2017/05/03.Wed

B品で呑もう (古伊万里波千鳥文覗きと郡上紬袱紗ほか)

ふるもの好きのお酒好きのひとならば、いろんなもので呑むであろうけど、
覗き猪口もそのひとつではなかろうか。
ささっと呑むにはなかなか便利なものである。
とはいえ古伊万里のものなどまだまだそれなりにお高く、
費用対効果という点においては、さほど面白くなかったりするのであるが。

IMG_2425.jpg

そんなわけで、甘手のいわゆるB品的なものなどは、
気軽に遊べるものであるので、三毛庵的にはありかなーとか思う。
それに甘手というのは磁器のカチッとしたところがなく、
土っぽい柔らかさが、ふわっとお酒を呑むのには悪くないのだ。
頑張らなくてもそこそこ美味しいお酒が味わえるなんて、
なんて素敵なことだろう!!(全くの個人的見解。)

IMG_2426.jpg

ダミの効果がちょっとコンニャク印判(ではありません)チックで可愛い♪

IMG_2449.jpg

めっちゃ甘手(笑)。

IMG_2452.jpg

こんなものでも、ちょこっとふるものを買ってみる、っていうのは
悪くないとおもうんだけどな。

IMG_2427.jpg

下に敷いた袱紗は郡上織(郡上紬)。
入っていた箱からして、昭和のものと思われるので、
もしかするとまだ人間国宝の宗廣力三氏が指導されていたころのものかもしれない。
どうということのないものであるが、これもあるとちょこっとうれしい。
2つあって、それぞれ雰囲気が違ったので両方せしめる。

IMG_2424.jpg

黒っぽいほうはシックなので、ちょっとおされなガラスなどよさげ。
(のんちゃんのショットグラスを拝借。)

IMG_2415.jpg

「ジュリア(ジュリアズ・ローズ)」が咲いた!!

IMG_2431.jpg

IMG_2437.jpg

IMG_2441.jpg

IMG_2446.jpg

今のところ剣弁高芯のハイブリッド・ティーローズはこれだけである。
あとはほとんどオールドローズとかランブラーなので、
ひとつぐらいこんなかっこいいのんはありかな、と思う。
ミルクティー色が独特であるが、香りがほとんどないのが残念といえばまぁ残念。
あとは、あんまりタフではないというところか。

(↓お庭の記録)
>>続きを読む
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME |