2011/12/30.Fri

師走 (三田青磁陽刻鹿文豆皿)

blog 7981

鹿走・・・じゃなくて師走なのである。
いつもこの、「師走」スイッチが入るのが遅いのである。

28日になって、さすがにこれでは年を越せないっ!!と台所の汚れを一掃した。
その途中、ん?なんか喉が痛いなぁ・・・と思い、葛根湯や生姜湯を飲みまくった。
(我が家の昭和な台所は北向きで、冬の日中は外よりも寒いこと多々である。)
なのだが・・・その晩から発熱して、昨日はそのまま一日寝込んでしまったのである。。
寝込む前に台所掃除しておいてよかったよ・・・と思えばよいのか、
あれのせいで寝込んだよ・・・と思えばよいのかよく分からない。
とはいえ、今日はなんとかお節作りに着手できた(風邪で味など分からんのだが)ので、
ひとまずぎりぎりセーフなのだろう。

終い天神さんは日曜日だったので、のんちゃんとお出掛けした。
鹿の三田青磁は特別珍しくもないけれど、ちびっこで可愛かったので連れ帰る。
>>続きを読む
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0) | Trackback(0)
2011/12/28.Wed

収集癖!? (プレスガラス八割文台皿/花皿)

先日晩酌に使った、クリスマスっぽいプレス皿も天神さんでの「めっけもん」。
・・・というと聞こえはいいけど、大キズの、人によっては「ゴミ」である。
あちこち難はあるのだけれど、縁のミミが大きくひとつ欠けている。
でも、古いタイプのプレスガラスの欠けは、風化した岩のようにぽろぽろっとした感じ、
触ったところで手を切るような鋭利なものでもないので、あまり気にしていない。

blog 7992

さてこれは、「八つ割文」と呼ばれる柄のバリエーションの一つで、
八つ割文は、制作年の分かっている一番古いプレスガラスの柄なのである。
とはいってもそれほど珍しいものでもないようで、出歩くとちょくちょく見かける。
・・・なのだけど、見かけてこんな風に自分が持っていないタイプだったら、
キズで幸いとばかりに、つい連れ帰ってしまうのだ。。
どうしてってね・・・
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0) | Trackback(0)
2011/12/26.Mon

盃を選ぶ (吹硝子猪口型盃)

blog 8007

いただいた蒲鉾をおサカナに、久しぶりのお酒。
クリスマスの晩だけれど、週末の戦利品なんかでカジュアルにいただく。

極くシンプルな、小さなそば猪口型のガラスの盃(なのか?)は金沢でのめっけもん。
ふだん「装飾過多」「究極シンプル」どちらにもあんがい手を出さないのだけど、
これは骨董屋さんの雑多な棚を見渡して、ぱっと眼に飛び込んできたべっぴんさん♪

一見なんでもないいまどきのグラスのようだけれど・・・

blog 8008

ふるい硝子特有の、不純物の金属を含んで蒼く底光りのする、りんと鳴る様な輝きのもの。
「お酒を入れたら綺麗だろうなぁ・・・」
殆ど無色に近い日本酒を、これで目で愉しみながら飲んだら極上の味わいじゃなかろうか。
そんな妄想をしつつ悩んだのは・・・
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0) | Trackback(0)
2011/12/25.Sun

雪見お出掛け (水仙文緑印判皿/色絵戎大黒文印判皿)

blog 7978
(11.5cm)

ゆうべのおやつはいただいた桜色のういろう。
そろそろ新春も近づいてきたので、水仙文の緑印判にしてみる。
我が家ではどちらかといえば、コバルトのものより緑印判のほうが出番が多い。
お菓子に合わせやすかったり、シーズンを通じて使い易かったりというところ。

連休はちょこっと雪見に金沢方面へ♪

イブの朝は金沢市内もほんのり雪景色。
201112金沢 005

詳細は・・・
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
| Comments(3) | Trackback(0)
2011/12/23.Fri

短所には・・・ (仏蘭西軟陶白磁珈琲カップ)

お茶も好きだけど、珈琲も大好きだ。
朝の珈琲用に、欲しいなと思っている作家さんのマグカップがある。
(勿論骨董でもOKなのだが、お好みのマグカップなどそうは転がっていない。)
ネットで買えばよいのだが、できれば実物をみたいなぁ・・と逡巡している。

夜はやっぱりマグじゃなく、珈琲カップ、しかもできればふるいもので飲みたい、
などと思う。
でも、我が家の普段の暮らしに違和感のないカップってないんだよなぁ・・・ぶつぶつ。
瀬戸辺りのデッドストック品を見ても、なかなかこれだというのには出会えないし、
西洋アンティークは大抵素晴らしすぎる・・・。
イメージアップが足りないのか?と思っていた頃、あれ?うん!?・・・と
アタマの片隅の何かに引っかかったのがこれだった。

blog 7760
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(2) | Trackback(0)
2011/12/21.Wed

歳末気分 (源内焼桜文豆皿/小槌型仁丹入れ)

blog 7972

先日の戎大黒の色絵印判皿で、栗蒸羊羹をいただく。
やっぱりこんな風に澄ましていないお菓子のほうがよい感じ。
黄金色ざっくざく(のお米)な印判皿は、なかなか歳末気分を盛り上げる。

小さい頃、クリスマスから年末年始にかけては特別な季節だった。
子供心にも、感謝と畏敬の念を持って迎えるその季節の、特別な空気を
感じ取っていたのだと思う。
あの頃の大人は、お餅をついたり注連縄を飾ったり、暦を見ながら粛々と日を送っていた。
それに比べると、私の年末はドタバタのうちに暮れていく。
年神様をお迎えする用意も心構えもちっともできず、ユーウツになってしまうのがオチだ。
ダメな大人である。

さて、そのダメな大人はそのくせちょっとは歳末気分を味わいたい。
今朝早くに目が覚めてしまったので、ちょこっとだけ終い弘法へ行くことにする。

>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0) | Trackback(0)
2011/12/20.Tue

余分 (プレスガラス醤油差し)

blog 7925

お出掛け先で骨董屋さんをのぞくのは楽しい。
こういうものは意外とするんだなぁ・・・というものや、
これは案外お買い得かな、というものが、お店によって色々であったりするので、
ちょっとした探検気分を味わえる。
それだけでも十分に楽しいのだけれど、その、「ちょっとお買い得かな」という
やつがあったときがややこしい。
お出掛け気分も加わってお財布のヒモがゆるんでしまうワケである。

という訳で、増やさんとこ・・・と思っていたものが安かったのである。。


>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0) | Trackback(0)
2011/12/19.Mon

小さきものに (再興九谷吉田屋椿文豆皿)

あぁ・・・やっちゃった、
やばいかもなぁ・・・と思いつつも、やりたいことを優先していたら、
予備のエネルギーも使い切ってしまったようで、久しぶりに「鬱」なのである。。
今はもう、2,3日辛抱すればちゃんと元に戻るので、以前のような恐ろしい
不安はないけれど、それでもすっかり暗黒帝国を彷徨って2日目である。

昨日はろくでもない考えを追い出すためにも、年代不詳の品々などの
時代考証なんかを一生懸命してみたりした。
(私のお気に入りの品は、ちょっと王道を外れたものが多いので、時代や産地について
よく首をかしげられることが多いのだが、よぉっく観察すると、それなりにヒントは
あるので、そんなことをあれこれ考える。)

しかし冷静を装うのにも限界があり、今日はすっかりしょんぼりしてしまった。
ということで、小さくて愛らしいものに少しだけ助けてもらうことに・・・
(真に鬱帝国を彷徨っていた時代は、それすらできなかったけれど。)

blog 7957
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0) | Trackback(0)
2011/12/17.Sat

骨董女子 (三田青磁千鳥文猪口/伊万里?青磁千鳥文舟形皿)

家族に白い目で見られながら骨董をやるのは、根性がいる。
幸いにして我が家はのんちゃんを巻き込むことに成功したので問題はない。
誰も止める人がおらず、却って拍車が掛かるのも実際は困ったものなのである
けれども、犬も食わない骨董話の相手が身近にいるとは好都合である。

類は友を呼ぶというのか、お友達にもどういうわけか骨董好きがいる。
もう一人のお友達も巻き込みながら女子会ランチをしている図は、
少しばかりヘンなのであるけれども、楽しいことこの上ない♪

さて、以前のんちゃんとお出掛けしてゲットしたこちら・・・

blog 7946

明治ぐらいの三田青磁の小鉢なのであるが・・・

blog 7947
blog 7948

表裏が「葦と蛇籠に千鳥」と「波千鳥」なのである。
(千鳥がちっちゃいケド・・・)
お安くていっぱいあったのを幸いに、沢山買い込んで持ち帰り、
彼女達に半ば無理やり分譲した品である。
(安カワなお品は、女子みんなでシェアするのである。)

そんなこんなの後の女子会ランチ・・・
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0) | Trackback(0)
2011/12/16.Fri

リアルの向こう側 『礒江毅-グスタボ・イソエ』展 (阿蘭陀色絵鶏文盃)

お疲れの日々の合間を縫って、大慌てで日曜日で終わってしまう
『礒江毅-グスタボ・イソエ マドリード・リアリズムの異才』展を観に、
奈良県立美術館に行く。
blog 7939


blog 7942

気が遠くなるほど注意深く描き込んだ数々の絵を見ていると、
真のリアリズムとはこういうことかと思う。
キャビネの中のカリフラワーは宇宙の始まりそのもののように存在し、
パンの塊りは、時の風化に晒されたかのように滅びようとする。
そして人物像は永遠の眠りにつくかのようだ。
対象を見つめ尽くしたリアリズムの向こう側に、実存とか神秘、真実といったものを
確かに予感させる。
静謐に描かれたこれらの絵を見ていると、かすかにそれに触れるような気がするのである。
画家の見た真実を、凡人である自分も見ることは叶わぬことなのかもしれないけれど、
それでも画家の才能が遠い彼方へと連れて行ってくれるような、芸術のありがたみ。
いやなことも多い人の営みだけれど、こういうものを見ると人は生きるに値する、と思う。
しかし、礒江毅は惜しまれつつすでに他界している。

礒江毅の画業に圧倒された後、うろつく鹿を横目に精進落としのように
奈良徘徊・・・
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
絵のこと | Comments(0) | Trackback(0)
2011/12/14.Wed

華 (古伊万里色絵蘭文牡丹唐草輪花小皿)

先日、お菓子をいただくのに思い出して取り出した小皿
「ん、なんだまた?」とのんちゃんがいぶかしがるのも尤もで、
特段お菓子に合うとかいうのでもない。
なんとはなしに華が欲しかった。

blog 7935


華やかなりし牡丹唐草は古伊万里色絵・・・
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0) | Trackback(0)
2011/12/12.Mon

お疲れの彷徨 (金属製ルーペ)

blog 7914

当方結構お疲れなのである。(勝手に疲れているだけなのだけど。。)
こんな日は、癒し系もっちりなういろうを優しく緑印判でいただくのである。
昨日、気晴らしにと近江八幡を彷徨ったときのお土産なのだ♪

途中、琵琶湖越しに見る比良山系には雪が・・・「比良の暮雪」という言葉を思い出す。

blog 7907

近江八幡の日牟禮八幡宮へ行ったのは・・・

blog 7913 blog 7912

実は骨董市のひやかしなのであった^^

ま、それはおいといて・・・
寒かったので、おとなりの「たねや」さんで豪華にお昼♪
まずは注文の品がやってくるまで蓮子もちをいただく。

blog 7908

のんちゃんのは蕪のすりおろしの入ったあんかけうどん、私は蒸おこわ。
blog 7909 blog 7910

しめにも甘さ控えめのお菓子がついて、、、ちょっと食べすぎたかも^^

blog 7911

あとは街中の骨董屋さんものぞいてみたりする♪

さて彷徨の戦利品というか・・・ひやかし代といったほうがよいのか。
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
| Comments(0) | Trackback(0)
2011/12/08.Thu

偏り具合 (色絵印判手戎大黒文小皿)

blog 7901

恐ろしいもので、洋菓子のクリームなんかのボリューム感を少し持て余すように
なってきた。美味しいけれど、半分でいいや・・・とか思ってしまうのが哀しい。
その点和菓子は、小ぶりで甘すぎなくて素材の味を楽しめるのが良いなと思う
今日この頃なのである。
上のお菓子、のんちゃんのは香り高い紫蘇の葉っぱで巻かれたもの、
私のはしっとりした和風のスポンジで、お抹茶味には小豆の粒が散らしてある。
もうちょっと風流な器にすべきであったけれど、めっけもんをさっそく使ってみたい、
いちびりなのであった。

こんなニギヤカなお色のお皿であるが、どんなんかというと・・・
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0) | Trackback(0)
2011/12/05.Mon

物質感 (瀬戸白磁オブジェ)

「ん~ビミョー。。」友人に見せると即座にそう言われた。
ううむ、やはり近頃少々遊びが過ぎるのか?

昨日東寺のがらくた市から連れ帰った。
最近どうもますます、真に「がらくた」への投入度が増しているようである。

自分が良いなと思う'カンジ'と市でのお値段を天秤にかけて、
あぁこれって愉しいなぁ・・・などと思うのは、巷の市の愉しみ方の
ひとつである。(たまの掘り出し狙いなんかもそりゃよいけれど。)
思いもよらないものに自分が反応したりするのを遊んでみるワケだ。
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0) | Trackback(0)
2011/12/04.Sun

『夢二とともに』展など (木版画 竹久夢二 婦人像)

朝、がらくた市なんかを覗きつつ・・・

blog 7883


以前ここで告知していた、京都国立近代美術館の竹久夢二展にようやく行った♪

blog 7885


川西英が夢二の版画や挿絵を丹念に集めた貼り帖などを見て、
彼がいかに夢二を敬愛していたかを思う、愉しい展覧会だった。
夢二の代表作もいくつか展示されていたけど、セノオ楽譜の表紙や、
千代紙やポチ袋といった文具など、「夢二」的な小品の版画類などが、
今回特にお気に入りなのであった。
川西英の作品も見れたし、恩地孝四郎や戸張弧雁なんかも見れたのがうれしい。

あぁ、夢二ももうちょっとオンナに溺れなかったらなぁ・・・などとも思うけれど、
いつも彼は女性からインスピレーションを得て制作をしたであろうから、
それだから夢二だったのだ。

という訳で・・・
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
絵のこと | Comments(0) | Trackback(0)
2011/12/02.Fri

完品!? (初期伊万里なずな文盃)

blog 7737

じぃっと見ていると、「初期伊万里の完品だよ。」そう声が掛かった。
完品って、このふちの欠けはどぉなんだ・・・でも釉薬が掛かってるしなぁ。
どぉして欠けたところに釉薬が掛かっているんだ?バッタもんか???

当時、骨董超初心者であったので、伊万里の初期にはこのようなキズの素地にも
釉薬を掛けていたこともあろうとは、さっぱり考えが及ばないのであった。
そのくせ、「初期伊万里」という響きにはすっかり憧れの心持ちなのである。
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0) | Trackback(0)
2011/12/01.Thu

青 (古伊万里染付輪線文盃)

blog 7731

12月、染付の盃でさらりと飲むにはいよいよ遅い。

「磁器染付の輪線文盃」、そう言ってみれば昨日のがらくた盃と同じモノ。
しかし、こちらのほうはちゃんと骨董的なるものである。
(もちろんお値段のほうもちゃんと骨董的であるけれども・・・。)
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |