2017/03/28.Tue

不染鉄展覧会の予定など (染付山水文小皿)

このひと月ほどのあいだに、期せずして軸を二本手に入れた。
この画家の、こういうものがあったらなぁ、、手の届くところで・・・、とは
夢見たものであったが。(夢を見るのは自由ですからね。)
まぁ、手が届くのであるからして、小品だったり若書きだったりするのだが、
「手が届く」ものを買ったのではなく、「これがいい」と思うものを買ったのである。
それって倖せなことではないだろうか。

どちらも大正ごろの山水である。
大半の山水に三毛庵は興味を持てないが、でも山水は好きなのである。
一本には山桜と思しき木も描かれていて、この季節に嬉しいものである。
大半の桜とか富士山の画は、ニガテなのだけれど・・・。
なんというか・・・売る気満々だったりするのはね。

そういえば、「絵は見るものではなく買うものだ」と思うに至ったきっかけである、
不染鉄の展覧会がようやく今年開催されることになった。
(不染鉄も富士山を描いた画家であったが、惚れ惚れとする富士山である。)
「売る気満々の絵が嫌」で、「絵は見るものではなく買うものだ」というのは
矛盾のようだが、身銭を切って見る価値のあるものを見たいということだ。

不染鉄、ずっと待ち望んでいたので、楽しみである。
◆没後40年 幻の画家 不染鉄展◆
平成29(2017)年7月1日(土)~8月27日(日) 東京ステーションギャラリー
平成29(2017)年9月9日(土)~11月5日(日) 奈良県立美術館

IMG_2178.jpg

こんな可愛いお家とか・・・

IMG_2179.jpg

青くそびえる遠山とか・・・

IMG_2176.jpg

描いた人の憧憬の世界を眺めるのは愉しいのである、山水万歳♪

IMG_2177.jpg
(径9.5cm)

このお皿は、こういうのんどっかで見た気がするけれど、
何処のものかが分からない。
分からない、ということで結果的にオマケにて頂戴した。
でもなんか、本体よりもオマケのほうが嬉しい三毛庵である。

山水でも、職業的にさささっと描かれたお皿もあるし、
これなどはじっくり、自分の憧れの世界を描いているようで、しみじみとする。
絵もお皿も、有名無名に関わらずこころ打たれるものってあるものだ。
(そのような不染鉄も、一度は忘れられた画家であったのだ。)

(↓無駄に多い庭の記録)
>>続きを読む
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
絵のこと | Comments(0)
2017/03/26.Sun

リシュリュー卿のことなど (長沼焼染付紙刷印判小皿)

この春は朝夕の冷え込みが厳しくて、そろそろ桜も咲くころだという実感がまだ湧かない。
それでも、水仙の蕾が膨らんだり、庭木の芽が綻んだりと、
日々何がしかの変化がある。
薔薇の芽も大分動いたなぁ、と眺めていてびっくりした。

IMG_2161.jpg

既に蕾が!!
去年初冬に植え付けてすぐ、芽が動いてしまったのだけれど、
ネットで調べると根が張ることが重要なのでそれでもよいそうで、
春に伸びた芽を切り戻すなり、そのまま伸ばすなり、
選択肢はいくつかあるようだった。
この苗は一季咲のオールドローズであったので、
切り戻す必要はないかなと思っていたら、いきなりの蕾なのであった。
カーディナル・ド・リシュリュー、造成地に不満も垂れず、賢いヤツである。

IMG_2171.jpg

のんちゃんが紅いチロリアンデージーをいいなというので、買ってみた。
ついでに深紅のガーデンシクラメンの売れ残り処分品も・・・。
(そろそろシクラメンなど終わりなので買うのは間違いのような気もするが、
毎日寒いので、つい冬場の続きで手を出してしまった。)
紅い花は庭では使い方が難しいので、あんまり買うことはない。
庭の真ん中ではやっぱりちょうど合いそうなところがなかったので、
通路の目を引くところにまとめて植えた。
春ならばパステルカラーの花にすれば良さそうなものだけれど(笑)。

得意の処分品ではなかったけれど、一つ売れ残っていた都忘れ。

IMG_2172.jpg

ほんとうは苗から育てて花が咲く、ていうのがお好みであるが、
全開の開花株である。
植えてみてもかなーり取って付けた感じであるが、致し方ない。
清楚な青紫色が画像ではうまく映らない。
花の色も葉っぱの澄んだ緑色も、それから草姿も控えめで、
まぁ日本人はみんなこんなん好きやろな、とは思うけれど、
御多分に漏れず三毛庵も好きなのである、都忘れ。
勿忘草も水色で可愛い花だが、どうせ忘れるなら都忘れがお好み。

都忘れは簡単に宿根しそうなのに、三毛庵は上手く殖やせない。
庭中都忘れを咲かせてみたいものであるが。
何処に植えようかとうろうろして、やっぱりこういう野趣のあるものは
クロモジの近くにしよう、と思った。
人気の?クロモジ様の近辺は、ますます密集してきているような。。

週末は催事があってぶらぶらしてきた。
好きなものでよいものが買えたりして悪くはなかったと思う。
よくは分からないものもすこし買った。
よいものを手許に置こうと思ったらそんなん無駄足だな、とは思うけれど、
分からなければ買ってみて「知りたい」というのもあって、、
そのくせ、何が知りたいのかあんまり自分で分かっちゃないけれど。。

少し前に、東京土産にいただいたお皿である、長沼焼?

IMG_2174.jpg

下手なものでもあり、決してお高いものではないのだけれど、
石のような質感など悪くないと思うけれどな。
「誰が見てもいい」ようなものに食傷気味の時には、
こういうものにほっとしたりする。
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
庭仕事 | Comments(0)
2017/03/24.Fri

薄明薄暮 (伏見人形・兎)

薄明目が覚め、布団の中でぼーっとしていたけれど、
どうやら二度寝しそうにもないので、ごそごそ起き出す。
あんなに明けるのが遅かったのが噓のように、朝が早くなってきた。
仮暮らし時代の夏、どういう訳か目覚めが早く、
よく台湾茶など飲んでいたことを思い出し、中国の白茶など淹れてみた。
早く起きるときっとお昼ご飯を食べたころにとても眠くなるだろうな、
とは思うけれど、どこかで帳尻が合うようにはなっているものだし、
早起きはもうけもん、と思うのであった。

明るくなった部屋を見まわして、目に留まった兎。

IMG_2153.jpg

お買い得でもなかったそうであるが、書棚の下に鎮座するお姿を
みていると、佳いお買い物であると思う。
お買い得でも要らないものは要らないし、お買い得だからこそ
ちょっと持ってみたい、というようなものもあるけれど。。
そういえば、テレビで兎は朝夕の薄明薄暮に活動するのだと言っていた。

IMG_2154.jpg

どすっとして、足先もりっぱな、ゆたかな兎さんである。

新しいお家も着々と!?ふるものの巣と化している様な気もするが、
何といえばよいか、気になったものと暮らすということで、
何か知りたいことに近づけるように思うので、同じ場所にとどまることができない。
「知りたいこと」とは何なのかも、あまり自覚できていないけれど。。
(哲学者であったなら、脳内だけで思索できるのかもしれないが、
三毛庵は目に見えるものを介して、ようやく考える糸口に辿り着ける気がする、
不自由なものだ。)

IMG_2157.jpg

明るくなってきたお庭を確認。
何をどこに植えたか、咲くまで確認できない水仙(笑)。
(根元の雑草みたいのは、いちおうノコンギクだったはず、抜かないようにしないと!)

IMG_2159.jpg

咲いてもいない水仙を撮ったところで、ネギ坊主みたいなものだが、
咲く前の、こんな姿の頃が実は期待で嬉しさMaxな三毛庵である。

IMG_2155.jpg

貝母がもう咲きそうである。
貝母はクロモジの根元がいいかな、と思って植えたけれど、
クロモジの芽はだいぶん膨らんで、春らしい組み合わせで満足している。
同じ落葉樹なのにアオダモはまだ全然芽が動く様子もなく、おもしろいものだ。
アオダモは移植の時にもうほとんど葉を落としていたので、
芽吹くのがとても楽しみなのである。

あぁ、若葉とか新緑とか、楽しみだなぁ・・・季節が過ぎていくのは惜しいけれど。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/03/20.Mon

春を鳴らす花 (古伊万里染付陽刻梅文豆皿)

春分、二日ほど家を空けただけなのに、庭の季節は移り変わる。
日陰に植えた、小さな梅はやっと咲いたところだけれど、
でももう、名残の風情である。
あんなに賑やかに咲いていた有楽も気づけば花を落として他所他所しい。

IMG_2150.jpg

梅が咲くころ、掌で愛でた豆皿も、今はもう、散ってしまったかのようである。

IMG_2149.jpg
(径:8.3cm)

梅はやっぱり、春を待つ花なのだ。

IMG_2151.jpg

ひんやりとした豆皿の梅、一年の後、春を待つ頃きっと掌に。


旅立つときに開きかけていた、バイカラーアーリーセンセーション。
クラシカルなラッパ咲が、本格的な春の到来を知らせる。

IMG_2134.jpg

残りかすの球根だったせいか、1球しか咲かなかった!!
ということは、決してお買い得とは言えない気がする・・・(笑)。
頑張って球根を太らせ、来年以降に元を取るしかない。。

自分用のお土産色々♪

IMG_2152.jpg

鶴居のチーズ、シルバーラベルは定番品。
北海道の百花蜜(主にクローバーのようである)も置いてあったので、
それもいただいてきた。
あとは、道産品で作られたよつ葉のパンケーキミックスを買ってみた。
それとジンジャーシロップも。

IMG_2139.jpg

部屋の中で切り花代わりに育てていたチューリップが咲いた。
(たぶん、バレリーナという品種。)
切り花もよいけれど、こうすると育てる楽しみも味わえてよいな♪
ただ、チューリップは暖地では越年してもほぼ咲かないので、
可哀想だけれど、その年限りと割り切っている。

(↓庭の記録)
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/03/14.Tue

メダカの日 (プレスガラス魚型インク壺)

冬のあいだ、凍らないようにチビ池にヒーターを入れていたのんちゃん、
メダカのお腹が大きいといって、部屋に数匹を連れてきた。
ネットでメダカの産卵について調べる。
ふーん、メダカの求愛行動ってこんなんなんや、などと見ていると・・・
同じようなことをしている!?
えーっ、ほんとに産卵するんかな??

・・・という訳で朝、卵をお腹につけたメダカを発見し隔離、
後で水草に産み付けた卵を回収した。
(卵は分けておかないと親に食べられちゃうそうです。。)
ふだんお世話できないので、稚魚が孵っても育てられる自信は
まったくもってないのであるが、池には金ちゃんがいるので
池で繁殖することはないだろうし、とりあえずやってみるしかない。。

害虫ごときは情け容赦なくやっつける三毛庵であるが、
メダカとなると生き物への憐れを感じる、、勝手なものである。

IMG_2131.jpg

メダカの産卵記念にのんちゃんのガラスのお魚(インク壺)。

IMG_2132.jpg

透明なほうはブラックライトに反応する(青いほうは色があるので分からない)ので、
このタイプはそこそこ古いもののようである。

IMG_2133.jpg

日曜日は春の陽気であったが、今日はびゅうびゅう冷たい風が吹いている。
ビオラの徒長したところを切って部屋に入れていたら、蕾だったものも咲きだした。
外では水仙のバイカラーアーリーセンセーション(どこに何を植えたか
控えなかったので早咲きならたぶんこれかと)がもう咲きそうである。
寒くても日差しが強いからかな、ぐんぐん育っている。
さて・・・この気候で三毛庵はけっこう体調が悪い。。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/03/12.Sun

しろい日 (白磁十二支雛道具)

春らしい一日となった本日は、休養も兼ねて庭仕事やら片付けやら。
お庭は造成のせいで可哀想なくらい痩せた土ながら、
いよいよ球根草も蕾を上げ始めて楽しみなことである。
(その球根も、遅くに処分価格のものを植えたりしたのであるが。)

夕方、一息ついていたら立派ないちごと一緒に素敵なものがやってきた!

IMG_2128.jpg

梅の古木の剪定枝である♪ほわっとよい香りが漂う。

IMG_2083.jpg

こちらはやっと開花した、我が家の梅。
移植を繰り返したおかげで、苗木とはいえ2粒しか花がつかなかった。。

IMG_2029.jpg

さてさて、チョコレートのお箱。

IMG_2030.jpg

じゃじゃーん、開けるとびっくり♪
美味しそうな砂糖菓子・・・ではなく、

IMG_2031.jpg
(兎の体長3.8cm)

白磁のちびっこの十二支なのである。(これも雛道具だそうな。)
チョコのお箱は先月のんちゃんに進呈したもので、
三毛庵は四角いお箱、もしくは丸い缶カンなどのものを選択するのである。
なぜって、食べ終わった後に豆皿なんかが入りますからね。
この度も、箱だけ返却いただいて、何を入れようかなーって思っていたところ、
この十二支殿がぴったりだったのん♪
お箱も中身も真っ白、ホワイトデーにこんなんもらったら実に嬉しいであろうな。
(ちなみにのんちゃんからは古物にてホワイトデーのお返しを頂戴した(笑))

薔薇100本・・・とかではなく、梅のひと枝っていうのも、
三毛庵的にはくらっときそうであるが。。

(お庭の記録↓)
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/03/11.Sat

庭仕事の合間に (雛道具曲げ物行器)

朝からビオラの花がらを摘み、水遣りをしているうちに頼んでおいたお茶が届く。
毎朝水筒にお茶を淹れて持っていくのだが、そのお茶を切らしたのだ。
元々毎日ペットボトルのお茶を買って仕事中飲んでいたのだけれど、
近所のスーパーで型落ちの水筒が安くなっていて、買ってみようかと思った。
少し上等なお茶にしても、計算すると自分で淹れればペットボトルよりも安く済む。
そう思うと、そのほうがエコにもなるし、いいように思った。
朝が苦手な三毛庵であるので、毎朝お茶など淹れられるのかとも思ったけれど、
職場で美味しいお茶を飲めるうれしさに、案外と習慣化できたのであった。

そんな訳で、庭仕事のあとの10時のお茶にさっそく届いたものを試飲中である。
朝は調子がイマイチだったので、二度寝でも決め込もうかと思っていたが、
お日様に当たりながら土いじりしていると、こころが外に向いてちょっと復活した。
(そういえば、鬱の回復期の頃はずーっと庭仕事をしていたっけ。)

IMG_2075.jpg

もう雛祭りは過ぎたけれど、三毛庵はいつも旧暦までは飾っている。
いつものちびっこの一刀彫の五人囃子@であるが、今年はちょこっとバージョンアップ♪

IMG_2076.jpg

これは行器っていうやつかなぁ?
雛祭の前の骨董市で、いろいろの雛道具の中に混じっていた。

IMG_2077.jpg

華奢で上品な曲げ物である。
この五人囃子を格納しておいたら可愛いかと思ったのん。
(でもこの器も何かに格納しないといけないような気がするが(笑))
いい具合に収まるかなぁ、としばし悩んだあとに購入したところ、
隣にいた女性が「買わなかったら私がもらおうかと思ったんよ。」と仰った。
どうやらお値段で悩んでいると思われたようである。

IMG_2078.jpg

上空からの画像!
五人囃子も行器も台にしている曲げ物も、みーんな市でちょぼちょぼ買った。
今年は何処に仕舞ったかを思い出せなかった!こちら@も市の戦利品。
ばらばらに手に入れたものが思いがけずいい感じになると、うれしさ倍増である♪

ヘレボラス・アトロルーベンスが開花。

IMG_2051.jpg

正確にはこの個体はもう少し開くのであるが、このふっくら鈴のような開きかけが可愛い。

IMG_2004.jpg

これが芽出しのころで、この状態も五人囃子みたい?で可愛い。
咲くとそんなに整形花でもないのだが、草姿がよくてお気に入りである。

<以下お庭の記録↓>
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/03/10.Fri

もの思ふ春 (雛道具色絵輪花豆皿)

朝の冷え込みはまだ厳しいけれど、日差しはずいぶんと強い。
忙しい朝の合間を縫って庭を見回っていると、植えておいたヤブコウジが
掘り起こされていた。
驚いて見るとその下にぽっかりと穴、そういえばそこにユリを植えていたのだった。
掻いたような穴で、カラスではない、猫だって地中のユリなど興味はなかろう。
百合根を嗅ぎつけたのはイタチだろうか?
(いちおう都市部なのだがイタチを見かける。
イタチは基本動物たんぱくを好むらしいが、植物性のものもたまに食するようである。)
咲かなかったユリを思うと残念だけれど、三毛庵の居ぬ間に
お庭を散策するものを想像するのはちょこっと愉しい。
イタチ殿?は三毛庵のお庭をお気に召したのであろうか。

さて、春であるからか何とはなしにこころがざわつき始める三毛庵である。
まだお仕事はできているので、撃沈には至っていない。
ガマガエルみたいに不調とにらめっこしだすと辛いので、
なんとか気をそらそうとしてみるのだが、どうなることやら。。

IMG_2017.jpg

春の市に咲いてた雛道具の桜・・・いや、ここは桃かな?
何か、女子に生まれたことを嬉しく思ふお道具である。
こういうものを見たら、男子は女子が羨ましかったりするのかな?
まぁ三毛庵は男子であってもものを集めている気はするが。。

IMG_2040.jpg

先日のちび段重@と並べてみたりして、ちょこっとこころが晴れる。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/03/05.Sun

お茶を啜る (古伊万里青磁猪口)

蕎麦猪口はあまり買わない、、いや買えない。
氷コップもそうだけれど、コレクターズアイテムというものには相場があるからである。
三毛庵は猪口のコレクターという訳ではないので、
やはり真に好きな人には勝てないのである。
でもたまに、「あぁ、これって使ったらどんな感じだろう!?」と、
算段もなしに思うことがあって、そうなるとどうしても手許に置いて
確かめたくなるのである。
三毛庵の骨董趣味の基本は、好奇心なのかもしれない。

IMG_2034.jpg

そんなわけで、気付けば青磁の猪口を連れ帰っていた。
灰翠色の激渋なヤツである。
これを使う妄想でアタマはいっぱいであったので、
フンパツしてのんちゃんの分とふたついただいた。
ボディ自体がグレーがかっていて、轆轤目の出た生掛けらしきもので、
伊万里には違いないけれど、土っぽい感じがする。

IMG_2032.jpg

これに焙じ茶淹れて啜ったら美味しいんとちゃうかな、
焼酎ロックもいけるかも、とかそんなことを思っていたのである。
焙じ茶や焼酎が似合う垢抜けなさってなかなか磁器にはないものなのだ。
なので、そう思ったら、なんだかこれがとても「在り難い」ものに
見えてきたのである。

IMG_2035.jpg

見込みはコンニャク印判の五弁花で、グレーがかった素地なところとか、
半筒猪口などにあるようなタイプな気がする。。
(スイマセン、猪口のことはあんまり分からないもので。)

IMG_2036.jpg

高台も畳付に赤みが差して、薄っすら砂目でおぉ渋い!
(全くどうでもよさそうなところではあるが、三毛庵的には付加価値が高いのである。)
猪口のようなブランドものに手を出そうとする三毛庵を
怪しいものでも見るようにしていたのんちゃんに、
「これはきっと焙じ茶に合うんだよ!」と力説して持ち帰った。

帰ってお茶の時間、のんちゃんはさほど興味がないのかと思い、
赤福の茶碗にお茶を淹れて出したところ、
「あれ、あれで飲むんじゃないの?」

ほれほれ、やっぱりこれで飲んでみたいよね♪
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/03/03.Fri

女子力↑ (珉平焼色絵小段重)

本日は女子の日、桃の節句雛祭であった。
お国は女性の活用とかいう前に、3月3日を祝日にしてほしいものだな~。
いくら5月5日を「こどもの日」などと言ってみたところで、
歴史的には男子の日ですからね!
雛祭りにはお友達を呼び、お雛様とご馳走をいただきたいであるぞ♪
世のお父様たちも愛娘のお祝いぐらい、家でしたいだろー。
(かくいう三毛庵も仕事に明け暮れた一日であった。。)

というわけで桃の節句にかこつけて、
女子のための骨董をせっせと手に入れた三毛庵、
味気ないこの日の終わりに、それらを並べて悦に入るのであった。

IMG_2016.jpg

このちっちゃい器に雛あられをいれて、お客様に出すのであるぞよ(妄想)。

IMG_2015.jpg
(径7.5 × 高さ9.5cm)

じゃじゃーん、積み上げるとちび段重!
しかもこのお色は花見団子のお色ではないか!実に旨そうなのである♪
これね、その上珉平なのですよん(淡陶というべきなのかな)。
もうそれだけで、舞い上がる三毛庵である。

可愛いなぁ、持っているだけで女子力アップ間違いなし!!
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/03/01.Wed

花咲く弥生 (色絵牡丹枝垂桜文替茶器)

弥生、三月、この頃になると前の庭にあった暖地性のさくらんぼの
花が咲いたものだ。
丈夫な木だと思っていたが、義父が亡くなった翌春咲き、そして枯れた。
結果的にほかの木々も翌年の取り壊しで失ったのであるが、
今でもあのさくらんぼはどうして枯れたのだろう、と思う。

あとひと月もすると、そこここで桜が満開になるのだなぁ、とぼんやり思う。
陽ざしはずいぶん強くなってきたけれど、朝夕の冷え込みは強く、
満開の桜を想像することができない。

IMG_2020.jpg

定番の牡丹に、もう片側は柳かな?と思ってみると枝垂桜のようである。

IMG_2024.jpg

枝垂桜のほうだけを見ると、根元に蘭の花が咲く可憐な風景である。

IMG_2026.jpg
(径6.7 × 高さ6.7cm)

百花王、牡丹のほうだけみると、なるほど豪勢である。

ベロ藍からして、明治ぐらいの伊万里(有田というべきか)と思われるが、
朱や翠色を効果的に配した、なかなかに賢いものである。
明治ものはベロ藍で品がない云々、というくだりをみかけることがあるが、
この替茶器などは、ベロ藍の艶やかさを引き立てるために
朱や翠を配したのではないかと思うほどで、固定観念は捨てるべきだなぁ、と思う。
骨董の知識がついてくると、その辺りが却って鈍くなってくるようで、
見慣れないものを見たときも、きれいだなぁ♪と素直に反応できるよう、
日ごろから心しておきたいものである。

それにしても、替茶器自体見かけないというのもあるけれど、
この絵付けのセンスには、すっかり舌を巻いてしまうのであった。

IMG_2027.jpg

裏には可愛らしい渦福が。
渦福とはいえやっぱり明治かな。

IMG_2039.jpg

蕾買いしたヘレボラス・クロアチカスが咲いた。
可愛らしい咲き方でひと安心。
でも昔から持っているクロアチカスとはずいぶん雰囲気が違うなぁ。。

IMG_2037.jpg

これはヘレボラス・ムルチフィダスだった、、はず。札がなくなってしまい。。

ぽつりぽつりと花咲く弥生である。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME |