FC2ブログ
2011/10/21.Fri

釉剥ぎ (瀬戸陶胎染付蝶日輪文茶碗)

blog 7519

ご飯がなかったので、冷凍しておいた残り物の栗ご飯を食す。
「残り物」なので、すこしばかり晴れやかにいただきたいものだと、
お気に入りのお茶碗をごそごそ引っ張り出してみる。
飯茶碗はだいたいにおいて、骨董といわれるものの中では安価なほうで、
なのでちょっと気に入るものがあればつい手にしてしまう。
といっても他愛のないものが殆どで、伊万里のあっさり目の絵付けのものとか、
瀬戸や美濃の明治の紙摺り印判のものとか、賢く手に入ればくらわんか手などである。
こういったもので日々の食事をすこしばかりおごそかにいただけるのなら、
飯茶碗というのは骨董のなかではまだまだ愉しめる分野だと思う。

せっかくなので、骨董ではないけれど日々気に入って使っているお茶碗もパチリ。

blog 7524

茶碗祭りで以前求めた九谷青窯さんの淡い染付だ。
B品だったからか、ろくろ目が一寸たわんでいたり、見込みに鉄分が発色したりしている。
毎日使っていると、なんでもなさにほっとする。よいお買い物をしたと思う。

ええと・・話を戻して、栗ご飯のお茶碗は・・・
>>続きを読む
スポンサーサイト



 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |