FC2ブログ
2020/03/31.Tue

白バラと憧れ (プレスガラスレース皿)

IMG_6321.jpg

白バラの牛乳シュークリームを近くのスーパーで発見!!
白バラは大山乳業農業協同組合のブランドで、
三毛庵は関西で・・・というか、のんちゃんの家で初めて知った。
のんちゃんの父上が愛飲していたのだが、
今の二人暮らしでは宅配するほどには飲まないので買ってはいない。
大山乳業農業協同組合のサイトを見てみると、設立は昭和21年7月21日とある。
終戦後、一年と経たないうちに設立されたようである。
その頃の白バラってどの品種をイメージしたのかな?
私はハイブリッド・パペーチュアルのフラウ・カール・ドルシュキかな?とか勝手に思っている。
日本では『不二』として戦前から親しまれた純白の薔薇で、
白バラのロゴのように大きく丸くふわっと咲くのである。こちら→

IMG_6322.jpg

↑のんちゃんが発見!「不用意にかぶりついて」はいけないのである!!
さてさて、見事な白バラシューにすっかり隠れてしまったのであるが、、

IMG_6326.jpg

レース編みのような、もしくは上等な飴細工みたいな、華奢なプレス、、
ちょっとプレスのイメージを覆すなぁ。

IMG_6323.jpg

こんな型だってできるんだゾ!っていうちょっとした腕自慢、最新鋭だったのかな?
だけどやっぱり日本のプレスらしく何処か楚々として、拙そうにみえるけれど、
でもこの頃は当時の人たちはそういう姿を好んだのかな、とも思う。

IMG_6334.jpg

夕方、アスパラを茹でていて、鮮やかなグリーンを思わず載せたくなった。
今ごろは九州あたりのアスパラが届くようになって、いよいよ春も本番である。

(備忘録)
1年ほど前、奈良県立美術館で肉筆浮世絵展を見た。
寛文美人図のような江戸初期の風俗画など、軸装も素晴らしく凝っていて
大変に楽しく眺めた。
美人画としてはやはり時代が上がるほどに魅力があって、
どれかもらえるなら、やっぱり江戸初期から中期までがいいなぁ♪などと妄想した。
そのような凄いものを掛けられるような家ではないので、寛文美人を欲しいなどとは思わなかったけれど、
そういう時代の空気への憧れのこころは少しだけ飛ばせたのやもしれぬ。
この度、知り合いの骨董屋さんからちっちゃな風俗画、肉筆浮世絵と思しきものを授かったのである。
絵が好きなのはバレていたかもしれないが、もちろん風俗画の話などしておらぬ。
中期はあろう、元禄とまで言わないが、とのことである。
やっぱり不思議だな、すなおに少し憧れて、追ってもいないときにはひょんとやってくる。
ちっちゃくていかした軸がやってきたのだ。

↓庭を少し
>>続きを読む
スポンサーサイト



 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2020/03/19.Thu

春分を前に (北窯 宮城工房掛花入)

IMG_6269.jpg

明日は春分、世の中色々とあれど、春分なのである。
きっと明日が明るい一日でありますように。

先の日曜、ふと見ると加茂本阿弥がほころんでいた。
このふっくらとほころぶ姿が見たくて、探して植えた加茂本阿弥。
(このように探している年にはなかなか無いというのに、翌シーズンには
たっぷり出回っていたりするフシギ(笑))

IMG_6270.jpg

北窯で花入ばかり買ってみたうちのひとつ、宮城工房のこれは、
見たときにあー加茂本阿弥だ!って思ったのだ。

IMG_6268.jpg

それってやっぱり贅沢だよな、って思う、、うん、贅沢だ。
でも、北窯のことを思い出したり、加茂本阿弥が昔からずっと愛されてきたことを思ったり、
贅沢をしたとは思うけれど、そういう時間を持てたことに素直に感謝するのである。

ここひと月ほど、失敗を恐れずに決断する人がいる一方で、
自分ではできないであろうことをただ批判するだけの人もいて、少々哀しい思いだった。
自分も気を付けないと、できることを淡々としなくっちゃ。。

個人的にも少しこころに引っかかることがあったのだけれど、春分を前に吹っ切れた、、
いや、そうすることにした。
悩むことで何かが改善するのならそうするけれど、たいていそういうことには結論などないのだ。
悩む時間があったら飯を作ろう!そのほうが少なくとも一歩前に進んでいる。
人生の限られた時間を悩むことに費やすのは一日もあればじゅうぶんだ。
あとはもう、飯を作って食べて仕事して、お休みには庭仕事もして、お風呂入って寝るのだ。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2020/02/29.Sat

早咲の椿 (古道具の踏み台と北窯の抱瓶)

今年の椿は、早咲きは遅く、遅咲きは早い印象。
近年の桜の開花が大阪より東京のほうが早いのと同じ理屈で、
寒さに当たる期間が一定以上ないと開花しにくい、ということだろうか。

IMG_6217.jpg

いつもは2月に入ると咲き始め、ゆっくり咲いてゆく『月光(がっこう)』がようやく咲く。
読谷山の北窯、松田米司窯の抱瓶に入れる。
(北窯は4人の親方の窯からなる共同窯だ。)
花台は古道具の踏み台だが、ぼろっちさが却って花を引き立てる。

IMG_6219.jpg

この抱瓶をみたとき、あー赤い椿入れたいな、って思った。
この抱瓶に入る泡盛を飲み切る自信はないのであるが、椿をいれてみたかったのん。
でもきっと、夏場にねこじゃらしなど道端の草を入れても合う気がする。

IMG_6216.jpg

先日の徳利@の松田共司さんと松田米司さんは双子のご兄弟で、
それぞれ作風に個性があり、米司さんはこのような穏やかなものが多いように思う。
(共司さんのダイナミックな絵付けの抱瓶にも花を入れてみたい。。)
こうしてみると、器だけでも素晴らしく絵になるのであるが、
ちゃんと花を入れる余地があるところが心憎いところだ。
こういうことって単純にはできないし、狙ってもできることじゃないよなぁ。。

IMG_6220.jpg

それにしても『月光(卜伴ともいう)』は、慎ましいのに華もあり、古花というのはそれだけの理由があるものだ。

去年地植えにしたのであまり蕾が付かなかった、『月照』もようやく咲く。
花も葉っぱも端整な品種なので、やはり古典的な花入に合う気がする。

IMG_6231.jpg

花入っていうのは素晴らしい発明だなー、千利休って本当に凄い人だ。
400年、皆竹に花を入れている。

IMG_6232.jpg

『月照』の花は完全なる引き算の美であるので、却ってほころんだぐらいがちょうどよいのかもしれぬ。
開ききったら美し過ぎてシンパイであるが、でも開いてゆくのが楽しみである。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2020/02/26.Wed

オカイドク万歳! (古伊万里染付松文猪口)

切った有楽は、咲いてもう暫く経っていたせいか、翌朝には花が落ちていた。
落ちたところに水のようなものが溜まっていたので舐めてみる!と甘い蜜。
切ったとき、ちょっと匂ってみたら蜜の香り、してたからね。
椿には香りがないというけれど、少なくとも有楽は蜜の香りがするし、
去年は小鳥(メジロかな?)にぼろぼろに突かれていた花もあった。
そういえば昨日はメジロのつがいが庭に来ていたけれど、椿が咲くと知っているのかな。

IMG_6187.jpg

近所のホームセンターで、値引きになっていた、シクラメン『天使のはね』。
ホームセンターなのでもともとそれほどお高くはないのだけれど、
満開に近いせいなのか、もう2月も終わるからか、2/3のお値段。
実は去年も買ったのだけど、花も葉っぱも特異な姿で小ぶりなのは原種交配によるものらしい。
シクラメンってうっすら香る個体と香らないのがあるけれど、これはほのかに香りもある。

実をいうと去年のも夏越しに成功したので、これから咲く、立派なやつがあるんだなー(笑)。
安いから買う、っていうのん、無駄遣いの典型っぽいけど、気に入ったので今年も夏越しにチャレンジしたい♪
(去年の大株こそもう一年越す自信ないし。)

無駄遣いと言えば、猪口はたまには買うかな、ぐらいの三毛庵、
少し前に買いましたよー、お値段に誘われて!(笑)。

IMG_6180.jpg

あーこれ、佳い絵だなーって手に取って、おそるそるお値段を聞いてひっくり返りそうに。。
一瞬、今は料治熊太以前?かと思うよな、オカイドクヒン♪
簡略化され、リズミカルに弧を描いた松の染付と古伊万里らしい美しい磁胎、
いいなーって思っても、平素はなかなか踏み切れなかったりするのにね。

IMG_6192.jpg

横にあったこちらも同じお値段!ということでゴキゲンでお買い上げ~。

IMG_6193.jpg

二つ目のも松なのだけど、枝ぶりの上半分が裏面に掛かれていて面白い。
一つ目のほうは松竹梅。
これ2つで値引きのシクラメン、『天使のはね』と同じぐらいのお値段だったのん♪
(『天使のはね』も人気の品種なので普通は安くはないけど、結構お安かった。
なので、じゃあいったい、猪口はいくらなんだー、って感じ(笑))
こういうラッキーは自分に訪れたら喜べばよし、人に訪れたら羨んではいけません。
だって、ラッキーは、その人がそれまで勉強した分のご褒美だと思うもの。

IMG_6194.jpg

という訳で、たまには猪口もよし、な三毛庵である。
(料治熊太氏のこの本は、少し前に○○○オフの均一コーナーでみつけた。
ちなみにお値段は、猪口と同じだったという。。)

IMG_6204.jpg

一年でキャベツ大に成長した天使のはね、植え付けた今年の分との差が激しい!
葉っぱの下には蕾がぎっしりでゴキゲン♪

植物ネタがオタク過ぎるので、こっち@に書いてみているのだが、
FC2のほうがざっくり書きやすかったりして、悩ましいところ。。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2020/02/11.Tue

ばらと戦い店と戦う (伝・芹沢銈介の版画)

今日はようやく時間もあり、元気もある休日だった。
なのでせっせとつるばらの剪定をする。
ばらの剪定ってきっと植物に関心のない人には大変な作業に思えるだろうなー。
いや、実際途方に暮れるほど巨大化してトゲトゲのやつは大変なんだけど、
でも楽しいんだなーこれが。(まぁ体調さえよければ、なのだが。)
もうちょっと時間があれば、もっとセンス良く誘引するのに!とか思いつつ、
トゲトゲと終日戦ったのである。

IMG_6123.jpg

小さな版画、芹沢銈介なのだという。
特に異論はなかったし、書見台というデザインがよかったのでいただくことにした。
(ついていた資料らしきコピーには『書物』とあった。)

せっかくなので額装することにし、近所の額縁屋さんに行く。
値段が安く、あんがい種類も多いので、けっこう気に入っているお店なのだが、
問題は、その日額縁とマットの合わせ方、というか、、話の分かる店員さんがいるかなのである。

IMG_6121.jpg

この日は、これは何の図柄かと聞かれ、乱雑な扱いに冷や冷やし、
某大御所の若書きの色紙を手書きですか?と言われ・・・と、
まぁ散々な目には遭ったのであるが、幸いにして納得できるマットは出してくれた。
日ごろ骨董市でものを買っていると、売り手もプロフェッショナルだし、
こちらもいくらなら買うか算段するので、売り買いは真剣勝負である。
だからたまに普通のお店でこんな目に遭うと、きぃーっとなったりする三毛庵である。
関西では、服装などには惑わされず、しっかり相手を見て商売している人が多く、
そんなに理不尽な目に遭うことはないんだけどなー。
まぁとにかく、話の通じないお店が嫌いな三毛庵なのであった。。

版画が朱色の和紙に貼ってあったので、金色の額縁にして、
文明開化っぽくしてみたけどどうかなー。
三毛庵に小金があったら、軸装にもチャレンジしてみたいぐらいだ。
なかなかむつかしそうだし、これまた真にプロフェッショナルな職人さんって少なそうだけどね。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME | Next »