FC2ブログ
2012/09/18.Tue

ぺらぺらながら (瀬戸?白磁輪花豆皿)

贅沢なことである。永遠に日の目を見そうにないがらくたを所有するということ。
実用としてもそれほどの用向きはなさそうだ。
つるりとしたせいぜい戦後ぐらいの瀬戸辺りの白磁豆皿
しかもちょこちょこ当たりがある。 
きっと古伊万里ならもう少し出世のしようもあったのだろうけど・・・。
だけど、こころが動いたのだからしようがない。
しばらく横目で眺めていたいなぁ・・・と思ったのだから。

blog 8782

ぎりぎり薪で焼かれているのか、降りものがあったり、輪花のエッジが効いていたり、
厚手で抱えていたり、薄手で開いていたり・・・。
粗末なものだけれど、煮梅とか栗の甘納豆とかきんかんとか、あるいは雲丹とか・・・
小さくて上等なものをちょこんと載せたら、うつくしいかと思う。
そういう贅沢もあっていいのじゃないかと思うのだ。
何にも媚びずに、いられたらいいと思う。

blog 8780

こんなそばかすっ子でも、醜いとは思わない。
ぺらぺらながら、「薄っぺら」ではない。

blog 8779
(径7.5cm)
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME |