2017/02/26.Sun

市にも春 (源内焼陰刻豆皿とジョウロ)

IMG_2010.jpg

市をぶらぶらして中村軒に寄り、麦代餅を買う。

もうすぐ雛祭りであるので、市には雛道具がたくさん並んでいた。
ちびこいもん好きの三毛庵もあれこれと物色する。

甘さ控えめの麦代餅にも、ちびこいのんがあって、
本日はそのミニ麦代餅のほうにした。
ミニだから載るかなぁ・・・と豆皿に載せたら溢れた!!
麦代餅にはきな粉が掛かっているので、大きいお皿に盛るのが正解のようである。。

まぁでも、この楕円のお皿を使ってみたかったのねぇ。
楕円のお皿といえば珉平焼のが有名であるが、
和菓子を載せるといたく可愛らしく、勝手がよいものである。
さて、このお皿は珉平ではなく、源内焼であるところがウリである。
珉平のバタ臭さ(って昭和の死語なんですね、姪にどーゆー意味?
って聞かれた!)もよいけれど、源内焼の土っぽさも捨てがたいなぁ。。

IMG_2013.jpg

同じお店で分けてもらったのだけれど、文様が違っていて
黄色いほうは桐文?(桐文の桐って岩桐草みたいだな。)

IMG_2012.jpg

緑色のほうは龍文。
なかなか和菓子が映える、うれしいものである。

IMG_2009.jpg

庭ではひそやかに春が始まっている。
仮住まい中は鉢で持ち越したヘレボラス(クリスマスローズ)を
地に下ろしたのだが、そろそろ開花である。
忘れずにやってくる春に感謝、である。

IMG_2014.jpg

とくにお洒落なお庭を目指しているわけでもないのであるが、
ぶらぶらしていたら素敵なジョウロを発見!!
古物で水を遣るのはテンション上がるなぁ♪とすでにあたまは妄想でいっぱい。
この日はのんちゃん曰く、鉢カバーになる?香炉とか、
明らかに小さな鉢を載せるのにうってつけの鉄の金具とか、
どういう訳かガーデングッズな日なのであった。
いいなぁ春って、ほんと。

<お庭の備忘録↓>
>>続きを読む
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/02/24.Fri

春はあけぼの (万古焼色絵貝文皿)

ひと雨毎に春がやってくる。
何かが始まる前の2月、僅か28日しかない贈りもののような季節である。
なんだか早くに目が覚めて了う。
春の気配で何とはなしに体調が不安定になり始めているのかもしれない。
いや、数日はしゃぎすぎて疲れているのかな。
窓辺に置いた、ムスカリの鉢植えからほんのりとよい香りがする。
あんまりムスカリの香りを気にしたことなかったな。

先日、不思議なお皿を手に入れて、ずっとああでもない、こうでもないと思案している。
見かけない西洋のファイアンスなのであるが、
見かけないのは自分がそんなに洋ものを見ないせいだろうか?
いろいろの入手の状況からして、他愛のないものであろうことは明白なのであるが、
何なのかが、さっぱりなのである。
いや、三毛庵の妄想によると、どこの国のどういう様式のものかはなんとなく
あたりがつくのであるが、時代がさっぱりわからない。
正確には、まぁそれほど古くもないものというのが妥当なんだろうけれど、
思いのほかこころを動かされたので、どうも腑に落ちないのである。
で、なんだかずっとこころがそわそわして、春の陽気も手伝って不安定なのである。

骨董をやっていて愉しいのは、何かを見て「きれいだなぁ」と思うこころの不思議である。
ましてや、それが何かを知らずにいるときほど、
「きれいだ」とこころを動かされることに驚くのである。
いったい、自分は何に驚いているのだろう?「きれい」とはどういうことなのだろう?
三毛庵は、そういうことを概念として捉えることがあまり得意とは言えないので、
例えばこのファイアンスがどういうものかを知ることで、
何かその答えに近づけるような気がして、一生懸命調べたりするのである。
例えばの話、それが江戸前期の古伊万里である、と分かったところで
こころを動かされた理由にはならない。
ならないけれども、当時の職人のことや時代のこと、
そのようなきれいなものが生まれる背景を想うことで、ほんの少しだけ
お皿の声を聴くことができるような気がするのである。

あぁ、日本のおうちにきて戸惑っているこのお皿は、
まるで迷子になって古より届いた便りのようで、
封を開いた三毛庵は、ラテン語でも見るようにフシギな面持ちなのである。

さて、そんな話とはまったく関係はないのだけれど
先日お菓子をいただいた。春を先取りしたお菓子である。

IMG_1998.jpg

春になったら使おう、と思っていたお皿に盛る。

IMG_2000.jpg

他愛のない万古のお皿であるが、貝文が何だか嬉しい。
今や貝類は身近な食材とは言い難いものであるが、
春は貝である♪

IMG_2001.jpg
(一辺:10.7cm)

見ているだけで、ソワソワするなぁ!

IMG_1999.jpg

庭のガランサス(スノードロップ)。
同じ球根草でも、日本水仙は三毛庵の中では冬の花であるが、
ガランサスは早春の花のイメージ。
一番小さい春である。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/02/19.Sun

雨水のころ (手付き楕円籠)

IMG_1988.jpg

先日のTin缶@を籠に入れてみた。
硝子は大正ぐらい遡れそうなもので、紐で括られたコルクの栓は
当時ものなのであろうか?(籠と一緒にいただいてきた。)

魅力的な細工の籠であった。
近ごろこんなもの@とかあんなもの@など、嬉しいものにご縁が多く、
これは籠の神さまの思し召しなのであろうか?
籠の神さまはこの度三毛庵に試練を課され、それなりのフンパツをしたが、
これを買った自分を褒めてあげたいほど、ゴキゲンなものである。
ちょろっと紙を敷いて、ハードトーストなんぞ盛ってもサマになりそうだし、
お手軽にカントリーマアムなんかをお八つに盛ってもお似合いに違いない。

IMG_1990.jpg
(長径 22cm)

IMG_1992.jpg

竹と藤を使って、実に軽やかに編んである。
あまり勿体ぶらない姿がよろしく、春の気分である。

いつもテキトーに撮っているカメラをいじっていたら、
色々なモードがあったので、籠を撮ってみる。。

IMG_1986.jpg

TOY風。

IMG_1987.jpg

水彩風。
なかなか面白い♪

とはいえ、、実物のこの籠を眺める喜びに勝るものはないかな。

<庭の記録>
昨日は雨水。
そういえばおとといの雨は早春の雨であった。
春の始まりは嬉しいけれど、三毛庵明らかに体調不良。。
寒くてもよいから体は高気圧を望んでいるようである。

日曜の今日は午前中出掛け、午後からせっせと庭仕事。
画像を残す暇がなかった。。

・クレマチス「ロマンチカ」の植え付け
ホームセンターで前の庭で植えていたロマンチカを見つけたので、つい買ってしまった。
黒味の強いお色でタフなのがお気に入りポイント。

・クリスマスローズの鉢増し
そろそろクリスマスローズが開花を始める。
放ったらかしで根鉢が回ってしまったものを鉢増しする。

・鉢物への液肥やり

・遅くに植えたスノードロップ開花
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/02/13.Mon

永いお別れ (英吉利のTin缶)

昨年、古くから親しくさせていただいていた道具屋さんが亡くなられた。
正確には可愛がってもらっていたというのか・・・。
上手く言うことができないのだが、歳もずいぶん離れていたが、気持ちが通じた。
気持ちというのは、ものをやりとりすることでしか伝えられないような、
微細なこころの襞のようなものだろうか。
もう一度お会いしたかったな、と思うけれど、この日が遠くないことを
どこかでわかっていたようにも思う。
終いとなった売り買いは、互いにそのことが分かっていたような売り買いだったのだ。
だから、寂しいけれど言い残したことはなかった。

IMG_1985.jpg

小さなTin缶のことを書こうとして、関係のないようなそのようなことを思い出したのは、
道具立て、といったことを思っていたからである。
その道具屋さんの道具立てに対する執念を、忘れることができない。
(・・・といっても、このようなカジュアルなお道具ではなく、お茶道具であったが。)

IMG_1984.jpg

Tin缶は、縁があって手に入れた、西洋のものを入れようと思い見つけた。
Tin缶に入れるようなものであるからして、ささやかなお道具であるのだが、
私にとって思い入れも強く、伝来も面白いものであった。
気軽なお道具立てに、と缶カンに入れてみた訳である。
お似合いかどうかは分からないが、大きさは丁度良い。

IMG_1983.jpg

がらくたにしろ、お茶道具にしろ、取り合わせるという「遊び」は愉しい。
愉しいけれど、これなら・・・と思うのはなかなかむつかしいものだ。
私も、このTin缶と秘密の中身がこれでよいのか、今も図りかねている。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/02/12.Sun

冒険旅行 (和ガラス地球瓶)

ふるい硝子が好きなもので、わぁ!と食いついた。
特にビンマニアという訳ではないので、こんなものもあるのだなぁ、と思った。

IMG_1980.jpg

地球瓶っていうんだね!
和熊氏とわんこ氏を乗せてあげた。
このまま海底へと、宇宙へと行けそうな素敵な瓶!
(でも少々窮屈なので、時折蓋を開けてあげるのであるが。)
だいじなものの詰まった地球瓶♪

寒い寒い日曜日、でもお天気は良かったので近くのホームセンターへ。
朝早くから開いていて、この辺りでは少し上等な苗があるのである。

IMG_1975.jpg

とても青い感じのする、薔薇咲のジュリアン。
三毛庵庭園の中ではとても華やか、冬は寂しいつるばらの足元に。
すこしフンパツいたしました。

嬉しいのは、ちょっと上等な苗も処分価格になっていたりするところ。

IMG_1973.jpg

じゃじゃーん!30%オフの処分品だけで寄せ植えを作ってみた♪
素敵なシルバーの葉牡丹があったので、それに合わせて色を選ぶ。
シクラメンもシルバーリーフのものをチョイス。

オフといってもブランド苗なので、100均という訳にはいかないけれど、、
こんな立派なプリムラも処分品だった!

IMG_1976.jpg

可愛らしいので、金ちゃん池の近くに植える。

IMG_1974.jpg

前のお家に植えていたオールド・ローズのサレット(サレ)があった。
モスローズで四季咲き性、品があってよい薔薇であったので、
懐かしんで買ってしまった。
冬は棒切れな薔薇であるが、花の咲くころを夢見るのである。

IMG_1977.jpg

ほんとうはも少しシックなのがよかったのだけれど、
楕円のこの鉢は丁度良かった。
何がかというと、これに勝手口のサンダルを立てるのだ。
勝手口には庇がないので、濡れてもOKなサンダルを置いているのだが、
雨が降ると中が濡れてしまう。
立てれば濡れないのでサンダル立てが欲しいなーと。。
鉢なら飛んでいかないし、水抜き穴があるから便利かな、と思ったのである。
具合がよろしくなければ本来の鉢にすればいいんだしね!
という訳で、お庭巡回システムもちょこっとバージョンアップ、なのであった。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/02/11.Sat

定番について (瀬戸馬の目皿)

王道というか大定番っていうのはむつかしいなと常々思う。
本で見たりして、あぁいいな・・・って思うのであるが、
実物を見たときには、皆がいいというからよく見えるのか、
自分が気に入ったのかが、既視感故か分からなくなるのである。
その上評価も定まっているのでお手頃という訳にはいかない。
そんなこんなで、これまで不思議と買ったことのないもの、
というものがいろいろとあるのである。

IMG_1971_2017020823591323f.jpg

馬の目もそのひとつであった。
鉄絵の絵瀬戸はわりに好きなものだけれど、
馬の目は人生初めてのお買い物である。

IMG_1972_20170208235915ea5.jpg

欲しいなと思ったのは、6寸5分と小ぶりで可愛らしく、使い手がありそうだったこと、
その割に馬の目のぐるぐるが勢いのあるりっぱなぐるぐるだったことが理由だろう。
そのようなことが作用してか、先入観もなく眺め、愉しいなぁ♪と思ったのである。
眼というのは見えているようで見えていないものである。

IMG_1969.jpg

実においしそうなぐるぐるである。

も美しいものと思いながら、先にあげたようなことが理由か、
これまで手にしたことはなかった。
でもやっぱり、近くに置き、それがどういうものか知りたいな、と、ふと思った。
手に負えるサイズの、相応の立派すぎない柄のもの。
今時々使ってみて、感触を確かめている。

IMG_1966_20170208235916aa2.jpg

にしてはちびっこなので、こんなふうに塩焼きそばなんぞ
ガツンと盛って、一人悦に入るのである。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/02/05.Sun

「ロ」なごはん (呉須赤絵写茶碗)

IMG_1956.jpg

昨日、炭火の焼穴子と蛸がやってきた!
さっそく晩御飯は炊き立てご飯で穴子丼なのである♪

IMG_1957.jpg

思い立って、呉須赤絵写のお茶碗に盛る。
抹茶碗として売られていたが、茶碗なのか向付なのかはナゾである。
箱もなく、どこの誰のものかも不明であったが、
タフな焼け具合に下手っぽい絵付け、抹茶にしてもごはんにしても、
いたく和めそうだなと思ふ。

呉須赤絵写で丼とは、なにやら星岡茶寮的であるぞ。

IMG_1958.jpg

で、これ・・・は違う!
(ワサビを入れたこれは市でみつけたちびっこなやきものである、かわゆす。)

IMG_1959.jpg

これね、作家ものだろうけどそこそこ古いんぢゃないかなぁ。。
本歌の呉須赤絵の自由さはそのままで、ちょこっと日本的に可愛くした感じ。
作家ものにありがちな、縮こまったようなところはなく。
言ってみれば魯山人っぽい、粋な本歌取りであると三毛庵は思うのである。
(何だったら、魯山人か?って言ってもいいんだけど(笑)、
ザンネン乍ら「ロ」などという銘はない、、当たり前か!)

IMG_1960.jpg

IMG_1961.jpg

赤絵は自由でヘタ過ぎず、ウマ過ぎず。
これってけっこうむつかしいことだと思ふ。

IMG_1962.jpg
(径12.5cm)

碗相も磁器なのに味わいがあり、手取りもほどよい。

IMG_1964.jpg

まぁいろいろ言ってもしょうがないが、これでいただいた
穴子丼はいたく美味しかったので、もとは取れたというべきだろう。
だけどこれって、作為があってこういうすがたなのだと思うけど、
使うにあたってそういうところは微塵も感じさせない。
好い茶碗があるなぁ、、という感じなのである。

それって稀有なことぢゃないかなぁ、三毛庵はひとり感心するのである。

(↓庭の記録)
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/02/04.Sat

春を告げる音 (古伊万里白磁中皿)

仕事の帰りに寄ったお総菜コーナーはごった返していた。
家族の少ない昨今、巻寿司は買って食べるものなのであろう。
うーん、というか三毛庵幼少の頃は、節分と言えば豆撒きであって、
巻寿司というのはなかったな。

IMG_1927.jpg

丸かぶりをするというのもどうも胡散臭いので、
買った巻寿司はさっさと切って食卓へ。(なんか積み方が怪しい。)
いつもなら賑やかしい器の並ぶ食卓であるが、
節会であるのでたまの白磁で清々しく整えた。

IMG_1929.jpg
(径18.5cmと20.2cmのサイズ違い)

昔に買った古伊万里である。
江戸後期ということで買っているので、「古」は言い過ぎか?
でも、なんとなくもうちょっと時代が上がるんじゃないかなぁ、
って思ったりもしている。
だからどうだってことはないけれど。

IMG_1930.jpg

こういう高台なので、後期って言われるのだろうケド、
よくみると普通の眼鏡高台とは異なっている。
いろいろなものがあるものである。

白磁というもの、伊万里だ李朝だデルフトだ、ともてはやされるが
そのせいか実はあんまりときめいた経験がない。
ときめく前に既視感があるっていうのかなー。
いや、ときめくほど素晴らしいものには手が届かないという
負け惜しみかもしれない。
かりっとよく焼けた瀬戸の雑器にたまに嬉しくなるのが関の山である。
あんまりストイックなのもきっと柄じゃないのだろう。。

でも、このおにはなんだかしんみりしてしまったのだなぁ、、
白磁はもう、これで十二分に満足なのかもしれない。

書いている間に柱時計がボンボン鳴り、立春となる。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/02/02.Thu

ファッションではなく (オールドノリタケ花鳥文ナッツボウル)

小心者故近ごろあんまりオークションには参戦しないのであるが、
とはいえいろんなものを見れるので、図録をめくるように愉しんだりはする。
時折、栞を挟むようにウォッチしているうちに、そのまま忘れて了うのであるが。。

で、気づいたらのんちゃんがポチっていた(笑)

IMG_1924.jpg

デコっぽい、ナッツボウル。
いちおうオールド・ノリタケのバックスタンプがあるが、
流石に贋物にもないだろう、といいたいほどのキッチュな絵柄である。
(でも、カリッとした焼き上がりで、キッチュなものではない。)

IMG_1923.jpg
(径11cm強)

まぁ、お値段のほうもこころ優しいものであったが♪
それなのに可愛い!っておトク感満載であるなぁ。

IMG_1926.jpg

ほれ、このインコ?のお茶目なお顔、これだけでももうけもん♪
テッセンみたいな図案っぽいお花、これもお花好き三毛庵のココロをくすぐる。
配色もワルガモ氏@と同じ、当時の特徴的なお色である。

ノリタケといえばずいぶん昔、ちょっとアンティークなぞ買ってみよかな、
みたいなお軽いノリで、ファッションのようにこれを買ったことがあった。

IMG_1925.jpg

まぁなんか、分かりやすい嗜好であった訳であるが、、
お色味とかに当時も自分の好みが出ている様な気はする。
庭の花を切ると、丈がないのでこのような小さな花瓶は重宝するわけで、
また水色は薔薇のような花を挿すのに扱いやすく今でも現役であるが、
でもやはり、インコ氏のほうが三毛庵のスタイルに近しいかなと思ふ。

そうなのだ、ファッションでやっているうちは骨董趣味とは言えない。
スタイルであるのが骨董趣味というようなものの姿である気がする、
三毛庵にとって。。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME |