虎の額にはつむじまであるぞ!!うほー。

IMG_5240.jpg

とまあ、お茶目なであるが、と見せかけてイカしているのだ。
窓を切った中の竹虎であるが、竹をセンス良く配置してグリーンを利かせている。
これはなかなかやり手であるぞ。
小さな丸を敷き詰めた地紋も簡単そうに描いて決して雑ではなくこなれている。
周りの唐草もまじめなものである。
おーきっとこれはきっちり再興九谷であるぞ。
若杉っぽいなーって思うんだけどな。

IMG_5244.jpg

銘が「九谷」なのだけれど。。
九谷銘だからって明治というわけではないけれど、私若杉で九谷銘って見たことあったっけな?
(あんまりほかの窯思いつかないのですが、ご存じの方はご教授くださいませ。)

IMG_5246.jpg

裏もね、パッと見「ざっくり」に見えるかもしれないけど、
力があって、三毛庵はいいと思うんだけどな。
繊細なとらちゃんの裏にでーんと描かれた立派な牡丹♪

ゆるキャラっぽく見せかけて、こういうものはなかなか作れるものではなく、手に入れてゴキゲンな三毛庵なのであった。
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2019/06/30.Sun

いつか忘れて了うまで (和ガラス籠目一輪挿し)

IMG_5148.jpg

梅雨の中咲く二番花は、たぶんよそ目には地味なのだろうけど、
咲くと喜ばしいのである。
多少ぼろっちくなった花でも、おしゃれなアレンジメントよりも綺麗に見える不思議(笑)。

IMG_5150.jpg

ガラスの籠目の花瓶、このような時代の、盃になる小さなコップだと評価が高いものである。
花瓶だと手が届くものが多く、また庭の花向けの小さいものが多いのもありがたい。
こういうガラスだと乳白が思い浮かぶが、半透明のグリーンである。
花を入れるとき、葉っぱのグリーンと被って難しいかな?ともちょっと悩んだ。


IMG_5145.jpg

でもこんな風に、ばら色のばらによく合うと思う。
ばらの葉っぱはところどころ疎らについているだけなので、
ガラスのグリーンと合わせてもさほど被らない。

IMG_5147.jpg

花瓶敷きも可愛い刺繍のデッドストック品。
どれも他愛のないものだけれど、他愛ない、ということはありふれたことではない。

ましてや、過去に生産されたものなど、もうそこに戻ることもない。
人もものも、いつの日か失われていくものだから、
その日その日を記憶にとどめておくほかない。
それもいつかは忘れてしまうにせよ。

 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2019/06/29.Sat

梅雨の白ばら (籐花籠)

IMG_5112.jpg

遅い梅雨入りの宣言の後、台風が来るという朝、フラウ・カール・ドルシュキーが返り咲く。
ばらの中でもその白さの評価が高く、湿度が上がってじっとりとする頃に見てもよい花だ。
雨で花が傷む、こういう時はあまり悩むことなく鋏を入れる気になる。

茶花の世界では、棘のあるばらは禁花らしいが、
お客様のために飾るのでもない、自分の愉しみなのだから、きっとOK♪

IMG_5113.jpg

籐の籠は白っぽいつるも編み込んでアクセントにしたもの。
古色はないけど、古色があればいいということもなく、
(また完璧なまでに侘びたものは、我が家には恐れ多い気もする。)
軽やかな雰囲気があって、洋花など入れてみたいな、と思っていた。
自家製のばらは次の芽のことを考えて切るので、このように寸詰まりになるのだが、
籠のころんとした感じと合うようで、自分では割と気に入った組み合わせ。

フラウ・カール・ドルシュキーは立派な一番花@も二番花も切っても嬉しいばらである。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2019/06/20.Thu

梅を漬ける頃 (伊万里陽刻染付桃形小皿)

IMG_5044.jpg

大事に食べてきた自家製の梅干しも残り僅か、先日、今年の梅を漬けた。
近所のスーパーで、できるだけ黄色く熟した南高梅を買う。
(南高梅はなかなかのお値段で、ちゃんとした梅干しというものがいかに高級品か分かる。)

袋を開けると、まだ緑がかった梅もあるので、ざるに入れて一日追熟、
その間、部屋中梅の香り(アンズっぽいとてもよい香り!)が漂う。
梅の漬け方というのはいろいろあるのだろうが、気をつけているのは
容器と梅の実をアルコール消毒(のんちゃんの泡盛古酒をねこばば)すること。
余り減塩は難しいので13%ぐらいにしているのだが、
それでもカビにくいギリギリじゃないかと思うので。
流石に樽など置けないので、ホーロー容器に2kg強ぐらいをつけている。
かびない様にシール蓋をするのだが、そうすると重石の扱いに悩む。
結局、丈夫な漬物袋に水を入れて、輪ゴムで閉じたものを重石にするということに落ち着いた。
この方法だと、梅の重さ(傷んでいるものはジャム用にハネるので、毎年重さが違う)に
合わせて重石も簡単に調節できる(軽量コップさえあればいい!)し、
途中で軽くするのも簡単、それに梅が均等に並ばなくても液体の水の重石は
上手く効いてくれるように思う。
イイ感じの自然石のほうが、美味しくできるような・・・という幻想?もあるが、
お手軽にするには悪くないと思うんだけどな。(重石の保管も不要なのだ。)
まぁ、気をつけているのは使用後の漬物袋も無駄なく使うぐらいだろうか。

関西では、今年の梅雨はどうなることやら、な状況なのだが、
予定ではひと月後には土用干しである。

IMG_5049.jpg

梅、ではなく桃の小皿(凡そ3寸)である。
とくに「すごい」ものでもないが、使うとじんわりとうれしい。

IMG_5050.jpg

よく見ると案外凝っていて、葉っぱは陽刻だったり、ダミと白抜きが利いていたりする。
薄めの口紅もダミに似合って、いかにも桃、な雰囲気を醸し出している。
地味にお洒落で、「実は高級」な梅干しなどよく似合うお皿なのである。
(桃のお皿ってどっちが上なんだろう、ってナゾだ、、
桃太郎なんかを思い出すと、尖がったほうが上なんだけど・・・。)

IMG_5051.jpg

高台も「桃」という、可愛い奴である。


<庭部>

IMG_5025.jpg

先日、待望のイジュの花が咲いた。これは好物過ぎる~。
この後もう少し平開するのだが、同じツバキ科の夏椿のようにすぐには散らない。
暫く枝の先々に白い花々をつけてくれて、もううっとりと眺めてしまうのである。
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2019/06/15.Sat

若書きのことなど (ベル串田(戸川串田)の子供の絵)

IMG_4967.jpg

いつも戦利品を思いついたなりに飾る、ざっくりとしたコーナーの、、

IMG_4964.jpg

これ♪、、ではなく、、
(でもこれ、何気に気に入っているんだけどな、のんちゃんにはタイヤがないぞ、って言われたけど。)

IMG_4970.jpg

こっち(硝子外してないので少々写りが・・・)、ちょっとしたお気に入り♪
サインから、ベル串田が戸川串田と名乗っていたころの若書きだと思うのであるが。。
(「思うのであるが」というのも、売主も誰の絵かを調べていなかったのである。)
と言って、日本の美術史などろくに学ばず、
若い頃は海外の画家がいいと思っていたような三毛庵は、情けないがベル串田を知らなかった。
知らないけれど、それでもとても目を惹いた(当初は硝子が裏側まで汚れて
もっとぼんやりとしていたものの)ので、よくよく考えもせずにお値段を聞くと
出てきた状態に比して、即決すべきか悩む、それなりのお値段であった。

なので一度は諦めて、他をうろうろしていたのだが、
気づけばこの絵のことを思い出していて、いや、あれやっぱり佳かったんだ、
まだ縁が残っていればひょっとして買えるかも、そう思って戻ったのだ。
あんがい目立っていたので、ほかにも目に留める人がいるかな、
と思いつつ行ってみると、やはり業者さんと思しき人が交渉中だった。
幸いにして折り合わなかったのを確認してから、「やっぱり戻ってきた」そう言って、
代金を差し出した三毛庵。
満足して絵を抱えていると、さきほどから様子を見ていた人に
「これ誰?」そう聞かれた。「さぁ、私はしらんけど。」と三毛庵。
自信満々に買うから、気になったのかなぁ?
単純に、欲しい気持ちがお値段を上回っただけなのだけれど。。
でも、ものを買う、ってそういうことだよね♪
(「誰」かという点については、これはプロだなと思えるものは、今日日大抵は調べがつくのであるし。)

額装の雰囲気でも凡その時代は想像できるけれど、
この絵には三毛庵の好きな時代の匂いがあって、おそらく戦前までのもの。
(サインが戸川串田のものであるし。)
たぶん額がなくてもそこに惹かれたと思う。
あの時代の絵画に対する「熱」のようなものが思われて手にしたのだけど、
このころのベル串田(戸川串田)は藤田嗣治、東郷青児に師事していたそうで、
それを知って腑に落ちた。藤田を尊敬していた画家、っていうのにナットクした。
(三毛庵が不染鉄買って絵が好きになり、次にめっけたのが藤田の素描だったのだ。
しかもベル串田は藤田がその素描を描いたころに藤田に師事していたようである。)
それにしても、よくぞ三毛庵を選んでくれたなー、この絵は♪
こんど藤田の素描と並べて飾ってあげよう。
(以前、和歌山の県美が秘かに弟子と師匠の絵を並べて展示していたのを真似たし♪)

西洋の、圧倒的なまでの技術に裏打ちされた絵画はそりゃ誰が見てもいいに決まっているが、
自分が必死に生きてみて初めて真価に気づく絵というのもあって、
それはやはり、画家も必死に生きて描いているからと思う。
若書きや夭折の画家の絵というのはそういうものが現れていて、
だからこころを揺さぶられる人がいるのだ。
ベル串田は長生きで成功もした人だが、これを描いた頃は、
そうやって必死に生きていたのだろうな、そう思う。

それにしても、、この子供たち、いいな、ほんとに♪



 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME | Next »