2011/03/31.Thu

紙にのせて(パウル・クレー展&要樹平展)

blog 6902

3月27日(日)、京都国立近代美術館に「パウル・クレー おわらないアトリエ」を
観に行ってきました。
クレーは学生時代から好きで、時々ある展覧会を見たりもしていましたが、
近頃局所的に日本の近代美術にはまっている私は、今回は少し離れた位置から眺める気分。

まだ桜には早い京都でしたが、美術館は朝からなかなかの人出でした。
「絵画」だけでなく、例えば「詩」とか「音楽」とか、純粋な芸術の一滴が
夜の底でそっと結晶化したかのような、密やかな響の画面にはやはり魅せられます。
そういうミニマムで純度の高いところがきっと日本人の心情に添うんだろうな・・・

この展覧会は「どのようにクレーの作品が作られたか」という観点で構成されていて、
クレーのあの独特な、素描のような線描に着彩された作品が「油彩転写」といって、
生乾きの黒い油彩の上に紙を置いて、素描をなぞって作られることなど説明がありました。
それから作品を切り貼りして別の構成にしたり、という技法毎に展示したりしていました。
淡彩の絵を切り貼りしている作品を見ていると、こういう『紙』の素材感も
日本人には好まれる要素かな、とふと思いました。(いや、単に私の好みか・笑。)

さて、いつも楽しみに覗く常設展も愉しんでから(ここでも日本画の下絵の「切り貼り」が
クローズアップ!!)、向ったのは神宮道の「星野画廊」さん。
実はこちらで4/10まで開かれている「要(かなめ)樹平」展が真のお目当てで!
1年ほど前、この日本画家の小品(猫です♪)を手に入れたとき、いくつかの作品の
載った冊子をいただき、「他の作品も色々見てみたいです」とは言ってたんです。
どきどきしながら行ってみると「いつか遺作展をするつもりだったんだけど、
そうだ、そこで『クレー展』やるんならそれにぶつけてやろか、って思ったんよ」とのこと。
日本画家にしてクレーなどの影響を受けたとされる要樹平だそうですが、
何がどれほど違うのか、というところをじっくり見て欲しい、という趣旨のようです。

さて、ここでも待っていたのは『紙』にのせて運ばれてくる絵画の魅力。
でもやっぱり、クレーと樹平の印象は似ているようで全く似ていないものでした。
クレーは戦争と病のうちに亡くなり、樹平は戦争を潜り抜け、戦後を生きた、
そういうだけではないような。
クレーのストイックな、用心深く選び抜かれた美しい旋律と、
樹平の自由に、即興で弾かれた(決してそんなことはないのですが)様な愉しい旋律、
樹平は東洋の文人画家の精神で絵や書を描いていたということですが、その違いでしょうか。
(そういう絵の中で画家も見る者も遊ぶ心境の楽しさが、私が最近クレーなどより
日本の絵に関心がいっている所以かもしれません。)
見ているこちらがだんだん愉しくなる樹平の絵、沢山見れてHappyでした。
(でも愉しくなりながら、ふっと何か生きることの深遠を垣間見た気がしたり・・・)
画廊のご主人が仰っていたけれど、樹平は過去の自分の成功に留まらず、絶えず
挑戦する画家だったと・・・。
画家の個性はそれが「慣れる」に従って、単なるテクニックに堕する危険と絶えず隣り合わせ。
こころある画家は、それを恐れて過去の成功に留まらないのだと思います。
(たしか洲之内徹もそのようなことを書いていたような・・・)
樹平にはそういう自分に対する厳しさがあったのでしょうけど、それを見る側に
みじんも感じさせずに愉しくさせてくれるのが、稀有なことのように思うのです。
何ものからも自由になろうという不断の努力で自由の境地にたどり着く、
仙人とよばれる存在は果たしてそういう存在なのでしょうか。

樹平について、心を動かされたことを、嘘偽りなく書いてみようと思ったけれど、
それはやっぱり難しいことですね。
星野画廊さんはいつも自前で立派な図録を作られていて、私のたどたどしい感想を
読むよりも、この図録が全て語っています。
いつもの奥様の前書きは、それぞれの画家の世界に入り込んで旅をするようで、
ご主人の後書きは、まだまだ絵のことを探索中の私には深い指針となることばかりの
ものです。
要樹平も奥様との二人三脚であったそうですが、道を一緒に歩く人がいて
大きなことを成し遂げる人たちがいる、そう思えるのは何か心が強くなります。

さて、夕刊にクレー展のことが載っていて、クレーの「切り貼り」について
加藤義夫氏がこのように書いていました。
「作品は、切断された断片の上下を反転させたり、左右を入れ替えたりして、
新たに台紙に再構成される。作品の完成が画家の予定調和に終わることなく、
切断・分割・再構成したことによって、予想を超える新鮮な画面構成を
手に入れることができたのだ。・・・」(朝日新聞3/31夕刊)
クレーもやっぱり「慣れ」ようとしない、こころある画家として挑戦をし続けたのですね。
でも「自由」へのアプローチの仕方に西洋と東洋の文化という背景を思ったりします。

樹平についてはもう少しなんとか言ってみたいけれど、今日はこの辺で。。。

blog 6907
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
絵のこと | Comments(0) | Trackback(0)
2011/03/26.Sat

春まだ遠く(印判手兎文盃)

blog 6889

少し山のほうへドライブに出ました。
もう3月も終わりだというのに、雪さえ降りしきっているところも・・・。
あんまり寒いと思ったので、農家の方が出荷した八重桜の束を買ってきました。
気分だけでも陽春の頃を、と・・・。
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
日記 | Comments(0) | Trackback(0)
2011/03/25.Fri

お道具立て(グラヴュール花束文徳利)

blog 6878

またまたお箱のお話です(笑)。
これは何かな?

蓋を開けると・・・

blog 6879

blog 6880

先日のペアのグラヴュールの盃でしたっ♪

ガラスなので割れ易いし、ペアが離れ離れにならないようにと
箱屋さんに行ったついでに、2コいちで入る箱がないか聞いてみたのです。
するとちょうどよい大きさのものが・・・

包む布は少し厚手にしようと縫い合わせることにし、
ガラスに合いそうな古い藍染の布をがそごそ引っ張り出したのですが。。。
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0) | Trackback(0)
2011/03/24.Thu

お祝いの桜餅

お友だちに梅田でフジタの展示会をしていると教えてもらい、ちょっと寄り道。
乳白色の時代そのものの、エッチングに彩色を施した、お人形を抱いて眠る少女の絵、
素敵だったなぁ。(お値段も最高級でしたが!!)
目の保養でした♪

さて、せっかく梅田に出たので切らしかけていた加賀棒茶を買い、
それから桜餅を買いました。

先日、「自称」初代八十吉の小皿のために頼んでおいたよいお箱ができてきたのです。
ちゃあんといちまいずつ、一段一段収められるもの・・・
末の世まで誰かに大事にされますように、とおうちを作ってあげたのです。
それで、新築祝い?にほんのり色づいたさくら餅なんぞこれでいただきたいなぁ、
と考えておりましたので、ね。
葉っぱだけだけじゃなく、可愛い花もついた「たねや」さんのお餅でした。

blog 6877
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
日記 | Comments(0) | Trackback(0)
2011/03/22.Tue

山陰名物 大風呂敷と (明治プレスガラス小皿)

blog 6873

サービスエリアでも手軽に買えるきなこのおもち「大風呂敷」。
「梨蜜」なるものを上から垂らしてきただきます。
なかなか甘くておいちいです♪

今日のうつわは先日関東方面へおでかけしたときのめっけもん。
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(2) | Trackback(0)
2011/03/22.Tue

すこし西へ

blog 6868
出雲大社へ行ってきました。(本殿は修復中ですね。)

blog 6867 blog 6866
出雲の割子そばをいただいて、

blog 6869
出雲民芸館へ行って・・・
(金津滋のお母様、金津ちかさんが作られていた日の出団扇の実物を初めてみました。)

blog 6871
温泉に浸かってから松江城など眺めてきました。

それから・・・
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
日記 | Comments(0) | Trackback(0)
2011/03/18.Fri

いつもの通り

関西でも、この数日はほんとうに寒いのです。被災地の方々は・・・
今年ほど、桜の季節を待ち望まない年はありません。

地震の影響のなかったここ関西に住む人たちも、ひとりひとりが考え、悩んでいます。
何かできることはあるのか、私たちだけこんな風に暮らしていてもよいのか・・・。

すぐできることは・・・心を強くすること、祈ること、義援金で助け合うこと・・・。
それから・・・いつもの通り暮らすこと。
買い占めない、でも普段通りにお金を使って経済を滞らせない、
仕事をしていれば普段通りに仕事をして社会を維持する。
自分を大切にし、周囲に愛情を持って暮らし、一日一日を大切にする。
情報を受取って、よりよい判断をする。
(例えば、何を控えて何を普段通りにするのがよいかさえ、判断に迷うのです。)

少しずつでもいろんなことが良くなるように・・・


イヌメ
(ハンス・イヌメ 「新しい朝、新しい一日・・・」2010年)
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
日記 | Comments(0) | Trackback(0)
2011/03/17.Thu

寄り添う盃(和ガラス グラヴュール蔦文盃)

blog 6860

蔵元から搾りたての日本酒を買ってきました。どんなお味かな・・・。
お酒そのものの味に近づこうと、ガラスの盃を出してみます。
ガラスは無地に限る」・・・などと達観なんぞできない私ですから、
グラヴュール模様のようにごくごく控えめに飾った和ガラスで、
ほんのりとした色気を愉しみます。
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0) | Trackback(0)
2011/03/16.Wed

蔵元へ

blog 6852

時々日本酒や発泡梅酒「泡梅上」などでお世話になっている丹波の西山酒造さん
どんなところかちょこっと覗いてみようと思ったのです。

blog 6851 blog 6849
さて、行ってみると・・・。

blog 6862
ちょうど直売イベントの日でした♪

全国日本酒鑑評会出品予定の大吟醸2種を試飲して(へへっ助手席の私がね^^)
そのうちの1本をお買い上げ~。
酒粕汁をいただいて、1回500円のくじ引きをして
(ハズレでも500円以上のお値打ちのお酒がもらえるのです。)
気づいたらいろいろのお酒が!!
でもここのお酒はとってもおいしいのできっとじきなくなるでしょう。

blog 6853
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
日記 | Comments(0) | Trackback(0)
2011/03/14.Mon

どうぞ平等に静かな夜を

blog 6854

まさかこんな酷いことになっているとは思いませんでした。
言葉がありません。
どうぞ、みんな平等に、少しでも静かで安らかな夜を過ごせますように。

blog 6856 blog 6855

 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
日記 | Comments(0) | Trackback(0)
2011/03/10.Thu

『実験』と『味』(古伊万里 楓文猪口)

blog 6844

猪口は買わないこともないのですが、コレクションすることには興味がないし、
物体として「これは欲しいっ!!」と逆上する機会もいままであまりなく・・・。
確かに初期のこんにゃく印判の猪口などは好いものだなとは思いますが、
今やそれを持つ愉しみからはかけ離れたお値段ですからね。。。

さて、コレクターには笑われそうな少々うらぶれたというか煤ぼけたこの猪口。
猪口としては古いほうのものなのですが、貫入に染みが入って可哀想な姿でした。
(のんちゃんに「これは『味』かな?」と聞くと「絶対『味』ぢゃない!」と
言われましたよ~。)
市のおじさんも処分したかったのか、付けられていた、まぁ買う人はいないかな・・
というお値段の1/3の価格を提示し、
「ハイターの原液に漬けておけばキレイになるからさぁ、買ってよ!」と
手に取っていた私に力説をするのでした。
それを聞いた私は、「染みのついた磁器をハイター原液に漬ける」というワザを
一度やってみたかったことを思い出し、
『実験』への好奇心にぐらっとこころが動いたのでした。

さて、ハイターに漬けることなんとなんと2ヶ月、貫入にひび割れ状に入っていた
薄らぎたない染みは殆ど抜けて、今度こそ『味』のある猪口に変貌を遂げたのでした。
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0) | Trackback(0)
2011/03/08.Tue

贈りもの(河津の桜)

blog 6810
金曜の夜、車に乗り込み旅に出ました。
3/5(土)、河津の桜です。

寒咲きの桜で、温暖な伊豆・河津で2月上旬ぐらいから一ヶ月かけて咲くそうです。
地元の人が冬枯れの中に芽吹いている桜をみつけて植えたのが始まりで、
早咲きの美しいピンク色のこの桜は、少しずつ殖やしたものが町中に植えられ、
今では本州で一番早い桜の名所として町おこしに一役買っているのです。
三寒四温のようやく春の兆しが見えた頃に、ぶるっと震えながらも
艶やかに咲き誇るこの桜を見ると(この日は寒かった!)、
やがてくる本当の桜の季節が想われて、じんわり気持ちがあったかくなります。

地元のひとにも幸運な贈りもののこの桜ですが、
まだ観光客の訪れない早朝に桜の中を散策して驚いたのが、
たくさんのたくさんの小鳥の群れ!
メジロやヒヨドリ、それから私が名前を知らない小鳥達が、どれもたくさん、
群れになって桜の梢で、お花見でもするごとくに騒いでいました。
まだ寒くてエサの少ないこの季節、でも小鳥にとっては恋の季節に
きっとこの桜は美味しい蜜をいっぱい提供してくれるのでしょう。
人が見つけて殖やした幸運な贈りものは、小鳥のお腹もいっぱいにしてくる
贈りものなのでした。

写真はこちら↓
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
| Comments(2) | Trackback(0)
2011/03/08.Tue

市の愉しみ

週末はあちこちの骨董市をぶらぶら・・・
がらくたと云ってはなんですが、ほんのお小遣いで手に入れられる、
さしたる用もないような、だけどちょっと愉しくなるものを見つけるのが
市漁りの醍醐味。
断捨離とは無縁の私は、いざ、無駄遣いへ~♪

ということで、3コ1,000円というポッキリ価格でお連れしたのはこちら・・・

blog 6832

明治の瀬戸の小猪口(直径6cm/高さ5cmぐらいのチビ)です。
いい加減な矢羽文ですが、ちょっとお花を入れたり、お酒を飲むにはいいサイズ。
でも考えてみれば明治ももう100年昔の話な訳で、コイツも立派なアンティーク(笑)。

もうひとつは・・・
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0) | Trackback(0)
2011/03/01.Tue

ちまちまっとあれとこれ

西宮戎神社をうろうろして、古本のオマケに無理矢理?つけてもらった
印判皿です。
えべっさんから、大黒さんをお連れするという・・・(笑)
「福は内」で舞い込むピンクの小判と対で外に追い出されるちっちゃな鬼さんも
ピンク色なのがおちゃめです。

blog 6754

おまけ・・・
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0) | Trackback(0)
2011/03/01.Tue

カヌレをお土産に

blog 6803

2/26(土)は、お友達と京都徘徊、お土産にカヌレを買ってきました。
以前100円で手に入れた白磁のお皿にニョキニョキ並べて
のんちゃんとお茶にしました。
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
日記 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |