2008/04/20.Sun

実家に帰って

4/12(土)から4/14(月)まで、用事があって実家に帰ってきました。
と、そこまではよかったのですが帰ってからひどい不調に見舞われて、
先週は火曜の午後から金曜日までまるまる休む羽目に陥りました、しょぼーん。
調子が悪くなると、仕事がぐちゃくちゃだな・・・とか、ちょっと頑張れば会社にいけるんじゃ?
とか、有休がこの調子で減ったらまずい・・・とか、いろいろと頭をよぎりますが、
そういう考えても解決のつかないことを悩むのは、ただただエネルギーの無駄遣いで、
回復を遅らせるばかりなんだそうですね。
一生懸命そういう無駄な考えを頭から追いやって、休むことに専念しました。
今はまだまだ体が慣れてきていない時期だそうなので、無理は厳禁だそうです。

さて、実家では遊んでいたわけではなかったのですが、ちょこちょこと写真を撮って来ました。

まずは・・・網走交通名物?個人宅前停留所です!よくテレビでやっているヤツですね。
そして峠はえらいことになっていました!!
200804釧路 001 200804釧路 005

左)屈斜路湖近くの川湯温泉の公衆浴場200円也。硫黄臭の強酸性、効くーって感じです。
右)釧路の老舗蕎麦屋「竹老園」、いつ行っても地元の人でいっぱいです。
200804釧路 006 200804釧路 010

竹老園の「ざる」と「かしわ抜き」(左)、それから「そば寿司」(右)です。
かしわ抜きはかしわそばのそば抜きのこと、冷たいおそばと一緒に頼むのが通です。
200804釧路 008 200804釧路 009

ちょっとだけ近くの海へ行きました。
200804釧路 080 200804釧路 081

いつものようにガラス石を拾っていたら・・・のんちゃんがウニをもらいました♪
200804釧路 083 200804釧路 082

密漁ぢゃありませぬよ~。田舎の海で写真を撮っていたのんちゃんに、
海草か何かを拾っていた漁師のおばさんが、ハイってくれたのです。
調べてみると・・・おぉ、高級品の「エゾバフンウニ」ではありませぬか~。
↓家族でひとつぶずついただきました(笑)。でもすっごくおいしかったです。ごめんね、ウニ。
200804釧路 050

ようやく福寿草やふきのとうがちらほら、ミケア地区でいうと2月ぐらいの気候でしょうか。。。
200804釧路 042 200804釧路 035

ちょっといくとこんな風景にも出会えます。
200804釧路 036 200804釧路 038

川湯温泉駅の‘オーチャード・グラス’のビーフカレーは美味しいんです♪
200804釧路 054 200804釧路 058
200804釧路 055

屈斜路湖の砂湯(湖に温泉が湧いている)には、まだ白鳥がいました。
200804釧路 067

とまあ、北海道の4月は春まだ通し、といった風情です。
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
| Comments(8) | Trackback(0)
2008/04/06.Sun

桜と筍

blog 4464

blog 4479 blog 4481

本当は週末、何処か遠くへ桜を観に行きたかったのですが、私の疲れが取れなかったので
土曜日にちょっとだけ京都に行って来ました。
新聞で紹介されていた京都府庁の中庭の桜、このときだけ休日も公開しているそうです。
中庭ですからこじんまりとしていますが、空いていてゆったり花を楽しむことができました。
たぶん中央の桜かな、円山公園の初代枝垂桜の孫にあたるそうです。
枝垂桜は3本あったのですが、少しずつ色合いや咲き方がちがっていてきれいでした。

帰りにちょっとだけポメ?のロビンのお店に寄ってみましたが、残念ながらお留守でした。
ロビンのお店の辺りは、京都の筍の名産地です。
道路沿いに農家の人が直売のお店を出しているので、さっそく初物をGETです!
おじさんいわく、この辺りのはアクがないので茹でるときぬかをいれなくていいのだそうです。
ゆうべのうちに下茹でをすませ、今日は筍ご飯をしました。

<献立>
筍ご飯、若竹汁、鯛(養殖ですが!)の塩焼、ほうれん草の胡麻和え、きゅうりと蛸ともずくの酢の物

・・・ってうちは平均年齢高いんで、かなり大人向けメニューです。
(それに昨日はフライものでしたから、今日は油抜きがいいかなと思いまして。)
筍料理、もう自画自賛!ひとりで満足してましたよ。(だってうちの人たち反応にぶいし・笑。)
辰巳芳子さんの本で読んだ筍ご飯というのが、おいしいんです。
普通は煮物に使うような、下のほうの硬い部分を薄く輪切りにスライスしていくんです。
で、それを細~く千切りにして、あとは普通の筍ご飯の要領で作るだけなんですが、
ご飯とのからみがいいし、繊維が切断されるので硬さもほどよい歯ごたえになるんです。
若竹汁も、姫皮の付け根の柔らかい部分を細く切り取って使います。
筍の皮、めくっていくと上の方は結構皮の下が柔らかいんです。そこがなかなかおいしいのです。
これも辰巳芳子さんの本で知ったのですが、このふたつを作って食べるとかなり筍の風味を
楽しんだ気になるんですが、筍本体はほぼ残っているという不思議なことになります。

実は今日はちょっと頭痛がしていて、きっと休めのサインだよな~とは思ったのですが、
なんだか筍を手にいれると居ても立ってもいられなかったのです。
なんですかね、「これを作って食べさせるぞ~」という気持ちがむくむく湧いてくるんです。
きっとうちの母に似たんだろうなあ・・・遺伝とは恐ろしいものです。
という訳で、実家の母にも筍を送ってあげました。北海道には竹はありませんからね!
きっと実家の母も筍を前に、やる気満々になることでしょう。

blog 4463
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
日記 | Comments(12) | Trackback(0)
2008/04/01.Tue

どうにか復活

皆様、ご心配をお掛けいたしました。
エネルギー充填のため、しばしネット自主規制をしておりました。
皆様のところへもまたぼちぼちおじゃまさせていただきますね。

先週は結局水曜までお休みをいただき、木・金はどうにか仕事をしてきました。
休んでいるあいだに精神的なダメージは回復したのですが、まだちょっと疲労感が残っています。
・・・というか、今まで疲れていたことに気づいていなかったのか!
やっぱり仕事柄根を詰めてしまうし、パソコンを睨みっぱなしだったりするので、
疲れる前に気づくっていうのがなかなかできないみたいです。

木曜に丁度カウンセリングがあり、カウンセラーに
 ・1時間に一回必ず休憩を取ること
 ・仕事の計画を5割しか入れないこと
を指導され、それを上司にも了解していただきました。
カウンセラー曰く、脳に負荷をかけるのはもっとゆっくりやらないと、下手したら
再発とかにもなりかねないそうです。
逆にいうと、ちゃんとゆっくりやればそれなりの負荷にも耐えられるようになってくるそうです。
うつになる人は、だいたい集中力がありすぎるのだそうで、
疲れたと感じるのよりも集中力が勝りすぎて、それで脳が疲労しきってしまうのだそうです。
確かに・・・ここ数日スケジュールに余裕を持たせてみたのですが、のんびりやるのは
なかなか難しいんですよね~(笑)。
私って普段から余力があればやりたいことをどんどんやってしまうからなあ。。。
特に出社して二ヶ月は緊張していたのか、うちに帰ってもがしがしパソコンやって
朝もしっかり庭に出て、たぶんがんばりすぎでした。。。やれやれです。
なんとかこの失敗を次に活かしたいと思います。
そんなところです。

<おネエさん情報>
昨日、月曜というのに疲労感が抜けていなかった私はおネエさんのいるお店にランチに行きました。
ランチをいただいて、最後にコップのお水をぐいっと飲んだらもう一口欲しい感じ・・・
でももう会計をして出ようと思っていたので、わざわざもらうのもなんだな、と思ったんです。
すると、「お水お入れしましょうか?」見上げるとおネエさんです!
それがですね~エレガントで、ほんとうにさりげないんですよ。
そんなにこちらを見ていた様子もないのに、私が席を立つ前に気づいたら横にいて、
「もしもよかったら・・・」っていうおしつけがましくない雰囲気なんです。
「どうして私の気持ちが分かったの?」とびっくりしつつ、「じゃあ、一口いただけますか。」
とこちらまでなんだか丁寧になってしまいます。
いや~昨日もおネエさんに癒されてしまいました♪
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
| Comments(7) | Trackback(0)
 | HOME |