2016/04/05.Tue

極楽のある日 (古伊万里染付山水文豆皿)

低気圧の通過の度にぺしゃんこになりそうになる春であるが、
それでも最近、そのまま鬱になることはずいぶん減った。
復職してから9回目の春。
6年無為な時間を過ごしたことを肯定するのは難しいけど、
それでも病気は、自分の意志の力では成し遂げられない
転換点をもたらしたのかもしれない。
自己というものを自分の意志だけでコントロールできると思っていた
傲慢さ(人にサイボーグと笑われるほどだった)を病気にたしなめられ、
自分のからだも自然の一部で、嵐が来れば
じっと忍耐強く通り過ぎるのを待つほかなく、だけど憂いても仕方なく、
できることは自分を認めてあげることだけなのだと学んだ。
(転んだまま起き上がれないかもしれないという
いいようのない不安のなか、自分を認めるのは難しいけど。)

今は、病気の前より自分は自分に近づいたと思う。

病気から回復したとき、目に見える世界の何もかもが美しかった。
(すこし残念なのは、今はもうあれほどの驚きは無くなってしまったこと。)
極楽浄土というのはこんなところにあったのか、と思ったほどである。
なのでそんな、とある一日を極楽として描いた不染鉄の画を見て、
私はいっぺんに絵が好きになった、いや前から好きではあったのだけど、
いっぺんに絵が自分の一部になったのだ。
(なので「絵好き」は転んで掴んだ、骨身に沁みた財産なのである。)

春の不調はそういうことを思い返す、いい折なのだろう。

IMG_1073.jpg
(径7cm)

不染鉄はそこそこのお値段だという場合、こんな皿一枚でもよいのだ。
こんな風景も三毛庵には極楽浄土に映るのである。

IMG_1083.jpg

筍の穂先をお刺身でいただく春の宵。。嗚呼口福♪
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
| Comments(0)
2015/12/27.Sun

鬱と統合失調のこと (美濃印判?小皿)

4時前から目が覚めてしまい、あきらめて起床。
喉がイガイガするので、生姜の葛湯を飲みながら・・・。

今年はいろんなことがあった。
(何故か5月の末に、恐ろしいほどの静けさを感じたのだが、
実際に6月以降にはいろんなことがあったのだ。)
その割には精神的には持ちこたえたほうで、
こころが健康であると、人は多少のことは乗り越えるものだと知った。
「こころが」と書いたけれど、こころってなんのことであろうか。
ここで限定的な意味で「こころ」として言いたいのは、身体的な意味での
「脳」のことである。
脳がこころのすべてだなどと言いたいのではなく、精神疾患というのは
「脳」というからだの機能における疾患だということだ。
そのわりに、相変わらず本人の資質や責任を問うてみたりは今も変わらない。
(むしろ環境などの問題が発症にかかわっているほうが多いのに。)
まぁ、生活習慣病のようなものでも本人の問題と言われるのだから、
健康な人はそうでない人に手厳しいのかもしれない。

三毛庵の診断は「気分障害」である。
病状的には「鬱状態」が続いていたので、ここでもそういう風に書いている。
「気分障害」の病気の定義は知らないけれど。
今もほぼ念のため?少量の薬を飲んでいて、中心は向精神薬である。
抗うつ薬は飲んでいない。(というか、100%副作用しか起こらなかった。。)
なので、治療としては統合失調の治療を受けているのだろうと思う。
(主治医にわざわざ聞いてみたことはないけれど。)
季節変化などでときどき調子を崩すのは、うつ病が完治したのではなく、
統合失調の寛解状態だからなのかもしれない。
(ちなみに統合失調というのもずいぶん偏見の多い病気であるように思う。)
うつは「こころの風邪」などと製薬会社が宣伝するので、
薬を飲めば治るのね~と思われるかもしれないが、うつと診断された人の
何割か、「難治性」と言われ、あまり抗うつ剤が効かずに何年も苦しむ。
(三毛庵も最初の3年間、ほぼ抗うつ剤の副作用と戦っていただけだった。)
そういう人は実は統合失調であることが多いそうである。
三毛庵の主治医もそういうケースに対し、向精神薬を試すことがあるようだし、
最近、興味深いサイトを見つけて、そこでは「うつ」と「統合失調」の違いを
一覧にしていて、これはとても参考になった。
(「こころのクリニック 鬱と統合失調」でぐぐると見つけられます。
パニック障害なども統合失調の治療で効果があると、この先生は仰ってます。)
「鬱状態」を呈していても、むしろ統合失調・・・というのは三毛庵にはとても
ナットクのいく話なのであった。
朝早くから、何の話かという感じであるが、
今年はこれらのことを考えることも多いような年だったので、
「鬱が治らない!」なんて方にいくばくかの参考になればと思い、書いてみた。
何にしても病はあまりありがたくはないものであるけれど、
三毛庵は、病の部分も含めた自分の個性に無理を強いない暮らし方に
変えてきたことが、いまのこころの平穏に繋がっているように思う。

おまけの画像は昔買った美濃印判・・・だったかなぁ。。

IMG_0215.jpg

IMG_0217.jpg

なんてことのないものだけれど、ありそうであんがいない。
可愛い梅にうぐいすの図を見ていると、
三毛庵が治癒に向かい出したころ庭仕事をポツポツして、
そういうときに、いろんな小鳥が小さな庭にもやってくるのに
いたく癒されたことを思い出す。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
| Comments(0)
2014/09/23.Tue

妖しのひとと負のスパイラル

20140918 020

こちゃこちゃとした、一見フツーなる印判の小皿なのであるが、、

20140918 019

高貴なるお方がいらっしゃったり、

20140918 018

短歌の様な風景が浮かんでいたり、

20140918 017

小鳥に亀さんも描かれていたり、

20140918 016

妖しのひとも鎮座したり(左上の影のところに浮遊するひとも。。)

あまりの怪しさにくすっとなるのであった^^
鬱もどうやら収まって、すこしほっとする(まだ10月中ぐらいは油断ならない)。

今は、、こんな風にたまに数日逆戻りするだけだからどうってことない。
だけど、もうずっとこのまま歳を取ってしまうんだ、そう思っていた、あの頃。
生きてるだけでまるもうけ、などと言うけれど、それって希望を持つ力があってこそ。
朝目が覚める。もう絶望していることに絶望する。
仮に不治の病だったとしても、死ぬんじゃないのだからというかもしれない。
だけど、、治ろうという気持ちを持てば持つほど絶望する日々・・・。
病に立ち向かう勇気が奪われる病なのだ。。

最初の3年間は抗鬱剤の副作用であることに気づかず苦しんだ。
主治医は一生懸命治療をしてくれたけれど、実は抗鬱剤が強すぎた。
今の先生に出会って、おまじないほどの僅かな薬を処方してもらい、
それからさらに3年かかったけれど、寛解した。
(難治性と言われる人に、抗鬱剤が過剰に効いてしまう人も
実は多いのではないだろうか。)
今の先生に治療していただいた3年間、適切な投薬のほか、
ずっと指導され続けたのは、とにかく自分を怠けさせてあげなさい、
ということだった。
(そして、良くなり始めてからは好きなことだけしなさいと。)
何もできない、したくないのは病だからで、自分のせいじゃないと。
ちゃんと自分を許して認めてあげなさい、と言われ続けたように思う。
(今はこんなにやりたい放題な三毛庵であるけれども、
これでもダメ?な自分を認めてあげるのに丸3年を費やしたのだ。)
ずーっと、許せなくってそれで消耗しての負のスパイラル。。
(これは今もプチ鬱の時にはやっぱりハマる罠である。)
きっと周りの人にはぼんやりしているだけに見えただろうけど、
そうやって消耗し続けていた。
症状にも波があるから、良くなったの?って期待しては絶望し、、
の繰り返しで益々消耗。
よくなった人の話を聞いても、じゃあそれって私はいつなの?と思うばかり。
(だからこういう経験の話が有益なのかも実はよく分からない。)

今は過去形だから、、言ったところで無責任だろうけれど、もしも
周囲に苦しんでいるひとがいたら、ありのままを認めてあげてほしいな。
そうして、すこしでもこころが休まるようにしてあげてほしい。

プチ鬱で、あの頃のことを一寸思い出した夜。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
| Comments(2)
2010/12/13.Mon

ちょっとしたつぶやき

先週の撃沈から無事復帰して、月曜病も乗り越えて、
今日はちゃんと会社に行ってきました(しかも残業したし~)。
でもまだちょっと心配なことがあります。
まだまだ職場で、仕事そのもの以外のところでエネルギーを浪費してしまうんですよね。。。
もともと仕事の内容がしょっちゅう変わるのは得意ではないのですが、
今回急遽違うPJの仕事をすることになって、それで余力を使い果たしてしまったんです。
瞬発力が要ったというのもあるんですが、どうしても新しい人と関わると
疲れてしまいます・・・。
いろんな人の反応に敏感すぎるんだ、っていうのは分かっているんです。
実はマイペースなくせに、もう何十年?もいい子できたので、すぐ人の期待に
応えようとしてしまいます。。。
鬱から復帰してからは、そういう自分のエネルギー消耗癖を少しずつ修正しようと
しているんですが、三つ子の魂なのかなかなか簡単にはいきません。
(これでも壊れる前から比べたらすごいのんびりやさんにはなったんですけど・笑)
今日も「あ~なんか職場の空気に疲れたわ」とちょっとだけ凹んで帰ってきたのでした。
最低年内は壊れないように用心しなきゃなぁ。。。

以上ちょっとだけぼやきでした。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
| Comments(4) | Trackback(0)
2010/08/24.Tue

なんとかなるよね

調子がよくなくて、急遽午前中お休みをいただきました。
昨日から消耗していたのと、血圧が下がっていてしんどかったのですが・・・。
会社でまたチームが変わって、仕事内容も変わったので、
それに慣れようとついつい自分にプレッシャーをかけてしまったようです。
どうしても慣れない環境には過剰に不安を感じてしまいます。
周囲の人は、私が以前経験のあるプロジェクトの仕事だから・・・と
気軽に任せてくれるのですが、実は私にとっては思い出すのもやっとな必死な状態です。
もう十年以上前のことだし、その間の休職中の6年間は、覚えてきたスキルを全て
忘れ去ることでようやくこわれかけた自分を守ることができた6年間だったのです。
周囲の人が私に敬意を払ってくれるのは感謝すべきことなのですが、
仕事の中身や、いえ仕事のやり方さえも思い出すのがタイヘンだという実情を
訴えることがなかなかできないのがちょっとしんどいです。
でもまあ、今日は午後からは頑張って行くことが出来たし、
人の期待に応えようと無理することはないんだと自分に言い聞かせもしたし、
それから、家族も友人もそれから病院の先生もそういう私のことを分かっていてくれるから、
ちょっとずつでもなんとかなるかな、と思います。
それにしても、このトシにして新入社員のようにあたふたすることになるとは!
子供のように好奇心を持って取り組めるようになるといいんだけど。。。

さて、今日のオマケはこちら。
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
| Comments(6) | Trackback(0)
 | HOME | Next »