2015/12/31.Thu

さようなら、昭和! (伊万里白磁水滴)

IMG_0258.jpg

お風呂から上がると、紅白はレベッカだった。

IMG_0257.jpg

この子は伊万里じゃないかなぁ、と思っているけれど、
市で満身創痍でガラに埋もれていた。

IMG_0256.jpg

水滴として使ってあげられず、書棚にぽつんと座っている。

IMG_0260.jpg

昨夜はオイルサーディンの缶つま、高峰秀子さんふうに。
玉ねぎとにんにく、お醤油をトッピング。

昭和のおうちを来年、建て替えることになりました。
さようなら、昭和!
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
日記 | Comments(0)
2015/12/30.Wed

燃えろ!ごみの日 (銅板印刷染付八角皿)

みなさま、大掃除は捗っておりますでしょうか。
三毛庵家は今年、お節づくりそっちのけ、大大掃除祭りです。
本日は年内最後の「燃えるごみの日」、
朝から「燃えろ!ごみの日」を合言葉にのんちゃんとごみを出しまくりましたです。

さて、さきほどひと息ついて、カレーうどんを食す。
昨夜市販の素を使ってスープカレーを作ったのだけれど、
結構なスープの量だったので、今日のお昼はうどんにしたのである。
お休みが続くと食材も繰り回しが効くからよいなぁ♪

牛スジのワイン煮に味をしめて以来、
残ったお酒で料理を作るシリーズに凝っていて
先日は豚肉のビール煮を製作。

IMG_0255.jpg

ビールが残ったまま冬になってしまい、
昭和な我が家ではさすがに風呂上りに一杯、てな元気もなく。。
ほんのり麦芽の香りとホップの苦みが効いていて
なかなか美味しかったかなと思うけれど、
ビール煮って外で食べたことがないので、
実際こういうお味でいいものかは謎なのであった。

IMG_0253.jpg

は八角の印判、取り立てて突っ込むところもないデザイン、
割合つるりとした現代的なやきあがりだけれどしっかりしている。
地紋のような柄なのであまり個性はないけれど、無地っぽく使える。

IMG_0254.jpg

麒麟?よくわからない霊獣っぽいものが。。
片付けしながらあーこれ使ってないなぁ、てなおを取り出して
順番に使い心地を試したりする年の瀬であった。

おまけはこちら↓
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2015/12/27.Sun

鬱と統合失調のこと (美濃印判?小皿)

4時前から目が覚めてしまい、あきらめて起床。
喉がイガイガするので、生姜の葛湯を飲みながら・・・。

今年はいろんなことがあった。
(何故か5月の末に、恐ろしいほどの静けさを感じたのだが、
実際に6月以降にはいろんなことがあったのだ。)
その割には精神的には持ちこたえたほうで、
こころが健康であると、人は多少のことは乗り越えるものだと知った。
「こころが」と書いたけれど、こころってなんのことであろうか。
ここで限定的な意味で「こころ」として言いたいのは、身体的な意味での
「脳」のことである。
脳がこころのすべてだなどと言いたいのではなく、精神疾患というのは
「脳」というからだの機能における疾患だということだ。
そのわりに、相変わらず本人の資質や責任を問うてみたりは今も変わらない。
(むしろ環境などの問題が発症にかかわっているほうが多いのに。)
まぁ、生活習慣病のようなものでも本人の問題と言われるのだから、
健康な人はそうでない人に手厳しいのかもしれない。

三毛庵の診断は「気分障害」である。
病状的には「鬱状態」が続いていたので、ここでもそういう風に書いている。
「気分障害」の病気の定義は知らないけれど。
今もほぼ念のため?少量の薬を飲んでいて、中心は向精神薬である。
抗うつ薬は飲んでいない。(というか、100%副作用しか起こらなかった。。)
なので、治療としては統合失調の治療を受けているのだろうと思う。
(主治医にわざわざ聞いてみたことはないけれど。)
季節変化などでときどき調子を崩すのは、うつ病が完治したのではなく、
統合失調の寛解状態だからなのかもしれない。
(ちなみに統合失調というのもずいぶん偏見の多い病気であるように思う。)
うつは「こころの風邪」などと製薬会社が宣伝するので、
薬を飲めば治るのね~と思われるかもしれないが、うつと診断された人の
何割か、「難治性」と言われ、あまり抗うつ剤が効かずに何年も苦しむ。
(三毛庵も最初の3年間、ほぼ抗うつ剤の副作用と戦っていただけだった。)
そういう人は実は統合失調であることが多いそうである。
三毛庵の主治医もそういうケースに対し、向精神薬を試すことがあるようだし、
最近、興味深いサイトを見つけて、そこでは「うつ」と「統合失調」の違いを
一覧にしていて、これはとても参考になった。
(「こころのクリニック 鬱と統合失調」でぐぐると見つけられます。
パニック障害なども統合失調の治療で効果があると、この先生は仰ってます。)
「鬱状態」を呈していても、むしろ統合失調・・・というのは三毛庵にはとても
ナットクのいく話なのであった。
朝早くから、何の話かという感じであるが、
今年はこれらのことを考えることも多いような年だったので、
「鬱が治らない!」なんて方にいくばくかの参考になればと思い、書いてみた。
何にしても病はあまりありがたくはないものであるけれど、
三毛庵は、病の部分も含めた自分の個性に無理を強いない暮らし方に
変えてきたことが、いまのこころの平穏に繋がっているように思う。

おまけの画像は昔買った美濃印判・・・だったかなぁ。。

IMG_0215.jpg

IMG_0217.jpg

なんてことのないものだけれど、ありそうであんがいない。
可愛い梅にうぐいすの図を見ていると、
三毛庵が治癒に向かい出したころ庭仕事をポツポツして、
そういうときに、いろんな小鳥が小さな庭にもやってくるのに
いたく癒されたことを思い出す。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
| Comments(0)
2015/12/23.Wed

当たり前でないこと (伊万里色絵蝙蝠文覗き猪口)

まんぷくにより、まったりとする三毛庵である。
先日はワインを料理で消費したが、本日は日本酒なのである。
そうだ、鍋!!ということで作りました美酒鍋♪
肉は豚とか鶏、ほかの具はすき焼きに入れるようなヤツ、
味付けは塩胡椒とニンニクにたっぷりの日本酒、うーむ簡単だ。
すき焼き風に卵でいただいたけれど、塩味の好きな三毛庵家には
ちょーどよい感じのお鍋であった。
こんなお味ができるなら、市販の鍋の素とかよりずっといいなぁ。
お酒でも、ワインの煮込みと日本酒の鍋では
こうも違う体になるのかと思ったけれど、どちらも無駄にせずに済み、
美味しくいただけてほっとした三毛庵である。
(何より死蔵をしないように気を付けなければ。。)

死蔵といえばこんなものがでてきた。。

IMG_0198.jpg

サイズをね、計っていないのだけれど、チビなのだ。
何でも骨董にしたい病のころ、ミルクピッチャーにいいなぁ、と思ったのん。
じぶんはブラックのくせに、時々来る友達夫婦とかミルク入れるから、
って全くの言い訳である。
今はさすがに何でも骨董を・・・という野望はないけれど、
でも、印判のお皿とか、和ガラスのコップとかを使っているとほっとする。
きっと何か、自分にとってしっくりくる時代感というのがあるのかもしれない。
うまくは表現できないのだけれど。。

それでも、こんなにお皿たちが好きな三毛庵にも、
ものを所有していること自体が心の重荷だったころがあったっけ。。
今思うと、それほど私は病気だった訳だけれど、
当時は自分は怠けているだけなのかといぶかっていた。
自分が失われる、その希望のなさを思い出すと、
自分が好きなことを好きと言える、それがどんなに恵まれたことか、
そのことを思うのである。

健康とか、平和といったものは、与えられているときには
当たり前のことのように思うものなのだ、きっと。

IMG_0199.jpg

吉祥文の蝙蝠さん♪
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2015/12/20.Sun

煮込みながら (古伊万里雪輪文筒茶碗)

ことこと煮込み中なる三毛庵。。
お片付けをしていたら、もはやヌーボーとは呼べないボジョレーがでてきた。
恐る恐る開けてみるとよい匂いがしたのだけれど、
あまり飲めない三毛庵であるので、ワイン煮なるものを作成中なのである。
つけあわせるのは、むっちゃ白ごはんだけれどね!
美味しかったら今度は冷蔵庫に余ってるビールでビール煮でもしよっかなぁ。。

IMG_0203.jpg

筒茶碗のこういうんのん、ちょっとだけ胴がすぼまった感じとか、
染付の渋めでユルい感じとか、ずーと昔買ったとき、
佳いかなぁ・・・と思った覚えがある。
でもなかなか使いこなす機会もなく、ずいぶん長いあいだ放りっぱなしだった。

IMG_0202.jpg

今も使い途は・・・と思うと実はあんまり思いつかなかったりするのだけれど、
眺めているとやっぱり、佳いかなぁ・・・と思うのである。
ちょっと違うのは、あの頃佳いかなぁ・・・と思った自分のことも
一緒に思い出すぐらいのことだろうか。

さて、ワイン煮である。
ワインを発見!して、すじ肉を買ってきた時点で、晩御飯まで2時間弱、
ぎりぎりお肉は柔らかくなるだろう、とは思ったものの、
実はワインで煮るのは久しぶり、きっとこの筒茶碗を買うよりもっと昔だ。
確か若かりし頃、ビーフシチューをワインを使って作ったのだけれど、
のんちゃんの反応はインスタントのそれとあまり変わりなく、
日本のインスタント食品って優秀なのね、と思って終わって以来である。
そんな訳で、赤ワインって渋いけど、変わったことしなくても美味しくなるのかなぁ・・・、
と不安に駆られつつの煮込みである。
煮込み料理など、ちょっとだけこころを配ってあとは待つだけ、のはずであるが
「いやー最終的にあかんやつが出来上がったら、今日の晩ごはんはどうなるん?」
と、、、そのようなことを思うのは久しぶりのことである。
最初の一時間ぐらいは、いつまでも渋々でワイン色だし、すじ肉もすじのままだし、
ひたすら耐え忍ぶ三毛庵であった。(デミグラスソースも入れなかったし!)
時々味見をして「なんとなく」足してみたいようなものをこそっと入れる。
そんな訳で、煮込むこと一時間半、、おぉ、なんかそれっぽいものが!!
気づけばまったりとした風情に変わっている♪

IMG_0247.jpg

てな訳で、お店で食べるようなものではないだろうけれど、
ま、家庭料理だからこんなもんかな、という煮込みが完成。
瓶で熟成?されたボジョレーさんを無駄にすることもなく、
白ごはんと美味しくいただきましたです。
ごちそうさまでした♪
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2015/12/13.Sun

清風 (染付紙刷印判楕円皿)

朝、すこしだけ早く目覚めた。
なかなかブログをいじるお暇がないので、思い立ってパソコンを開ける。

IMG_0190.jpg

へぇーっ、こんなんもあるんか、と思ったのはオーバルの印判である。
楕円形、というだけで何だかご馳走っぽい風情が漂う。
縁取りの微塵唐草の印判も可愛いけれど・・・

IMG_0193.jpg

小坊主さん(唐子?)がパタパタと団扇を振って涼炉でお湯を沸かしていまする。
うーめっちゃ可愛い♪

IMG_0191.jpg

お好みのツルも飛んでいて、眺めていると絵本のように愉しい。
妄想激しい三毛庵は「入り込める」絵が好きなのである。

IMG_0172.jpg

さっそく使わなくっちゃ、と思ったけれど晩御飯には間に合わず、
朝食のクルミパンを載せてみた♪(ちらりと小坊主さんが見えるようにね。)

IMG_0187.jpg

こーゆーカンジもいいのではないかと思ったのは・・・餃子!!
ザンネンながら冷凍食品ではあるが、それが美味しそうに見えるのがありがたし。

この形に合わせてどすっとオムライスを盛るのはどうかなーとも
思っているのだけれど。。

お暇になったらおのためにちゃんとしたおかずを作ってあげたい。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2015/12/08.Tue

目が覚めたら・・ (伊万里染付線描鉢)

流石に、、師走は忙しい、などと言いたくはないのであるが、
師走に突入したことに気づけないほどじたばたしている三毛庵である。

IMG_0246.jpg

芸がなくてスイマセン、キャベツの千切りとキュウリですね。。
ご多忙でも手に入れたものは使ってみたいので、とりあえず、千切り(笑)。

IMG_0244.jpg

あ、、幕末頃の線描きだ、とひと目見て、この裏行きのちゃっちさに笑いを堪えつつ、
でもさっぶーい師走の市で、これはよいなぁ♪と思ったのん。

IMG_0233.jpg

見目麗しいダミの染付とか、それはそれは素晴らしいだろうけど、
こういう風に、線だけでもこんなに愉しく描けるんだよ、って言いたげなのがよろし。
いろいろ工夫を凝らして描いたお人のこころもちが伝わるみたい。

IMG_0237.jpg

やったぜ、見込の網干かわゆす♪と思ってよく見ると・・・

IMG_0235.jpg

ここには菰が描いてあって・・・あ!これって雪景色なんだ!!

IMG_0238.jpg

ほら、よく見ると山にも雪が積もってる。
(「積もっている」の表現を、積もっていないところを線で塗りつぶすというのがシュールだ!)

IMG_0236.jpg

そう思ってみると、器の周りも白く抜いていて、器にも雪が積もっているみたい。

木枯らし吹く師走の市の中、売り手は「これは形も変わってるからええねんで。」とのたまわり、
あぁやっぱりそこに気づいているのね~と密かに思いつつ、恐る恐るお値段を聞く。
幸いにして交渉は成立、小さんは拙宅へやってきたのである。
そんな訳で、帰ってのんちゃんにこの小さんへの愛を切々と説いてみたが、
思い込みの激しさをハナで笑われるのであった。
それにしても・・・ほんとに思い込み激しいなぁ、と我ながら思ったのは、
うんと冷え込んだ翌朝、三毛庵は目が覚めたら雪が積もっていた夢をみたことである。
あんまり印象が強くって、ほんとかな?と起きて窓を開けたけれどそんなはずもなく、
子供の頃の、クリスマスの朝がやってきたような、そんな清々しい気持ちがのこった。
朝のパンを食べながら小を眺め、あぁこれってやっぱり、
雪景色にこころを奪われたお人が描いたのね~と改めて思ったことである。

ところで、のんちゃんのように目が覚めたら雪景色、などという幼少を持たない人は
「目が覚めたら雪が積もっていた夢」なんて見るのであろうか?
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2015/12/03.Thu

ちっぽけなので (くらわんか手鼓文ころ茶碗)

結局のところ鬱で週末はふいにしてしまったけれど、
仕事はなんとか遣り繰りし、外せなかったイベントを乗り越えた。
圧し掛かっていた心配事も少し安心できる状態になった。
仕事などしている場合じゃないと思いそうになることもあったけれど、、、
今すべきことをして、今起こっていることにだけ今できることをする、
先を思い悩んだところで何かが変わるわけではない、
普通の人ができる精一杯の努力とは、そう念じつつ前に進むことなのだ。
鬱になってからは、自分がそういう小さな存在であること、
それを受け入れて、そろそろと前に進むことをすこし覚えたのかもしれない。

IMG_0195.jpg

日本酒を飲むには三毛庵にはちょっとデカすぎて、あまり活躍できていなかった
いちおうのころ茶碗。。
手放してあげた方がいいのかな、とか思って取り出したりしたけれど、
カジュアルな姿かたちがどこか自分の琴線に触れるらしく、
それだけの理由でも、意味はあるのかな、とか思う。
鼓文かな、それにシマシマとか鼓の音のように散らばる不思議な文様
(♯みたいな)とか、ユルいのがお好きな三毛庵にはここちよい。

IMG_0197.jpg

先日のころ茶碗@と並べてみる。
どれも数寄者好みのしぶしぶなのんじゃなくって笑えるが、
なんだかこう、身の丈を知る姿かたちに
普通のちっぽけな人である安心を覚えるのであった。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME |