2010/06/23.Wed

英国の香り(和製スリップウェア!?)

blog 5850

お友達のブログで美味しそうなパンの画像を見てこれを思い出しました♪
見つけたとき、これで美味しいパンが食べたい!という気持ちがムクムク湧いたお皿です。
それも普段食べるへなちょこなトーストではなく、ずっしりしたハード系のパンなどなど・・・。
手に取るとなかなかどっしり、土っぽい雰囲気のあるお皿なのです。

残念なことにとにかく朝の弱い私なので、平日はトーストをやっとの思いでもそもそ食しています。
そんな毎日のお供は昔買った丹波のお皿、淡い緑釉に型抜きされた猫がワンポイントの癒し系。
あと一枚、たまの日曜におごそかに取り出して使う、これも現代物の木のお皿は、
思い出のある大切な一枚です。
と言うわけで、もうそんなに要らない筈だったのですが、このお皿のなんでもない姿は、
なかなか貴重に思われたのでした。

民芸運動の伝統が今も息づいている、山陰あたりの産かなぁ・・・と眺めていると、
「これは京焼やで」と聞いてびっくり。京焼って薄作りで雅やかなあの京焼???
裏を見ると、確かに素地に印が押してあって「京 有手」とあります。
結構古いというのは売り手の弁で、京焼が民芸のものを作っていたというのなら、
それって柳宗悦や河井寛次郎なんかが活躍した時代からそう遠くもないのかもしれません。
こんなクロスの上に置いてみると、気のせいかちょっとハイカラな、英国あたりの香りが
微かに漂ってくるような気になります。
それは、まだ若々しかった民芸運動の香りなのかな。。。

そんな訳で、明日はしっかり起きるぞぉ!と決意したお休みの前の日は、
このお皿に似合いそうなパンを色々買ってきて、爽やかに目が覚めることを祈る私なのでした。

blog 5847 blog 5849
(直径:17.8cm)
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(6) | Trackback(0)
2010/06/21.Mon

食べたいものは・・・(オパールガラスプレス氷コップ)

blog 5841

大正の吹きガラス氷コップはきれいだなぁ、使ってみたいなぁとは思ったけれど、
買ったことはない。
主な理由のひとつはコレクターズアイテムなのでお値段が張る、ということなのだが、
いちばんの理由は、私が密かに欲しいと思っているようなものを見かけたことがないということだ。
特別珍しい柄とかいうものではなく、一見たくさんありそうなタイプなのだけど
適当にうろついてものを買っている私ごときではなかなか見つからないシロモノである。
それはあの白洲正子さんが持っていた氷コップで、いくつかある普通の脚付きの輪花形の
タイプの中に2客だけ、トクベツなやつがあるのである。
普通の透明なガラスに輪花の部分がひとつは普通の赤、もうひとつは黄色のタイプ・・・
なんだけど、それがぽってりととろみのある色艶のいいガラスで肉厚にできていて、
おいしそうな飴みたいで、いつも「あんなのでデザートを食べてみたいなぁ」と思うのだ。

ということで、吹きガラスのタイプはすっきりあきらめモードで、極く普段遣いに
リーズナブルなプレスガラスで何かあればいいのにな、という気がしていたかもしれない。
いつものように目標も定めずに物色しているとこの氷コップが2客、かな~り小汚い姿で並んでいた。
小汚いのをウブウブしている、と喜ぶようになるともうビョーキだと思うけれど、
ふと気になって手に取ると、小汚いだけではない、妙な古色!?がある。
むかしガラスらしい、気泡や不純物の多い、でもこっくりとした艶のあるガラスのようだ。
プレス成型もやけにゆがみがあって、ほとんど手作業じゃないかと思える。
だいたいこの2客の乳白の入り方だって随分まちまちだし。。。
これってプレス氷コップの中でも古いものなのかもしれないな。
とか色々考えているうちに、こんなプレスガラスなら使って楽しいかなぁ、と思うように。
さて、お値段は高くもないけれど、脚の部分に少し欠けがあるのに特別安くもなく・・・。

という訳で、連れ帰ってハイターにどぼんしたら、見違えるほどの美人さんになった!
まぁ、白洲正子旧蔵品の代用をせよ、という無茶なことは言わないけれど、
タピオカとか、みつまめとか、薄っすら透明なものを食してみたいなぁ、と思わせる、
なかなかによい娘に思われるのであった。

blog 5842
(4寸)
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(2) | Trackback(0)
2010/06/21.Mon

ちょっとだけ宮崎へ。。。

先週12日13日は諸般の事情(!?)により宮崎(+鹿児島)をうろうろしてきました。

(口蹄疫で大変だったのでいちど延期したんですが、収まってはくれずやむを得ず。。。)

日南海岸の道の駅からの眺め・・・洗濯板みたいな岩盤の浜が続いていました。
blog 5821

鵜戸神宮・・・6月だったので夏越の「茅の輪潜り」が!
blog 5831
blog 5822 blog 5825 blog 5827

blog 5830
鵜戸神宮ではお参りもして、『運玉』という玉を石のくぼみに投げる運試しをしたのですが、
のんちゃんも私もちっともくぼみに入ってくれませんでした
そのせいか、なんとなく運のないことの多い旅でした(詳しくは言えない・笑)。

次の日は鹿児島の窯元「龍門司焼」をたずねました♪
blog 5833 blog 5834

2日も行ってた割には、観光が少ないような気がします。。。いや、気のせいではなく!!
とある用事でとてもたくさん走ってたんですけどね
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
| Comments(2) | Trackback(0)
2010/06/18.Fri

梅雨・・・梅仕事

***ご案内:先日紹介した平野はるひさんの個展です→***
ミケア地区からは結構近いので、覗いてみたいなと思っています♪


今週梅雨に入って、今日は雨です
火曜日もひどく降ったのですが、気圧の変化が激しかったのか、1日ダウンしてしまいました。
仕事をしていると体調を崩したり、足元が濡れたりといいことのない季節ですが、
でもこの季節は、素晴らしい恵み!梅の季節でもあります。

ここ数年の私の梅仕事は・・・①梅干を漬ける ②梅ジャムを作る ③梅酒を漬ける の3ステップです。
数日前に買っておいた南高梅が追熟したので、昨日せっせと梅干を漬けました♪
梅を追熟させていると、甘酸っぱい香りが充満して幸せな気持ちになります。
一度漬け出すと、甘酸っぱい梅の実を漬けていく作業が心地よく、止みつきになってしまいます。
今年は少し在庫があるのでどうしようかとも思ったのですが、必要に迫られてというよりも
梅仕事したさにやっぱり買ってきてしまうのでした。。。

梅ジャムは、傷みが気になって梅干用からはねた梅で作っています。
この梅雨どきから猛暑の夏を乗り切るのにぴったりで、毎朝トーストにつけていただきます♪
ただでも朝の弱い私には、この酸味はいい目覚ましです。

だいたい、梅干を漬ける&ジャム作りの作業を1シーズンに2セットです。
(2Kg強漬かる容器がふたつあるもので・・・。)
でも今年は1セットでおしまいかなぁ。。。

梅酒は今ごろ南高梅の終わる前に、名残を惜しみつつ漬けています。
よくあるのは「青梅で漬ける」というので、それだと入梅前ぐらいだと思うのですが、
私は梅干用の完熟梅を使って日本酒(梅酒用)で漬けています。
どちらが美味しいかはいろいろ言われているようですが、
今年の梅に感謝しつつ最後にのんびりお酒を造ると美味しいような気がして。。。
でも今年は、梅酒の在庫があるしお酒を買いに行く間がないので残念だけどお休みです。
梅酒用の日本酒は、ドライブがてら兵庫の福久錦酒造さん(→)で手に入れています。
いろんな純米酒を中心にしたショップやレストラン(→)もあり、買いに行くのがまた楽しく!

ひと月後、梅を干す頃には梅雨明けです

blog 5835 blog 5837

*なんちゃって梅ジャムの作り方* (梅800g)

梅干用の南高梅(完熟)を3Kg買って追熟させたもののうち、傷ではねたり梅干容器に入らなかったりで
だいたい800gがジャム行きになっています。(ジャム瓶2つぐらいにはなる。)

<下処理>
・アク抜き:洗って1時間ほど水に漬けてアク抜きした梅のヘタをようじで取る。(これは梅干作りの下処理)
・下茹で:鍋に水を入れ、梅を入れて中火にかけ、梅が底に触れないように手でかき混ぜながらゆでる。
     熱くなって手を入れられなくなる頃に火から降ろしてザルにあける。
・種取り:茹でた梅の実を大きいスプーンなどで種から掻きとってはずす。(ちょっと面倒。。)

<本処理>
・ホーローなどの鍋に種からはずした梅の実とグラニュー糖半量程度を入れ、弱火でそっと炊いていく。
・アクが出れば時々すくいながら焦げ付かないよう煮詰めていく。
・砂糖は出来上がりまでに数回に分けて入れ味を決める(冷めると酸味が増します)。
 ・・・分量はいつも感覚なので分かりません(笑)。気になる方は他を検索してみてください!
※普通にジャムにあるような固形分がイヤじゃなければ、皮も削り取った実と一緒に炊いてOKです。
 (だんだん適当にほぐれます。)

んー、そんなとこでしょうか。


 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
日記 | Comments(4) | Trackback(0)
2010/06/14.Mon

何があっても・・・(平野はるひ)

blog 5813
平野はるひ <何があってもネコが好き> 2006年 エッチング・アクアチント・手彩色
                    (印刷面 約16cm×12.5cm)

のんちゃんが市で発掘した、猫派の我が家にピッタリのユーモア溢れるエッチングです♪
猫等ってこんな風に馬鹿馬鹿しいほど自由だよなぁ・・・と笑っちゃう図です。
猫が好きな人たちは、このおじさんのように困ったことになりながらも、
そんな自由さを愛して止まないのですよね。

猫の絵というのはあんがい気難しいもので、可愛くなりすぎたり、洒落すぎていたりで
なかなか生身の猫のようには訴えかけてはくれないのですが、
この絵はおじさんの心境にするりと入り込めてしまえて、気づけば猫等に手こずっている
自分がいます。
市で気軽に手に入れたのがちょっと申し訳ない愉しい1枚です。
(平野はるひさん、ボローニャ国際絵本原画展に何度も入賞されていらっしゃるのですね。こちら→

blog 5815 blog 5816
blog 5817 blog 5818
画像ではなかなか伝わりにくいのですが、現物は紙の質感やインクの擦れ具合など、
ものとしてのエッチングの美しさを楽しめますよぉ♪

 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(6) | Trackback(0)
2010/06/08.Tue

だってスキだから(イギリスのかきあげ手ガラス花瓶)

blog 5802
イギリスから連れ帰られたという、華やかな朱赤のラインの入った花瓶です。
花瓶といいましたが、瓶のような細くて注ぎ口のついた口になっていて水差しの様でもあり・・・
でも、ぽってりとろりととても重いガラスなのでやはり花瓶でしょうか。

素直に綺麗に思えて見つめていると意外に和の生活に溶け込みそうな気配で、
「ちょっと使ってみたいなぁ。」と想像が膨らんでくる、いいシグナル。
口が細いのも2,3本の花を挿すぐらいの私にとってはもってこいです。

売り手の弁によると、この様な色ガラスでラインを入れてから一部表面を引っ掻いて波状文に
したものを「かきあげ手」と言って、日本の大正時代の氷コップなどでも使われた手法だそうです。
(こちらは時代的にはせいぜい4,50年ぐらい前のものではないか、とのことですが・・・。)
花を入れようと水を入れてみると裏側の模様も映ってきれいです。

ひとまず庭に咲いていた梅花ウツギを切ってきましたが、白い花と明るい緑の葉っぱが
なかなか映えるスグレモノです。
(↓黒っぽい机に置くと模様がよく分かるけど、一寸派手目に見えてしまいますね。)
意外な色合わせの花も入れてみたいような、案外包容力のありそうな気配。。。
blog 5803 blog 5804

とまあ、結構なお気に入りな訳ですが、これも例によって「秘蔵のガラクタ」シリーズで(笑)。
可哀想に赤札がついていたのでほいほい連れ帰ったのですが、どうもお店のご主人はこれをとても
評価していたらしく、赤札をつけてしまった奥さんと揉め事になっていたようで(汗)。
でもご主人、私のようなものずきはそんなにはいないと思いますよ、きっと!!

近頃、人様の評価の高い骨董に逆上することが減りつつあり(懐加減のせいかもしれないけど・笑)、
まぁとりあえず、自分が「すき」と感じることに重きを置いた結果、こんなことになっているのだけど、
そういうものたちを眺めて自分のスケールのちっささに笑ってしまいながらも、
でもなんだか楽しい気分です。
だって骨董って、美を論じるものじゃなく、結局は「すき」という欲望渦巻く世界ですからね。

願わくば集まってきたものたちががささやかなりに「わたし」というひとつ筋が通ったもの
でありますように。。。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(2) | Trackback(0)
2010/06/07.Mon

骨董巡り

この週末は、先週高松でぼうずだったこともあり、骨董市などうろつきまくりました♪

6月5日(土)、神戸三宮のさんちかホールのアンティークフェアをのぞきました。
そんなに広い会場ではないですが、地元兵庫のやきものにこだわったお店とかも出ていて
なかなか楽しく、のんちゃんにせかされつつ物色。。。

近頃私はヘンなクセがついたのか、骨董の王道を外れたような何かあやしげなものでも
素敵なものはなかろうか・・・というような眼で見ていることがしばしば。。。
(これを私は秘蔵のガラクタ探しと呼んで、のんちゃんには恐れられている。)
そんなことではいけない、とプレスの梅コップを梅酒ロック用に購入したところ、
おまけで極く薄いガラスの小さな筒型のコップを二つつけてもらえたのだけど、
これが水出し煎茶を少うし入れて飲むと、さりげなく上品に味わえるというスグレモノだった!!
(あー写真撮ってない・・・なんてことないけど、またいずれ載せたいものです^^)
お兄さんありがとう♪

でもちゃんと秘蔵のガラクタ候補も買ったんですよぉ♪
それはガラスの花瓶?です。
なんか貧乏徳利みたいな口で花瓶なのか水差しなのかよく分からない、英国からの渡来品!?
アンティークとはいえないせいぜい4,50年前ぐらいのものらしいのですが・・・。
処分品の棚に赤札がついて置いてあったものです。
これもまたそのうちUPします~(もったいぶる様な品ではないけど・笑)

さて、本日upいたしますのは・・・じゃーん、のんちゃんからのちょっと早い
お誕生日プレゼント!!
blog 5805
シルバーとマーカサイトのチェシャ猫?さんです♪
お尻と尻尾の毛をバリバリに逆立てているところがウリで、ぶっとい猫足も魅力的なヤツですよぉ~。
可愛くないところが可愛いなぁ、と眺めていたのですがお値段はそう可愛くはなく、
あきらめて前述の花瓶を見に行っているスキにのんちゃんが買っておいてくれました。
ありがとう♪♪♪

昨日6日(日)は京都東寺のガラクタ市へ・・・。
戦利品はこちら!(身長7cm)
blog 5807

おじさんにもっと勉強してよぉ、といいましたが、何でもコイツはチビ助のくせに
デンデン太鼓を背たろぉているところがお利巧らしく、なかなか市場価値のあるものなのだとか。。。
ということでもう一匹いたという連れを業者さんが買っていったお値段にてお連れしました。
(でも、今これを新品で買うよりはずっと安いと思います^^)

この後、額に入った小さな素敵なエッチングをのんちゃんが発見し、なかなかお買い得にて
手に入れましたが、これも写真撮ってないからまた今度だなぁ。。。

なんだか物欲の権化と化した週末でしたが、ちゃあんと免許の更新にも行きましたよ!!
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0) | Trackback(0)
2010/06/07.Mon

日帰り讃岐ドライブ

5月29日はお友達を誘って日帰り讃岐ドライブしてきました。

そもそもの目的は高松でやっている骨董祭をちょっとのぞいてみたいな、ということで・・・。
お友達はいくつか小物をGETしてうれしそうにしておりましたが、私はぼうず。。。
でも出かけてあれこれと眺めるということ自体が楽しいのでそれなりに満足。(負け惜しみか!?)

お昼ごはんは前日にリサーチして気になっていたお店に・・・
電話をしてみるとちょうどよい時間になんとか予約がとれました♪

少し山に入ったところにある古民家の一軒屋「五風十雨」さんです。立派な長屋門を潜ると・・・
blog 5780 blog 5779

きれいな花♪・・・広い中庭の奥に、蔵を改装した開放的なお店があります。
blog 5778 blog 5777

随分大きな蔵だなぁ、と思っていると、何でも庄屋さんの米倉だそうです。
横にはギャラリーも併設されて、素敵な器が置かれていました。

さてお料理は・・・
オードブル・・・何だったかな、にんにくの利いた貝と茸をバゲットでいただき、
スープは新玉ネギだそうで、甘くてほっこりするお味。
blog 5769 blog 5771
メインは私はスズキ、お友達とのんちゃんは宮崎地鶏(だったかな?)。
どちらもソースから何から美味しくって、大満足!!
blog 5773 blog 5774
デザートに珈琲をゆっくりいただいて・・・これで1,500円なんですよぉ♪
blog 5775 blog 5776

いやぁ、近くにいったらまた寄りたいです♪
<五風十雨(ごふうじゅうう)香川県高松市西植田町3186 087-849-0510 11時半~17時 ランチ14時まで>

さて、その後日帰り温泉などに浸かりつつも尚も活動、金毘羅さんに行ってみました。
伊藤若冲の障壁画を公開していたのですが・・・もう少し近寄ってみたかったな(笑)。
blog 5782

金毘羅さんにもいぢらせてくれるユルい猫がおりましたよぉ~♪
blog 5796

観音寺にある「まくや 豊浦商店」にておみやげにえびせんべい「あいむす焼」を仕入れた後は、
金毘羅さん付近でリサーチしていた讃岐うどんのお店「山下うどん」(善通寺市)へ。。。
私は醤油うどん、のんちゃんはぶっかけです。かなりのコシで250円!!
blog 5795

いやぁ遊びましたっ!!
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
| Comments(2) | Trackback(0)
2010/06/07.Mon

お蕎麦屋さんドライブ(一眞坊さん)

先月(5月15日)行ったお蕎麦屋さん、「一眞坊」さんです(篠山市住山276)
篠山口よりひとつ大阪よりの駅、古市が最寄ということになりますが、ちょっと山に入ります。。。
ほんとにこんなところにあるのかなぁ・・・と心配になる田舎道を車でずんずん入っていったのですが、
行ってみれば結構な来客の数^^

blog 5749

ここのお蕎麦はそば切り包丁を使わず、布を裁断するように断ち切るので、喉越しがよいのだそうです。
それから竹皮で蒸された鴨ご飯というのがあって、これがまたなかなか美味でした。
blog 5750 blog 5751

今度は寒い時分に鴨南蛮を食べてみたいなぁ♪
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
日記 | Comments(0) | Trackback(0)
2010/06/02.Wed

備忘録:鎌倉

今ごろ書くのもナンですが、長谷川潾二郎展のついでで行った所の備忘録をば。。。

<4月29日>

平塚市美術館にはレストランがあるのですが、有機野菜などを使ったなかなか心のこもったメニューでした。
blog 5692 blog 5693

夜はのんちゃんのお友達を呼び出して横浜中華街へGO!
blog 5699
中国茶やお菓子を買って、食べ放題の大衆的中華料理店で満腹になりました。

<4月30日>

鎌倉へ行きました。ほんとは近代美術館でみたい絵がありましたがお休みで。。。
鏑木清方記念美術館へ行き、やっぱり西の松園、東の清方だなぁ♪と江戸情緒を味わいました。
blog 5702

やっぱり鶴岡八幡宮でお参り(倒れてしまった大銀杏が哀しく・・・)、お昼はお蕎麦。
blog 5705 blog 5710

今回鎌倉で一番楽しかったのは『切り通し』を歩いたことです。
鶴岡八幡宮のほうから鎌倉大仏(長谷寺)へ抜ける自然歩道をせっせと歩いてきました。
鎌倉は谷戸と呼ばれるような谷と山のふもとが連なっていて、ところどころ
谷戸から谷戸へ抜けるためにか、切り通しと飛ばれる山を谷のように切り崩した道
(つまりトンネルの屋根のない感じですかね)があるのです。
そういう古いみちを歩いてみて、少しだけ鎌倉の魅力に近づいた感じがしました。
blog 5713

ゴールは大仏様!このあとせっかくなので江ノ電にも乗って湘南の海を眺めながら帰路に着きました。
blog 5716

 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
| Comments(4) | Trackback(0)
 | HOME |