2017/04/23.Sun

2017年4月23日の庭

IMG_2368.jpg

子メダカが大きくなったときのために、青い水連鉢を購入。
「メダカが喜ぶ」という謳い文句に釣られてナガバオモダカも。。
でも鉢に比べてオモダカは結構お高かったような(笑)。
当面は親メダカをちょこっと金ちゃん池から移しておく。

IMG_2371.jpg

冬のあいだカラーリーフとして楽しんだヒューケラに沢山の花。
(ヒューケラは春も売っているが、冬越ししたほうがやはり愉しみは多い。)

IMG_2386.jpg
近寄ると、「ツボサンゴ」の和名の通り、壺で珊瑚なお花!

IMG_2387.jpg
冬は銅葉で愉しんだセイヨウイワナンテンにも壺なお花♪

IMG_2389.jpg
初めに植えた、ブルーベリー2種も開花。これも壺なお花。

IMG_2390.jpg
壺系のクレマチスも好いな、と思うものの、週末ガーデナーなので
タフで花付きがよく、それでいて美麗な「アフローディーテ・エレガ・フミナ」を購入。
既に蕾がついていた!!

IMG_2374.jpg
先日「白扇」を入手してゴキゲンであったが、
母の日のギフトに人気のヤマアジサイ「伊予獅子てまり」も気になるなぁ、
偶然見かけたら買っちゃうかも、などと思っていたら偶然見かけた(笑)。

IMG_2380.jpg
最初の頃に買った処分苗の常緑アジサイ「常山」に小さなつぼみ。

IMG_2373.jpg
オーレアのルブスがよい感じに♪

IMG_2379.jpg
ホトトギスも今ごろは葉色が結構明るく、花がなくても楽しめる。

IMG_2385.jpg
オーレアの野イチゴ・アレキサンドリアも植えてみた。
(フツーの野イチゴみたいに種で増えることを目論むのであるが。)

IMG_2377.jpg
まだまだ頑張っているビオラ。

IMG_2378.jpg
遅くに植えたせいで今絶賛開花中の「タリア」。

IMG_2392.jpg
雫水仙の「ハウエラ」ももう咲けないかも、って思っていたけど、
このところ夜温が低いせいか、無事開花。

IMG_2398.jpg
原種チューリップ、「バタリニー・ブライト・ジェム」もようやく開花。

IMG_2396.jpg
白花の伊吹麝香草も植えてみたけれど、いまいち場所がなかった!!

IMG_2397.jpg
小川キキョウも開花、これって夏越せるのかなぁ。。

IMG_2395.jpg
ヤマボウシは葉が展開すると同時にちびっこの花が出てくる。
(正確にはこれはガクなのかな。)
これがそのまんま大きくなるんだなぁ。
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
庭仕事 | Comments(0)
2017/04/06.Thu

水ぬるむ

本日は取り急ぎ記録のみで。

子メダカがいっぺんに20匹生まれ、計24匹に♪
もういよいよ数えられなくなりそうだったので、ブログに書き留めている。

ということで、ほんじつはふるものはなしで、あとはお庭の記録をば。

IMG_2238.jpg
水仙「バイカラー・アーリーセンセーション」。
開花が早いので、花期も長い感じ。

IMG_2240.jpg
野趣のある八重咲、「リップ・バン・ウィンクル」

IMG_2245.jpg
「ダブルカンパニール」のはずなのだが、ダブルじゃない。。

IMG_2241.jpg
おおらかに咲く「ピンクチャーム」。

IMG_2251.jpg
ムスカリ・ラティフォニウム

IMG_2250.jpg
アイスピンクなムスカリ、「ピンクサンライズ」

IMG_2239.jpg
ムスカリの奥は・・・

IMG_2249.jpg
名無しの春蘭。
仮暮らしのとき、初秋に狂い咲きしたのでどうかなと案じたけど
いっぱい咲いた!!

IMG_2252.jpg
青い薔薇咲のジュリアンと・・・

IMG_2237.jpg
紅いコーナーのガーデンシクラメンとチロリアンデージーの派手さ、
結構気に入っている。

IMG_2247.jpg
あれよあれよという間にクロモジ開花。

IMG_2246.jpg
近所の柏葉アジサイが展開していたので、うちのも見ると・・・
確かにうちのはオーレア(黄金葉)であった。

IMG_2244.jpg
コハウチワカエデもいよいよ展開始め。
ほんとうは、楽しみにしていたアオダモに花芽らしきものがあるのだけれど、
背が高くて撮れないでいる。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
庭仕事 | Comments(0)
2017/03/26.Sun

リシュリュー卿のことなど (長沼焼染付紙刷印判小皿)

この春は朝夕の冷え込みが厳しくて、そろそろ桜も咲くころだという実感がまだ湧かない。
それでも、水仙の蕾が膨らんだり、庭木の芽が綻んだりと、
日々何がしかの変化がある。
薔薇の芽も大分動いたなぁ、と眺めていてびっくりした。

IMG_2161.jpg

既に蕾が!!
去年初冬に植え付けてすぐ、芽が動いてしまったのだけれど、
ネットで調べると根が張ることが重要なのでそれでもよいそうで、
春に伸びた芽を切り戻すなり、そのまま伸ばすなり、
選択肢はいくつかあるようだった。
この苗は一季咲のオールドローズであったので、
切り戻す必要はないかなと思っていたら、いきなりの蕾なのであった。
カーディナル・ド・リシュリュー、造成地に不満も垂れず、賢いヤツである。

IMG_2171.jpg

のんちゃんが紅いチロリアンデージーをいいなというので、買ってみた。
ついでに深紅のガーデンシクラメンの売れ残り処分品も・・・。
(そろそろシクラメンなど終わりなので買うのは間違いのような気もするが、
毎日寒いので、つい冬場の続きで手を出してしまった。)
紅い花は庭では使い方が難しいので、あんまり買うことはない。
庭の真ん中ではやっぱりちょうど合いそうなところがなかったので、
通路の目を引くところにまとめて植えた。
春ならばパステルカラーの花にすれば良さそうなものだけれど(笑)。

得意の処分品ではなかったけれど、一つ売れ残っていた都忘れ。

IMG_2172.jpg

ほんとうは苗から育てて花が咲く、ていうのがお好みであるが、
全開の開花株である。
植えてみてもかなーり取って付けた感じであるが、致し方ない。
清楚な青紫色が画像ではうまく映らない。
花の色も葉っぱの澄んだ緑色も、それから草姿も控えめで、
まぁ日本人はみんなこんなん好きやろな、とは思うけれど、
御多分に漏れず三毛庵も好きなのである、都忘れ。
勿忘草も水色で可愛い花だが、どうせ忘れるなら都忘れがお好み。

都忘れは簡単に宿根しそうなのに、三毛庵は上手く殖やせない。
庭中都忘れを咲かせてみたいものであるが。
何処に植えようかとうろうろして、やっぱりこういう野趣のあるものは
クロモジの近くにしよう、と思った。
人気の?クロモジ様の近辺は、ますます密集してきているような。。

週末は催事があってぶらぶらしてきた。
好きなものでよいものが買えたりして悪くはなかったと思う。
よくは分からないものもすこし買った。
よいものを手許に置こうと思ったらそんなん無駄足だな、とは思うけれど、
分からなければ買ってみて「知りたい」というのもあって、、
そのくせ、何が知りたいのかあんまり自分で分かっちゃないけれど。。

少し前に、東京土産にいただいたお皿である、長沼焼?

IMG_2174.jpg

下手なものでもあり、決してお高いものではないのだけれど、
石のような質感など悪くないと思うけれどな。
「誰が見てもいい」ようなものに食傷気味の時には、
こういうものにほっとしたりする。
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
庭仕事 | Comments(0)
2016/11/23.Wed

処分品のお庭

洗濯ものを干しにお庭に出てみたら、恐ろしく寒かったので、
退散してはちみつレモンを飲む三毛庵である。
それでも鉢物などは乾いていたのでちょこっと水遣りをしてきたけれど。

引越して暫くした頃、ホームセンターでガーデンシクラメンをのんちゃんがみつけた。
昭和のお家の時は冬はそれはもうお寒かったので、
いつも小さなガーデンシクラメンを買ってきては
お家の中で鉢花のように眺めていた。それで思い出して一つ買ってしまった。
ところが秋の初めはとても暑くて、シクラメンはぐったりした。
どうなることかと思ったけれど、冷え込んできた庭に下ろしたら
また小さなつぼみを膨らませはじめて、元気が戻ったようである。

IMG_1683.jpg

先日、ホームセンターの処分品コーナーを漁っていたら、
そのときの頃のガーデンシクラメンが置いてあった。
そうだよなぁ、、あのとき時期が早すぎるとは思ったもの。
今時分はもっと立派な苗が出ていて、きっとそのほうが花もたくさん咲くのだろうけれど、
いくつかまだまだ咲いてくれそうなのがあったので連れ帰ったら咲いてきた♪

IMG_1682.jpg

ブラックビオラも処分品になっていたので、もうひとつ増やすことにした。

IMG_1686.jpg

ミニバラは5本の挿し芽の花後の鉢をばらばらにして植えなおした。
ポールセンのパレードシリーズ、ジジという品種で賑やかなシマシマの花。
春にはわっさわさになって開花することを目論んでいるのだが、、。

毎度処分品専門みたいだが、処分品には捨てがたい魅力がある。
(なにしろふるもの好きですからね。)
シクラメンやビオラは再生したら嬉しい、程度のことであるが、
宿根草なんかはお安く来年の苗を購入したようなものであるからだ。
画像のほかにもシュウメイギクの花後のポットを買って植え付けたのだが、
人様にはしょぼい枯れ苗でも、ちゃんと脇芽が出てきていて、
来年いっぱい花が咲くかも!と妄想する夢を買ったようなものなのだ。
(ちなみにそのシュウメイギクはももいろブーケという矮性品種で、
ブランド価値もお高そうである。)

とはいえ、定価のものもちょこちょこ購入。

IMG_1684.jpg

プリムラ・マラコイデス。
このへんのお家では、もう何年も採り蒔きを繰り返してそうなヤツが
路地のプランターに植えてあったりして、
おしゃれな寄せ植えなんかより風情がある。
珍しくもなんともない花だけれど、三毛庵もちょっとほしくなった。
のんちゃんは濃い色がいい、と言ってたけど、やっぱりそっちのほうがよかったかなぁ。

IMG_1685.jpg

カラーリーフとかに凝ったりした垢抜けた寄せ植えには憧れるが、
ずぼらなので目についた苗を寄せ集めて植えるだけである。
(あんまりぎゅうぎゅう詰めにするのもニガテで、自分で楽しむのだから
まったりとした出来でもいいかなと思う。)
葉牡丹は春まで楽しめる。
ストックも野菜みたいなずんぐりした花で、おしゃれかどうかはなぞだが、
春まで咲いて、脇を通るとほんのり蜜の香りがするのがお好みである。

IMG_1687.jpg

先日植えておいたもみじ葉ゼラニウムも可愛い花を咲かせ始めた。
葉っぱにブロンズ色が入っているところがウリである。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
庭仕事 | Comments(0)
2008/01/13.Sun

個性

今日はのんちゃんとお花屋さん巡りをしてきました。
お目当てはもちろんクリスマスローズ、店頭でひとつずつお花を覗き込んで
思いがけないよい子に出会うのはちょっとした掘り出しの楽しみです。
今日はいいなと思うダブルのお花、ふたつに出会いました。
ひとつは文句なしの良花、しかもまるで向日葵のように顔を上げて咲いていました。
お花に限らず、誰が見ても素晴らしいものって所有欲をそそりますよね。
でも迷った挙げ句、未練たらたらであきらめることにしました。
お値段のこともあったのですが、うちにこんなクイーンがきていいものだろうか?
というような感情が湧き上がってきたのです。。。
もう一つのダブルは、去年買った‘バターイエロースポット’に似た子で、
だからまあやめておこう、とは思ったのですが、でもとても可愛らしい花で、
しかも花つきが素晴らしくいい性質のよい子だったんです。
こちらはなんとなくまだあきらめきれない気分です。
お花を選ぶとき、私は非の打ち所のないものよりも、ちょっと個性が光るものが
好きみたいです。
(ブランドに手を出す勇気が無い、というのに似てなくも無いような気もしますが・・・笑)

さて、それでもお花屋さんに行って手ぶらでは帰れない私・・・今日の戦利品です。
blog 3197

やや赤みが強いですが、一応ブラック系のシングル、丸弁平咲きでおしべの可愛い「梅花咲き」です。
そこそこ可愛いお花ですが、SSブラックを持っている私がこれを買った理由は他にあります。
なんだか見たことも無いような多花性なんです。
明らかに花芽はひとつなんですが、そのひとつの芽から太い花茎が4本出て、
計18個!もの花とつぼみがついているんです。こんなへんな咲き方もあるんですね。
この性質は来年も持続するのか、とても興味深々です。


もう一つは原種の定番、ニゲルです。
blog 3203

ニゲル持ってるんですが・・・気になる花を見つけるとついつい欲しくなってしまうんです。
「白梅のように可愛い丸弁は無いかな~」と沢山の鉢をのぞいていて、
逆に細丸弁でヒトデ型の変わったこの子を見つけました。
おもしろいのはのんちゃんもいい子はいないかと探していて、やっぱりこの子に
目をつけたということです。
やはり頼れるものは連れ合いですね!!
もうほぼ満開なんで、しっかり養生して来年沢山咲かせたいものです♪
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
庭仕事 | Comments(2) | Trackback(0)
 | HOME | Next »