2016/12/31.Sat

始まりの年を越す (古伊万里染付雷文皿)

いろんなことが目まぐるしく過ぎる余り、感慨さえ浮かばないよな年の瀬である。

淡々と掃除をしたりお節を作ったりの決まりごとをする。
掃除にしてもお節づくりにしても新しい住処では勝手が違い、
自分なりの段取りを確かめながらの作業となる。
そうやって一歩ずつ自分の暮らしとなってゆく。

IMG_1785.jpg

「今年の漢字だよっ!」と自慢げな声がした。
「金」・・・何だろう?フシギな文様。
ゴールドラッシュとなったオリンピック、あんまり見ている暇なかったなぁ。。

IMG_1784.jpg
(径16.5cm)

金の字に雷雲と稲妻、見たことないなぁ。
金って何かなぁ?のんちゃんに尋ねると
「うーん、金毘羅さん?」との返答。

まぁ、なんかしらんけど・・・怒濤の一年であったかな。
さて、年越しそばも美味しくいただき、2016年ともいよいよお別れ、
皆様よいお年をお迎えください。
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2016/12/30.Fri

懐かしい味とか (プレスガラス籠目角向付)

休暇に入り、ようようクリスマス飾りを片付ける。
なんだかね、気持ちも弱くて寝正月にしようかな、、
なんて思っていたけれど。。
でもやっぱり、あまりたくさん準備はできなくても、
黒豆とか田作りとか、そういうものはちゃんと作って
お正月は晴れやかに迎えたい。

IMG_1778.jpg

可愛らしいツリーのお飾りの中身はチョコレート。
カファレルのものである。

IMG_1780.jpg

カファレルのチョコの甘い香り、可愛い銀紙にくるまっているところ、
懐かしい気持ちになる。
子供のころ、こんなふうな銀紙にくるまったチョコをもらうと、
そぉーっと破れないように開き、銀紙をきれいに伸ばして
大事にしていた記憶がある。
子供なりに綺麗なものを取っておこうと思ったのだろう。
若いころに戻りたいとは思わないけれど、
子供の頃にはすこし戻ってみたい。
案外と心の中は大人びていたような気もするが、
眼は今よりずっときれいだったろうなと思うと、
当時の眼でいろんなものを見てみたいのだ。

IMG_1782.jpg

チョコを無造作に入れたプレスガラス
籠目の洒落たデザインのものだけど、案外古いものだと思う。

IMG_1783.jpg

連れ帰って、暫く無造作に机に置いて、
こんなふうにちょっとしたお菓子やらを放り込むのだけれど、
そうやって自分との距離感を愉しんでいたりする。
硝子ってそういう感じ。

実家からの荷物の中に、鮭の飯寿司が入っていた。
三毛庵のお正月ソウルフードである。

IMG_1777.jpg

ここで作れるものならば、教わりたいものなのだけれど。。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2016/12/27.Tue

小粒のにんにく (染付草花文豆小鉢)

11月ぐらいから随分と体調を崩し、どうなることかと思ったけれど、
今週に入って少し計り持ち直してきたような。。
方々にご心配をおかけしたのであるが、Kちゃんは救援物資を送ってくれた。
ちょっとおかずの足しになるものや、滋養になるスープなど、
寝込んだ時のお助けアイテムがいっぱい詰まっていた。
中に市川園の梅にんにくなるものが入っていて、
へとへとだったとき、これは美味しいなぁ、とじんわり沁みた。
なので毎日ちょっとずつ取り出しては、だいじにいただいている。

IMG_1769.jpg

これが梅にんにく様、小粒のさらしたにんにくが梅に漬け込んである。

IMG_1742.jpg

うやうやしく召し上がらんと、小さく愛らしい器に盛るのである。

IMG_1771.jpg
(長径7cm、匙は9.3cm)

ちっちゃいくせに、カリッと焼きあがっていて一丁前である。
こんなハグレモノを見つけた日は、それだけで満ち足りた気持ち♪
手の込んだ可愛い匙はのんちゃんが見つけ、なんと他のものの
オマケでよいということで、これって幸運♪とさらに舞い上がるのである。

IMG_1772.jpg

スミレかな、って思ったけれど、葉っぱが細いから蘭かもしれん。
竹も青々としている。

IMG_1773.jpg

ぐーっと寄るとね、この隅入りのところ、
墨弾きで椿の花と葉っぱが描いてあって、出血大サービスな感じ。

IMG_1774.jpg

外側も抜かりなく巻物のお宝文。
もうなんか、すごくはないですか~。
ひとつしかないのが惜しいけれども・・・

IMG_1776.jpg

だけど、こういうものをぽちぽち拾って、寄せチビ向うもいいかもしれん。
にんにく共々、小粒でも三毛庵の元気の素なのであった。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2016/12/25.Sun

ケーキではなく (プレスガラス星文長皿)

気が付けば冬至も過ぎ、陛下のお生まれになった日も過ぎて、
クリスマスの朝が明けた。年末も押し迫っている。

IMG_1761.jpg

取り置きをお願いしていたものを、年を越しては・・・と引き取りに行く。
お茶菓子を出してくださったのだが、お腹がいっぱいであったので包んでいただいた。
可愛らしいクリスマスツリーとサンタの帽子を模った生菓子である。

IMG_1762.jpg

帽子には雪の結晶の印刻に金粉、ツリーは可愛い金の星。
和菓子屋さんの細やかな細工を眺め、よいクリスマスだなぁ、と思う。

IMG_1763.jpg

さて、取り分けていただこうとすると、帽子の下には
可愛いサンタさんが覗いているのであった。

IMG_1765.jpg

ガラスのお皿は、クリスマスっぽいのあるよ、と出していただいたもの。
派手なものではないけれど、お菓子をちょこんと載せると満ち足りた気持ちになる。
こういう無色の硝子のよいところを、うまくお伝えできないのが
いつももどかしいのだけれども。。

(庭の記録↓)
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2016/12/12.Mon

ほろ酔いの宵 (染付軟陶磁山水文盃台)

昨夜人寄せをした残りものの牛筋の赤ワイン煮込みと
これまた残りもののシャンパンでほろ酔い、ゴキゲンな三毛庵である。
このところ、外では禁酒してたのだ、あまりの体調不良にね!
おうちだと安心して酔えるなぁ♪
ずーっとお部屋だけでなく机の上すら散らかしっぱなしであったが、
(それぐらい、余力がなかったのだと言い張りたい。。)
人寄せに焦って片付けたので今宵は心地よく酔えるのである。

土曜日にKさんのところへ遊びに行き、
狙っていた豆皿をあれこれ見比べて悩んでいたらのんちゃんが、
これは?といってとってくれたのがこちら、、

IMG_1740.jpg
(一辺約7cm)

盃台と思しきものであるが、軟陶の染付で見かけない感じ。
ぐるりは一見山水の和ものな感じなのであるが、、

IMG_1741.jpg

ビミョーにバタ臭いのが可愛いのん♪
強いて挙げれば京阿蘭陀ってこんなんもある???
何にせよ、四つ足を踏ん張る姿があまりに微笑ましく、
さっそくお譲りいただいた!!

さて、どうしたらこの可愛さをアピールできるかな、
と思ったのだけれど、、

IMG_1735.jpg

こうなりましてん♪

IMG_1737.jpg

のんちゃんのショットグラスを拝借して、
お庭で一番よく咲くビオラをちょびっと摘んで挿してみた。

IMG_1736.jpg

お外は凍える寒さになってきたけれど、
暖かいお部屋でビオラを眺め、ご満悦なる三毛庵である。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2016/12/10.Sat

冬至まで (赤絵金彩波千鳥文盃・果物文茶碗)

そろそろ水遣りをしてあげないと、と思っていたらざぁーっと雨が降った。
残っていたコハウチワカエデの葉っぱも落葉して、いよいよ冬である。
大雪も過ぎ、次は冬至、、太陽の力が蔭っていくこの季節は、
本能的に心細くなる。

街中は賑やかで、あちこちクリスマスカラーで溢れている。
日本のお正月が松を飾るように、海の向こうではモミの木の
常緑を頼りに冬を過ごすのであろうか。

IMG_1732.jpg

小さな盃をのんちゃんが手に入れた。
この季節に似つかわしい?赤絵金彩(波千鳥だけれどね)。

IMG_1731.jpg

外側も帆掛け船と千鳥の他愛ないけど微笑ましいものである。
こんなので新年にちょこっと一杯、って愉しいかもなぁ。
(近ごろ凄い盃とかへの野望が薄れつつあるような、、
趣味家としてこれはよいことなのであろうか。。)

赤絵のものはピンからキリまでいろいろであるが、
こうやって遊ぶようなものは明治以降の気安いものである。
でもこのころのものには怠惰なところがなく、
こんなポップな?図柄でも、画は生き生きしている。

IMG_1733.jpg

こちらは煎茶碗の離れのがらくただけれど、
2客あったので、煎茶や台湾茶を一服するのに丁度よく。
がらくたとして放っておくには勿体ないような描き込みで、
こういうのって、迷い多き現代人にはきっと描けないなぁ、
って思ってしまう。
柘榴と枇杷と・・・

IMG_1734.jpg

桃かな?

ひと昔前の人って、こんな芯のある画を書いてたんだ、
そう思って眺めるだけで、なんだか有難い気持ちになる。

IMG_1730.jpg

今宵はひとりご飯。
焼鮭の残りがあったので、野菜はまとめて味噌汁で執ることに。
(早く煮えるようにと薄めに切ったキタアカリが崩れてしまった。)
あとは納豆に梅干しの、お粗末だけれど力のつくメニュー。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2016/12/06.Tue

梨鉢様 (鹿背山焼銅版手鉢)

このところ、骨董市に行けないほどのお疲れです。
というか、社会人を全うできるかちょっと案じる。。

そんな訳で、週末は真っ当なご飯を食べることに専心するのみである。。
この時期、苺が出回るまでのデザートといえば毎年新興梨で、
結構大きいヤツをのんちゃんと半分こする。
なので器もそこそこデカいものが必要で、に入れたりするのである。

IMG_1720.jpg

全くもってナゾの図柄の印判であるが、知ってる人は知っている、
鹿背山焼の銅版印刷である、、、と思われる。

IMG_1719.jpg

思われる、というのもいい加減だが、普通の印判として手に入れたのだ。
今はそんなんでもないのかもしれないけれど、
鹿背山の銅版ってそれなりのブランドではなかろうか。。

どういうところがいいのかなぁ、少しばかり上品な銅版ってところかな?
とか思いつつ、大きさが新興梨にちょうどいいのでデザート用に使ってみた。

IMG_1721.jpg

さて、梨が美味しいのである、このでいただくと!
京で生まれた鹿背山焼、銅版って最先端の高級品だったのだろう。
素地も釉薬もはんなりと上品で、淡いお色の剥いた梨を盛っても
なんていうことはないようで、映えるのである。
これはもう主観の問題なので、人様に同意を求めたりはしないが、
少なくとも三毛庵宅では「梨」様なのである。
三毛庵も最初、よく言えば上品、別の見方をすればあんまり個性もないなぁ、
なんて思っていたくせに、
今や毎年この季節になるとうやうやしく取り出すなのである。

いつものごとく、前撮りせずに梨は食べちゃったので、
この仕合せを皆様にお伝えすることができないのが残念であるが、
人様には分からなくっても、自分の中で噛みしめる仕合せって悪くない。
というか、そういうものだよね、仕合せってきっと。

IMG_1722.jpg

近所のスーパーで買えて、飲み口や甘さ加減がお気に召した甘酒、
(国盛、とある。)
ちょっぴり贅沢をして、秋田産のアカシア蜂蜜も手に入れる。
お疲れの三毛庵のお助けアイテムたちである。
(嗚呼、本日も脱力なブログである。。)

<庭の記録↓>
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2016/12/03.Sat

苺のデザート (和ガラス無色氷コップ)

あぁ、気付いたら師走である。
正直言って今年の大半は調子が悪いとぬかしていた気がする、、。
だけど今も、何が悪いのか分らんのだけれど激しくお疲れなのである。

12月になると苺が出回り始めて、クリスマスまでは結構お高いのだけれど、、

IMG_1718.jpg

千疋屋の苺杏仁をお土産に頂戴した♪
わぁーい!なんだかちょっとお疲れが取れるかも~(ゲンキン)。
これは器を移し替えるのがむつかしいのでそのままいただく。

IMG_1702.jpg

秋の半ばに氷コップを手に入れた。
何ということのない無色のものだが、縁が折り返されているタイプで、
こういうのんって、ないなぁ・・そういえば。

IMG_1705.jpg

とうに氷を食べる季節も過ぎて、どうなんだ?と思ったけれど。。
これにフルーツをいっぱい入れて、フルーツポンチなぞ食したい。
牧山桂子さんがお父様である白洲次郎との思い出を綴ったなかで、
シャンパンを開けて余った際に、フルーツポンチにしたら
大変おいしかった、とあって、
それってこんな器に盛ったら美味しかろう、って妄想した。

クリスマスのデザートにしたらご馳走だなぁ♪

IMG_1706.jpg

バルーチのクッションとラグに時折ほっこり。。

IMG_1699.jpg

美味しそうな真イカがあったので、イカ大根を炊く。
寒いのは苦手だけれど、こういうものが美味しくなる。

<庭の記録↓>
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME |